パソコン・インターネット

2022年6月16日 (木)

インスタの軌跡

一応1000人刻みでフォロワーが増えた日を書き残しているのだけど、
※最初だけ500人

2021

・4/14 開始

・8/9  フォロワー500人 スタートから117日 4.27<一日平均増数

・12/13 フォロワー1000人 スタートから243日(500から126日) 3.97

2022

・1/22 フォロワー2000人 スタートから283日(1000から40日) 25

・2/26 フォロワー3000人 スタートから318日(2000から35日) 28.6

・4/14 フォロワー4000人 スタートから365日(3000から47日) 21.3

・5/3  フォロワー5000人 スタートから384日(4000から19日) 52.6

・5/14 フォロワー6000人 スタートから395日(5000から11日) 90.9

・5/26 フォロワー7000人 スタートから407日(6000から12日) 98.8※7186人だったので1186÷12

・5/31 フォロワー8000人 スタートから412日 (7000から5日!) 200!※エヴァ祭り

・6/12 フォロワー9000人 スタートから424日(8000から12日) 83.3

自分で言うのもなんだけど、趣味垢でこれはなかなかのハイペースなのではなかろうか。

ちなみにこれを書いたのは2022/2/28。多少の誤差はあるにせよ、開始318日で3000人達成し、その時のブログで、

>5000人は「不可能じゃないライン」という気がしてきた。

と書いていた。こういうのは長く続けてると得られる娯楽と言って良い。

5000人を達成したのは、3000人達成の66日後。わずか2ヶ月余りで「不可能じゃないライン」に達している。

そして今日9000人に到達。
※8888人でスクショ撮ってストーリーズにアップしたので、大っぴらに騒がないけど

ペースは水物なので、1万人達成にどの程度掛かるかはわからないけど、たぶん一ヶ月は掛かるまい。現在のストックが19作。これが尽きる前に1万人は達成出来るかも知れない。
※エヴァ弐号機みたいに1万以上のいいねが貰えるネタをポストできるかどうかに掛かっていると言っても過言じゃないけど

ずっとやってるといろんなことを学ぶ。もちろんそれは推測の域を出ないので、勝手な思い込みの可能性もあるのだけど、

最初100人が目標だった頃は、「フォロワー1000人の人のいいね100と、フォロワー100人の人のいいね100は意味あいが違う」と書いていた。これは、フォロワーが多ければ達成は容易いだろうという意味だったのだけど、

 ではフォロワー10000人なら1000いいねはさらに容易かというと、実はそうでもない。

フォロワーというのは、同好の士としてガンプラやデジラマを嗜む人も確かに居るが、実際は昨日インスタを始めたばかりという人や、フォロー0、フォロワー1000人という人、フォロー50人、フォロワー5000人という人も居る。

 むしろそう言う人の方が遙かに多い。

そう言う人は、ぶっちゃけ自分のスマホの画面に僕の新作が流れてきても気付かなかったり、そもそも5000人の中の1人では、確認することも難しいはずだ。大体そこまでのフォロワーバランスの人は、滅多にインスタを起動すらしないとも思うし。

もちろん何千人とフォロワーが増える過程で、アクティブに覗いてくれて、いいねやコメントを下さる方も居るし、フォロワーが多いことが強いステータスになるのも事実。「昨日いいね1万貰った」というより、「フォロワーが5000人超えた」という方が、あまりインスタをやってない人に対するアピールが強かったりするし。

 フォロワーといいねは実はあまり関係無いのだ。

そして、一見さんでもフォロワーになり得ると言うことは、

 フォロワーの増数は、(少なくとも僕がやってる方向で言えば)無限と言ってもいい。
・・・

以前と比べていいねの手応えはかなり変わった。ただ、それは全体的に高値安定になったわけではない。飛び抜けて伸びたメタルビルドエヴァンゲリオンの場合は、

 世界中で誰もやってなかったエヴァの、リアルなデジラマの潜在需要を掘り起こしたから

に他ならないと思う。ガンダムの場合は比較的「どこかで見たことがある」印象であり、プラモを作る人も非常に裾野が広い。しかし、エヴァはプラモの作例も少なく、さらにそこからリアルなデジラマとなると、極めて少ない。そして、その上で「エヴァの世界観」も重要。

 エヴァの世界は、非常に僕らの「生活観」に近い。

田んぼや電柱があったり、平地で住宅があったり。スペースコロニーでも宇宙空間でもなく、大都市でも砂漠でも海底でもない。非常に身近で、ともすれば既視感を感じられる風景の中に、

 居る。

これがたぶん強い共感と、新鮮味を喚起したのだろうな、と。一言で言えば、

 運が良かったんだろうな、と。

ぶっちゃけ僕が始めた頃相互フォローしてくれた人の「全て」は、僕よりもフォロワーが多かった。当たり前の話。でも、今僕が当時相互フォローした人の大半は、僕よりフォロワーが少ない。オーソリティ伊藤伸彦さんも、redさんも、カズヒコさんも、いつの間にかフォロワー数では追い抜いてしまっていた。
※n.crafterさんは遙か彼方だけど。あと軍艦メインの艦ちゃんもずっと先だけど

ここから学べるのは、「僕ってスゲェ」ってことでは当然無い。学べるのは、、、

・フォローを抑えるメリット
※n.crafterさんも艦ちゃんさんもかなりフォローが少ない

・毎日別のネタを更新し続ける意義

・常に数字を意識したスタンス

僕のデジラマは、何度も書いてるけど「漁夫の利」のようなものだ。僕自身は「繋いでる」だけに過ぎない。無から有を生み出しているわけじゃない。とてもズルいと思う。でも一方で、

 プラモ単体よりかっこいいと思える写真を生み出してる。

 短時間で大量に。

重要なのは「短時間で大量に」の部分だ。

人は飽きやすい生き物だと思う。毎日定期的にフィードが流れてくる特定のインスタグラマーはそれほど多くはないだろうし、ましてやそれが「非日常」で「メリハリがある」「かっこいい写真」なら、フォローしてもいいかな、と思うかも知れない。

横柄な言い方になるけど、「もし、僕と同じくらいのクオリティのデジラマを、毎日定期的に投稿してくれるなら、僕は相互でなくてもフォローする」と思う。

 僕は僕のファンになると思う。

 メチャコメントも書くと思う。

でも、、、

 そのプレッシャーに押しつぶされるつもりは全く無い。

「たまたま続けられたから続けた」だけで、「続けなきゃと思って続けた」わけじゃない。これはとても重要なのだ。

まぁブログも似たようなものなんだけどさ。

・・・

インフルエンサーとは、世間に対して影響力を持つ者という意味で理解している。僕は少なくともまだその域に達してはいないと思うけど、

 その域まで手が届くかも知れないと最近思い始めている。

でもそのためには、さらなる継続と、新たな地平の発見が不可欠であり、残念ながらそのリソースは手元には無い。昨日素材と背景をいくつか組み合わせて下準備をしたけど、せいぜい5作がいいところだった。

別に毎日更新しなくてもいいと言う意見も多い。それでも付いてきてくれると言うし、そもそも毎日がウザいと感じているフォロワーも居ると思う。

でも、僕が逆の立場ならそれは違うと思う。僕レベルのデジラマを毎日見られるという、「無料で毎日見られる」というメリットは、結構大きいと思うからだ。毎日が二日に一回になったとてフォローは外さないかも知れないが、絶対的にフォロワーが増えるチャンスは半減する。僕のフォロワーは、

 「僕がフォローするからフォローしてくれるわけでは断じてない」。

毎日異質なロボットの写真が投下され、それが目に止まり、おもむろにフォローしてくれているのだ。1万人、さらにはその先のインフルエンサーをもしも目指すのなら、毎日更新は絶対条件だと思う。

 まぁクオリティは絶対条件じゃないと思うけどね。

楽しんで続けられることが絶対条件で、その条件を満たすには、「テキトーに気楽に続けること」が含まれているから。

ただ、たまに思うのだよな。

 これをこうしてああして作ったら、たぶん10日くらい掛かりそう、、、さすがに面倒だし、割に合わないからやる気になんないな、、、

みたいなことを。でもそれってたぶん「作った方がいい」。作った方が自分が楽しい。自分で振り返ったときに「やってよかった」ってきっと思う。さらに言えばそれを作る為の時間的な余裕(ストック)も今ならある。

 要は面倒だから作らないのだ。

 作った方が「楽しい時間が得られる」とわかっていても。

てか大抵の場合、作り始めるのは作り始めるんだよ。そして2時間くらいやってて目処が立たなくて折れる。完成させるまでモチベが持たない。誰かもうひとりくらい同じ趣味で、さらに僕のライフサイクルにシンクロしてくれるような友人が居たらなぁと強く思う。だったらフォトショのサブスクもレジストするし、知識や技術の交換でさらなる高みも目指せるのだろうにな~。

| | コメント (0)

2022年5月22日 (日)

インスタの目標の話

公表しているのは「フォロワー1万人で1万いいねを貰うポスト」。現在6000人ちょい、いいねは最高なら1万を超えてるけど、再現性はないので、その都度狙えそうなときにがんばる。ちなみに「がんばる」とは、「なるべく保存お願いします」とか、「タイトルを熟考する」とか。

ただ、公表してない目標もいくつかある。小さな目標をいっぱい作ることで小さな達成感をいっぱい味わえるという、とてもささやかな願いだ。

・フォロワー対フォローが100対1

つまり、フォローして貰ってる人の1%しかフォローしてないと言う状況。てかぶっちゃけ初期の頃は「10対1」が目標というか、それを維持していこうと思ってたのだけど、最近特にフォローしたいと思う人が居なかったこともあって、
※あと完全に更新が途絶えちゃってる人とか
どんどん「100対1」に近づいてきたので、まぁこれも目標にしようかな、と。

てか、簡単なやり方は、今フォローしてる人で「こちらをフォローしてない人」、つまり先方にとって僕の価値がほぼゼロの人のフォローを外せば、結構簡単に達成はできる。ただ、

 「僕のフォローは重い」。

これは僕にとってだけでなく、他の人にとっても「そうなるように磨いている」。

インスタに限らず、相手のフォローとフォロワー数のバランスは「ついチェックしてしまう」ポイントのひとつだ。

フォローが7800人でフォロワーが300人とかを見ると、まぁこの人はどんどんフォローしまくる人なんだろうなと思うし、それぞれが二桁だと、始めて間もないんだね、とも思う。

微妙なトコロでフォロワーの方が多い人は、「フォローしてくれたらフォローバックしてる」のかな、とも思うし、

 2.1万人のフォロワーに対して300人のフォローというn.crafterさんみたいな人も居る。

もちろん芸能人やアイドル、商用アカウントとかだと、何万人対ゼロって事もあり得るけど、趣味アカでそれはあり得ない。

 僕にフォローしてもらえたら嬉しいと思って貰いたい。

そして、

 僕をフォローしてもフォローバックはまずされないと思って貰いたい。

さらに、

 フォローしてもらってないから義理でいいねをしないと思って貰いたいし、

 興味が無くなったらサクッとフォローを解除するよ、と思って貰いたい。

フォローするということは、その人のポストをチェックしたいと言うことの意思表示だと僕は思っている。
※「べき」とは言わない
だから、フォロバして貰えないと言う理由で解除するなら、ぶっちゃけどんどん解除してもらって構わないし、そんな人はそもそも僕のコンテンツに興味なんてないだろう。

フォロー対フォロワーの比率が開くということは、「興味がある人が増える」と言うことだと思う。「相互フォロー狙い」ではなく、「その人のインスタに興味がある」という、「影響力」を持つと言うこと。

 「インフルエンサーになりたい」、、、かも知れないのだ。

別に僕のアカウントはガンプラメインの趣味アカで、特にここからお金を生むわけじゃない。影響があると言ってもせいぜいいいねやコメントが増える程度かも知れないけど、重要なのは、

 影響力が大きくなるのは「楽しい」と言うことなのだ。

これまでも再三書いているけど、「世界一いいねを貰ったジュアッグ」のポストは、たぶんカズヒコさんの作ったジュアッグをお借りして僕が作ったデジラマだ。他にもパトレイバーのイングラムや、コアファイター、エヴァ零号機のポストも、たぶん僕のインスタが世界一だと思う。

 そう言うのが増えるのが楽しいのだ。

いつか、テレビとかメディアに取り上げられて、
※テレビに映りたいわけじゃない念のため
そこからフォロワーが爆増したりしたら楽しいだろうなと思う。

 自分が生きた証をより多くの人が認めてくれたら嬉しいかも知れないな、と思う。

僕のフォローは、フォローした人が「おおっ!」と思うようなフォローでありたいと思うし、
※ガンプラアカの場合ね。芸能人とかは思うわけ無いし、思って貰いたいとも思わない。ほとんど居ないけど

 初期の頃、それこそ僕のフォロワーが二桁だった頃に相互フォローしてくれた人たちが、「クリスもでっかくなりやがって、、」と鼻の下を人差し指でこするような日が来たらいいなと思うのだ。

・・・

最近チェックしている目標では、

・1分間に100いいね

これも目指している。インスタは、いいねやコメントを貰った場合、右上のハートマークをタッチすると履歴に表示される。しかし、これには件数の上限があり、100件までしか残らないのだ。

つまり、せっかく「コメント6」とかになっていても、ハートをタッチして「100件全てがいいね」だったりすると、その6件のコメントがどのポストに対して書かれたのかがわからなくなる。

一応メニューから「こちらがコメントしたポスト」を探すことは可能なので、「相手のコメントが返事だった場合」は、自分のコメントを探せば見つけることも可能。でも、相手のコメントが返事ではなく、かつ今日や昨日と言った直近のものではない昔のポストに対するものであった場合は、

 たまたま100件の中に表示されているときにチェックしないと、事実上見つけて返事をすることは不可能なのだ。

それがインスタの構造上とてももどかしい点でもあるのだけど、これを完全に追跡可能にすることのデメリットの方が大きいと言うことなのだろう。

まぁそれは良い。仕様に文句言っても始まらないから。

僕がここで言うのは、「短時間に一気にいいねを集めた状況」も「楽しそう」という話だ。

100件目の次には「おすすめフォロー」のリストが表示される。つまり100件目のいいねが押されたタイムスタンプが「1分」であれば、

 1分59秒以内に100人の人がいいねをしてくれた、と言うことになる。

これはそもそも「スゲェたくさんのいいねを貰えるポスト」の時にチェックしなければ絶対に叶わない目標だし、

 こないだの零号機の時にはまだ目標設定してなかったこと

なので、正直どんなタイミングでどう狙えるのかもわからないけど、
※つまりポスト直後ではなく、24時間経過したあとのホームや発見での伸びの方が見込みがある

 最終的に「1秒で100いいね」を達成出来たら最高だ。
※これは数百万いいねを貰うレベルの芸能人の話

・・・

目標とは、特に達成出来なくても構わないと僕は思っている。仕事でも娯楽でも、それによって「時間の過ごし方が楽しくなればそれで良い」。それが僕にとっての目標設定であり、別段緊張感を伴うものでもない。給料にも影響しないし。

ただ、設定しないことには達成できないものでもある。ウィザードリィのムラマサブレードのように、「欲しい!」と願って手に入れるからこそ嬉しさが膨らむ。気付いたら持ってた、良く見たら強かったってのは、「面白さ嬉しさ楽しさを大きくスポイルしている」ことになる。

それがどんな目標であれ、設定して達成するのが愉快なのだ。

 まぁ達成可能なのも不可能なのもあるわけだけどね。

てか、今度のウルトラマンやゴジラは難しいだろうな~。

| | コメント (0)

2022年5月12日 (木)

デジラマよもやま

「これは伸びそうだな」と思った物と、「これは難しいだろうな」と思った物があったとすると、その推測と現実の差が、以前より割と狭まってきた印象がある。「イケル!」と思ってても全然伸びなかった頃と比べ、「手ざわり」が見え隠れしてるような。

現時点での最近のいいね数は、、
※( )は僕の予想

・ケンプファー 552(650)
・零号機 3815(3000)
・Hiνガンダム 4745(2000)
・飛甲兵 474(700)
・騎士ガンダム 363(350)
・鉄人 1869(1000)
・ジュアッグ 7154(2000)
・ガリアン 1111(500)
・エピオン 1626(1500)
・イングラム 1045(700)
・フルアーマー騎士ガンダム 418(1100)
・キングゲイナー 642(500)
・ジュアッグ 1947(2500)
・ビッグトニー 637(400)

つまり、予想より大きく伸びたのは、Hiνガンダム、上陸ジュアッグ、鉄人、ガリアンなど。予想より下回ったのは、海底ジュアッグ、フルアーマー騎士ガンダム、飛甲兵ってところ。
※ケンプファーはまだ24時間すら経ってないのでまだわからない

何だかんだ言って「伸びて欲しい」「伸びると予想」したものが伸びるのが一番ホッとするし、嬉しい。逆に「伸びるわけ無い」と思ってたものは、伸びなくてもショックじゃないし、想定内という感じ。もちろん予想外に伸びることは嬉しいけど、
※特にガリアンが1000超えるとは思わなかった
そこまで爆増ってこともない。

最近はコラボよりバンダイ公式を拝借して作ることが増えたけど、既成の写真加工であっても、「元より良くなっていれば」みんな評価してくれるし、自分も楽しい。Hiνなんかはそれが凄く顕著で、作ったときから、

 これはかっこいいよなぁ

とシミジミ自己満足。ただ、かっこいいだけではそこまで伸びなかったとも思う。このHiνは、他の人がほぼ誰もやらなかった「複数光源の表現」をやったことが、いいねの底上げに繋がった気がする。

 新鮮さ、インパクトははやりとても重要なのだ。

リアル寄りであることももちろん重要。てか、しょっちゅう書いてるけど、ことガンプラデジラマにおいて、現時点でいいねを期待出来るのは、、、

・インパクト
・リアリティ
・明るくわかりやすい絵面
・メジャーな素材
・ユニークさ
・精度

こんなところかな。

今まで見たことがないような、本物みたいで、視認性が高く、自分も知ってる素材を、多少のジョークを絡めつつ、キレイに仕上げてある。

こういうのはたぶん間違いなく伸びる。上陸ジュアッグも「水がしたたる感じ」は新鮮で、画角に圧があり(迫力があり)、明るくキレイ。強いて言えばメジャーさが弱かったけど、これがさらにメジャーな素材ならもっと上を期待出来たかも知れないと言う話。

騎士ガンダムがどちらも微妙だったのは、認知度が低いだけでなく、絵として面白みに欠けていたこと(FAの方)、視認性が悪かったこと(騎士ガンダムの方)、本物っぽく見えなかった点もあるかも知れない。

逆に、良く言う「パッケージアートみたいな作品」は、どれほどキレイであってもみんな見慣れていて「おおっ!」とはならない。
※前回のHiνとか
ガンプラを買いに行って「箱絵がキレイだから買う」ことはまずないだろう。
※昔であれば高荷義之画伯のνガンダム箱絵に「おおっ」と思ったこともあったけど
さらに言えば、そう言った「プロっぽい絵」は、保存も全く期待出来ない。

「保存」はやはりとても重要だが、最近の傾向として、

 僕のインスタを見慣れてる人はあまり保存してくれない

と言う感じがする。それは何故かというと、

 ハッシュタグをキーとして伸びる24時間内のいいね≒フォロワーウェイトが高いが、保存率は24時間以降の方がグッと高まるから。

フォローしてしまえば別段保存しなくてもちょいちょい新作が流れてくるし、わざわざ保存しなくてもいいや、と言う思考に流れてもおかしくない。

 それでも保存したくなるようなのが伸びるわけだけども。

二日ほど前に満を持して投下した零号機なんかは、結構期待通りの伸びを見せてくれている。3000くらいは行くかな、と思っていたが、
※これはエヴァネタのインスタウケがそれほど良くないことも踏まえている
現時点(48時間を待たずして)で4000を超えていて、ペース的には6000以上が狙える手ざわりがある。

3体の中でもっとも人気がない零号機でありつつも、素材であるメタルビルドの精度、写真の解像度が高く、立地の名古屋駅もかなりポピュラーだ。例えば東京大阪間を移動する人でも、窓の外から見える景色が無意識に記憶され、サブリミナルに刷り込まれていた可能性もある。

 知ってるところが舞台になると、反射的に保存しがちなのだ。

もちろん狙ってやれればそれに越したことはないのだが、実際はそこまで角度がシンクロしない。強いて言えば「運が良かった」というところかも知れない。

現時点での目標は「フォロワー1万人達成後に1万いいねを貰う」だが、現状のペースで更新を続けられた場合、難度が高いのは後者だ。前者は、一度フォローしたら放置するユーザーも少なくないし、初回だけいいねしてくれる割合も結構ある。だがしかし、今の僕の「フォロワー対フォローの比率」なら、フォローバックはまず期待されてないし、気楽にフォローしやすいとも言える。

 ゴーストフォロワーであっても、フォロワー数に含まれる事実は事実。

それより1万いいねだ。1000が目標だった頃の次は3000を超えるネタが作れて、何でかわからないままに4000、5000とクリア。そして一周年ネタがたまたま16000を超えたけど、あれほど条件が重なるケースは、

 ほぼ奇跡。

もちろん奇跡は待つものではなく自らたぐり寄せるものと言う考え方はわかるし、それに向けて何ができるかを考えることのが建設的。

 何ができるか。

もしも僕が「持っている」なら、初号機と弐号機に、シンジとアスカの絡みのポーズをさせて、劇中の2人を再現する、とかなら、かなり数字は期待出来るかも知れない。でも「持ってない」し、本音はエヴァよりガンダムの方が狙いやすい。

重要なのは「女子票」。女の子がいいねをしたくなるようなガンダムというのは、非常に難度が高いテーマでありつつも見返りが大きい。対象が一気に倍になるなら、「5000のネタで10000が狙える」という意味でもあるからだ。

 問題はどうそこを狙うか。

てかまぁ今思い浮かばなくても、そう易々と1万フォロワーが達成出来るわけでもなし、日々のデジラマ制作をがんばる以外無いのかも知れないんだけどさ。

・・・

余談だけど、インスタグラマーで僕が一番プラモが上手いと思っているn.crafterさんが、先日のネタで二日連続2万いいねを達成してた。氏のフォロワーは2.1万人。つまり、

 フォロワー2万で2万いいねを達成してる。

凄いことだと思う。てかガンプラ関連で2万いいね、それも女子訴求力の弱いガチネタでその数字は圧巻の一言だ。

僕がまだフォロワーが1000人にも満たなかった頃、氏にフォローしてもらって凄く嬉しかった。
※氏のフォロー数は300人ほどしか居ない。つまりフォロワーの1%強しかフォローしてない凄まじく狭き門なのだ
→僕も大概だけど

 いつかは手が届くのだろうか。

全くプラモが上手くなくて、ほとんど作って無くて、エアブラシも持って無くて、カメラもスマホカメラな僕が。

まぁそうは言っても、(横柄だと思われるかも知れないけど)ことキャラクターモデルのデジラマ関連のネタに関して言えば、僕はたぶん「世界で3本の指に入る」と思っている。単なるナルシストと思われてもしょうがないけど、「量と質の両面からジャッジしたら」、そこまでやってる人がそもそも居ないのが現実なんだよな。

 あ、本音は「1本の指に入る」と思ってるよ?笑

●ネタ候補

・庵野秀明展で撮ってきたウルトラマン、ゴジラ、仮面ライダーとかと、あべのハルカスからの風景に重ねる系。これで上手く行けば5作くらいは作れる

・バンダイ公式でまだ使ってない百式改、フェネクス、アストレイ、ゲーマルク、Z、ZZ。あとトイズプレスのゲッターもかっこよかった。全部使ったとして7作

・KMさんのイングラムやカズヒコさんのジュアッグ、νガンダム、ブルーティッシュドッグで使ってないショットが少々。それでもあと3作くらいだろうな~

・こないだ撮ったアンリーシュドは、、、もう一作作れるか微妙な出来

・メタルビルドエヴァ公式は使いづらいのが残ってしまっているけど、絵的なクオリティは非常に高く、自己満足度も高い。あと3つくらい作りたいけど、、、

・カズヒコさんのザクが出来れば、これで5作は期待。特にシチュエーションが固まってるものは多くないし、動かすことで破損する怖さは否めないけど、、、

 これらを全部消化したとして24作。

一ヶ月弱なんてあっという間に消費してしまうけど、あんま先のことは考えてない。続けられるだけ続けるだけのことだ。

「これは伸びそうだな」と思った物と、「これは難しいだろうな」と思った物があったとすると、その推測と現実の差が、以前より割と狭まってきた印象がある。「イケル!」と思ってても全然伸びなかった頃と比べ、「手ざわり」が見え隠れしてるような。

現時点での最近のいいね数は、、
※( )は僕の予想

・ケンプファー 552(650)
・零号機 3815(3000)
・Hiνガンダム 4745(2000)
・飛甲兵 474(700)
・騎士ガンダム 363(350)
・鉄人 1869(1000)
・ジュアッグ 7154(2000)
・ガリアン 1111(500)
・エピオン 1626(1500)
・イングラム 1045(700)
・フルアーマー騎士ガンダム 418(1100)
・キングゲイナー 642(500)
・ジュアッグ 1947(2500)
・ビッグトニー 637(400)

つまり、予想より大きく伸びたのは、Hiνガンダム、上陸ジュアッグ、鉄人、ガリアンなど。予想より下回ったのは、海底ジュアッグ、フルアーマー騎士ガンダム、飛甲兵ってところ。
※ケンプファーはまだ24時間すら経ってないのでまだわからない

何だかんだ言って「伸びて欲しい」「伸びると予想」したものが伸びるのが一番ホッとするし、嬉しい。逆に「伸びるわけ無い」と思ってたものは、伸びなくてもショックじゃないし、想定内という感じ。もちろん予想外に伸びることは嬉しいけど、
※特にガリアンが1000超えるとは思わなかった
そこまで爆増ってこともない。

最近はコラボよりバンダイ公式を拝借して作ることが増えたけど、既成の写真加工であっても、「元より良くなっていれば」みんな評価してくれるし、自分も楽しい。Hiνなんかはそれが凄く顕著で、作ったときから、

 これはかっこいいよなぁ

とシミジミ自己満足。ただ、かっこいいだけではそこまで伸びなかったとも思う。このHiνは、他の人がほぼ誰もやらなかった「複数光源の表現」をやったことが、いいねの底上げに繋がった気がする。

 新鮮さ、インパクトははやりとても重要なのだ。

リアル寄りであることももちろん重要。てか、しょっちゅう書いてるけど、ことガンプラデジラマにおいて、現時点でいいねを期待出来るのは、、、

・インパクト
・リアリティ
・明るくわかりやすい絵面
・メジャーな素材
・ユニークさ
・精度

こんなところかな。

今まで見たことがないような、本物みたいで、視認性が高く、自分も知ってる素材を、多少のジョークを絡めつつ、キレイに仕上げてある。

こういうのはたぶん間違いなく伸びる。上陸ジュアッグも「水がしたたる感じ」は新鮮で、画角に圧があり(迫力があり)、明るくキレイ。強いて言えばメジャーさが弱かったけど、これがさらにメジャーな素材ならもっと上を期待出来たかも知れないと言う話。

騎士ガンダムがどちらも微妙だったのは、認知度が低いだけでなく、絵として面白みに欠けていたこと(FAの方)、視認性が悪かったこと(騎士ガンダムの方)、本物っぽく見えなかった点もあるかも知れない。

逆に、良く言う「パッケージアートみたいな作品」は、どれほどキレイであってもみんな見慣れていて「おおっ!」とはならない。
※前回のHiνとか
ガンプラを買いに行って「箱絵がキレイだから買う」ことはまずないだろう。
※昔であれば高荷義之画伯のνガンダム箱絵に「おおっ」と思ったこともあったけど
さらに言えば、そう言った「プロっぽい絵」は、保存も全く期待出来ない。

「保存」はやはりとても重要だが、最近の傾向として、

 僕のインスタを見慣れてる人はあまり保存してくれない

と言う感じがする。それは何故かというと、

 ハッシュタグをキーとして伸びる24時間内のいいね≒フォロワーウェイトが高いが、保存率は24時間以降の方がグッと高まるから。

フォローしてしまえば別段保存しなくてもちょいちょい新作が流れてくるし、わざわざ保存しなくてもいいや、と言う思考に流れてもおかしくない。

 それでも保存したくなるようなのが伸びるわけだけども。

二日ほど前に満を持して投下した零号機なんかは、結構期待通りの伸びを見せてくれている。3000くらいは行くかな、と思っていたが、
※これはエヴァネタのインスタウケがそれほど良くないことも踏まえている
現時点(48時間を待たずして)で4000を超えていて、ペース的には6000以上が狙える手ざわりがある。

3体の中でもっとも人気がない零号機でありつつも、素材であるメタルビルドの精度、写真の解像度が高く、立地の名古屋駅もかなりポピュラーだ。例えば東京大阪間を移動する人でも、窓の外から見える景色が無意識に記憶され、サブリミナルに刷り込まれていた可能性もある。

 知ってるところが舞台になると、反射的に保存しがちなのだ。

もちろん狙ってやれればそれに越したことはないのだが、実際はそこまで角度がシンクロしない。強いて言えば「運が良かった」というところかも知れない。

現時点での目標は「フォロワー1万人達成後に1万いいねを貰う」だが、現状のペースで更新を続けられた場合、難度が高いのは後者だ。前者は、一度フォローしたら放置するユーザーも少なくないし、初回だけいいねしてくれる割合も結構ある。だがしかし、今の僕の「フォロワー対フォローの比率」なら、フォローバックはまず期待されてないし、気楽にフォローしやすいとも言える。

 ゴーストフォロワーであっても、フォロワー数に含まれる事実は事実。

それより1万いいねだ。1000が目標だった頃の次は3000を超えるネタが作れて、何でかわからないままに4000、5000とクリア。そして一周年ネタがたまたま16000を超えたけど、あれほど条件が重なるケースは、

 ほぼ奇跡。

もちろん奇跡は待つものではなく自らたぐり寄せるものと言う考え方はわかるし、それに向けて何ができるかを考えることのが建設的。

 何ができるか。

もしも僕が「持っている」なら、初号機と弐号機に、シンジとアスカの絡みのポーズをさせて、劇中の2人を再現する、とかなら、かなり数字は期待出来るかも知れない。でも「持ってない」し、本音はエヴァよりガンダムの方が狙いやすい。

重要なのは「女子票」。女の子がいいねをしたくなるようなガンダムというのは、非常に難度が高いテーマでありつつも見返りが大きい。対象が一気に倍になるなら、「5000のネタで10000が狙える」という意味でもあるからだ。

 問題はどうそこを狙うか。

てかまぁ今思い浮かばなくても、そう易々と1万フォロワーが達成出来るわけでもなし、日々のデジラマ制作をがんばる以外無いのかも知れないんだけどさ。

・・・

余談だけど、インスタグラマーで僕が一番プラモが上手いと思っているn.crafterさんが、先日のネタで二日連続2万いいねを達成してた。氏のフォロワーは2.1万人。つまり、

 フォロワー2万で2万いいねを達成してる。

凄いことだと思う。てかガンプラ関連で2万いいね、それも女子訴求力の弱いガチネタでその数字は圧巻の一言だ。

僕がまだフォロワーが1000人にも満たなかった頃、氏にフォローしてもらって凄く嬉しかった。
※氏のフォロー数は300人ほどしか居ない。つまりフォロワーの1%強しかフォローしてない凄まじく狭き門なのだ
→僕も大概だけど

 いつかは手が届くのだろうか。

全くプラモが上手くなくて、ほとんど作って無くて、エアブラシも持って無くて、カメラもスマホカメラな僕が。

まぁそうは言っても、(横柄だと思われるかも知れないけど)ことキャラクターモデルのデジラマ関連のネタに関して言えば、僕はたぶん「世界で3本の指に入る」と思っている。単なるナルシストと思われてもしょうがないけど、「量と質の両面からジャッジしたら」、そこまでやってる人がそもそも居ないのが現実なんだよな。

 あ、本音は「1本の指に入る」と思ってるよ?笑

●ネタ候補

・庵野秀明展で撮ってきたウルトラマン、ゴジラ、仮面ライダーとかと、あべのハルカスからの風景に重ねる系。これで上手く行けば5作くらいは作れる

・バンダイ公式でまだ使ってない百式改、フェネクス、アストレイ、ゲーマルク、Z、ZZ。あとトイズプレスのゲッターもかっこよかった。全部使ったとして7作

・KMさんのイングラムやカズヒコさんのジュアッグ、νガンダム、ブルーティッシュドッグで使ってないショットが少々。それでもあと3作くらいだろうな~

・こないだ撮ったアンリーシュドは、、、もう一作作れるか微妙な出来

・メタルビルドエヴァ公式は使いづらいのが残ってしまっているけど、絵的なクオリティは非常に高く、自己満足度も高い。あと3つくらい作りたいけど、、、

・カズヒコさんのザクが出来れば、これで5作は期待。特にシチュエーションが固まってるものは多くないし、動かすことで破損する怖さは否めないけど、、、

 これらを全部消化したとして24作。

一ヶ月弱なんてあっという間に消費してしまうけど、あんま先のことは考えてない。続けられるだけ続けるだけのことだ。

| | コメント (0)

2022年4月21日 (木)

インスタでお小遣い稼ぎが出来ないか

NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)という、デジタルデータだけど唯一無二を証明しつつ売ることも「出来なくはないらしい」と言う知識は得た。がしかし、具体的にどうやるのかとかは全くわからないし、そもそもどの程度の価値があるのかも謎だ。

 売った相手がその10倍で別の相手に転売したり出来るものなのかもわからないし、それはそれで悔しい気持ちになりそう。でも一方で、そう言うことの繰り返しが作品の価値を高めていくことに繋がりそうな気もするし、、。

何十万円何百万円で売れると思ってるわけじゃないけど、数百円で売りたいと思ってるわけでもない。リアリティのあるところで、「3000円」くらいで売りに出した物が売れた場合、それが「30万円に化ける可能性」はありそうな気がする。ノウハウや顧客があるバイヤーであれば。

まぁ実際にやることはなくても、そう言う「皮算用」をするのは楽しいって話。

話は少し逸れるけど、最近作ってるバンダイ公式写真を使ったインスタなんかだと、

 商品の説明書に載ってるような「イメージ写真」に凄く近いものもあったりする。

「近い」というのは言葉足らずか。

 公式イメージ写真より(少なくとも僕が見る限りでは)良く見えるものもあったりする。

「まるで宣材写真」みたいなクオリティで、「写真はイメージです」「実際の商品とか異なる場合がございます」は鉄板の注意書き。目とかビームを光らせてるものだってあるわけで、

 まぁそこでも背景写真をどこから持って来てるのかって話はあるけど。

てか商売はともかく、バンダイの公式ページとかで僕のインスタを宣伝してくれないかな~とかは思ったりするんだよな。宣伝するに足るかどうかは意見が分かれるとは思うけど、大幅な改造をしてるわけじゃないし、商品イメージを悪くしてるとも(少なくとも僕は)思ってないし。
※色を変えてるのは善し悪しあると思うけど。「こんな色だと思わなかった!」ってクレームを誘発しかねないから

閑話休題。話を戻す。

あとはやっぱりリアルな本にして販売する可能性。一冊自分の為だけに作るなら、それが1万円でも2万円でも構わないけど、例えば30冊売ろうと思ったら、持ち出しは極力抑えたいし、出来たら少しばかりのお小遣いが貰えたらと思ってしまうのも人情。

ただ、製本に至る過程で、「何にもしない」で出来上がるわけもないし、「何にもしなければしないほど、出来上がりは自分の意に反するものになる」とも思う。利益率も下がるだろう。

つまり、「相当大変な作業をしないと」、儲けにもならないし誰にも喜ばれないものが出来上がってしまう。

インスタでもそうだけど、僕は僕がかっこいいと信じて作った物に同意して貰えているからこそフォロワーやいいねが貰えると思っている。なので、仮に本を作る場合でも、そのクオリティに「僕が納得していれば」、それを良いと思って買ってくれる人は出てきてくれると思う。

ただ、僕は言っても今まで本を作ったことも作ろうと思ったことも無い。せいぜい自店のチラシを作る程度。逆に言えば多少のDRAW系ソフトは使えるものの、

 イラストレーターがまともに使えない。

イラレじゃなきゃ死ぬってわけじゃないけど、、、。

てか本にするにしても画質がひどくてスマホのがキレイに見えるレベルでは作る意味がない。売れるか売れないかわからない本を、売る目的で作ることの是非はともかく、せっかく本にするなら少なくとも「僕一人を満足させられるもの」であって欲しいと思うし、でなければ作る意味はない。

こないだインスタモデラーの方が本を出していた。僕はフォローしてなかったし、そこまでフックする作例でもなかったので、買わなかったけど、結構瞬殺で売り切れたらしい。価格は3000円くらいだったかな。

雑誌レベルなのか写真集レベルなのかで印刷のクオリティは全然違う。その方の場合は、どちらかというと制作工程を載せた、ある意味ホビージャパンのような本だったので、その印字品質は僕の描くそれとは違っていたかも知れない。つまり、コストも安く作ることが出来たのかも知れない。

でも、僕のは「キレイであることが譲れない」し、もし仮にニーズがあるとしても、そこを譲らないモノであると思うんだよな。

 ま、作りもしない本のことをいつまで書いてるんだって話だけどさ。

・・・

あとは特定の写真をパネルに入れるなりなんなりしてプリントしたものを売るくらいしか思い浮かばない。でもこれは単純な制作コストだけでなく、

 送料がスゲェ掛かる。

さらに自分の部屋に飾るにしても結構ジャマになりそうな気もするし、、、まぁ難しいところかも知れない。

てか、インスタでお金儲けしようと思って始めたワケじゃないので、儲けられなくても全然平気なのだけど、「もし儲けられるとしたら」って考えることその物は結構楽しい。ま、僕が職業柄そう言うことを考えがちな立場だからかも知れないけど。

| | コメント (0)

2022年4月20日 (水)

エンゲージメント率について

何をもってバズってると言うのかは、その人の立場やカテゴリー、価値観によって全然違う。「保存÷リーチが3%以上なら高確率でバズる」と言われても、例えばそれが100万単位のいいねが得られるのか、前日比200%でバズると言うのかはわからない。

ただ、ごく一部の極めて有名な、例えば渡辺直美のインスタであっても、972万のフォロワーに対して30万のいいね。全てが憶測でしかないので、つまりは無意味な数字かも知れないが、1000万近いフォロワーだからと言って、その10倍のリーチがあるとは思えないし、
※僕の今回のポストが4500人のフォロワーで15万人のリーチ
30万人のいいねのうち保存した人がどの程度なのかもわからないが、
※僕の今回の保存数が900

仮に同じ比率だったとしたら、、、

4500:900=300000:X X=60000保存
972:0.45=X:15 X=324000000リーチ

 3億2400万人もリーチしてるとは思えないが、、?

これだとしても、保存÷リーチ=0.01%しかない。30万人がバズってないとしても、

 果たして本当に3%なんて数字が可能なのかと思える。

ちなみに今回の僕の保存÷リーチで、0.6%。これだけ見たら渡辺直美の30万いいねポストの60倍の保存率だ。

・・・

一方で、こんなサイトのデータもある。

エンゲージメント率=(いいね+コメント+保存)÷リーチ×100

この数字が、インスタ全体平均で1.22%。インフルエンサーで1.67%と言うのだ。
※同じ記事内で「インフルエンサーで5%」との記述もあり、大いに怪しくはあるのだが

こちらの計算式に、今回の僕のダーリンを代入してみると、、、

15070+120+918=16108

16108/152055*100= 10.59%

エンゲージメント率は桁外れに高い数値と言える。つか実際問題、僕の僅か4000-4600人程度のフォロワー数で、4日間に15000いいね、918保存というのは、少なくとも僕の経験上はあり得ない数値であり、これが「3%でバズるに対する0.6%しかない事例」と言われても、説得力は薄い。

てかクリスは何を言いたいのかって話だけど、要は、

 一体どの程度の数字で「僕が考えるバズり」は発生しうるのか

って話だ。今回のは僕の中で間違いなくバズったと思う。ただ、以前のサイコマークIIでも、6000人は十分僕の中のバズりに該当したし、「既に死んでるユーザー」が含まれるフォロワー数と比較するより、アクティブなリーチ数と比較する方が理にかなってるとも思うが、、、

とりあえず、分子を「いいね+コメント+保存」にし、分母をリーチにするのは、見かけ上は「保存÷リーチ」より説得力がある気がすると言う話。てか実際問題マスクデータであるインスタのこれらの数値を、どれだけリサーチ会社が把握出来るものなのかって話だ。

 3%以上の事例が何一つ見つけられないのに。

確かに「保存÷リーチ」が3%以上なら高確率でバズるだろう。それは断言してもイイかも知れない。だがしかし、

 保存÷リーチが3%以上だった事例の件数が一件もない可能性だってあるだろ?

保存した画面を見せることで特別安く買える、みたいな商売直結のキャンペーンをしていて、さらにフォロワーの大半がアクティブな顧客だけとかでも、3%ってのは易々と達成出来る数字じゃないと僕は思うし、分母が大きくなればなるほど達成の難度も激増するはずだ。バズると言う以上、

 100人中3人が保存しただけで100万人のいいねが貰えるわけはない。

どうもインスタ分析のデータに何か致命的な欠陥というか、落ち度があるように思えてならないんだよな。

あと、やっぱり「プロフィールのアクティビティのフォロー数」は、実際にその記事からフォローしてくれた人の「倍」になってると思った。これはかなり自信がある。

 なぜ倍になってるのかは全く理解出来ないが。

・・・

結局のトコロ、インスタを使ってる人ってのは、

1.商売として

2.日記代わり

3.売名行為

4.ささやかな自己満足

この辺りに落ち着く気がする。
※パッと思い浮かばないだけでまだあるとは思うけど

日々の食事や子供の成長記録は2。芸能人やストリートパフォーマーとかは3。僕とか自分の創作物をみんなに見て貰いたい人とかが4で、4の中には3や1にシフトする人も居ると思う。

 でもネットで見つかる情報のほとんどが「1を対象にしたもの」。

結局「金儲けの道具」としてインスタを捉えている人「だけ」が、そう言う情報にもお金を出すし、興味も強く持って貰える。当たり前のことだけど、僕みたいに、

 素人なのにこんな分析に首を突っ込んでる人がそもそも異分子であり、そんなイレギュラーの為に書く記事などある方がおかしい

それにしたってプロフィールのアクティビティにあるフォロー数の違和感について触れてる人が居ないのが本当に謎だ。

てか仮にフォロワーが1万人まで行ったとして、仮にコンスタントにいいね3000超えのポストを作れるようになったとしても、そこから商売、金儲けにシフト出来るかと言われたら、僕のデジラマはなかなか難しそうだと思った。

ひとつには僕が使ってる背景写真が、フリーサイトとは言え確固たる証明があってフリーにしてるわけじゃない「グレーなところ」である点。

そしてそもそもどうやってお金に換えるのかのノウハウが全く無い点だ。

ちょっと話が変わってきたしネタ不足でもあるので、続きは次回に。

| | コメント (0)

2022年3月26日 (土)

ネットの向こう側の人

そう大した話ではないのだけど。

昨日インスタにアップしたデジラマが、予想に反していいねが伸びた。具体的には200行くかわからないくらいの予想に対して、900を超えるいいねを貰えている。

僕のフォロワー数は現在3500人くらいだが、実際のところフォローしてる人がいいねをくれる率はそれほど高くない。人に寄りけり、ジャンルに寄りけりだとは思うが、僕のやってるデジラマ、ガンプラに関してはそれほど多くない。特に僕が相互フォローしてないこともあって、

 割とシビアにジャッジされることも少なく無いと思う。
※お義理でいいねされるのをヨシとしないので、これはこれで問題はないのだが

もっとも、フォロワーの大多数は「いいと思ってフォローしてるわけじゃない」とも思う。とりあえずバラ撒いて、誰かが相互してくれたらいい、そんなスタンスのフォローも少なくないと思う。外人とかその傾向が強いようにも思うし。あと、以前熱量高めでフォローしてくれていても、既にインスタそのものを辞めていたり、僕のやってることに飽きが来てる人も少なくないはず。

開始当初は、フォロワーが数千人要ればいいねを稼ぐのもそりゃ容易だろと思っていたけど、実際はそんなに甘くはなかったのだ。

ただ、だからと言って僕のスタンスは変わらない。相互いいねをしたいとも思わないし、いいねの多いネタに迎合してそればかり投下するつもりもない。

 僕は僕がいいねをしたくなる人、フォローしたくなる人であり続けたいのだ。

だから、出来る限り今の「ガンプラとそれ以外を交互に投下」を維持したいと思うし、リアル寄りもあればアート寄りも作る。足だけとか手だけとか後ろ姿とかも平気だし、

 気に入らないならフォローを解除してくれて構わないと思う。

僕は再三書いているが、「好かれることも嫌われることもあるタイプ」なのだ。良くも悪くも。

そんなスタンスの中、つまりある種我を通しているネタがいいねを予想外に貰えると、これはこれでとても嬉しい。

 世界は意外と狭いのだな

と思ってしまう。自分くらいしかいいねをしないと思っていても、意外と自分の近くの人間が多かったりしたことが、こういうことでわかる、感じるのだ。

 今回のネタは、タイムボカンの「メカブトン」だ。

カブトムシ型のメカで、本来は高さ10mくらい?全長20mくらい?の大型のメカだが、デジラマに際しては、スーパーカーをがんばって消して、そこに代わりに重ねた。ホントは比較対象になる人間を置けば、スケール感を感じやすくなるのだけど、意外とそう言うちょうどいい人というのは手配出来ないものなのだ。

事の起こりは、フォロワーのやっさんが「タイムボカンもよろ」と言ったことに始まる。僕自身は当然ようにそれを作る気もなかったのだけど、何が幸いするかわからない。今かなり距離の近い、つまり、コラボ作品を大量に提供して下さってるKMさんという方が、まさにメカブトンを作られていた。

 これはもうデジラマにするしかない!

ぶっちゃけタイムボカンは「僕の世代」。完全にアラフィフネタだ。シリーズ2作目のヤッターマンこそ実写やアニメでリメイクされたが、タイムボカンはそんなこともなく、正直アニソン的にもそこまで好きじゃない。
※完全余談だけど、タイムボカンシリーズの主題歌は良いものが多いが、タイムボカン、ヤッターマンはその中でもかなり低い位置にあると個人的には思う。ゼンダマン、オタスケマン、イッパツマン辺りが、僕的には大好きなのだ。てか一番好きなのはイッパツマンの挿入歌「嗚呼、三冠王」だがな

ただ、メカに関しては、特に今回のメカブトン「ではない」クワガッタンが、子供心にムチャクチャ好きだった。もうデザインもろくに思い出せないくらい昔の話だけど、

 母親に歯医者に行ったらご褒美にプラモデルを買ってあげる

と言われて、このクワガッタンのプラモを買って貰ったことを「今思いだした」。まだガンプラが出て来る前だったと思う。
※タイムボカンの放映は1975-1976

ともかく、そんなメカブトンのデジラマが評価される嬉しさと同時に、ブログで無記名のコメントがされると、

 著しく警戒したりする。

具体的には「読まなくてもいいかな」と思う自分が居る。

僕はインスタも、ほとんどやってないツイッターやフェイスブックも、どれも実名で登録をしていない。だがしかし、ブログを始め基本コテハンであるし、「クリス」という人間を認知されるかされないかで言えば、無記名とは全く違う「個人」が存在していると思う。

 インスタの居心地の良さというのは、そう言う個人との繋がりなのだな、と思った。

ブログのコメントでも、コテハンで書いて下さる方の方がマナーや言葉遣いが丁寧で、責任を感じさせるケースが多い。昔は2ちゃんねるなどで「コテハンウゼェ」という価値観や文化が主流だった頃もあったと思うけど、今は無責任であることの美徳など無いと僕は思う。

つまり、、、

 ブログのコメントは、今後コテハン以外は読まない可能性が高いです

そうお伝えしたかった次第。てか、未だに「つぶやき」に寄せられたコメント2つは読んでない。きっと戦争に関する僕の書き込みが気に入らなかったのだろうと思う「反論コメント(言葉遣い悪め)」だと思うから。

IDで特定出来るとかそんなことは問題じゃない。これはスタンスの話なのだ。自分が何者であるかを、相手に伝える気持ちがあるのか無いのか。あるならばコテハン、つまり固定ハンドルで書き込みをするだろう。インスタやツイッター、フェイスブックなど「コテハンしか存在しないコミュニティ」のモラルの高さが、

 僕は当たり前だと思うのだ。

ニフティサーブのように、その板を管理するシスオペがしっかりと居れば、またその状況は違ったのかも知れないけど、現状そう言う場所を僕は知らない。

ともかく、ブログを途絶えさせるつもりもないし、インスタも出来るだけ更新は止めたくない。てかむしろインスタの方が今は僕の中心になりつつあるけど、あっちはあくまでデジラマネタしか投下出来ない「自分に課した縛り」がある。

 何でも気楽に(誰にも読まれて無くても)書き込めるこの場所が、僕には何より大事な聖域だったりするのだ。

だから文句があるなら来るな。書き込むな。少なくともオレはオマエに向かって書いてるわけじゃねぇ。もし書き込むなら、反論があるなら、コテハンでまともな言葉遣いをしろ。オレのブログなんてリアルな子供は読んだりしない。精神年齢の低いヤツは失せろ。
 このコメントにカチンと来るような人は、僕の人生に不要な人なので、今回に関してはコテハンだろうと読まずに削除、スルーする可能性が高いです。自分から進んでストレスにまみれる趣味はないので。

 そんなこと言いながら、先日の無記名書き込みが「大人な内容」だったら申し訳ないです、、、。

| | コメント (0)

2022年3月 8日 (火)

TABMATEと液晶タブレット

使い始めてからそこそこ経つけど、感想としては、

 まぁ買って良かった。

今の僕の趣味の9割が「デジラマ作り」であり、そのための道具として、不可欠とは言わないまでもそこそこの活躍を見せてくれている。

軽く振り返る。

●TABMATE

左手デバイスという、主にお絵かき時のサポートガジェットである。通常であれば、マウスとキーボード(主にショートカット)で操作するところを、「片手用ゲームコントローラ」のような形でキーボードの代替えとして使う。
※マウスはタブレットの場合はタッチペンに代わる

joy to keyというソフトを併用しなければ、フォトショップでは一切使えないし、それを使っても「7.0」では使えない。ウンともスンとも言わない。

さらにブルートゥースレシーバーも必須で、乾電池も使う。まぁ無線であることのメリットもあるし、単三電池1本、それもアルカリじゃない黒のマンガンでまだ使えているので、そこまで電池の持ちは悪く無さそう。30時間くらいは使ってるかな?

使っていると、唐突に操作が効かなくなることがあるが、原因はTABMATEではなくレシーバー側、それも「USBの給電不足」が原因っぽいので、

 レシーバーを差し直し、数秒待つことで復活する。

こういうことは、ひとつずつ経験と試行錯誤で慣れていくことだと思うので、さして問題じゃない。

操作に関しては、電源以外のボタンが13個とスクロールの上下。ぶっちゃけマウスやキーボード(数値入力)を「絶対使わない」と誓ったわけでもないわけで、

 それで十分足りている。

てかスクロールの上下は、「マウススクロールの上下」に割り振っていたが、ぶっちゃけ思った通りの動作をしてくれないので、近々「コピー」と「ペースト」に割り振り直そうかという感じ。それ以外は、我ながらイイ感じにアサイン出来ていて、押す頻度順に押しやすく割り振ったな、と自画自賛している。つか、不用意にESCとか押したくなかったりするしね。

価格は5000円を少し超えるくらいだったと思うけど、あくまで「僕にとっては」ちょうどいい出費と内容だったです。

つか月ノ丞さんが「アクション(マクロ)を登録するのが基本」って言ってたけど、絶対割り振りたい基本操作(SHIFT、CTR、SPACE、Delete、ALT、ESC)と、異常によく使う変形、選択解除、やり直し。あと拡大と原寸に、たまに使う選択範囲の反転、、これで12個なんだよね。「あるキーを押しながら別のキーを押す」という、キーボード的なショートカットが「使えれば」さらにできる事は増えるのだろうけど、

 だったらキーボードでいいかな、とも思うわけで。

違う左手デバイスだったらまた違ってたのかもだけど。

強いて言えば、今でもカラーバランスと画角を決める時に使う7.0を使ったときに、全く役に立たないので、キーボードでの操作に戻る必要があり、その際の操作を忘れかけているってことが難点と言えば難点かな。

さっさと本家サブスクを買えばいいのかもだけど。

とりま僕の使い方、僕の環境では★★★。他のを使い比べてみたことがないけど、少なくとも「全く使う気にならない無駄使いだった」ってことは無かったです。てか、joy to keyの設定も含めて、パソコンの知識が乏しい人には、かなり手強いデバイスではありますけどね。

●液晶タブレット

メインモニターから移動するときに、

・nVidiaのコントロールセンターを立ち上げる※5秒くらい掛かる

・二画面設定でタブレットをオン、メインモニターをオフにする

・タブレットが点いたら、キーボードのカーソル左、ENTERで確定

戻すときは、

・コントロールセンターからメインモニターをオン、タブレットをオフ

・メインモニター(テレビ)の電源を入れる
※切る時は勝手に切れる

・☆画面が映る前に「カーソル左、ENTER」で確定
※これをやらないと、テレビが映る頃には「元の設定に戻す」が発動してしまう

・解像度をフルHDから4Kに設定し直す
※勝手にフルHDに落とされてるので

面倒と言えば面倒だけど、普段4K環境で、タブレットがフルHDの人、、、てか4Kのタブレットがあるのかどうかも知らないけど、僕みたいな環境の人は、「この手順が不可欠」となる。

毎回モニターの解像度をいじるのは、いささか機械にストレスを与えすぎている気がするのだけど、こういうのは「筋肉」みたいなもので、何度もやっていると馴染んでくる場合もある。

 これはウソみたいなホントの話。

デジタルな機械だけど、「慣れ」や「馴染み」はあると思うのだ。マジで。

ちなみに、モニターが映らない時は、タワー側の端子を抜いて差すと直る。てか現状では直っている。

 直らないと不安になるけど、、、まぁ直っている。

ちなみに、もしテレビや、テレビ側の接続が壊れたら、タブレットをメインモニター代わりに使う選択肢があるかなぁとも思ったけど、

 普段フォトショップを4Kで使っていると、フルHDで起動したときに「絶対操作出来ない領域」にカラーバランスとかが表示されることがある。

これは未だに悩まされる問題なのだけど、
※最悪ソフトを強制終了したこともある。ESCとかENTERとかでどうにもならないときがあるのだ!

なので、現状は「代わりにはならない」かな。

で、そこまでして液タブを使うメリットがあるのかって話だけど、

 まぁまぁある。

たまに(5日に1回くらいの頻度)タッチペンの先とタブレット内のカーソルの位置がズレることもあるけど、そう言う時はPCもタブレットも再起動すると直る。まぁ面倒だけど、このくらいの頻度なら、

 おいおい発生時の状況を特定し、回避することも出来る様になるかも知れない。

タブレットを使う最大のメリットは、

・フリーハンドが使える

これに尽きる。マウスで思い通りの線を描くのは非常に難しい。慣れてくればある程度は出来るようになるとは思うけど、例えば、「32度くらいの角度」に沿って消しゴムを掛け、ハミ出してる部分を消す、みたいな場合でも、「見たままペンでなぞる」のと、マウスで感覚でなぞるのとは大違いだ。

また、植木やブッシュなど、自然物のトリミングも、マウスより遙かにやりやすい。「距離感」がマウスだと取りにくいのが、ペンだとまさになぞるだけ。僕は現時点で「描く」ことがほぼないのだけど、「フリーで範囲を指定する」のは、マウスオペのアキレス腱とも言える部分だったので、そこがクリアになったのは凄く大きい。

また、単純に「画面内のあるポイントを瞬時に指定する」みたいな操作も、マウスよりタブレット+ペンの方が優れている。

例えばスクロールバーや、メニューからファイルを開く、コピーやペーストもメニューから操作しているけど、マウスと違って「そこまでカーソルを移動させなくて良い」。腕を移動させる必要はあるけど、

 圧倒的に早い。

では逆に問題があるとすれば、「矩形選択」時とかで、「不慮の範囲を決定してしまいがち」。

マウスのダブルクリックの間隔同様、一定時間内にダブルタッチすることで確定になってしまうのだけど、操作に慣れてくるとついそれをしがち。

では、その分有効時間を短くすればいいかというと、ダブルタッチして「範囲を閉じる」操作は、現状でもかなりシビアで、やりやすいとは言いづらい状況なのだ。もしこれがさらに短時間じゃなきゃダメってことになると、それはそれで困りそう。
※必ずしもスタート地点を特定出来ない場合もあるし

あと、拡大縮小などでマウスのスクロールボタンを使いたい時も、TABMATEのスクロールが微妙設定しきれてないのか、上手く出来ないので、一旦原寸に戻してから部分拡大という手順を踏まされる。ちょっぴり煩わしい。

そして、致命的に大きいのは、

 画面が汚い。

普段光沢の大画面で操作しているのが、マットな13インチ。細かな色味とかも把握しづらいし、

 絶対的に最後はメインモニターで確認する必要がある。

まぁメインモニターでの出力もスマホと同じなわけじゃないんだけどさ。

・・・

価格的には税送料込み26500円。税抜で言えば24091円。決して安い買い物ではないし、使用頻度や満足度に対するバリューが著しく高いとは言わないけど、

 これによって世界が少しだけ愉快になったのは事実。

「フリーハンドでモニターに線を描く」と言う行為は、在りしの任天堂DSによって切り拓かれ、その後なし崩し的に使わなくなった、ある意味「僕の中の枯れた技術」だ。

スマホ時代になってモニターに線を描くには「静電容量式の太いペン先」を容認せざるを得なくなり、それが実質使い物にならなくて絵を描く楽しさは一時完全に消失した。

しかし、タブレットは静電容量式でも感圧式でもない。

指で押さえても誤動作するわけでもないし、細いペン先は思い通りの線を描かせてくれる。もちろんDSの画面より遙かに広い。

もし絵心がある人でお金とPCの知識もそこそこある人なら、選択肢として十分有りだろうな、とは強く思った。

インスタで自作イラストを上げている人は少なく無いけど、デジタルで描いてる人より紙とペンや色鉛筆を使っている人の方が「僕の目の届く範囲では」多い。もちろん先に挙げた環境が整わないってこともあるのだろうけど、

 使いこなせるなら、こっちのがずっと快適に良い物を作れそうだな、とは思った。

もっとも、「デジタルで絵を描く」と言う行為の為に相応の対価を支払えると言う人の多くは、既にその環境を整えているだろうし、逆にその対価を支払うのに躊躇う人は、やっぱりそこまでその環境に魅力を感じない、もしくは決断出来ないのだろうとは思うけどね。

僕の場合は、たまたまやってたゲームに課金しなくなったり、普通のゲームも買わなくなったことで、多少サイフに余裕が出来たこと、そもそも、

 丸一日探し回って全く成果を上げられなかったガンプラ枯渇問題の影響も大きい。

「買えないなら要らない」。「作らないなら別の楽しさを探す、磨く」。そんな人は少数派なんだろうけどさ。

| | コメント (0)

2022年2月28日 (月)

インスタつれづれ

フォロワーが2000人を超えたからと言って、1000人未満だった頃の倍以上のいいねが貰えるわけではない。最初から「増えれば増えるほどいいね率は下がる」とわかっていたし、そこに大きな期待はしていないが、

 以前の少ないときより少ないと、さすがにそれはそれでちょっと凹む。

具体的には300を下回るとちょっと凹む。逆に言えば500-600前後のいいねだと、

 このくらいが割と固定層なのかな

と思ったりもする。わからないけども。

ちなみに最近思ったのは、フォロワーの質だけじゃなく「フォロワーのフォローしている数」が重要かも知れないな、と言うこと。

何にとって重要かと言えば、この場合「僕のいいね」にとってなのだけど、

結局のトコロたくさんフォローしている人には、たくさんの人の更新が通知されまくる。もちろん僕と同レベルの更新頻度の人は極めて少ないけど、それでも1000人もフォローしている人なら、毎日それなりの更新が通知されるだろう。

パッと見て「僕の作品」だとわかる作品、それはガンプラを始めとしたプラモデルであったり、デジタル加工されたものであったりが流れてくれば、反射的にいいねを押してくれる人もたぶん居る。でも、そう言った方だけをフォローしている人も居るかも知れないし、ガンプラじゃないプラモの場合の反応が悪いのも頷けない話ではない。

では、そうしたフォローしている人数の少ない人が、僕にとってありがたいフォロワーさんかと言えばもちろんそう言うわけではない。確かに目に止まる率は高いだろうけど、フォローが少なくてフォロワーも少ない人は、そもそもインスタに対する情熱も少ないと考えるのが妥当だ。

本当に僕にとって優良なフォロワーさんというのは、どんなにたくさんのフォローをしていても、例えば時刻として21時前後になったら僕のトコロを覗きに来てくれて、そしていいねをしてくれる人。

 そう言う人はぶっちゃけ3000人まで伸びたフォロワー数の極々一部しか居ない。

その理由には、僕がフォローバックしていないことも大きな要因ではある。がしかし、これは「相互いいね」という「クオリティや好みを度外視したいいねを推奨してる人」を否定する僕のスタンスでもある。この発言によって僕のフォロワーからブロックされることになってもあえて言う、

 フォローしたくないならしなくていい。いいねしたくないならしなくていい。

「フォローして欲しいからフォローした」とか「いいねしたんだからいいねしてよね」と言う人は、

 ぶっちゃけどうでもいい。

正確には、「あなたのインスタに魅力があるからどうしてもフォローして欲しい!でも私のインスタに魅力がないならそれは諦めます。でもフォローはさせて貰いますね」と言うスタンスが、唯一相互フォローを期待出来ると思う。

 なぜなら僕がそうだからだ。

僕はフォローが69人しか居ない。その中にはほぼ更新がないオフの知り合いも居るし、完全に一方通行の、僕しかフォローしてない人も居る。このフォローしている人の共通点は、

 更新されたらそのポストが見たい。

と言う当たり前の理由をクリアしていることだ。言い換えれば、僕はそれほど他の人のポストに興味がないと言ってもいい。少なくとも、晩ご飯や日常の風景、自転車、スポーツ、観葉植物の写真を見せられても、別段いいねとも思わないし、
※例外はあるけど

 そう言う人が相互フォローをお願いしてきても、それは正直違うだろと思ってしまう。
※まぁほぼ無いけど

僕のフォロワーさんは、たぶんそこまで優良な人で固められているわけではない。と言うか、何を持って優良とするのかは大いに意見の分かれるところではある。

 ただ闇雲にいいねだけくれる人が優良かと言えば、それはたぶんNOだ。

相互フォローでなくても、こまめにコメントをくれて、いいと思った時にいいねをくれる。それが僕にとっての優良フォロワーだ。もちろんその人のポストが、

 ガンプラを題材にしたデジラマで、クオリティと頻度が僕と同程度

なら、僕は迷わず、それもこちらからフォローをする。

 僕は僕が自分からフォローをしたくなる人でありたいと思って投稿している。

その条件には、フォローしている人が少ない≒相互フォロー否定派であることも含まれるし、相互いいねをしない、期待出来なくても構わないことも含まれる。

 その分、投稿の魅力が重要であり、内容次第では300人のいいねも貰えなかったりするが、それは全て僕の責任なのだ。

・・・

こないだ作ったコアファイターが、久々に4000の大台に乗った。ハッシュだけじゃなく、ホームと発見の伸びが良く、24時間以内にいいねが1000を超え、48時間以内に2000を超えた時点で、これはひょっとするとひょっとするかも!?と思ったが、残念ながら保存率が低く、他の強豪ポストほどは伸びそうにない。

もどかしいのは、このコアファイターが「リーチに対していいね率が高い」ことだ。つまり、「見てさえ貰えればいいねして貰える」しかし「保存率が低いから目に止まる場所に登れない」という状況なのだ。

 保存させないといいねは伸びない。「保存が全て」なのだ。いいね3000以上のインスタは。

と言っても、僕が始めた頃は、200いいねでも「これはプチバズりだね!」と喜べた。1500を超えた時は、一体何が起きてるのか見当も付かない!って感じだった。ずっと続けてきて、全ての事象には理由があることがわかってきたし、もし本当に記録更新
※現時点ではサイコガンダムとマークIIの「6022いいね」
を狙うなら、

 「保存させるための仕掛け」

が不可欠なのだと思う。てかこのコアファイターも「保存よろ」を末筆に添えたからこそとも思うし、それでも保存が「いいねの5%程度」しかなかったことを鑑みると、

 「保存数が○○を超えたら○○します」

とか、

 「保存してくれなかったら更新止めます」

みたいな、直接的なアプローチが思い浮かんだ。でも、前者はともかく後者は、「さっさと止めれば?」が関の山だろう。あとは、

 2枚目をもっと重視する

今はほぼ1枚のみの投稿だけど、2枚目にソースを入れてそのギャップを楽しんで貰うとか、2枚目以降に過去の人気ポストをいくつか加えて、「今回は保存してもいいかもな!」と思わせるような?

まぁ2枚目以降をどれほどの人が見ているのかって気もするけども。

てか、なんでこんなにいいねにこだわるかと言えば、理由は凄く単純。

 いいねが伸びるのが楽しいからだ。

深夜おもむろにチェックすると、「ハートが100」になっている。つまり上限に達していると、ついついチェックの頻度が上がる。単純にそれが楽しいのだ。いいねが伸びないとチェックも楽しくない。それだけの理由だ。

もちろんコメントが多いのはそれはそれで嬉しい。でもそれとこれとは別って感じなのだよな。

・・・

そう言えば先日ポストしたイングラムが、「ガンプラ以外のポスト」で記録更新した。「コアファイター部門」とか、「自分のプラモ部門」とか、もっと言えば「ガンキャノン」の中で、とか「後ろ姿の中で」など、結構細かな部門分けをしつつ、

 より楽しい濃度を高めていく。

のが僕流なのだけど、今回のイングラムの「1400超え」は、次点のヴェルビンの612の倍以上。

 イングラム≒押井守の人気を感じさせる一幕となった。

正直今後のウォーカーギャリアやガレオンがそうなるとは到底思えないが、

 ガンダムじゃなくても、アッガイでも、パトレイバーでも、いいねを伸ばせる可能性はある

と言うことが最近如実に感じられるようになったんだよね。

| | コメント (0)

2022年2月21日 (月)

インスタでブロックされた

「悪意のないつもりでも、そこに悪意を感じ取られたらそれは悪意があるコメント」

言葉にするとそれは真実の響きを伴う。例えばそれが「これは楽しいですね!」と言うコメントであっても、本人が楽しいと思って欲しくなければ、それは悪意を持って取られてしまう。それは「ステキ」だろうと「かっこいい」だろうと同じだ。

だから、例えば僕のコメントに憤りを感じ、ブロックしたとしたら、それは僕とは価値観が違う人だったのだ、と学ぶしかないし、学べば済むことだ。

 頭ではわかっているのだけど、、、

僕は人に嫌われる人間だ。だが同時に好かれる人間でもあると自分では思っている。

 「敵も味方も作る」

そう言う生き方をずっとしてきた。時に人を傷つけることがあっても、それは自分の考え方と違うのだからしょうがない。僕が傷つける人は僕を傷つける人だったからだ。

でもだがしかし、僕が好意を寄せる人間に嫌われる、と言う経験は、、正直非常に乏しい。下手したら一度も無かったかも知れない。だからこそ今回のことは堪えた。

単に僕に見る目がなかった、相手を「見誤っていた」と割り切ってしまえば良いのかも知れない。僕は「相手を計る」。そう言う「クズ」だったと「計るべきだった」のかも知れない。

 全くそう思ってなかったのに、180度逆のジャッジは難しいし、とてもエネルギーを使う。

でもこんな「負の感情」に苛まれ続けるのは、間違いなく人生の損失だ。彼が今後の僕にどんなプラスをくれるのか。くれる可能性があったのか。今のモヤモヤした感じに見合うプラスなど絶対にない。つまり、

 切り捨てて何ら問題のない相手だと、「集中して心を固めろ」。

僕の中から殺せばいい。消せばいい。これまでのことも何もかも無かったことにしてしまえばいい。

だがなかなかそう出来ないから困るのだ。てか相手はいいわ。こちらに腹を立ててカットしただけだから。あーなんかモヤモヤするっ!モヤモヤするっ!!!!!こんなことに何日も引っ張られたくない!さっさと気持ちを切り替えたい!

ちなみに、ブロックされるとどうなるかというと、こちらからその人のインスタは一切見ることが出来なくなる。検索にもヒットしなくなるし、文字通り「無かったこと」になる。そしてひっそりとフォローとフォロワーが1ずつ減る。

・・・

僕がインスタを始めたのは2021年の4月だが、当然その時に既にインスタをやっている人もいるし、「僕よりあとから始めた人」も居る。僕より早くフォロワー1000人に到達した人も居るし、逆も居る。僕よりあとから始めたけど既に止めてしまっている人も居るし、ガンプラブームの加熱さを鑑みれば、今から始めようと思ってる人も居るだろう。

インスタが始まって何年経つのか知らないけど、「出戻りモデラー」としてガンプラに再燃している人は、この3年くらいが多い気がする。僕もその一人だけど、

 今のフォロワーやフォロー先が、3年後どれだけ生き残っているのか、甚だ怪しいと思った。

FFBEは6年続いた。
※まだサ終してるわけじゃないけど
ブログは16年以上続いている。
※途中1ヶ月だけ休んでるけど

誰かと関係があるうちは、継続の可否の何パーセントかを「自分以外の誰かに委ねている」ということだ。

ブログを続けてきた中で、何人も何十人もの人が現れては消えていった。今でも関係があるのはほぼオフの知り合いだけだ。

別にこれで飯を食ってるわけじゃない。これで小遣いを稼いでるわけでもない。これで彼女が出来たわけでも、これで将来安らかに永眠出来るわけでもない。

 どうなったって構わない。そう思ってやってる人がほとんどなのだ。インスタなんて。

 「まじめになっちゃだめだ その方がうまくいくんだ」

僕が大好きなコブラのセリフ。テキトーに行けよオレ。

| | コメント (0)

2022年2月18日 (金)

TABMATEが使えるようになったのだが、、、

ブルートゥースレシーバーが届いたので、TABMATEが使えるようになったのだけど、まさかまさか、

 これ、クリスタ専用!?

まぁ言ってもフォトショップで使えないわけじゃない。JOY TO KEYと言うアプリ、以前は結構使ってた、好きな操作をボタンに設定出来るツールを使えば何とかなるらしい。と言うことでいろいろやってみているところ。

 つかPCの正面にあるUSBポートだと、ブルートゥースがしょっちゅう不安定になる。

勘弁してくれよ、と思いつつ、このままだとさらにUSBハブの増設も避けられないって感じ。一旦ボタンをリストアップする。

●TABMATE JTK 設定

◆RED

・ 1
○ 2

A 3
B 4
C 5
D 6

RUP 7
RDOWN 8
RPUSH 9

TRIGGER 10

QUP 11
QDOWL 12
QR 13
QL 14
Q 15

◆BLUE

・ 16
○ 17

A 18
B 19
C 20
D 21

RUP 22
RDOWN 23
RPUSH 24

TRIGGER 25

QUP 26
QDOWN 27
QR 28
QL 29
Q 30

・・・ちなみに、TABMATEにはレッドとブルー以外に、レッド点滅、ブルー点滅の4つのバンクが設定可能なのだけど、JTK側が32キーまでしか設定出来ないので、実質2バンク30キーが上限。

ちなみに設定の切り替え時は、かなり指を大きく動かす必要があるので、
※電源キーを兼ねている
基本は15キーをやりくりすることになりそう。

●フォトショップで頻繁に使う操作

・L 選択ツールへ変更
・SHIFT+L 選択ツールの切り替え

・W マジックワンドへ変更

・M 丸四角選択ツールへ変更
・SHIFT+ その切り替え

・B ブラシへ変更
・S コピースタンプへ変更
・E 消しゴムへ変更
・G グラデへ変更

・CTRL+SHIFT+I 選択範囲の反転
・CTRL+左クリック レイヤー内のオブジェクトを選択
・CTRL+D 選択解除
・CTRL+T 自由変形
・CTRL+C コピー
・CTRL+V 貼り付け
・CTRL+X 切り取り
・CTRL+Z やり直し
・CTRL+スペース+左クリック ターゲット拡大
・CTRL+0 元の縮尺に戻す

・スクロールUP マウススクロールUP
・SHIFT+スクロールUP 10ポイントスクロールUP ※同DOWN
・描画色から背景色→描画色から透明
・グラデ不透明度の変更
・ブラシの太さ変更

だめだ、これでは何かきりがない気がする。

●一旦整理する

まず、左手デバイスに何を求めているのか。

 キーボード操作より快適で時短になること

キーボードの方が快適で時短になるなら、左手デバイスの出番は無い。出費としては痛いが、それも勉強だ。次に重要なのは、

 キーボードと左手デバイスは併用出来ない

持ち替える選択肢は無い。となれば、キーボードを使う操作はすべからく左手デバイスのみでこなせなければならない。逆に言えば、キーボードを使う操作さえこなせれば、そこから先は利便性の強化にキーアサインを回せると言うこと。

キーボードで使うキーの頻度は、

CTRL、SHIFT、ALT、SPACE。これは単体でも使うのでたぶん必須?と言うか、

 一回どのキーを使うかメモを取りながら作ってみるしかないかも。

そうすればどの操作をどのくらいの頻度で使ってるかわかるから、それに応じて優先順位の高いボタンに割り振ればいい。と言うか、

 どのキーがどれほど使いやすいのか、使いにくいのか。

さっき書いたけど、TABMATEには全部で15のキーがある。
※スクロールUP、DOWNもそれぞれ1としてカウント

バンク切り替えを頻繁に行う前提で30キー。僕は、

 絵が描きたいわけじゃない

ので、いわゆる普通の絵描き(マンガ家)とは求められる操作の優先順位が違う。

再度整理する。

●デジラマ製作の流れ

・背景画像を呼び出し、解像度を変更。場合によってはカンバスの回転

・ピントの違う複数のプラモ写真を呼び出し、トリミング

・背景に重ねて色調補正

・液タブで境目修正

・エレメンツで光エフェクトと特殊ブラシ

・エクスプレスでフィルター

ザックリこんな感じか。で、特に煩わしさを感じるのは、解像度変更。以前アクションと呼ばれるショートカットに設定したのだけど、上手く出来て無くてカンバス回転のショートカットと競合して破綻しちゃったので、今は消して元に戻している。

上手く競合させずに設定出来れば、まずは解像度変更はショートカットに設定したいが、言ってもこれは最初にやるだけなのでキーボードでも構わない。「TABMATEに持ち替えたあとキーボードに戻らなければよい」のだ。

トリミング時にとにかく使うのは、
※★が死ぬほど使う。●はボチボチ
※仮にボタンも割り振ってみる

・CTRL+SHIFT+I 選択範囲の反転●D6
・CTRL+左クリック レイヤー内のオブジェクトを選択●UP11
・CTRL+D 選択解除★A3
・CTRL+T 自由変形★C5
・CTRL+C コピー※頻度低め 裏C20
・CTRL+V 貼り付け※頻度低め 裏A18
・CTRL+Z やり直し★B4
・CTRL+スペース+左クリック ターゲット拡大★TRIGGER10
・CTRL+0 元の縮尺に戻す★PUSH9
・スペース押しながらスクロール★DOWN12
・DELETE 選択ポイントを一つ戻す★Q15
・ESC 選択するのを止める★・1
・SHIFT 選択範囲の拡大★L14
・ALT 選択範囲の縮小★R13
・カンバス回転●スクロールUP7
・カンバス回転●スクロールDOWN8

いや、てかこれは何かが間違ってる気がする。と言うか、

 左手デバイスを使ったところで、「時短にはならない」気がする。

だってキーボードで操作しても別にストレスもなければ遅延もないのだもの。むしろ、

 キーボード操作やショートカット作りに精通した方が、遙かに時短になりそう。

そう言う意味では、このデバイスが「いいきっかけ作りになった」と言えなくもないけど、、、

とりあえず、設定してやってみた。そしたら、、、

 まさか!

 そんなことが!?

 マジで!?

・・・フォトショップ7.0はJTKに対応してなかった!!

キーボードはちゃんと反応している。がしかし、フォトショップ中にはウンともスンとも言わない。

 愕然とするわ、、、

さらに、エレメンツはアクションを作ることが出来ない!

ただ、せっかくだからという事で、ちょっぴり設定をいじって、ひとつだけ使ってなかったボタン「・」ボタンに「ALT、I、E」を設定し、スクロールの上に0、下に9を設定することで、何とか画面の回転を左手デバイスに設定出来た。

 つまりこれは、遠大なロードマップの大いなる一歩かも知れない。

具体的に言えば、

 僕が7.0を卒業するきっかけになるかも知れない。

正直現時点では7.0での作業の方が長い。がしかし、今後液タブメイン+TABMATEで作業をすることになれば、必然的にサブスク版フォトショップが視野に入ってくる。

確かに月額4000円くらい?は高い。でも、現時点で特にプラモを買うわけでもなく、娯楽の中心が「ここ」にあるのなら、それはそれで選択肢になり得るかな~と思ったりしなくもないようなそうでもないような、、、なのだ。

ともかく、こういう作業は本当にキツい。若いときでもきつかったけど、年寄りにはマジで堪える。とりまブログとデジラマのストックがあったからこそやれたって感じだけどさ。

一応今日の時点ではここまででいいかな、と思う。ただ、本気でエレメンツにシフトするなら、光エフェクト関連も左手デバイスでやっていけるようにしたいかなぁとも思う。あと、たまたまだけど、もしかしたらブラシのプリセットを変更出来るかも知れない。毎回毎回読み込んで使ってたけど、

 最初の一回でまとめてお気に入りを呼び出せるみたい、、、

ただ、デフォルトにそれを入れるのは無理っぽい。たぶんエレメンツだからだろうけど、、、

何にせよ、ひとつずつやれることを増やしていこう。てか、レシーバー込みで5750円くらいの出費。さすがにこのままでは引き下がれないと思いつつ、それがトータルで僕の命を無駄遣いすることになるのなら、サクッと諦めるのも一つの選択肢なんだよな。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧