ゲーム

2022年12月 4日 (日)

テラリア1.4~その2~

些細な違いが些細じゃない。僅かな違いに一喜一憂していた頃と違って、今遊ぶ1.4は、

 もう別世界。

記憶は曖昧で霞みが掛かっているけど、

 こんなに世界って広かったっけ?

一応ミドル(真ん中)のサイズにしたつもりだけど、上も下も

 思ってたのの倍くらい広い。
※面積比4倍

でも、

 やっぱ面白い。

強力な武器や鉱石が手に入らないので、ボスを挑むにもおっかなびっくりだったけど、最初の目玉に挑戦したら、

 おおっイイ感じに削れる!こっちはほとんど削られてない!これなら倒せ、、、

 ♪ちゃっちゃら~、、

逃げたし!朝来ちゃったし!!

いや、朝までに倒せなかったら逃げられるのはわかってた。わかってて倒せると踏んで挑んだのだけど、、、無念!

たまたま手に入れた召喚アイテムが3個だったので、まずは腕試し的な感じで挑んでそんな感じだったので、リターンマッチで余裕で倒せるだろと思ったら、、

 最後のハートが薄くなってるんですけど!!!

あと一回食らったら死ぬかってところまで行って、HP回復薬でギリ復活。回復薬も前回余裕だったので一番安いやつしか持って行かなかったってのもあるけども。

でも何とか倒せてよかった。これで隕石が落ちてくるんだっけ?と思ったけど、

 一向に落ちてくる気配がない。

結局調べちゃったら、

 ヘビを倒さないとダメらしい。
※二つ目のボス

今は世界をいろいろ探索中。フラグとしては、二つ目のボスを倒して隕石を落とさないと、今のピッケルより固い物が掘れない。でもそれをするとたぶんゾンビ軍団?がやってくるようになりそうなので、そいつらを迎え撃つ準備も進めたいし、NPCの受け皿も作らなきゃ、と。

本気でビルドしているわけじゃないので、現状は割とルーズ進行。NPC用の部屋も効率重視の「牢獄」みたいな感じだし、

 まぁここに隕石が落ちたらさすがにショックだけど。

隕石が降る前に、正確にはメテオライトピッケルを作る前にバイパスを造るのはリスクが高い。でも探索をそれなりに進めたい。ピッケルの性能が低いと生産性も下がるけど、この遅さを甘受してる時間が長ければ長いほど、カタルシスも大きくなるし、

 弱さも楽しさ。

ただ、あまりにゆっくりし過ぎるのも危険なので、、、てかコラプションがガンガン信仰してきて、

 スタート地点にもヤツらが飛んでくるようになってしまった!

勘弁してくれと思いつつ、まぁしょうがない。とりあえず縦坑をガッツリ掘って、コラプションの進行を止める。

 もっと早くやればよかったと思いつつ、思った以上にベースの近くに発生しちゃってた。

右の海はチェックしたけど、左の海もチェックしに行く。以前は出来なかった、

 リスポーンポイントのオンオフ

が可能になった。
※以前はベッドを壊すなどして対応してた

がしかし、何かの拍子でオフになってることもあり、

 何の条件が満たされてないのかわからないけどリスポーンポイントが設定出来ないこともあり。

・横10×縦6マス以上※床天井壁含め
・灯り
・机とベッド
・壁が「作ったパーツ」
・出入り口アリ
・コラプションは不可

この条件に間違いないはずなのに、二回りくらい広く作ったら全然「設定」が出来なかったので、一旦壁紙以外全部壊して、10×6に作り直したら、今度は無事に設定出来た。
いったい何だったのか。ともかく、リスポ作らないと海の探索は厳しすぎる。てか今回の海は、

 途中で折り返してた!!!

これは相当ビックリした。ひらがなの「く」みたいな形状の海で、潜るのが超大変。もちろん暗いし、サメも出るし。

一応竹筒を持っていたのと、浮き輪も手に入れたので、ある程度潜ったら土で「屋根」を作り、一旦セーブしてから再起動して、「屋根を掘って息継ぎポイント&灯りポイント」を設定。それを繰り返して最奥部を目指した。

ホントにスローペースではあるけど、何とか足ヒレとかフロートブーツとかもゲット。徐々に強くなっていく感じは、

 やはりテラリア、面白い。

僕の「手探り感」が慎重過ぎるのかも知れないけど、スローペースにはスローペースの楽しさがあるのだ。

とりあえず目下の宿題は、、、

・バケツを大量に作って、溶岩トラップを作成。ゾンビ軍団に対応出来るようにする

・コラプションのヘビを倒して、隕石を落とす

・ジャングルを探索して少しでも強い武器を作る
※目玉はブーメランで倒した。持ってて良かった!

・何となく掘り進める

・溶岩まで到達する※現状メリットはほぼ無いし敵も強い

・宝箱を作って種別に仕分けする

まぁやれことはいっぱいある。いっぱい「あり続ける」のがテラリアの良いところなのだけど、

 その分時間もしこたま食う。

ほとんど疲れないので、つい遊び続けてしまうのだ。てかテラリアのためにプレステ+に加入しようか揺れるくらい。

 オンラインが遊べるようになると、死んだときのリスポーンまでの待ち時間がたぶん無くなると思うから。

無くならなければすぐに解約するだけ。その為に試すのはちょっともったいないけど、

 これだけスゲェアプデを無料でやってくれたことへの感謝

と思えば別段損した感じもしない。

 最初のミッションをクリアしてほぼほぼ放置してるエースコンバット7
※DLCも一切使ってない
の方が遙かに無駄遣いだったって話だ。

余談だけど、たぶんこの先僕は、デモシーンが長いだけのゲームは、

 圧倒的にイケメンと美人でない限り、ガマンは出来ない。

つまり、FFクラスじゃないと。ドラクエもデモシーンはあったけど、そこまで長く無かったし、通常のプレイ時間の比率が高かったのでガマン出来た。

 デモシーンとプレイシーンが交互に、みたいなペルソナやゼノブレイド2みたいなのは、命がどんどん浪費されてる感じがして、

 息苦しさすら覚える。

そんな人生、まっぴらゴメンなのだ。

| | コメント (0)

2022年12月 3日 (土)

テラリア1.4

プレステ4版のテラリアが大幅に更新されていて、一旦始めようと思ったら操作関連の設定が複雑怪奇過ぎて一旦放置。でもあれほど楽しんだ最高のゲーム。がんばれるならがんばりたい。

 果たしてがんばれるだろうか。

わからない。わからないけど、一旦がんばってみることにした。

・・・

ほんの数日前の話かと思いきや、既に1ヶ月近く経っている気もする。記憶の曖昧さは今日に始まったことじゃない。

今回はとにかく、

 思い通りに動かせるようにがんばる。

昔のPS4版テラリアのように、自分の思い通りに動かせれば、きっと楽しめる。絶対楽しめる。ちょっと新しくなっただけじゃない、メジャーアップデートが2回くらいあったのだ。

ちなみにテラリアの良心的なところは、そんな派手なアプデでも追加料金は取られないところ。その辺りはむしろ、

 テラリアが凄いのではなくて、同族トップのマインクラフトに追従してるためだと思うけど。

ともかく、全然ビックリするくらい変わっている。で、とりあえずネットで操作設定のオススメとかを検索して、動画もそこそこ見たりもしたのだけど、

・クイックヒールは、一番ちょうどいい薬から使う

・クイックバフは、手持ちのバフ全部同時に使う

特筆する情報はこのふたつだけ。てか、操作なんてものは人それぞれに相性があるので、僕が正解だと言ってもそれが通じるわけもないし、ネットのオススメが僕に合うわけでもないのだけど、

一点凄く重要なことを踏まえれば、割と何とかなる。これはネットでも誰も書いてなかったし、

 この仕様にしたヤツの頭の悪さに反吐が出る点でもあるのだけど、
※相当丁寧にローカライズしてはいるけど、入り口の設定が甘いというか、「がんばれただろうに」と思う点

操作設定は、シンプル、オススメ、高度、カスタムとかに分かれていて、使うのはカスタム。その状態でパッドの設定を開くと、タブが8つくらい表示され、例えば、マップ表示時の操作、戦闘時、宝箱時、インベントリ時、冒険時など、その時々で全て設定するボタンが違う。

ちなみに本作は、

 「L1」「R1」を押しながらの操作にも設定出来るので、

L2、R2、L3、R3、十字キー、スティック、○×□△、タッチパッドに、全て「3種類ずつ」操作を設定できる。むちゃくちゃたくさん設定出来る。

 まぁそれ以上に使いたいボタンも多いのだけど、重要なのはそこじゃない。

重要なのは、

・競合する設定をすると古い方は「未設定」にされる

・競合しない設定であれば、古い方と同じボタンでもOK

これが、

 同じタブ内だけじゃないのがクソ。

つまり、ある操作を○ボタンに設定しました、そのタブでは競合しているものはありません、

 でもどこかに競合していて勝手に未設定にされてしまってる操作が「あるかも知れません」

これが、凄くわかりにくい。ぶっちゃけ、

・これを設定すると「冒険時のジャンプが未設定になります」と表示する

・競合する操作タブをひとまとめ一覧出来る様にして、変わったらすぐわかるようにする
・競合しない操作は全く別の大きなカテゴリーにする

などの配慮が無いと、

一つ設定する度に全てのタブを開いて、「消えちゃったヤツ」を探すハメになる。

 それがムチャクチャ大変。

あと地味に、

・「使う」と「使用する」という表現が並んで表示されている

意味がわからない。違いが全くわからない。とか、

・使用頻度が低い操作にスゲェ使いやすいボタンがデフォルトで割り振られている

とか、

・以前からのプレイヤーなら常用していた「十字キーのショートカット」の設定の仕方が凄くわかりづらい

とか。

特に最後のは重要で、「ダイナミック」ってのと「ホットバー」ってのがわかりづらい。てか今ひとつ僕もまだよくわかってないのだけど、

ダイナミックってのは、たぶん「特定のアイテムを指定する」設定で、例えば松明や足場なんかは、これを設定しておくと「インベントリのどこにあっても一発で起動出来る」
※たぶん

で、ホットバーってのは、画面上部に表示されている10マスの常用アイテムで、中身が変わっても「その場所」を使うショートカット。僕は常に左上に剣、ピッケルを置くクセがあるので、それを設定しておくだけで、かなり遊びやすくなった。
※てか松明は十字キーで一発表示にした方がいいかも

ここまでだと、これまでよりとにかく遊びづらくなっている感じしかしないけど、
※あと宝箱や扉があるところで、スマートターゲットがオンになっていると、モンスターが出てきたときに「全く攻撃せずに扉を開け閉めし続ける」なんてことになるので注意。これは前までは無かったトラップ

良くなっている点もある。

・本来連射じゃなかった武器を連射に設定出来る

ボタン押しっぱなしで剣を振りまくってくれるのは、序盤ではビームサーベルの特権みたいなところがあったけど、今はどの武器でもOK。特に至近距離になると凄まじく連打するフックショット系の武器とか、周囲に鉄球を高速で振り回すメイスなんかもありがたい。前までもそうだったかも知れないけど。

・ターゲットロックオンが出来る

これもまだ完全に理解出来てるわけじゃないし、弾速が遅いとあまり意味が無かったりもするし、暗いとタゲが消えたり、

 どこか遠くにタゲってるヤツが居ると、どうしても攻撃したい方向に攻撃してくれなかったりもするけど、

それでも小さい敵にショートソードみたいな突き系の攻撃を当てるとか、ブーメランのような飛び道具で飛行型の敵を攻撃するなどは、

 圧倒的にやりやすくなったし、動かしていてかなり楽しくもなった。

なのでそれなりにがんばって遊んでしまってたりするのだけど、、、

昨日何だかんだで気付いたら4時40分だった割りに、

・宝箱が少ない!

ビックリしたのは、苦労して海まで行ったのに、海にひとつも宝箱がなかった!
※逆にマップ内の大きめな水たまりにあったり

・ハートの器が全然ない!

MPが10個貯まるまでに手に入れたハートの器は、

 ゼロ!

・コラプションがどんどん攻めてくる!

マップの両側にあって、「こんなに攻めてきたっけ?」って感じ。てか、これ防ぐ方法ってなんかあったよなぁ、思い出せないけども、、、。

・「ノーマル」で作ったらデスペナルティがキツい!

アイテムや所持金を全部置いてきてしまう。それで「ノーマル」って、、、と思ったけど、幸い全くハートの器も手に入ってなかったので、キャラを作り直したわ。

他にもいろいろ思ってたことはあったと思う。音楽が相当良くなってるとか、ワールド作成時間が伸びたとか、タングステンとプラチナが両方とも出たとか、敵がポーションを落としやすくなったとか。

ただ、まともな飛び道具どころか防具もないので、今はそこかしこを掘って探索してるだけ。その割りにコラプションが広がりすぎてる怖さもあるけど、

 もうしばらくは遊ぶ予定かな。

| | コメント (0)

2022年11月30日 (水)

エースコンバット7

まだ遊んでない。でも書くことがあるので書き始める。

今月末までのセールで、本体が1250円ほど。加えて強いらしいDLC戦闘機のパックが770円ほどとSteamで売っていたので、

 かなり迷ったけどポチった。

まず、こないだも書いたけど、7の評判はすこぶる悪い。理由は、とにかく難度やミッションがストレスフルで、四六時中狙われっぱなし&選択肢のほぼほぼない、「正解探し」みたいな戦闘の繰り返しだということと、ほとんどお金を貯められないので弱いままでかなり耐えなければならないこと、ドローンのチームでろくに頼れないチームメイト&掛け合いもない張り合いもない等々、

 まぁほとんど良いウワサは無い。

ただ一方では、グラフィックがキレイだとか、ストーリーが短いとか、セールで買うならアリだとかの話もあり、さらには、

 DLC込みでならオススメ。

個人的には少しずつ強くなっていく感じが凄く好きではあるので、その点をスポイルすることに大きく不安はあったのだけど、冷静に考えて、

 たぶんほとんどやらない。

クリアどころか2時間遊べばいいだろうくらいのスタンス。そこにいくら出せるのかって話。

トップガンマーヴェリックを見て、あとずっと前から「今のキレイなエースコンバットってどんななんだろ」と思っていたので、「遊びたくなかったわけではない」。その心許ないが確かに存在するモチベーションを頼りに、

 2000円ちょっとの出費をした。

ちなみにSteam版はVRには対応していない。もっと言うと、

 PS4版が「どの程度対応しているか」もわからない

が、ぶっちゃけVRでガンガン操縦しまくれるほど上手くもなければ、特段興味もなかった。

 ついさっきまでは。

 今僕はSteam版を返品して、PS4版を買おうか揺れているのだ。

Steamは、購入2週間以内、プレイ2時間以内なら、返品することが出来るのだという。もちろんその条件は他にもあるのだけど、
※Steamウォレットだと返金が早いけど、クレカだと時間が掛かるとか

僕はまだ一切プレイしていない。
※インストールは夜の内にした

 なぜか。

本作が発売されたのは既に3年くらい前なのだけど、半年くらい前に、

 トップガンマーヴェリックバージョン

がリリースされ、それには、

 ダークスターが含まれる。

ダークスターは、劇中でマッハ10を記録した超高高度を飛行する人類最速の飛行機。本作では武装が付いて、速度もマッハ6弱くらいまで落とされてしまったらしいけど、

 結構乗りたい。

ただ、そこまで面白く無ければ、まともに動かすことが出来なければ、買ってもしょうがない。

 Steamでは。

しかし、PSVRなら、

 ダークスターに乗れるかも知れない!
※ほぼほぼガチで!!

・・・それは、、、控えめに言っても、、、

 スンゲェ興味がある!!

トムのあの体験に近いことが、もしかしたら出来るの「かも」知れないのだ。

ぶっちゃけPS版はセールもしてないかも知れないし、値段も凄く高いかも知れない。でも、

 結構揺れているのだ。

ちなみにSteam版も、「マーヴェリックを別に買う」のと「一緒に買う」のだと、出費が400円くらい?変わる。もし可能なら、一旦こちらは返品して、マーヴェリック版を買うのもありかな~とも思うのだけど、

 クレカ経由での返品が遅いと、セールの月末を過ぎてしまう。

一旦買ってから片方を返品したいのだけど、そう言うのが出来るのかもよくわからないんだよな。

どうしようか、、、。

| | コメント (0)

2022年11月29日 (火)

エースコンバットの思い出

僕は、1をクリアしてさらに遊び、2を途中で断念。3はギリクリア。他はいくつか体験版をやったような、ってレベルの経験しかないのだけど、

 ちょいちょい「7」の安売り広告を目にする。

まぁトップガンマーヴェリックがリリースされたから、それに「あやかろう」と言う気持ちはよーくわかる。てか僕自身「ちょっと遊んでみたいかも」と思うほどだし。

でもだがしかし、遊びたいのは「遊べるレベルの」エースコンバットだ。開始早々クソ長いブリーフィングやら世界説明やらストーリーやらを垂れ流されて、

 ゲームやりたいならガマンしな

と言われるようなのは、

 まっぴらゴメン

なのだ。で、おもむろに「エースコンバットおすすめ」で調べて見たら、何と過去には15作もリリースされていたという。
※ナンバリングが7までなのに

つまりはスピンオフやらマイナーチェンジやらがあるということなのだけど、

 さて、一位は一体何?

順番が、2位、そして15~1位の順番でページをめくらなければならなかったのはいささか煩わしかったけど、、、

 2位も1位も、そして3位まで、、、

 全てプレステ2!

まぁこの頃が一番「マシンスペックとゲーム性の相性がよかった」と言う事なのかと思いつつ、
※個人的にはプレステ1でも十分楽しかったのだけど、その当時はまだ認知度そのものが低かったかも知れない

3位が 4

2位が ゼロ

1位が 5

だった。つまり、エースコンバットは、5までがプレステ2で、その後かなりスローダウンして6や7がリリースされたらしい。

そして言い換えれば、

 マシンスペックはエースコンバットのゲーム性の優劣(好みと置き換えた方がいいかも)に、全く影響がない

とも言える。ただ、遊んでいる人数が多い方がそれだけ「面白かった」と伝える人数も増える。本当は分母が非常に重要なのだ。

 100人中90人が面白かったと思うと言う作品と、

 10000人中100人が面白かったと言う作品は、

絶対評価として前者の方が価値があるけど、ランキングが票数だけで決まるものなら、後者の方がランクは上になる。

まぁそれを言い出したらキリがないのかも知れないし、そこまでナーバスにチェックするようなアンケートは疎ましがられるだけで、母数そのものが激減してしまうのだろうけど。

ただ、それでも1位から3位まで全てプレステ2作品というのは無視出来ない。個人的に僕が遊んだ「3」までは全てプレステ初代の作品で、そう言う意味では、

 僕は最も面白いエースコンバットを一つも遊んでない

とも言える。冒頭で「遊べるレベルの」と書いたが、もしかしたら4とか0とか5が、1から3までよりも「遊びやすいかも知れない」。

 ちょっと心が揺れる。

ちなみに僕は、実際の(本物の)戦闘機の意匠、造形、ルックスにはそこまで入れ込んでない。先日航空自衛隊浜松広報館に行ってきたのは、戦闘機が好きだからではなく、戦闘機や滑走路、機銃や操縦席の「写真がデジラマに使えるかも知れない」と思ったからだ。

なので、1が好きなのはラスボスがコナンのギガントみたいな巨大飛行機だったり、3が好きなのは、デルフィナスという戦闘機のルックスが著しく未来的だとか、ラスボスもまたSFチックだったからだ。

プレステからプレステ2に移行した時のグラフィックの「進化感」は、プレステ4から5になったときとは比べものにならないほど大きな違いだった。

 これは断言出来る。

それは、解像度やテクスチャの質だけでなく、フレームレートに関してもかなりなめらかになる進化だった。

 だから、、、

ナムコも、過去作のような「SFチック」「マンガチック」な逃げ道ではなく、よりリアルな、真実味のあるデザインをゲームに落とし込むようになっていった、、、と思う。

 全然印象が違ってたから。

もちろんそれにはそれの魅力もあるし、僕自身トップガンマーヴェリックのブルーレイを買うくらいは、戦闘機が嫌いじゃない。トムクルーズが大好きだからって理由なら、マーヴェリック以外にも彼のブルーレイをしこたま買っているはずだ。

 つまりはちょっと遊びたいのだ。4、5、0が。

しかし、著しく残念なのは、それらの作品が「たぶん」リメイクされていないと言うこと。リメイクばかりガンガンするのは確かにどうかとは思うが、

 最近の作品より明らかに過去作の評価が高いと言う事実は、ナムコ側もきっと把握しているはず。

でもリメイクしないのは、たぶん「フライトシミュレーターのリメイクが容易じゃない」からだと思う。

我が家のプレステ2は「壊れた瞬間に立ち会ってない」。が、最後に遊んだ時、

 まともに画面に映らなかった記憶がある。
※解像度の関係で少し見切れてしまったり、著しくボヤけてしまったり

エースコンバットもきっとそうなる。

 ・・・もどかしい。凄くもどかしい。

最新作をVRで遊びたい気もしないでもない。でも必ず酔う。頭も痛くなるだろう。そんな苦痛を味わいたいわけじゃない。でも、

 また自分の思い通りに大空を飛んでみたいと言う気持ちは、正直結構強めにあるんだよな。

追記。

Steamの評価見たら、「7」の最悪さと、

 事実上6以前を遊ぶことが出来ない現実が浮き彫りに。
※6は360のみ、5のプレステ4版はプレミア

ナムコは何をやってるんだって思ったわ。

ただ、DLCをがっつり買うと、7でも楽しめるらしいのと、28日、つまり今日まではセールでかなり安いことも発覚。DLC、つまり「強い戦闘機が使える」前提は、つまりは「少しずつ強くなる楽しさ」をスポイルするわけで、それでもかなり安くもなってるわけで、ちょっと悩むな~とは思った。てかリミットがめちゃくちゃ近いから、迷ってる時間なんて無いんだけど。

| | コメント (0)

2022年11月16日 (水)

英雄じゃない

スゲェ短い。本来なら触れなくても良かったかも知れないのだけど、

 とりあえず3時間くらい遊んでしまったので、

ブログのネタ1回分にならないと惜しい気がして触れる。

スマホゲー。広告が結構表示されてて、同じようなゲームとしては「ダダサバイバー」というのもある。どっちでも同じとも思ったけど、たまたま「そう言う気分」だったのでこちらをインストールしてプレイしてみた。

スマホのゲーム、特にアイテム課金タイプ「ではない」ものは、

 CMの頻度が高すぎてマジキレる。

何つか、「CMの時間とプレイしてる時間が同じくらいかヘタしたらCMのが長い」みたいなのは、

 容赦なくアンインストールする「べき」だ。

「べき論」嫌いな僕があえて使いたくなるほどに明言する。最初のCMまでのスパンが短いようなのは本当に害悪だと思う。あくまで僕の人生においては、だけど。

本作は、

・俯瞰視点で周囲からワラワラと現れる敵を倒しつつ、ドロップアイテムで強化し、ある程度進んだらWAVEクリアでインターミッション

PCではヒーローシージというゲームが一番近かった。

ローグライク的で、残る要素は少なく、いくらスゲェ強くなっても次のゲームではほぼほぼ初期状態になる。いくつかの稼ぎ要素で攻撃力や装備が強化されていくけど、WAVEが進めば敵も強くなるので、そう易々とはクリア出来なくなっていく。

正直小手先のテクニックのウェイトは低く、3択でアイテムを手に入れるときにどれにするかとか、数時間プレイして一回ペースで開けられるコモンの宝箱を開けて装備を強化出来るかも、程度。

 割と脳死プレイ。

ダラダラと遊べることを評価するのであれば、まぁそれなりにダラダラと遊べる。低難度であれば、「時間回復するプレイするためのコイン」でそれなりの時間遊ぶことが出来るけど、ちょっと進むと敵が強くて割とすぐに死ぬ。

3択で出て来るアイテムが使いやすいものであればそれなりに先に進みやすくもなるけど、そうじゃないとかなり苦しい。てかまだ3面がクリア出来ないレベルなのだけど、2面クリア時に「ランダム出現の選択肢に加わった火の鳥と氷の鳥のアイテムがほぼ地雷」という苦行設定はマジでツライ。

 これが加わらない方が安定するのに、、、と思ったり。

CMはことある毎に自動表示されるタイプではなく、例えば宝箱を開けたいなら見るしかないとか、「プレイヤーの判断が介在する余地がある」。まぁ否応なく表示されることもあるけど。

割と力でゴリ押し出来る場面が少ないので、CMに表示されるような爽快感はほぼ無い。てか、他の類似タイトルならあったのかも知れないけども。

余談だけど、こういうソシャゲで表示されるCMって、

 30秒待たされたあとにさらに10秒くらい待たないと「×」が表示されないヤツあるよね?

あれってインストールする気になる人いるのかね。

 殺意しかないんだけど。

てか、CMも「遊ぶ可能性がある」ヤツとか、見てて楽しめるようなのならまだしも、「絶対的に腹が立つだけ」のものも相当多い。なんだろ、

 これって誰も幸せにならないと思う。

誰が「握ってる」のかわからないけど、その人に興味があるCM「だけ」を表示するようには出来ないもんなのかね。

さらに余談だけど、こないだ何となく「毛生え薬」のCMを見て、Youtubeまで開いたら、

 そこからのCMが100%それ関連に埋め尽くされた。

「買うほどの興味」じゃなかったのだけど、3日くらいかな?それまで表示されてたようなゲームとかフォトレタッチのツールみたいなのは一切表示されなくなって、

 やれば出来るじゃん

って感じ。そう言えば最近マンガアプリのCMも表示されない。個人的にはマンガのCMが一番「インストールしてさらに課金した実績」があるのだけど、「開くまで」「数日間」しかデータを拾い上げてないのか、トータルで「実際のお金に届いてるかどうか」までは見てないみたいだった。

まぁCMもどこ(インスタなのかYoutubeなのか、楽天なのかamazonなのかヨドバシなのか)をトリガーにチェックされてるのかわからないし、どのみちほとんどお金を落とさないヤツの好みなんて、どうでもいい話っちゃどうでもいい話なのだろうけどさ。

閑話休題

まぁいつでもアンインストールしてもいいと思ってたけど、タイトルを忘れてしまいそうだったので、ブログのネタにするまでは消さずに取って置いた。ってことで、

 今消したわ。

あ、クリス評価は☆。命を数時間消費する価値は、一切無い内容だったな。油断したわ。

| | コメント (0)

2022年11月13日 (日)

ゼノブレイド2~その2最終回~

ようやっとストレスマックスな序章を抜けて、気持ちの良いフィールドに出た。印象としては、ゼノブレイドクロス(以下ゼノクロ)の最序盤のような、狭い渓谷から始まって平野に出たような感じ。

 音楽はこちらの方が素晴らしい。てか音楽はマジ最強レベル。

崖から落ちたり、全滅したりすると、ランドマークから復活。とりあえず所持金やら経験値やらが下がった感じはしなかったけど、ちょっと気になったのは、

 複数の敵と戦っていて、例えば3匹倒したあと4匹目にやられた場合

その場合、3匹目までのドロップアイテムは、「戦闘中に拾っていれば」手に入るっぽいけど、経験値はイマイチ不鮮明。ただ、戦闘中に使ったスキルなどは、使ったことになっているっぽい。
※何回か使うことで取得するスキルとかが、全滅後に手に入ったので

記憶力が曖昧なので、自信を持って言えるわけじゃないけど、戦闘の手触り的には確かに「ゼノブレイド」っぽい。ゼノクロと比べると位置取りとかがナーバスになっていて、、、って言ってもゼノクロも終盤の記憶しかないから、序盤どうだったのか甚だ怪しいけど。

敵にはレベルが表示されるけど、そこに「つよ」とか「とてつよ」と表示されるわけじゃない。例えば同じレベル10の相手でも、全然強さは違うし、群れの中の一体を引きつけても、残りが付いてくるヤツも居れば、どこからともなく湧いてくるヤツも居るし、

 HPが減ってきたら仲間を100%呼ぶあの狼、一体なんなん?

10匹以上倒したけど、最終的に押し負けてしまって悔しい思いを。ただ、その際に初めて「4段階目」の必殺技を使うことが出来て、

 まぁそれでも一撃で倒せなかったんだけど、、、。
※それを使って一気に倒せば「呼ばれる前に」倒せるかと思ったので。今思えば、HPがどの程度で呼ぶのかをチェックして、そのギリまで削ってから発動すればさらによかったかな、とも思うけど。

しかしわからないことがとても多くてイライラする。プレステなら、メインメニューから説明書を開くことが出来たと思うけど、スイッチはそう言うの無いの?

 全然見つけられない。

「エンゲージ」って日常語?器用さと素早さの効果がわからないし、貴重なスキルポイントを消費して覚えて良いのかもわからない。やり直しも出来なさそうだし。

入り口の雑魚からの方がスキルポイントの生産性が高かったので、しばらくそこで稼いで「開幕時にXボタンのスキルゲージがマックスに」を習得。それでかなり戦いやすくなった。てかかなりイイ感じに楽しくなってきたのだけど、、、

 街に入って、度重なるデモの連続で意気消沈。ゲンナリガックリ最悪な気分に。

モーフとか言う偉そうなヤツ、アレ何?

 アイツの話とかマジでガチでブチ切れるくらいどうでもいいわ。

アレを飛ばせない動画で無理矢理強制的に見せられる意味がわからない。何でもかんでも動画にすれば良いとでも思ってるのか?

 センスとか配慮とか「ゼロ」なのか?

動画の長さがゲームの評価とでも思ってるんだろうか。何でもかんでも飛ばせない動画にすればプレイ時間が伸ばせるとでも?

 プラスもあるけど、マイナスがあまりにも大きすぎる。

「命の浪費を強いること」ほど大きな罪ってそうそうないんじゃないかと思う。配信の映画とかアニメだったら、

 絶対に飛ばしてた。「絶対」だ。

どんな重要なことを言われようと、どんなに大きな感動のための布石だろうと、

 人の命を蔑ろにするようなコンテンツに価値などない。

モノリスソフトはDSやゲームキューブの頃から結構好きなメーカーだったし、ゼノブレイドも途中で投げちゃったけど序盤は凄く楽しめた。ゼノクロも大満足大傑作だったと思う。

 ゼノクロは2015年のクリスアワードだったくらいの高評価だったし。
※その年唯一の10点満点

ダメだ、もう少し続けるつもりだったけど、あのデモムービーを思い出したら憤りしか無くなったわ。誰があれにGOサインを出したのか。プロデューサーなのかディレクターなのか。

 あくまで「楽しめる人用」なのだな、と。

てか序盤からうすうすそう言う気配はあったんだよね。ホントにこれ動画で見せられる必要ある?意味ある?魅力ある?って問いかけたくなるようなシーンが。

 てか大半そうだったわ。冷静に考えて動画パート一切無くて良かったわ。

ドラクエXオフラインのあとだったから余計そう感じるのかも知れないけど、

 とにかく戦いたいのだ。戦ってるだけでどんどん強くなって、どんどん世界が広がっていくようなゲームが好きなのだ。

 ゼノクロのような。

思えばゼノクロも住人たちとのコミュニケーションで強化される「キズナ」とかガン無視してたわ。クソ面倒な仕様の「種」はこの時点から既にあったのかも知れない。

街に入ったあと、「こっから先は進入禁止」みたいに行動範囲を限定してくれたのは「いいな」って思ったんだけどな~。
※広い街はそれだけでストレスなので

 まさかあんなクソデモが待ち構えてるとは思わなかったからな。

ストーリーを進めなくてもどんどん強くなれるシステムなら、最初の平原に出て来るレベル70以上のヤツらとかも倒せるまでがんばったかも知れないけど、

 全然そうじゃないからな。

大体序盤のスキルポイントが稼ぎやすいエリアに「入れなくなる」とか、生産性を上げる行為をことごとく潰したいのかと思ったわ。

 今作は映画化して欲しいわ。

そうすれば、

 どれだけ要らないシーンが多いかわかるだろうし、どれだけセンスがないか=興収が伸さないか学べるだろうから。

パーティもソロに戻っちゃったし、今から地獄のようなイベントパートに入るかと思うと吐き気しかない。

 とりあえず音楽はよかったけど、それを補ってあまりあるほどデモパートが凶悪だったので、評価は「0点」にする。

ホントはマイナス1000点くらい言いたいところだけど、貸してくれた友人に気を使って0点に抑えておく。

 最後に繰り返すけど、「楽しめる人は楽しめばいい」。僕は全く楽しめず、ムチャクチャ腹立たしいパートが多かった、って話。

そうそう、アイテムの売却も、全く同じアクセでも同じ枠にスタック出来なかったし、大量の売却でもワンボタンで売れるようになってなかった。「だろうね」って感じ。頭の悪いディレクターが作ってれば当然そうなるわ。ゲーム中頻繁に使う「▼」ボタンが移動スティックと一緒に操作出来ない場所にあって、ターゲットしないと武器を構えられないし、どこからタゲられるかもわからないから、タゲボタン連打しながら近づいて、タゲったら今度は「左手で移動しながら「右手で左手の下にある▼ボタンを連打」。ああもちろん油断したら▲とか押すよ?そうすると操作説明が表示されるわな。でもってそれがBボタンで抜けられないと来てる。クソみたいな操作系なのにコンフィグ付けてないのも狂ってるし、大した移動距離もないのにオート移動に「右手のボタン」が割り振られてる。

 誰も注意しなかったのなら、これを決断したのは偉い人のせいだろ?

それかテストプレイをほとんどしてないか。

 もしくは一切してないか。

え?なんでこれで平気なの?意味わかんないわ。作ってる人ゲームやったことないのかも知れない。だったらしょうがないわ。

 もう二度とゲーム作るな。

|

2022年11月11日 (金)

ゼノブレイド2~その1~

「3」が発売されたけど「2」の話。取引先のバイヤーと、ドラクエXオフラインを交換で貸し借り。その初日。

続編が出てることもあって、ネタバレは普通にしていくので、もし未プレイかつやる予定の人はお気をつけ下さいませ。

現在一章を「終えたと思われるところ」。までプレイ。なぜなら、

 ついさっき「一章 出会い」と表示されたばかりだから。

それまではもしかしたら「序章」だったのかも知れない。まぁそれはともかく、

借りる前の段階から、「つまらなかったらすぐ止める」と伝えつつ、そこに忖度するつもりもないので、基本自分が買ったつもりで歯に衣着せずに感想を書いていく。

 もし本作の大ファンが居たとしたら、非常に腹立たしく感じる内容になるかも知れないので、そう言う人は読まない方が良い。

もっともまだ始めたばかりなので、今後感想は二転三転していく可能性をはらんでいるのだけど。

 現時点での評価は、★(10点満点で2点)。

その2点の内訳は、

 音楽が2点。他はとりあえず0点以下。

音楽、とりわけBGMの出来がFFのナンバリングに肉薄するほど素晴らしく、一瞬にして本作が「大作」であることを感じさせ、オープニングアクトの世界観、雰囲気とも悪くなかったのもつかの間、

 とにかく全く遊ばせてくれない。
※異常に見てる時間が長い

見てる人間がみんな盛り上がってると思うなよ、と声を大にして言いたい冗長なデモ。それもFFアドベントチルドレンくらいキレイで美麗ならばいざ知らず、全く足元にも呼ばない。スクウェアは、初代FFムービーで「何がダメで何が良いのか」をたぶん凄く学んだのだと思う。でも、

 これの監督はそう言う「傷」を負ってない。

僕が今作を買わなかった、スルーした理由のひとつには、トレーラーを見たときにプレイ中の映像がほとんどなく、

 ほぼほぼデモムービー。

「これは怪しいな」と。さらにプレイ画面を見ても、少なくとも僕のプレイしたゼノブレイド、ゼノブレイドクロスのようなオーラがなく、ああローコストなんだろうな、と思ったが、

 まさにさもありなん。

てか細かいところでどうしてこんなにイライラさせるのか。

・セーブの時にデフォがいいえになっている

・設定メニューに「字幕オフ」がない

・設定メニューに「振動オフ」がない

・設定メニューの「ゲーム設定」が「各種調整」を行えると書かれているのに、中にあるのは「難度」だけ

・一章終了時にセーブしたあと「セーブ画面を抜けますか?」と訊いてきた
 →これなんか殺意以外の何物でもなかったわ。セーブしたあとにその画面にとどまって何をする選択肢があるのか。バカなのか?バカが作ってバカが監修してるのか?

・レバーを入れながらジャンプしても全く意図した方向に飛ばない
 →キャラの方向を切り替えるのにかなり移動しなければならない

・カメラはいろいろ設定出来るように見えて、自分が見えなくなる、自分がどっちを向いてるかわからなくなる状況が序盤から頻出する。最近カメラワークが悪いと言われたゲームをいくつか経験したけど、これと比べたら「超優秀」レベルだわ。そもそもベストなカメラ設定が「出来ないほどクソ仕様」だからプレイヤーに丸投げしたんだな。

・ゲーム開始直後に言語を選択する場面で、「Xボタン日本語」を選択するのに、カーソルを移動するのではなく、直接そのボタンを押させる。この選択はゲーム中変更が出来ない、つまり間違いが許されない重大なものであるのに、「コントローラを見なければ出来ない」仕様にしたヤツの気が知れない。カーソル移動+Aで決定「でも」出来るように出来なかったのか?その技術が無いレベルの会社だったのか?バカなのか?

・敵を引きつけることが出来るリーチがどのくらいかわかりづらいし、その条件もわかりづらい。すぐ近くでも引き寄せられなかったりするし。

・最初に覚える攻撃系アーツが、ソロだと全く意味がない
 →敵の後ろから攻撃する必要があるけどソロだと必ずこちらを向いてくるので、効果を実感することが出来ない

・最初のダンジョンなのに暗くて状況把握がしづらく、仲間に「人外の獣」が居るため、敵とそいつの区別が付きにくく、さらに色まで敵と同系色。

 わざと混乱させるために用意したのか白虎を。

バカが。

・キャラデザインはギリ許容範囲。でも「も」ばっかしゃべるあのキャラがマジうざいし、ボイスも飛ばせない。クソ長いデモシーンが全く飛ばせない。

 クソ長いデモシーンにクソいらつくしゃべり方を「プレイを続けるつもりなら絶対に」見なければならない仕様。

・ジャンプの挙動もスゲェ扱いづらく、「段差を上りにくくて落ちやすい」。死ね。

・雲海から上るスロープ、右から上ろうとしたら左側まで移動したわ。テストプレイをしてないのか?そもそも雲海で自機が見えなくなることに抵抗なかったのか?

・一章の最後で、シンが何をしてたのか聞きたいわ。ずっと見てたの?なんで?じっと待ってたの?なんで?

・ゼノブレイドクロスとの比較になるけど、序盤からとにかく戦闘させてくれなさすぎて、殺意しかない。そのくせ、ボスバトル中に一気に大量の情報を解禁して煙に巻く。まぁこっちがジジイだから理解出来ないのかも知れないが、

 あのクソわかりづらい戦闘説明中こそ、バトルのボタン説明が開けて欲しかったわ。てか、そもそもボタン説明が「Bボタンで抜けられない」とか、デフォのショートカットキーに割り当てる感性が理解出来ないけどさ。

・ゼノブレイドの1作目も、序盤はとにかく戦闘が楽しくて、ワクワクしながら前のめりに遊んでたと思うけど、今作の序盤は、敵を倒してもお金しか出ないし、お金の使い道はほとんど無いし、せっかくのサルベージもやり続けられなかったし、時間制限のある食事系バフアイテムばっか並んでても、

 そんなの序盤から使いまくるヤツいねぇだろ。

所持金の増やし方もわからず、どの程度のタイミングで戦闘になるかもわからず、その効果の数パーセントに何の意味があるのかも全然勘所が掴めてないところ。

 食事バフってのは、そこそこゲームが進んでから使うようになるもんじゃねぇの?

・デスペナルティもわからない。ランドマークから「やりなおしになる」とは言われても、そのときまでに稼いだ経験値やお金がどうなるのかアイテムは消えるのかも教えてくれない

・そもそも「+」ボタンで開くメニューが遅くてイライラする

・移動速度も速いとは言えない※特にカメラを引いてると痛感する

・スティックの感知がナーバスで勝手な方向に移動。ドラクエの時は無かったので、遊びの設定が甘いのだと思う。さらに言えばそれを設定することも当然出来ず、戦闘中「移動せずにオートアタック」をしたときだけダメージが増していく仕様のため、「勝手に動かれてダメージが上がらない」という状況になった。

故障しかけのコントローラを使ってることを責めるなら、それで普通に出来るゲームがなぜあるのか聞きたいわ。

・メツのキャラがアドベントチルドレンに出てきたロッズと被りまくり

・散らばったお金を取りに行かないと回収出来ないばかりか、時間ですぐ消える。せめてもう少し広範囲を拾ってくれよ、、、

・・・とりあえず、

 ここまでは「ストレス99.9%」ってくらいイライラさせられた。

それでも何とか続けて来たのは、BGMが良かったからにほかならない。BGMのクオリティの高さが、

 これから先面白くなる可能性をはらんでるよ?

と僕にアピール、僕をなだめすかし続けてくれたから、

 どうにかこうにか最初の山を乗り越えることが出来た。

こういうのを遊ぶと、序盤からすぐ戦闘出来たドラクエXがどれほど愛しい存在だったのかしみじみと感じるし、

 自分の嗅覚もまんざらじゃなかったな、と自画自賛したくもなる。

あんなクソ長いデモじゃなくて、あの10分の1の時間で10倍のクオリティに仕上げて欲しいわ。

あ、スゲェ難癖だけど、「ホムラ」って名前もスゲェ気に入らない。「ホムラ」だよ?「焔」。

 フェミニンさのカケラもない。

「1」のフィオルンに萌えまくってた自分としては、違和感しかない。なんで「レックス」の相手が「和」なんだよ。気持ち悪い。

 現時点ではただの「都合のいい女」って感じだし。

日々読んでるピッコマのラブコメに出てきそうな。

 好きだけどムチャクチャ安っぽい。

まさに「幻想的」な女性キャラ。

 リアリティのカケラもないと言う意味でね。

ともかく、

 ここからある程度自由に動いて自由に強化出来るようになったと思うので、地獄を抜けたことだし、本腰入れてプレイしようかなって感じ。

 ま~ここまでの最悪さたるや筆舌に尽くしがたいレベルだったけど!

ただ、「1」みたいに無駄なアイテムが大量に手持ちにされて、その整理でがんじがらめになってプレイが続けられなくなるのだけは勘弁して欲しいし、ゼノブレイドクロスのように「ロボ用の装備は全部アルファベット表記」で「読む気が失せたからロボでは一切戦いたくない」とか思わせるのも止めて欲しい。

あ、これは良いところだけど、「1」との関連性が全く無くてホッとした。

 関連性があると思って、クリアしてないから関連性があったらイヤだな、と思って買わなかったのだけど、遊んでみてそれがほぼ無かったのでその点でイラっとせずに済んだ。

「3」も伊集院曰く関連性はほぼ無いらしいから、もし「2」がこれから大逆転で面白くなるようなら、「3は買ってもいい」と思うかも知れない。

 とりあえず現時点でその可能性は、「0.1%」くらいだけど。

| | コメント (0)

2022年10月31日 (月)

ブラッドステインド~オーロラ~

オーロラとは、アップデートによって追加された操作可能な自機(つっても女の子<ただしかわいくない)。前回ハマった時点で既に発売から1年以上経ってたと思うけど、そこからさらに
※ストレッチゴールの約束だったかも知れないけど
キャラを追加するとは、

 誠実だな~

もっともその中身がしょぼかったら、別段スルーしても良いのだけど、、、

 まぁまぁ。

せっかくの女の子キャラではあるものの、どこか人間味が薄く、ある種妖精っぽい雰囲気、文字通り「オーラ」がある感じ。あ、オーラじゃなくてオーロラか。

一応前回の追加キャラの斬月だったかな?は、少しプレイして「いつもののが楽しいわ」と止めちゃったのだけど、今回は、、、

攻撃は剣。初期状態から兜割りというジャンプ斬りが使えるも、それを使うとMPを消費する。MPは時間で緩やか~に回復。あと通常攻撃を当てても少し回復する。

方向ボタン2回+攻撃ボタンでパリィが発動。タイミングが合えば敵の攻撃をノーダメで受けつつ反撃出来る。てか、

 なんでこんなやりにくくしたのかねぇ

まぁブラステの場合、スティックでも十字キーでも自機を動かせるのが救いではあるけど、完全に相手のタイミングを熟知「していても」、あんま成功しない。本気でやろうとしても結構失敗する。コツがあるのかないのか。とりあえずMPは消費しないのと、ゴーストみたいな相手には効かなかった。
※体辺りが効かなかったのかも
ボタン空いてるんだからLBとかに割り当てさせてくれてもいいのに。

あとは、、、RTを押しっぱなしにすると自機の3mほど前にターゲットが出現し、それに敵が重なるとロックオン。ロックは初期状態で3回まで重なり、
※同じ敵でも違う敵でも合計3回
RTを離すと発動。ロックさえしていればたぶん画面外でも当たるし、威力も通常攻撃の1.5倍くらいあるけど、当然MPも消費する。

自機の周りにはフワフワとミニデーモンみたいなのが浮いていて、たまに攻撃してくれる。ダメは微々たる物だったけど、スローを掛けてくれたりするのであながち邪魔者でもない。

あとはスライディングと、バックステップ。基本操作はそのくらいかな。

・・・

敵を倒すと経験値と、たまにドロップアイテムがあるものの、2時間ほどプレイした限りにおいては、特殊なアイテムドロップは無さそうで、「ダイヤモンド」「サファイヤー」「ルビー」「エメラルド」などのアイテムは、前述のスキル強化に使う。

スキルは、プレイ中にもうひとつYボタンで使えるものが増えた。もちろんMPを消費するが、それを装備することでクリティカル率やMP回復速度が上がったりもする感じ。

相変わらずわからないのは、

 ランク、グレード、レベル

前述のミニデーモンや、スキルにあるこのステータスは、同じ物を複数取ったり、前述の宝石を注ぐことでランクが上がり、ランクが上がるとどうなるかは、キャンプメニューの右下に表示される。例えばクリティカル率が上がるとか、強くなるとか。

レベルは使い続けると上がる感じ?少なくともミニデーモンはそうだけど、他のスキルはやや怪しい。それよりも、

 グレードがわからない。

効果もわからなければ、どのタイミングで上がったのかもよくわからない。説明書とかにも追加キャラのことは書かれてたりするんだろうか。

一応装備品には剣の名前もあるけど、現時点ではまだ2本目も見つかっていない。レベルが上がることで攻撃力が上がる印象は薄いけど、
※上がらなかった時を確認したので
もしかしたら上がるときと上がらない時があるのかも。もしくはミニデーモンのステータスがそのまま自機の攻撃力に還元されるとか?
※ミニデーモンがレベルアップするタイミングで自機の攻撃も上がる、みたいな

剣が強化されれば間違いなく強くなれると思うけど、今のところはその気配はない。

ゲームが進むことでHPMAXやMPMAXが上がるアイテムのほか、前述のスキルが上がるアイテムや効果を得る
※主にボスを倒した時等
事がある一方で、メインゲーム時に壊して様々なアイテムが出た壁から「何も出ない」ことも非常に多い。このモードでは所持金の概念がないので、簡易的に得られるアイテムがそもそも少ないからだと思われるけど、

 正直結構寂しい。

レベルが上がると最大HPとMPが上がるけど、攻撃力はあんま上がらないし、メインモードほどはいろんな攻撃を身につけるわけじゃないので、プレイはかなり単調。ボスも、倒せる相手はゴリ押しで倒せるけど、考えて戦うような相手は(メインのときに楽してた分余計に)手強く感じてすぐ諦めてしまう。
※ストーリーに深く関わってるかわからないようなサブボスの話

そんなこんなでそろそろ止めよかな、と思ってた矢先に、

 ジャンプ中に再度ジャンプボタンを押すことで空中で止まる

「みたいな」効果を手に入れたのだけど、良く読んでなかったのでイマイチ使い勝手がわからなかった。

とりあえず空中で止まると横移動がかなり高速に可能で、MPも消費しない。その状態で攻撃も出来れば被弾しても落とされることはなく、さらにその状態で兜割りをすると、ジャンプ攻撃の高さ分だけさらに高いトコロまで上がることが出来る。

 そんな感じでプレイをしていたのだけど、

 ふとしたタイミングで、、

 自機が、、、

 斜め上に移動してる!!

つまり、空中でジャンプボタンを押すと、「その高さに止まる」のではなく、「空中を自由自在に移動出来るモードに切り替わる」らしかった。

 ゲームが一気に楽しくなった!

メインゲームにも様々な移動手段はあったが、MPも時間制限も無く自由自在に空中を、それも結構高速で移動出来ると言うのは無かった。過去のイガヴァニアにもなかったと思う。それほど希有で、そして、

 新鮮。

マップの隙間を埋めるのもムチャクチャ容易だし、敵を避けて移動するのもかなり楽。何よりスピードが速いのがいい。テンポが良くなるし、ロックオンの攻撃も当てやすい。

 もはや別のゲームのよう。

メインゲームと違って既にアンロックされている扉などもあるので、結構サクサクマップを進めることが出来、結果、

 ボスまで到達。

ただ、このボスはメイン同様「そのまま倒しちゃダメ」なヤツだった。
※倒したらゲームオーバーになってしまった

あまり詳しく話を聞いてこなかったので、正直どうすれば回避出来るのか現時点ではわからないけど、それでもまだ行ってない(埋めてない)マップはかなりあるので、モチベはそこそこ高い。てか、

 (好みはあるだろうけど)エンダーリリーズなんてやってる場合じゃなかった

メトロヴァニアの本家は、当然メトロイドとキャッスルヴァニアを指す。がしかし、僕の好みという点では、本当に遊びたいのは「イガヴァニア」であって、メトロイドでもそれっぽい何かでもない。

確かにオーロラモードはメインモードと比べると「おかず」が少ない。
※キャラクターも前述のスキルアップの人しか出てこないし
それでも、操作は気持ちいいし、

 片翼をもがれたようなオマケモードですら、凡百のメトロヴァニアより遙かに良く出来てると感じてしまった。

現時点でのオーロラモードの評価は★★とやや微妙ではあるけど、もう少しがんばって「手詰まり」になるくらいまでは進めたいな~と思った。

・・・

余談だけど、序盤でおもむろに地下方面に落ちてしまい、そのまま勢いでセーブしちゃったら、

 周りの敵が強すぎて泣きそうになった。
 ※まだ空中移動を覚えてない頃

結果的には慎重に上を目指して探索し、何とか地上に戻ることが出来たのだけど、そう言うちょっとした「ヒヤリ」も含めて「何とかなるチューン」なところも、イガヴァニアの良いところだなって思ったわ。

 大抵のアクションRPGだったら、敵が強すぎるエリアは瞬殺されるのがオチだからね。

| | コメント (0)

2022年10月30日 (日)

メガドライブミニ2

PCエンジンミニとメガドライブミニの購入を後悔したわけじゃないのだけど、何となくスルーしてしまっていた。収録タイトルの発表が小出しにされてて、

 めんどくせ

と思ったのも買う気が削がれた理由なのだけど、今日たまたまネットで目にしてタイトルを調べてみたところ、、、

 買っても良かったけど、買わなくて後悔もしてない

そんな感じ。ちなみに今だと定価の3割増しくらいでアマゾンにある。

収録タイトルを全て書くほどどれも魅力があるわけじゃないので、気になったところだけをピックアップして触れる。

・スペースハリヤー

メガドラと言えばIIがポピュラーではあるけど、ぶっちゃけビックリするほどつまらないのが「II」。むしろ、スペハリ、メガドラ、と来たら、

 まさか32X版か!?

と期待が膨らんだが、さにあらず。これは、「もしメガドラにハードウェア拡大縮小機能が付いていたら」を実現した「if」ソフトなのだそう。つまり、32Xのような色数は全く使われておらず、メガドラっぽい画面でスムーズに敵が飛んでくる(拡大する)スペハリらしい。

 ちょっと興味が沸いたけど、金額にして100円分くらいか。

・ビューポイント

国内ではリリースされていない、海外版メガドライブ(ジェネシス)のソフト。僕はこれのネオジオ版を持っているけど、現状動かすのはままならないし、エミュも足を洗っているので、もしどうしても遊びたいのであれば、ある意味一択とも言えるチャンス。

 今回のキラータイトルとも言えた、、、

のだけど、画面を見るとやっぱりメガドライブ。雰囲気は悪くないけど、あの美麗さは全く伝わってこない。たぶん音源もしょぼいだろう。

 金額価値にしたら700円くらいか。

・電忍アレスタ

武者アレスタの続編にしてメガCDオンリーの一本。コンパイルなので最低限のゲーム性は確保されているだろうけど、そこまで面白かった記憶はなく、さらに言えば、

 これが遊びたい欲求は、武者アレスタや、PCEのスプリガンで溜飲を下げることが出来る。

てか、どのみち今の僕のスキルではろくに進めることも出来ないだろうしね。

 金額価値は300円ってところか。

・ナイトストライカー

普通にメガCD版も持っているけど、正直そこまで楽しかった記憶はない。ただ、移植自体が非常にレアなタイトルだし、もちろん今メガCDを掘り出して遊べるわけもない。ちょっとだけ揺れたけど、、、

 まぁ200円くらいかな。僕の中の価値は。

・ナイトトラップ

買ったような買ってないような、、。アドベンチャーっぽいタイトルで、同梱される夢見館の物語同様、話題性ほどは記憶に残ってないけど、

 ちょっとだけ揺れた。価値は200円ってところ。

・真女神転生

こないだペルソナをプレイしたことで、今更ながら「やってもいいかも」と気運が高まる一本。エミュなしでリアルタイムセーブ出来るのはむちゃくちゃ大きな魅力。特にテトラカーンを使う魔物と遭遇する前の大いなる保険になる。
※テトラカーンは物理攻撃反射スキル。つまり普通に攻撃すると反射されて全滅する

 地味に400円くらい出せるところ。

・ぽっぷるメイル

記憶が混濁しているけど、日本ファルコムのアクションRPGだったような、、。そこそこ楽しかったような、、。記憶が混濁してるけど、手堅く楽しめそう。

 300円<だんだん雑になってきてるな

・シャイニングフォースCD

何が興味があるってそのロード時間。メガCD全般に言えるけど、読み込みが長いとツライ。でもシャイニングフォース自体に悪い印象はないし、初期の頃なら丁寧にチュートリアルしてくれて、今でも楽しめる可能性がある。

つってもシミュレーションRPGというジャンル自体が今の僕にはハードルが高そうとも言える。本当に遊びたければスパロボの適当なヤツをメルカリで買った方が安いし楽しいかも知れない。

 200円。

・スターブレード

もちろん持っている。プレステ版も持っている。VHSだけどビデオも持っている。大好きな一本だけど、もちろん今は遊べないし見れない。このチャンスを活かせるのはいいかも知れない。ただ、

 メガCD版はメチャメチャしょぼかった記憶もある。

 300円ってところかな~。

・グラナダ

非常に楽しんだ一本。だがしかし、エミュに手を染めていた頃には、その難しさが祟ってまとにプレイ出来ないほどだった苦い思い出もある。反動があるキャノンを完璧に使いこなして移動できるようになると、その爽快感は天井知らずに高かったのだけど、、、。

 でも300円。結構やりたいし、大好きだったので!

・シャイニングアンドザダクネス

シャイニングシリーズの栄えある一本目。とにかく「オートマッピングがない」でも「マッピングを楽しめるように作られている」という、非常に僕向けの1本。雰囲気もプレイフィールも良くて、「瞬間リターンメダル」があった印象がすこぶる強く、そして良い。今でも遊びたい。

 300円。

・闘技王キングコロッサス

たまーに僕のブログにも出てくる「複数の武器を使いこなすアクションRPG」。ただ、後半は使えすぎる武器一択になってグダグダになってしまう残念展開。でも何度かクリアした記憶があるくらいは楽しかった。

 300円かな。また遊びたいわ。

・チェルノブ

ゲーセン版のチェルノブと比べて、圧倒的に遊びやすく、そして楽しかった印象。グラフィックもキレイだし、とにかく左右の撃ち分けが気持ちいい。メガドライブの中でも「地味な傑作度」が極めて高い一本。

 300円。

・バーチャレーシング

これは32Xじゃなかったんだな~と思う一本。でも特殊なチップが積まれてたような気もする。とにかく「もっっっっっさり」と言う記憶が強いけど、今の目で見るのも逆に新鮮かも。

 200円。

僕の感覚での価値の合計は、、、

 4100円。

まぁそんなもんか。てか、ある意味定価で買うチャンスを逃してしまったわけだけど、何が嬉しいって、

 これが入ってたらムチャクチャ欲しかったところだぜ!

と言う何本かが入ってなかったところ。

・ゼロウイング 連射付で遊べるなら是非遊び直したい!

・ロードブラスターFX LDゲームの大傑作。死ぬほど好き。主題歌も好き。簡単に終わるのもいい

・ジノーグ 私的キラータイトル。メガドライブで一番好きなゲームかも。今だと難しいだろうけど

・ダンジョンマスターIIスカルキープ 攻略本があればやってみたい

・ガイアレス 自機がダサいけどゲームは楽しいテレネットの横シュー。クソ難しくて途中で断念したけど、リアルタイムセーブがあれば最後まで行けるはず!

・ロケットナイトアドベンチャーズ&スパークスター コナミらしいアクション。楽しかった記憶が凄く強い。特に一作目

・ガントレット テンゲンの稀代の名移植。これが入ってたらマジでヤバかった。てかプレミア出しても買ってたかも

この辺が僕に対するキラータイトル。特に、

 ジノーグ、ガントレット、ロードブラスターFX

この3本が入ってたら、問答無用でポチってたと思う。ビューポイントは魅力だけど、このラインナップだと「買い損ねても後悔するほどじゃない」って感じだな~。

 ま、いざ遊んでみたら微妙、、、ってことは、よくあるオハナシなのだけどさ。

| | コメント (0)

2022年10月17日 (月)

ディビジョン

UBIソフトのサードパーソンシューティングっぽいハクスラRPG、、、らしかったのだけど、、、。

体験版でもダウンロードが長くて、ようやっと終わった、と思ったら「UBIコネクト」なる別のアプリを入れろと言う。ここで「もうやめよかな」とも思ったけど、せっかくタダで少しでも遊ばせて貰えると言うのならがんばろうと入れてみた。

で、起動して少しプレイした時点で、

 なるほど500円か。

Steamではもちろんまだ高いけど、メルカリでは「1」が500円「2」が850円?その程度まで落ちていた。送料税込でその値段だから、

 実質価値はゼロに近い。

つまりそこまで「つまらない」か「凄く売れたか」って感じだったのだけど、
※「3」の声は聞かないので、続編が出たことで値崩れするモンハンタイプの値下がりではない

 ヒドイゲームだったわ。

まず、と言うか一点ここが何よりヒドイと思ったのは、、、

 コントローラで遊ぶように作られてない。

もちろんXBOX360のコントローラで動かしてるんだよ?普通にメニューの中にも「ゲームパッド」と言う記述も見られる。Steam専用ではなく、PS4でも
※もしかしたら他にも
リリースされているわけで、

 どうしてここまでコントローラ(パッド)を邪険にするのか意味がわからない。

まずボタン関連は全てキーボード+マウス前提(以下キーマ)。「L」とか「CTRL」とか表示されても、当然パッドで遊んでる自分にはどのキーだかわからない。あまつさえ、ゲーム進行に必要不可欠である「(柵などを)登る」というアクションの「CTRLキー」が、

 ゲームパッドのどのキーを押しても反応しない。

コンフィグメニューを見ても、パッドのどのボタンにアサインするかは著しくわかりづらく、さらに腹立たしいのは、

 武器を右回りに切り替える、と武器を左回りに切り替えるの2つのボタンの一つを、「登る」に割り当てたら、

 ゲーム上不可欠なキーが使えなくなりました。

アホウか!だったらCTRLはどこに割り当てられてたんだよ!

他にも、メニュー選択は通常スティックでも十字キーでも出来るもんだと思ったけど、

 このゲームではスティックしか使えない

とか、視点の移動が速すぎてまともなエイミングが「不可能」なレベルだったので、それを調整しようと「ゲームパッドの視点移動速度」みたいなメニューを変えるも変化無し。

 「なぜか」マウスの反応速度を変えたらゲームに還元された。

てか、これ、パッドで普通に売られてるゲームだよ?
※メルカリ500円だけど

 そっちでもこの状態なわけはないわけで。

確かにグラフィックはキレイだし、、、

 グラフィックがキレイ以外のいいところは一切無かったわ。

適当に指示されるミッションをこなそうにも、僕がヘタのこともあって死んだりする。すると、「ちょっと前のオートセーブポイントからやり直し」。特に経験値を稼げる場所も「敵も」ない状態で、ミッションだけが稼ぎポイントだし、レベルが上がったから何が増えたかと言えば、

 攻撃力が50から51になる程度の違い。

笑っちゃうくらいクソだったわ。てか、UBIのソフトは肌に合わないと思ってたけど、

 これほどとは、、、

あ、でも一点良い点もある。一点だけだけど、その点は際だって良いかも知れない。

 体験版を用意してくれたことで、ゲームを(たとえ500円でも)買わずに済んだ。

もちろん「2」も買わずに済んだ。いや~良かった良かった。クリス評価?

 とりあえずおまけして、、、

 0点かな。

グラフィックがキレイな点は3点分くらいあるけど、それ以外のマイナスが多すぎて実質マイナス5点くらい。でも体験版を用意してくれたことでそのマイナスを帳消しにして、プラスマイナス0点ってとこ。

ちなみに体験版のプレイはそのまま製品版に引き継ぐことが出来て、体験版はレベル8or5時間プレイ可能。僕は1時間ちょっとプレイしたので、

 と言ってもその大半はインターフェイスと格闘してたわけだが。

大体一番最初の敵を倒したのが「30分以上経過してから」だったからな。

ま、「0点でも当然」って感じだ。

念のため書くけど、面白くて仕方ない人の評価に反論するわけではありません。特にマウスキーボードや、PS4で最初からプレイした人が僕と同じ感想を抱くとも思えないわけで、

 あくまで個人の感想ですってことで。

てか、今もって謎なのはCTRLキー。一体パッドのどのキーが該当していたのやら、、、。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧