日記・コラム・つぶやき

2018年2月17日 (土)

つれづれに

なんか休日を浪費してしまった感が否めないが、今日は2/14。そう言えばバレンタインデー。昨日娘が作った友チョコのお裾分けをくれただけ。まぁ問題ない。

●カスペルスキー更新

エクスヴィアスプレイ中、PCを放置してたら、いきなり停止。僕は自動停止を設定してないので、普通の動作ではないのだが、とりあえず気にせず翌日。

 まんまと立ち上がらない。

うーむ。とりあえず起動しようとすると、起動画面になる前にまた再起動を繰り返してしまう。

でもそこまで慌てない。なぜなら、1、2年くらい前に同じような症状になり、

 たぶん原因は「マザーボードの電池」ですよ、と。

既に電池は買ってあったので、フタを開けて交換。無事起動してくれた。
※なぜか起動するまでかなり時間が掛かったけど

しかし、起動後IEを立ち上げると、「証明書が発行されていません」みたいなメッセージが出て、承認するだしないだの繰り返し。おもむろにカスペルスキー(セキュリティソフト)を起動すると、

 期限が残り18日

うーむ。これが原因、、、なのか!?

わからなかったが、とりあえず残り18日なら、今更新手続きをして、「期間終了後に延長する」ようにしておくのも悪くない。結構面倒だった気もするが、
※僕は3年5台コースを買っている
まぁ休みだし、いざとい言う時にサポセンに電話出来る時間にやったほうがいい。

 ・・・てかその途中で、PCの時計が狂ってることに気付く。

狂ってるというか「初期化されてた」ことに気付く。2009年。このPCを買ったのがこの頃だったのかどうだったのかはよく覚えてないが、とりあえずこれを直したら、証明書ウンヌンのエラーは出なくなった。

 まぁせっかくだからカスペルも更新するけども。

そんな気持ちになってた矢先、いつも行く掲示板に、

 この広告から飛べば3000円オフ

というカスペルスキーのバナーを発見。てか、普通に買おうとしたのが11000円で、この広告では12150円が9150円という、

 微妙に3000円オフじゃねぇじゃん

って感じだったが、まぁ良い。とりあえずそのバナーから更新手続きをしようと思ったのだが、

 わずか18日とは言え、それが無駄になるのは悔しいので、「無駄にならないための手順を具体的に訊こう」と思って、書かれていたサポセンに電話したところ、

 全然違う部署というか、会社に繋がった。

聞けば、そのバナーのある会社は、ある種の仲介業者で、自動音声中に適切なボタンを押さないと、意図する購入や更新の部署には繋がらないとのこと。

軽く愚痴をこぼしつつ、いろいろ話をして、結局別にテクニカルサービスにかけ直すハメに。

 そして10分以上待たされるハメに。

ただ、そこで出てくれた女性(35歳<年齢聞いたので間違いない)のオペレーターが、結構気さくで話しやすく、無事更新が完了できた。

・・・

人によっては、こういう作業が面倒で好きじゃない、と言う人も多いとは思うけど、自分は実はそれほど嫌いではない。画面に映った情報を相手に正確かつ高速で読み上げることや、IDやアクティベーションコードを、、たとえば「D」を「デー」と読んだり、相手が「ブラックのB」と言ってもその意図がスッとわかったりするのは、ある意味

 気持ちのいいコンセンサスを取る娯楽の一種

と感じたりするのだ。「0」を「ゼロまたまはオー」と読み上げたりするのが、結構楽しいのだ。

ちなみに、キーとなることとしては、古いバージョンを一度アンインストールしなければならないということ。その時にユーザー情報みたいなのを削除しないようにすること、認証IDの横にある「×」マークをクリックしないこと
※これをすると「18日」が消えてしまうらしい
と、新たにインストールする際は、

 進捗バーが「残り5秒」と表示されてから、余裕で10分近く待たされたこと。

ウソのようなホントの話。だったら残り5秒と表示するなよって話を和気藹々とする時間というのは、嫌いではないのだ。

ちなみにカスペルスキーは「7」にも対応しているが、XPやビスタは対応外。3年後には7も対応外になってしまうだろうから、その間に新しいOSなりPCなりにしなきゃならいなんだろうな~って感じだったな。

●ダークソウル

オフの友人であるnori君が、PS3と共に購入し、絶賛プレイ中であるという話を聞き、懐かしながら自分も当時のことに熱弁を振るってしまった。

 なんと楽しい、そして素晴らしいゲームだったかを。

当時も書いたが、ダークソウルと言うのは、間違いなく簡単なゲームではない。ある意味プレイヤーを突き放すかのごとく、難度が突き抜けている場面がいくつもある。だが、実際に投げ出したかと言えば、存外そんなことはない。突き放している様に見えて、その実しっかりと「離さない」仕掛けがいくつもあるのだ。

プレイはオープンワールドなので、特に死んだりワープしたりしなければ、まとまったロード時間はない。戦闘もエンカウント式ではないので、その場に居る相手を倒しながら進んで行くだけ。つまり、

 テンポが良い

そして、乱数要素が極めて少ないので、一度犯した失敗から学ぶことが出来れば、次回はそこに変化、改善が見込める。高難度だが不条理ではないし、つまりはとても丁寧にプレイヤーサイドに立って構築された世界は、美麗で完成度が非常に高い。

 (難度は)易しくはないが、(プレイヤーに)優しいゲーム

なのだ。現状我が家にはPS3はない。
※トルネの使いすぎで僕のPS3は全てかみさんと娘に壊されてしまった

なので遊ぶためには、

 PS3を買うか、Steamで買うかしかない。

結構また遊びたくなってるんだよな~。特にダークソウルをさ。

追記。調べたらSteam版は4500円前後で、結構高かった。ただ、PS3を買うよりは安い。でもPS3を買えば、他のPS3ソフトもまた遊べるようになるし、4500円は正直高すぎる。
※2800円くらいなら買ってたと思う

まぁ今はやるゲームもあるし、スルーしてしまいそうかな。

●もち麦おこげせん

セブンイレブンの新商品。たまたま棚が歌舞伎揚げの横に置いてあったのでもしや、と思ってパッケージを裏返すと、

 天乃屋の文字が。

僕の脳細胞が活性化し、ページがパラパラとめくられていく。

 以前伊集院がラジオで、「お菓子のランキングモノのバラエティ」に出た際、歌舞伎揚げの天乃屋さんのラインナップで一番好きだと言ってた『古代米せんべい』って、コレの事じゃないのか?

コンビニのPB商品というのは、時として元の名前とは違う名前でリリースされることがある。これもその一つなのでは?

 ぶっちゃけ真実はわからない。が、

 普通にとても美味しかった。

これが古代米せんべいなのか否か。知ってる人は教えて欲しい。この辺には古代米せんべいは売ってないのだ。

●ゴジラ怪獣惑星

ネットフリックスにあったので、視聴開始。

 開始後1分を待たずに寝オチ。

ビックリするくらい早く眠れる動画としてオススメしたい、、、ってのは一応冗談。

とりあえず監督も作ってるスタジオも確認しなかったが、どうも「シドニアの騎士」と同じようなデザインワークで、

 4K動画だったので、えらく精細な画面に軽く衝撃。

そして「画面の精細さと面白さは全く別だなぁ」とシミジミ。てか、良くわからないが、つまりは未来の話。地球に戻ってきたらジャングルとかになって、ゴジラが居ましたよ、と。で倒すのか倒さないのかどっちなんだよ、みたいな。

オールポリゴンなので、人間もイマイチ血が通ってる感じがなく、ゴジラの描写も、

 プレステ4みたいな手触り

これを素直に「綺麗」と言える人はそこまで多くないだろうなぁと思いつつ、途中で起きてからは、最後まで見てしまった。

ただつってもシーズン1の1話みたいな扱いだったし、
※2時間近くあったような気がするけど
明らかに続き物の終わりだったので、この先どうなるかはわからないけど、

 クリスの評価的には、☆ってところだったな。

オススメ出来る人は、ネットフリックスのプレミアコースに加入していて、4Kのテレビがあり、シドニアが好きで、ゴジラも嫌いじゃなく、精細感の高いアニメをまだ見たことがない、極々一部の人。たぶん日本人で言えば3人くらいだと思うので、みんなは見る必要はないと思います。

| | コメント (3)

2018年2月 9日 (金)

かみさんの誕生日プレゼントに四苦八苦

異星への贈り物と言えば、

 その星の生命を根絶やしにするエイリアン

と相場は決まっていますが、異性への贈り物はそう簡単には決まりません。てか、世間一般で言えばネックレスとかバッグみたいなモノがオーソドックスかつ無難ではあると思うのですが、反面、

 満足行くレベルのものは結構お高い。

そもそもウチのかみさんは特にアクセサリーや化粧品にこだわりがある人でもないし、まぁ例年使うんだか使わないんだかわからないようなものをプレゼントしては、ノーリアクションを重ねているわけだけど、

 それでも投げやりおざなり適当に済ますのは僕的にNG。

結果ウケが悪かろうと、結果無視されようと、送る前の段階ではそれなりに熟考してチョイスしている。

で、今年は何にしたかというと、、、

ちなみに誕生日やクリスマスプレゼントをブログのネタに書くことは少なくないが、実は「それオンリー」で書くことはそうない。大抵はつぶやきの中にこっそり書くだけで、それだけで1回分のネタにはならなかった。

 が、今回は1回分。

なぜなら、

 結構な時間悩んだから。

つまり、「プライベートを占有した分、ネタになって貰わないと困る」のだ。

 なんたる貧乏性。ブログに絡まないと異星へ侵略も出来ないのか!

まず最初に思い浮かんだのは、

・ピアス

ネックレスはしないが、ピアスはする人なので、久々にそれでもいいかなぁと思ったのだけど、

 グッと来る物がない。

一応予算は5000~10000円というところだったのだけど、この価格帯で探すと、、、てかアクセサリー類って往々にして「ぼられてる」気がするから、人気ナンバー1みたいなところ以外はあんま信用がおけないというか、買う気になれないんだよな。で、そう言うところはまぁ高いという。

・プリザーブドフラワー

プリザーブドとは、生花を加工して日持ちするようにしたもの、、、らしい。なかなか綺麗で結構グッと来たのだけど、予算に合わせるととても小さくなってしまう。あと、オルゴールやLEDライトアップ的なところに欲を掻くと、結果近所の雑貨屋で埃を被ってそうな安っぽさが出てしまったりする。

かなりいろいろ調べたけど、一旦ペンディングに。

・バッグ

ぶっちゃけ結構イイ感じのがあったのだけど、

◎三京商会 ショルダーバッグ 牛革 2way レディース 日本製 12960円

評価コメント見たら「重い」って書いてあって、予算も少しオーバーだし、「なんか違うかな」と。軽かったらもっとお高くなっちゃうのもわかるのだけど、自分が思いバッグとかまっぴらなので、自分が嫌なモノを贈るのもどうかと思って×。

・スマホ(というかWi-Fiオンリーのガジェット)

かみさんにあげたプレゼントの中で、特に愛用して貰っているのが2015年のクリスマスプレゼントにあげた、ブルードットというメーカーのタブレット。当時7000円ほどだったが、未だに普通に愛用している。コストパフォーマンスとしては抜群に良い品だったのだが、「そう言えば・・・」とここのメーカーのサイトにはスマホもあったなぁと思い検索してみた。

 が、残念ながらスマホは絶滅しており、タブレットメインで販売していた。

あれから2年以上経ってるわけだし、だったら↓

・タブレット

新しいタブレットをあげるのも悪くないかな、と思いチェックしてみると、前回は7インチメモリ1GBだったのが今回7.9インチメモリ2GB価格9980円というのがある。

 悪くないんじゃないの?

と思ってさらに評判をチェックしてみると、、、

 スゲェ悪い・・・

結局僕が買ったBNT-71Wという型番「だけが」素晴らしかったらしく、他は何とも微妙にして不安な評価コメントばかり。さすがにこれでは買えない。てかさすが価格ドットコム、ダメなタブレットが上位に来ると言うことはない。
※BNT-71Wは、購入当時、売れ筋、注目、満足度で「三冠」を達成してたんだよね。そんな商品、どんなカテゴリであれそうそう無い。

・ドローン

普通に楽しそうで、価格も11000円が8980円なら、予算内、スペックもまぁまぁ悪くないかなと思ったのだけど、

 そう言えばかみさんはスマホを持ってない。
※前述のタブレットや長男のお古のiPhone4、いつもはガラケー

さすがにそれでは楽しめないだろうと言うことでスルーに。ちょっと残念。

・ケーキ

クリスマスや娘の誕生日などにイチゴタルトの高いヤツを(常日頃は凄く節制してるくせに)結構バンバン買ってくる人なので、ハート型のイチゴタルトケーキ5000円なんかは、悪くないんじゃないか、と思ったのだけど、よくよく考えたら、

 誕生日だろうとクリスマスだろうと、平気で家を空ける人なので、買って送られてきたはいいが、本人が居ないのでは困ってしまう。

普通に居るなら結構適性が高かったのだけど、残念ながらスルーに。

そんなこんなを考え、紆余曲折の果て僕がチョイスしたのは、、、

●花の宝石箱
https://giftmall.co.jp/giftpAQh46/?fp_source=92&fps_source=25020

最初はプリザーブドフラワーのがいいかな、とも思ったのだけど、それですら半年くらいでダメになってしまうということで、

 だったら生花でいいか、と。

ボリュームも多少はあるし、
※同ボリュームで僕が買ったのが16.5cm5000円。プリザーブドだと8000円

何より普通に綺麗。刹那的ではあるけど、だからこそ後腐れないプレゼントとして、「アリ」かな、と。

・・・

毎度毎度プレゼントのことを書く度に触れるけど、僕のプレゼント観というのは、ずっと昔に週刊アスキーで秋元康が書いていた、

 プレゼントというのは時間だ

という理念?に基づいている。価格ではなく、どれだけ相手のことを考えて選んだか、その時間こそがプレゼントの最重要ポイントだという話。

 今でもそれは変わらない。

結果相手に受け入れて貰えなかったとしても、
※つまり「ウケが悪かった」としても
それはそれでしょうがない。とりあえず、5時間くらい掛けて考えたから、これで許して貰いたいなぁってところだ。

| | コメント (0)

2018年2月 7日 (水)

560億画素の凄さ

結構有名みたいだけど、個人的に触れたくなったので触れる。元ネタは自動車メーカーベントレーのCM動画で、

●bentley プロモーションサイト
https://www.youtube.com/watch?v=DPVsal10QVw

どうやって撮ったのかはわからないけど、これを見るとまずその560億画素の凄さがよくわかる。

ちなみに「560億画素」で検索すると、すぐ下に、

 「46テラバイト 3650億画素の写真」

がヒットしたが、ベントレーの動画と比べてその見せ方が全く面白くないので、凄さは流れてこない。

で、これだけだとブログのネタとしてどうかと思うので、ここから少し自分が思ったことを書いてく。

まず、

 560億画素

ってのがどのくらいなのか。まぁ3650億画素が46TBだとネタバレされてしまっているので、実際答えが出ても驚きはしないのだろうけども、ファイルサイズをビットマップで計算する場合は、

縦のピクセル数×横のピクセル数×フルカラー24ビット÷8(ビット→バイト)÷1024(バイト→KB)÷1024(KB→MB)÷1024(MB→GB)で、ファイルサイズが計算出来るらしい。で、この静止画の縦横比が、仮に16:9だとした場合、ざっくり倍×倍、32:18で、576になるので、560億ピクセルということは、、、

 320000×180000=576億ピクセル。

さっきの計算式に当てはめると、ファイルサイズは160GB。

 ・・ん?

ビットマップは保存する方式としてはもっともサイズがデカイという認識だったのだけど、
※故に単純計算でサイズが算出出来る

もしかりに576億画素=160GBなら、3650億画素=1014GBでは?

 1TBを46TBって言ってるのはごまかしか?

ともかく、

標準的なブルーレイディスク一層式の保存容量は、22GBほどなので、先のベントレーの画像は、単純計算で、約7枚も使うことになる。

 少なくとも気軽にダウンロードってわけにはいかない。

ちなみに光回線で実測3MB/Sくらいの速度でダウンロードした場合、

 160*1024/3/60/60= 約15時間掛かる計算。

・・・それでもちょっと見てみたいと思ったり。

こないだから書いてる、「高画質壁紙」を楽しんでいる僕としては、「その世界」をのぞき見たくなってしまう。

 まぁ無理だけど。

で、次に考えたのは、そんな僕の愛用している50インチ3840×2160ピクセルで、その元の静止画を表示した場合、同じピクセルの大きさだと、実質何インチのテレビが必要になるのか。

 中卒レベルの数学知識しかない僕なので、スッと計算出来ない&間違ってる可能性が多々あることをお断りしておくとして、

 3840*2160=829万4400ピクセル。 560億/8294400=6751倍。

 6751倍ぃ!?

そんなに違うの!?まぁともかく、、、てか今気付いたけど、さっき出した32万×18万ピクセルで、今の3840を割れば倍率が出るわ。

 320000/3840=83、、、83倍!?ってことは、

 50インチ×83=4150インチ!?インチの計算が間違ってる?

軽く脳をリセットしつつ、、、

対角線が50インチのこのテレビの幅は112cm。ベゼルが約1cmなので、画面幅の実寸は110cm

 110:X=16:9 990/16=61.875 縦寸約62cm

かなり思考の袋小路に入り込みそうになるが、とりあえず32万×18万ピクセルが560億画素に近しい数値で、現状の縦横ピクセルの83倍だと単純に考えると、

 幅 110×83=9139cm
 縦 62×83=5146cm

 91m×51m!?マジか!?

あの560億画素の写真を、もし目の前にある50インチ4Kの「解像感」でフルに表示させようとすると、

 東京駅前広場の幅80mでも足りない!

 ・・・スゲェ!560億スゲェ!!!

てか実寸でスゲェ見て見たいけど、さすがにそれはどんだけ時が経っても無理だろうな~。小さくしていく方なら、スマホで表示されるような未来は来るかもだけど、物理的に横幅90mの高精細スクリーンを作るメリットがコストに合わなすぎるだろうからな。

 でもちょっと楽しかったから当然問題はない。▲▲。

| | コメント (0)

2018年1月22日 (月)

精神的に強い人が絶対にしない10のこと

以前少し触れた、TOP BUZZ VIDEOの動画にあったネタ。アルテマの掲示板とか見てると、

 かなりの人が「精神的に弱い人」になるな、と。

もちろんこれが真実でもなければ説得力を感じない人が居て不思議はないわけで、ただ個人的に自分がフィットするネタに、「ちょっとだけ嬉しくなった」って話。この部分を理解せずに読み進めると、単に僕が痛いヤツになってしまうので、忘れないように。

※「>>」のあとが僕自身の達成度(○△×三段階)と感想です。

--------------------

1.自分を嘆き悲しむことに時間を浪費しない

精神的に強い人は、自分の環境や身の上を、ただ悲しんで何もせず過ごすことをしません。悲しいときは悲しみますが、その状況が苦しければ、どう変化させるかを考え、目に進むことが出来ます。他人の注意を引くことにも興味を持ちません。

>>○:重要なのは「浪費しない」という点。悲しみや凹みすらエンジョイする選択肢を模索するのが好きだし、それが正解だと思っています。「他人の注意を引くことに興味がない」というのは、一ヶ月二ヶ月ずっとブログにコメントがなくても、書くのを止めようと思わなかった点でもYESかな、と。

2.他人に感情を左右させない

精神的に強い人は、他の誰にも自分の感情を左右させません。そのような力を誰にも与えることがないのです。「上司がむかつくんだよね」といった愚痴をこぼすこともありません。それは相手に自分の感情をコントロールされることに過ぎないと考えるからです。

>>×:やっぱ掲示板であからさまかつ不条理なバッシングを受けると動揺するし、反論もしたくなる。ただ、同時に突き放して自分をずっと高いところに持っていくことで平静を取り戻そうともするかな。これを書いた人は、そう言う状況になりうる場所に行かない可能性もあるかな、と。僕は結構踏み込んでいって、かつ逃げ出さないことが、自分なりの強さだって思ってるところもあるから。

3.自分でコントロール出来ないことにエネルギーを注がない

精神的に強い人が、過去の過ちや交通渋滞などに文句を言うのを聞くことは、滅多にないでしょう。彼らは自分でコントロールできることにのみ、フォーカスするからです。そしてそのフォーカスは、常に自分を向上させることに置かれています。自分のために誰かが変わってくれるのを待つより、自分が変わることを常に選ぶのです。

>>○:全面的に○。そして○じゃない人が凄く多い項目でもあると思う。常識の半径を広げることにも通じる。

4.ノーを言うことを恐れない

精神的に強い人には、いつも全員を喜ばせる必要がないと知っています。必要なときは、ノーを伝えることを恐れません。むしろ彼らは誰に対してもフェアであろうとし、もし自分の言動で他人の感情を害することがあっても、きちんと対処できる力を信じています。

>>○:最後の「対処出来る力」に関してはやや怪しいというか、時と場合によっては、関係を解消してしまうリスクを恐れないというか、「しょうがない」って思う。相手が自分と同じ土俵で会話が出来るとは限らないし、フェアであろうとしない相手にフェアで有り続けるのは愚かなことだとも思うから。レジメに対する答えはYESだけど、解説に対する答えはNOかも知れない。

5.リスクを恐れない

精神的に強い人は、不注意によるリスクを負うことはしませんが、きちんと計算した上で生じるものなら、決して恐れません。精神的に強い人は、大きな決断を前に、可能性のある利益と損失を考えます。損失の可能性があるのなら、きちんと相手にも伝えますし、自分でも考慮します。

>>△:自分がはき違えてる可能性も高いけど、損得勘定だけが正解じゃないとも思う。時には感情論が正解になる場合もあるから、、、。

6.過去について悩まない

精神的に強い人は、過去について悩んだり、別の選択をしていたらどうなっただろうと考えたりすることがありません。楽しかった記憶を思い出して、空想にふけることはありえません。彼らは現在に生き、その中で選択をし、未来に備えます。

>>○:これもレジメと解説で真逆の感想。過去について悩むことはない。過ぎたことをとやかく引きずったりはしない、、、ようにしている。ただ、一方で妄想や空想をエンジョイしたりもする。悩みはしないが楽しみはする。

 精神が強いことが、必ずしも娯楽や趣味を持たないことにはならないと思う。

7.何度も同じ間違いを繰り返さない

精神的に強い人は、自分の言動に対する自分の責任を理解し、過去の間違いを分析します。間違いを繰り返す弱さが自分にあることを認め、それを乗り越える努力をするのです。

>>○:これは本当にそう思う。改善の見える失敗は失敗に入らない。でも必ずしもそうならないこともあるから、努力する。エクスヴィアスで戦闘を録画したり、行動を逐一書き出したりするのは、「その努力」になると思う。

8.人の成功に腹を立てない

精神的に強い人は、他人の成功をきちんと評価します。もちろん人間ですから、それを面白くないと思うことはあっても、世界は役割分担で出来ていますし、同じだけのチャンスが自分にもあると信じています。

>>○:でもまさに面白くないと思うことはある。「禍福はあざなえる縄のごとし」ということ。

9.スローペースになっても慌てない

精神的に強い人は、常にハードワークをこなしているように思えますが、そんなことはありません。思うように行かなかったり失敗して、スローペースになることだってあります。けれども彼らのユニークな点は、そんなときでも慌てることなく、それも大きな流れの一部と考えることです。

>>○:歳取ってくると割と備わるスキルかも。てか「慌てられなくなる」という気もしないでもない。単純に反応が遅くなるというか。年齢相応に強くなる精神面もある。

10.すぐに結果を期待しない

何にエネルギーを注ごうとも、精神的に強い人は、臨む結果がすぐに現れることを期待しません。自分のスキルと才能を最大限に活用することに心を砕き、変化が起きるベストなタイミングに備えることが出来ます。

>>△:正直意味がよくわからない。具体的なシチュエーションとして、自分に置き換えられない感じ。

--------------

冒頭にも書いたけど、これは正解でも真実でもない。ただそう思ってる人が書いただけのことで、僕がそれに共感、同意出来る項目がいくつかあって、愉快だと思ったに過ぎない。言ってしまえば自己満足ということになる。が、

 少なくとも筆者と僕の2人に関して、価値観のシンクロを感じることが出来た。

もしかしたら同じように同意してくれる人が居るかも知れないし、そう言う人が読んだら、それなりに愉快に思うかも知れない。つか、

 そもそも自分は「精神的に強い人」だと思ってたけどね。

「根アカ」とか「ポジティブシンキング」ってのと、大差ない気もする。あとは単純に無駄が嫌いとか。

エクスヴィアスの状況に置き換えると、アルテマなんかは「ALL×」って人も相当数居る気がする。ちなみに自分は、

○・・・7
△・・・2
×・・・1

だから僕が精神が強いことにはならない。何度も言うけど、「精神が強いと思ってる人」ってだけ。つか、筆者は仕事面を中心にして書いてて、僕は娯楽面を中心に受け取ってるから、どうしてもそこに乖離が発生してしまうのは致し方ないね。

| | コメント (0)

2018年1月13日 (土)

つれづれに

ついこないだ書いたばかりだけど。ネタが小さいので。

●黒木メイサ

かみさんが出払ってて娘と晩飯調達しろというので、宝塔に向かったらまさかの休業。
※もしかしたら開店前だったのかも
ガックリしながらイオンへ。久々に寿がきやのラーメンを食べたのだけど、その後娘が「化粧品が見たい」というので、フラフラと付いていった。

僕は衣料品店を生業としているので、女性物の下着とかには抵抗がないし、慣れていると言えば慣れているのだけど、生まれてこの方化粧品売り場というものに行ったことが一度もなかったので、結構新鮮で、割としっかりじっくり見てしまった。

見ていて気付いたのは、化粧品のモデルというのは、

 どんなに綺麗な女性であっても、対象が男性ではない

ということ。一言で言うとエロくない。セックスアピールがない。女性が見て、「そうなりたい」と思わせるようなメイクを志向しているので、

 男はそこまで楽しめない。

ただ、黒木メイサだけは、、

 彼女だけは、ブレないな、と。

エロいって言ってるわけじゃなくて、、、なんつんだろ、ずっと前にも書いたかも知れないけど、

 黒木メイサってオンリーワンだよなぁと思う。

あの切れ長の目、というか、黒木メイサ=KATE(ケイト)の広告塔なのだけど、

 ケイトの化粧品が一切入ってこない。あと、ケイトの売り場だけまっ黒!

笑っちゃうほど「黒木メイサの売り場」になってて、まぁ確かに彼女みたいになりたい女性にはグッと来るのかも知れないけど、、、。

あと、以前ヤマトに森雪役で出たけど、

 むしろメーテルだろっ!と。

てか世界中で一番メーテルだろ、と。

まぁ金髪じゃないけど、そんなの関係ねぇ。てか、彼女をベースに、鉄郎の身長を推測すると、アニメの縮尺だと60cmくらいになってしまうので、

 誰が鉄郎役になるのか

は著しく難しいのだけど、それでも10歳から15歳くらいの少年が、あんな女性(ひと)にキスされたら、
※劇場版第一作のラストシーン
そりゃもう真っ白になっちゃうよな~って。

・・・

化粧品売り場は他にも「どうかんがえて似合わないだろ」って外人さんの口紅のポップに、

 妖怪がいた!

とか、ローラはやっぱりスゲェかわいいなぁと。化粧品が似合うし、
※特にちょっと前までやってた口紅のCMなんて、ローラ以上に口紅の印象が強く残るいいCMだったし

 思わずサンプルのファンデーションをポスターのほくろの上に塗りたくなったほど。

・・・ごめんなさい。そんなことはしませんよ?良識のあるオトナですから。

 そんなオトナはやろうとも思わないが。

5000円くらい化粧品買ってたけど、「そうなっていくよなぁ」って思ったって話。てか僕の会話でもそこそこ楽しそうにしてたから問題はないね。

●ファンタダブルゴールデンアップル

そんなイオンに行ったのが1/8。まさにCMやってたコレの発売日だったので、店員に訊くとサクッと案内された。

 もし美味しかったら1ケース買うから。

そう言って1本買って飲んでみたところ、、、

 ・・・

 ・・

 ・

読者様に昔のファンタアップル、数年前に期間限定で再販されたファンタアップルを知ってる人がどれくらい居るのかわからないけど、

 全く違う!全然不味い!

笑っちゃうくらい不味かった。てかこんなのよくCM打つ気になるな、と。昔のファンタアップルでいいだろ、と。何がダブルだと、炭酸の強さ、口当たり、後味、全てが悪い。期待が乗っかってたのも確かにあるけど、

 あの神のファンタアップルと比較しなくても普通に不味い。

コカコーラボトラーズってたまにホント酷いことするよなぁって思う。未だにQoo(クー)とか、「オレンジジュースの中で最低のフレーバー」だと思ってるし、
※特に後味が残る感じが最低

 まともな舌を持ってる人がフレーバー作ってるわけじゃないんだろうな~って。

もっともコーヒー味ペプシとかと比べたら、それはまた別の話だと思うし、

 僕自身がマスの味覚を持ってるとは思ってないけどね。

とりあえずゴールデンアップルはマイナス4点くらいの不味さだったな~。
※昔のファンタが9点くらい好きなので、しょうがないと言えばしょうがない。また再販してくれないかな~。

●寿がきやの牛丼

飯の時についでに頼んだ牛丼。

 +310円でセットに!

ビックリ。よく見たらセットじゃなくても310円。なんだよそれ、、、。どんぶりも小振りで、卵が入ってる以外は、肉も、

 吉野家の肉の約3分の1、白米も堅くて、驚くほどクオリティが低い。

二度と買わないと思いつつ食べ始めたのだけど、

 卵ってスゲェな、、、

 意外と普通に美味しく食べれてしまった(^^;。

もっともだからと言ってまた食うかと言われたら、答えに窮するけどね。てか、オーダーが娘のラーメンと僕の鳥白湯ラーメン+牛丼だったのに、ラーメンと牛丼が同じお盆に乗せられてたから、そのままコショウをどさまく掛けちゃったら、

 逆だったって話。

娘に悪いことしたわ。牛丼どころか、自分の意志で寿がきやに行くことはもう無いだろうな。

●吉野家のけんちん汁が!

まさか!なんと!!

 販売終了に!!

僕の大好きだった「牛丼並を大盛りのどんぶりで、あとけんちん汁」とオーダーし、ぶっかけて食う「けんちん茶漬け牛丼」が、

 手の届かない遠くに行ってしまった・・・

以前伊集院がはなまるうどんの無くなったメニューの再販を「お客様のお声」に投書してたって言ってたけど、

 その気持ち、今わかった。

●新しいテレビの欠点!?

概ね気に入ってたけど、ひとつ欠点が発覚。
※使ってれば他にも出てくるんだろうけど

録画とパソコンは二画面表示出来ないかも。

てか、二画面関連の操作がやりづらいというか、そもそも二画面で視聴するのはオマケ的なインターフェイスで、どうしてもステップが多くなってしまってるのが残念。てかこういうインターフェイスは高い機種なら使いやすくなってるってもんでもないだろうから、つまりはアクオスの設計、コンセプト上の問題なんだろうな。

●DTVにワカコ酒!

念願だったワカコ酒がついにDTVに!

 でも既にネット動画を漁って見飽きてた自分がいてビックリ(^^;

あと地味に画質が悪かったし。でも武田梨奈は好きなのでたぶん2、3回は見てしまうと思う。2ndシーズンもあるのかしら。てか3rdシーズンはもう出たのかな。

●忘却のサチコ

これもグルメ系のドラマ。年末年始に放送してて、

 古いテレビで録画した最後の番組に。

主演は高畑充希で、植物図鑑以来、よく見かけるようになったなぁって子だけど、

 この子って、「女優として使いやすい」んだろうな~って。

「主演が出来るレベル」とは、一体何が求められるのか。見る客層にも寄るとは思う。植物図鑑のように「女性客が男性目当てで」見に行くような映画の場合は、あくまで「引き立て役」であるのだけど、彼女の「意外と手が届きそうなルックス」ってのが、実は凄くニーズがあるんだろうな、と。

今回はかなりクセのあるマジメな子で、冒頭結婚式中の新郎に逃げられてしまうところから、とりあえず美味しい物を食べてる間だけは彼のことを忘れられる、みたいな話。特段珍しい食べ物が出るわけでも、変な食べ方が出るわけでもなく、大食いでも美食でもない、グルメ系と言うよりは、「ご飯が出てくる失恋ドラマ」って感じだったのだけど、

 もし続きがあるなら見てみたいって思う程度には面白かった。

ってかラストがあまりに唐突で、

 あと30分くらい続くと思ったのに、、、

って感じだったから、そう言う意味では満足感は高かったのかも知れないな。クリス評価★★ってところだけど。

●この写真がわかりますか?

180112boat


←この写真はある壁紙の一部を切り出して、2.5倍に拡大し、85%のクオリティでjpg保存したものです。これだけでこれが「何の写真の一部なのか」分かる人が居たら、相当かっこいい。てか、

 これがまさに僕がここ数日探していた壁紙の中のナンバー1です。

アドレスをよくよく見ると、これが何なのかバレてしまいますが↓
http://blog.madame.lefigaro.fr/stehli/Gursky%20Kamiokande%20md.jpg

出来たら4Kのテレビで表示して欲しいな~と思います。前も書きましたが、この体験というか、感覚はまさに未知との遭遇。プライスレスだと思います。

ちなみに他にグッと来たのは、
https://i.pinimg.com/originals/42/75/a3/4275a3d528b990dc8ddc41db90d4a78d.jpg

これ。ぶっちゃけどこかわからない都市の写真なのですが、この精細感は、最新の映画やゲームでもなかなか再現出来ないだろうなぁと思わせます。しばらくずっと見ていられる。

他にもいくつか保存してるのはありますが、現時点で見せたくなるレベルなのはこの2枚ですね。上のなんて★★★★です(^^。

| | コメント (1)

2018年1月10日 (水)

4Kテレビ~その2~

買って良かった!前回も書いたけど、思ってたよりずっと満足感というか、

 僕の求めていた楽しさがあったので、

もう一度触れる。現時点で大きな4Kテレビを堪能してらっしゃる方も多いと思うけど、そう言う人はスルーして下さい。てか忘れっぽいので前書いたことをまた書くと思うけど、平にご容赦。

●4Kを「見る」ためには

スマホでも対応してるモノがあるけど、とりあえず、

・4K対応のテレビ

・4K対応のグラフィックボード

・そのグラボが動くパソコン

・接続のためのHDMIケーブル

あとは電源とか座椅子とかお菓子とか? で、さらにここから、
※僕は持ってないのだけど

・4K対応のブルーレイディスクプレーヤーもしくはドライブ
※PS4PROとかXBOXONEXとかでも可。

・4K対応のブルーレイディスクメディア(映画とか)

・USB3.0ケーブル※内蔵ドライブの場合は不要

・USB3.0対応のパソコン※内蔵ドライブの場合は前述のパソコンで可

この辺りがあると、映画も4Kで見られるようになるはず。

ハードウェア以外では、

・4K表示に対応したウェブブラウザ※GOOGLE CROMEとか

これがないとYoutubeの4K動画は見られない。ちなみに、僕の知識では、現在4Kの動画を見る方法は、

 Youtube4Kか、4Kブルーレイディスク

しかないと思うのだけど、詳しい方教えて下さると嬉しいです。地デジの放送は、オリンピックの頃には4Kになってると思うってかみさんが言ってた。民放は割に合わないから今はたぶんないとも。

で、これらが4Kを楽しむ、4Kの50インチを楽しむメインだと思っていたのだけど、グラボやハードが対応してるなら、当然4Kに対応したゲームも4K映像で遊ぶことが出来るし、ともすれば、

 実写かゲーム画像か区別が付かないような写真とかも見つかる。

てか、その「写真≒静止画」が殊の外楽しかったという話。

その昔Windowsが世間に出始めの頃、僕の中では「3.1」がその入り口だったのだけど、まだネットでのやりとりがほぼない時代、雑誌の付録CDなどに

 綺麗な壁紙やスクリーンセーバーが付いてたりした。

今の人には理解しづらいかも知れないけど、わかりやすく言えば、ファミコンでは写真は表示出来ないけど、スーファミならボケボケの実写っぽいのが表示出来るようになり、セガサターンの「街」なら、十分静止画なら実写として通用するレベルに。動画として通じるようになるのはPS2以降。PS3や地デジでは解像度がフルHDまで上がり、動画の途中で撮ったスクリーンショットを、一枚の絵のように楽しめるレベルにまでなった。

 それが50インチ4Kだと、さらに、そして大幅に加速する。

「絵を楽しむ」娯楽は、人によって、経験と環境によって、楽しめる度合いが大きく異なる。美術館で一枚の絵を前にして何分もずっと見続けていられる人と、サッとチラ見して通ってしまう人。もっとも後者はそもそも美術館へ自分の意志で行ったりはしないだろうけど、たとえばマンガの原作展とかならまた違うかも知れない。

 4K50インチで見る静止画は、その域に踏み込んでいる。

ディティールDETAIL:細部・詳細が楽しめる。自分の視点を一点にフォーカスしても、そこには「何かが」ある。今まではブロックノイズやピンぼけだった部分に、それまで見えなかった物が映し出されている。

 それが凄く楽しい。

一枚の夜景のフリー写真をダウンロードしようとしたら、まるで窓の中に居る人まで見えそうなくらい精細な画面が表示され、

 オオッ

と思ったら、その刹那、

 今表示されていた写真が、画面の左上に移動し、突如全体像が現れた。

最初に見た精細な写真は、全体の一部でしかなく、4Kの威力はその精細感を維持しつつ無限とも言える広がりを魅せてくれた。

 これは愉快だ。僕が求めていた「新しい娯楽」だ!

正直そこまで気に入る写真はそれほど多くないのだが、探せばきっとどんどん見つかる。今日日スマホでも4K写真や4K動画が撮れる世の中。もちろんもっと高性能なカメラなら言うに及ばずだろうし、さらに高額なテレビ局や電機メーカーが用意した動画なんかは、まさにその一部を停止しただけでも、文字通り「絵になる」。

静止画は、JPGなら1枚で1MB前後。大きくても5MBと程度だと思う。HDD1GBで数百枚保存することが出来る。DVDなら数千枚、ブルーレイなら数万枚?

 膨大な数だ。

ワクワクする。この娯楽の「お手軽じゃないところ」にワクワクする。

これを楽しむ為には、テレビの前に居なきゃいけない。読み込むにはパソコンとインターネットが必要だし、ダウンロードするには相応のストレージも居る。スマホで気軽に撮れる写真とは違う密度と精細感を、自室で座って、文字通り腰を据えて「堪能する」。ただの写真を。でも、ただの写真であっても、

 他では見られない写真なのだ。

写真集を買っても、50インチのテレビほどに大きくもなければ、細かなところまで印刷されてもいないだろう。家にいるネコであっても、ここまで細かな毛並みとかまで視認することは難しい。女性の顔のアップに至っては、

 実物に絶対近づくことは出来ない距離から見た「至近距離感」だ。えへへ。

風景だってそうだ。「実際の景色を自分の目で見るより綺麗に見える」。ちょっと語弊があるか、実際に行ったとしてもそこまで綺麗な天気や空気で見られることはまずないし、そもそも僕の老化が進む視力では、実際の景色すらも甚だボヤけまくる。

 でも目の前の静止画はそうじゃない。寄れば寄っただけ細かなところを教えてくれる。

ちょっと笑ってしまうレベル。いや、ニヤけてしまうレベルだ。

・・・

きっと探せば信じられないような写真や絵が見つかるんだろうと思う。宝探しをするように、見たこともない世界を見つけていく。

 そんなの楽しいに決まってるのだ。

てか、未来には8Kも待っているらしい。いつ頃なのか、僕が生きているうちなのかもわからないけど、今よりさらに深く濃い世界が待ってるかと思うと、「がんばって生きなきゃな」って思う。

720pの画面でも、2m離れたらフルHD(1080p)と区別が付かないなんて話があった。逆に言えば、近づけば近づくほど、細部なら細部なほど、その差は歴然と現れる。マイナスではなくプラスで楽しもうとすれば、4Kテレビは十二分に応えてくれるガジェットだ。性能ウンヌンではなく、4K静止画が★★★★☆!!スゲェ面白ぇ!

・・・

説明書見てたらスマホの画面も表示出来るらしいと。「ん?充電端子と繋ぐのかな?」古い人間はそう考えてしまうが、

 今日日当然のように無線接続だ。

言われるままに設定をし、インターネットやスマホが繋がるようにする。かっこつけて言えばAOSSでらくらく設定して、ミラキャストでペアリングする。意味とかよくわかってないのでつまりはかっこよくもないが。

で、初めてスマホの画面をテレビに映してみたところ、

 さすが4K、フルHD以上の解像度があるスマホの画面でも、真ん中にそこそこ綺麗に縦画面を表示する。

そして、音声もテレビから聞こえるし、スマホを横に向ければ横画面になる。

 なんだ、未来って今日かよ!

そんな心地よさを感じつつも、操作するときはスマホの画面を見ざるを得ないわけで、

 意外と未来って面倒だわ

と思ったり。あ、遅延は当然ある。0.1秒くらいかな。音も時々途切れるので、基本はスマホで撮った写真や動画を見るとかかな。ちなみにほんの10秒ほどの4K動画で我が家の愛猫を撮ったら、それで173MBだった。本気でやるならスマホじゃ厳しいだろうな。

ついでにアクオスの公式静止画サイトを覗いてみたりもしたけど、そこは取るに足らない風景写真ばっかりで、

 わかってねぇな、と。

4Kであることをアピールするのは、こんな写真じゃないのにって思った。もっと細かな人が映ってるような、もっと精密機械の中身のような、解像感が嫌が応にも伝わって来ちゃうような写真が見たい。オススメとかあったらガチで教えて欲しいです。

・・・

今まで使ってたSONYの32インチも、大概惚れ抜いて買った。実家でもちょうどテレビを買い換えたいって話があったので、結果3台同じのを買った。それに関しては安かったし全く後悔もしてないが、、、今調べたら、そのテレビは2011年の7月4日に我が家に来ていた。
※当然のようにブログに書いてた
価格は39800円!思ってたよりずっと安かったけど、

 昔は1インチ1万円と言われた時代があってのぉ、、、ふぉっふぉっふぉっ

25型で25万円とかの時代がホントにあったのだ。それが、32型で39800円、1インチ1244円。50型で86184円、1インチ1723円。まぁインチ価格で言えば割高に見えちゃうけど、
※そもそもそのブラビアが安すぎたってのもあるけど

 こっちは4Kだ。

意味が違う。てか僕がもっとお金持ってたら、かみさんたちが使うリビングのテレビもこれにしてあげたいくらい。

あとは壊れずに何年持ってくれるかってことなんだけどさ。てか今思ったけど、前まで使ってたブラビアは、娘がひとり暮らしすることになったら貰われていく可能性があったりするのかもな~。

・・・

とりあえずDVDとかも再生してみたけど、何つか、、、

 この大きさでDVDの解像度は、、、結構きつい。

何というか、「モチベが下がる」感じ?せめてブルーレイで見たくなるなぁって思った。まぁ解像感を求められる内容かどうかにも寄るんだろうけど。

そう言う意味では、キャットクエストなんて、

 すぐ慣れた。

大きくなってもその分距離が離れれば、見かけの大きさは変わらないわけで、

 だったら小さいのを近くで見てればいいだろ

とも思うが、「そこまで離れなければ」やっぱり大きい。が、でもまぁ大きさよりは細かさの方がカルチャーショックだったって話。でもってキャットクエストのファンシーな画面に細かさは無縁だったって話だね。

今からグッと来る壁紙を探していこうと思う。FFとかでも検索したけど、何つか全然グッと来なかったんだよな。一言で言えば、「ファイルサイズの大きい4K静止画」が見たい。細かすぎて圧縮しても小さくならないような不規則な写真とかが見たいな~。

あとスクリーンセーバーも4K対応のとかあったら使ってみたいかも。

| | コメント (3)

2018年1月 9日 (火)

つれづれに

プライベートの時間が過ぎるのが早い。てか、

 油断すると寝ちゃってるからなのだが。

仕事終わって晩飯食って、PCの前に座ると概ね夜の9時。そこから寝室の布団に入るのがこれまた概ね3時から4時だから、6時間程度の時間があるはずなのだけど、

 ビックリするほど何もしてない。

ブログ書いたり、エクスヴィアスの消化を適当にしたりはする。でも、

 昨日とか何してたっけ?って感じになる。

いや、やってたことはわかってる。4Kの壁紙探しと、それを見てしばしウットリしてたこと。最後はロンドンのニューイヤー花火の動画を見てたら、緩い音楽にほだされてそのまま寝オチしちゃったこと。

 まぁ寝ちゃえば時間はすぐ経つけども。

でもやっぱもったいない気もする。ああでもしっかり熟睡出来るのはまさに寝オチするときくらいだから、それはそれで価値があるかなぁとも思うけど。

他に昨日は、愛猫をスマホで4K録画して、それをテレビで見てみたり、テレビの操作説明を見つつ、二画面時の操作を学んだり。てかそんなの数分~十数分だから、6時間何をしてたんだって思う。

せっかくデカイテレビが来たのだから、映画でも見ようと思うのだけど、存外モチベが上がらない。DVDでは粗すぎるし、現時点では4Kブルーレイの再生も出来ない。メディアもない。一揃え買うとなれば、3万~6万ほどの出費になると思うし、今年はスマホも買い換える可能性があるから無駄使いは出来ないし、、、。まぁレンタルで適当なブルーレイを借りて来ればいいと言えばいいのかもだけど。てか今思ったけど、画面が大きいことで、少し見上げながらブログ書いたりするその所作がより眠気を誘うというか、疲労感を煽るのかも。今までとは違う脳のリソースを使ってるみたいな?

適当に適当なことを綴っていく。

●友人Tに連絡が付かない!

久々電話掛けたら、現在使われておりません、と。自宅に掛けても出ないし、連絡くれよ。あとあけおめな。

●たぶん来年高校の同窓会

スゲェ面倒なのだけど、自分らがメインでやる年で、かつ僕は学年代表なので、それなり以上に時間が取られそうで怖い。でも昔の友人に会うのは楽しい。

●娘がテレビを見に来てくれない

まぁ興味がないと言ってしまえばそれまでか。でもちょっと寂しい。てか、明らかに男の子向けの娯楽だもんな。「精細感が、、」とか。

●寒い

昨日の夜は今年一番寒かった。てかそれじゃまだ数日しか経ってない「今年」になっちゃうので「この冬」にしておこう。吐く息は白く、寝るときにフード型ネックウォーマーをかぶらずに寝たら、頭がスゲェ寒かった。誰がハゲじゃ!

●キャットクエスト

「レベルが上がらない」というニャーゲームを無事クリアして、なんか鎧貰った。でもその鎧は通常のゲームでしか使えないのか、続けて始めた「装備が一切出来ない」ニャーゲームでは登場しない。

ちなみに、レベルが上がらない方は、とにかく装備をしらみつぶしに集めて、意志と勇気と信頼かな、本作で言う三種の神器を装備したら、割と余裕で最後まで行けた。当然その三つを集めるのが大変ではあるのだけど、、、

 てか楽しかったので詳しく触れることにする。

まず敵によって対処法があるが、レベル200のダンジョンに関しては、

まず大回りして左右のミミックを引きつけつつ、凍らせて巨大化し、通常攻撃3発、再度凍らせて巨大化を繰り返していれば、攻撃される前に倒せる。

最後の一匹は、慎重に近づいて相手が反応したら必死で逃げて、相手の攻撃の隙に凍らせて、「倒さずに宝箱だけ開けてトンズラ」。はっきり言って倒せる気がしない。

このゲームで一番強いキャラは、こいつか、あとはアイスドラゴン。凍らせる魔法がとにかく異常に強いゲームなので、
※レベルMAXの氷魔法は、相手のスピードが100分の1くらいに遅くなる。が、魔法は詠唱から発動までが早いので、表示されたら速攻逃げる
それが通る相手ならそこまで苦労はしない。だが、アイスドラゴンにはそれが通事ないので、何とかトラップ床を踏ませつつ、通常攻撃でMPを回復するを繰り返すことになる。もっとも倒さなきゃならないアイスドラゴンは、最初から最後までで1体だけだと思うけど。
※意志の力のすぐ横に居るヤツは、慎重に距離を測って近づけば、宝箱だけ開けることが出来る。ちなみに宝箱を取ったあと死んでも、それは反故にはされない。

で、そんなこんなでレベル上がらないをクリアしたら、次は装備出来ない。こっちは全ての宝箱を開ける必要がないので、少しでもお金と経験値の多い相手を倒しつつ、メインの魔法を強化し、あとは時間を掛けてミミックダンジョンでさらなるお金稼ぎをしつつ、魔法をMAXまで強化。その後は、トラップ床を作る雑魚が4体くらい居るフィールド中央やや下
※一周目は中央の禁じられた何とかにも居るが、二周目以降はミミックに変わってしまう
のヤツでレベル30まで上げ、あとはデルタの洞窟に居るドラゴンを倒して上げている。

 現在レベル60。

装備がないので、とにかくレベルを上げなければ火力が上がらない。魔法メインにしてもそれは同様なので、いかに効率よく経験値が稼げるか、になるが、デルタに居る2体のファイアドラゴンは、

 近づいてファイアの魔法と通常攻撃を誘発させ空振りさせたら、一気に冷凍、巨大化、ファイアの魔法からの通常攻撃連打で落とす。
※レベルが高くなってくれば、だけど

かなり美味しいので、今はこれでずっと稼いでいるが、こっからさきは出来たら高レベルのトラップ雑魚で稼ぎたいところ。いいとこあったかなって感じ。

時間は掛かるだろうけど、レベルが上がらないのとは全く違う攻略になるのは楽しい。まんまとクリアできたら、次は高難度へ進む予定。僕のスキルでは「9回しか死ねない」はまずムリだから。

●そう言えばまだ一度もPS4を4Kテレビに映してない

せっかくなら高画質がわかりやすいゲームを表示したいとも思うけど、それ言ったら「PRO」を買えって話になるし。

余談だけど、元旦に行ったジョーシンでは、PSVRが「今ならあります!」って売ってた。店頭で売ってるのを見たのはこれが初めてだったけど、

 発売から2年くらい経ってもまだ品薄って、ある意味スゲェ。

てか、発売前に予定されてたエースコンバットや、「VR対応」を謳ってたFF15が未だに対応してない
※釣りゲーを別にリリースは「対応じゃねぇ」だろ
ってのも別の意味で凄いけど。てか何本くらい対応ソフトがあるのか気になるっちゃ気になるな。

今んとこ大画面で遊んだのがキャットクエストとエクスヴィアスだけってのも寂しい話だぜ。

PS4のインサイドとか買おうかな→あれも大画面向けではないけども。

●Despacito Beverly

去年一年で一番僕にフックしたのが、有線から流れてきたこの曲。僕の店では、いつもJ-POPのヒットチャートを掛けているのだけど、「推奨曲」というランク外の曲として流れてた。

曲名を写真にとって、いつか家のパソコンで検索して、どんな人が歌ってるのか調べてみようと思って今し方調べて、まさに今聴いてるところなのだけど、

 ビックリ!

この曲を知ってる人なら、「何をいまさら」と思うのかも知れないし、知らない人からしたら「何ソレ?」って感じかも知れないけど、ひとまずこれを開いてみよう。

◎Beverly / Despacito -official japanese cover- Music Video
https://www.youtube.com/watch?v=aYh6SzUdkDY

ラテンのリズムが特徴的で、明らかに何かのカバーなんだろうなって感じはするのだけど、僕的には普通にこの曲にフックした。まぁマスクオブゾロやレジェンドオブメキシコみたいなバンデラスのマリアッチシリーズが好きだったってのもあるんだろうけど、、、

 この曲、この曲の原曲が、実は、、、

 世界一再生されてる曲だった!

◎Luis Fonsi - Despacito ft. Daddy Yankee
https://www.youtube.com/watch?v=kJQP7kiw5Fk

こっちは男性ボーカルのデュオで、実に再生回数46億回!笑っちゃうほど多い。AKBのヘビーローテーションが1億とか2億とか言ってたのが半透明に見えなくなってしまうレベル。

てか歌ってるのは、ロバートダウニーJR.みたいな人と、痩せたヴィン・ディーゼルみたいな人なのだけど、普通以上にかっこよく、

 PVもかっこいい。

雰囲気的にはワイルドスピードのMEGAMAXのような、メキシカンな感じなのだけど、

 自分のミーハーさにむしろ感心する。

普通にみんながいいと思う曲や絵、映画を自分もいいと思えることが嬉しい。もっとも僕には馴染みがあるビバリーちゃんの曲のが好きだけどね。てか、ちょっと短いんだけど、フルバージョンが別にあるなら、ちょっと買ってもイイかなってくらい好きなんだよな~。

てかずっとリピートで聴いていられるくらいイイな。

| | コメント (2)

2018年1月 7日 (日)

テレビ買った!

元旦のジョーシンで注文した税込86184円の50インチアクオス「LC-50U40」が到着。運送の人に設置と設定をしてもらい、無事使えるようになった。

買う前は「せっかくなら4K!」と思っていたが、買った直後に「まだ4Kの地デジ放送ってされてないんじゃ?」と思い、PS4PROも持ってないから、結果宝の持ち腐れになるかとも思ったのだけど、

 いやいやどうして。4Kで良かった。

まず自分のPCは結構古いWindows7の32BITなのだけど、壊れたりなんだりで交換したグラボGeforce750Tiが、まんまとウルトラHD、つまり4K対応だった。モニターが4Kに対応してなければメニューにも出てこないが、モニターを切り替えたら無事登場。ちなみに4Kと言っても4000×2000ドットではなく、3840×2160ドットが正解。つまりはフルHDの4倍の解像度になる。

で、その画面でPCを表示すると、

 広っ!!

今思えば、古いOSの古いモニターの時代、世間が1024×768ドットが普通だった時代に、1600×1200ドットで表示した時も同じような違和感を感じたものだけど、

 さすがに4倍じゃなかったからな!

僕はデスクトップに大量のアイコンを配置するのが好きなのだけど、それらが2列に収まっちゃってる感じ?画面スミの全画面や縮小画面のボタンまで、「中距離走?」ってくらい距離がある感じ。

文字もかなり小さくて見づらいかと思ったけど、結果画面が大きくなっている分、
※32インチ→50インチ
そこまで極端には読みづらくなってなかった。この秀丸エディタも、

 ウィンドウを画面中央下部に移動して来れば、

普通に文字入力出来る。

ちなみに画面はバカでかくなっても、PCのスペックは据え置きなので、たくさんのウィンドウを開けて、動画を見ながらゲームをやりながらブログを書く、みたいなことは、なかなか難しいかも知れない。

 PC依存の部分で全部やろうとすると。

ただ、

 ここがポイントなのだけど、

4Kのテレビ、それも型落ちと言っても1年レベルの新しいテレビともなると、当然いろんなスペックが昔のブラビアより向上している。たとえば、2画面表示は以前も出来たけど、その時は条件付きで、「HDMI接続機器を含む2画面はムリ」だった。PS4をやりながらPCで動画を見るとか、PCでブログを書きながらテレビを見ると言うことが出来なかったが、

 このテレビは出来る。

これが結構大きなメリットになる。なぜか。

 4Kなので、2画面にしたときにテレビをフルHD(実際はそうじゃなくてもそれに近い)で見つつ、PC側もフルHD相当で表示出来る。

インチ数は前機の32インチには及ばないまでも、いわゆるゲームの二画面分割とは全く次元の違う高画質高精細な2画面表示は、

 十分過ぎるくらい実用に足る。

ただ、操作関連がわかりづらいというか、まだよくわかってないので、どっちの音声を出すとか出さないとかは微妙な部分もあるけどね。

ちなみにダブルチューナーなのでテレビを二画面で表示することも出来るし、親子で右下に表示することも出来る。てか、右下にフルHDで子画面表示してもさすがに視認出来ないとは思うけど。

あと、これもちょっと嬉しい誤算だったのが、挿すことは出来ないと思っていた「コンポジット端子」も挿せる作りになってた。「作り」とは、そのまま挿せるのではなく、一旦コンポジット3色を1本のピンプラグに変換し、それを刺すという感じ。漢字が「挿す」と「刺す」になっているのは、間違いじゃないよ念のため。ピンプラグなら「刺す」かな、と。ともかく、これでPS2も表示が出来る。

・・・

PCの方に話を戻す。

さて、そんなある意味二次的な使い方を試してからは、いよいよ「4Kの映像」へと踏み込んでいく。てか、最初「4K Youtube」で検索して出てきた動画が、どう見ても4Kには見えなかった&設定も720Pにしかならなかったのだけど、

 IEからクロームにすることで、無事表示させることが出来た。

てか普通の47歳がどの程度の知識を持っているのかわからないけど、少なくともおじいちゃんおばあちゃんがこれを買って、そのまま4Kが見られるってのは、結構先になるんじゃないかなぁとは思った。現状は超えなきゃならないハードルが多すぎるもの。
※パソコン持ってるだけじゃダメ、グラボが対応してるだけじゃダメ、通信速度も無線LANじゃたぶん厳しいだろうし、ブラウザも画面設定も全部やってようやっと、って感じだからね。

動画自体は、ほぼサンプルみたいなもんだから、電気屋の店頭で見たのと大差はない。まぁ特に安い機種だから黒が浮きまくってるとかってこともないし、画面の反射は室内の明るさも影響してるだろうし。自分は基本グレア(光沢)のが好きなので、ノングレアの低反射に拘りがないってのもあるけど。

あと、見る人が真ん中固定なので、リビングのテレビのように視野角が求められるってこともない。音声は悪いかも知れないけど、ぶっちゃけPCからの音は別スピーカーで出してるので、そこまでテレビスピーカーのスペックが求められることもない。

テレビ台はそのまま使っているので、
※ちなみに重さは50インチでも20kgちょい。32インチのブラウン管が80kgだったことを思えば、随分軽くなったもんだ
結果、「テレビの中心」が、以前より高い場所になった。つまり、「ちょっと見上げるような視線」にしないと、画面全体が見渡せなくなったが、

 背もたれに気持ちよくもたれて見られるので、そう悪いばっかりでもない、、かな。

あとは、、、リモコンにネットフリックスのボタンがデカデカとあってビックリしたとか、本体は黒なのに付属のテレビ台とリモコンは銀色なんだな、とか、そう言えばPSVR用のカメラを移してなかったな、とか、Wiiのセンサーバーはこれだけデカイとまともに機能しないかも知れないな、とか、やっぱPS4PRO欲しくなるよな、とか、ブルーレイ(メディア)も4K対応してないとハードが対応しててもそう見えないんだろうな、とか、、、

 4Kブルーレイの映画、かなり見てみたいと思った。

今はお金使っちゃったのでしばらく先、それも結構な禁欲生活をした先になるとは思うけど、、、てか4Kブルーレイの映画って発売されてるのかしら。

 さすがに持ってるヤツを買う意味はないと思うけど、とにかく精細感が売りの映画とかは、結構楽しめるかも知れないな、と。

もはやそれがひとつのイベントになるようなね。DVDの解像度って1280*720くらいだっけ?それが4Kになるなら、ズバリ「9倍」の解像度だもんな。

 ちょっとゾクゾクする。

まぁつってもお金持ちの人とかは既にもっとずっと大きなテレビをもっとずっと前から持っていて、もっとずっといい音響と、もっとずっといいお菓子を食べながら(笑、割とどうでもいい映画とかを高画質で見てたりしたんだろうな。

 てかモニターまでの距離はさすがに以前よりちょっと離したけどね。

現時点ではまだほぼ使ってないので、満足度とかはわからないけど、第一印象は全然悪くない。動きの早い映像に弱いって言われても、

 そもそも4Kの配信動画がもたつくのは仕方ないと思うしね。

ちなみに今確認したら、自分のスマホギャラクシーS7エッジでも、4Kの動画を撮影出来ることが判明。つっても手ぶれ補正とか諸々の機能は使えないし、たかだかスマホのカメラでどの程度の動画が撮れるのかって話ではあるけど、

 ちょっと試してみたい気にはなった。

てかサイズとかバカデカそうだけど。

あと、PCVRのカメラをくっつけようとしたら、ベゼルが狭すぎてかなり微妙な感じに。あのカメラはもちっと上手く付けられる仕組みとかなかったのかなぁ。ただの大きな洗濯ばさみで良かった気もするのだけど。

とりあえず今日なんかブルーレイ借りて来るか、手持ちのスタートレックでも見ようかな。

| | コメント (0)

2018年1月 3日 (水)

年末年始の話

今は2日の午後6時39分。今年のお正月の話を少々。レスとかにも書いたけど。

大晦日仕事が終わって帰宅。夜6時過ぎ。年越しそばを作ってもらって、高三の娘と友人、かみさんで食い、ダラダラと過ごす。特に何をしたということもなく夜10時くらいに、もうひとり友達を迎えに行きたいので車を出してくれというので、向かえに行く。何だかんだ言ってこの3人はとても仲が良く、もし仮に今年大学に受かって家を出ることになっても、来年のお正月にはまたこうして集まる話をしてた。

 まぁ出先に男が出来て、そいつと一緒に過ごすことになる可能性が大いにあるとは思いつつ、、、

まぁ男親としてはちょっぴり嬉しい。前も書いたかも知れないが、3人は

 SNOW WIND & FIRE

って感じの名前で、結構しっくり来てるが、もちろん本人は「ウザッ」って感じだ。問題ない。

1時頃、かみさんが「豊川稲荷に行く」というので、久々に夜間の初詣に。思ったより空いていて、駐車場も普通に止めることが出来、
※つっても有料500円
お参りもほとんど待たずに終了。

 娘の学業成就、商売繁盛、みんな幸せになりますように。あとついでにガシャもいいのが出ますように。これはあくまでついでなので、もし出なくても恨んだりしません・・・

からの、その場で回して、

 ジェイク※極めてハズレ

さすが神様、優先順位もしっかり聞き届けてる。ギャフン。

おみくじは「吉」。読めば読むほど素晴らしいことしか書いて無くて、正直大吉の内容に「吉」って印刷しちゃったんじゃないかと思ったが、

 既に何が書いてあったかは覚えてない。

まぁそんなもんだ。軽く結んでおく。

で、その後焼きトウモロコシを食べたり、娘の友人が「いなりバーガー」的な?お上げにカツがサンドしてあるB級グルメ的なヤツを並んで買ったり、もう一人が「箸巻き」という一言で言えばキャベツのないお好み焼きを箸に巻いたヤツを食べたり、娘からたこ焼きを1つ頂いたりしつつ、

 今まで一度も行ったことがなかった、豊川稲荷の「奥の方」に行った。

そこには、「キツネの石像」がとってもたくさん奉られており、
※写真を掲示板にアップしたので、興味がある人は覗いてみよう!
こんな地元にこんな「オンリーワンな名所」があるとは、って感じでいい意味でビックリした。昼間来たらまた違う感じなんだろうな~。

で、そのまま帰宅。昼寝しなかったのでかなり眠くて、割と早めに就寝。

翌朝は、10時起床。娘の友達が居ることもあってか、おせちがガンガン減る。問題ないが。てか、今時の女子高生、それも三年生ともなれば、色気のひとつも出てきておかしくはないが、意外と普通である。くたびれたジャージに毛玉の付いたトレーナー。娘のパジャマを借りてる感じとか。

1時頃までグダグダしていて、その後二人を送りつつ、年始の挨拶に母方の実家へ。いつもならこのサイクルに五社稲荷への初詣が組み込まれるが、今年は豊川稲荷に行ったのでスルー。かみさんは割と五社稲荷が好きだが、個人的には断然豊川稲荷の方が好き、、というか、中学高校の頃、毎年のように深夜に行っていたので、そっちの方が懐かしさもあって惹かれてるって感じかも。

 まぁどうでも良すぎる話だわね。

で、その道すがら、かみさんがマイクロSDカードを買いに、「ジョーシン」へ行きたいと言うので、

 え?ジョーシン今改装中でしょ!いくらなんでもまだオープンしてないと思うよ?

と言ったら、確かに今日からだと。チラシが入ってたと。地図も載ってたと。

 地図を頼りにウロウロしまくってようやっと到着したら、

 つまりは仮店舗だった。

元旦から営業している家電店は他になかったこともあり、小さな店舗は大賑わい。ぶっちゃけ足りなすぎる駐車場は当然満車だったので、

 近所のヤマダ電機(2日から営業)

に止めさせて貰ってお店へ。

全然一切何も買う気がなかったが、入ってすぐに、

 電気毛布&電気ストーブ1500円

死ぬほど安い。思わず手に取ってしまったが、かみさんが「電気毛布なら使ってないのがあるよ」というので置く。ただ、

 この値段が僕の興味を俄然高めることになる。

店内のチラシやポップを見ていくと、さすが元旦から営業しているだけあって、

 かなり安い。

てか、

 50インチのアクオス69800円税抜10台限り

がとっても安い。うーむ安い。安い。うーむ安い。

 衝動買いしてしまいそうな衝動に駆られる。

とりあえず現品があるかどうかを問うと、売り場の奥の方にあるという。

そこには4台の50インチが。

前回クリスマス前にヤマダやKs電気に行ったときは、あまりの値段の高さに、「手の届かない物」と位置づけていた大型テレビ
※ちなみに我が家は、今こうしてキーを叩いてるのが32型。リビングにあるのも32型。貧乏なのでそうそう大型テレビとかは買えない。
だが、

安いのは64800円、買おうかと思ったのが69800円。そしてその横に、

 79800円で50インチ4Kのアクオスが。

これが僕の知らないメーカーだったり、お店がドンキホーテだったりしたら、さすがの僕も心は動かないのだが、

 とりあえず安いんじゃね?と。

一応外付けHDDでの録画にも対応してるし、2番組録画も出来ると言う。元々の値段は199800円だが、まぁ普通いくらなのかはわからない。ただ、

 クリスマス前に、「4Kが79800円くらいに落ちたら買ってもイイ」みたいなことを僕は書いていた気がする。

 それが目の前にある!

それも「10台限り」は既に売り切れていて、姉妹店に問い合わせをして「何とかしてくれる」という。その上、

 目の前で老夫婦がそれを買っている!

どうこの状況。もう買うしかないよね?大丈夫?お金大丈夫?設置大丈夫?今32インチのテレビの置いてあるところに、

 一気に50インチだよ?マジで置ける?

聞けば幅は112cmだという。使ってるブラビアは結構古いのでベゼルも結構な幅がある。最新機種には倍速があるが、その機種にはなく、実際色味等が弱い可能性も十分あるが、

 もう僕のテンションは「買う方」に振り切れてしまってた。

ちなみに帰宅後設置箇所の幅を計ってみたら

 115cmくらい

結構ギリであるが、まぁよい。何とかなるでしょう。てか、

 テレビまでの距離が20cmくらいしかないが、

 まぁ大丈夫でしょう。

 ・・・大丈夫か!?

ともかく在庫はないので持ってきてくれるのは4日になるという。自宅に居る時なら設置してもらうが、果たしてどうなることやら。

とりあえず、HDMI端子が4つ付いてるって聞いたので、概ね大丈夫だとは思うけど、てか現状のブラビアもしょっちゅう「カードを抜き差ししろ」って出るし、HDDも、

 スゲェ楽しみだったお正月と大晦日の「孤独のグルメ」の片方が、途中で止まっちゃったりしてガックリしたりもして、

そろそろ新しいテレビが欲しかったところでもあったんだよね。

てか、映画やゲームやるには大きくてもいいけど、こうしてブログを打つのはどうなんだろ。てか、解像度とか「4K」とは言っても、グラボが対応してないとか、パソコンのスペックが足りないとか、PS4PRO持ってないとか、

 いろんな枷がありそうではあるけど、

深く考えても始まらないしな。てか、割とテレビっていつもこのくらいの値段で買ってる気がするな。19歳の頃買った20インチや、その後の25インチ、32インチ、なんかみんな同じくらいの値段だった気がする。つまりはそのくらいの値段が「僕にちょうどいい」と思わせるんだろうな。

・・・

その後母方の実家で例年通り、トランプをやったり、飯を食ったり。せっかくなので少し書いておく。

◎トランプ

定番はニックネーム。ルールは検索して。

ババ抜きもかなり盛り上がる。補足ルールとして、賞金を付ける際は、1抜け300円、2抜け100円、ラス抜け(ブービー)が500円で、ラス抜けが一番高額にすることと、最後2人になったらどういう順番であっても必ず「2枚持ってる方が引かれる」、つまり決勝戦を残すこと。これで終始盛り上がれる。

あと、いとこのおじさんが教えてくれたヤツ。名前は知らないので、ここで覚えて、家族や友達とやってみて下さい↓

まずカードを円形になるように裏向きでズラッと並べます。ぶっちゃけ円形である必要は全くないですが、真ん中だけは空けておきます。

次に、参加者の誕生月を確認。ここで、参加者があまりに多いと面白くありません。ベストは5~7人くらいでしょうか。

あとは順番に真ん中にカードを適当に選んで、開けて置いていくだけ。そして、そのカードが誰かの誕生月だった場合は、

 マッハでそのカードの上に手を乗せます。

一番上になっちゃった、つまり一番鈍くさかった人がそのカードを貰い受け、最後一番カードが少ない人が勝ち。

13はもちろん、誰の誕生月でもない数字はそのままカードを重ねて行きます。

 で、

なんでこれを紹介したかというと、

 合法的に女子の手に触れることが出来るゲームだからですっ!

もし中学生くらいの時だったら、絶対クラスで流行ってたと思う。僕らにとっては「女子の手」でも、女子からしたら「好きな男の子の手」なわけで、メンバー次第でWinWinです。

 ただ、いざ始めると全然それどころじゃない、ある意味血みどろの戦いになりかねない熱さがあったりもしますけどね。

余りにも気合い入れて手を出すので、容易に「ぶつかり合う」のです。まぁソレも含めて楽しいってヤツですね。

◎宝探し

これは子供が5、6人居るお正月を過ごす方にオススメです。以前も紹介した気がしますが、てか毎年紹介してるかも知れませんが、普通に書きます。

用意するのは100円玉10枚と、セロテープ。一旦参加する人を部屋の外に出して、仕込み役の人がそれを室内に貼ったり置いたりして、探して貰うだけ。

1000円のお年玉増額ではありますが、値段以上に盛り上がります。一応、

・物を動かしたりはしない

・見えないところには貼らない
 ※机の下とか

・最後は徐々にエリアを狭めるヒントを出す

こんな感じで、例えば時計の真ん中とか、鍵穴の上とか、ビール瓶の上とか、おでことか、いろんな場所が考えられるし、探す方も隠す方もとても楽しめます。隠した場所を知ってると、惜しいところに近づいた時、思わずニヤニヤしちゃいますね。

◎じゃんけん

これは僕の祖母が考えたゲーム。単純に全員と3本勝負でじゃんけんをし、最多勝利の人に賞金を出すだけ。シンプルですが、

 8連敗とかすると、どんより凹むことが出来ます(^^;

ささやかで、完全に運頼みではありますが、それなりに盛り上がります。友達同士7、8人で賞金100円ずつ出し合って遊ぶのも楽しいかも知れませんね。

用紙には個々の番号を振り、例えば13番の人は、

1 ××○
4 ○○○

とか相手の番号と勝敗を書いていくだけです。

他には、百人一首や、カルタ、坊主めくりなどもお正月らしく楽しめます。が、個人的には参加者がなるべく長く楽しめる点で、宝探しとばば抜きをオススメしたいですね。今年初めて参加した、甥っ子の奥さんが、

 「こんな賑やかなお正月は初めてかも知れない」

って言ってました。てか、今思ったけど、娘の友達とかともトランプやればよかったかな。

・・・

その後、こないだ行かなかったメガドンキホーテに行って、

 トイザらスにあったような輸入オモチャとか、ヨーカ堂にあったゲームとか、ジョーシンにあったモデルガンとかがここに集まってる!

って思った。あと、ランファン
※「ランジェリーファンデーション」いわゆる女性下着
の売り場がスゲェ充実しててビックリしたくらいかな。これはエロ目線ではなく、同業目線だけど。

お菓子をいくつか買って貰って帰宅。てかお菓子はあんまし安くないんだけどさ。

帰ったらかなり眠かったので、早々に就寝。2日は、朝から録画した孤独のグルメを見ながらエクスヴィアスで経験値稼ぎ。

 まぁオーソドックスで充実してるっぽい年末年始だね。

仕事は4日からなので、明日までお休み。このままだとダラダラとゲームする普通の休日になってしまいそう・・・。

| | コメント (0)

2017年12月31日 (日)

クリスアワード2017

毎年の事ながら、「★」を3つ以上付けたファイルを探すのに手間取る。今年は、去年の方法、、、だと思しき方法が使えなかったので、

1.2017年のファイルを別フォルダにコピー

2.「butterfly_search」なるソフトをインストールし、検索対象をそのフォルダに設定

3.★3つを検索

こんな感じで抽出してみた。

ちなみにまだ21日だけど、時間が掛かるネタなので今から始める。あと今割と元気だし。

さぁどんどん書き出していくぞぃ。

・新米姉妹のふたりごはん1、2巻 7点 大好き!8点でもいいかも

・ダライアスバーストクロニクルセイバーズ 7点 最後作業で飽きちゃった

・ジャングルブック 7点 二度見たくならない

・むすんでひらいて 7点 切ない話より幸せな話が好き

・FFBEアヤカ 8点 今でも現役過ぎる

・バイオハザード(劇場版一作目) 6点 古びない面白さ

・オーロラの彼方へ 9点 二度目は全く楽しめなかったけど

・SKY FORCE RELODED 6点 2月!もう12月!そこにビックリ

・グランドスラム8の品庄の漫才 9点 最高だった。また見たい

・セブイレのチーズinスナック 6点 過去のお菓子

・ロストバケーション 8点 傑作クリーチャー作品

・FFBEブラッディムーン戦 8点 よく覚えてない

・ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド 9点 満足の塊のようなゲーム

・スタートレックビヨンド 6点 モニターからちょっと離れて見たのがマイナスか

・バイオハザードファイナル 7点 綺麗に終わったね

・スリザーパズル 7点 やっぱ面白い

・ナショナルトレジャー1&2どちらも 7点 安定してる

・インディジョーンズ魔宮の伝説 7点 今でも十分楽しめた

・侠飯 7点 今だと5点かな

・第5惑星 6点 変わった映画だったな~

・スターウォーズ ローグワン 7点 面白かった記憶が強いけど、切ない

・イーグルアイ 8点 最高に好きな映画。生涯ベスト10に入るかも。

・アナコンダ 6点 普通に面白かった

・ジャックリーチャー 6点 今だと5点かな~

・かっぱえびせん桜エビ味 8点 買えるものならまた買いたい!

・ジョンカーター 6点 意外と今でも楽しめそう

・セブイレオレンジ+メイト-レモネードのブレンドジュース 7点 美味いです!

・ドラゴンタトゥーの女 8点 超好き。DTVから消えちゃって残念過ぎる

・ハウスオブカード1話 7点 初速だけだったな~

・リトルフォレスト春夏 6点 雰囲気が好きだった。

・スリザーリンクDS 7点 やっぱ面白すぎる。あと時間食い過ぎ

・陸海空こんな時間に地球制服するなんて 7点 失速感パネェ。今は4点くらい

・ANKERのUSBケーブル 8点 大満足。こういうのもっと知りたい!

・ヒックとドラゴン2 7点 1作目が良すぎたな

・ハリーポッターと賢者の石 6点 エマだけじゃなく、ダニエルもかわいい!

・ゴシックは魔法乙女 7点 嵐のように盛り上がり、そして沈静化

・池の水抜いちゃいました 6点 今だと3点かな

・FF12 7点 まさかクリアまでやるとは思わなかった。スピード恐るべし!

・おじょじょじょ(トータルで) 9点 終わって欲しくなかったな~。

・PK 6点 今だと5点かな

・ロビンフッド 6点 エンターテイメントだけど古さは否めない

・アナコンダ2 6点 1、2甲乙付けがたい

・スターシップトゥルーパーズ 8点 絶対面白い。僕にとってだけど

・プロメテウス 6点 世間の評価と乖離してそう

・ヘルク 7点 終わっちゃったな~。面白かった!

・最強のふたり 7点 今だと8点!好きなシーンがいくつもある

・当時の広末涼子 8点 今でも6点くらいカワイイ

・SASUKE2017 7点 繰り返し見てたな~。次も録画し損ねないようにしたい

・バブルへGO! 8点 かわいかったし面白かった!

・グレートウォール 6点 嫌いじゃないマット・デイモン

・結婚できない男 7点 ラブコメってやっぱいいな

・当時のガンダム 10点 思い出すだけで胸が熱くなる

・徒然チルドレン 7点 4コマなのに傑作感がある10巻

・ワイルドスピードアイスブレイク 8点 ポール無しでよくここまで仕上げたな

・ワイルドスピードX2 7点 普通に面白かった。予算だけじゃないね

・劇場版かいけつゾロリ 6点 展開の加速感がいい

・ジュラシックパーク 8点 間違いない傑作。他も嫌いじゃないけど

・ミッションインポッシブル 6点 面白い、がどこか物足りない

・FFBE地獄の帝王エスターク戦フォーレン 8点 気持ちよかったな~

・アデライン100年目の恋 6点 結構好き。主人公が魅力的

・地球防衛軍5 6点 無難だけど、無難にまとめるのって存外難しいんだよな

--------------こんな感じ。内訳的には、

6点・・・20
7点・・・23
8点・・・11
9点・・・4
10点・・※今年のコンテンツでは0

とにかくエクスヴィアスの経験値稼ぎをしながら映画を見るってことが多かったので、

 実に33本も映画がランクイン

もちろん5点以下の作品もメチャメチャあるわけで、今年は過去最多レベルに映画を見たかも知れない。

とりあえず、各部門別に今年の一番をピックアップするなら、、、
※クリスアワードのノミネート作品

◎映画部門 ドラゴン・タトゥーの女

一番の激戦区は映画部門。最後まで「最強のふたり」「オーロラの彼方へ」と迷ったけど、ドラゴンタトゥーの女が、

 一番何回も見た。

いろんな好きなシーンがあるし、とにかく主演の二人が「良すぎる」。最強のふたりもオーロラの彼方へも大好きだけど、

 どちらもヒロイン不在なのが決め手になったかな。

二回目以降は嫌なシーンを気軽に飛ばせるのもデカい。てかDVD買おうかしら。

◎マンガ・アニメ部門 新米姉妹のふたりごはん

マンガ部門は、完結を向かえたおじょじょじょかと思わせつつ、なんだろ、ちょっと暗かった?その点ふたりごはんの一切の曇りのない明るさがホントに癒されたし、大好きだった。新刊も超楽しみだし、再読性も高い。今年のマンガナンバー1はコレかな。てかほとんど読んでない人が何を言うって感じだけど。

◎ゲーム部門 ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド

これ以外ないでしょう。とにかく満足とワクワクが止めどなく流れ出ていて、久々感じた、

 魔法のようなゲーム。

奇跡と言ってもいい。自分がこのゼルダを楽しめる自分でホントによかったと思った。

 傑作of傑作だ。

◎FFBE部門 アヤカ

本当に欲しくて、そのポテンシャル、ズバリストップ耐性&ストップデタッチが1年経った今でも色あせてない凄さ。ヒーラーとして100点なのは今も変わらずだし、さらにかぶっていた2体目も「☆7」というステップを支えることになろうとは。アヤカはマジでスゲェと思う。

----------で、ぶっちゃけもう何が今年のクリスアワードか、もはや言うまでもないでしょう。

 だから言わない。

いやいやいやいやそれは違う。

 ゼルダです。

何が良いとか何が悪いとか、そう言う次元ではない、強い満足感、強烈な楽しさ、ゲームとして求められるさまざま感覚をいくつもいくつも刺激してくれて、

 ゼルダ、任天堂、まだまだやれんじゃん

って思った。

ゼルダは、1作目が文字通り「伝説」的な面白さだったけど、ブレスオブザワイルドもまたその伝説を継いでいる。それは、タイトルロゴが全く同じである点にも見て取れる。つまり、ブレスオブザワイルドは、

 生まれたときから名作になることが約束されていたゲームだったんだよな。

伊集院がラジオで喜々として本作の話をしてるのを聞くのも楽しかったし、ある意味他の全てのゲームが色あせて見えるほど、このゼルダは凄い作品だった。

当時のブログで僕が勝手に書いたこと。

 「360度どっちに向かっても満足がある」

これはホントそう思う。物理的な意味でもあるし、観念的な意味でもある。何をしてもどこへ向かっても、そこに「楽しい何か」がある。そんなゲームは、

 たぶんコレだけだ。

---------------------------------

2018年もゼルダに匹敵するコンテンツに巡り会えたらいいなぁと思う。別にそれはゲームである必要は無い。マンガでも映画でもお菓子だってアイドルだっていい。心に強く刻まれ、迷わず1位だと言える作品に出会えれば、その1年は良い一年だったって言えると思うからさ。ゼルダは、やってるときから既にクリスアワードになるだろうなって思ってたもんな。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧