日記・コラム・つぶやき

2017年8月11日 (金)

青春っぽいことをさせたいと思ったけど難しいんだろうな

長いタイトルだけど、中身はそれほど長くない。天気の良い夏の休日。いつものようにPCの前でスマホをいじりながら音楽を聴く。最近のお気に入りは、「ニャンキュッパ」のCMでおなじみの、ルーベッツSUGAR BABY LOVE。名曲は古びないな~とYoutubeの時代を感じさせる動画を見ながら思う。

 古びない曲はいいよな、と。

適当に検索しつつ、自分の好きだった曲をつまんでいく。「1番」だけで次へ移ることもあれば、最後まで聴くこともある。心地よいメロディは、やっぱり心地よい。山下達郎の「ジュブナイル」「僕らの夏の夢」「ずっと一緒さ」のコンボなんかは、彼が「夏の歌手」だったことを思い出させる。「クリスマスイブ」だけが達郎じゃない。つってもそこまで詳しいワケじゃないけど。

そんな中、こないだも取り上げた、「アクエリオンEVOL」の主題歌、君の神話の歌詞付き動画を発見。見ながら歌ってたら、

 普通に泣いてた。

なんだろうな、この涙は。感動とか切ないとか悲しいとかじゃない、

 高揚感。

●アクエリオンevol 君の神話~
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17115455

「良い物」というのは、スパイラルだと思う。回りながら上昇していく感じ。「径」が徐々に狭くなるに従って、加速して、上昇する高さが伸びていく。映画でもマンガでもアニメでもゲームでもドラマでも、

 歌でもそう。

最初歩いていて、ちょっとずつ駆け足になり、全力疾走の果てに、、、

 舞い上がっていく感じ。

一言で言って気持ちいい。大きなボリュームでわかんないところとか勢いで何とかしながら歌い続ける。

 この歌はマジ名曲だと思う。

 その人にとって「名曲」と呼べる曲が何曲まで許されるのかわからないが、それが、もし「わずか10曲」だったとしても、この曲は入ると思う。
※他は「響け!太鼓の達人」「哀戦士」「FIRST LOVE」とか入るかな。

何度も何度も歌いながら、ずっと僕のほおには涙が流れ続けていて、ふと思った。

 これ、みんなで歌ったら最高だろうな~。

「みんな」とは、つまりは「ひとりではない多人数」。理想は、

 中三か高三くらいで、クラスの男女が仲が良くて、それまでの3年間が終わりを迎える1ヶ月くらい前。みんなに歌詞カードとCDを配って、「これ、歌いたいんだけど」って僕が言う。

みんなは「はぁ?」って顔をする。そこでラジカセ、、、今だとスマホとかi-Podとかかも知れないけど、出来たらボリュームが大きい方がイイ。てか、「大きくないと勢いで誤魔化しきれない」。

「これを、想い出としてみんなで大きな声で歌いたいと思うのだけど」

もちろんクラスの温度や、世間のハヤリとかもあるから、「今」それが出来うるのかどうかはわからない。でも、

 僕の中三のクラスだったら、きっとやってくれたと思う。

 僕の高三のクラスだったら、クラスの半分くらいがやってくれたと思う。

場所は別にどこだっていい。音響が良い方が盛り上がるから、音楽室とか借りてもむしろテンションが上がるかもしれないし、「オレんち」とかでもいい。出来たら録音したい。これは動画じゃなくてもいい。動画でもいいけど。

とにかく大きな声で、勢いよく、ぶっちゃけカラオケじゃなくて
※Wiiのカラオケで流すことも出来るけど、楽器の質が悪いから、ネットでカラオケ探した方がいいかもだけど
普通に原曲を流しながらでもいい。

 みんなの声がその原曲を超えるなら、何も問題はない。

ただひとりで聴いてひとりで歌ってても泣けちゃうのである。20人とか30人とかで、この歌を歌詞通りに歌いきった先に、どんな快感が待っているのか、想像も付かないが、ひとつだけ言えるのは、

 絶対みんな泣ける。そしてその涙の重みは、かけがえがない青春の証。

娘の友達とか集めて、一日掛けて覚えてみんなで歌ったり出来ないもんかなぁ~。この歌じゃない別の歌ならいいんだろうか。僕的にはこの「上がっていく感じ」は「随一」だと思うのだけど。てか他にこういう高揚感のある曲があったら教えて欲しい。
※「響け!太鼓の達人」もかなりだけど、序盤の勢いが「君の神話」と比べるとちょっと弱いかな

別に学生である必要はないんだけど、この歌には青春が似合う気がしたんだよな。アニメだし、「勢い」「生命力」がないと息切れしちゃう感じ?あと単純に「歌えると気持ちいい」からな。歌詞の意味とかはよくわかんないけど。

・・・

世間ではみんなで同じ曲を歌ったりするイベントとかもあると思うけど、その曲が何なのかは重要だよな。あと「みんな」が二人とか三人だったりすることもありそうだし。

 せめて5人くらいは欲しいよなぁと。あとパート分けじゃなくて、合唱じゃないと、と。

さすがに君の神話を100人くらいで歌ってる動画とかないだろうけどな~。一生忘れられない想い出って、そう簡単に出来るモンじゃないけど、これなら1日くらいで(みんなの1日をもらわなきゃだけど)出来る割とお手軽なイベントだと思うんだけどな~。

| | コメント (0)

2017年8月 6日 (日)

つれづれに・・・

適当にいくつか。

●君の名は。

物語の結末を知っていることで、楽しさが目減りするタイプの映画というのはある。こないだ絶賛してた「オーロラの彼方へ」や、「バックトゥザフューチャー」など、

 どうなるんだろ!?

とワクワクして見るタイプの映画にその傾向が強い。

君の名は。まさにそのタイプで、確かに映像的にキャッチーというか、背景画の描き込みに唸らされるシーンはあったものの、そこまで二度三度と楽しめるもんでもないんだろうな、と。シンゴジラとかの方が、割と二回目も楽しめちゃったりするんだろうな、と。

 そう思っていたが、、、さにあらず。

 しっかりと泣けた。

何て言うんだろうね、この涙は。別段感動したとか、悲しかったとか切なかったとか(もしかしたら切ないのかも知れないけど)、自分の意識のあずかり知らぬトコロで、「ツーー、、、」と涙が出て来る。「溢れてくる」という表現でもいいのかも知れないけど、ともかく、普通に泣けて、普通以上に面白かった。

 歳だから既にいろいろ忘れてるってこともあるのかも知れないけど。

やっぱり四葉はかわいかったし、声優に違和感はなかったし、ラッドの曲が掛かるとかなりテンションが上がったし、「腐っても君の名は。伊達にスゲェ売れただけのことはあるな」と。

ただ、前見たときとちょっと違ったのは、

 この先この2人はどうなるんだろう

ってことをちょっとだけ考えたこと。

 しょっちゅう名前を呼ぼうとする度に、「み、、み、、、ん?なんだっけ?」とか、「たき、、き、、、キィくん?」誰だよそれ。みたいな。

 名前以外のことも忘れてしまうのかも、とも。

ライトな視点で見るなら、2人が「対の」組紐を持つことで、以前あったような「忘却の呪縛」から解き放たれたりするのかな、とも思った。逆に何してても以心伝心伝わっちゃうとかもありそうだけど。

村が無くなっちゃったから、四葉や三葉だけじゃなく、テッシーたちも東京に出てきてるわけだけど、おばあちゃんとか親父さんとかがどうなったのかというエピソードはなかった。年齢的に「死んじゃってもおかしくない」時が流れてはいたけど、、、。

ハッピーエンドではあるのだけど、どこか未来に楽観視できない感じが残ったかな、と。その点は同じ新海監督の「言の葉の庭」の方が、「幸せな老後」をイメージしやすかったかも、と。タキくんの就活もスムーズじゃない感じだったし。

一回目に見たときも凄く集中していたので、特に二回目だから気付いたってことはなかったけど、歌に関しては、一回目より二回目の方が心に刺さってきた感じだったかも。やっぱ歌や曲を武器にする映画は強いね。「めぐりあい宇宙」もラストシーンで流れてこそだと思うし。「銀河鉄道999」や「幻魔大戦」も。例えが古くて申し訳ないけど。

●指を、、、

処分するゴミを車に積んで、「崩れてくるのを抑えつつ」トランクを閉めたら、

 親指を思いっきり挟んじゃった。

いつも気を付けては居たが、ついに「その時」が来てしまった。

 痛い。が、それ以上に、「そのトランクを開けることが出来ない!?」

位置を口で説明するのは難しいのだけど、、、てかこれはブログなので口ではなく文字なのだけど、つまりは「バン」のバックドアを、進行方向右側から閉めようとして左手で、中のゴミを押さえつつ、体をひねるように右手でドアを閉めたので、

 体は車の右側にあり、ドアを開けるためのレバーは車の中央にある。

 スゲェ痛いけど、開けなければずっとこのまま夏が過ぎて秋が来てしまう。

一緒にゴミを積み入れていたパートさんは既に店内に戻ってしまったので、泣こうがわめこうが声は届かない。250デシベルくらいの声が出せるなら話は別なのかも知れないが。

 てか、今でこそ余裕のある口ぶり(ブログなのに!?)だが、その瞬間は、マジどうしようと思った。

てか、このままじゃどうもこうもないので、

 スゲェ痛いまま、体をひねって、右手でレバーを引いて開けた。

左手の親指は、血だらけで、ポタポタと、、おばあちゃんのぽたぽた焼き、、、言ってみただけ。鮮血がしたたり落ちて、、、

 は、いない。

ただちょっと「不自然に凹んで」紫色になってるのと、汚れて黒くすすけてただけ。

 とりあえず折れてないとは思うが、ヒビが入っただけだと、そのことに全然気付かないこともあるらしいし、、、。

動かすとちょっと痛い。が動かさないと痛くない。

 一生動かさないという選択肢も無くは、、、無いわ。だって、

 ドラクエ中だし!!

「ドラクエ中」って、なんか「ドラゴンクエスト中学校」みたい。「何中だよ?」「ドラクエ中だけど何スカ?」的な。っだよドラクエ中って、ドラクエやってるってだけだろ。そこまで広げる意味とか、、、

 ともかく、急いでいたので、ひとまずそのゴミを捨ててきて、みんなから「痛そう痛そう」と言われつつ、軽くヒヤしたりなんだり。

 普通にゲームは出来るレベル。てか、スマホゲーだとほぼ親指は使わないからイイネ!
「イイネ」押してみた感じ。誰が?何のイイネを?てか、「いいね」か。ひらがなか。世間のいいねはひらがながデフォか。知らんけど。

ちなみにドアに手を挟んだのは、ここでもたまにでてくるオフの友人であるnori君と小学校の時、彼の親父さんにプールに連れて行って貰って、降りしなに挟まってしまって、親父さんが大慌てで連れ帰って、(彼の家は薬局だったので)えらく丁寧に治療してもらった時以来。nori君覚えてるかな?

ともかく、

 ドアに手をはさむと、結構痛いのでみんなも気を付けようって話。

リズミカルに書けたので地味に▲▲。

●スイカ

うちのかみさんは、基本料理に関して「美味しく作ろう」という意志がない。美味しいときもあるし、微妙なときもあるが、言ったからと言ってリピートしてくれるわけでもないし、嫌いだと言っても出なくなるわけでもない。お味噌汁とかも、味付けが適当な分、「美味しかったからまた、、、」と言っても作れないのだ。

そんなアバウトと言えばアバウトな人なのだけど、なぜかスイカは、サイコロ状に切って、タネとかも全て取って出してくれたりする。基本娘が「そうじゃないと食べない人」だから、ってのもあるにはあるけど、「結構面倒だと思うのに、、、」とも思う。ただコレに関しては、最近「好きでやってるのかも」とも思った。こういう細かな作業が。

で、昨日もそんなスイカが冷蔵庫に切ってあったのを思い出し、「あれ、まだある?」と問うと、「それはもうない。切ろうと思ってた」という。

 「だったら、『スイカ切り』で出してよ」

と僕が言って、出てきた形。

 みなさんにとっての『スイカ切り』ってどんな形?

僕は、「半円」で薄く切った形が、スイカ切りだと思ってたのだけど、出てきたのは「スイカバー」のような、「切り分けたケーキのような形」で出てきた。

娘は、「私はコレがスイカ切りだと思った」と。「父ちゃんの言ったのだと、耳とかめっちゃベタベタになるじゃん」と。

 確かに。でも一方ではそんなスイカを食べてみたい気もしたり。

と、そんな話をしつつ出てて来たのは、

 左右がカットされた「僕のスイカ切り」。

ふむ。左右をカットしてくれている優しさを感じつつも、

 既に「スイカバー切り」のスイカを3切れほど食べたあと。

それでもせっかくだから、とシャクシャクと完食。感想、

 やっぱスイカバー切りのが食いやすいね。

軽く反省。

●娘の誕生日に

9月なのだけど、今高三の娘は、卒業したら家を出る可能性が高い。つまりこれが娘にあげる最後の誕生日プレゼントになる可能性が低からずある。

ぶっちゃけ誕生日にしてもクリスマスにしても、「ひとつかふたつ」思い出に残るものがあれば、それでいいと僕は考えている。実際僕が親から貰ったプレゼントでも、全ては覚えてないし、全ては嬉しくなかった。「印象に残る何か」は、安定供給できるもんじゃない。

ちなみに長男に関しては、「PSPとP2G」をあげたときがとても印象深い。事前に「P2Gがせいぜいかなぁ」と臭わせてからの、、、「本体も!」。まぁ友人Tが中古を安く売ってくれたから出来たことなのだけど。あのときはどもでした>友人T。

ただ、きょうび高三の女子が何をもらって喜ぶのかは、なかなか難しいところだ。友達から貰ったプレゼントには、i_Phoneのジャケットとか、「スタンプ」とかもあったようだけど、僕がどうこうという感じはない。てか、

 金額的にそこそこ高くてもいいかな、と思いつつ、ブランドのサイフとかかなぁと思ったりもしたのだけど、

 それだとかなり高いんだよな。ぶっちゃけ。

毎月のお小遣い3万円でやりくりしてる貧乏中年としては、さすがに10万のサイフをポンとあげたりは出来ない。つか、

 「やりくり」とは書いたけど、ぶっちゃけそんなに困ってないけど。

お酒もたばこも賭け事も女の子にもお金使わないし、休日は引きこもってゲームしてるくらいのもんだし。

そう言えば昨日「ハンドスピナー」の金属のヤツ1300円くらいで買ったわ。でもまぁそんなもん。

ひとり暮らしすることになったら、電子レンジとか掃除機とかアイロンとか電化製品もろもろが必要になるかなぁとは思うけど、、、そう言うのが備え付けのトコロに住む可能性もゼロじゃないだろうし、、、。

 ダイソンコードレスクリーナーV8とか、調べたら結構すんのな。

10万前後。絶対宝の持ち腐れだわ。

でも絶対お金はあげたくないというね。変なこだわり。まだ「お米券」とかのがいいわ。
以前書いてた「スゲェうるさい目覚まし時計」とか、あまりに色気がないもんな~。

●おにぎり

かみさんと娘が旅行中なので、自分で昼飯を調達。とは言っても米は炊いてもらったので、明太子とレトルトカレーをセブイレで買って来る。

個人的にセブイレが「炙り」しか明太子を扱わなくなったのがとても腹立たしいが、一度も買ったことがなかったので、今回初めて買ってみた。

 あんま美味くもないし、値段ばっか高いだけで。

基本酒のつまみなのかな、とも。

今回そんな炙り明太子を具材におにぎりを作ったわけだけど、明太子の形状上、「敷き詰める」わけにはいかず、かといって「半切れ真ん中に入れてみた」ら、具が遠くて凄く嫌だった。てか、

 みんなはおにぎりの「具ポジ」、つまり「具の位置」に対して何も言うことはないのか!?

大きめの一口の中に、全く具が入ってこなかったときの絶望感。それなりに塩気が強ければまだしも、薄口の場合「オレが、白飯だけで食えると思うなよ!」と、誰というでもない罵声を声高らかにシャウトしたくもなる。

 ということで、「明太子のカワ剥いちゃいましたじゃないヤツ」を具材として使う場合は、

 「三切れ」をトライアングルに配置することにした!!

普通おにぎりは「三角形」なので、むしろちょうどいい、、、はずなのだが、この点に関しては、僕の作るおにぎりは「円形」なのであまり効果的というわけでもない。ともかく、

 三切れ三角配置の贅沢さよ・・・

正直「具が多すぎるエリア」があるのが玉に瑕だが、そんなもんは「あの日の絶望」を思えば些細なこと。交通事故で右足切断した時、おもむろに左耳タブが蚊に刺されてた、くらいの些細なことだ。まだ切断経験はないが。てか耳たぶ刺されると意外にスゲェかゆいが。

ただ、やっぱりベストは「敷き詰める法」。明太子をフィールド一杯に薄く敷き詰めて、その上にご飯を乗せ、塩水で水平にし、炙った海苔を、、、

 以前書いたがここで復習しておく↓

●クリスのおにぎりの作り方

・用意するもの

 お椀二つ、スプーン、飽和食塩水少々、ご飯、海苔、明太子。ちなみに「にぎらない」ので、ラップは不要。ちょっと贅沢に行くなら、プラス鮭フレーク。

・手順

 一つ目のお椀で飽和食塩水を作り、もう一つのお椀の内側にそれをなじませる

 ご飯を少しだけ盛り、塩水を付けたスプーンで水平に均す。決して押さえつけない。

 具の明太子+鮭フレークを一面に敷き詰める。薄くてもいいし、なんなら少しはみ出したって構わない。劣等生で十分だ。

 ご飯で覆うように盛り、またも塩水スプーンで水平に均す。ここでも決して押さえつけてはならない。てか、

 ほとんど「盛って均すだけ」。

 海苔をコンロで炙る。この作業は美味しくするために絶対はしょってはならない。ちなみに形は長方形で、「短い方の辺の長さが、お椀の直径くらい」。

 炙った海苔をお椀に掛け、ひっくり返してご飯を海苔に乗せ、海苔を折り返して完成。

気付いたかも知れないが、食べる直前まで「手も汚れない」。握ってないのでボロボロにこぼれるが、

 家で食べるためのおにぎり、それも作ってすぐその場で食べるので、形状を維持する意味は薄い。

 そして、普通に美味い。

お好みでマヨネーズを加えてもいい。娘はもっぱら鮭派だが、ウケもいい。

みんなも作ってみよう!

●映画の時間がもったいない

パワーレンジャー、トランスフォーマー、あと何だっけ?見たい映画が結構ある。が、

 そのために3時間を使うのが惜しい。

それ以上にごまおつやドラクエ、そしてブログに時間を割きたいのだ。

贅沢ではあるが、優先順位とはそう言うもんだと思った。家でDVDとかDTVで「ながら見」する分にはいいのだけど、映画館に行ってゲームやりながら見るわけにもいかないからな~。

まぁそこまで強く見たい映画じゃないのかもだけど、、、でもトランスフォーマー見るなら劇場で見たい気もするし、、、ちと思案。

これは映画の話じゃないのだけど、「優先順位」ってのはホントつきまとう。コメントの返事が遅いのは、つまりは僕の中の優先順位が低いってことになってしまうのだけど、これはもうしょうがないと思って貰うしかない。だって、

 ゲームも遊びたいし!

最近それをシミジミと感じてしまうわけです。お返事書くならちゃんと書きたいって思ってしまうし<それが結果遅らせているのだけど。

つまり何が言いたいのかと言えば、

 ドラクエよりもエクスヴィアスよりもごまおつが遊びたかったらごまおつを遊ぶ。

 でもブログの更新はそれ以上の優先順位。

 でもエクスヴィアスの同行も結構優先順位は高い。

そんな今日この頃なわけです。

| | コメント (4)

2017年7月25日 (火)

ハンドスピナー

果たしてこのタイトルでどの程度書けることがあるのか、、、。

とりあえず以前から存在は知っていた。指先でくるくる回すおもちゃである。つってもヨーヨーみたいなテクニカルなことはなく、基本回すだけ。上手い人だと次から次へ指を「渡り歩く」ことや、右手から左手に「投げ移す」ことも出来たりするようだが、基本は、

 回して止まるだけ。

要は「今風のコマ」。これの何が面白いんだよ、とかみさんも半ばあきれ気味だったし、僕もあまりピンと来なかったが、自店で仕入れて試しに一つ買ってみてやってみて、

 なるほどこういうおもちゃなのか、と。
※勘違いしてる可能性大

要は、「良く回るコマって楽しい」って話。だったら宇宙ごまだって大概楽しかったわけだけど、あそこまでデリケートで煩わしい感じはない。

コマというのは、基本ヒモを巻いて回すおもちゃである。だから、「巻く時間」があるし、「投げ落とす」時にちょっとした技術も求められる。ベーゴマは特にそのスキルが顕著であるが故に、賭け事というか子供の勝負事として盛り上がった。ベイブレードはその「勝負」の部分と、ミニ四駆のような「カスタマイズ性」を伸ばしつつ、「回すためのスキルや時間」、つまり、煩わしい部分をカットして人気を得た。つか、

 コマというのは、昔っからあるだけあって、結構プリミティブな楽しさがあるのだ。

たとえばレゴのシャフトとプレートで極々簡単なコマを作って回すのだって、

 思った以上に回るのを見るのは楽しい。

ハンドスピナーは、そんな「良く回るコマ」の楽しさにさらに2枚上乗せして、

・指先で回せる

場所を必要としないお手軽さと、普通のコマにはない「テクニックというフィールド」を作った。

・倒れないので長時間回る

コマは、ある程度失速すると、「コテッ」と倒れて止まってしまうが、接地面が広く安定しているので、最後の最後まで「回りきる」ことが出来る。

このおもちゃを発案した当初は、たぶんそこまで長時間回る構造にはしてなかったと思う。指で挟んでくるくる回るだけでも十分お手軽で、「イイ感じの暇つぶし」になったと思うからだ。

しかし、そこからさらにステップアップしたのは、中にベアリングを内蔵し、
※このバックボーンにはハイパーヨーヨーで培ったノウハウとか知識とかが活きてたと思う
より長時間安定して回すための試行錯誤を怠らなかったためだと思う。

ぶっちゃけ自分で回すその瞬間までは、

 時間を楽しむおもちゃだとは思わなかった。

ヨーヨーやディアボロと違って、無限に回し続けられるわけじゃないし、剣玉のように大仰でもない。指の上で回すのだってそこまで飽きずに遊び続けられるもんでもない。ただ、

 ちょっとした合間に、指で挟んでクルクル回すと、意外なほど回り続けている感じは悪くない。

たとえばそれはテレビを見てるときかも知れないし、勉強してるときかも知れないが、

 殊の外長く回り続けているのは、想像以上に愉快で、気持ちいいものだった。

なるほど「売れるには理由がある」な、と。ただ、シンプルゆえにバリエーションの方向性も限られる。同じものをそこまでたくさん「集めたい」もんでもない。

で、まず出てきたのは、

 少しでも長く回るタイプ

金属製で剛性を高め、重量がある分勢いが死ににくい。金属であるがゆえに「価格も盛りやすい」し、豪華さも出せるが、

 ぶっちゃけ重すぎて(指で回すには)疲れちゃうんじゃないの?

というのは正直なところ。そして、

 光るタイプ

コマでもヨーヨーでも「回るおもちゃ」と言えばまっさきに出て来るのがコレ。実際夜クルクルと回ってるところを想像するだけでも楽しそうなのだが、

 聞くところによると、トラブルが多いらしい。

結局上手くなるまでは「よく落とす」し、電子部品だから落とせば当然壊れやすい。電池が入ってる分、ローコストにしようとすればするほど液漏れなどのトラブルもあるし、そもそもこの大きさで、長時間光り続けられるわけもない。すぐに電池が切れて「もう切れたんだけど!」とクレームがあったってのも、まぁうなずける話だ。

 実際ハイパーヨーヨーとかでも光るヤツはそんなにメインストリームになんないしな。

あと、純粋に内部のバランスを取るのも難しくなるだろうから、そんなに回らなそう。回らなくてもいいって言えばいいのかも知れないけど、

 ハンドスピナーの魅力の根幹は回るところ

だからな。

あとは、三角ではないいろんな形。六角形とか棒状とか。洒落てると思うか、「ホントに回るの?」と思うかは人それぞれだとも思うけど、個人的に自分が買ったオーソドックスなヤツに関して言えば、

 結構落としてるけど、全然キズがわかんない「タフさ」がイイ

とも思った。たぶんABSかFPRの樹脂に金属の重りが付いてるんだと思うのだけど、昨今のスマホや携帯ゲーム機のように、

 落とすことに凄くナーバスになってた

自分には、この頑強さは普通に魅力だな、と。ちなみに自店の売価は税抜290円。税込313円。社員割り引きなしで普通に購入。完全に止まるまで時間を計ってみたら、3分33秒。

 価格満足比は、まんざらでもないって思ったわ。

もし買うなら、「そこそこ回るヤツ」がオススメだ。「イラチ」には向かないが、失速してからの「粘り」がハンドスピナーの真骨頂だと、僕は感じたな。全然止まらないから。

| | コメント (0)

2017年7月10日 (月)

つれづれに

●陸海空こんな時間に地球征服するなんて

ぶっちゃけ大アマゾンスペシャルはあんましだった。何つか、それまでのが面白すぎた感もあるけど、観光部族のおっぱいに尺を取りすぎ。これだったら以前の映像をもっと丁寧に掘り返した方が、友寄Dの魅力がより伝わったと思った。特にこのスペシャルで初めてこの番組を見た人も少なからずいただろうから、

 なんで黒いの?てかこの人何者?

みたいなところを掘り下げて欲しかったかな、と。「テレ朝クビになるんちゃうかな」みたいなところは、あえて「クビになんねぇよ!」ってみんなに言わせたいんじゃないの?みたいな。てか、

 友寄Dのギャラ、絶対跳ね上がると思った。

10万くらい現地住民の「ぼられまくった」民芸品を買ってたけど、

 全然。安い買い物だったと思う。

彼が番組のチーフディレクターってことが凄く大きなカードなんだよね。プレゼント募集に送られてきた4000通3400人の全ての人にランチョンマットみたいな布を送るとか、今回も結構な数のブレスレットやら絵やら吹き矢やら買ってたけど、

 これまた番組と彼自身への注目が爆上げになる。

 安いモンだろう。少なくともクイーンメリー号に二人で乗船するコストを考えたら。

7枚のプレゼントを3400枚にするとか、本当の意味のドキュメンタリーで観光部族から民芸品買ったりとか、立場が偉くなきゃ出来ない「力業」。そこにあのナスのようなルックスと破天荒過ぎる行動力。

 黄金伝説で1週間トマトだけ生活とか、自身でやってみたという。

やってみて「出来る」って判断するって、ディレクターとしては「やりすぎ」とも思うけど、そこが彼の魅力であり、「実力」だと思うんだよね。

 かっこいいな、と。

だからこそおっぱいよりもっと見せるべきシーンがあったんじゃないかって思っちゃうんだけどさ。

細かなところではU字工事に対して伊集院がスゲェフォローしてるのがちょっとよかったな。やっぱ同じ芸人として、

 ナスDは恐怖だもん。

つか大石ちゃん結構かわいいし、小峠のMCも必要十分なんだけど、

 それでもゲストが多すぎ。

カズレーザーとかひとことしかしゃべれなかったし、「窓」がなかったからスタジオのメンツの表情とかもわからなかったし。

個人的にはREINAの「豪華客船アース」もとても面白かったので、あっちはあっちで上手く2時間半の尺にまとめてくれたら嬉しいかな、とは思った。つかREINAも全く別ベクトルで友寄Dとは違った魅力があるしな~。

つかこの番組がまさか僕が一年間楽しみに待っていた「KUNOICHI2017」と同じ時間帯でやってたとは思わず超残念。てか、

 いつやるかなんて、新聞もテレビもろくに見ない僕が知るスベがないんだよ・・・

SASUKEも、半年くらい前から「いつやる」って教えといて欲しい、、、。

●7/13発売のゲーム3本

FF12、スナックトレジャラーズ、ピクミンの3本。どれか買おうかなぁと思いつつ、ごまおつが面白いからそっちに課金しようかなぁとも思いつつ。てかごまおつは、

 やってる人は居るんだけど、情報交換出来る場所がわからない。

一応シーサーの掲示板にコテハンで書き込んでみたけど、、、。

ごまおつに限らず、面白いゲームを「心底楽しむ」には、やっぱりロンチから遊ばないとダメなんだなって思った。もちろん熱量が上り坂であればいいのかも知れないけど、それでも初期組にしか得られない楽しさって相当あるから。これはソシャゲに限らないけど。

そんなわけで、3本の内どれかを買おうか、どれも買わなくていいか思案中。エクスヴィアスプレイヤーの常連さんは、「買うとしてもFF12」なのかなぁと思いつつ、

 どこまでキレイになってるのか、甚だあやしい気もするし。

まぁ大してキレイになってなくてもゲームが面白ければ買えばいいんだけどさ。

 絶対クリア出来ないだろうけど。

スナックトレジャラーズは、トレンド臭が強いから、

 ほとんどやらないだろうけど買ってもいいかな、とか。

買って遊ばないと「どうつまらないか」が書けないからな。「ファンタジーライフ」くらい面白ければいいんだけど、、、。

逆に買えば意外と超面白そうなのがピクミン。ダークホースだと思うんだよな~。買えばこれが一番面白い気がする。そんな気がするけど、、、

 買うならFFなのかな~って感じ。

●ドラクエ11

ドラクエが始まったら、エクスヴィアスは完全に「後回し」になる。何だかんだ言って僕はFFよりドラクエ派なのだ。ましてや今回は8以来の最新ハード。何年ぶりだよって話だけど、

 ちゃんと遊びたい。

でもつまんなかったら、どうなるかはわからない。つか振り返ってみても「10」とかスゲェ面白かったからな~。たぶん裏切られないと思う。200時間くらい遊ばせてもらえたらいいな。

余談だけど、ごまおつとエクスヴィアスを併走してると、

 エクスヴィアスのラピスが貯まる。

いつもならガシャしたいとか特攻なりトラマラなりで「割りたい」と言うタイミングで他のタイトルをやってるので、特に装備枠を増やすとか、最低限特攻アイテム集めたい以外は、、地味に貯まっていく。

 今16990ラピス

次回何がピックアップされるかわからないけど、まぁ11連してもいいかなって思ってる感じだ。

●孤独のグルメ

既にシーズン6は終わってしまったが、とりあえず書きそびれたことで言いたかったことがあったので書いておく。ちなみに、

 スゲェどうでもいい話。

 最終話の一つ前の話に出てきた女性スタッフがかわいかった。

てかどっかで見たことあると思ってスタッフロールをチェックしてたら、

 水沢エレナ

・・・僕はこの子の名前を検索したことがある気がする。

重ねて言うが大した話ではない。

唐突に思い出した。小出恵介主演の「風が強く吹いている」でヒロイン役だった子だ!

スゲェスッキリすると共に、あれから8年も経ってるのに全然劣化してないって凄いなって思った。

●ぐるナイ

神田沙也加が出てて、どうやら結婚したらしい。

 かわいいな~神田沙也加!

人によって女性のルックスの好みは全然違うとは思うけど、とりあえず今日付でクリスが一番かわいいと思う女性は神田沙也加かも知れない。

ホントどうでもいい話が続いたが、言いたかったんだからしょうがない。

松田聖子の1000倍カワイイわ。

| | コメント (4)

2017年6月29日 (木)

こないだの休日

なかなか濃密であった。いわゆる日記であるので、そんなドラマティックなシーンはない。高速道路を逆行したり、飛行機から飛行機へ飛び移ったり、アメリカに核攻撃したりはしない。

 たぶん僕の勘では、一生しないと思う。あくまで勘だが。

・朝普通に仕事へ

 ちなみに起床はだいたい8時半くらい。前日の状況次第で目覚ましが鳴る前に目が醒めたり、醒めなかったりする。大抵は6時半~7時半くらいの間に目が醒めて、一旦エクスヴィアスのオーブを消費する。スゲェなオレ。

・11時から親父の三回忌法要で近所のお食事処へ

 仕事はTシャツで。カッターと礼服を持っていく。つか20年以上前に買って貰った唯一無二の革靴が、相変わらずサイズが合ってなくて靴ずれ。その状態で仕事するとスゲェかかとが痛い。が、年に1、2回使うか使わないかのものにお金を出す気には到底ならないので買う予定もない。見た目もスゲェ汚いが、磨いたりもしない。人によっては耐えられないんだろうな~。

時間が早かったので、みんなはあまり箸が進んでなかったが、自分は普通にモリモリ食べた。つかこういう和食のコースみたいなのって、僕が「お金を払う側」「もてなす側」になったら、

 絶対来ないと思う。

コストパフォーマンスが悪いとシミジミ思う。うなぎならうなぎ、カニならカニだけをドーンと出せばいいじゃないか、と思う。あと単純に美味しくないものが出るのが許せない。人によっては「もずく酢」が好きな人もいるんだろうけど。
→この30年箸を付けた記憶がない。

ちなみに生まれて初めて「生のカニ」を食べたが、一言で言えば「軟らかすぎ」。なんかぬめぬめしてて、不味くはないかも知れないけど、別段このあとの人生で一度も食う機会が無くても、何ら問題はないという食べ物だったな。

・菩提寺にお参り

別段特筆することはない。オフの友人であるnori君のお袋さんと会ったくらい。てか僕の子供の頃は、ホントに近所に同世代の子が多くて、半径200mに20人くらい居た気がする。今でもそのままそこに住んでるのはごく一握りなんだけどさ。

・法事

 シビレが切れるので、足を組み替えるが、自分、「あぐらでもしびれる」人。まぁ別のトコロがしびれるので、正座でしびれてあぐらに組み替え、あぐらでしびれて正座に組み替え。結構暑くて眠かったが、まぁ法事なんてもののはそんなもんだ。

ふと思ったこととしては、「ローソクって変わらないな」と。中には特殊なのもあるんだろうけど、たぶんこれって国内だけでも1000年以上この形なんだろうな、と。てかローソクが出来る前はどんな「光源」で夜の灯りを得ていたのかな、とも思った。

 電気ってスゲェよな。

・昼寝

 2時間くらい寝る。そんなに熟睡は出来ない。

・仕事へ戻る

 チラシ作りが切羽詰まっていたので集中。ちなみにチラシには毎回挨拶文を載せているのだけど、お客様に結構褒められる。もちろんブログほど長くはないが、ある程度は起承転結とか考える。いかに「普通の」話を書くかに腐心する。

・帰宅後ホタルを見に

帰るとかみさんが「飯の前にホタル見に行く?」と言うのでYESと。毎年ではないまでも2年に1度以上のペースで見に行ってる山。今年は、「夜大雨になる」予報が出ていたせいもあってか、

 ホタル大発生!

つっても数百匹にまとわりつかれるとかそんなホラーな状況ではなく、とりあえずあっちの川でもこっちの沢でも、

 視界に数匹、頻繁に目にすることが出来るレベル。

それでも自分の記憶では、ここまで広範囲にホタルが発生していたことはなく、なかなかの充実感。おもむろにカメラに収めたりちょっと触ったり。

 触りたくなる昆虫って、ヘタしたらホタルくらいのものかも知れない。

夜10時過ぎだったのだけど、いつもより行き交う車が多く、村おこし的にテコ入れされたポイントでは、

 100台くらい車が止まっててビックリ。

「ホタルまんじゅう」がありそうと言ったら「ホタルパイじゃない?」とかみさん。

 実際あったのは「ホタル餅」。

でもこれだけお客さんが出るなら、商売にキャラメルのは、いや、絡めるのは当然だよな、とも思ったり。きっとツイッターとかで「今晩はホタル超出てまっせ!」とか流してそう。

妹に言ったら「子供は見たこと無いだろうな」って。なんかそれ凄くもったいない気がする。ホタルって結構ワクワク出来るよ?

・帰路に宝塔でラーメン

 長男の希望でお気に入りのラーメン屋へ。豊川と音羽、あと豊橋にある小さなチェーン店なのだけど、

 塩ラーメン、塩台湾ラーメンが普通に美味い。

もちろん好みで食えばいいのだけど、豚骨や醤油を頼んでる人を見ると、「もったいない」って思ってしまうレベル。

ちなみに僕は「基本塩ラーメンが好きではない」。が、宝塔のだけは別。僕が好きな唯一無二の塩ラーメンだ。

めちゃ混でたが替え玉もした。あと、いつもは豊川にいる店長がこっちに来てて思わず会釈。こういう感じは嫌いではない。

・帰宅後

 法事のために戻ってきた長男にスリザーリンクをやらせる。ルールはわかっていても定理に関しては甘かったので、その辺りをレクチャーし、魅力を布教。まぁ買うまでは行かないだろうけど、スマホアプリ版とは違う「加速感」は伝わったはず。

 気付けば4時半。

 ホントに時間を食うゲームだ。まさに驚かされる。だが、それも嫌いではない。ちなみに以前やっていた時は4級止まりだったのだけど、昨日やったら3級になれた。運も多少はあるけど、定理に関して多少レベルが上がった気がしないでもない。やっぱり面白いが、難しい面はホントに難しい。「試し置き」なしで上級者はクリア出来るんだろうか、って思う。

・就寝

 次の日も普通に仕事。だが、さすがに疲れたのか、

 久々にオーブを溢れさせてしまった。

 無念。

------------------

こういう一日を過ごせると、なんか充実してる気がしていい。

| | コメント (2)

2017年6月27日 (火)

MONOQLO 2017/8ベストバイ100

こないだも同じ雑誌から抜粋したけど、今回も面白そうなのがあったので、触れる。僕はゲーム以外ではさほど物欲が強い方じゃないつもりだったけど、こういうの見ると普通に欲しくなるものが出てきて、

 ある意味張りが出る。

ちなみにAmazonではない。

●Wi-Fiルーター バッファロー WSR-2533DHP 10530円

現状微妙に繋がらない場所があるので、結構欲しい。3階建ての家の隅々まで届くのなら、2階ならよっぽど大丈夫だろう。欲しい。でもちょっと高い。

●ハンモック Sifflus 自立式ポータブルハンモックSFF-01 9800円
●ハンモック クイックキャンプ 自立式折りたたみスタンド付き室内外兼用HM-001 6480円

全く興味がなかったジャンルではあるが、これからの季節、

 いかにも涼しそう。

両者の違いは、組み立てやすさとインテリア性。安定性や寝心地は同評価になっている。
ただ、占有面積、特に長さ2450mmを確保しなければならない点は要注意。つか居間以外無理だし、ぶっちゃけかみさんが許さない可能性も高い。てか、本音を言えば、

 かみさんへのプレゼントとして買いたいと思うのだが、

使わない可能性のが高いのが怖い。ジャマだからな。

あと、僕自身は割と「腹ばい」で寝ることも多いので、その点の相性は悪いかも知れない。

●ハイバックチェア IKEA ポエング 8990円

ロッキングではないが、それっぽい雰囲気のあるイス。価格が1万円以下で、寝ることも出来る快適さと安定感があるらしい。テレビや映画を快適に見る為のツールという感じ。

 つっても現状別段大きな不満はないのだが。

●体温計 ゼガル LERVING赤外線体温計 2999円

直接体に触れずに、わずか1秒で検温出来ると言うフレコミ。ホントかよ!?と思いながらも、10分計との誤差は無し。つか試行回数も気になるトコロではあるけど。

●爪切り 貝印 ニューシステムネイルクリッパー 2700円

大層な名前が付いているが、言っても爪切り。何が違うかと言えば、「力が要らない」「かみ合わせがいい」「断面が綺麗」「ヤスリの性能がいい」など、意外とポイントは多い。個人的には見た目もかっこいい。こういうのプレゼントで貰えると嬉しい。地味で安いけど、実用的だ。

●目覚まし時計 シチズン スーパークリアトーンF 8RZ149-001 3960円

僕自身はほとんど目覚ましに頼らなくても起きられる人間なので、あと小学生の頃から愛用してる今の目覚ましが大好きなので、特に買う予定はないのだが、娘がもし順調に大学に合格し、家を出ることになったら、

 このクソデカイ音が鳴る目覚ましは、いいプレゼントになりそう。

3種類のアラーム音と、108.3デジベルのボリューム。電子音ではあるが聞き慣れない音らしく、結構寝起きに弱い娘にも効きそう。ただ、

 自宅で使うのは勘弁してもらいたい。

隣の部屋で寝ている僕の方が、確実に先に起きてしまう。

●ソーラーバッテリー Anker PowerPortSolar 5999円

安心と信頼のアンカー製。快晴2.5時間で3177mAh。曇りで1992mAhという数字がどれほどものなのかはよくわからないが、一つ持っていると精神的に安心出来る。つまりは、

 安心を買うだけの話。

実際にコレが必要なときには、たぶんきっと間違いなく家から持って出ることはない。キャンプとか泊まりがけの登山とか行く人ならいいのかもだけど、

 だったらリュック一体型のソーラーバッテリーとかのがいいだろうな、と。

●ドローン HolyStone RTF F181C 10620円

このネタを書きたくなったきっかけ二つのウチの一つ。
※もう一つはハンモック

価格的にどのくらいが標準なのかはわからないが、とりあえず、

・専用リモコン※スマホ操舵ではない で操作性◎
・頑丈
・風に対してもそこそこ強い

逆に×なのは、

・カメラが赤みがかってしまう
・30分で充電切れ

個人的にこういうヘリ系のオモチャというのは、

 とにかく壊れやすい

という印象が強い。なので、一番頑丈であるというだけで、価格が高いとかカメラが悪いと言う欠点が埋め合わされる気がする。壊れたら何にもなんないからね。

自治体によっては「ドローン規制法」などがあるところもあるらしいが、200g以下なら適用外らしく、当然この機体も適用外。特に上空から撮りたいものがあるわけでも、そう言うところに住んでいるわけでもないが、

 自分に見えない場所からの視点というのは、ちょっと面白そうだと思う。

お財布との相談ではあるけど、プレゼントにはなかなか好適品だと思う。

ちなみに、

・Syma X5UW Wifi FPV 11200円

こちらは、カメラの性能が前者より良く(前者△に対し○)、頑丈さがやや落ち(前者◎に対し○)、予備のバッテリーが付いている点がとても好印象。予備のバッテリーが付いているということは、単純に倍の駆動時間があるだけでなく、

 明確に折り返し地点が分かる。

まぁ言ってしまえば前者にも別売りバッテリーはあるだろうけどさ。

●ダイエット器具 ショップジャパン ワンダーコアスマート 10789円

正直腹筋するためだけにこの金額を出せるかと言われると、言葉に窮するのだが、ピアノが撤去されてしまった今、「足の支え」にする適切なモノが一切なくなったのも事実。さすがに高三の娘はもう足の上に座ってくれたりはしないだろう。

 痩せる気になったら欲しくなる品

って感じ。大仰じゃないのも悪くない。

●シガレットソケット用充電アダプタ Anker PowerDrive Speed2 1899円

何より価格が安い。出力が1.44Aと、必要十分に高く、クイックチャージ3.0にも対応している。さすがAnker。でも最近そこまで車で移動することがないので、実際はあんま要らない。

------------

前回のAmazonネタの時の物で、実際に買ったのはAnkerの外部バッテリーのみ。ただ、それでも無駄ではなかったわけで、今回もちょっとグラ付いている。特に、

・ルーターは一番生活に影響する
 →でも現状そこまで困ってないと言えば困ってない

・ドローンが一番ワクワク出来る
 →でもすぐ飽きる。間違いない

・ハイバックチェアも満足度が高そう
 →当然死ぬほどジャマになる

・体温計も体温にナーバスな自分向き
 →でも最近割と健康

・・・って感じで、

 結局一番欲しくて現実的なのは「爪切り」って感じに。

で、

 爪切りなら、ま、いっか。

って感じになっちゃうよな~。

| | コメント (0)

2017年6月21日 (水)

つれづれに

思ったことを適当に綴る回。ちなみに今日は2017/6/16。結構暑くなって来た。

●梅雨なのに雨が少ない

水不足がマジで心配になるレベルに雨が少ない。僕は基本風呂嫌いで、かつ便秘で、お茶とか水とかを飲まない人間なので、

 個人の水使用量で言えば、日本の平均より確実に少ないとは思う。

でも使えなくなるのは横並び。まぁ節水時はおしっこ流すのも難しくなるから、やっぱり雨は降って欲しいけど。

●E3

思い出せるタイトルをいくつか。

・モンスターハンターワールド

 プレステ4なのかな?来年の早い段階でリリースされるらしいが、オープンワールドでありつつもフィールドそのものはいつもの2.5倍程度で、「全てのフィールドが地続き」という感じではない模様。てか、

 モンハン4の時にこのくらいの変化があるかと思ったんだけど。

絵はスイッチ版XXより全然綺麗っぽいし、買う可能性は極めて高い。でも面白いかどうかはまた別の話。Wii版トライみたいなことになんなきゃいいけどって感じ。あと、もう少し高画質のトレーラーを用意してくれよって思った。

・マリオオデッセイ10/27

 カービィみたいに敵の能力をコピーしつつ世界を舞台に右往左往する感じ。さほど面白そうには見えないけど、タイミング的に何にも買う物がなかったら買うかも。

・メトロイドリターンズ9/15

今更「2」のリメイクを3DSでやるという。ちなみに「2」はゲームボーイなわけで、あまりと言えばあまりなギャップ。GBAで出たゼロミッション以上にスペック差があるわけで、むしろ「はき違えないか」心配。でもちょっと興味はある。

逆に7/13予定のピクミンには興味が薄れた。価格差があるとは言え、勢いで買うならFF12の方かな、と。自分の中では、3DSはクソハードなんだよな。ボタン全般が。Wiiもそう。WiiUはインターフェイスは良かった。そう言う意味で言えばスイッチの操作系は最近では一番いい。リターンズも3DSじゃなくスイッチで出してくれれば良いのにって思った。アーカイブスとかバーチャルなんとかとかの新作として。

・メトロイドプライム4

スイッチでのリリースが決まっているが、正直Wii版3に裏切られた自分としては、期待したくても出来ないのが本音。どこが作ってるのかも気になるし。

「1」「2」の良さを引き継ぎ、「FPS然とした対戦ツールとしてのメトロイド」要素を完全に消し去ってくれないと、買う気には全くなれない。

Steamには「メトロヴァニア」と呼ばれるジャンルがあるが、当のメトロイドもドラキュラも、今はメトロヴァニアとは別ベクトルの「退化」を遂げてしまった。プライム4にマルチプレイがないことを切に願う。つか、マルチがあってもいいんだが、

 マルチがあるメトロイドは、ひとり用がなおざりになってるのが最悪だ。

もっとも「OtherM」も自分には全く合わなかったから、誰が作ってるかも重要ではあるんだけどさ。チームニンジャも肌に合わないわ。てかムービーとかボイスとかもメトロイドには不要だと思うわ。

・ゼノブレイド2

どこをどうがんばっても「ゼノブレイド」「ゼノブレイドクロス」ほど面白そうに見えないのが悲しい。予算が随分削られちゃったんだな~と感じずには居られない。でもたぶん買う。過去2作を楽しませて貰った者として、そのくらいのお布施は入れなきゃって感じ。スイッチを買った理由のひとつでもあるし。でもやっぱ面白そうには見えない。てか、戦闘シーンとかがほとんどなかったってのと、

 ゼノクロのトレーラーが秀逸過ぎたってのがある。

僕的にゼノブレイドクロスとFF15のトレーラーは、ホント最高だと思う。内容的にも期待を裏切らなかったと思うしね。
※FF15は途中で急ブレーキ掛かっちゃったけど

・FF15VR

何か話が違くねぇか?って感じで「発売する」らしい。FF15がVRに対応するって話はいつの間にかなかったことになってるの?てか僕が知らない間に対応してたりする?つか、

 対応してたとしてもやらない可能性のが高いとも思うけど。

もっとも発売する「FF15VR」も、なんだか「釣りのゲーム」みたいで、「それってどうなの?」って感じだけどさ。つかVRってまだおっかなびっくりって感じで、体調が悪くなるような「リスクをはらむチューン」から逃げてる気がする。実際吐きながらやるのは嫌だけど、

 出さないなら出さないって言えよ、とは思う。

●サマーレッスンの新しい子6/22

アリソンだかアリスンだかの金髪の女の子が「二人目」としてリリースされるという。ぶっちゃけ一人目はさほどピンと来なかったが、こっちの子はなかなかかわいい。

 ちょっと買ってしまおうかという気になったりならなかったり。

VRのタイトルそのものに飢えてるってのもあるし、「長く掛かるゲームが遊びたいわけじゃない」し。まぁ酔うのは勘弁だけど。

ただ、エロゲーの「外人女子」みたいなへんてこなしゃべり方だけはして欲しくないな。「アーリマセーン」とか言うなよって思う。想像したらちょっとゾッとしたわ。

●スリザーリンク

どうしてもDS版が遊びたくなって、家捜しするも見つからなかったのでAMAZONで購入。送料込み480円くらいだったと思う。

始めて見ると、思ってた以上にセーブの時間が長く、正直ちょっともどかしさもあったが、所詮ソレは初期の初期、1分ちょっとでクリア出来るレベルの面の話。難度には、

入門、やさしい、ふつう、むずかしい、、、みたいな4段階あり、かんたんを数問クリアしたあと、一気にむずかしいに挑戦してみた。ちなみに、ピクロスやナンクロだと、高難度の面をクリアするのはほぼ不可能なレベルなのだが、スリザーリンクに関しては昔取った杵柄もあって、

 辛うじてクリア出来た。
※45分くらい掛かったけど

でもホント当時も今も「時間泥棒」な感じは強烈で、スマホの充電の為に始めたが、

 あっという間に100%まで回復。

正確には「あっという間ではない」のだが、ともかく「暇つぶし」という意味で言えば、これほど強力なツールは後にも先にもないだろうなってくらい最適なゲームだ。

スマホにもフリーソフト「スリザーパズル」として出ているが、どうしてもタッチペンでの操作は、DSの十字キーと4ボタンを使ったインターフェイスには勝てない。というか、

 操作ミスがイライラするからDS版がまたやりたくなったのだ。
※まぁ3DSで遊んだから、DSほどプレイアビリティは高く無かったけど

昔あった「スリザー」というパズルをニコリがブラッシュアップしたのがスリザーリンク。いくつかある定理を覚えればより難度の高い面もクリアしやすくはなるが、順番にやっていけば自然と身につくように作られてもいる。
※特にDS版のチュートリアルはわかりやすく、スマホ版のように突き放した感じはない。

DSソフトなので当然3DSでも遊ぶことは出来るし、価格も500円程度なので、ピクロスのようなペンシルパズル系に抵抗がなければ、★★★☆クラスでオススメしたい傑作だ。

●ハウスオブカード 1stシーズンvol2~6

エクスヴィアスの経験値稼ぎの友として借りてきた。で、ほぼ一気に全部見たが、

 もうお腹いっぱい。

シリーズは現在4thシーズンくらいまで続いているが、何つか、

 主人公フランクがどんどん悪くなっていって、最後には「因果応報」というオチになりそうなのが、どうにも嫌。

僕は悪いヤツが出てきても全然平気なのだけど、悪いなら悪いでそれを貫いて「勝ち続けて欲しい」。今回のvol4辺りで派手に負けて、
※ある意味甘かったわけだけど
そこまでのテンションが一気に失速。開始時に自分が楽しんでいた方向性とかなり変わって来ちゃったな、と。

海外ドラマは、視聴者のリアクション次第でどうとでも展開を変える柔軟性を持っているという認識があるので、もしかしたら今後大きく方向転換してまた「悪が勝つ」ようになるのかも知れないけど、現時点では、

 落ちていくところしか想像出来ない

感じなんだよな。vol1は7点くらいあったけど、そっから先は★★くらいになっちゃったな。残念。

●陸海空こんな時間に世界征服するなんて

 テレビ朝日系火曜夜11時45分からやってるバラエティ番組。伊集院がラジオで紹介していて、何となく録画して見てみたら、

 なかなか面白い。てか前回はスゲェ面白かった。

友寄ディレクターという番組ディレクターが、現地の住民に騙されて体中に塗った美容液が、実は「イレズミするときに使う染料」で、2時間後彼の姿は、黒人よりも黒い、

 ナスのような見た目に。

以来彼の呼び名は「ナスD」となり、ツイッター連動のコメントも、彼への応援コメントが大半を占めることになった。本来メインであるはずのU字工事の出番は少なく、
※しょうがないナスDが面白過ぎるんだもの
正直ちょっと哀れなほどだが、

 番組が面白ければ問題はない。

てか、ホントに日本に帰ってくることが出来るのか!?とも思うが、もし一生「ナスのまま」だったとしても、彼にはずっと仕事があるだろうな、と思った。てか、

 もし東京とかに住んでたら、帰国の時出迎えに行きたいくらい。

握手してもらいたい。そのあとで自分の手を見たりしたい。

来る7月2日には、ゴールデンタイムでスペシャルが放送予定なので、ぜひみんなも見よう!アマゾンの原住民とのふれ合いメインの展開なので、清潔感に乏しく女性向けの番組とは言い難いが、野郎が見る分には最高の「お笑いドキュメンタリー」だ。

前回放送は「ナスD気絶スペシャル」で、クリス評価は★★★☆。いつも彼に付きっきりってわけじゃないみたいだけどさ。

●AMAZONで買って良かった物

人に勧めるというのは難しい。相手の趣味嗜好が自分に近いかどうかは、つきあいの深さだけでは語れない部分がある。僕みたいに歯に衣着せずに否定的感想を口にすると、大抵の場合は周りから人が居なくなっていく。

それでもオススメしたいものはある。というかそう大したモノではない。てか以前もここで紹介しているが、あえてもう一度紹介する。

 ANKERのUSBケーブルがスゲェオススメ。

アンカーとは、充電池とかACアダプターとかを作ってるメーカーで、以前紹介した「AMAZON五つ星はコレだ!」的雑誌でも、ACアダプターがランクインしていた。

紹介するUSBケーブルは「USBケーブルだけ」なので、ACアダプターとして使うには、そっちも必要になる。外部バッテリーとして使うにも、「本体」が必要になる。

 てか、USBってホントクソな規格だと思う。

全世界レベルで、PCのUSBが全て完全に機能する人ってどのくらいいるんだろうって思う。少なくとも「頻繁に抜き差しする用途」で使って、今でも最初と同じように安定して使い続けられるソケット及びケーブルはそれほど多くない。

ぶっちゃけこのアンカーのケーブルも、つい先日新品をさらに追加購入し、使ってみた際、「以前のヤツ」が「緩くなってきた」ことを実感した。が、

 緩くてちょうどいいレベル。

新品の状態だと、「挿すのが不安になるほど」固い。でも最終的に緩くて接触不良になるより全然マシ。ケーブルそのものも太くて頼りがいがある。つかもうちょっと(高くても)長いヤツ買えばよかったって思う。

最大の欠点は、「ケーブルを入れるカバー」が付属していること。いらねぇから安くしてって感じ。

地味な利点としては、端子の裏表がわかりやすい
※片側に金属のデザインが入ってる
ことも上げられる。

クリス評価★★★★。「これはいいものだ」。

●ドウシシャのかき氷機を、、、

広告社の担当が「くれた」。いきなりくれた。ちなみに「広告社」とは、僕の店のチラシを作ってくれている広告社で、別段ドウシシャとは何の繋がりもない。近所の家電量販店の知り合いが勧めてくれたので勢いで買ってきたのだという。

以前僕がかき氷にはまってるって話は確かにしたが、

 まだ前のヤツが壊れてない上に、既にこちらのブームは去っている。

スゲェ断ったが、他にあげる相手を探すのが面倒らしく、置いてかれてしまった。気を遣ってありがとうと言いながらもらったりするのが「大人の対応」だとは思うが、僕はそう言うところ面倒な人間なのである。ただ、せっかく貰ったからには作って食べさせなければイケナイ。

 ちょっと面倒。

でもこないだ娘の友達が来た時も「スゲェ食いたい!」って言いまくってたし、久々に重い腰を上げて準備しようかなぁどうしようかなぁって感じだ。

ちなみに担当は30歳手前くらいの仕事が出来まくる女性で、未婚だが彼氏は居る。てか彼に作ってもらえって言っても、いろいろ説明するのが面倒って感じだった。

--------------

ネタ不足なんだから二つに分けりゃいいのにな。

| | コメント (0)

2017年6月19日 (月)

つれづれに

ハウスオブカードの続きを借りに行ったら、1stシーズンが全て貸し出し中でガックリ。だったら、と友人が勧めてくれた「ゲームオブスローンズ」でも借りて見るか、と探したら、

 こっちも1stシーズンが全て貸し出し中

ゲンナリ。まぁそう言う時もある。

DVDは割と頻繁に借りに行くが、新作は4本まとまらないと損した気がする。今だと、

・ドクターストレンジ
・キングコング
・トリプルX再起動

この辺りがターゲットだったが、ドクターストレンジ以外は見あたらず。まだレンタル開始になってなかったのかな。

nori君が「ピーケイ」ってのがイイって言ってたけど、スッカリ忘れてたな。

●3Dブルーレイ

せっかくだから何か1本くらい買ってVRで見てもいいかなぁと思うのだけど、意外と候補が定まらず。アバターは手堅いがさすがにそこまで面白いもんでもないし、ジュラシックワールドや前述のキングコング、パシフィックリムなんかもオススメされてたけど、そこまでピンと来ない。そんな中、これは面白そう、買ってみようかなと思ったのが、

 3D ザ・ベスト

つまりは「3D映像のデモディスク」みたいな物らしいが、ならばきっと「立体感」に関しては間違いないだろうと。ただ同時に、

 PS4Proとかじゃないとしょぼいんだろうか・・・

という懸案もあり、二の足を踏んでしまった感じ。価格的には2500円くらいで、そこまで高くないんだけど、本音を言えば、

 「3DではなくVRで」同じような作品だったらよかったのに、って思ってしまうんだよな。

●モンハンXX

長男が「始めた」とフレンドコメに書いていたが、友人Tからの連絡で、

 スイッチでも出るらしい、と。

発売日は8月25日。ドラクエ11の約1ヶ月後で、前作「X」からのデータ移行も出来るという。昔なら移行せずに始めていたが、今は移行してもいいかなと思う。そこまで気負ってやらないだろうし。

とりあえず価格は5800円+税くらいで、廉価版ってことはないが、今の勢いだと買う可能性が極めて高い。3DS版とも同時プレイ出来るらしいので、もし買ったら連絡するかもしれない>長男。

つか、ホント言うと3DS版と「同時プレイ出来て欲しくなかった」。結局いろんな部分、マップ構造とか大きさとか読み込み速度とかを「足並み併せないと」いけなくなるので、せっかくスペックが大幅に上なスイッチで出しても、

 中身は3DS版

ってことになりかねない。もちろん出すからには儲けなきゃいけないのもわかるし、現状スイッチにそこまでの力がないのもわかるのだけど、

 いい加減フルスペックのモンハンを出せよ、と言いたくはなる。

たとえ価格が9800円とかになってもいいから。てかそれこそ「ホライゾンゼロドーン」レベルのグラフィックでモンハンを遊ばせてくれよって思うんだよな。

モンハンXX購入の可能性、70%。

●7月13日

モンハンは8/25。ドラクエは7/29。そして7/13は、

 FF12とピクミン3DSの発売日。

問題はドラクエまで16日しかインターバルがないのに、「買うのか」って話。お財布との兼ね合いもある。

 でもちょっとFF12は見てみたい気もする。

ただ、基本はHDリマスターで、多少なりバランス変更や追加要素はあるものの、「リメイク」というわけではない。買ったらきっと脇目もふらずに経験値を稼ぎ、ワイルドザウルスを倒し、バーニングボウを取る為に苦行とも言えるマラソンを繰り返すに違いない。

 そして、手に入れたらもう止めちゃう気がする。

それだけのために「買うのか」。

 ・・・ちょっとそれでもいいかと思う自分が居たりもする。

あのオープニングは本当に大好きだったから、あれが綺麗になるだけでもちょっと見てみたい気もするし、今更クリア出来る出来ないは大きなことじゃない。要は価格分楽しめるかどうか。

 そう言う意味ではホライゾンゼロドーンは、ちょっと微妙だった。

てか悪くはなかったと思うのだけど、途中でこれが「いわゆるオープンワールドじゃない」ことに気付いちゃったのがマズかったんだよな。

 最初からどういうゲームかわかっていれば、FF12も楽しめるかも知れない。

思案中。購入の可能性は28%。

●購入の可能性が高い新作タイトル

・ボーダーランズ3 いつ出るんだよ!かれこれアナウンスされてから1年以上経ってるけど・・・。

・地球防衛軍5 絶対買う。てかそこまで先じゃないと思うんだけど、、、もう出てたりする?

・テラリア2&アザーワールド 音沙汰無し。ホントに出るのか?

・みなとカーニバルFD ファンディスク。辻堂さんのアナザーエピソードが入ってるってだけで凄く欲しいが、ボリュームはなさそう。発売日はモンハンXXと同じ。

以上。

XBOXONEのスケイルバウンドも音沙汰無し。てかぶっちゃけONE買うくらいなら新PCを買って、Steamでリリースされるのを待つというのも手。まぁ出ない可能性も高いけど。

てか、実を言うと今一番遊びたいのは、「エスケープゴート」のようなアクションパズル。てか新作のアナウンスでもないかと検索しようにも、

 「スケープゴート」しかヒットしない。

ちげぇよ。別に続編である必要はないんだけど、難しすぎても簡単過ぎてもダメという点で、実は凄くハードルが高い。「エスケープゴートくらい」がいいんだよな。てか忘れてるから1でも2でもやりゃいいって話なんだけどさ。

●太りすぎ

マジでメタボ。ヤバイ。でもきっかけがない。一気に15kgくらい痩せたいんだけど、きっかけがない。ちなみに、

◎痩せるメリット

・体が軽くなる
・腸が強くなって下痢しづらくなる
 →炭酸やアイスを食べられるようになる
・昔のズボンが履ける
・自分で自分が見苦しくない
・健康上意味がある

◎痩せるデメリット

・食べ物を制限するのが面倒かつツライ
・朝晩腕立てと腹筋やんなきゃならないのがツライ
 →特に腹筋はピアノが無くなったので足を支えるものがなくなってホント面倒
・パートさんが恵んでくれるお菓子とか総菜が食えない
・飲み物が著しく制限される。てか無いかも?
・買い置きしてるお菓子やジュースが無駄になる
・死んじゃうかも※重要

うーむ。でもマジでヤバイ感じなんだよな~。どうしようか。

●大きな買い物がしたいかも

「かも」なので、とりあえず書いておくだけ。ちなみに手持ちは16万くらいだけど、当たり前の話使ったらなくなっちゃうし、来年の今頃は新しいスマホが欲しくなるのがわかってるので、そこまで派手には使えない。ドラクエとかモンハンもあるし。

・新パソコン

 いい加減64ビットのゲームが普通に動くPCが「あってもいい」気がする。新ハードを買うようなものなわけだし、ビッグタイトルとエクスヴィアス以外の「普通のゲーム」から距離を取りすぎてる気がする。予算があるわけじゃないけど11万くらいのが欲しい。今使ってるPCから使えるパーツがあればいいけど、、、。

・テレビ

 42インチくらいで4Kのテレビが欲しいと言えば欲しい。でも別にいらんと言えばイラン。高いだろうけど、ちょっと欲しい。そろそろ今のテレビが壊れてもおかしくない頃だし。SONYだし。

・サブテレビ

 マウントと一緒に買って、ダブルモニターにしたい。だから何をするってわけじゃないんだけど、あればあったで生活が絶対豊かになる。結構欲しい。

・PS4PRO

 いくらなのかもわからないけど、VRや3Dブルーレイが綺麗に見られる可能性があるなら、ちょっと欲しい。てか、先にテレビだろって気もしないでもないけど、

 4Kの映像を僕はまだ一度も見たことがないんだよね。

だからそれに憧れる、みたいな。つっても正味の話4Kでまともに遊べる&効果を実感出来るコンテンツにもお金は掛かるわけで、「時期尚早」って気もしないでもない。

・・・

でもこれらを考えてみると、やっぱスイッチやVRを買ったのは正解だったなって思う。安かったとは言わないけど、「コストに見合う楽しさ」が享受出来たな、と。PS4PROとかだとそれは無さそうなんだよな。まだ4Kテレビの方が意味がありそうだけど、、どっちにしてもこれらはどれもリンクしてるんだよな。1つ買っただけじゃダメ、みたいな。まぁ壊れてからでも遅くないって気もするけど・・・。

| | コメント (2)

2017年6月15日 (木)

人生の無駄とビデオ

無担保無計画で書き始める。思い立ったのは、

 嫌いなシーンを飛ばすことと、好きなシーンを繰り返し見ること。そして、再生する動画について何か書けそうだな、と思ったから。

歳を取っていろんなことをすぐ忘れるようになった。ホント自分でもビックリするくらいすぐに、ほんの1秒前に思い浮かんだことでも、今思い出せないなんてザラにある。言葉にすると少し怖いことのように思えるかも知れないが、実際そう言う「ひらめき」は、そう大したことでない場合が多い。仕事や今まさに遊んでいるゲームなんかに関しては、それほど忘れたりはしない。重要でない事象を忘れる事に対して「甘い」のだと思う。

ともかく、「書こう」と思っても、実際にそれについて「書ける」ことは実はまれだ。今思い立ったのは、「まさに今」のことだから、忘れずに書き始めることが出来たが、仕事中、車を運転しながら、夢の中で、、、

 大抵の場合はメモを取ることもままならない状況下で「ひらめき」は訪れる。

というか、メモを取ることが出来たとしても、

 そのメモを読み返して、「メモの意図」を思い出せるとは限らない。

所詮ひらめきとはその程度のディティールでしかないのだ。

ただ、時折そんな中でも「これに関しては掘り下げたい」と思うこともある。そう言う時は、書いたメモを声に出して読んだり、どうしてもの場合は、音声として録音したりもしていた。まぁ音声メモは、

 形として目に見えないので、「録音したことを忘れてしまい」、聞き直したことがなかったので、結局今は使ってない。つかたまたま聞いてみたところで、「何を言ってるんだコイツは」ってなることが大半だったし。

話を戻す。

僕は最近特にストレスの感じることを避けるようになってきた。とどのつまり映画やマンガの摂取中に「イラっとした」り、「以前読んで面白くなかった」りしたところを、サクッと飛ばす。そのくせもう一方では、

 見終わった直後に巻き戻して、お気に入りのシーンを数回立て続けにリピートしたりする。

最近では「ドラゴン・タトゥーの女」でダニエル・クレイグがビンを拾うシーン。これなんかは、既に10回以上見直したりしている。そして見る度に、

 うーむ何度見てもカッコエエ!

と思う。いつかは飽きる日も来るのだろうが、割と耐久力が高い。そしてそのまま見ていると、一回目二回目に気付かなかったことに気付けたりする。それは物語の中で意味を持つ伏線であることもあるし、単に僕の思い込みだけのこともきっとあると思うが、

 イメージが広がる感じは嫌いじゃない。

以前ラブコメのエピローグを妄想で綴ったことがあったが、自分が好きな展開があるのなら、それを言葉にするのはとても意味がある。誰しも好きなマンガや映画、小説があると思うが、そうした好きな物語を、自分で量産、自給自足出来れば、それに越したことはない。

というか、手前味噌ではあるが、拙ブログもまた、(常時ではないものの)自分で読み返してニヤリと出来る時がある。概ね「▲」が付いているときがそうなのだが、それがもっと強烈に、もっと高濃度で、映画や漫画のシーンを膨らませる形で創造出来たら楽しいだろうなぁと思う。ドラゴン・タトゥーの女でも、ラストシーンで「失恋」するリスベットだが、あのあと何らかの流れで再びミカエルと出会い、今度は本当に彼の心を射止めることが出来るかも知れない。今の僕の力ではその「つじつま」を構築出来ないが、もし出来たら楽しいだろうなぁと思う。そして、

 そう言うイメージの積み重ねってのは、やっぱり「繰り返し見る好きなシーン」がバックボーンとしてあるんだろうなぁと思う。

たぶんきっとハリウッドやピクサーにはそう言う「お約束のトリガー」がいっぱい共有財産として蓄積されていて、その中のサービスに関するセクションを具現化したのが「ディズニーランド」だったりするのだろうなぁと思う。これは、僕が以前マリオメーカーで面を作っているときに意識したことに似ている。

 自分が楽しい、面白いと感じることを折り込み、自分がストレスに感じること、面白くない側面をどんどんそぎ落としていく。

 「面白いだけにする」。

人によっては、一枚のアルバムの中に「捨て曲」があっていいと言う人も居るかも知れない。全部が全部名曲名盤大当たりばかりでは、「疲れてしまう」「逆に良さが薄れてしまう」と。

 僕はそうは思わない。

面白いばかり、楽しいばかりで紡がれている物は、やはり濃度が濃く、テンポが良い。その時間はやっぱり無駄とは対局にあると思うし、歳を取れば取るほど、そう言う「純度の高さ」に牽かれるようになる気がする。ベストアルバムとか、

 人によっては「このことか」と思うかも知れないが、

僕に言わせれば、

 「前奏と後奏」歌のない部分すらも全てカットし、曲間の無音部分さえも「0」でイイとさえ思う。

物語性の希薄な曲であれば、「1番」だけでいいと思うし、「ニコニコ組曲」なんかは、歌ではないけど特徴的なフレーズを濃密に無駄なく連ねた物として受け入れられたと思うんだよね。

 まぁアレが歳寄り向けとは言い難いけど。

歌と違って映画はそう言うところの垣根がまだまだ高いというか、著作権に関しては、「今でもまだ過渡期」だと思う。

今DTVで見ることが出来る映画がいっぱいあるけど、あれを「いつの映画」なのか意識して見てる人はそれほど多く無いと思う。中には、

 僕らが子供の頃の作品だって、僕らが生まれる前の作品だってあるのに、

それを無意識で楽しめる「若い世代」は絶対に居る。

 クラシックがそうであるように、映画とかも古い作品は著作権がフリーになったりする未来が来る気がする。でもって、その映像クオリティも、後の世であればまるで今作ったばかりのようなハイレゾに変換アップコンバート出来るようになる可能性も無くはないと思う。

「昔の映画を見ることが出来る」こと自体は、DVDの前のビデオレンタルでも十分に実現していた。しかし、

 「昔の映画だと意識せずに見ることが出来る」ようになったのは、それほど古くはないと思う。

てか、僕の家にビデオデッキが来たのは、僕が中学生の頃だけど、そこから市販のビデオをレンタルするショップが出てきても、「僕が生まれる前のドラマとかがレンタルされるようになったりはしなかった」。

 今だと結構前のドラマとかも動画で見ることが出来るよね。それこそ10年どころか20年前のドラマですらも。

僕がハタチの頃、生まれたばかりの頃のドラマなんて絶対見ることが出来なかったし、映画で言っても高校時代に自分が小学生の頃見たアニメや映画を再び見ることが出来る様になるなんて、、、それこそ極一部の人気作品くらいのもんだった。

 でも今はかなりマイナーなところまでその「小学生時代の映画やアニメ」すら見ることが出来たるする。

一つ一つのコンテンツの重みが軽くなったのは、「価値」だけでなく「取り扱い」もなんだな、と。

 これがどんどん加速していけば、いつか「面白く楽しいシーンばかりを繋げた動画」が、自分の嗜好に即した形で視聴可能になる未来が来る気がする。

「固い食べ物は悪だから」とビートたけしが言ったとき、僕は凄く納得した。「甘いは美味いだから」ってのもそう。言葉にする前は気づけなかったことが、言葉にしたことで現実になる。リアリティを「手にする」。

ストレスなんて不要なんだよ。無駄なものは無駄なんだ。全てのコンテンツはもっと密度を上げていくべきなんだ。てか、

 店員がゆっくりしゃべってるだけでイライラしたりする。

だから僕がお客様に接客するときは、基本早口。そして、

 より多くの情報を大量に、そして丁寧に投下することを心がける。

全て残る必要は無い。重要なのは、お客様が最後に笑顔になってくれるかどうか。少なくとも無駄とストレスで僕は笑顔になったりはしない。

| | コメント (0)

2017年6月 6日 (火)

つぶやき

●マウスほか

自店で仕事に使ってたマウスが、どうも「うるさい」。クリック音が耳障りというか、クリックしたときに「プラスチックが軋むような」、「キュイッ」って音が鳴るようになり、仕事の真っ最中なのに、

 外に放り投げたくなった

が、それだとそこで仕事が頓挫してしまうので、ガマンして使用。で、これと平行して「ささやかなマシントラブル」が他にも併発してることに気付いた。

自宅のマウスも、自店とは全く違う「真ん中のスクロールボタンがイマイチ動作不安定」。最近はあまりマウスをフルに使うゲームで遊んでなかったというのもあるし、そもそもマウスのスクロールボタンをフルに使わせるゲームも少ない。ちなみにこっちはワイヤレスだったので電池も交換してみたが、やっぱりダメ。普通に使う分には「ちょっと面倒」なだけだけど、その「ちょっと面倒」は改善の余地がなく、コスト的に1000円ちょっとで是正出来るなら、まぁ買ってもいいだろうと。

ただ一応「僕との相性」ってのもあるから、まずは一台。それがよかったらもう一台買おうかな、というところ。

また、寝室のスマホ用ACアダプター、その端子も不安定に。差してるのに充電したりしなかったりで、ちょっとした振動で外れちゃったりがどんどんひどくなってきた。なので、メインで使ってるPC部屋の「USBケーブルだけ」を注文することにした。

ANKERというメーカーの「高耐久ケーブル」。アマゾン価格1099円は決して安くないが、
※それも50cmくらいしかない短さだし

 すこぶる調子がよい。

一年近く使っているが、まだそこまでユルユルになってるわけじゃないし、ケーブル自体太くてめちゃ頼りがいがある。USB端子ってのは、規格がユニバーサル=一般的であるが故に、ダメなものはとことん作りがダメだったりするので、基本あんま好きじゃないのだけど、

 そうも言ってられないからな。

てか、ゲーム機とかも本音は専用ケーブルにして欲しい。初代DSのACアダプターとかめちゃめちゃ抜き差ししてたけど、全然へたらなかったしな。細くて小さければイイってモンでもないだろ、と。

で、

それぞれ届いたのだけど、まず一点ビックリ。

 寝室のUSBケーブル、ぶっちゃけアダプターとセットになっててケーブルだけ差し替えできないヤツだった!

まぁACアダプターの方も買うだけの話か。つか今度は「クイックチャージ3.0」ってやつにしようと思った。2.0でも大概早いけど、スマホの対応が逆行することもないだろうし。

マウスの方は、

 仕事場で使う際、「キーボードの左側に置いて右手で使う」というイレギュラーな使い方をしてるため、

 親指が当たるところの「彫り」が深すぎて、ちょっぴり違和感

たぶん普通に右側に置いて右手で使う場合、あと頻繁に持ち上げて使う場合は、この彫りの深さがいいんだろうな、と。

一番気になっていた「音」に関しては、さすが静音を謳ってるだけあって超静か。

 ぶっちゃけ静かすぎて押してることに気付かないレベル

だけど、これはまぁ慣れるだろうと。スクロールボタンの押し込みも静かだし、スクロール自体とても軽くて僕好み。さすが価格ドットコムでそれなりの評価を得てただけあるな、と。ちなみに型番は、

 バッファロー BSMBW300MBK

ってヤツ。てか「マウスと言えばマイクロソフト」って時代は、随分前に過去のものになってたんだな~。

●マンガ

久々読み返した甘い生活が面白かったのだけど、最新刊がついに今月発売される。

 実に一年と数ヶ月ぶり!

てか連載が続いてるのかどうかもわからないけど、そろそろ終わりが近そうな手触りもあったし、、、どうなんだろ。終わって欲しくないけど、まぁ物事には終わりがあるからな。

おじょじょじょの最新刊は来月。てか片手で数えられるくらいしか定期購読してるマンガがないのに、ホント切ない。まぁ甘い生活は終わってるかどうかわからないんだけど。てかもし本当に終わってたらこんなに新刊出すのが遅くはならないか。

●小梅ちゃん

直径1cm弱の球形をした「飴」が元祖「小梅」。「ちゃんづけ」するのは、当時のCMで「小梅ちゃ~ん」って決めゼリフが印象深かったため。パッケージには一言も「ちゃん」なんて書いてない。

しばらく前にそんな小梅ちゃんの「ソフトキャンディ」を紹介したが、このたびさらにラインナップが増えていたのでこれまた軽く紹介する。

・ラムネタブレット

 結構お値段が高い「シュワシュワするラムネ」。ラムネ好きの僕的には、「小梅感」が薄く、シュワシュワが新鮮ではあるものの、特に美味しい感じではない。「ジューCいろどりラムネ」の方がずっと美味しい。

・グミ

 表面にすっぱいパウダーがまぶしてあるグミ。見た目が梅の花みたいでちょっとかわいいが、お菓子にかわいさを求めてない僕には、

 シゲキックス梅味、ただしやわらかい

そんな感じ。

・アイスキャンディ

 これは僕が買ったわけではなく、家の冷凍庫に入ってたのをこっそり食べてしまったのだけど、、、

 スゲェ美味い、、、は言い過ぎにしても、超僕好み。

たとえて言うなら、

 これ以上美味しいアイスキャンディは、パッと思い浮かばないレベル。

ただし、僕は基本下痢腹なので、そうそう頻繁にアイスは食べない。年に数本程度の中のトップなので、過信は禁物というところ。

お値段がいくらくらいなのかわからないけど、見かけたら必ず買いたくなるレベルだったな。

ちなみにどんななのかというと、「酸っぱいクリーム系」の中に「2列梅ジャム」が通っていて、表面がコーティングされてる感じ。クリームと言うと甘い感じがするかもしれないけど、要は「氷菓ではなくアイス系」って言いたかっただけ。

てか、探せば「小梅ドリンク」とか「小梅チョコ」「小梅カール」「小梅バターロール」とかも出てきそうだけど、今のところ僕が知ってるのはこれだけかな。あ、ソフトキャンディもまた買ったけど、

 ちょっと飽きてたわ。美味しいけども。

●女子高生が、、、

つか娘の友達だが、普通に気さくな感じで二人遊びに来ていて、仮に名前は「君の瞳に五里霧中」とでもしようか。もう一人は「チャイコフスキー」としよう。どちらも巧みに本名を隠しているが、江戸川さんとこのボンクラ息子でもない限り、バレる心配はあるまい。

で、日中「もし泊まりならVRやらせるのになぁ」なんてことを言って仕事に戻ったら、まんまと帰宅しても居た。

 「そこまでVRがやりたかったのかよ!?」

何とビックリマジでそうだった。大急ぎでもないペースで晩飯を食い、、、ちなみに餃子だったが、餃子を五十手前のオッサンが食うと、

 むしろニンニク臭い方が加齢臭臭いより許せるかな、

と思ってしまったりするのだ。まぁいいが。てか、あんま臭いとかウザイとか言わないいい子たちだったけど。てか、一度も言わないだけで心の中では、

 餃子+加齢臭、、、地獄かよ、、、

って思っていたに違いないが。

相変わらずのアップデートを終えてプレイスタート。チャイ子の方が先にサメのヤツをやり、

 スンゲェキョロキョロしまくり。

挙動不審かよ!って感じだが、何を言っても聞こえないらしく、

 チャイ子のウンコたれ!

シカトである。てか、これは聞こえてないのではなく、

 聞こえてないフリがしたくなるようなくだらないことを言うなクソオヤジ

という無言の抗議だったのかも知れない。ああ今時の女子高生マジこえぇわ。

 真実はいつもひとつふたつみっつ!!

いくつだかわからないが。

だが、結果としてとても楽しかったそうで、ギャラリー的にもまぁまぁだった。てかこれは僕がオッサンで、プレイヤーが女子高生だから言うわけではない「わけではない」が、

 隣に座ってた方がいきなりこっち振り向いたりして楽しそうだな、とは思った。

相手には僕が見えてない、が僕には相手が見えている。別段覗いてるわけでもなければ、僕が座ってることも相手は知っているのだけど、それでも見えてない。

 微妙な背徳感を「感じようとすれば感じられなくもないな」と。

創造力豊かな中年紳士なのだ。もちろん紳士なのはウソだ。

バトンタッチして五里霧中子。まさかこの子の本名が「ゴリさん」だとは誰も思うまい。まぁよい。てか世の中にはマジで「ゴリ」という人が居るのだ。みんなは知らなかっただろうけど。でもって僕もあんまよく知らないけど。

リュージュをプレイ。

 「スゲェスゲェスゲェスゲェスゲェスゲェ、ワッ、スゲェスゲェスゲェスゲェ、、ウワッスゲェスゲェ・・・」

 うるせぇよ!でも愉快(^^。

プレイヤーの見本のようなリアクションで娘とチャイ子共々大爆笑!

 これなんだよな~僕がVRを買ってよかったって思う瞬間は。

別にこれは女子高生に限った話ではないが、やっぱり遊んでる人が楽しんでるところを見ることが出来るってのは「デカい」な、と。あと単純に「楽しんでる人を見て楽しんでる人」を見るのも楽しいな、と。

安い買い物じゃなかったけど、マジでプライスレスの楽しさを提供してくれるアイテムだなぁって思った。てか、

 いい加減もうちょっと遊べるゲームが出てもイイ頃だとは思うけどな。

それこそ「ビルの間に張ったロープを渡る」とか「ジェットコースター」とか「崖にある10cmの足場を移動」とか高さや空間を活かしたショートデモみたいなのの詰め合わせで十分だから。

 メイドインワリオみたいなのでいいんだから。

その上で値段が安く作れないってんなら、フルプライスでもいいから欲しい。このVRワールドだって全然買って後悔してないからな。

あとは適当にボール打ち合うヤツとかやって終了。端から見てるのとやるのとでは大違いだよね~なんて話をゴリさんと出来て僕も幸せ。彼女のルックスがスカーレット・ヨハンソンみたいだったらもっと盛り上がったのに、、、とは思いませんよ?

| | コメント (0)

より以前の記事一覧