日記・コラム・つぶやき

2017年10月20日 (金)

もしも過去に行ったとして、自分が未来から来たことを証明するには

※ミスって日付を間違えてアップしちゃった。あんま気にせず修正しました。失敬。

「バブルへGO」を見て、自分だったらどうするかなぁって思った。バックトゥザフューチャーでもその部分は結構重要なポイントだったし、

 実際は過去には行けないし、行かないし、行きたくもない

のだけど。どうやって暮らしていくとか誰を頼るとかもあるだろうから。

でもたとえば家族、たとえば友人に、僕が未来から来たことを理解して貰うにはどうしたらいいかを「考えるだけならタダ」。要素が少ないので、行き先を多様化してみた。ちなみにタイムパラドックスのセオリーのひとつとして、

 過去の自分がそこに存在するか否か

はとても重要だけど、とりあえずそう深く考えずに「居る前提」で考えてみることにする。

●1週間前

1週間と言えば「ほぼ今」である。逆に言えば1週間後の未来から自分が目の前に来た時、彼の言葉を信じるかどうかって話になるが、

 即信じる。大差無いから間違いないし、そもそも同じルックスの人間がもう1人居ること自体異常過ぎるから、タイムマシンくらいあっていいと思うはず。

ただ、自分ではない誰かに、となると話はやや複雑になる。2人並んで会えば、一気に真実味は増すが、そう言うズルなしで、となると、、、結構難しい。長男に「オレ、1週間後の未来から来たんだぜ?」

って話をしたとき、何を言えば信じてもらえるか。そもそもそう言う冗談を「いかにも言いそう」な親だし。

でも切実に信じて貰おうと思うなら、

 エクスヴィアス(ゲーム)で、手に入れたキャラを言うのがわかりやすい。

僕はこの短期間に、本来そこまで頻繁に出るハズのない虹キャラを立て続けに引いている。一週間前からなら、たぶん、サクラとレーゲンは、、特にレーゲンはまだ告知すらされていないタイミングだから、その話をしつつ立証されれば、結構な説得力になるかも知れない。たかがゲームだが、僕ら親子には割と重要だ。てか、もし未来の自分が、

 1週間後にスコールが実装されて、オレ、ガシャ2枚で引くから。でもってそのパラメータはこうだから

みたいな話をすると、結構それっぽいと思う。

ゲーム抜きで娘やかみさん、妹やお袋に伝えようとした場合、まず出て来るのは、

 「どうやって?」

ってことだと思う。それに関しては僕自身「経験がない」ので、どうやって過去に飛べるのか難しいところだが、今回はそこを掘り下げるネタじゃないので、

 「それは秘密」

ってことにしちゃう。そっちはそっちで別のネタとして考えればいいし。覚えてたらだけど。

・・・一週間って、かなり難しい。

僕自身も大差無いし、誰それが金メダル取ったとかのイベントもないし、台風とか地震とかがあったわけでもないし。テレビも頻繁に見てなかったし、

 証明するのはムリかも知れない。

●1年前※46歳

ここもまだそこまで激変してない頃。ゼルダが面白かったとか、ドラクエをあっさり止めちゃったとか、映画はDVDで見てるだけだから1年というスパンでは落差を説得しきれないし、

 君の名はが興収で2位になる、くらいかなぁ。

スマップ解散はもう1年以上前だっけ?もし前じゃなかったらこれはかなりのビッグニュースにして説得力がありそう。姪っ子が志望校に合格するとかは、現実になる前に情報を入れることで未来が変わる可能性もあるから怖いよな。

1年じゃ何にも変わらないわ。僕の髪の毛が薄くなったくらいのもんだわ。

●5年前※42歳

このくらいになると、僕の記憶もかなり曖昧になっては来るが、幸いブログは既に書いているから、ネットに、、、

 ネットには繋がらないのか!?今のスマホはその時代に登録されてるSIMじゃないから。

そうなってくると話はかなり難しくなってくるけど、逆にそのスマホ、「ギャラクシーS7エッジ」そのものが、「未来から持ってきた物」であることを感じさせるかも。

当時はたぶん最新でS3とかだったと思うから、毎年出てればちょうどS7かS8を持っていてもおかしくないし、

 そもそもスペックの差が著しいし。

充電端子が変わってる可能性が怖いのと、この時代はまだQi※非接点式充電は発明されてなかったかも知れないから、電池が切れたらおしまいのリスクはあるけど。

VRがどうとかスイッチがどうとかって言うゲームの話が一番説得力があるんだろうな~。ひとまず自宅なり自店なりに行って、PCから適宜情報を引き出せることで本人だってことは証明出来そうだし、これまた見た目が老けてるから、「そうかも」って思われるかな、とも思うな。てか、

 リアルな話、僕の周囲の人間だったら、ホントに僕が未来から来てれば信じて貰えそうな気がする。

何があったとか何が起こるとかもそうだけど、信じてもらう為にイヤってほどまくし立てる僕に、「信じるけど、、、どうやって?てか何のために?」って疑問の方が大きいと思う。

 オレも聞きたい。何のために過去に行ったのか。

今回はスルーしちゃうけど。

●10年前※37歳

いよいよこの辺りになってくるとかなりいろんなことが変わってくる。娘も長男も小学生くらい?僕のルックスもかなり変わっているから、本人相手でも「マジで?」って感じでいぶかしがるかも知れない。

ただ、それでもベースになるのは、

・スマホ
・ゲーム機
・子供の学歴

そう言う情報なんだろうな。てか、映画やドラマでは面白おかしくハプニング形式で仕上げるけど、実際にはそんな難しいことじゃない気がしてきた。もし僕以外の誰かで、僕のような趣味と嗜好を持った人間が目の前に現れたとしたら、

 ゲーム機のこれからを聞くことで、その人の言葉を全て信用出来る気がする。

たとえば3DSやVitaが発売されたのは2011年だから3年くらいあと。PS4が2013年でWiiUも2012年とかだから、そのディティールやVRの話、将来スマホがどうなるとかの話をしていけば、ほどなく信じて貰えるし、

 逆に10年後の未来から誰が来ても、その話を詳しくして貰えたら信じる。

もっとも、戦争とかミサイルとかで「そんな場合じゃない」って言われたときにそれを信じられるのかどうかは、また別の話だけど。結局僕らが過去に行くって言っても、そこまで劇的なことはないんだよな。震災とかで知人が死んだりとかもしてないし、オヤジが死んだのも避けられないことだったし。
※死因は老衰になってるから

ただ、さっきちょっと書いたけど、「スマホ」ってなると結構話はややこしくなるかも。初代i_Phoneが発売されたのがまさに2007年。このときは日本では出てなかったし、「スマートフォン」というものその物が「未知すぎる」ものだった時代。

 電池が切れたら全てが終わる

そんなことを考えるだろうな。オーパーツみたいなものだから、これを見せれば同じモノが作れるってもんでもないだろうし。

●20年前※27歳

娘がまだ生まれてない頃。長男は生まれてる。ルックスも全然違うし、僕が僕であると説明しても言葉に重みはないだろう。

とりあえず友人Tに電話をする。見た目というフィルターがないところで、彼に「未来から来たこと」を信じて貰うのは、そんな難しくない気がする。たぶんFF11とかPS2全盛とかなので、その辺りのディティールを掘り下げていけば、真実味が伝わると思う。

てか、1人でも信じてくれる人が居れば、とりあえずそれで目標の大部分は達成出来たようなもんだ。結局「未来を知っている」こと以外に、未来からきたことを証明する術は少ない。平成28年の500円硬貨を持ってるとか、笑っていいともが終わるとか、今度生まれるのは娘で、名前は○○だとか。

 まぁ未来は不変じゃなくなるんだろうから、何とも言えないんだけどさ。

●30年前※17歳

オヤジが脳卒中で倒れる前。熱海旅行中に倒れるという未来を変えることが出来る「かも」知れない時。ある意味ドラマティックな頃にタイムトラベルした場合。17歳の僕は47歳の僕とは似ても似つかない。僕はオヤジが25歳の時の子供だから、当時のオヤジより老けている男が、いきなり現れてどう説明するのか。ちなみにかみさんにはまだ会っても居ない頃だ。
※高三のクラスメートなので

でも逆に言えば実家はそこそこ裕福だった頃でもある。ここで上手く時代に乗って行けば、未来は大きく変わる。

 ただ、未来が変わるということは、つまりは僕は今の僕じゃなくなっちゃうってことなわけで、子供たちとも永遠の別れになってしまう可能性もある。

とても怖い。ただ今回はひとまず信じて貰うにはどうするか。

 自宅に行って、僕が知ってる僕のことを洗いざらい話していく。

物心つく前にジューサーで左手に出来たキズをお袋に見せ、増築した家が出来る前はどんな間取りになっていて、どこで寝ていたとか。友達は誰が居て、親戚は誰が居るとか。何なら当時のエロ本の隠し場所を言ったっていい。リアルな僕は著しく迷惑だろうが、信じて貰うには結構有効な気がする。

 本人しか知らない(ことになっている)ことだからな。

・・・

結局ドラマじゃないから、その先のことはわからない。行った過去から未来へ戻れるとは思えないし、
※行き方にも寄るけど
飢え死にするつもりもないから、働いてお金を稼がなきゃならない。リアリティを磨いていけば行くほど、

 自分が未来から来たという事実には、それほど大きな意味が無いということを痛感してしまうかも知れない。

阪神大震災が起きると言ってもそれがいつだったか何て覚えてないし、
※今のスマホにはオフラインのウィキペディアは入ってない
ワールドトレードセンターやオウム真理教のテロの話も、「僕が未来から来たことを信じて貰えたとしても」その結果未来が変われば、実際には起きなくなるかも知れない。

バブル経済をはじけさせるのを食い止められるとは思えないし、せいぜい日々節制して、金利がいい預金プランや、YAHOOやNTTやグーグルの株を買うことくらい。それもこれも、僕の知識が未来へ影響を及ぼせば変わってしまうし、及ぼさないということは、つまりは誰にも接触しないってことになってしまって本末転倒という気がする。

タイムトラベルは基本「怖い」。

●40年前※7歳

もはや全てが違う。妹は5歳で幼稚園。僕は小学校一年生。高度経済成長期で、カラーテレビ以外に白黒のテレビもあった時代。

 誰かに「自分が未来から来たことを信じて貰いたい」とは思わなくなってる気がする。

ただ、どうすればここで生きていけるのかだけを考える気がする。僕の年齢で雇ってくれるところはほとんどないだろうし、DNA鑑定で子供の僕と同一人物だと判定してもらうこともムリだろう。

 なぜその時代に飛んだ、ではなく、飛ばされたのか、を考えるだろう。

自分より20歳近く年上の男性が、「あなたの子供です」と言われても、お袋だってどうしたらいいかわからない。でも、スカイラインに乗っていて、豊橋まで10分で着いて、ドラゴンズが大好きで、1日3箱のマイルドセブンのヘビースモーカーで、お酒は飲まず、麻雀や競輪が好きで、、、

 オヤジには、僕が子供であることを信じて貰いたいって思うな。

| | コメント (0)

2017年10月 6日 (金)

つぶやき

いくつか小さい話。

●USB

時折、どう検索したらヒットするのかわからない疑問が浮かぶことがある。これもそのひとつ。

自宅パソコンのUSB端子の調子が今ひとつ良くなくて、
※もしかしたらUSBメモリ側に問題がある可能性もあるけど、店ではそこまで接触不良を感じてないので、たぶんPC側だと思う

個人的にも今ひとつUSBというのものに信頼がない。特にその耐久力に信頼がないのだけど、

 PCのUSB端子と、USBメモリの間に挿す、USBではない別の耐久性の高い接続端子のセットってないですかね?

ある種延長コードみたいなものだけど、とりあえずPC側もメモリ側もUSB端子の抜き差しをしたくない。しなくて済むような、それでいて別の接続部分が安定して抜き差し出来る部分があるような。

答えの一つには、ANKARのUSBケーブルや延長コードを買い足して、間に挟むってのがあるかなぁと「今」思ったのだけど、出来たらUSBそのものが「嫌いなので」他の端子に切り替えたい。って言うか、

 本音を言えばHDMIも嫌い。

ついでなので書く↓

●好きな端子

個人的に過去一番好きだったのは、

 スーファミのコントローラ端子

大きいから今の世の中には通じないとは思うけど、カッチリとしたハメ心地は、たの鎚津意を許さない気持ちよさがあったと思う。他にもゲームのコントローラ端子はそこそこ良質で、
※プレステはイマイチだけど
セガサターン、ネオジオ、ゲームキューブなどはどれも及第点。あとコレも好きだった。

 SONYのAVマルチ端子。

HDMIやD端子よりずっと安定感があって、挿しやすく、HDMIに切り替わった当初、「あれでいいのに」ってスゲェ思った。

挿しづらいけど、D-SUB15ピンも、何だかんだ言ってしっかり刺さる分安心感はあるけど、USBみたいに頻繁に抜き差しするものには向かないね。同じような理由で、コンポジットやS端子も、あまり高頻度の抜き差しには向かない。てかこいつらは、

 キツすぎて、ガワだけすっぽ抜けたりするとラブルのが問題だった。

キツいと言えば、ドリームキャストのビジュアルメモリ!あのキツさは他の追随を許さないレベルだったな。一言で言ったら、「一度挿したらもう諦めたくなるくらい抜けない」。アレはアレで困る。

ANKARのUSB端子は、今でもスマホを中心に愛用してて、まだヘタレてないけど、ちょっとキツい分、挿すのに不安がよぎるんだよな。特にマイクロUSBなんかは、

 折れちゃいそうだし。あと、向きが逆じゃないかって毎回思うし。
 ※マイクロUSBは上下がすぐわかる見た目だけど、USBはそうじゃないから

個人的には、挿したときに「カチッ」って音がするヤツがいい。スーファミ端子が好きなのは音がするヤツだったからなんだよな。

●思い出せない、、、が答えは聞きたくない

これもネットで調べにくそうな話。こないだブログで書いた気もするけど、未だに僕は思い出したくても思い出せないキャラが居る。

 アップルシードのアンドロイドみたいなヤツ。

ウサギの耳みたいなレーダーみたいな角みたいなのがあって、一つ目だったと思う。長身で、元は軍人?みたいなキャラ。

 もちろんネットで調べればすぐ出てくるのは百も千も承知。

重要なのは、「知りたいのは答えじゃない」。いや、「求めているのは答えじゃない」というべきか。

僕が求めているのは、

 僕がどうすればこの名前を思い出すことが出来るのか、が知りたい。

「そんなのわかるか!」ってなもんだが、たとえば友人にこの名前を知ってる人が居た場合、

 文字数だけ教えて!

とか、

 最初の一文字だけ教えて!

とか聞ける。正確には思い出すのとはちょっと違うかも知れないが、少なくとも答えを聞いてるわけじゃないし、「きっかけまで知りたくないわけではない」。

こういう衝動って、他にも抱いてる人が居ると思うのだけどな。何でもかんでもググりたくない、みたいな。てか、

 思い出す気持ちよさって、結構大きいと思うしね。

●広末涼子のかわいさは異常

こないだのさんま御殿がスゲェ豪華で、見始めた瞬間から録画しておけばよかったなぁと思ったけど、
※途中から録画した

 広末涼子ってなんでこんなにかわいいんだ?

スゲェな、と。彼女は現在37歳(僕より10歳年下)で、デビューはクレアラシルのCM。1994年ってことはたぶん中二とかだったと思うけど、当時計算上24歳だった僕がCMを見た時も、

 何このカワイイ子!ヤベェ!

ってくらい強く印象に残って、何つか見る度にかわいいなぁと思い続けてる感じ。反町×竹野内のビーチボーイズなんて、日頃全然ドラマを見ない僕なのに、広末見たさに毎週チェックしてたりしたし。

今の彼女は確かに目尻にしわもあるし、子供も3人?くらい産んでるし、年相応と言えば年相応なのかも知れないけど、言葉にも品があるというか、なんつんだろ、

 色気より清潔感が勝る中年女性って凄いな、と。

てか「広末涼子」と「中年女性」の相容れ無さも凄い。彼女は全然「おばさんぽくない」。でもって、綺麗でも美しいでもなく、「カワイイ」がしっくりする形容詞だと思うんだよな。斉藤由貴もちょっとそう言うトコあったけど、広末はやっぱ別格な感じがする。

表情の一つ一つが魅力的だから、さんま御殿でも同席した綾瀬はるか&ばっさーと比べて、ベラボーにカメラで抜かれてた。
※ドラマの番宣で来てて、主役は綾瀬はるかなのに!

 カメラマン(もしくはディレクター)が単に広末が好きだったのかも知れないけど。

思わず3人のドラマ、予約録画入れちゃったくらい。

「クリス何が言いたいの?」

 広末涼子ってスゲェカワイイと思う。

それが言いたいだけですわ。現時点で彼女のかわいさ★★★★!<僕の採点を知ってる人からすると、どんだけ僕が彼女を高評価してるのかわかると思う。

| | コメント (2)

2017年9月30日 (土)

つれづれに

ストックが無くなってしまったので、割とリアルタイムに近い話を適当に綴る。

●雑学王にて

いい話があったので書き残しておく。

・青山にあるホンダのビルは、オフィスビルとしては珍しく全面ガラス張りではなく、各階にバルコニーがあるのだが、それはなぜ?ちなみにこれは、本田宗一郎の意志によるもの

 答え 我々のビルが、人々を傷つけるようなことがあってはならない。地震の際に割れたガラスが道路に降り注ぐのを防ぐため

 うーんカッケー!

・救急用品には缶入りサクマドロップが入っているものがありますが、これには理由が二つあります。ひとつは保存が利く飴であること。そしてもう一つは何?

 答え 災害時ガレキの下などに埋もれ、声が出せないような状況になっても、缶入りドロップなら「振る」ことで大きな音が出せるため。

 へ~!!てか一回溶けて固まってると鳴らないよな。

・国際競技などに使われる陸上競技の100mレーンは、通常8人で走りますが、なぜか9レーンまで用意され、1レーン目は使いません。なぜでしょう。

 答え 1レーン目は、トラック競技のコースと重複しており、400mや800mなどの走者によって変化、劣化する可能性が高いため。

 それだったら1レーンの部分を作らずに、2~9を1~8にすれば良くね?

他にもイイ感じの雑学がいろいろあって、なるほどと思ったりふーんと思ったり。

●ゴシックは魔法乙女

実は今一番やっている。というか29日までの限定クエスト、具体的に言うと、

 ストーリーモード、学園編、1-1 DEATH

が、非常に親密アップに好都合。

・ボスを含めデスとしてはとても簡単
・長さも極端に長くない
・道中に弱点玉の中ボスがいない
・スタミナ消費9なのに、ベース親密UPが「6!」

最後のが特に重要で、これまでもっとも親密稼ぎに適しているとされていた「1-1-1-E」、つまり一番最初の面だと、「スタミナ5に対して1UP」。サポメンに関しては、これにスキル発動、ラブリンク、覚醒が乗って、MAX4UPというところだったのだけど、長くやってると当然ラブリンクキャラも減ってくる。つまり実質「ベース+スキル発動」の2しか上がらない状況が、

 ベース6+スキル発動1=7 サポメン3体で21 フロント2体で24

 計45 スタミナ1あたり5UP

に変わる。ちなみに111Eだと、フロント14サポ6の20UPで、スタミナ1あたり4。

「スタミナ1あたり1しか変わらないのかよ」と思う無かれ。

 時間効率も含めれば倍以上稼げるのだ。

てかそもそもサクサク増えていくこと自体愉快。あと、地味にランク経験値も多いし。
※学園11Dは275

そんなこんなで猛烈にプレイした結果、次から次へと親密MAXを量産し、気付けば☆4以上でそれなりのメンバーは、概ねMAXに。
※今は微妙に使えないデルタショットやグラビトンを育ててる始末

☆3でMAXの子は次々と倉庫に移動しているのだけど、☆1~3で倉庫に入ってる子も、76体にまでなった。親密を上げてるとチャレンジ報酬で5石貰えたりもするんだよね。
※親密MAXキャラは総数で160か180か

そんなこんなで、おでかけやおくりものに入れたままの聖霊石を全て合わせると、1450にもなる。

 まぁそれだけ魅力のあるガシャがなくて、回してないからなのだが。

つかキャラが揃ってくることの功罪として、手持ちに「水のDDP」があるなら、ムリしてそれが貰えるイベントをやる必要がない、やることがなくなってしまう、という点もある。虹確ガシャでも、過半数が持ってるキャラのガシャに500石は注げない。もちろん未確定ガシャにも注げない。てか、注がなくてもそれなりにキャラが居るというか、エクスヴィアスと違って、新キャラが必ずしも強いとは限らないし。

ともかく、今欲しい子、持ってない子はかなり少ない。

 フォトンレイ、クロスブレード、フェニックス、スパイラル、ソード、バフォメット、Xプロージョン、ドラゴンドーン、ドラゴンデーン

まぁフェニックスは不可能だけど。たぶんそんなもんだ。もちろん個々の属性までカバーしていくならそんなもんじゃないけど。
※☆4止まりで☆5がない子で欲しいと言えば、ファントムが圧倒的に欲しい。もし今度ファントムがランク報酬になるスコアタイベントがあったら、死ぬ気でがんばる

次のイベントでこの「超高効率」の親密蜜月クエはなくなってしまうのかなぁと思うと、切なさを禁じ得ないが、のちのち同程度のイベントが出てこないとも限らないし、「たまのこと」だから良かったのかも知れないしね。
※エクスヴィアスのサボテンマラソンみたいなもので。

あと、書いたかも知れないけど、4章のラスボスを60回倒して手に入る「オリアーデ」も手に入れた。これを石割りせずにやると言うことは、他のイベントをほぼほぼ諦める感じになるのだけど、前述の通り魅力のない報酬であるなら、やる必要もないわけで。

てか、微課金プレイヤーとしては、「☆5確率1.5倍」のガシャはとてもじゃないけど回せない。範囲攻撃スキルとか死ぬほど魅力的だったけどさ。

ちなみに、1450石は、ラピス換算でどのくらいかというと、

10連が250石。11連が5000ラピスをベースにした場合、約20倍。つまり、29000ラピス相当になる。結構なもんだ。

てか水着総選挙の結果って、いつ出るの?去年は8/21には結果が出てカトレアが配布されたみたいだけど、、、。忘れられてる?

●買う予定のゲーム

・地球防衛軍5
・テラリアアザーワールド
・ボーダーランズ3
・モンスターハンターワールド 来年初め頃

EDFは12月。普通に楽しみ。でもまたHDDの容量を空けないと遊べないかも・・・。個人的には昆虫系の新顔が欲しい。ダイオウグソクムシとかカマキリとか。まぁ今のタイミングじゃ既に決まっちゃってるんだろうけど。

思い出したように書くけど、VR系のゲームが一年間一切買ってない「買えてない」って、凄いな。多少は出たりもしたんだろうけど、買いたくなるゲームが全く無いって、、、。でもホントに凄いのは、

 それなのに買ったことを後悔させないだけのバリューがあったこと

なんだよな。遊びたいけどまだ(VRで)遊んだことがないという人、遊びに来てもいいよ?

テラリアとボーダーランズは、ほぼほぼ音沙汰無し。一体何をやってるのやらって感じだけど、ある程度の規模になると、「失敗できない」んだろうな。てか、テラリアは任天堂がアレンジしたヤツを出してくれたらそれでいいんだけどな~。移植は移植として出てるから。

モンハンは来年初頭らしいけど、とりあえず延期する覚悟で7月くらいかなと言う読み。結局スイッチ版のXXはスルーしちゃったけど、さすがにこれはスルー出来ない。

 ただ、本音はスイッチで出て欲しいけどね。

そんな中、

●スケイルバウンド開発中止!

全然知らなかった。進捗はどうなってる?と思って検索したら、まんまと開発中止。信頼がどうとか言うつもりはないけど、ただただ残念。そして、

 X-BOX ONEを買う理由が無くなってしまった。
※ミステリート2も音沙汰ないし

そう言う人が多いとは言わないけど、居ないとも思わない。結構大きなIPになり得ると思ったんだけどな~。残念。

●眠い

最近夜の温度がちょうどよく寒いためか、フラフラっと落ちてしまう。風邪のもとだと思いつつ、部屋はPCという暖房のおかげでそこまで寒くはならない。でも毎日のように下痢だったり、昨日は軽い頭痛
※ごまおつのやり過ぎかも
だったり。

「季節の変わり目」というのは、年を追う毎により強く体調に跳ね返ってくるのだよ、

 みんなもわかる日が来る。

●ドラクエ11

1日復帰した翌日、頭痛とごまおつで起動もせず。このまま再度休眠してしまうのか!?

●LEGOを作りたいと思ったが、、、

棚を見ていてもなかなか踏ん切りが付かず。結局のトコロ、、、

・古いヤツを作るのは、ぶっちゃけもったいない。再販のないビンテージみたいな物なので、開封したり組み立てたりしたら、価値は激減してしまう。もっとも、「どうしても作りたい」シャトルやテストカーみたいなオールドモデルがないってのもあるけど。

・大きいヤツは、気合いが足りないとムリ。でも僕は大きいモデルが大好きで、主にそればっか買ってたから、ミドル以下のモデルがほとんどない。選択肢が少ない中から選ぶのもな~って感じ。

・組み上げたとき「塊」になってるものが望ましい。「塊」とは、クレーンや恐竜のような「パーツが飛び出してる部分」があるものではなく、スポーツカーやシャトルのような「内部が高密度」になっていて、外側が面イチに近い状態のもの。ぶっちゃけとがってるヤツはジャマになりがちだから。強度的にヤワだったりするし。

 てか、それだったらテクニックじゃなくて、クリエイターとかでいいじゃんて話。

でもF1が作りたいわけじゃないんだよな、、、。うーむ。大箱じゃないフェラーリとかだったらよかったんだけど、フェラーリはどれも大箱なんだよな・・・。てか、

 老眼が進むとレゴとか大変になりそう。

プラモとか好きなら若いウチに作った方がいいと思いますです。マジで。

-----------------

あとはDVDの新作をチェックしようかと思ったけど、なんだか面倒になってきたのでまたにする。てかマジで眠い。何とかならないか。

| | コメント (3)

2017年9月25日 (月)

自分は笑顔が好きなんだと思った

再三に渡って、嫌なヤツとか、愚かなヤツが嫌いだと書いてきている僕。映画を見ていても、空気がよどむとすぐ飛ばしたり止めたりしてしまう。ストレスのあるシーンが嫌いというか耐えられなくて、マイナスの溜めなんて心底要らないと思っている。

 スイカにも塩を掛けないタイプ。

甘いスイカはそのままでも十分甘いし、塩によって「ごまかされた甘さ」は、スイカ本来のポテンシャルとは別ベクトルの「ウソの甘み」だと思う。

別に笑顔でなくてもいい。感動したり喜んだり、うれしがったりしてるシーン、友人知人の表情でも、意表を突かれてこぼれる笑みとか、

 スゲェ好き。

確かにマイナスの溜めがなければ出せない笑顔があるのは認めるけど、「マイナスを臭わせる」だけでも十分だとわかった。場面を描かなくても、一行テキストで補足すればそれでいいのだと。

以前紹介した「鳥人間コンテスト」の録画を、今でも繰り返し見てしまう。それもわずか10秒ほど、6年前に土壇場でリタイアした2人のチャレンジャーが、目標としていた100mを飛んだシーン。

たぶん僕は6年前の無念の悔しいシーンも見ていた気がするのだけど、別に見ていなくてもどれほど悔しく、苦しかったかは想像出来るし、

 喜びが爆発している2人の表情は、それ単体で十分グッと来ることが出来る。

それでいいじゃないか、と。

「孤独のグルメ」で、吾朗さんが「お好み焼きと白飯」を一緒に食べる「大阪スタイル」に抵抗を示す場面があった。お好み焼きだけを食べて、「これだけで十分じゃないか」と。ただ、直後白飯と一緒にかっこんだ吾朗さんは、易々と意見を覆す。「これも有りだな」と。

笑顔をブーストするのは、何もマイナスである必要はない。「ご飯」であればいいのだ。

鳥人間の2人。パイロットは着水後天に向かって手を突き上げ、一緒に作ってきたパートナーは、床をバンバン叩いて喜びを爆発させる。

場面が切り替わり、デッキに戻ってきたパイロットとハイタッチをするのだけど、そのシーンでパートナーが、

 両目が塗られたダルマを抱えてる。

ダルマ=白飯だと僕は思う。あの大きなダルマは、もしかしたら6年前に片眼だけ塗られて、ずっとずーーーっとそのままだったダルマかも知れない。

 その両目が見開かれた意味。

抱き合う2人に、ちょっと泣きそうになってしまう。

普通に日常を過ごして普通に飯を食い、テレビを点ける。そこには特筆するマイナスの溜めは存在しない。が、

 普通に面白い時には笑い、感動したり出来る。

ただ、少しでもそれが多い方がいいよな、と思う。見ていて「失速してる」感じがしたら、もうそのチャンネルは変える。陸海空のバッドナイス常田の、凹む一言にイラっとして止める。REINAの豪華客船アースが好きなのは、そんな凹みが一切ないことだ。

 前向きで勝利するシーンが好きだ。

凹んでふて腐れて文句ばっかこぼしながら勝つヤツが見たいわけじゃない。ポジティブで失敗をものともしない強い意志の先にある勝利、笑顔がとにかく大好きなのだ。

てか、みんなもそうなハズだ。なぜなら、

 ドラゴンボールの悟空がまさにそういうキャラだったんだから。

桜木花道もそう、ヒックもそう、Mr.インクレディブルも、トニー・スタークも、ダークシュナイダーもそう。若松真人も、よつばも、北島マヤだって、

 前を向いたまま勝つからかっこいいし好きなんだ。

僕はハッピーエンドの物語が好きだとよく言う。でも本当は、

 ハッピーエンドの時の笑顔が大好きなんだ。

こないだ見た「最強のふたり」。ともすればマイナスの溜めでまみれそうな設定の中で、頭以外不随の大富豪フィリップが笑う。自殺すら思い通りに出来ず、妻にも先立たれ、血の繋がらない養子の娘にも距離を置かれている彼が笑う。もちろん役者の上手さもあるとは思うけど、

 想像を絶するマイナスは、想像の中だけで十分機能する。

画面にそれを描く必要はないのだ。描かずとも、笑顔は十分重みを出せる。

 あれからラストシーンの笑顔だけを4、5回見てる。

最高だ。最強のふたりは、最高の笑顔で、凄く満たされる。

前も書いたけど、マイ・インターンで、自宅の前に止めた車を見るアン・ハサウェイの笑顔が大好きだ。ウォーリーで、記憶が戻ったウォーリーを見るイヴの顔も大好きだ。葉巻をくわえるジェフ・ゴールドブラムが大好きだ。レミーのおいしいレストランの万年筆を落としたイーゴが、ラタトゥーユを美味しそうに食べる顔なんて最高の中の最高だ。ホンジャマカの石塚さんが好きだ。ほぼほぼ幸せしかないエロゲーのアフターが好きだ。ニヤニヤしてしまう徒然チルドレンが好きだ。長縄優勝チームの涙が好きだ。SASUKEで初めて1stステージをクリアしたダルビッシュが大好きだ。芸能人が大好きな物のことを語りまくる未来創造堂なんて好きばっかりだ。誕生日プレゼントに喜んでくれた子供たちの笑顔も大好きだ。

 笑顔を見ると、笑顔になれる。

ストレスは、自分の中の何か黒い物をふくらませていく気がする。笑顔は、自分の心を浄化していく気がする。ちょっとしたことでも、職場で、友人と、子供やその友達と、些細なことで笑うことが出来たらいいなぁと「強く」思う。

 小さな楽しいをふくらませて、大きな笑顔に出来たらいいなぁと思う。

・・・クリスは笑顔中毒かも知れない。

| | コメント (0)

2017年9月20日 (水)

もし何かひとつだけ願いが叶うなら

この問いには、絶対の正解がある。つか以前もブログで触れてるから、「ああアレね」という人も居るとは思うけど、大抵の人にそれを言うと、

 確かに。

と納得してくれる。つまり、究極の願い事であり、これ以上のことはないと断言出来る。美人の奥さんや大金持ち、宇宙旅行とかを望む人も居るとは思うけど、やっぱり、、、

 心から笑って死にたい。

これに勝る願いはない。それがたとえ明日であっても、50年後であっても、心から笑って死ねるなら、それは究極の幸せだと思うし、「その日」に繋がる生き方こそが、「正解」に最も近いんだろうな、って思う。

 まぁ、願ったからってそう生きられるわけでも死ねるわけでもないのだけど。

ただ、そのための条件はいくつか考えられる。

・結婚して子供が居るなら、子供たちが幸せに暮らしていけるだろうビジョンが見えること

・必要十分な生活を送り続けられること

・未婚でも結婚したいかどうかによって幸せは違うけど、それを叶えられること

映画でも題材になる「死ぬまでにしたいこと」。別に僕はスカイダイビングにも高級カーにも、美人にもギャンブルにも、食にもそこまでこだわりはない。死ぬ前に一度でいいから見たい景色もなければ、行きたい場所もないし、F22に乗れたら死んでもいいとか、そう言うのもない。

昔だったら、「ドラクエの新作が遊べなくなるのが嫌」みたいなことを考えたこともあったけど、幸いにして今のゲームは、ハードウェアの進化が頭打ちになっていて、5年後10年後に信じられないようなゲームが遊べるようになるとは到底思えない。VRはまだまだ進化の余地があるとは思うけど、ぶっちゃけあれは、アミューズメントパークの3Dライドみたいなもんで、アトラクションの域を出てない。

 後悔しないことが、笑顔のゴールに繋がるのかなぁとも思う。

日々のチョイスの中で、あとからずっとその選択を悔やみ続けるような選択はしたくない。

 まぁおいそれとそんな「人生の岐路」が出て来るわけでもないのだけど。

僕は今47歳。1970年生まれは、第二次ベビーブームと呼ばれ、結構な数の同い年が、世間に居る世代だ。

 だが、当然既に死んじゃってる人も居るし、きっとたぶん死にそうな人も居るし、今日まさに死んでしまった人も居るかも知れないし、明日死んでしまう人も居るかも知れないし、

 僕が3日後に死んでしまう可能性だってゼロじゃない。

交通事故かも知れないし、隕石かもミサイルかも食中毒かもヒアリかも知れないけど、

 絶対の未来なんて存在しない。

「3日」が極端なら、1年、1年が10年、20年、30年。

 全ては積み重ねでしかない。

「3日では絶対死なない」なら、その繰り返しだって絶対死なないことになる。でも、

 平均寿命を考えたら、残りはせいぜい30年前後なのだ。

人生の折り返しを過ぎてから随分経ってしまっているのだ。口が裂けても「若い」とは言えないし、人によっては「おじいちゃん」になってる人だって居る年齢だ。女性で16歳で結婚出産してたら、ヘタしたら「ひ孫」だってあり得る年齢だ。

僕はこのブログを書き始めて間もない頃、その年一番自分が熱くなったコンテンツに「クリスアワード」を付けた。仕事でも商売でもなく、ただ個人が趣味で書いてる独り言に、「アワード」なんて大それてるとも思ったし、思われたとも思うけど、

 僕はそれがずっと続くと思った。

きっと僕はずっとこれを書き続けていくだろうな、と。だから「1年の節目」に、それについて触れておくのは、別段恥ずかしいことじゃないな、と。読みに来てくれる人が次々に変わっていったとしても、僕が書く内容が、どんどんつまんなくなっていったとしても、続けていくことそのものに意味がある。

 3日後に死なないと思うと同じで、10年ブログを続ける可能性だってゼロじゃない。

ブログを始めたのはたしか2005年7月だったと思うので、既に12年経っている。これから時間の流れはますます加速していくだろうから、「次の12年後」は、もしかしたら、平均寿命の75歳くらいの頃の感覚になるのかも知れない。

 続けられるとか続けたいとかそう言うのとも違う。

堀井雄二さんも鳥山明さんも、宮本茂さんもあずまきよひこさんも、スピルバーグも田中公平さんも、みんな僕より年上だから、もし順番が守られるなら、僕は彼らの最後の作品に触れることになる。
※ちなみに桜井政博さんとは同い年。僕のが3ヶ月くらいお兄さんだけど

若いクリエイターの作品にもし心が奪われてしまうと、「最後まで見られない」ことになる可能性が高い。ちょっとそれは怖い。でもまぁしょうがない。アイドルが自分より年下になった瞬間から、もう随分経つ。それと同じで、テレビに出てる芸能人が全員年下になる日も、たぶん来るだろうから。
※生きていれば、だけど。

-----------

100年後はどうあがいても見られない。手塚治虫だってウェルズだって、タイムマシンのことを書くことが出来ても、タイムマシンに乗ったことはないし、乗った人に会ったこともなかった。アトムは所詮空想の産物で、車は今でもタイヤで走ってるし、「旅行」というほど気楽に月に行ったりは出来ない。てか、

 地球に住んでるのは普通の人間だけなのに、月に行ったり宇宙に出たりって計画が、中止になったり停滞したりするのは何でなんだろう。「お金がないから宇宙に行けない」ってことは、誰かがそのお金を別のことに使ってるってこと?

「2012」で箱船が造られたように、宇宙に行くにも「必要に迫られる」ことが一番重要なんだろうと思う。結局人は、通信費には糸目を付けないけど、旅行はガマン出来る。今みんなが思い描く未来は、実際の未来とは全然違うし、それは「大昔藤子不二雄が描いた未来」とも全然違う。大昔にあった夢が今は見えにくくなってるというか、「夢を見たいと思いにくくなってる」気がするから。

もしも、

 「笑って死ねる」こと以外の別の願いをするとするなら、「100年後の未来を堪能する」ってのも、悪くないかも知れないな。まぁその結果苦しみ抜いて死ぬことになるのはイヤだけどさ。

ああもっとこのネタは掘り下げるつもりだったのに、イマイチイメージが具現化しねぇよ!なぜなら、

 今凄くトイレに行きたくなってるからな~。

| | コメント (0)

2017年9月17日 (日)

つぶやき

細かすぎる話をいくつか。こういうのをツイッターで「つぶやく」んだろうな。

●ウルトラマンジード

たまたま点けたテレビでやってたのを見たら、結構かっこいい主人公が、こないだ見た「疾風ロンド」で中学生の長男やってた人「みたいだな」って思いつつ、

 結構今のウルトラマンとかって、女の子がかわいいんだな~

って思いながら見てたら、

 なんと!

 びっくり!

結構ラブモーション。<意味わかんない。いや、

 ウルトラマンになる男の子「りく」

 一緒に住んでる(たぶんウルトラマンの秘密を知ってる)女の子

 CIAっぽい警備機構の女の子<りくのことが好き

 宇宙人だけどゴスロリっぽい格好した女の子<人の気持ちを読むことが出来る。CIAの子の連れ

この4人居て、CIAがゴスロリに「好きな子が居る」ことを悟られ、りくの前で、「この人も宇宙人じゃん」と突っ込みつつ、CIAはCIAでライバルの女の子に超ジェラシー。そうこうするうちに出てきた宇宙怪獣は、

 彼女に振られて地球に来た設定。

結局上手く説得して宇宙に返す。その際CIAはウルトラマンの正体がりくであることを知ってしまう。

 まだ11話なのに!

てかウルトラマンとかって2クール26話ベースじゃないの?まだ11話だよ!?てか、

 ウルトラマンジードの目つきの悪さ、スゲェな。

あと、「ヘラジカ」みたいな派手な角。おもちゃ売る為に必死だな、って感じの変身グッズ。

子供向きの部分は徹底して子供だましの商売作品で、お母さんやお父さんに訴求するドラマ部分は、ラブラブ三角関係のイケメン美女の布陣。マーチャンダイジングのたまものだろうと思いつつも、

 ちょっと楽しかった自分も居たりして。

で、その翌週は、タイマー録画してまで見た、、、というか見始めたのだけど、

 オープニングがイマイチだなぁ。と思って、特に女の子メインでもないみたいだったから、そのまま5分で再生ストップ。

でも久々見ると、CMとかも徹底的に子供向けで、むしろ新鮮だったな。案外僕にもフックするようなおもちゃがあれば、とも思ったけど、とりあえずそう言うのはなかった。

 まぁ来週は録画しなくていいやって感じ。

●はなまるうどんのカレーライスって、、、

 「給食のカレー」に似てる気がした。

肉がほぼなくて、ジャガイモとにんじんがそこそこ大きくて、色が明るめで、大量に作ったカレー特有の熟成感があって、、、

 でも給食のカレーのことを覚えてるわけじゃない

覚えてないのに「似てる」って思うってのは、ちょっと愉快だなって。それだけ。てか今でも給食にカレーとか出るの?

●かき氷ブーム

自店の広告会社の担当が、ドウシシャのかき氷機の「後継機」を、唐突にくれた話はしたかも知れないけど、覚えてないので「してないつもり」で続ける。

・顔見知りの居るエイデン(取引先の可能性もある)で、たまたま見かけたかき氷機が、安くて、かつ僕が以前かき氷にハマっていたことを思い出し、「買うしかない」って気になって買ったらしい

・で、唐突にくれるというのだが、別に今使ってるかき氷機が壊れてるわけでもないし、もっと言えば、

 僕のブームはとうの昔に去っている。具体的には3年くらい前の話。

「本気で要らないんだけど」と言うのに、「持って帰るのもアレなんで」と置いていってくれたのだけど、結局そのかき氷機、「それを使ってかき氷を食べさせる」という「お返し」をするまでもなく、

 妹にあげちゃった。

妹は去年僕のかき氷機を貸し出し、大いに子供たちがハマって作りまくったと言っていたので。

で、思ったのだけど、結局のトコロ、ブームが過ぎたら、それはもう、

 ゴミ同然

なんだな、と。新品でネットで売ればそれなりの値段にはなったのかも知れないけど、かき氷を作るのも面倒な人間が、ネットで売るみたいなことは出来ようはずもない。そもそも、「要らない」と言ってるのに置いていくのもどうかとも思うが、

 上手く言いくるめることが出来なかった自分がちょっぴり悔しかったり。

で、それから3ヶ月くらい経った今、おもむろに行き着いた答えは、

 前の彼氏の趣味に影響されて集めたモノを、今「好きだったよね?」って渡されたらどう思う?

コレだったな、と。旬が過ぎるってのは、そのくらいどうでもよくなっちゃうことなんだよな、と。

確かに娘の友人で「食べたい」と言ってくれる子も居たりするのだけど、結局面倒というか、シロップ買うところから始めるからお金も掛かるし、非常に重要なポイントとして、

 僕はほぼほぼかき氷が食えない。ゴロゴロしちゃうから。

氷どころかジュースでもゴロゴロしちゃう身としては、かき氷は既に「危険物」の領域。そりゃ断るのも無理からぬことだよ、って感じ。

ま、何にしても飽きる時は飽きるよな、と。

●ゴシックは魔法乙女

毎日のデイリーミッション、ラブマガシャ用のスタミナ消費、ギルド、エターナルクエスト、、、。イベントを一切やらないなら、これらを消化することがつまりは日課となるのだけど、ぶっちゃけ面倒になってきた。

ただ、ラブマガシャはあと1週間か10日がんばれば今月クリアになるから、やめるんなら、これをクリアしてからにしようと。「9月末」で一区切りにしようかな、と。どのみちラブマガシャで出るキャラに当たりはないし。

デイリーの4石と、ギルドの3石は、つまりは一ヶ月で210石になる。そこまで時間を取られるわけでもないし、「石の安定供給源」は限られているので、ここを抑えるのをやめると、40連はまず引けなくなる。

 やっぱガシャ引けないのはなんだか悔しい気もするし。

エターナルはやんなくてもいいのだけど、クエスト自体が短いので、逆につい一周はしてしまう感じ。

学園モードはぶっちゃけ死ぬほどつまんないので、デイリーのために一回やるだけ。新ストーリーは難度も高めで、デスのSSを取るのはほぼムリだし、スタミナ消費が少ない分、ラブマガシャをチャージするのも大変。ってことで、最近は、

 4章のボスを倒してスタミナ消費したり。

計60回という遠大なクリア回数が求められるし、まだそんなにこなしたわけじゃないんだけど、消費24だから、「こういう時にはむしろ向いてるかな」と。

あと、土曜のスコアタ。マップも新鮮で、おもむろに「ノーミスで周回出来るまで」はがんばってしまったり。前回はクラス別ランク全国11位で、今週は、現時点で15位くらい。「クラス別」だから、全体では5000位とか1万位とかになっちゃうのだけど、井の中の蛙であっても、「10位近く」に居ることが実感出来るのは楽しい。スタミナが惜しい時はやれないけど、そうでもないし。

キャラが揃ってきて欲しい属性の欲しいショットが減ってくると、つまりは「欲しくないショットが報酬になってるイベント」とかにやる気が出ない。たとえばトレースビームが貰えると言われても嬉しくないし、アサルトもヘビーキャノンもオールレンジもマルチウェイもそこまでグッと来ない。持ってなかった頃はヴァイパーもアビスも「とんでもなく魅力的」に思えてたけど、今は別にって感じだ。

気を入れて遊べばそこそこ楽しめるけど、「気を入れさせるトリガー」が弱いというのが、ごまおつの現状って感じかな~。

バスっと辞めるきっかけがないんだよな。

●新米姉妹のふたりごはん4巻

今一二を争うくらい僕が大好きなマンガ。まさに1巻を読み返した直後、たまたま行った本屋で新刊を発見。小躍りするくらい嬉しかった(^^。

適度にめずらしく、適度に絵が上手く、適度にキャラがかわいいのだけど、個人的に評価が高いのは、

 登場人物がみんないい子である点。

もうストレスを感じさせるコンテンツはダメなんだよね。ぶっちゃけ。

読んだことがない人はブックオフとかで探して立ち読みしてみよう。「箸にも棒にもかからない」と思うかも知れないけど、僕はこういうマンガが大好きなのだ。

●ラーメン大好き小泉さん5巻

3月に出てたらしいが、ずっと知らなくて忘れてた。普通に大好きだけど、ちょっと小泉さんのキャラがブレてきたというか、しゃべるようになってきたことに違和感を感じなくもない。新刊は2017年の冬らしいが、今度は忘れずに買いたい。

●パステル家族

最近超ヤベェ。ラブコメ路線全開で、タクオの恋の行方が気になりすぎて夜も眠れない。先週は一睡も出来ずに最新話の配信を正座待機。ホントだぞ!

コメントでは、コマチ派とユカリ派が居て、ともすればコマちゃん優勢なくらいなのだけど、自分的には圧倒的にユカリ派。昔好きだった子を今好きな気持ちと、今一番好きな子を好きな気持ちを秤に掛ける意味がわからない。恋ってのは、自分勝手で、熱くて、強いものだと思うから、相手の気持ちなんて関係ないって思うんだよね。

 でも結果として、ユカリちゃんにも振り向いて貰えそうなわけで。

ただ、「振り向いて貰えたこと」で逆に冷めてしまう可能性もゼロではないかな、と思ったりもする。

 来週、再来週が死ぬほど楽しみ。

既に裸で正座待機中だ。もちろんホントだぞ!

●ハンドスピナー

お客さんが持ってきてくれた「一番回らないヤツ」が超絶回らなくて大爆笑。

 3秒で止まる。

どこをどうすればここまで回らなく作れるのか不思議なくらい。まるで、

 急制動するかのような動きが最高。

これはこれで超楽しくて、ちょっとお金出して買いたくなるレベルだったけど、とりあえず「あげる」くらいの勢いで置いていってくれたらしいので、しばらく笑わせて貰うことにする。

ありがとうございます、名も知らぬお客さん。

でも気持ちもちょっとわかるんだよね。同じ趣味の人に出会うと、人は饒舌になるし、優しくなるし、親切になるし、なんかプレゼントしたくなったりもする。ブームはいつまで続くか、もはや終焉を迎えているのかもわからないけど、

 ふと気付いて回すと、やっぱそれなりに楽しく、気持ちいい。

こればっかりは適正としか言いようがないのだけど、個人的にもし「どれか一つ買うならどれ?」って人が居るなら、

 税抜350円のプラメタリックと、税抜1200円のリボルバーを僕から通販で買ってくれ!
※別途送料も掛かるから、振り込み料別、送料税込で2300円くらい?

「どれか一つ」って言ったのに二つ勧めるの?って感じだけど、ぶっちゃけリボルバーだけだとリボルバーの良さが伝わらないし、プラのだけでも、リボルバーの良さが伝わらない。でもって、リボルバーは、ウチの近所だと1299円とか1200円だけど、ラグナシアだと3500円で売ってたとか聞いたから、たぶん一般的な小売価格は1980円くらいだろうなって。

 マジ気持ちいいと思う>リボルバー。

グラ付きが無く、音も静かで、7~8分くらい回る。アルミと合金ベースで、手触りにも高級感があり、数を大量に持ってるお客さんも、「これはいいですよね!」とお墨付き。

プラのメタリックの方は、単純にゴールドメッキが僕好みだから。時間は2分くらいしか回らなかったけど、この価格帯のヤツはどのみち当たり外れがあるから、

 回るヤツは4分回るし、回らないヤツは1分30秒くらいで止まる。

ただ、「見た目は十分キレイ」だし、軽く回す分にはこれで十分。3秒で止まるヤツよりは回るし。

何でもそうだけど、内側に入れるなら、入った方が幸せになれることは多い。ヨーヨー、けん玉、ベーゴマ、メンコなどの「シンプルなおもちゃ」にハマった経験がある人は、是非一度手にとって回してみるといいと思いますです。2000円程度の娯楽としては、価格満足比が高いと、僕は思いますから。

---------

意外と書くことあったな。

| | コメント (7)

2017年9月14日 (木)

こういうおもちゃが欲しい

最近のネタは、どうも偏りが激しく、内側に居るときは結構読んでも楽しめるのだけど、ふと距離が出ると物足りなくなったりもする。そんな折り、何となく自分の好きな話を書いてみたくなったというか、担保無く書き始めるのはつまりは、自分が読みたい話を書きたくなったから。

 書けるかどうかはまだわからないのだが、まぁ妄想の話。

●おもちゃ

こないだ少しミニ四駆の話が出たけど、子供の頃のおもちゃがアレンジされて市民権を得るのは良くある話。

 ハンドスピナーも、あと10年20年して再度脚光を浴びるかも

とも思ったりもするのだけど、昔を思うとホントに「おもちゃ」の半径が狭まった気がする。今お子さんが未就学児のパパママは、何を誕生日プレゼントにあげてるんでしょうか。つか今でも「戦隊ヒーロー」のロボットや、仮面ライダーの変身ベルトは売ってたりするんでしょうか。女の子だと変身のためのステッキとか?

メカモやスペースワープ、レゴ、みたいな、「子供の頃買えなかったけど大人になってお金使えるようになったから買いたい」人に訴求するおもちゃもあるけど、個人的には、「焼き直しじゃない、でも子供が楽しめるおもちゃ」が出てこないかなぁと思う。

ハンドスピナーは、確かにわかりやすいし、お手軽で、訴求対象も広い「優等生」だとは思う。でも、お手軽さの奥が実はかなり浅いというか、大人がコレクションしたりするにはちょうどよくても、子供が遊び続けるにはフックが甘い気がする。ちなみに僕は「かなり内側に入った人」だと思うのだけど、

 「大人の心」ではまだ楽しめるし、次のヤツも欲しいと思えるけど、「子供の自分」には、あらたな感動が見えなくなっている。

ヨーヨーやけん玉のようにテクニックを磨けるわけでもなく、
※多少はあるんだけど、ミッシングリンクがあるんだよな。テクニック1から一気にテクニック14に飛ぶみたいな感じ。
ベーゴマやメンコのように取ったり取られたりという賭け事は、今日日成立しない。単価もそこまで安くないし。

おもちゃのトレンドは、当たり前の話時代と共に変わっていく。そして、そこにフックするかどうかは、個人の経験と環境に大きく左右される。

たまごっちやミニ四駆、キン消し、ビックリマンシール、遊戯王にはハマれなかったけど、ポケモンカード、ガンプラ、ヨーヨー、ガシャポンHGにはハマった。妖怪ウォッチにはハマれなかったけど、君の名はは楽しめた。

今後もしヒットするおもちゃ、僕にフックするおもちゃがあるとしたら、乏しい僕の想像力と空想力からひねり出す条件は、

・お手軽であること

 始めるために大仰な準備やコストが掛からない。入門編で500円前後。場所や専門的な道具も不要。

・奥行きがあること

 大人でも楽しめる付加価値やコレクション要素があり、子供でも遊び続けられることが望ましい。

・触れられること

 「スナックトレジャラーズ」のガシャのように、デジタルだけではない「実物」に魅力があると思う。

・複数でも楽しめること

 ひとつ手に入れて終わらないトリガー。単純な比較でもいいけど、出来たら二個イチ、3個イチで楽しさが広がればなお良い。

・デジタルの要素も絡められること

 売れ線に不可欠と思いきや、ハンドスピナーにはその要素がない。でもどこかそういうポイントがあってもいい気がする。

たとえば、ミニ四駆とたまごっちとハンドスピナーと妖怪ウォッチのメダルの要素を全て含んでいるようなおもちゃであるなら、それはとてもヒットしそうな気がする。一旦価格面に目をつぶって考えるなら、

電子ブロックのような「ドック」と、ベイブレードのような「コマ」をワンセットにし、ブロックを買い足したり、入れ替えたりすることで、コマの性能を変えられるような。コマ自体にも個性付けがあって、、、ちなみに「独楽」ではなく「駒」ね。回る必要はない。シンプルなものは500円前後から、高いもので3000円5000円くらいで、ロボットのように踊りをプログラム出来る高価格帯と、ただ光るだけ、でもその光方はプログラム出来る、みたいな。でもって安いヤツは連結してブロックのように大きなものにもなるような。
※マインクラフト的な?

ドックの情報はスマホとやりとりすることで、文字情報とか簡単なプログラム(音楽を鳴らしたり言葉をしゃべらせたり)をダウンロード出来たり、店頭で限定プログラムを配信したり、友達同士で交換したり共有したり。

磁石でくっつくパズルみたいな知育トイがあったけど、そんな感じで集める事、繋げることが楽しめるような。たとえば1つだと表示出来る文字数は16×16ドットしかないけど、二つ並べれば32×16ドットになるし、縦横にどんどん連結していけば、それだけ詳細なドット情報を表示出来るようになるってだけでも楽しそう。1コでも楽しめる工夫が凄く重要だけど、ぶっちゃけ今日日デザインなんてもんは、いくらでも工夫は出来る。

たとえば、ペットボトルキャップのように、サイコロの「1」の上にフィギュアを付け、「6」の面に前述のデジタル表示機能があれば、フィギュアとしてのアイデンティティと、集める楽しさを両立出来る。

表示をカラーにするとコストが掛かりすぎるので、赤単色のLEDとかで、、、って今の技術だとペットボトルキャップ程度の大きさでも、かなりの情報量が「表示しようとすれば出来る」とは思うけど、そこは極力コストを抑える方向でチューンして、内部メモリとかも「音も鳴らしたいなら別に4つ繋げる」とか、アニメーションさせるには、ドックにそう言うブロックを組み込むとか、、、

 つか、光るってのは、存外楽しいんだよな。

ただ、充電式にするとコストに跳ね返ってくるし、電池式にすると液漏れとか駆動時間の問題もあるし。

でも昔ミクロマンにあった、磁石で連結するロボットが、光ったり動いたり回ったりってのは、

 凄く楽しかった。凄く、楽しかった!

別に光らずに回るパーツがあってもいい。磁石で連結して回るようになるだけでもワクワク出来るし、タイヤのパーツを4つ連結して走るとか、絶対楽しいと思うんだよ。

 問題はコストなんだけど。

1コ500円前後からあって、集めて楽しい、繋げて楽しい、見て楽しい、触って気持ちいい(磁石の精度・強度も重要)、そんなブロックトイが遊びたい。てか、バッテリーは「バッテリーブロック」でいいや。で、ただ磁石だけの「空ブロック」は10個で500円くらいにしてもらって、組み上げるだけで楽しいとかでいい。意味もなく金属製のブロック(表面がヘアライン加工してあって高級感がある)とか、文字表示で時計やタイマー、ストップウォッチとしても使えるとか、、、。

シンプルに「1」の面が「絵の一部分」になったパズルとかでもいい。3×4=12個のパズル。でも磁石だから組み上げてから固定も簡単だし、組み上げる過程で今までにないもどかしさ(変なところとくっついちゃうから)もあるだろうし、デジタルと絡んで、出来上がったら裏面にはタイムが表示されるとか。出来上がった瞬間に音楽が鳴るとか。

 楽しそう。

結局難しすぎるのはダメなんだよ。ルービックキューブがヒットしたのは、「1面揃えるまでは簡単だったから」これが凄く大きいと思う。それでも楽しめる。1面揃えるのが大変なアレ系のパズルは、何一つヒットしてないと思う。
※スネークキューブも簡単だからよかったと思うし<スゲェ好きだったし

・・・

数年前に出た「バンククエスト」って貯金箱。ブログでもネタにしたけど、あれはホント凄いおもちゃだと思った。結局続かなかったのが残念だけど、ああいう発想って、もっと活かせると思うんだよな。

◎バンククエスト

 貯金箱になっていて、お金を入れるとたまごっちのような液晶画面の主人公に「お金を渡す」ことが出来、主人公はそのお金を使って武器や防具を買い、塔をどんどん敵を倒しながら登っていくというゲーム貯金箱。お金が入っていても到達してる階が低いうちは強い武具は並ばない。オートでも遊べるが手動の方が安定するなどの要素があり、あまりの魅力に、「一旦500円玉に両替して貯金する」荒技も使ってしまった。ちなみに、お金を出すとレベルなどのデータが初期化される仕組みも面白かった。ソシャゲと違ってそのお金は「全て戻ってくる」のが素晴らしく良い。

つか今なら、貯金箱とソシャゲを連動することも出来ると思うけど、大手が作るにはうま味が少なすぎてダメなんだろうな。「バンクエ」のソシャゲ連動版とか普通に欲しいけどな~。

・・・自分で読んで楽しめるネタになったかはわからないけど、書いてるのはそこそこ楽しかったかな。

| | コメント (0)

2017年9月 3日 (日)

ヤバイっ!

つかそんなヤバくもない。言ってしまえばスマホのフィルムにキズが付いて、小さい穴が空いたってだけの話。ただ真ん真ん中なのでメチャ気になる。あと、買ってから1年以上経って、さすがにフィルムも劣化してきたのかな、とも思うし。てか、

 みんなはどのくらいのペースでフィルム交換するの?

あと交換するフィルムはどこで何を基準に決めてる?てか、

 ギャラクシーS7エッジ使ってる人って居る?

僕が使ってたのは、「左右がガッツリ空いてるタイプ」つまり、正面の「湾曲してないエリアしかカバーしない」ヤツ。最初はフィルムと画面の境目の段差がスゲェ気になったけど、

 今は割と慣れた。

たまにそこに埃が詰まるとさすがに気になるけど。

てか、いくらくらいのとか、ガラスなのかとか、グレアかノングレアかとか、見づらくなるのかとか、湾曲部分もカバーするのかとか、カバーは問題なくはめられるタイプなのかとか、キレイに貼れるような工夫がされてるのかとか、短期間に浮いて来ちゃうとか、、、

 スゲェ面倒。

いっそのこと100均のやつを加工して貼っちゃおうかという気になったりもする。

ちなみにフィルムが貼ってあるところは、結構キズだらけで、
※まぁその部分を特にタッチしまくってるからってのもあるけど
貼られてない湾曲部分に関しては、

 全くキズらしいキズは見受けられない。

それなりに丈夫なんだろうなぁと思いつつも、落としたとき「その湾曲部分から」接地する可能性は薄いわけで、アンドロイドの場合は、表面のモニターガラスが割れたらタッチが効かなくなるわけで、、、
※i_Phoneは割れてても使えるらしいけど

 うーむどうしたもんか。

てかホントこの湾曲モニターにしたやつは死ねばいいと思うわ。国内で発売されてなかったし、ずっとギャラクシー使ってるから他のにシフトする気になれなかったから継続して使ってるけど、、、てか、

 完璧なフィルムが貼られた状態で売れよ、と思う。

湾曲部分もカバーしつつ、フルスクリーンで丈夫で、気泡も入らなくて、耐久力も2年くらい持つヤツを付けて売ってくれよ、と。

 みんなフィルム貼らずに使ってるのかね。

・・・

一応アマゾンで「これかなぁ」というヤツを買うつもりでカートINしてるのだけど、価格が1000円以下で送料が掛かってしまうので、まだ決定はしていない。

 問題は、ここで残り1200円弱の「何か」を買わないと、僕のスマホ(フィルム)はずっとキズがついたままだということだ。

 何を買えばいいのか。

最初、こないだリストアップしてたスピーカーを買おうかと思ったけど、

 いざとなったらもう要らない。なぜなら娘の誕プレはもう買ったから。

みなとカーニバルファンディスクも、購入者の評判見たら、

 届いたその日に終わった。いくらなんでもボリュームがなさ過ぎる。

まぁ予想はしてたけどやっぱり残念。もちろんモンハンXXを買う気にもなれず、かといって送料払うのももったいない。地味な候補としては「ボールペン(UNIパワータンク0.7mm黒10本組)」なんかもあるけど、、、言っても仕事用だし、何より、

 ロマンがない。

・・・けど急いでるし、価格もかなりちょうどいいから、とりあえず注文しちゃった。

 なんだろ、この空虚感は、、、

もっと別の何かを頼むべきだったんじゃないのか?今一番欲しい物が、

 ボールペン

って47歳の男性として、それでいいのか!?それも凄い最新のボールペンでもなんでもない普段使いのヤーツ。10本1480円くらいで、特別な、、、

「特別」と言えば、、、

娘の誕生日プレゼント候補には、当初「そのペンに付いているセンサーライトを当てると、その色で書けるようになるペン」というのもいいなと思ってた。以前ちょっとだけテレビに出てて、

 スゲェな!と。

娘も「これは凄い」とかなりの食い付き。てか、当たり前のことを当たり前に話すけど、

 「塗ると透明になるクリーム」

は、存在しない。いや、存在するが存在しない。

僕らの世代だと、トムとジェリーに登場した「クレンジングクリーム」は、塗ると、「塗られたモノが透明になって見えなくなる」という魔法のクリームだった。実際のクレンジングクリームは、化粧品を落とすだけの力しかない。

 「塗ると透明になる」のは、そのモノではなく、クリームの方だ。

つまり、センサーでその色をスキャンし、色を再現して書く為には、

 当然インクが不可欠。それも結構なハイテクで高価なインクな上に、「そこまで大量に書くことは不可能だろう」と想像出来る。

 魔法じゃないんだから。

つまり、最初何の気なしに「誕生日プレゼントにあげたいかも」などと思ったのは、非常におこがましい発想だったと、あとから気付くことになった。

 安いわけはないし、継続して使い続けるには、あまりにもランニングコストが掛かりすぎる。

1本17万とかだった気がする。安いので28000円とかだった気もするけど、売り切れてて買えない状態だったとも思う。てか、「売り切れの理由」も、

 あんな風に色を再現しないぞ!

と言うクレームがあまりに寄せられたことで、販売中止になってるんじゃないか、とも想像が付く。

 未来じゃないんだから。

自分の中にある「子供心」は、「透明になるクリーム」を塗ると「物そのものが透明になる」と「思いたい」と思う。「今は未来だから」、スキャンした色をそのまま合成して書ける「かも知れないな」と期待してしまう。でも実際はそうじゃない。そうかも知れない、そう言うこともあるかも知れないが、「そうじゃないことの方がずっと多い」。

 冷静に考えてしまうと。

でも、一方では、「そういう夢」を現実にしようという人がいたからこそ、青色発光ダイオードが作られたり、クーラーや宇宙旅行が実現したのだとも思う。なんだか話が無駄に大きくなってきたけど、

 やっぱりロマンは欲しいという話。

1コ500円くらいのそこそこ美味しい桃とか食いてぇ。1コ5000円のイチゴとかは別段食いたくはない。僕のロマンは言ってもその程度のもんだけどさ。つかボールペンも買おうと思ってたから渡りに船とも言えるんだけどさ。

| | コメント (0)

2017年8月30日 (水)

つれづれに

少々。

●鳥人間コンテスト2017

40周年で、今回ついに、とうとう、

 40km往復達成者出現!

とは言っても、ぶっちゃけ、

 まだ出てなかったっけ?

という気もしないでもない。

鳥人間は、毎年必ず見るというわけではないのだけど、やってることに気付いた時は必ずそのまま最後まで見てしまう。てか、

 スゲェ楽しい。

この世界に、一年間、、、いや、ヘタしたら十年以上もの間ずっとコレだけのために生きてる人間が、こんなにも居るんだなぁと思うと、そしてその「情熱量」の多さに、

 素直にグッと来てしまう。

僕が見始めたのは途中からだったのだけど、滑空機部門で「素晴らしい記録が出ました」とのアナウンス。あのアナウンスも、通り一辺倒ではない人間味のある一言が添えられていて、でも過度に声を荒げるでもなく、

 とても好き。

最後の選手?挑戦者?の記録の時には、「注目の記録」との形容詞。確かに。

日本大学の生体科学?そんなようなところが、過去13回優勝というレジェンド大木を脅かす記録を打ち立てた。大学生だからってわけでもないんだろうけど、「素晴らしい記録」に湧くみんなの表情を見るだけで、素直に胸が熱くなる。

他にも何人もグッと来るというか、記憶に残るフライトがあった。

6年前の挑戦では、直前で機体が損傷し、無念すぎるリタイアをしたチーム。今年の目標は「100m」。優勝は400m前後だから、数字としては決して「凄い記録」じゃない。でも、

 101mを達成したパイロット、そしてチームの感動は、もはや優勝チームのそれを上回るほどの「きらめき」があった。

結構見ているこちらも泣けてきた。そりゃそうだ。直前で飛べないってのは、

 記録が5mで終わるより悲しいことだもの。

もちろん十何年ぶりに挑戦したけど大した記録じゃなかったとか、このためだけに何年も血のにじむようなトレーニングを続けて、「2時間坂道を自転車で登り続けられるような体力と持続力を手に入れた」にも関わらず、足がつって思うように記録が伸ばせなかったりとか。

プロペラ機部門で優勝したのは、常勝のウインドノーツでもマイスターでもなく、数年がかりで書類選考を通過し、去年から参戦。精密機器の会社に勤めて、働きながら機体を制作した男性が、なかなかの記録によって会社からスタッフと支援金が出て、今年、

 他を圧倒する完成度の機体で望んだ「信念の人」だった。

勝つヤツと負けるヤツのフライトは、一目見てわかる。滑空機部門は、海面すれすれで飛ぶことで揚力を得るが、プロペラ機部門は、

 飛行高度が低い人に勝ちはない。

プロペラ機の場合、重要なのは揚力ではなく、パイロットのコンディションと機体の性能。ちょっとしたことで高度は下がってしまうし、下がった高度を上げるのは文字通り容易ではない。

 勝つヤツは低いところを飛ばない。

今回優勝した男性は、決して声を荒げたり、号泣したりということはなく(つっても優勝が決まった時は泣いてたけど)、あまつさえ途中で、

 プロペラの回転が止まってる時間すらあった。

どよめく放送席。一体何があったのか、、、

 高度が高すぎたので、下げるためにプロペラを止めた。

そんなことある!?今まで「体力が持たずに止まる」ことはあっても、上げすぎた高度を下げるためって、、、。凄すぎて声も出ない。ちなみにその時の高さは10m以上。他の多くのチームがいくら望んでも手に入れることが出来ない高さだ。

 勝つべくして勝った

そんな感じだった。てか、就職先もきっと「鳥人間で勝つために」選んだのではないか、そんな感じさえ伺える人だった。

個人的にグッと来たというか、ちょっとニヤッとしてしまったのは、「今大会唯一のカップル」という。パイロットとその彼女が、フライト後に抱き合ったシーン。

 あっちぃなぁオイ!!

そこに居た全員が思ったと思うわ。でもって彼女も彼氏もそこそこなルックスだったし、

 ああいうのもあっていいよなって思った。

昔は高校生クイズにも似たような熱量というか、力みたいなのを感じたときもあったのだけど、今はすっかり規模が小さくなってしまった。鳥人間だってそこまで大規模とは言えないかも知れないけど、飛行機大好きココリコ遠藤や、手堅い布陣で「鳥人間だけに!」羽鳥アナ。現場の山里も悪くなくて、

 イワタニ、よくスポンサードしてくれたなって思った。

鳥人間は過去何度か終了したりしそうになったりしてたと思うんだよね。やっぱお金も掛かるし。てか、

 優勝賞金150万円※滑空機もプロペラ機もどちらも

とか、そこまで要るのかなってちょっと思った。そりゃもらえたら嬉しいのは当たり前だけど、どのチームだって「絶対勝てる」と思って挑んでるわけじゃないし、勝てること以上に「やってくれること」の方が嬉しいと思うし。まぁ本人じゃなきゃわからないこともあるだろうけど。

鳥人間を題材にした映画が公開されるらしいけど、ちょっと見たくなった。DVDでもいいから、忘れずにチェックしたいな。てか、

 鳥人間コンテストそのものが、下手な映画よりずっと面白いからな。

●娘の誕生日プレゼントは、、、

KISSというところのペンダントにしたのだけど、送られてきてビックリ。

 わざわざ1000円以上出して付けて貰ったハート型のケースとか、全然いらんかった。

最初からちゃんとしたケースに入った状態だった。ギャフン。ページ見て全然そんな感じなかったのに。

まぁ喜んでくれるかどうかはわからないが、父親が娘にあげる誕生日プレゼントとしては、いたって普通な感じかも知れないな。

●結局モンハンXXもみなとFDも買わなかった

時間がないというわけでもないと思うのだけど、
※ホントに遊びたかったら時間なんていくらでも作れるし
そこまで琴線に触れなかったかな、と。みなとFDに関しては値崩れしてからでいいとも思っちゃったし。値崩れしないかもだけど。

てかエロゲーってある意味凄いと思うのは、ハードへの依存度が薄いよな。別段今つよきす見たってそこまで古くさく感じないと思うもの。つよきすの必要メモリなんて「128MB」だよ?2005年と言えば12年前。PS2世代のゲームがそこまで「古びない」んだもんな。

当時もひとしきり書いたけど、こういうボイス付きアドベンチャーって、エロ抜きでもやり方次第では十分ニーズを生み出せると思うんだけど、あんま出てこないのが残念。ゲーム性とか希薄でもテキスト量と止め絵が充実してれば、全然「東野圭吾」とか「西尾維新」のゲームでもやってみたい、買う気はあるけどなぁ。てかむしろゲーム性は希薄な方がいいくらいだわ。

●ルーザーズ

DTVの映画。仕入れ先の友人に勧められたので見てみたけど、

・マッチポイント
・スティーラーズ

と、以前勧められたのがどちらもダメだったので、正直期待してなかった。

 期待してなかったのに、まんまとその「期待してなかった期待」より下回る内容。

うーむ。まぁあらすじ的には悪いヤツをこらしめようと仲良し5人組が奮闘する「ありがちなクライムアクション」。主人公、、、というかスタッフロール一番上は、アバターの中の人ゾーイ・サルダナ、、、って言われてもピンと来なかったけど、

 スタートレックのウフーラと言われてピンと来た。

あと男性側、本来の主人公がジェフリー・ディーン・モーガンというオヤジ。こっちは全然見覚えがなかったけど、たとえて言うなら、「ロバートダウニーJrの偽物」。彼からかっこいい要素を全て抜き取ったような感じで、

 とにかくかっこわるい。

かっこつけてるけどかっこつかないようなそんなかっこ悪さ。他には我らがキャップ、クリス・エヴァンスや、マイティソーのヘイムダル(目の人だっけ?)やった人とか、

 キャストはそんなに悪くない。でも全く面白さはなかった。

何がどう悪いのかも、書こうと思えば書ける気がするけど、一言で言えば、オヤジがかっこわるい。考え方、行動、セリフ、ルックス、何一つかっこいいところがなく、見ていてイライラする。ダニエルの爪の垢でも煎じて飲ませたいくらい魅力が無く、カメラワーク、脚本、展開、どこを取っても微妙以下。

 なんでこんな映画が作られちゃうんだろって思った。

「野郎数人でなんかやらせる」似た映画がいくらでもある気がする。オーシャンズ11とか、エクスペンダブルズとか、GIジョーも似てる気がするし、ワイルドスピードも、、、

 でも本作ならではという「良い点」がなく、本作ならではという「悪い点」ばかりある。

クリス評価は、☆かな~。最後まで何とかがんばって見ることが出来たので1点はあるかな、と。誰ひとりとしてオススメはしない。これを見るくらいなら、

 直前に借りてきたDVDをもう一回借りて見た方がいい。

それがなんであれ、これよりはマシだろう。

---------------

最近「美味しい何か」が食べたい。冷たくてフルーティ、瑞々しくて、ゼリーっぽいけど、ゼリーじゃないというか、ゼリーでもいいのだけど、食べたことがない味というか、、、

 イメージだけ言ってもって感じだわな。

| | コメント (0)

2017年8月25日 (金)

無駄じゃない無駄使いがしたい

楽しんでるから、という理由でソシャゲに課金してもいいと言えばいいのだけど、何か物欲を満たす物が欲しい気もする。ゲームではないもので。

思えばANKERの外部バッテリーとケーブルは、まことに価値のある買い物だった。ケーブルの頑強さは、接触不良のいらだちから脱却出来たし、外部バッテリーのおかげで、大阪仕入れ中の電池消費を気にしなくてよくなった。重いから、という理由で敬遠してたけど、安心感の方が遙かに大きかった。

Dマガジンのモノクロから、またもいくつかチェック。今回もアマゾン人気商品、、、中心だけど、それだけではなく、、、

●コストコ40インチ液晶テレビ 税込48800円

テレビに出てたのを見ただけの話。実際に今あるかどうかもわからない。メーカーはアクオスだったと思うけど、一瞬だったので違うかも。ただ、SONYじゃないから録画機能はないかも。となると別にブルーレイレコーダーとか買わなきゃダメかも。

 でも40インチで5万弱は安いよなぁと思ったり。

別段メーカーが「フナイ」とか「オリオン」ってわけでもなかったし。

正直今のテレビの挙動が怪しいと言えば怪しい。ただ、買い換えた途端に新しい方がすぐ壊れるって可能性もゼロじゃない。思案。でももし買ったら、間違いなく物欲は満たされる。ちなみに今使ってるのはSONYの32インチ。テレビとしては小さいかも知れないが、パソコンとしてこうやって文字を打つにはちょうどいい。大きすぎることに不安がなくもない。

●エアコン

全くお目当ての品があるわけじゃないのだけど、水が漏れるし年季も入ってるから、家電店とかで「一番安くなる季節」とか聞いて、買い換えてもいいかなと思う。工事費が掛かっても今の状況よりは電気代も安くなるだろうし、6帖を冷やすだけなら、そこまで高くもないだろうと期待。5万くらいを見積もり。ちなみに一番欲しい機能は、

 0.5度刻みの室温調整。

28度だと暑くて27度だと寒い。27.5度が欲しい。ある機種があるかどうか知らないけど。

ただコレを買ったらテレビはしばらく買えない。二者択一。どっちがなくなって困るかと言えば、たぶんテレビ。

●GPD WIN 41980円

こっからはアマゾンの品。5.5インチ365gストレージ64GBメモリ4GBの「3DSLLサイズのゲームPC」。何がどう「ゲームPC」なのかと言えば、

 デュアルスティックとABXYボタン、それにキーボードが付いている。

インチからしてそこまで入力しやすいとは思えないが、持ち歩ける大きさの割にはそれなりのことが出来そうな気がする。まぁ、老眼にはキツかろうけど。
※ちなみに解像度は720pだから、スマホより粗い

●快適足元ファン 6800円

要は足を冷やす扇風機。地面から天井に向かう方向にファンが回るため、「足の裏がとにかく熱い」という僕みたいな人にはとても有効に思える。が、

 言ってももうすぐ夏は終わる。

今買う商品ではないかな。てか、冷風でも温風でもないから、ちょっとこの価格は割高感もあるし。

●ボードゲーム各種

「ナンジャモンジャ」「ドクターエウレカ」「ワードバスケット」「ブロックス」「ハゲタカのえじき」「ブラックストーリーズ」というゲームが紹介されていて、娘の誕生日プレゼントの候補にもなってた。

ぶっちゃけ現状そこまで遊んでもらえる相手が居るわけではないが、ほんの一二回のためだけに買ってもいいかなって思うことはある。

 どういうものか、遊んでみたことがないから。

その昔500円で買った「カタン」が、殊の外面白かったってのもあるけど、、、ただ冷静に考えたら、カタンの定価は3500円だったわけで、1500円とかのカードゲームがカタンより面白い、「奥深い」ことを期待しちゃダメだろうな。でもちょっと欲しい。特にナンジャモンジャ1750円が面白そう。買おっかな。

●打上花火 本気玉 1072円

一回打ち上げておしまいの花火。ただ、生まれてこの方一度もこの手の花火を買ったことがない。評判が一番いいなら、一度くらいは買ってみてもイイかな、と。これも娘の誕生日候補だったけど、それとは別に心が結構揺らいでる。ドラゴンとかシューシューとか線香花火とかロケット花火とかネズミ花火とかヘビ花火とか煙玉とか、、、

 打上花火ってホント買ったこと無かったわ。

●エアショットウォーターガン 1599円

水鉄砲。11m飛ぶらしい。「7分回るハンドスピナー」が楽しいように、良く飛ぶ水鉄砲も絶対楽しい。てか、11mって相当なもんだよ?マジか!?って感じ。でもこれも一瞬遊んで終わるのが目に見えてる。夏も終わっちゃうし、4mしか飛ばない自店で売ってる300円の水鉄砲でも溜飲を下げることは出来ちゃうんじゃないの?という気はしないでもない。

●ソーラーセンサーライト 2899円

自宅の玄関に付けるヤーツ。かなり明るいらしく、ちょっと欲しい。特に我が家はネコが放し飼いのようになっているので、ヤツが帰宅したとき灯りが付いてくれるとありがたいと思うのだ。まぁ虫も寄ってくるけど。

●カーファン8インチ 3290円

車用の電源「でも」使えるミニ扇風機。小さい割に首振りもあり、別段車に限らない用途で仕事中とかにも使えそう。そこまで安いわけじゃないけど、まともな品ならこんなもんなんだろうなと思う。

●ゴッソ鼻毛抜き 1179円

薬剤を電子レンジでチンしたあと、鼻に突っ込んで、

 ごっそり鼻毛を抜く

そんな男らしいアイテム。「死ぬほど痛い」が「死ぬほどスッキリする」らしく、一度やってみたい衝動に凄く駆られる。さすがにこれは娘の誕生日プレゼントではない。てかマジで気持ちよさそうなのだけど、

 レンジでチンする手間が、著しく煩わしいとは思う。

それが理由でやらないかもとすら思う。少なくともお手軽じゃないもんな。

●電動ネイルケア 1980円

これは誕生日候補。てか「誕生日の候補」って何?って感じだが、つまりは誕生日プレゼントの候補であり、ここまで書く必要性は全くないとわかった上で書いている。

 何か楽しそうだし。

爪磨きは持っているが電動じゃなかったような、、、電動も持ってたかな。ちなみに年頃の娘がとにかく欲しがる家電と言えば、

 良質のドライヤー

が挙げられるが、それに関しては3万くらいのをかみさんに一部出資して貰いつつ買っているので、あげる余地はない。

●QTOPブルートゥーススピーカー 3888円

これも誕候。炭鉱夫。書きたかっただけ。文字通りブルートゥース接続で使うスピーカー。i_Phoneやアンドロイドで使えそうで、充電式っぽいから、いざとなれば車や出先でも使える。

 スピーカーを使いたくなるような出先が果たしてあるのかって話だけど。

最近特に音に対してこだわって「なさすぎる」ので、ここらでもう少しいい音に触れてみるのも悪くないかな、と。さすがに泥内蔵スピーカーよりはいいだろうし。

ちなみにIPS4の防水防塵で、風呂でも使えるらしく、充電も25時間も持つという。

 普通に楽しそう。

てか、ラジカセがあった時代と今との違いは、一言で言えばスピーカーだと思うんだよな。いくら音源の音質が良くても、出力がしょぼかったら、それはしょぼい。昔のカセットテープに録音したラジカセの方が、「ハートに来る」可能性は高い。価格もお手頃だし、実は今回の本命はコレだったりする。買っちゃおうかな~。どうしよっかな~。

---------------

番外として、、、

●みなとカーニバルファンディスク

「ゲームかよ!」って感じだけど、6000円前後で、24日か25日くらいに発売予定。ぶっちゃけ特典とかには興味がないので、

 少し(1年くらい?)待って、中古でもいいかな、とも思ったりもするが、

たぶんきっと間違いなく、「モンハンXXより楽しめる」。XXはワールドがアナウンスされた時点で魅力激減って感じだもんな。てか、ワールドをスイッチで出して欲しいわ。
まぁみなとFDが価格分楽しめるかどうかは、甚だ怪しいところではあるけどさ。特に新キャラの顔が好きになれないし、そもそも僕はあずにゃん推しだからな<我ながらキメぇ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧