日記・コラム・つぶやき

2019年12月12日 (木)

知らない世界の話

僕が知らないことは多い。僕が知らないことを知るのは、概ね楽しい。でも、僕が知らないだけで、知ってる人からしたら「そんなことも知らなかったの?」と言う話は、それを僕がしたとしても何も楽しいことはないだろう。

でもだがしかし、僕にとって楽しいことを綴るのがこのブログである以上、書かないわけには行かない。ただ、その話をしてくれた人曰く、「特定されるのは嫌だ」というので、上手く適当なことを織り交ぜつつ、、、

 適当なウソを織り交ぜつつ、

それとなく書いておきたい。てか、特定しようとすればどんな情報からでも特定出来てしまう世の中であり、本人が特定されたくないというのに書くのは僕のポリシーに反するので、

 実際に聞いた「僕の知らないこと」については、何もここで書けることがない。

例えば、、、

・キャビンアテンダントをしてる友人が、今日凄く有名な芸能人に会ってテンションが上がった

とか、

・東京で居酒屋をやってる友人が、宝くじで8桁当てた

とか、

・アイドルをやってる娘の友人が、写真週刊誌に恋人と居るところを撮られた

とか、

 ありもしない適当なウソを書くことは出来る。

でもだがしかし、それでは自分があとから読み返しても意味がわからない。なので、ポイントになるところをスルーしつつ、今日聞いた競馬の話をする。

僕は競馬をやったことがない。これはもちろん「競走馬にまたがってレースをしたことがない」と言う意味ではない。馬券を買って悲喜こもごものレースを鑑賞したことがないと言う意味だ。もちろんゲーセンのダービーゲームの経験はあるが、そう言う話ではもちろん無い。

やったことがないので興味もなく、世間でダービースタリオンが大流行だった頃も、全然ピンと来ず、手も出さなかった。血統とか言われても何の事やらなのだ。

生前ウチの親父は生粋のギャンブラーだったが、それでもやってたのは主に競輪と競艇で、競馬を楽しんでたと言う記憶はない。友達の親に競艇選手は居たけどジョッキーは居なかったし、てかその選手の話も詳しく聞いたことはないけど。

 競走馬って儲かるの?話を聞いた

もし、G1で何勝もしまくってる超強い超有名なオスの馬の場合は、レースで勝てば賞金が貰える。それはジョッキーだけでなく、馬主とか、もしかしたら育ての親とかにも貰えるのかも知れない。でも、ホントに凄い馬の場合は、

 その「種付け」だけでも相当儲かるらしい。

種付けとは、ぶっちゃけ馬にセックスをさせること。今の競馬業界には、人工授精というのは禁止されてるらしいので、例えば「日本一凄い競走馬が、仮に世界一でもある」ような場合だと、競馬のある世界中の国から、メス馬を連れて馬主さんがやってきて、

 ウチの娘とセックスさせてくれ!

と言いに来るらしい。で、その上限は1日「3発」までと決められているらしく、その時にもし受胎しなかったら、お金は頂きません、と。でも受胎したら、

 4500万円也~

は!?え!?一発4500万円!?

受胎しなかったらするまで「居残りセックス」らしいが、年間で300頭くらい受胎させるらしく、さらにそれが10年とか20年とか続くらしい。

 15年×300頭×4500万円=2025億円也~!!

もちろん1回の料金が4500万円というのは、「特別高い馬の特別高いレート」であり、実際は当然タダで受胎させるケースもあるし、それが毎年300頭、10年以上続くわけでもないのだけど、

 1億とか2億とか、そんなレベルじゃないことに驚愕した。

「2000億円」。低く見ても数百億も、「競走馬人生を終えた馬」が稼ぐのか、と。

 知らんかったわ。

競走馬の一生は20年とか25年とか?勝てるのは4~6歳くらいの間らしいので、仮に20歳で天寿だとして、人間を80歳とした場合、16~24歳くらいが競走馬人生で、そのあと65歳くらいまで、

 毎日毎日セックス漬けの日々。それも1日3回。

果たしてそれが幸せなのかどうかは本人に訊いてみないことには、って感じだけど、いやはや、

 そりゃぁロマンがある話だなぁと。

4500万円で受胎、、、ちなみにその時のメス馬、かっこつけて言うと牝馬(ひんば)にも馬主は居るみたいだけど、とりあえず1歳までは牧場で育てて、競りに掛けたりするらしい。

 で、6000万円とかで落札されたりするらしい。

1年間面倒見て、1500万円の儲け。

うーむ。それがお得なのかどうなのかが全然わからない・・・。だって全ての仔馬が無事1歳を迎えられるわけはないだろうし、ちゃんと立って歩けるようになったからって、

 ただ走れるだけじゃ商品価値はない。当たり前だけど「速く走れないと」。

もちろん大きなレースで勝てば、そんなお金はすぐに元が取れるらしいけど、

 「ギャンブル」なのは、馬券を買うオッサンだけじゃなく、馬主も、それに携わる牧場の人とかもなんだな~って。

てか、例えばフランスから日本まで馬を連れてくるってのも、相当なお金が掛かりそう。
 調べたら、1000万~2000万だってさ。

あまりにザックリ過ぎて(^^;、正直全然ピンと来ないけど、そうまでして日本に来て、受胎しなかったらどうすんだよ!?って感じ、あと、

 いきなり死んじゃうことだってあるだあろうに、、、。生き物だもの。

それでも強い馬の精子ってのは、それだけ魅力的なんだな~って。何か凄い。

・・・

ホントはもっと具体的な話を凄く書きたいのだけど、それはマズそうなので、この程度しか書けない。もどかしいけど仕方ないぜ、、、。

| | コメント (0)

2019年12月10日 (火)

嫌な気持ちにならないように

ちょいちょい「今日嫌なことがあって」って話を耳にする。同窓会の集まりとか、結構前になるけど長男からも聞いた気がする。

 「嫌なこと」

まぁ言ってしまえば僕もアルテマでちょいちょいバッシングされる。上手く自衛出来て、、、つまり、「全く読まずに」スルー出来る事もあるけど、油断して読んじゃうこともある。ちなみに僕は、

 アルテマで「これは来るだろうな」と思うようなコメントを残したあと、1日か2日、全く覗かなくなったりする。

文字通り「無視」するのだ。

もちろん中には好意的なコメントをくれる人も居るけど、大抵の場合それは少数派で、僕を叩く人の方が多い。

 もちろん返事は書かない。なぜなら読んでないから。

返事をすると言うことは、相手と同じ高さまで「落ちる」ということだと思っている。僕は、はっきり言って彼らを見下しているし、同じ人間だとも思ってない。

 弱くて醜くて情けなくて愚かなクズだと思っている。

だから、そんな連中と同じ高さまで自分が降りるのは、純粋に自分の品位を下げるだけだと思うからだ。彼らが誰かの役に立つことがあるとすれば、それは同胞と底辺でコンセンサスを取り、孤独でないことを確認しあうだけのことだ。言ってしまえば、人殺しをしたい人間同士がお互いの「歪な正義」に同意しあってるに過ぎない。

 ちょいちょいバッシングされるが、「嫌なこと」と言われて、ふとそれが思い出せなかった。

こんなことは「嫌なことには含まれない」な、と。嫌なこととはなんだろうか。嫌な気持ちとはどんな気持ちか。

 知らなければ知らないまま、気付かずにいられるなら気付かないフリをし続けられた方が幸せだと思う。

・・・

最近は「楽なことより楽しいこと」をチョイスしたい、チョイスすべきだと自分に言い聞かせる。「行くか行かないか」、なら「行く」を選択するし、基本逃げの選択はしない。※まぁバカどもに付き合うのは「逃げでも攻めでもなく、堕落」だと思うのでしないけど

楽な選択とは、つまりは家で毎日を同じように過ごし、生産性の低い「消費」をすることを指す。さして興味もない番組を見て、さほど眠くもないのに布団に入り、特にブログのネタになるようなこともせず、さらにそう言うことを探そうともせず、繰り返しのスパイラルに身をゆだねる。

映画はもちろん、DVDを借りることだって、結構な体力とささやかな財力を消費する。特にこないだのように、「連日で借りる」なんてのは、その極みとも言える。

 でもする。

たぶん僕の友人で、「今晩映画行こうよ!」と誘ってOKをくれる人は居ないと思う。と言うか、もしあなたにそう言う人が居るとしたら、それは凄く貴重で大切な人なので、自分が思ってる以上に大事にした方が良い。

 まぁ相手より先に自分が面倒で「誘うこともしなくなる」可能性もあるけど。

でもたぶん僕は、映画が何であっても、相手が誰であっても、誘ってくれたら(特別な用事や体調不全でない限り)行くと思う。こないだのYESTERDAYなんかもそう。

 直前まで知らなかった映画でも、既にパジャマに着替えていたとしても、外がみぞれ交じりの雨だったとしても、

 たぶん行ったと思う。

同窓会関連の集まりも、さすがに仕事をほっぽって甲子園に応援には行けないけど、普通に夜都合が付けば行きたいと思うし、新ハードや意中のおもちゃやゲームがリリースされ、ネットで買うのが難しい状況になるのであれば、きっと朝早く起きてでも買いに行くと思う。

 僕は運動を嗜まないが、「そう言う意味でのフットワーク」は軽くありたいと思う。

・・・

話を一気に戻すけど、、、

 「嫌なこと」と「楽しいこと」は、文字通り対局にある。

でも、

 「楽なこと」と「辛いこと」は、対局ではない。

辛い≒面倒だと思うけど、辛くても楽しいことはあるし、楽な道が必ずしも嫌な気持ちにならないとは限らない。

 自衛をしつつ、前向きに行動する。

絶対風邪を曳きたくないので、そのための努力は惜しまない。

 全ては優先順位なのだと思う。

お金の使い道も、時間の使い道も、仕事の順番も、ご飯の時に手を付ける順番さえも、全ては自分の中で順位付けをして、自分にとってもっとも納得出来る結末を目指す。

 「嫌なことがあった」

と思い、考え、口にすることは、たぶん僕の中では「無駄」だと思ってると思う。時々過去の黒歴史が脳裏をよぎって凹むことがあるけど、

 すぐに消し去ろう、忘れようと意識すると、案外(その瞬間は)忘れられる。

別の楽しい記憶で上書きするのもいい。それが繰り返し利用してることであっても、「マイナスよりは±ゼロの方がいい」。

 楽しいことを求め続けたい。

それが100でなくても、もっと言えば「-100と-99の比較」であっても、より楽しい方をチョイスしたい。

 僕には「嫌なこと」を引きずってるヒマなど無いのだ。

PS.ヘッダの文章を更新した。だから何だって話だけど。

| | コメント (0)

2019年12月 5日 (木)

何もやることが無くなったら

イベントが終了し、エクスヴィアスのモチベがまたも下降気味。ポケモンにリターンする選択肢もあるけど、ぶっちゃけ今自分が傾注する「マイブーム」が枯渇気味だ。

毎週見てるのは、

・新米姉妹のふたりごはん
・孤独のグルメ
・慎重勇者
・旗揚ケモノミチ
・マツコの知らない世界
・乃木坂工事中
・タモリ倶楽部

てか、僕が知らないだけで他にも「僕が楽しめる番組」があるのだろうけど、、、てか昨日やってた日本製品で本場のトップクラスの品物とガチで対決する番組はそこそこ面白かった。ビール、バームクーヘン、ワイン、あと何だっけ?あ、バイオリン!バイオリンだけ日本が勝ったんだよな。ガチ感が良く出てて良かった。実際自分の耳でも「日本の音色のが好みだな~」って思ってたし。

ともかく、言っても7つや8つの番組しかないわけで、CM飛ばしながら見たら3時間にも満たない。一週間はたぶん24時間×7日=168時間くらいあるので、その中の3時間潰れたくらいでは物足りないのだ。

 だからこそネットフリックスでARROWとか見たりするのだけど、、、

それでも合う合わないはあると言うか、ほんの些細な「ささくれ」がどうにも気になって見なくなったりする。

 何か無いか。

一ヶ月の中でエクスヴィアスがダークビジョンズというイベントをやってる一週間に関しては、今のところまだ飽きてないこともあって、

 ほぼソレ一色になる。

でもそれも3ヶ月目を終えて、今月、来月もまだずっと同じテンションで楽しめ続けるとは思えないし、かと言って新PCを買う決断もなかなか出来ない。

今ふと思ったけど、年明けの家電店セールでパソコンを買うって選択肢は無いのかな。

今使ってる50インチのテレビみたいに、ムチャクチャ安くて納得出来るようなのが15万くらいであるなら、ちょっと心が動きそうな気もしないでもない。もっとも今のパソコンは主にノートだろうから、「デスクトップで納得のライン」をナショナルブランドPCで探すのは酷かも知れないけど、、、。

こないだ高校の同窓会の集まりで久々に飲み会というか、食事に行ってきた。近所の縄のれんは、税込4000円で飲み放題+食事も結構良く、18時半から22時半くらいまで4時間もダラダラと居させて貰った割りにはかなり安かったと思う。実際気持ちよく笑って食べて楽しかった。

 でも、行くかどうかは割と迷ってた。

やっぱり毎度の事ながら「面倒かなぁ」って思ってしまう自分も居るのだ。でも、いざ行ってみると普通に楽しい。くだらない話や、「歳取ると結構死んじゃう人が居るよね」というネタ、子供の話や友達の話、いろんな話をする。知らない世界に触れる感じも楽しいし、僕の話で笑って貰えるのも嬉しい。

 つっても毎日じゃないしな。

仕事はパートが欠けてる分かなり忙しく、帰宅しても疲れが残ってて、テレビを見ながら晩飯を食い、一段落すると睡魔が襲ってきて寝オチする。2時くらいに起きてごそごそとブログを書くこともあるけど、特にコレと言った「自分の時間」に費やしてる感じがない。

 そりゃあネタも無くなるってもんだ。

その上で、隙を見ては未だに「高木さん」を見たりしてるし。オイ!

 人生を無駄使いしちゃダメだろ、と思いつつ無駄使いしてる自分が居る。

もちろんイケメンで大金持ちでトークが上手い高身長高学歴な勝ち組の人達は違うんだと思うけど、

 今からそんな人に転生出来るわけでもないので、自分に出来る範囲で「今をより良くする」ことを考えないといけない。

 どうすれば、今がより良くなるのか。僕は今何をすべきなのか。

年末が近くなってくれば、Steamのホリデーセールも始まる。でも僕のWindows7では、まともに動くタイトルの方が少なくなって来つつあるし、そもそもこの2、3年でSteamタイトルに傾注したものは、それほど多くない。以前は「メトロヴァニア」なら何でもそれなりに楽しめたけど、今はそうじゃないし。あとハクスラもそこまでガッツリ楽しめなくなった。理由は全然わからないけど。

昔楽しめたゲームが今全然面白いと感じないケースは少なく無い。

・マリオ
・マリオカートなどのレースゲーム全般
・ドラキュラや魔界村などのサイドビューアクション
・スパロボ全般
・3DダンジョンRPG

生産性が低いと感じるマリオは、ホントに今は楽しめなくなった。レースゲームも手になじむまでがんばれないし、死んでやり直すファクターがあるのもツライ。リスタートが異常に速ければ別だけど、そう言うの殆ど無いし。覚えなきゃならないことが多いゲームも全般厳しくなってきた。

 SEKIROとかどうなんだろ。

PS4でリリースされたダークソウル系侍アクションRPG。評判も良く、「遊べばそれなり以上に楽しそう」な気がする。ただ、それなりに面白いゲームは、発売から1年経っていようと値段が崩れてなかったりする。

 そう言うのを買うのは結構勇気が居る。と言うか抵抗がある。

だったら発売日に買えば良かったんじゃないか、と。

てかポケモンだってそんな悪いゲームじゃない。オンラインの課金をして遊べば、まだまだ時間を食ってくれそうな気もする。でも、

 その時間の使い方は果たして正解なのか?と自問自答。

だったらまだツタヤで新作映画を借りた方がいい。打率的には4本借りれば3回程度はブログのネタになるし、映画はやっぱり好きだ。たまにアクアマンとか「妻が死んだふり」とか、予想外に楽しめるものもあったりするし。何よりコストパフォーマンスが高い。

 てか、たまには、と言う意味で言えばPSVRのゲームを買うのも悪くない。

でも何を、となると言葉に窮する。特に欲しいものがあるわけでもないし、怖いゲームがやりたいわけでもないし、、、。

・・・

あれほど楽しそうに見えたニーアオートマタも、実際はそこまで楽しめずに止めてしまった。ボーダーランズ3はそこそこ楽しんだけど、既に「一周クリアしたかどうか」の記憶すら曖昧だ。年間何十本もゲームを買っていた頃があったなんて、まるで夢か幻のようだけど、実際問題「面白いと感じない」のはいかんともしがたい。面白く無い物に時間を費やすのは、

 お金を捨てながら歩くことと同義だ。

FF14を再開する選択肢もあるっちゃある。同窓会で忙しくなる直前まで傾注してたし、世界も嫌いじゃない。KCさんはまだやってるんだろうか。飽きちゃったかな?居心地が悪いわけじゃないんだから、再開してもいい気がする。既に「操作とか忘れちゃってる」気はするけど。てか僕がFF14をやってたのっていつ頃だっけ?

正直ソシャゲで他に何かって気にはなれない。一番の理由はストレージが足りないからだけど、もし空いてたとしても、エクスヴィアスより楽しめる気がしない。スピンオフの幻影戦争も、一度も遊びたいと思ったことがない。にゃんこ大戦争が7周年でTVCMやってるけど、あれも今最初からやり直す感じじゃないし、あのタイプはもういいやって気もする。

マンガはまだきっと面白いもの、楽しめるものがありそうだから、案外穴場かな、とも思うけど、接するきっかけがない。「からかい上手の元高木さん」とか面白いんだろうか。「徒然チルドレン」の若林稔弥は新作を描いてないのか?甘い生活の新刊は?

・・・

アウトドアな娯楽をやるつもりもなく、新ハードが発売されるって話も聞かない。
※もちろんスイッチの簡易版には興味もないし
別に新しいゲームにこだわることもなく、以前遊んだものをまた最初からやったっていいけど、我が家にはPS3もないし、WiiUのタイトルも動かすのは面倒。360は、、、まだ動くんだろうか。3DSやVitaは画面が小さくてやる気になれない。てかVitaって今思うと何だったんだろうな。

 実質、今普通に動いて遊べるのは、PS4、スイッチ、Steam、そしてスマホくらい。

寂しい限り。

そう言えば今日一枚ジャンパーを買った。税抜3999円のコンバースの吸湿発熱撥水フード付中綿ボックスタイプ。ちょっとだけテンションが上がったけど、

 これはブログのネタにはならないからな。

とりあえずツタヤにでも行ってDVDを借り、お菓子でも食べながら見よう。

| | コメント (2)

2019年12月 3日 (火)

珍しく仕事の話~あったかい衣類の話~

ブログのネタが乏しいので、今日行ってきた仕入れの話を少々。

僕は衣料品の小売りをやっているので、買うのは主に着るものなのだけど、この時期は当然のように防寒の衣類が中心になる。

大手だと、12月は既に春物や、下手したら来夏の仕入れをしたりするのだろうけど、ウチ程度では、直近で売れるものを仕入れる。それも、

 一番寒い時期で、かつ値下がり直前くらいのもの。

つまり、ほとんど安くはない。

安くはないけど、12月はそれでも売れる季節であるし、何より2月まではどんどん寒くなっていく。
※暖冬だとしても

なので、何はなくとも「暖かいこと」が重要なのだ。

「暖かい」と一言で言っても、その取扱品目やらお客様ご自身の「寒がり度」によって、視界に入る商品は全然違ってくる。あと、単価も。

ウチの店は安物中心、、、と言うより安物しか置いてないので、世間一般の「価格感覚」とはズレているかも知れない、、、と言うか、

 普通に自分の行きつけの店があった場合、そこで売ってる物の価格帯は、アマゾンやら楽天の値段より「安くて当たり前」と思ってる?

僕は思ってる。ネットは送料が掛かることが多いので、それを加えればギリ近所で買った方が安いってこともあるとは思うけど、

 大抵のものは普通に(送料入れなくても)、地元で買った方が安かったりする。

でもそれは、ウチの店が特別なわけじゃない。競合店だって、この地域の店はどこもそれなりに安いのだ。

例えば、こないだ入った「ゼログラビティクッション」。タマゴを置いて座っても割れないとか、落としても割れないとかテレビで宣伝してたらしいが、

 全然知らず、興味もなかったが、

ウチの店の売値は、カバー付で999円+税だった。そんなもんなのである。

てか、そんな話がしたかったわけじゃないのだ。僕がしたかったのは「防寒衣料」についてのあれこれだ。

●裏起毛

裏起毛とは、肌に触れる側が毛羽立っていて、あったかい素材のことだ。毛羽立っていると、肌に密着しづらい=外気との間に空気の層が出来て、その分暖かい。

その理屈で言えば、「密着しなければしないほど暖かい」と言っても、実は過言じゃない。

裏起毛には、「ピーチ起毛」と呼ばれる「産毛」レベルの薄起毛から、「裏シャギー」「裏毛布」と呼ばれる、毛布のような素材、「シープボア」「ボア」と呼ばれる、モコモコしてデコボコしたものまで様々あるが、

 個人的にはやはり裏ボア素材がこの時期のオススメだ。

それは一言で言って暖かいからだ。

ただ、もちろん難点もある。

ひとつには、「糸くずなどが付きやすい」つまり、汚れやすいと言うこと。僕みたいに「そう言うの気にしない」人なら問題無いが、気にする人は少なくないだろう。

また、「密着しなければしないほど」と言う事は、そのままつまり「厚い」と言うことにもなる。厚ければ厚いほどどうなるか。

 デブになる。

直球だが、つまりは「着ぶくれしやすい」と言うことになる。女性なら特にその点は気になるトコロだろう。もちろん「女性をやめてる生物学的なメス」も中には居るだろうが。

で、もし「着ぶくれはしたくないけど暖かい方がいい」と言う場合。次に着目するのは、、、

●混率

「混率」とは、それが何で出来ているか、どんな素材なのかという話。さっきも素材だったけど、あれはどちらかというと「表面処理」の話で、今度は「組成」の話だ。

一般に「ウールマーク」が付いているセーターとかが暖かいと思われているが、実際毛の混率が高いものは暖かい。これは今でも変わらない。

ウールにも、ラムウールやらアンゴラウールやらミンクやら何やらがあるが、
※羊じゃないから正確にはウールとは言わないかも知れないが

 総じて言えるのは、動物由来の素材は、「暖かいが痒い」と言う事。

綿やシルクと比べて、ウールは基本「かゆい」のだ。だから、言ってもそこまで優先して「多ければ多いほどイイ」とは思われないのが実情であり、さらに、

 値段も高くなりがち。

そこで、その欠点を補うのは、、、

 ポリエステル。

ポリ、もしくはエステルと言ったりもするが、これの代表格は「フリース」。裏起毛もポリのものが多い。この素材は、

 とにかく安いこと。

そこそこあったかく、ぼちぼち痒くない。

フリース以外では、「マイクロファイバー」とか言われるフワッとしてる素材もポピュラー。あと最近だと「フランネル」という、表面がちょっぴりヌメっとしたあったか素材もある。

 しかし、ポリはぶっちゃけそんなに暖かくはない。

「暖かいがそれほどでもない」のがポリエステルだ。てか、ポリが入るのは主に値段を下げるためで、

 あったかさを優先するなら、「アクリル」の方が暖かい。

そして、コストが高く、「毛玉になりやすい」。アクリルはポリエステルの親戚みたいなもんだから、値段はウールほど高くはないけど、それでもポリよりは高いのだ。

昔の毛布を持ってる人は、その製品表示を見ると多くがアクリル製だったりするのだが、最近のはみんなポリエステルばっかり。暖かさよりコストを優先した製品展開が多いというわけだ。

ちなみに、アクリル製よりポリエステル製の方が暖かい場合もある。単純なクイズだが、わかるかな?

 そう、厚ければいいのだ。

いくらアクリルでも、厚さが3倍もあるポリエステルの方が暖かい。あくまで同じ厚さ、同じ処理をした場合の差、と言うことだ。

主立った素材には他に、

・レーヨン シルクに似た手触りで、内側に使うと「かゆさが抑えられる」。値段は高めだけど、それよりも「シワになりやすい」とか「生地として弱い」という弱点があるので、レーヨン100とかだと、ぶっちゃけ見た目がくちゃくちゃになりやすく、あんま美しくはない。もちろんしっかり手入れをすればいいんだろうけど。

・ポリウレタン 一言で言えばゴム。伸びがある素材は、どの部分に使うにしても強力な魅力となりうる。靴下ひとつとっても、履くのに苦労する靴下が好きという人はそれほど多くはあるまい。

・ナイロン こちらも化繊だけど、ポリエステル=安い、アクリル=暖かい、レーヨン=手触り、ポリウレタン=伸びるとするなら、ナイロンは、、

 丈夫。

要は、いろんな素材にはいろんな善し悪しがあると言う話だ。

で、賢い人は居たもので、

 だったら、それらをみんな使えばいいんじゃないの?

ナイロンの丈夫さ、レーヨンの手触り、アクリルの暖かさに、ポリウレタンの伸縮性、、、それらを兼ね備えた素材が最強なんじゃないの?

 確かに。でも、当然そう言う素材には大きなネックが伴う。

 そう、値段が高いのだ。

いろんないいところを絶妙なバランスで使う場合、コストがどうしても上がってしまう。

 だから、安い防寒衣料の多くはポリエステル製なのだ。

しかし、そこにさらにもう一つ暖かさを決めるファクターが出てくる。

●吸湿発熱や遠赤、カプサイシン、とうがらし

よく見ると思う。ユニクロのヒートテックがその代表格だけど、つまりは「湿気によって熱を帯びる」という夢のような素材が発明された。

基本はポリエステルなのだけど、それなら着ぶくれせずに暖かいインナーになる、、、

 と思うでしょ?

でもさにあらず。

 着ぶくれせずに暖かくなる素材なら、それを厚くした方がより暖かいのは当たり前の話。

ユニクロはスタイルを重視する手前、そこまで厚いものはあんま無いんだよね。そこが競合店としてはありがたいと言えばありがたいとも言えるけど、さっきも書いたように、

 暖かさだけで言えば、やっぱりウールも暖かいし、

 厚ければ厚い方が暖かい。

 ボアや裏起毛の方が暖かいし、

 同じ吸湿発熱でも、メーカーによってその性能はピンからキリまである。

「湿度で発熱する」と言っても、「スゲェ発熱する」のもあれば、「ちょっぴり発熱する」のもあるのだ。当然のことながら。

ちなみに夏場だと、「接触冷感」という言葉に置き換わり、「Q-MAX」という冷たさを感じる指数があったりするのだけど、

 冬場のそう言う数値は、、、知らないなぁそう言えば。あるんだろうか。

さらに言えば、吸湿発熱や遠赤加工も、

 生地や糸を作る段階から練り込まれている物もあれば、製品として出来上がったものを液に浸けるだけと言う「後付け」のものもある。

液に浸けるだけだから、当然洗濯とかでも効果は落ちるし、そもそもそんなに強力じゃない。

 値段の安い吸湿発熱は、大抵それだから信じちゃダメ。

特に靴下とかに多い。

●強引にまとめ

こんなに書くつもりじゃなかったけど、とりあえず、、、

・肌着なら、グンゼの「ホットマジック」が一番オススメ。暖かさだけで言えば「もちはだ」と言うシリーズもあるのだけど、これは価格もさることながら、「いくらなんでも厚すぎる」。10年持つと言われるくらい丈夫だけど、見比べたときの厚さと値段の高さには、正直ちょっと引くくらいだ。

 ホットマジックは2600円+税なのに対して、もちはだは6800円とかだから。

ホットマジックは、婦人物も紳士物もあるけど、婦人物には、さらにその中でも薄い版もある。吸湿発熱部分が限定されているけど、生地が薄く、ヒートテックよりあったかく、

 ヒートテックより値段も高い。

ただ、ホントに寒くなったら値段より暖かさを優先したくなるのは当然のことだと思うので、「寒がり」の人は、チェックしてみるのもいいと思う。ちなみに婦人の全面ホットマジックは2300円+税が定価。冬場のグンゼ肌着一番人気だと思う。

・靴下なら、「ウール効率混」「アクリル裏起毛」「厚地パイル」この三つのキーワードで探すのがオススメ。あとは「口ゴムがゆったりしてるか、実際に指で開いてチェックする」。

 「口ゴムゆったり」と言うタグは、非常に多くの商品に付いているが、これもほとんどはウソである。

「ゴムなし」は信じてイイけど、「口ゴムゆったり」は、それを付ければ売れるから付けているだけという商品が非常に多いのだ。

軽くチェックするのに有効なのは、「口ゴム部分の幅」。短い物だと1cmほどしかないが、長いものだと「下から上まで全部口ゴム」みたいなものもある。そう言うのは大概緩い。あと「口ゴム改革」というロゴが入ってるヤツは、ポリウレタンの使い方が上手いのか、イイ感じに緩い。

ちなみに、緩い靴下は履きやすいが、当然ゆるゆるになりやすい。アクリルは毛玉になりやすく、パイルの厚地は靴が履きにくくなる。

 ホントの寒がりは、冬場1サイズ大きな靴を履く。

僕は面倒なので、「がんばって履く」だけだけど。

そして、そんな条件を満たした靴下を履いてもなお寒い場合どうするか。

 2枚履く。もしくは3枚履く。

さすがに厚いのを重ねて履いたりはしないが、世の中には最初から「2枚重ねてある靴下」もある。内側がシルク混で、外側がアクリルの「シルク混二重編み」というヤツ。

僕も以前は好んで履いていたけど、この靴下の最大の欠点は、

 洗濯すると2枚がズレるので、履くときに一回手を突っ込んでズレを直さないとイケナイ

と言うこと。つまりは面倒なのだ。

もっとも、いくら面倒だろうと毛玉が出来ようと、靴がきつくなろうと見た目が悪かろうと、

 寒いよりマシ

そう考える人が僕は大好きだし、それが正しいと思う。うがいとかマスクとかで風邪対策をする人は多いけど、ぶっちゃけ、

 寒さで風邪を引くことが一番多いと思う。

少なくとも僕はそう。最強の風邪対策は、「暖かくすること」。これは風邪を治す時にも言える。寝る時ゆるい靴下を履いて寝る人も少なくないし、

 暑ければ脱げばいいのだ。

| | コメント (0)

2019年12月 2日 (月)

未来を感じた物

何の担保もなく書き始める。

●どうぶつの森カードe

どう調べてもその記憶量(文字数)がわからなかったのだけど、基本的にはQRコードのような二次元コードで、

 1cm×6cmくらいのスペースだけで簡単なプログラムが実行出来るくらいのデータ量があったと思われる。

リリース当初は、これがどんな物なのか全くわからず、「ただのキー」だと思った。つまり、予めゲーム内にプログラムされていたものを、このコードをカードeリーダーに通すことでアンロックする、のだと。

でもだがしかしこれは勘違いだったようで、あの薄いグレーの領域だけで、一から十までプログラムが完結してるらしかった。

 なんか凄いな未来。

「ベーシックマガジン」に載ってたようなベーシックプログラムでさえ、それなりに小さな文字で印刷されても、相応のページや行数に渡っていたのに、あんな小さなスペースで、それも電子的なデバイスを何も載せない「ただの紙」なのに、プログラムという「こんぴゅーたーな」データを記録出来るなんて、、

 未来スゲェ

って思った。

ちなみにQRコードも、結構な文字数が記録出来るらしい。アルファベットとかなら7000文字とか、漢字なら1700文字とか。さっきのeカードはもっと記録出来てた気がするけど、、、思い出せないし調べても見つからないのがもどかしい。

●音の出るカード

グリーティングカードなどで比較的ポピュラーになったけど、僕が一番最初に遭遇したのは、自分が小六の頃だったと思う。つまり、49-12=37年前。

ハガキ大の二つ折りの紙を開くと、

 いきなり音楽が鳴り始めた。

このときの衝撃を何と例えたら良いやら。

まず最初は「紙なのに!?」。中に何かが入ってると言う発想がまずなかった。紙は決してコピー用紙のように薄い物ではなかったし、たぶん「1枚に見えて実は重ねてあった」のだと思うのだけど、若かりし僕にはそんな発想もなく、

 なんで!?

で、よーく見ると折り目の真ん中に細い針金のようなものがあり、それが実質的なスイッチになって、極薄のICチップから音を鳴らしてるっぽいことがわかった。

 てかスピーカーって奥行きが要るものじゃないの?

これも不思議。だって「紙」だよ?良く言う「紙一重」って
※実際には「一重ではない」のだけど
使われる紙に、音が鳴る要素なんて、、、

 未来だったわ。

●光ファイバー通信

最初にその話を聞いた頃は、僕のパソコンの通信が「アナログ14400bps」くらいだった頃だったと思う。14400bpsとは、「毎秒14400バイト」の通信速度という意味で、14.4kbps。で、実際はそんなにも出ず「3kbps」。この速度は、例えば3MBの曲ファイルを転送するのに、1000秒、つまり17分掛かるくらいの速度。
※勘違いしてたらゴメン。もしかしたら「ビット」でこの「1/8倍速」だったかも

 それが光ファイバーだと、「100万bps」なのだという。
 ※その当時の曖昧な記憶

 17分が、3秒になる!?

凄い。凄すぎる。未来ってそんな世界なの?

例えば、新幹線のぞみで名古屋から大阪まで50分くらい?それが、

 10秒くらいになっちゃうほどの進化!

仕組みとか全然わからなかったし、今もよくわかってないけど、こういう進化があってこそ、動画配信とか「フルHD動画」とかが実現したんだろうな~って思う。

てか、名古屋大阪間10秒って、もう「どこでもドア」レベルだし。リアルに乗り物が存在したとしたら、重力加速度で「マジで死んじゃう」と思う。

●エミュレーター

ぶっちゃけ非合法色が強くなって、僕自身スッキリ足を洗っているのだけど、最初に存在を知った頃は、

 浮かれまくった。

今ほど悪いことって空気がなく、
※そりゃ存在そのものを知ってる人がほとんど居ないレベルだったし

やり方すら知ってる人がほとんど居ないレベル。今でも覚えてるけど、

 まだGoogleを知らなかった頃。

「ググれ」と言われても何のことやら。当然トップページはYahoo(ヤッホー)だった頃だ。

自分は、とにかくゲームが大好きで、ファミコンディスクからマークIII、PCエンジンなど、出来る限り遊べる状態でキープしてないと「生きた心地がしない」人間だった。でも、エミュがあれば、そんないつ壊れるとも知れないハードを保存する必要もなく、画面もキレイ、あまつさえ中断保存やら速度アップまで出来てしまうと言う。

 夢なら醒めないで!

見たこともない、雑誌に載ってるのを見ただけの「恋のホットロック」は、当時基盤が12万くらいした記憶がある。自分もいくつか基盤で買ったアーケードゲームがあるけど、さすがにそのレベルは手が届かなかった。

 それが目の前に!?

今は悪いことだと認識してるのでやってません(本当)。てかそもそも昔のゲームをそこまで熱を入れて遊びたいって思わなくなった。理由のひとつには、

 もういろんなルールを忘れてるし、手も覚えてないし、新たに覚えるのもおっくうになってきたから。

歳を取るってそう言うこと。

●ディズニーランドやUSJ

映像アトラクション。飛び出すメガネで「ホントに目の前にあるような」映像に、素直に興奮した。

でも実はこれよりも前、小学生の頃連れて行って貰った「ポートピア」の遊園地にあった「ジェットコースターの映像を見せるだけ」のアトラクション?と言うにはあまりにも粗雑な体験の方が衝撃だった。

地面にはイスもなく、コンクリートに直に座って、斜め上を見る感じ。スクリーンは大きく広く、視界が全て覆われるレベル。そのレベルで見た「ジェットコースターの座席からの映像」は、

 ・・・未来とは違うかも知れないけど、スンゲェ楽しかった!

「こんな娯楽もあるんだな」って感じ。その後、箱根辺りでシートがガタガタ動くタイプの飛び出す映像を見たり、ディズニーやUSJで見たり。

 凄いなぁ。

で、そこからの↓

●プレイステーションVR

一気に飛ぶけど、「思い出した順」なので仕方ない。これも実は事前段階があり、

 バーチャルボーイや、グラストロンの経験があったからこそ、素直に驚くことが出来た。

PSVRに限らず、仮想空間タイプのヘッドマウントディスプレイを体験したことが「ない」人には、この世界、印象として、

 「目の前に大きな画面が表示されるんでしょ?」

と思ってる人が居るかも知れない。実際バーチャルボーイやグラストロンはその類のモニターだったし、正直「迫力とはほど遠い」ものだった。

でもだがしかし!実際は全然違う。文字通り、

 見える物全てが異世界であり、宇宙であり、車のシート。

右を向けば右に世界があり、上も下も海の中。手を伸ばせばパワーローダーのレバーがあり、頭を振ればボールにぶつかる。

TDLやUSJの立体感のあと、僕らは「アバター」の3D映像や、任天堂3DSを体験するわけだけど、

 飛び出すと言うより「奥行きが出る」感じだな

そう思った人は、僕だけじゃないはず。
※アバターに関しては、ドーム型のスクリーンだとまた違ったのかも知れないけど

 PSVRは、それらの全てを超える「本当の仮想空間」を見せてくれた。

「目の前に大きなスクリーンがあるような感じ」とは、今も昔も変わらない表現だが、

 グラストロンが、「5m先に100インチのモニター」

だったのが、

 PSVRだと、「2m先に1000インチのモニター」

レベルだったりする。もちろん画面の隅から隅まで見渡すことなど出来ない。文字通り、「超巨大」なモニターとの対峙。

 そりゃ気持ち悪くもなる。

でも、

 未来のためならしょうがない。

まぁ解像度が低いのは、「旧PS4」だったからしょうがないけどね。

●携帯電話関連

実はそれほど未来を感じたことはない。僕が携帯電話を持ち始めたのは割と遅かったし、今でこそ「もはやオレの臓器」というレベルで使っていたとしても、「臓器故に未来ではない」感覚もある。

 「当たり前」は「未来ではない」のだ。

なので、むしろ一番未来を感じたのは、

 僕が20歳くらいの頃、修業先の社長が、「車に電話を積んだ頃」。

いわゆる「車載電話」というヤツで、大きさは、、、縦25cm幅7cm厚さ5cmくらい、、、だったと思う。

小笠郡と言うところから浜松まで頻繁に仕入れに出ていたので、その道すがらの連絡ツールとして導入されたのだけど、当時はまだ「車に乗りながら電話しちゃダメ」なんて法律もなく、でもそもそも僕自身がそれを使ってやりとりした記憶もほとんどなかった。でも、

 「電話を移動出来る」ってのは、未来っぽいなって思った。

-----------

未来ってのは、一言で言えば、

 「驚きを伴う変化」だと思う。

良い意味であって欲しいが、必ずしもそうじゃないかも知れない。接した時に、「スゲェ!」とか「おおっ!」と言う感嘆詞が口から出るようなこと。てか、上では大したことないみたいな書き方したけど、

 3DSの起動画面も結構「おおっ!」だったわ。

「立体だ!」って思ったんだったわ。

でもそこまでPSVRが浸透しなかったのは、やはりそれを共有しづらいということ、作るのが大変ということ、コストが掛かるってことなどがあるのかも。あと普通に遊ぶより遙かに疲れるし「酔うし」。

ゲームの未来は、解像度と色数の進化の歴史だった。あと画面の大きさもかな。それが事実上頭打ちになったら、次はどう進化していけばいいんだろう。先祖返り的シンプルな映像はゲーム性を売りにするのも、正直見飽きてる感じもするし、そもそも、

 キレイってどんな映像のことを言うのか

って感じ。映画を見ていても、「CGが凄い」って表現は、ほぼほぼ死語化してる気がする。せいぜい「なかなか」くらい。初めてターミネーター2を見た時みたいな「圧倒される感じ」は全然無くなった。

 むしろ、ヱヴァの「凄まじい書き込みの電柱」や、君の名はの「とんでもなく精緻な背景画」に唸ることの方が多いくらい。

CGで何でも描くことが出来る、ってのは、つまりは「慣れちゃう」ってことなんだよね。「慣れ」は「驚き」の対局にあることだから、つまりは未来じゃなく「現在」ってことになる。

 未来であることは、つまりは「未体験」であることとほぼ同義かも。

別に過去の技術だろうと構わないのだ。自分が経験してなければ、それは「僕だけの未来」になりうる。そして、

 それこそがきっと「楽しいこと」なんだろうと思う。

死ぬまでにそんなに何度もあることじゃないだろうけど。

・・・

●追記

そう言えば「バーチャレーシング」「バーチャファイター」も相当未来だったわ。書き忘れてたけど、あの感じは、凄く凄く衝撃的で、新鮮で、興奮した。

 なんだか変な感じがしたくらい。

20フレームくらいのカクカクさ、ソリッドでテクスチャのないシンプルなブロックの塊なのだけど、「実在感」が凄かった。

 「絵」だったのが「世界」になった。

あの時の衝撃を味わうことが出来たのは、あの時代をゲームと共に生きることが出来た幸運だったと思うわ。

違う世代の人には違う世代の未来が見えてたんだろうな~。

あ、あと「ガシャポンHG」も未来だったな。あのフル彩色された200円のガシャから、あそこまでハイクオリティな造形が実現するなんて、、、みたいな。そう言えば最初に見たテレビ版のエヴァンゲリオンも未来だった。「す、凄すぎる・・・」。映画はやっぱターミネーター2が一番かな~。「うひょ~!」って感じ。音楽は初音ミクがちょっと未来だった。マンガは「GANTZ」がちょっぴり未来?

僕は直接接点がなかったけど、「ミニ四駆」の速さもある意味衝撃だったかも。

きっと他にもいっぱいあるんだろうな。「知らなかった未来」が。

| | コメント (0)

2019年11月29日 (金)

つれづれに

エクスヴィアスのイベントが楽しすぎて、ブログ書きが放置気味。ストックが無くなったので、また何か適当に見繕っておかないと。

●ジョブチューン

11/27放送で、インスタントラーメンを使った一流ラーメン店店主の「簡単アレンジ」が相当面白かった。

とりあえず番組リンク↓
https://www.tbs.co.jp/jobtune/archives/20191123.html

サッポロ一番塩、みそ、中華三昧醤油、マルちゃん正麺塩、醤油を使ったものだったのだけど、

 画面に映りつつも誰からも使われなかったチャルメラとかその他のラーメンに悲哀を感じたり。

あと、

 「一般のご家庭」にあるもので簡単アレンジ

と言うフレ込みだったけど、我が家には結構無い物が多いな~とも思ったり。僕が知らないだけでかみさんが管理してるのかも知れないけど、、、

・ある物

砂糖、酢、一味、胡椒、黒胡椒、長ネギ、鰹節、牛乳、卵黄、めんつゆ、ラー油、ねぎ

・無い物

オリーブオイル、ベーコン、粉チーズ、豆板醤、ツナ缶、おろしニンニク、赤唐辛子、ホールトマト、サラダチキン、合い挽き肉、ねりごま、ごま油

こんな感じの物を使ってた。詳しくは上のリンク見ればいいと思うけど、言い換えれば、これらがあれば、

 たぶん全部作れる。

てか、ホールトマトとか合い挽き肉とか使うのは正直「簡単アレンジ」とは言わないと思いつつ、結局そんな「凝ったヤツ」が優勝したのが、

 所詮、ルールなんてもんはあってないようなもんだよな

って思った。一番最初に紹介された「とみ田」って人のラーメンが一番簡単そうで、一番やってみたくなったのだけど、結果それが一番美味しくなきゃ優勝出来ないってルールになると、

 簡単さはどうでもいいのかよ、、、と。

簡単さで配点、美味しさで配点しないと、「簡単アレンジレシピ」としては不公平じゃねぇのって思ったわ。まぁ5分程度の時間で作れるなら「全て簡単でしょ」って事なのかも知れないけどさ。

●青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

ついに劇場版の円盤が発売されたけど、何となく二の足を踏んで借りてこなかった。理由は、

 暗い話だったらイヤだなぁ、、、

僕は「青ブタ」が大好きなのだけど、それはあくまで「好きな話」に限ったこと。特に妹絡みの話は重すぎて、

 悲しすぎてダメ。

もっとお気楽に、楽しく、それで居てちょっと切ない&キュンキュンする話が見たいのだ。

具体的には、麻衣さんや、双葉の話が好きなのだ。

 牧ノ原サービスエリアの話は、、、どっちかわからない。

でも次何かきっかけがあったら借りに行く予定。貸し出し中の可能性も絶大に高いけど、それは出会いだからな。

●ポケモン

エクスヴィアスのダークビジョンズイベント(以下BEDV)の影響でこの1週間ほど一切触ってない。

 その程度の愛情だったのか、、、

とも思いつつ、「そうだったのかも」とも思いつつ。

面白くないわけじゃないのだけど、

 面白いわけでもない。

BEDVはもう明らかに面白かったんだよね。

 どっちかが明確に面白いなら、そっちをやるのは当然。

でもさすがにクリアはする予定。コンプは、、、そこまでモチベが高まりそうもないかな。XYの時のが明らかに楽しかった。やっぱ気持ちよくネット交換出来る環境ってのが重要だよなぁって思った次第。

●ディアブロIVとか

発売予定は2021年か2022年ってアナウンスだった気がするけど、

 たぶん買う。

てかその頃にはPS5とか出てたりするんだろうか。一応PS4でのリリース予定みたいだけど、、、。

てか、未来の話を気楽に出来るのにもリミットがあるんだろうなぁとふと思う。いつまでも「2年後発売」のゲームのことを「当然やるつもり」ってわけには行かなくなるんだろうなぁと。

・・・

オープンワールドで複数のプレイヤーと同時に楽しめる、、、つまり、コレまでのディアブロが「MO少数参加型」だったのが「MMO多人数参加型」に変わるらしい話が出てた。

 実際それが面白くなるかどうかはわからないのだけど。

だってタゲの取り合いになったりしそうじゃない?もしくは「湧きまくって死にまくる」とか。

ボーダーランズも発売されちゃって、テラリアは頓挫。今後発売予定で「絶対買う」のは、ゼルダブレスオブザワイルド2とこれくらいしかなくなってしまった。

 あ、FF7リメイクがあるか。

2020年3月3日らしい。あと2、3日眠ればすぐだ。これは買わなきゃだけど、

 言っても前編なんだよね?

どうなることやらって感じ。

余談だけど、FFのことを最近思い返すとき、決まって脳裏に浮かぶのが、

 FF15のガーディナ。

あの雰囲気が凄く好き。特に夕闇が迫る時間にあそこから海を見るのが好き。

 なんでベンチに座れるようにしてくれなかったのか。

あそこでしばらーくボーッとしていたくなるときがある。動画で見たくてもあんま僕の望むようなの見つからないんだよな。

・・・

勢いで「ブレスオブザワイルド2」のトレーラーも見たけど、

 なんだか僕が嫌いなトワイライトプリンセスみたいで、ちょっとテンション↓

明るく爽やかなのが好きなんだけどな~。

●アニメ

旗揚げケモノミチ以外見てない。ソードアートオンラインが終わったら見始めようかなぁとか、慎重勇者がちょっと面白いなぁとかその程度。

 高木さんの頃とは大違い。

それに伴ってネットフリックスの利用もまばらに。てか、なんだろ、タイミング的に「動画に飢えてる時」「漫画に飢えてる」「ゲームに飢えてる」時がある気がする。

 今はもっぱらゲーム

ただ、体調を崩したくないので無理はしない。昨日みたいに、

 4時50分まで起きてちゃダメなんだよ。ホントは。

何かオススメあれば借りてでも見るんだけどな~。「打ち上げ花火横から見るか下から見るか」みたいなのがいいな~。

 それって青ブタじゃね?

確かに。

●PCを11月中に買うつもりだったけど、、、

結局調子が悪くならなくなったので、
※とかく冬場はトラブルが少ない
そのまま年を越してしまいそう。つまり、

 Windows7のサポート期間が終わりそう。

うーむ。やばいんだろうか。てかお金とかあんま確認してないけど、何とか11万くらい残ってるんだろうか。

 よくわからない。

そもそもPCを買いたい理由が「壊れそうだから」だから、特に動かしたい重めのゲームがあるわけでもないし、やりたい動画編集作業があるとかでもないんだよな。

次トラブったら重い腰上げるかもだけど、、、。

●床屋行った

まさに今日の話。1年に2回しか行かないので、

 増税してるかと思ったけど、30年前からずっと変わらない2500円のままだった

なんだかありがとうございます。

頭が寒いのは床屋のせいだ。決して別の理由じゃないぞ!?

●久々に妖獣都市を見たら、、、

前から大好きだったけど、コブラを見たあとこれを見たら、

 あまりにも共通点が多くてビックリ。

キャストも作画も監督も違うのだけど、

 アニメという括りの中で、様々なエフェクトをこれでもかと使う作りがソックリ。

何て言うか、「出崎統の系譜は、川尻義昭に受け継がれたのか」って思った。

何か最近仕事してないかな、とチェックしたら、

 2015年のワンパンマン1stシーズンの絵コンテやっててビックリ。

そうか、と。なるほどな、と。

 だからあれほど面白かったんだなぁと。

まぁ川尻監督の力だけじゃないんだろうけど。

つか原画や監督やって欲しいなぁ。

次はゴクウでも見ようかな。

----------

淡々と書いて淡々と終わる。てか昨日は7時間半ほぼぶっ通しでBEDVやってて、

 まだまだ若いモンには負けんよ

と思ったり思わなかったり。

| | コメント (1)

2019年11月26日 (火)

~みなさんへのレス(nori君も)~

DV面白くてポケモン停止。動画もほぼ見てない。5日ほどはそこに注力かな~と。体調がやや下り坂だったので、姑息にも「みなレス」で1回に。てか、

 書こうと思えばいくらでも何でも書けるんだけどさ。

まぁ面白くなるかどうかは別としてって感じ。

●564

>月ノ丞さん

何度か電話したくなったりもしてますが、体調がよろしくないようなので控えてます。

 あんまり控えない男なんですが!(^^;

ちなみにこっちは夜なら「20時から午前3時」くらいまでならよっぽど出ます。寝てる可能性もありますが、

 それ、仮眠だから。

ヴィンセント、結局スルーしちゃいました。と言うか、ほぼほぼ枠がないですよね。物理はクラウドかノクトじゃないなら、覚醒レジ子かなぁって感じですが、

 (運営と)腹のさぐり合いって感じ。

セレチケと晶石やドアをガン積みしてまでレジ子を取るのか、ノクトでごまかせるのか。

実際DVで500位に入れるかは入れないかのボーダーライン上であるなら、、、でもボーダーゆえに「もったいない感」もあるわけで。

油断するとついトラマスとか取っちゃうんですけどね。ヤバイです。気付いたら1000%切ってそうで。

でもホント体調悪いと何にも出来なくなっちゃうから、何とか復調したいですよね。何をどうすれば回復するのかって感じですけども。

>まぐろさん

確かにアースレイヴァーが居るからヴィンセントスルーなのかも。でも開幕トリプルで効果力出せる子とか欲しくなりますよ。ヴィンセントがどうだったのか、もうすっかり忘れてしまいましたが。

と言うか、DVが始まると「それだけが重要」って感じになってしまいますね。今だと、

 黒サクラをALL輝源で取ってしまいたい衝動に駆られたり。

でも使ったら無くなっちゃうし<当たり前。

とにもかくにも後悔したくないですね。

●565

どもです月ノ丞さん、まぐろさん、祝辞感謝です。一時的にポケモンに傾注してましたが、DVが始まってアタックし始めると、

 やっぱエクスヴィアスのが面白れぇわ

って思います。ポケモンも悪くはないんですが、いつの間にか自分が「外側」になっちゃった感じなんですよね。

>月ノ丞さん

レスする言葉はほとんどないのですが、書いて頂いた内容は、

 スゲェ読みました。何回も。笑

で、

 そんなに出ないんですけど、、、と。苦笑

ただ、クラウドにしてもノクトにしても、そこまで出ないと言う点で同じであれば、たぶんレジーナでも同じかな、と。スパトラの量の違いかな。

フルドアにしたときにどの程度ノクトを超えてくるのかが焦点ではありますが、いかんせん「高額過ぎる」んですよね。

・セレチケ20
・晶石大量
・パワポット97+α

その見返りが、

・DVで物理2フィニッシャーしたいときに少しだけスコアが上がる

だけかもですからねぇ。まぁ相手が機械だと「そこそこスコアが上がる」かも知れませんが。

武器はデスペナルティがあるので、リミバ運用しなくてもいいかなって思いますが、付与役は不可欠ですし、

 ここまで来たら意地でも取りたくないってのが本音ですね(^^;。

>まぐろさん

まぐろさんもクラウドおめでとうございます。えっと、、、

 440×6=2640連でしたっけ?

凄い回したなぁ。気が遠くなりますわ。そこまで回さないと出ないなんて、てかまぐろさんはそんなにガシャに気合い入れる人じゃないと思っていましたが、
※頑なにフェスガシャ否定してた頃もありましたし

 やるときはやるんだなぁって思いました。

その昔、レジーナを一気にフルポットにしてたのを思い出します(笑。

でももしクラウド出なかったら、レジーナ取ってフル覚醒してたかもです。

 泣きながら。笑

しかしその理由が「マラソンの為」ってのもまぐろさんらしいと言えばまぐろさんらしいですね。

 自分はすっかりマラソンから遠のいてしまいました、、、。

トラマスがそこまで困ってないってのもありますが、

 鹿が1キル出来ないのがそんなに悔しいのかクリスよ、、、

ってのが本音ですね。鹿マラ1キルで出来たらまた始めるかもですが。てかスタミナ1だけど全然走ってないです。ストーリーも最後までやってないし、

 DVに集中しまくり大会ですね。

ストーリーホント眠くて辛いです。今のままだと「盛り上がる未来が見えない」と思うんですが、、、。リセットするにしてもミッションがどれも通り一辺倒なのでメリハリもなさそうで、こっちもこっちで絶対眠そうだし。

 早く寝たい時にはイイかもですけど。

絶対無理でしょうけど、DVは7日間(3日連続更新+4日)で月2回開催して欲しいです。

 ダークラグナロクの二刀流とか、想像しただけでちょっと楽しそうですしね。

●566

どもですみなさん、クリスです。月ノ丞さんが「サボテンダーおめ」って書いてあるのを今読み直して、

 サボテンダーって?

年寄りってホントそう言うもんなんだよ?

>月ノ丞さん

祝辞感謝です。サボテンみたいな降臨もたまにはイイですね。あれはあれで個性があったと思います。振り返ってみれば、あれほど再戦した強敵は結構久しぶりだったわけですし。まぁ僕の場合は倒し過ぎちゃったわけじゃないんですけども。

余談ですが、そう言う時ってタスキルしないんですか?自分はすぐやっちゃいますけど。で、そのタスキルに関して、昨夜、まさに昨夜気付いたことなのですが、

 サーバーの混雑に大きく影響を受けるんだな、と。

時間帯的に23時頃と、3時頃だと、タスキル後の復帰に掛かる時間が、

 10倍くらい違います※ホントに

特にPC版が顕著で、DVでWオレオに失敗したときなど、

 混雑時は、タスキル後に風呂入って髪乾かして歯を磨いて一回布団に入って目覚ましでけたたましく起こされて、でももう5分だけ、、、と二度寝して、

 あ、そう言えば!と思い出してPCを見てもまだローディングが続いてる!

くらい遅いのですが、
※やや誇張
4時過ぎとか、誰もやってなさそうな時間だと、確かに今僕アプリ閉じたよね?なんでもうタイトル画面が表示されてるの?まさか僕が閉じるのを予想して既に再起動をしていた!?まさか、、、な、、

ってくらい早いです。
※誇張なし。間違いない事実

もちろん、僕の気のせいかも知れませんけども!

幻獣ユニットと言えば、魔ーデルのポテンシャルが計りかねています。配布だから全然使えなそうなイメージがあるかも知れませんが、パーティ全体にビーストキラー付与出来るのってたぶん唯一無二だったりしたような、、、違ってたかな。でもポットを注ぐのは勇気が要るというか、、、。他の猛者に埋もれてる気がします。

モルガナどころかレザードもメルティーナも持ってない自分には、強さの尺度が全くわからないのですが、幻獣ゲージ系だったのと、セレチケで取れるキャラと言うことで、結果輝源はエレナの方にしちゃって、結局どっちも持ってない状態です。

レザード系では初のセレチケ化キャラでしたし、「いざとなったら」は無くはないのですが、現状はスルーですかね。

>キリオさん

キリオさんも引けてよかったですね。爆死組には申し訳なく思いつつも、
※特に直前でキリオさん、まぐろさんと3人で唸ってた中で、僕が最後だったから余計に
嬉しかったです。DVなんて、報酬そのものは決してコストに見合うほどじゃないと思うのですが、やってて絶妙に物欲を刺激されるというか、最近とんといろんなリソースの使い道が無くなってるから余計財布のひもが緩くなりがちというか、、、。

ただ、本音を言えば「手に入れたことを実感出来る構造」にはなってないのが残念と言えば残念。今はサイクルが早いから、「今の手持ちで苦労してる→手に入る→劇的に向上」って感じにならなくて、「手に入る→倒せますけど何か?」みたいな。持ってない時の状態、もどかしさをすっ飛ばしてる感があるんですよね。かと言って自引き出来るチャンスはほとんど無いですし、、、。

だから、実感という意味では四天さんのが強烈というかありがたかったです。DVでもそうですが、「手ざわり」として一段ステップが上がる感じと言うか。クラウドもそうかもなんですけど。

数字の間違いに関する突っ込みTHANXです。ズボラさが出てしまいました。勘違いしたまま突っ走ってしまいそうなのが、我ながら情けないところですが。

>月ノ丞さん

計算式は、ミスはあくまで無い前提になったとき、

 キラーと、リミバブーストと、√攻撃

が同じ価値ってことなのでしょうか。いつもいつも混乱するというか、「どっちなんだよ」って思うのは、一通り作った後の微調整時に、たとえば憎しみにすべきなのか、攻撃アップにすべきなのかキラーか、の三択で迷うんですよね。

特に倍率が伸びてるものと伸びてないものだと、伸びてないものの方が影響力が大きいですよね?50%UPを「0.5倍」として、1倍→1.5倍になるのと、1.5倍→2倍になるのとだと、前者の方が効果が大きいですよね?だから前述の「キラー、リミバ、√攻撃」がそれぞれ対等で、平均化されるのが一番良いバランスだと、、、

 言っててよくわからなくなってきたりして(汗

とりあえず幻獣キラーが積めない時で、スピリットとかストーンみたいに「改」がない、無印が大量にあるものの場合は、「3つくらい積んでも大丈夫」って思ってやってます。果たしてそれが正解なのかはわかりませんが。

最終的には実ダメージで計測した方が良いんでしょうけど、大剣みたいにブレ幅が大きいと実感するのは難しいんですよね。それが面白さなのかも知れませんが。

>キリオさん

フレコメでも書かせて頂きましたが、やはりスパトラが8個くらい少ない差が大きかったようで、自力では全然無理でした>鹿マラ1キル。適性クラウドフレが居れば達成出来るけど、それは本来の目標じゃないですし

てかキリオさん、なんでそんなにスパトラ持ってるの!?特に幻獣ユニ関連がむちゃくちゃ充実しててビックリしました。

 もはや持ってないスパトラのが少ないんじゃないの!?<言い過ぎ

 もはやユニットの種類よりたくさん持ってるんじゃないの?

 もはやスパトラ、毎日処分しないとエラーになるんじゃないの?

 スパトラの湧く泉が実装されている!?

・・・失敬。もしそんな泉があったら、とうの昔に飽きてると思うわ。欲しいユニットや装備があってこそのモチベーションだもんね。

あと1体強力なフィニッシャーが来れば状況が変わるかも。でもクラウドが2体居てもDVでは使えないから、クラウドがもし来ても、ALL輝源を使う感じにはならないんでしょうね。

●ポケモンソード

どもですキリオさん、買ったのはキリオさんだけ?まぁわからなくもないですが、

 自分結構やりましたが、オンラインが有料というのが煩わしくて結局DVの魅力の前に進行停止状態。

アルテマの掲示板と比べると、ポケモンの掲示板はモラルが高いのですが、同時に志というか、「ガチ勢」のニオイが結構強くて、僕みたいなエンジョイ勢からすると、

 微妙に内側に入れない壁を感じたり、、、

エンジョイ勢でも十分やることはあるし、過去作と比べてもかなり遊びやすく、かゆいところに手を届かせる仕上げだと思うのですが、

 なんだろ、表面だけなぞってるんだろうな、って思ってしまう感じ?

風呂敷広げてしまいますが、僕の中で初代ポケモンは全てのコンピュータゲームの中でもっとも凄いゲームだと思っています。極端な話、見た目以外は初代から何が進化したのか、いや、見た目もデザイン面では初代が未だに超えられていませんし、音源は進化してもメロディは、これもまた初代を超えられてない。

 FFやドラクエ、マリオやゼルダとは違う「憧憬」を初代に描いてしまっているみたいな。憧憬って何?

そんな「初代厨」からすると、どこか物足りないと言うか、「もっと劇的な何かが欲しかった感じ」がしてしまう、みたいになってしまうんですよね。キリオさんはモンハンやってらっしゃらないかも知れませんが、モンハンワールドに感じたソレと似てるというか。キレイだけど何も変わってないような、みたいな。

 まぁモンハン初代はキツ過ぎて今遊ぶのは自虐以外の何物でもないんですが。

なんだかよくわからなくなってしまいましたが、もし自分の子供がポケモンを楽しめる年齢で、家にスイッチが2台あったら、絶対一緒に楽しんでたと思います。それは間違いないですね。てか、小学4年くらいの男の子が欲しい!笑

●幸せについて考える

どもnoriくん、ここに入れちゃうと読んで貰えないかも知れないけど、基本順番にレスを書くようにしてるので、
※それを破るとホント混乱しちゃって、同じコメにレス2回書きそうになったりするし
遅くなって申し訳ない。

 お金と、あとからどれだけお金を積んでも交換できないものは、なるべく交換しないように

僕にはそう言う(結婚適齢期を逃してしまった)友人とかが居ないので、実のところ本当の意味で実感は出来ないのだけど、

 どれだけお金を積んでも交換出来ないものってそもそも何だろう

ってことは思ったりした。「時間」だと言ってしまうのは簡単なのだけど、「チャンス」って言葉に置き換えてもいいと思う。チャンスは必ず巡ってくるわけじゃない。でもチャンスを活かすも殺すも自分次第だとも思う。チャンスは時間と密接な関係があり、逸してしまったらそれっきり。

 チャンスとは何か。

チャンスとは、たぶん自分から能動的に活用する時間全て。誰かに流されたり促されたりすることじゃなく、自分から選択し実行することは全てがチャンスであり、そのチャンスを素晴らしいものにするか、取るに足らない浪費にしてしまうかは、自分次第なのだろうな、と。

もちろん能動活用だから選択権があるわけで、やらない方がいいこともいっぱいある。それがつまり浪費に繋がる選択であり、素晴らしい選択=チャンスを活かすと言うこと。

・・・たとえば、こないだの古い映画館の写真を探すのとか、普通にスゲェ楽しくてワクワクして、「やって良かった」と思う。

別に一度見た映画や、クリアしたゲームをまたやったっていいと思う。新しい物が必ずしも素晴らしいわけじゃないし、自分の置かれた環境とか年齢、経年による価値観の変化で全く違った良さ、面白さが見えるかも知れないから。

 でもやっぱり人生には終わりがある。無駄にしたくない気持ちも凄く強い。

体調を崩したくない。何よりも強くそれを思う。体調を崩すと、楽しめたはずの物が楽しめなくなる。まず健康でありたい。でもそれも「願えば叶うってもんでもない」。

 死にたくないって思ったからって死を免れるわけじゃない。

でも、もしかしたら病気になってでも見過ごすべきじゃない「とんでもないチャンス」もあるかも知れない。今でも子供と二人寒い夜に並んで買ったWiiの想い出はかけがえが無く刻まれている。あんな楽しいこと、一生の間に何回あることやら。

 何か楽しいことがきっとまだ残されてる。踏み込んでみないとわからない何かが。

だからターミネーターも見に行くし、同窓会も参加する。友達と3時間LINEしたりするのさ。

●568

どもですまぐろさん、Fauさん、DV面白いけど、もどかしいです。

>まぐろさん

コミックエースかな、鳴り物入りで始まった頃のことを覚えていますが、そりゃもう「面白れぇ!!」って思ったもんですが、長続きしなかったんですよね。僕の中のブームが。

アニメ化されたときも同じ感じで、その後何度も接点があるんですが、続かない。相性が悪いと言うか。

それはそうと、DVステージ1で2000点も差を付けられてしまって、

 どこで埋めてるの!?

って思いました。まだ1-5の1キルチャレンジはしてないですが、ステージ2は、

 被ダメしてもスコアが伸びる選択をしたい

を念頭に置いてやってます。と言うかたまたま2-5で被ダメしつつ出したスコアが未だに抜けないだけなんですが(^^;。

 でも面白いな、と思いました。

>Fauさん

 Fauさんの幻獣レーゲンが裏山過ぎ!笑

てか、先日キリオさんに教わった鹿マラ1ターンの時にも思いましたが、スパトラの有無が何だかんだでモノを言うんですよね。ユニットはもちろんなんですが、思いの外出力に差が出るのはそこだな~って。

最初「ミッション報酬が無くなる2ー2以降」って言葉の意味がわからなかったのですが、そう言えば2-1までは有りましたね>ミッション報酬。だからいつもやらない人もモチベを高めてチャレンジした結果、いつもよりスタートダッシュがシビアだった、、みたいな。

 このまま魅力というか楽しさに気付いてみんなやり始める可能性も無くもなかったり。でもってそれが運営の思惑なのかなぁと慮(おもんばか)ってみたり。てかATOKのくせに「おもんばかる」変換しねぇんだな。

もう150位くらいに落ちちゃってるから、500位はやっぱ厳しいだろうと思いつつ、やるだけやる感じですね。ロイ(ドラクエ)と四天が活きる面がどれだけあるかって感じかな。

-----------------------

パートが体調崩してて現在9連勤目。朝のんびり寝坊出来る日が週一くらいでは欲しいと思ったり。でも自分が健康であることに、それ以上に感謝したり。

| | コメント (2)

2019年11月20日 (水)

過去最高にくだらない話

 お腹空いた!

ハンバーガーが食べたい。出来たらビックマックが食べたい。こないだ問屋さんに客注の品を取りに行く道すがら、おもむろに「スゲェビックマックが食いてぇ!」と言う衝動に駆られ、道中にあるマクド:ドライブスルーへ。

 「ビックマック単品で」

 「ご一緒にポテトはいかがですか?」的なヤツ。実際は「新発売の○○はいかがですか?」だったかも知れない。

 「単品で」

言ってから「セットではないビックマック、でも他にも何か注文する可能性が残されている言い方だったな」と反省。次回からは、

 「ビックマック単品のみ他は一切要らないいくら?」

と言うようにしようと思った。

以前未来創造堂で「ビックマック好き」として出たのは、八嶋智人だったか。オーロラソースにゴマ付バンズ。てか「パン」なのに「バンズ」なのはなぜ?永遠の謎のひとつ。一緒に出てた加藤あいもかわいかったが、

 「ビックマックは特別」

と仕切りに八嶋がアピールしてた。ソースもパンもビックマックは特別だと。つか、昔食べたビックマックは「こんなじゃなかった」気もしたけど、まぁ「ビックマックは時代を映す鏡」という言葉もあるし、その時々で移りゆくモノなのだろう。てか、

 細切れのレタスとタマネギがこぼれまくって、「車の中で食うもんじゃねぇな」と軽く鬱になったけど。

 それでも「空腹時のビックマックは、慌てるように食べてしまう」。

ノドにつかえて苦しいくらい。もっと落ち着けオレ、と思いつつも、ついついがっついてしまう。てか「がっつく」という言葉は、「空腹時のビックマック用」に用いるのが最も適切な気がする。

ちなみに、ビックマックが食いたい時に、お茶濁しで普通のハンバーガーを食べると、

 殊の外切ない感じになる。

ビックマック380円は確かに安くない。だけど、普通のハンバーガーを食べてしまうと、「プライスレスな喪失感」に見舞われてしまうのだ。何というか、

 「ビックマックだったわ、、、ビックマックだった。ビックマックにすべきだった、、、嗚呼、、、」

と思う。

 おにぎりが食べたい時もある。

ビックマックは近所にマックがないので、その願いを叶えるのはちょっと面倒くさい。ちなみに、

 そうしょっちゅうビックマックが食べたくなるわけではないので念のため。

 でもおにぎりは結構頻繁に食べたくなる。

てか、かみさんには悪いが、僕は、

・おにぎり
・お茶漬け

が相当好きなのだ。頼んだら100%自分で作れと言われるので頼まないが、空腹時に何が食べたくなるって、おにぎりが食べたくなるのだ。

別に具に対するリクエストはそこまで強く無い。

・めんたいこ
・ツナ明太※新顔
・昆布
・エビマヨ

この辺りが割と僕の欲求を満たしやすい。てか、昼休憩には自宅に戻るのだけど、その道すがらにおにぎりを買うのは、人としてどうかと思ってしまう。

 家に帰れば、何らかの昼飯が用意されている可能性が高い。
 ※時々無い時もあるけど

でも、

 だがしかし、、

  今の自分が最も食べたいのが、、、

 おにぎりやビックマックだったりする時って、あるよね!?

そう言う時、人はガマンすべきなのか。ガマンせず、遠回りしてでもマクドに寄ってビックマックを買うべきなのか、、、。

 10割ガマンする。なぜなら面倒だから。

「その程度かよ」。確かに。でも、、、、その程度なのだ。だからこそ、

 普通のハンバーガーにしちゃったりするのだ。

そして後悔する。ああビックマックにしておけば良かったと。自戒する。次回はビックマックにしようと。自戒だけに。

ちなみに、ビックマックと双璧をなすハンバーガーは、実はそれほど多くない。と言うか、ビックマックの何が素晴らしいかと言えば、

 ずっとビックマックがあること。

その昔ロッテリアに「BBバーガー」というハンバーガーがあった。パティが2枚とトマトとかが入ってるヤツで、これも相当美味しかったのだが、

 ほどなく無くなってしまった。でもって復活した時は随分「美味しく無くなってた」。

モスもそう。僕が好きだった「きんぴらライスバーガー」や「焼き肉ライスバーガー」。今はたぶん無い。スパイシーモスバーガーやスパイシーチリドッグは、美味しくてまだあるかも知れないけど、

 ハラペーニョが少ないと殺意にまみれてしまうだけなので、めっきり足が遠のいた。

写真通りのものが出てこないケースの方が多いのが外食産業だとは思う。でもだがしかし、モスに関しては「他より値段が高い」のだから、そこはしっかりしたものを出して欲しかった。

 だったら他行くわ。

ってなもんである。

でもビックマックは違う。昔も今も、変わらずビックマックのままだ。強いて言えばパッケージがスチロールから紙になったりはしたけど、「価格を上げても物を変えない」スタンスを、僕は大きく評価する。

みんなもビックマックが食べたくなってきたことと思う。深夜更新直後に読んじゃった人とか、その衝動はより顕著で、そしてもし買いに行って食べたとしたら、相当な罪悪感にまみれてしまうかも知れない。

 だが、きっと、そのビックマックは、、、

 間違いなく美味い。

ビックマックは「食いたい時に食う」食べ物として、相当上位に位置する。さあ、みんな、車を飛ばして買いに行こう!

 「ビックマック単品のみで!」

・・・もちろん「正しくはビッグマック」であることは、わかってるよ?

| | コメント (0)

2019年11月12日 (火)

つれづれに

最近傾注するコンテンツが枯渇気味。こんなんじゃダメだと思いつつ、日々が浪費されていく。小さな話をいくつか。

●沸騰ワード

自衛隊大好きカズレーザーの回。ブルーインパルスの回が最高に良かったのだけど、毎回必ず見てるわけじゃないので、前回の特集は見損ねてしまっていた。超残念。

でも今回は、

 マッハで録画開始!

僕はこういうバラエティネタが大好きなので、普通に繰り返し見たい人なのだ。

今回のネタは、自衛隊の富士総合火力演習と、事前の体験入隊?の模様。リアルな戦車や、主砲発射の際の車載カメラ映像、タイムオンターゲット、TOTと呼ばれる同時弾着等々。

キャタピラではないタイヤの戦車や、
※都市戦用。ただし、タイヤはコンクリのように堅く、銃弾も弾く仕様。1台7億円。
移動可能な榴弾砲台。
※「榴弾」とは、放物線を描いて長距離、約30km離れた狙撃を可能にする弾(たま)。
実際の火力演習の模様等々。

全国から24000人も集まってるのに、

 それが「抽選で選ばれた人達」、それも「3年目にやっと当選した!」と言う人まで。

どんだけ見たい人が居るんだよ!って感じだったけど、

 確かに本物の迫力はカクベツ。

映画とは違う「空気に重み」がある映像で、なかなかになかなかだった。

面白いのは、カズレーザーの知識に対して、自衛官が「嬉しそうなところ」。「お詳しいですね」とはリップサービスではなく、本気の感心って感じで、自分達の仕事を知って貰えているのがたまらなく幸せな感じが良かった。

 まぁ当のカズレーザーは、意外と感動とかするタイプじゃないのが残念ではあるのだけど。

そこまでリアクションが上手い芸人じゃないんだよな。知識はあるし、要所要所で外さないけど。

次回もスゲェ見たいし録画したいけど、いつやるかわからないのが悔しい。てか過去の動画も探せば見つかるかな。

●早寝早起き

風邪気味だったこともあり、最近は睡眠時間が長い。仕事も忙しく、
※パートさんが風邪やら何やらで休みがちなのもあって
いつもより疲れてるってのもある。

ただ、寝るとやっぱプライベートの時間は少なくなるわけで、

 ぶっちゃけもったいない。

でも、だったら何をする、と言う答えがない。ポケモンソードには少なからず期待をしているけど、正直スイッチがちゃんと動くかチェックしてないのでちょっぴり不安。何とかなるかな。

●歯磨き

こないだテレビで、

 歯磨き後のうがい(口内のすすぎ)は1回

と言うのをやってた。新潟の小学校では、それを推奨していることもあり全国で一番虫歯が少ないのだとか。

 たかがそれだけのことで!?

とも思うが、だからこそ、

 なぜそれを教えなかったのか

と強く思った。僕は49年の半年生きてきて、一度もその情報を誰かに教わった記憶がない。「風邪予防にはうがいを」とか「マスクを」「手洗い励行」そんな話は耳にオクトパスがエマージェンシーコールを響かせるほど聞いているのに。

 何かよからぬ組織の圧力が掛かっているのでは?

ちょっとそう思った。うがいの回数を減らすことが日本経済を揺るがす大事件に発展する恐れが、、、みたいな?

 それ以来ぼくもうがいは1回にしている。

時短にもなるし、いいことづくめだ。ま、

 既に虫歯だらけなワケだけど!

●カンナが、、、

ちょっと前の話。もしかしたらブログでも書いたかも知れないけど、ウチの愛猫カンナが、深夜3時半頃、凄まじい金切り声と共に、何か動物を加えて帰宅してきた。

 文字通り「キーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!」と言う声は、文字通り「耳をつんざく」ようで、ぶっちゃけ凄くうるさかったのだけど、

最終的には何とか追い出すことが出来た。てか血みどろになりながら口からしっぽだけ出てる映像とかはさすがに見たくなかったし、そこまで「小型」でもなかったのだけど、、、

 ターゲットは体長35cmほどの、ネコ科っぽい獣。

とにもかくにもニオイが臭くて、しばらくカンナもかなり臭かったのだけど、その時はよく調べなかった「その獣」を今何となく調べてみたら、、、

 イタチだった。

動物園とかでは見たことがあったかも知れないけど、まさに目と鼻の先の近距離で見たのは初めて。そして、

 イタチがここまで臭いとは知らなかった。

イタチと言えば、ガンバの冒険に出てくる「白イタチのノロイ」があまりにも有名だけど、

 あんな臭いなんてエピソードはなかったような、、、

ガンバを作った人たちも、きっとリアルなイタチを間近で見たことはないんだろうな~って思ったわ。

ちなみに、ルックスはとてもかわいい。臭くなくて、声がかわいければ、十分ペットにしたいレベルだったよ。

写真も何枚か撮ろうとしたけど、暗いところに居る時しか落ち着いて無くて、結果全く見られるレベルでは撮れなかった。ただただ家を臭くして帰ってったわ。

●PCの調子がいい

10月からの政府還元事業と、ペイペイ5%還元が活きてる間にPCを新調しようと画策してたけど、

 気温のせいか、PCの調子がすこぶるイイ。

Windows7のサポート終了まであと半年くらいと迫っているので、いい加減重い腰を上げなきゃイケナイとは思うのだけど、、、。

 壊れてなければそのまま使いたいと思うのも人情だよね。

お金もそうだけど、スゲェ面倒だし>PCの移行

みんなは何年周期くらいで買い換えてるんだろ。

●相変わらず高木さん

実は今でも高木さんを見続けている。と言うか、他に心を動かされる作品がほとんどないのと、

 繰り返し見ても癒されるレベルだったから。

特に2ndシーズンの11話12話は、オフラインで見られるようにネットフリックスのダウンロードまで使ってる始末。

 たぶん30回くらい見てる。

残りの人生もそう長くはないと言うのに、こんなに同じコンテンツを見続けて果たして大丈夫なのかとも思うけど、

 イイものは何回見てもイイ。

今更だけど、高木さんの総合評価を★★★★☆に上げる。下手すると2019年のクリスアワーどすらあり得るレベルに大好きだわ。

●ゾンビサファリパーク

何となく面白そうで見始めたネットフリックスの映画。尺は1時間半くらいだったと思うけど、

 なんと!

 ビックリ!!

 1時間くらい見るまで、その映画が「見たことがあるヤツ」だったことに気付かなかった。

途中うっすらとした既視感は感じていたものの、あまりにも薄っぺらなタイトルと、普通過ぎる原題「THE RESORT」。中身も特筆する感じがない、ステロタイプのゾンビ映画で、キャストも見覚えがあるのはこの人くらいだなぁっって、、、、

 全員見覚えがあって然るべきだったのだけど!見たことがある映画だったんだから!

ちなみにブログ内検索でもヒットしない。絶対見たことがあるのは思い出せたのだけど、
※ラストシーンが崖からのダイブとか

果たして僕が見たことがある映画をブログに書かないなんてことがあり得るのか!?とも思ったり。

 まぁ大した映画じゃないので、オススメも評価もしないけど。

---------------

ふと見たら、僕のブログのカウンターが500万アクセスを超えてた。みなさんのお陰、、、と思いつつ、長くしつこく続けてれば、それなりの数字にはなるよな、とか、もっと客受けする話や写真を貼ってれば、同じ期間で倍以上伸ばせたかもな、とも思うけど、

 基本クリスの濃い部屋は、僕が書きたいことを書きたいだけ書く場所だ。

ぶっちゃけ誰一人見に来る人が居なくても、マイペースで続けていけるだけ続けていくつもり。出会いもあれば別れもある。それはブログでも同じ。まぁ、

 秋は出会いでも別れの季節でもないけど。

とりあえず、コンゴトモヨロシク・・・。

| | コメント (0)

2019年11月 2日 (土)

昔話~その2~

これも地元民にしかわからない話。つまり常連さんの多くはスルー推奨。

こないだ「懐かしいアーケードゲームの話」を書いたのだけど、その最後に「当時の写真が見たい」と書いた。

 ・・・それって、ネットで調べられるんじゃね?

ホントは、そうして見つけた写真を、気持ちよく貼り付けてご紹介したいのだけど、残念ながら現状僕のブログの容量がかなり切迫しておりまして、、、

 え?クリスのブログなんてテキストだけだろ?

以前は違ったのですよ。以前は動画とかスクショとかを大量に貼ったりしていたのです。※PC表示にして左のメニューから「お気に入りページ」とかを見ると、いくつかその痕跡が見つかったりします。

 2GB中、1.8GBくらい埋まってる状態。

なので、どうしてもの時は掲示板を使ったりもしてたのだけど、そっちもなんだか仕様が変わったみたいで、写真一枚アップするのも超面倒な状態。

 写真を見て懐かしく思った話を、写真無しでどうやって共感しろと?

ごめんなさい。ただでさえニッチな地方都市の話なのに、さらに輪を掛けて呼び水となる映像すらない。

 まぁいつも通りクリスの独り言みたいなもんだと思って下さい。

とりあえず、「豊橋松竹」「豊橋 昭和」「豊橋 西武」みたいなキーワードでイメージ検索すれば、大抵のそれっぽい写真は見つかりますので、興味があれば、、、。

●松竹

見つかったのは3枚ほどだったのだけど、僕が直撃したのは「松竹ピカデリー」という看板のもの。右の方に小さな入り口があって、そっちが「松竹ピカデリー」「豊橋松竹」。左の方に「名画座」、その地下に「松竹ロキシー」。4つの映画館と真ん中のゲームセンター。

 なんだかウルウルするくらい懐かしい。

まさに「思い出がいっぱい」というヤツ。

・何度か書いてるガンダム。今でも名画座がマイベスト映画館。中の写真も見たかった!

・母親妹と来て僕だけ映画。迎えに来てくれた時「ごめんもう一回見たいから」と追い返したインディジョーンズ

・イデオン2本立てを2回通り、6時間くらい見てたこと

・人気がないと思ってたザブングルの大行列に面食らったこと

・ひとりぼっち一番前で見た007オクトパシー、、、

・狭い豊橋松竹でおじさんに連れてきて貰って見た「キングコング」の立ち見。あれが字幕初体験だった

●西武

大手デパートなので歴史として何枚も見つけることが出来た。

昔は「マルブツ」というデパートで、僕が生まれる前の話。ビックリするくらい小さなビルで、僕はその頃のことを知らないのだけど、豊橋出身の母方の祖父が、西武になったあともずっと「マルブツ」と呼んでいたのが思い出される。

次々と増築改築を繰り返して、見覚えのある建物になっていく。途中屋上に「ビアガーデン」の横断幕があったり、「あそこがペットショップだったんだよな」とか。

映画館は6階で、デパートが開店前に一番左端の階段と入り口だけ通れるようにしてくれて、映画館のところまで直通だった。

一番古い記憶は「ゴジラ対メカゴジラ」か「ゴジラ対モスラ」の再演。「東宝まんが祭り」と書かれたサンバイザーみたいなものを貰ったような。

作品的に一番強く残ってるのは「うる星やつら2ビューティフルドリーマー」。友達と3人で始発で来て、誰も居ない入り口のすぐ際にある地下道の入り口で寒さに耐えつつ開くのを待ってた。持っていったテープレコーダーで音声を録音。てか当時は今ほどうるさくなかったから、注意もされなかった気がする。
※結構デカいレコーダーだったから

西武は思い出がいっぱいある。地下のたこ焼き、光速船、バーチャルボーイ、ういろう、凄く小さな頃、下りエスカレーターが怖くて、一歩踏み出せなかったこととか。何歳くらいだったんだろ。おばあちゃんが下の方から呼んでて、それでも行けなくて泣き出しちゃったような、、。

あとロッテのガムの自販機があったよね。「グリーンガム」「クールミント」は今でもあると思うけど、「グレープフルーツ」「コーヒー」、そして、「イブ」って言う何かイイ感じのニオイのするガムがあった。今思いだしたわ。みんな覚えてる?バラみたいな香りの、、。

「HOW TO BUILD GUMDAM」は1も2もここで買った気がする。パソコンゲームとかも結構置いてあったんだよな。

●名豊

シャッターの閉まった入り口の写真しかなかったけど、頭の中で記憶が映像を結ぶ感じ。

 確かにこんな入り口だった、、、ような気がする。

入るとエスカレーターがあって、、、あったよな?みんな「名豊ミュージック」でレコードを買うのがステータスだった。ポスターとかなんかいろいろ貰えたりしたし。つっても自分は「レコードプレーヤー自体持ってなかった」ので、妹が買うまでは友達に録音させてもらったりしてたな~。めちゃめちゃ活気があって、イイ店だった。

●丸栄

丸栄には実はかなり思い出がない。なぜなら、

 おもちゃ売場がなかったから。ゲームコーナーもなかったから。本屋もたぶんなかったから。

でも大手だから写真はいくつか残ってる。てかダイエーの写真が全然見あたらなかったな。あっちのが馴染みだったのに。

ちなみに丸栄は、ちょっと前に「ほの国百貨店」って改名したけど、今もあるのかしら。

●駅ビル

入り口に立体的な歩行者用の通路が出来る前がどうなっていたか、もはや思い出せなかったのだけど、写真を見て、

 そうそうあったあった丸い噴水みたいなの!

凄く嬉しい感じ。入り口もそうだけど、地下道へ続く道とかのイメージも併せていろいろ思い出す。僕が知ってるのは「ステーションビル」って感じの結構大きい建物だったけど、当然以前は小さな駅から始まってるし、「僕の知らない豊橋駅」の写真もいくつか見つかる。昔の写真で一番見つけやすいのが駅の写真という気がする。

 昔からそう言うのが好きな人はいっぱい居たから。

「撮り鉄」は居ても「撮りゲームセンター」は居ないのが残念。

書かれている記事を読むと、どこそこのうどん屋が美味しいとかが目立つ。

 全然記憶にないんですけど!

自分が覚えてるのは、地下のナポリのアイスクリームと、かみさんが高校時代バイトしてた「はなびし」のお好み焼き。あと地元では売ってないちょっと変わったお菓子を売ってる店があったな。今思いだしたわ。

3階はプラモとかゲームとかモデルガンとかの店。モデルガンの店には「3cmくらいのコブラの自作フィギュア」があった記憶。ゲームの店は「PCエンジンスーパーグラフィックス」が置いてあって、スゲェ欲しかった記憶と、「ぴゅー太」も別の店にあって、物欲しそうに見てるクリス少年の記憶、、、。本屋もあったと思うけど、映像が浮かばないなぁ。

●スカラ座

古い写真を見ると、みゆき座の入り口があった道路が、「妙に広くて」、昔はこんなだったっけなぁって。幻魔大戦の記憶が強いけど、ジュラシックパークをひとりぼっちで見たのがたぶんスカラ座の末期だったと思う。途中から2館「スカラ座1」「スカラ座2」って感じになったけど、そもそもあんま魅力的な映画をやってた記憶が薄い。ターミネーターはここだったかな。

てか自分の記憶にある一番古いスカラ座が、スッと思い出せないのがもどかしい。ロビーと広小路が直結してた気がするけど。

その後ユメックスというゲーセン併設のビルになって、今は飲み屋ビルみたいになってると思う。

●東映映画館

母方の実家から徒歩10秒ほどの距離にあった映画館。まさか当時の写真が見られるとは思わなくて、

 胸が熱くなる。

確かにこんな入り口だった。こんな建物だった。左側には人がひとりギリギリ通れるくらいの狭い間口の階段と、「2階アニメイト」の貼り紙。右側は、たぶん日活ロマンポルノ。エロいポスターをチラ見した記憶。

映画館で見たのは、、、「竜の子太郎」は絶対覚えてる。東映まんが祭りはゴレンジャーとかかなぁ。記憶が曖昧。あーーなんの映画をやってたかとか記録が残ってればいいのにな~。

--------------

振り返ってみて思い出すのは、「映画のこと」。前回ゲームの話を書いたからってのもあるかも知れないけど、僕にとって豊橋は「映画の町」「母方の実家の町」だったな。

きっと細かなところまで見ていけば、今でも40年前のままの景色もあるんだろうけど、
※そもそも母方の実家の通りなんかは、割と当時のまま、、、で閉店しちゃってたり

やっぱり変わってるところのが多い。中古ゲーム屋とかオモチャ屋、本屋は、全部で10件以上潰れちゃったもんな、、、。

お正月にでも、現存してるゲーセンの写真とか撮りに行きたいって強く思った。今の僕には思い入れは薄くても、未来の誰かが「これ、超懐かしいんですけど!」って笑顔を見せてくれる気がする。
※潰れる前提かよって話だけど

| | コメント (0)

より以前の記事一覧