日記・コラム・つぶやき

2020年1月25日 (土)

ついに風邪ひいた~

毎度毎度「風邪をひく」の「ひく」は、漢字でどう書くんだろと思いつつ、ひらがなに逃げてしまったり。「曳く」っぽいと思ったり、意味的には「引く」でも構わないのかも、とも思ったり。

今回は、いきなり風邪をひいたと言うより、「あるタイミング」で、「移ったかな」、、、「移る」も「遷る」とか言う馴染みのない文字の方がそれっぽいかもとも思ったり思わなかったりだけど、まぁきっかけがあった。自店の催事用ポスターを保育園やら病院やらに貼らせてもらいに行った際、

 まんまと。

普段からマスクをしなれてないのが裏目に出た。店に居る限りは、そこまでうつされたりしなかったのが油断を誘ったというところか。

ちなみに風邪の潜伏期間、つまり「うつってから発病するまで」は、

 およそ24時間くらいだった。

今回は「原因」が特定出来ていたので、自分なりに「いつ体調が崩れるか」を逐一チェックしていたのだ。

ちなみにインフルエンザの場合は、1~3日でいきなり38度くらいの高熱が出ると言う。言い換えれば、

 3日間高熱が出なければ、それはただの風邪

だと言えるかも知れない。「かも知れない」と書いたのは、

 「ノーマル風邪」をひいてるからと言って、インフルエンザが上乗せされないとは限らない

と思うから。風邪をひけばその分抵抗力やら免疫力やらが低下するだろうから、「インフルエンザも貰いやすくなる」はず。

ともかく、昨晩は飯を食べて薬を飲み、早々に就寝。まだ医者には行ってないけど、薬は「パブロンゴールドA」を服用した。

以前店頭で「どれがオススメ?」と訊いて買ったものだが、昨夜おもむろにネットで一番人気の風邪薬を調べたところ、、、

 まんまと同じ品だった!

なんだろ、なんか嬉しい感じ。てか前軽く風邪をひきかけたときも、常用して立て直したことがあった。薬は言っても相性が凄くあるから、全員が全員に「効く」とは限らないのだけど、とりあえず「誰にも効かない」より「一人でも効くと言う人が居る」薬の方が、説得力がある気はする。

ちなみに、今朝熱を測ったら、36度2分だった。自分の平熱は35度台だったと思うので、微熱っちゃ微熱だけど、体は別段キツいわけじゃない。関節がやや痛いのは、ちょっと重めの荷物を持ったことと、単なる経年劣化だろう。

風邪をひく、もしくはインフルエンザを患うと、高熱が出たり、食欲が無くなったり、頭が痛くなったり、鼻水が止まらなくなったり、咳が出たり、節々の関節が痛くなったり、寝ているだけで「下側」の肉が痛くなったり、のどが痛くなったり、それによってまともに話せなくなったり、気持ち悪くなったり、目がシパシパしたり、体全体がダルくなったり、妙に眠くなったり、朝パッと起きられなくなったり、寝汗をびっしょり掻いたりするが、

今のところ適用されているのは、

・咳が出る
・ちょっぴり関節痛
・目がシパシパ

この三つくらい。食欲も普通にあるし、まぁもう少しゆっくり寝たいってのはあるけど、言うほど凶悪な状態でもない。

 このまま普通に回復してくれないものか。

とも思いつつ、

 ブログの更新を途絶えさせたくないな

とも思いつつ。

ちなみに風邪をひいてる時ってのは、存外下痢になりにくい気がするのは気のせいだろうか。朝起きて菓子パンを食い、「朝の分の風邪薬」を常温のポカリスエットなどで流し込む。平時であるなら、朝一番の飲み物は、何であれ下痢のトリガーになり得る体質なのだけど、

 今のところそんな感じはない。

因果関係があるのかわからないし、あったとしても対策もなにも無いわけだけど、

 風邪をひくことで体の中のトリガーのひとつが起動し、「ウンコを堅くする」のかも知れないな、

などと思ったりもした。てかたぶん、

 発熱→発汗して体温を下げようとする→そこに体内の水分を回す→下痢になってる場合じゃない

ってことなんだろうな。下痢に悩まされてる人は、熱を出すとイイかも知れない<わきゃない。てか笑いのキレが悪い<まるでいつもはキレキレみたいな言い方すんなや。

・・・

ともかく今は割と咳が出る。今日から普段やってるソシャゲのイベントが始まるけど、体調優先で行きたい。みんなも油断すんなよ!てかマスクはわかるけど、手洗いが風邪の予防に有効って意味があんまよくわからないんだよな。別に普段手づかみで食べるわけじゃないし。まぁ洗うけども。

そう言えば風邪の中、夢の中で車の運転をしてて、

 正面衝突した。

うわーーと思いつつ、体は痛くないし、すぐさまチェックした車も、そこまで大きなキズもない。その時点ではまだ夢の中だとは認識してなかったのだけど、

 あーーー夢だったら良かったのに、、、

 、、、?

 夢か!?

 夢だわ。無事だわ。車とかも保険とかも相手とかも関係なかったわ。

とりあえずリアルで事故に遭いたくはないよな。安全運転で行こう。

追記。1/25現在、クリスは半死半生の状態に、、、。

 インフルエンザだった!

昨晩から今朝に掛けて、熱がどんどん上がっていき、MAX38.8度。そんなのこの10年で見たことがない。
体がダルいとか、咳が出るとか、そういうんじゃない。

 体が思い通りに動かない。どの体勢でも体中が痛い。

最悪店は開けられなくてもしょうがないと言づてし、かみさんに市民病院の急患へ連れて行ってもらった。
熱は多少下がったけど、
※家にいるときにカロナールなる解熱剤を服用したので。これがなかったら今頃死んでたわ。

ステージは次の段階へ。病院ではなかった吐き気とのどの痛みが発症。もちろん何にも食べてないからゲロろうにも出ない。

ブログが途絶える可能性が出てきたな~。
※明日明後日はすでに書いてあるけど。あとエクスヴィアスも全くやってない。しょうがないわ。

| | コメント (3)

2020年1月17日 (金)

死んだらショックな他人

前も書いたけど、久々に思う事があったのでまた書く。自分の親戚やリアルな友人知人を除いた「実際に会ったことがない&ネットでコミュニケも取ったことがない赤の他人」で、もし急逝されたらショックな人の話。

別にこれを書く意図とか別にない。ネタ不足なのと、「おもっちゃったんだから仕方ない」というだけの話。

前回はたぶん伊集院光か庵野秀明監督のどっちかだった気がする。伊集院は当時ラジオを愛聴?してたし、庵野監督はヱヴァを完結される前に死なれるのはマジ勘弁してって感じだったから。

もちろん今もこの2人に死なれるのはショック。ただ、伊集院のラジオは聞かなくなって久しく、
※スマホで自由に聞けなくなったので
庵野監督は前回のQの印象があまり芳しくなく、さらに「ホントに作ってるのか」って感じもなきにしもあらずだったので。

一体誰かな~と思いを巡らす中、

 鳥山明先生の名前が浮かぶ、、、も、氏も、今のお仕事内容からしたら直接僕の生活への影響はない。ショックではあるけど、それはニュースとしての衝撃であって、僕との関係性の強さに起因する物ではない。

 僕の今の生活に最も密接な繋がりのある他人って誰だろ。

一昔前なら堀井雄二さんや宮本茂さんの名前も挙がったかも知れないけど、今はとんとご無沙汰中。同じ感じですぎやまこういちさんやジョン・ウィリアムスも、今はそこまで影響しない。スターウォーズが完結したことで、氏の仕事もある意味一区切りという気もするし。

まず、自分の生活を振り返ってみると、、、今一番摂取している娯楽は、

 たぶんテレビ。

そして、映画、アニメ、マンガ、ゲームなど。

なので定期的かつコンスタントに見ているブラウン管(今は液晶か)の向こう側の有名人は、やはり死んだら相当ショックだと思う。

 明石家さんまさんとか死んじゃったらどう思うか。

ニュースとしては凄く大きいし、少なくともビートたけしやタモリよりはショックなのは間違いない、、けど、言うほど若くもないし、「順序」を鑑みれば、そう遠い未来じゃない。普通に行けば僕はさんまさん他界のニュースを、生きてる間に聞くことになるだろうし。

同じ理由である程度歳が行ってる人はみな、そこまでショックじゃないだろうと思う。西川きよし師匠や、島田紳助が死んでも、「ああそうか」って感じだろう。

ただ、同じ年齢が上な人であっても、遙かにショックを受けるであろう人達が居る。

 アニメ関連の人。

今でも山田康雄、富山敬、永井一郎、納屋悟朗、野沢那智などの大御所の他界のキズは癒えきってない気すらするし、

 古川登志夫(諸星あたる)、野沢雅子、池田秀一など、今でも一線で活躍されてらっしゃる方々。

声優と俳優の違いは何か。人それぞれ答えは違うとは思うけど、ぶっちゃけ僕の中では、

 接触頻度、回数の違い。

僕はあまりドラマを見ず、アニメを見まくってきたので、大杉漣が他界された時も、直前に見てた「光のお父さん」からの流れでショックを受けた程度で、正直さほどピンと来ないことの方が多い。

でもアニメは、幼少期から今に至るまで、ずっと変わらずに心と耳に刻まれ続けていて、ついこないだ見たガンバですら、池田秀一&野沢雅子の声を聞くことが出来たりする。

そう言う意味では、日本の俳優より洋画の俳優や監督の方が、生死に関するショックは大きかったりする。

例えばポール・ウォーカー。ワイルドスピードの2枚看板であるイケメンが死んじゃったって聞いた時は、「もう出ないんだ、、」って。でも過去作からの再構成で出てきてて、

 何かスゲェ切なかった。

スタートレックのアントン・イェルチェンもそう。まだ若いのに、これだけ大きなシリーズのレギュラーなのに、もう彼を見ることはないんだな~って。これまで出た作品は無くならないけど、、、。

そう言う意味では、何と言ってもトム・クルーズは死んで欲しくない。ミッションインポッシブルだけじゃなく、マミーも、アウトローも、他の単発作品でも、トムの映画が無くなるのはスゲェショック。

逆に、サミュエル・L・ジャクソンなんかは、本数はメチャ多いけど、役柄的に「絶対彼じゃなきゃダメ」ってことはないかな、とか。

うーん、そうだな、男ならトム、女ならアン・ハサウェイ、監督なら、、、JJエイブラムスかなぁ。でもシリーズ物で「彼じゃなきゃ」とか「この監督じゃなきゃ」って作品が無いと、そこまでショックじゃないかも。エイブラムス監督は言ってもスターウォーズを終わらせてくれているし。ブラッド・バード監督は好きだけど今ここで推すほどじゃないし、スピルバーグ監督は、言ってもレディプレイヤー1以外はこの10年(僕の中では)鳴かず飛ばずだったからな~。あとお歳を召されてるからいつ死んじゃっても不思議はないとも思うし。

新海誠監督は、正直まだよくわからない。細田守監督、宮崎駿監督も、最近の作品に関しての「僕への訴求力」はそれほど強く無くなってるし、山崎貴監督も、戦争映画ばっか撮ってる印象がある。てか見たら見たで感動するのかもだけど。

別段富野良幸監督も、、、あ!監督で言えば、さとうけいいち監督は結構上の方かも。あとグレンラガンの今石洋之監督とか?でもその辺りを比較対象にするなら、

 庵野監督の方が遙か上空に居るな。

ヱヴァを終わらせるまでは、庵野監督が「世界で一番死んで欲しくない監督」かも。

・・・

逆に、若い子で死なれるとショックって子だと、

 芦田愛菜。

たぶん彼女が死ぬのが一番ショック。「博士ちゃん」だけじゃなくて、何に出ててもあのイノセントな清潔感というか、純粋なイメージが損なわれることが無くて、絶対死んで欲しくない。広瀬すずとか、広末涼子とか、キレイカワイイ女優さんはいっぱい居るけど、「死んで欲しくない部門」では芦田愛菜かな。

あと、木村拓哉も死んで欲しくない。理由は好きだから。ああでも今だと小栗旬のが上かな~。でもトム・クルーズとかと比べるとそこまで作品を見続けてきた感じじゃないか。

若くして他界された芸能人と言えば、ZARDの坂井泉や、岡田有希子とか。結構ショックだったな~。でも尾崎豊レベルで今死んでショックな歌手とかって、、、

 水木一郎か!堀江美都子か!ささきいさおか!?

そんな神様たちが死んだら相当ショックだな。でも最近新曲を歌ってるわけでもないし、人知れず他界された「ヒデ夕樹」さんとかも居るし、、。

 桑田佳祐!死んだらムチャクチャショック!

 松任谷由実もショック!

でもこの人達の歌も、最近特にフックしてるわけじゃない。僕以外で同じ質問をしたら、桑田佳祐が一番って人は結構居そう。あと中島みゆきとか。

・・・

自分との関係の深さ、接点の多さ、直近の鮮度が、つまりは死んで欲しくない度合い。これは別に芸能人とか漫画家とかじゃなく、普通の私生活でも言えること。10年以上会ってない親戚より、売り出しのたびに顔を合わせるお客様の方が、死に対してのショックは大きいと思うし。

今日この時点で、僕の中で一番死んで欲しくない、死んだらショックな人は、、、、

 芦田愛菜かな。

若くて実力があって魅力もあって、これからどうなっていくのか楽しみでもあり、ただバラエティやCMに出てるだけで存在感が凄くある。全然死なないだろうけど、でもだからこそ死んで欲しくない。

 まぁ今日挙げた中に死んで欲しい人なんて居ないわけだけど。

挙げてなかったけど、よつばと!のあずまきよひこ先生、甘い生活の弓月光先生も死んで欲しくない。てか、

 今の自分にとっての大切さ=今の自分の生活への関係性の深さ

だとしたら、「芦田愛菜かよ」って感じはするけどさ。案外今田耕司のが上だったりするか!?

| | コメント (0)

2020年1月15日 (水)

つれづれに

ネタがない。なぜなら、最近は疲れて割とすぐ寝オチしちゃうから。1時過ぎに起きても、そこまでネタになるようなことをするでもないし。そろそろまた何か映画でも借りないと、マジで更新に穴が空くかも。まぁ読んでる人は限られてるだろうから、いつ終わったって平気なのかも知れないけど、

 自分はまた終わって欲しくないと思ってるので。

●娘が成人式

晴れ着を着たので写真を撮った。まぁ際だってキレイとかカワイイとかでは無いと思いつつ、普通に「彼氏が居るだろうな」と思う程度の見た目なので、それなりに見栄えはする。でもなんだろ、「おお!カワイイカワイイ!」と言うような親でもない気がするので、結局「なかなかイイ感じだね」止まり。適当に笑顔の写真を撮っておしまい。まぁハタチ過ぎれば男親とのコンタクトなんてあってないようなもんが普通だと思うし。特に仲が悪いわけでもないつもりだけど。

●お土産

かみさんと娘、そしてかみさんのお袋さんが3泊くらいで旅行に行ってて、その間カレーとかコンビニ弁当を食べたりしてたのだけど、まぁ飯自体は普通にひとりに慣れてるので問題はない。てか、昔から平気だったものが今いきなり寂しくて仕方なくなったりはしない。

で、買ってきてくれたお土産というのが、

 なかなか美味しかった。

正式名「東京ミルクチーズ工場」。中にチーズが挟んであるラングドシャタイプのクッキーで、

・ソルト×カマンベール
・蜂蜜×ゴルゴンゾーラ
・ショコラ×マスカルポーネ

みたいな、ちょっとシャレオツなテイスト。

 どのチーズが本来どんな味なのかは知らないが。

クッキーはあんま好んで食べない僕だけど、これはなかなかに美味しく、「やるな」と思った。あと、かなり女子受けしそうなお土産だな~とも。
※箱の感じとかが

●お笑い

ミルクボーイの動画を集中的に見てみたけど、M-1のコーンフレークネタが頭二つ抜けて面白く、若手の中では十分過ぎるクオリティではあるものの、ノンスタイルやタカトシ、アンタッチャブル、サンドイッチマン、ブラマヨみたいなところまで登ってこれるかどうかは、やや怪しい感じではあった。

霜降り明星もそうだったと思うけど、無名なコンビがM-1を取ると、その忙しさが言葉にならないレベルになる。1年365日休みはなく、眠れるタイミングが「2日後に4時間」みたいな状況になったりする。そんな状況で新しいネタを作れるわけもなく、これまでの奥行きの広さ深さが、ここで試されることになる。

霜降り明星がラッキーで、そして強かったのは、そうしたネタのストックを抜きにしてもトーク力がずば抜けて高かったからだと思う。バラエティでさんまさんと絡んでるせいやを見ても、もはや若手のそれではない盤石さ、安心感を感じる。ミルクボーイのコーンフレークや「もなか」は良かったけど、霜降り明星の立ち位置まで駆け上がるのは、容易じゃないだろうな~って思った。

・・・

何か録画されてた番組で消せるものがないかとチェックしたら、過去のTHE MANZAIとか、ENGEIグランドスラムとかがあった。で、いくつか見てて思ったのは、

 やっぱ爆笑オンエアバトルって凄い番組だったんだなぁってこと。

全員がそうではないけど、オンバトでもまれてきた連中の方が、ネタの完成度が高い。それはエンタの神様に「だけ」出てた芸人の完成度の低さ「観客に甘やかされてる度合いの高さ」にも通じる。

結局のところ、お笑いは「笑いに厳しい人」に晒されないと、その質は上がらないし、質が上がらなければ長続きはしない。今はEXITとかもてはやされてるけど、正直はんにゃみたいに短期間で消えてしまいそうな感じが凄くする。ルックスがいいからテレビとしては使いやすい点も同じ。結局最後には「おもろいヤツが勝つ」のが芸人の世界だと思うんだよな。

まぁ社会人として最低限のマナーは必要不可欠だけど。

・・・

さんまのまんまはあんま見ないのだけど、今年のヤツはたまたま見た。ドラマじゃない時の石原さとみって、本気でカワイイなぁと思いつつ、今田が見つけてきた芸人がさんまさんの前でネタをするパート。

 キャツミ、、、マジヤバイ。

ある意味アキラ100%系ではあるけど、観客や石原さとみの笑いの大きさがハンパなく大きく、

 こっちも大爆笑。

ネタというより芸って感じで、海外でもウケそうだなぁと思ったりもしつつ、今年もしかしたら「来る」かも知れないって思った。てか、お笑い芸人ではあるけど、テレビにどれだけ出られるかは、正直運も絡んでる。「おもろいヤツが勝つ」のは「芸人」としての話。

 タレントとしては、千鳥のノブみたいに、「別の才能」が問われたりするからな。

てかキャツミは、ぶっちゃけミルクボーイより笑ったわ。

●斉木楠雄のψ難

何となく以前の話も見たくなってかいつまんで見たりもしてるのだけど、ぶっちゃけ、

 照橋さんの出てる話だけ見られればそれでいいと言うことに気付いた。

スゲェ美人で、優しいのは本当だけど、それらが全て計算尽くで、悪い人じゃないけど、下心の塊というキャラクターが何とも素晴らしい。その上で主人公に恋しちゃってるところがなお良く、

 照橋さんのパートだけを切り貼りした動画とか無いかな~ってレベル。

ただ、勢いで実写版橋本環奈ちゃんも見ちゃったけど、

 こっちは変顔に気合いが入りすぎて残念な後味に。

あんなに変顔しなくていい、、、というか、照橋さんは変顔しないのにな。なんで監督あんなことさせたんだろ。

●秦佐和子

もうみんな忘れちゃってるだろうけど、元SKE48に居た「しゃわこ」こと秦佐和子(はたさわこ)。控えめなキャラクターで一世を風靡した彼女も今は31歳。結構な年齢になっているのだけど、

 まさかエクスヴィアスの新キャラの声優をやっているとは!
 ※まだウィキペにすら反映されてないレベルの情報

巨乳メガネのキャラはしゃわことは真逆のベクトルではあるけど、声に違和感はなく、声優として着実に「自分の道」を見つけてたんだな~って。

 ご祝儀でガシャを回してしまいそうになったけど、何とか踏みとどまったり。

動画を探すと、昔の面影が一切無い「流ちょうにしゃべるしゃわこ」が。何事も経験だと思いつつ、当時はプロデューサーに「こんな感じのキャラで行こう」って言われてたのかなぁと大人の事情を考えたりもしちゃったわ。

てか、AKB関連の出身者で、今でも名前を見かける人は本当に限られてる。秋元才加と、なかやんこと仲谷明香くらいじゃないかな~。あ、もちろん指原さんは別格だけど。

●冬アニメ

いくつか見たけど、記憶に残ってるのは「プランダラ」という、太ももとかに数字がプリントされてるヤツくらい?

このネタは別に1つ出来そうだから、また改めて触れることにする。

---------

とにかく眠いのが良くない。特に22時から2時くらいまで寝オチしてしまう。で4時か5時くらいまで起きてて、また8時近くまで寝てる。

 何か人生を浪費してるような気になる。

でもまぁしょうがない。眠いのは抑えられないし、「眠い時に寝るのも結構幸せ」だとも思うから。

エクスヴィアスは現在閑散期。次のダークビジョンズが始まるのは20日頃か。スマホのストレージに余裕があれば別のゲームをやるのもいいと思うのだけど、、、

 てか2、3日前に90%だったストレージが、今84%まで下がってる理由がわからない。

うーむ謎。てかそろそろ新しい機種に換えたい気もするけど、

 その前にPCの移行がんばれよって話なんだよな。

| | コメント (0)

2020年1月 8日 (水)

つれづれに、、、

今日は大阪仕入れ。駆け足でキツかったけど、最後の名鉄1時間で、エクスヴィアスの欲しいカードが出てくれてちょっと嬉しかったり。
※タイムアップ直前

●忘れてしまいたいことがある場合

同ベクトルの楽しいことで上書きしてしまえばいい、、、と思うのだけど、なかなかその「同ベクトルの楽しいこと」が起こりうる訳じゃない場合、どうしたものか。

人は忘れる生き物。だから、何ヶ月何年先にはきっと忘れている。と言うか、

 数十年ぶりに、お袋からお年玉を貰ったのだけど、それをどこかに落としてしまったらしい。

これを忘れるにはどうしたらいいか。てか、せっかくお年玉をあげたお袋の気持ちまで忘れてしまうのはよくない。いくら入ってたのか確認してなかったので、

 実は1000円しか入ってなかった

と想定することも出来なくはないが、、、たぶん違うだろうし、厚さ重さを考えて、たぶん1枚だけであることも確かなところ。

 うーむ。どうにか忘れたい。

どうにもならないことは、「どうにでもなっていいこと」とブルーハーツも言っている。これはきっとたぶんどうにもならない。来年の元旦に母方の実家に行った際、落としたかも知れない布団の隙間を探すことは出来るが、

 そこまで覚えていることの方がむしろ損という気もする。

だったらすぐに忘れちゃった方が得だろうというわけだ。元から「あるはずなかったもの」なんだし、何にも損してないと「思い込もう」じゃないか。

 ・・・損してるしな。そりゃ無理だ。

何とか忘れ去りたい。てか忘れないといろいろ不都合がある。仕事も手に付かず上の空で、急ぎの仕事が滞ってしまう。ああ良くない。これは結果他のトラブルを併発してしまいそう、、、。

とりあえず、課金するつもりだったソシャゲをスルーして、強引に「課金した気になる」と言う方向で持っていくつもりだけど、、、。

あーーー新年早々、ギャフンだぜ。てか今年はおみくじ引かなかったけど、実は凶だったのかも知れないな~。

●SASUKEの中で流れたどん兵衛のCMが超絶かわいかった

 吉岡里穂と星野源のやってるいつものバージョンと、「3歳児」くらいに置き換えられたバージョンの二つをやってた。特に子供の方がかわいすぎてマジヤバイ。てかSASUKEが長すぎ&そこまで見所がなかったので消しちゃったけど、

 あのCMだけ取って置けたら良かったのに。

画質は相当落ちるけど、ツベにもオフィシャルにもあった。

・吉岡里穂×星野源
https://www.youtube.com/watch?v=Yxe6XWzEUBc&feature=emb_logo

・子供版
https://www.youtube.com/watch?v=EGyYWRuKtO8&feature=emb_logo

・子供版メイキング
https://www.youtube.com/watch?v=KD3qopNNCYM

順番に見よう!てか永遠に見てられるんじゃないかってくらい素晴らしいわ。

 ★★★★!

・オフィシャル
https://www.donbei.jp/cm/

過去のどんぎつねさんのCMが全部見れます。でも特に今回の「子供版」は最高だったな~。いつもの二人も大好きですけど。

・・・

たかがCMだけど、僕的には尺の長い3時間の映画より価値があることもあるな~って思った。タダでこんなステキな気持ちにさせてくれるんだから。2019年のCM大賞だな!
●キャットクエストII

二周目もさらりとクリア。てかサブクエを一切やらなきゃあっという間。

装備が1つ見つかって、あと1個が見あたらない。2周目をガチで丁寧にやってたら見つかったかもだけど、、。

前作にあった「ニャーゲーム」ではなく「ニューゲーム+」なので、変化は乏しく、開始時に敵のレベルをプラスするだけ。例えば「+100」で始めると、最初の雑魚のレベルが101になり、最強の雑魚のレベルが300になると言った具合。それに応じて貰える装備や経験値も当然上がるのだけど、数値回復のヒールは、分母だけ大きくなるのでなかなかマックスまで回復させるのが大変になる。その分被ダメを抑えるか、

 そもそも喰らわないようにするか。

装備にもレベルがあるけど、それはゲーム内通貨で強化できる。ただ、「攻撃+75%」みたいな武器は、強化してもその「%」が上がる訳じゃないので、実質そのまま。数値上昇系がレベルアップで強化される感じ。

前作のニャーゲームでは、魔法が使えないとか、レベルが上がらないとかあったけど、ニューゲーム+では、最初から水上歩行出来て、装備やレベルは据え置き。ちなみにポーズ画面左にある「!」のアイコンは、サブクエストのクリア数だったみたい。

ニャーゲーム+は最高でレベル+900くらいまであるけど、基本は、、、

・ドラゴンの鍵を二つ取って、ドラゴンの洞窟で入り口に居るレッドドラゴンが倒せるかどうか

これさえ倒せれば、あとはここでしこたま稼いでレベルとお金を貯めて、マナ回復+1が付いた杖と、ピエロみたいな青い服とマスクを強化していくだけ。てかクリアしなくてもそこだけ繰り返せば装備は強化出来そうなので、一気に端折ってレベルだけ上げるプレイも悪くないかも。

ニャーゲームに関してはまだ実装待ちらしく、どうなるかわからない。まぁ十分楽しめたから文句もないけどね。

●慎重勇者

年末でスッキリ忘れてたけど、ネットフリックス見て思いだした。つってもまだ最終話まで見た訳じゃなく、一歩手前まで。

 一気にシリアス展開にシフトしてビックリ。

でもキレイに終わってくれそうなので、
※ラノベ原作にしては極めて珍しい。もしかしたら終わらないかもだけど
ちょっと楽しみ。てか見終わってから書けよって話だけど。

●ψ木楠雄の災難

まさかのネットフリックス専売で続きがリリース。

 そんなことってあるんだ、、、

って感じ。それなりに有名で人気のあった作品だったと思うけど、テレビではやらないつもりなのかどうなのか。

ちなみにネットフリックスでやる場合、特に主題歌のCDを出して売上をカバーする必要もなければ、DVDやブルーレイの売上を見込んで作る必要もないので、当然CMもないし、主題歌もエンディングもない。

 ψ木楠雄の歌は結構良かったので、ちょっぴり残念な気もしないでもないけど、、、

ともかくハーフシーズンというか、6話がまとめて公開されたので、サクッと視聴。

 僕の大好きな照橋さんがほとんど出てこなくて悶々としてたけど、、、

最終話でやっと出てきてくれてホッとした。てか一気に重めの話で(慎重勇者同様)こっちもビックリしたけど、

 言ってもψ木さんの話なので。

新キャラの先生とか嫌いじゃないけど、個人的には元祖3人の友達が好きなので、そっちをもっと取り上げて欲しいかな~。

まぁまぁな内容★★☆ってところ。

●仕入れ先のバイヤーに映画を薦めた結果、、、

スコットピルグリムvs邪悪な元カレ軍団は、途中で「合わない」と止められてしまった。でも、マイインターンとヒックとドラゴン、特に後者は絶賛して貰えてニヤリ。てか、

 ヒックにダメ出し出来る人とか居るの?

って思ったので、何も僕の手柄ではないのだけど、次何を勧めたらいいのかって問題に直面したり。

・嫌なヤツが出ない※ストレスがない
・かわいいキャラクター
・ハッピーエンド
・テンポの良い展開
・飽きさせず眠くない

文字にすればわかりやすすぎるのだけど、存外これら全てを満たす作品はそれほど多くない。特に、一つ目のストレスがないをクリアするのが凄く難しい。

 WALL・E(ウォーリー)くらいしか思い浮かばず、とりあえずそれを。

映画は好みがかなり明確に出るから、好きじゃないとかつまんないって言われても全然平気なのだけど、普段から映画を見慣れてない人だと、「止める」ことが「重い」場合もあるからな~とも思ったり。

ラブコメディが好きだって言ってたけど、存外本気で勧められるラブコメって、思い浮かばないな~って思った。

-----------

何をして過ごしてるのかよくわからないままに時間が瞬間的に過ぎてて、ちょっと怖くなるレベル。大抵の場合は気付いたら寝オチしてるってオチなのだろうけど、それだとブログのネタが無くなってしまうので、何でもいいから摂取して紡いでいかないとな~って感じ。誰のためでもない自分のために<かっこつけてもかっこよくはないぞ!

| | コメント (0)

2020年1月 1日 (水)

あけましておめでとうございます!

自分で言うのもなんだけど、最近ネタが偏りすぎてて、次々と読んでる人が減ってるのではないかと思ったり思わなかったりなのだけど、とりあえず自分が読んでるうちは続けたい。てか、他に僕が毎日読みたくなるようなブログがあれば、もしかしたら僕のブログ更新は止まってたかも知れない。僕は「読むために書いてる」ところもあるのだ。

ともかく、

今はまだ大晦日である。午前中気温計を見たら15度。予想最高気温は14度だったので、既にもうそれより高い。真夏である。熱中症に注意である。こまめな水分補給をして下さいと言う高温多湿の熱帯雨林気候。常夏の国ジャパンだ。

 そんなには暑くない。

でも、全く年末年始感がないのは事実。テレビを点けると「ちょっとそんな気配」がしなくもないけど、でもやっぱ昔を思うと「クリスマスと正月」の感じは、とんでもなく希薄になってる気がする。まぁクリスマスが希薄になったのは、「僕が子供じゃなくなって、子供も家を離れてる」からってのが大きいかもだけど。

それでも旧年中は、こんなクソ長いブログにお付き合い戴き、まことにありがとうございました。ぶっちゃけエクスヴィアスを止めたら、一斉にコメントとかPVとかが無くなるかもとも思いつつ、そんなの気にしてたら14年?も続けてこられなかったとも思いつつ。

とりあえずまだ止める予定はないので、
※体調的にも多少下痢なだけだし
適当な距離感でお付き合い戴けたらと思います。てか、リアルの知り合いには今でもたまに読んでる人が居るような気もしないでもないけど、

 言ってもそう長続きはしないかもだけどね。

よほど僕と波長が合わないと。

・・・

適当につれづれに綴る。ジャンル不問。

●Steamで3本買った

つっても新パソではなく、旧Windows7の方。なぜならまだ移行してないから。買ったのは、以前から言ってた「キャットクエストII」と、クリスアワードにもなった「ローグレガシー」の会社が作ったベルトスクロール「フルメタルフューリー」、娘が帰省してきたので何となく引っかかって、あと安かったので買った「GROW UP」。GROWUPは、テクスチャのないポリゴンロボットを操作して、どんどん上を目指していくアクションアドベンチャーGROWHOMEの続編。価格は330円くらい。これだけまだやってない。

・キャットクエストII

日本語ローカライズの質が向上し、安定のクオリティ。まだ序盤の序盤、最初のセーブまでしか遊んでないけど、2キャラを切り替えて進めていくのが大きな変化かな。パッと見変化の乏しい続編なので、突出して楽しめる可能性は薄いけど、手堅く10時間くらい盛り上げてくれたらいいなと思う。価格は1割引だった。

・フルメタルフューリー

印象的には、360でやったキャッスルクラッシャーズにかなり近く、それにローグレガシーっぽいハクスラ要素や成長要素をブレンドした感じ。ただ、4人同時プレイをベースとして難度調整しているのか、ソロだと相当難しく感じた。難度を下げて報酬を減らすことも出来るみたいだけど、そこまではまだやってないし。

ともかく、発売1年近く経過してたので、日本語パッチが流通してるかと期待したのだけど、全くそう言うのはなく、さらに思ってた以上に英語のウェイトが高くて、超序盤から凹み気味。ただ、言っても始めたばかりなので、操作も手になじんでないし、進めていけばまた印象も変わるかなって感じかな。あんまベルトスクロールは好きじゃないけども、、、。660円くらい?

3本で2350円くらいだったと思う。たまにはゲーム買わないとな~。

●新パソ

最初に起動してからずっとほったらかし。一応旧PCのアプリやデータを、外付けHDDに引っ越しつつ、差し替えで環境が整えられればいいなって思うのだけど、例えばGOMPLAYERひとつとっても、今はシェアウェア化していて、無料ではまともに動かないっぽいし、ATOKもディスクがパッと見あたらない。どこかにあるはずなのだけど、、、。

Windows8の時には、「8.1」から移行した分、ほとんど違和感なく入っていくことが出来たのだけど、10はいろいろイライラする。一番は、

 アイコンとか文字とかがデカ過ぎて、広い画面が狭く感じること。

4Kで作業する人は増えてきてると思うけど、「4K×50インチ」でPCを使う人が少ないのか、どうも今までの環境との違和感が大きすぎる感じ。言っても1月には7のサポートも切れることだし、早めに移行を進めていかないとな~って感じなんだけどさ。

長男は10使ってるのかな。帰省してきたら訊くつもりだったけど、帰ってこないっぽいな~。まぁ元気にやってるならいいけども。

●新年の仕事は、、

3日まで休み。大晦日と4日は18時閉店なので、結構時間がある。てか、一般の社会人がどの程度休みを取っているのかわからないけど、年間通して3日連続で休むのはお正月だけ。まぁ健康で普通に働ける場所があることに感謝してれば、別段休みが少ないくらいは全然平気なのだけど、

 せっかくだから無駄にしないようにしたいとも思ったり。

それでも元旦は母方の実家へ行くので半日以上潰れる。実質2日間だ。何も考えなければ、ダラダラとゲームやって、ネットフリックスや正月番組を見て終わる。

 何ともったいない。

嗚呼何か「残る」過ごし方は出来ないものか。「思い出」となるような、ブログネタになるような、、、ってまぁどんな過ごし方をしてもネタにするんだけどさ。

●セブンイレブンの「アップルパイみたいなお菓子」が美味しかった

最近気付いたこととして、パッケージが小さくて値段が120円前後のお菓子は、大抵美味しい。量を減らしてでも味を追求してる結果なので。あと箱より袋入りの方が、包装にお金が掛からない分、コストパフォーマンスが高い。てか、アップルパイ好きには相当訴求すると思った。

●レンタル行こうか

「ワイルドスピード」「ゴジラ」以外では、ワールドエンド酔っぱらいが世界を救う、ホットファズ、ドクタードリトル、スノーロワイヤル、アナと世界の終わり、移動都市モータルエンジン、バースデーワンダーランド、ブレインゲーム、アドアストラ、、、この辺がメモに残ってた。あとは、久々に「のだめ」が見たいかな。

最近は割と当たりを引いてるので、ちょっと期待が過剰気味かなー。

●ドラクエでもやろうか

しょっちゅう思うけど、いつも面倒になってやめてしまう。11をクリアする日は来ないかなぁ、、、。

●FFBEエクスヴィアス

あとはストーリーをクリアしてしまえば、日々の特攻やアリーナ、武器強化以外やることがなくなる。また月末のDV開始まで閑散としてしまうのか。

DVはたぶん500位入れそう。情報下さったキリオさんに感謝。終わってないけど、終わってみれば、全然余裕だった、、、ってのはあくまで順位が余裕だからであって、前回の1万ポイント分の増がなかったら、500位は厳しくなってたと思う。

 日々の試行錯誤が重要。そして、日々試行錯誤するためには、出来るだけ早い段階でクリアまで持っていきたい。

でないと「試行錯誤する余裕」がないんだよね。

とりあえず、ここには書かないけど、「FF8、13キャラの潜在覚醒」と、「晴れ着アヤカ、フィーナのアビ覚醒」をチェックして、実際の火力がどの程度なのか、覚醒する価値があるのか、DVでもし使うとしたらどの面で使えたのかなんかを考えてみたいと思う。

軽く見た感じだと、晴れ着アヤカは「ビビの代わり」という感じで、ビビとどっちが数字出せるのかが勝負。もしビビに劣るようなら、出番があると思われるのは、「最終3-5の四天の代わり」のみかも。レギスを抜いてアヤカを入れる選択肢もあるけど、そっちは厳しいかなって。

ただ、ほぼ闇に縛られるビビと違って、装備でどの属性にもフィット出来る柔軟性の高さは魅力。来月のDVの属性次第では、磨いておくのもイイかも知れないな。

-----------

よろしくと頼まれたって、実際はその人次第。だから、別段よろしくしたい人だけが、よろしくしてくれればいい。そんなことを思ったり。別に営利目的で書いてるわけじゃない。ただ「自分の楽しい」にプラスになるなら、読みに来て下さい。今年もよろしく!<言ってんじゃん、、、

| | コメント (6)

2019年12月30日 (月)

クリスアワード2019

ついこないだまではヒマで、「ちょっと早いけどアワードネタ書くかなぁ」と思ってたのに、ゲームのイベントが始まったら、途端に時間が無くなった。まぁのらりくらりと、、、。

ちなみに検索には「Kensakukun」というソフトを使用。Windows7のエクスプローラーはファイル内検索が凄く面倒なのだ。
※インデックスを作ってどうのこうの、、、XPで出来たことがなぜ出来なくなるかがわからない

ともかく、例年通り★3以上、つまり10点満点中6点以上のネタを書きだしていく。ついでに一言コメントも。複数回評価したものは最後のヤツ。

・MEGザ・モンスター 7点 面白かった!続編があるなら是非映画館に行かなければ!8点でもいいかな

・ヴィクターヴラン 6点 久々のハクスラ。奥行きは浅いけどまぁボチボチ

・新感染ファイナルエクスプレス 6点 強く勧められすぎて逆に期待過剰に

・いぬやしき(アニメ) 7点 実写映画も借りたけど見ずに返しちゃったな~。アニメは後半相当良かった。序盤はマイナスの溜めが多すぎ

・夢絆:近藤真彦 6点 久々聴いてグッと来た

・ハードコア 7点 FPS視点のアクション映画。酔いそうになるけど新しい

・ベイビードライバー 6点 思ってた以上に良かった。さすがケビン・スペイシー

・ID-0 8点 女の子の作画が笑っちゃうほど素晴らしく良かった。話も嫌いじゃない

・パワーレンジャー7点 スゲェ面白かったのに、2回目見たいと思わないのはなぜなんだろ

・休日の過ごし方~ひとり暮らしの頃を訪ねて~ 8点 1年に1回くらいやってもいいと思った。思ってた以上に充実して楽しかったな~

・異世界おじさん2/22 8点 いい加減単行本買わないとな~

・バットマンビギンズ 6点 「ダークナイト」は好きじゃないけど、他のノーランバットマンは好き

・ポーラー狙われた暗殺者 6点 勢いで付けた点。5点かな

・ワンパンマン1st最終話 8点 最終話だけは図抜けて最高。9点だな!

・ダークナイトライジング 6点 アン・ハサウェイのキャットウーマン、良すぎ。「一緒に逃げよ」「彼ってラッキーよね」。セリフ覚えるくらい好き

・レゴハウスの話 6点 日本にも出来て欲しいな~。死ぬまで行くことはないだろうけど

・パーフェクトクライム 6点 トリンドルちゃんのドラマ。割と良かった。てか僕は余りドラマを見ないので、見始めると評価が甘くなる傾向がある

・フリクリ/プログレ 2話 8点 面白かったのは2話だけ。他は途中で寝てしまうという切ないアニメ

・光のお父さん 8点 GRAYの主題歌が極めて良かった。話も相当よかった。劇場版は全否定

・ハイスコアガール 8点 終わって欲しくなかったな~。ちなみにアニメはクソ

・かぐや様は告らせたい13巻14巻 7点 続き出てそう。てか普通のバカップルラブコメになってくれ!

・夢は意地悪/カレッジコスモス 6点 今聴いても普通に好きな曲。生理的に好きというやつかな

・FF14 6点 7点の時もあったとは思うけど、取り立てて言うようなドラマがなかったんだよな

・なんでここに先生が!? 6点 エロアニメ。先生がどんどん代わっていくのは個人的に×。最初の先生が好きだった

・ワンパンマン2nd 7点 今だとそんな高くない4点くらいかな。とにかく尻つぼみ過ぎて、、、

・川柳少女 6点 今だと7点。花火の話はヘビロテした

・FFBEグラシアール 8点 覚えてないけど、当時は盛り上がったんだろうな~

・FF14紅蓮のリベレーターOP 6点 これっていつでも見られるのかな

・マイクロブロックブルドーザー 7点 今日もお客様に見せた。かっこよかったぜ!

・同窓会 10点! 掛けた時間とその見返りの充実感。異質な楽しさだったわ

・INSIDE 6点 無難に面白かった。でもバッドエンドなのが口惜しい

・ザ・シェフ・ショー 6点 今だと4点。面白いと思ったのは錯覚か!?

・同窓会の打ち上げ 7点 朝まで友達と話すのが異常に久しぶりだった。楽しかったな~

・ボーダーランズ3の期待度 8点 概ね期待通りだったかな

・イコライザー2 6点 1より面白かったかも。ただ、見せ場は少ない。アベレージが高いタイプ

・ザ・プレデター 7点 エンターテイメント性が高い娯楽作。プレデターっぽくはないけど、僕はこういう方が好き

・ヴェノム 6点 マーベルでは久々の私的大ヒットだった。続編も見たい

・プロメア 9点 僕はスゲェ面白かったけど、「応炎上映」に水を差されたかな

・彼方のアストラ 10点※過去作

・秒速5センチメートル 6点 山崎まさよしの歌が良すぎ。てか新海監督は歌の使い方が上手すぎ

・墨東綺譚 8点 ちょっと古いエロ映画。ヒロインが綺麗過ぎ。20回くらい見た

・ストレンジャーシングス 7点 ラブな場面が好き過ぎ。他はほぼどうでもいい

・雲の向こう約束の場所 6点 点数は同じだけど、秒速、、、のが好きかな

・ときめきトゥナイト(マンガ) 6点 思わずあるだけ読んでしまうヤツ

・彼方のアストラ(アニメ) 6点 全て知ってることがこうもつまらなくさせるとは、、、最後は泣けちゃったけど!

・天気の子 8点 今だと7点かな~。何か「残らない感じ」だった

・ストレンジャーシングス大解剖 8点 むしろこっちのが面白かった

・ペンギンハイウェイ 9点 たぶん今見てもスゲェ楽しめる。何て言うか、好みとしか言いようがない。主人公もお姉さんも、世界も展開も

・グレイテストショーマン 7点 美味しいところしか見なくてごめんなさい。でもメインテーマは本気で大好き

・ワイルドストーム 6点 ほぼ覚えてない

・納涼会 7点 かき氷を45杯くらい作った。楽しかったな~。来年はやるんだろうか

・BORDER&スピンオフ 3作共に7点 波瑠と小栗旬が好きだから面白くなくても楽しめる。面白かったらさらに楽しめる

・PCエンジンミニ期待値 7点 発売は3月だっけ?楽しみ。メガドライブより遊ぶと思う

・ボーダーランズ3 7点 最後なんか失速しちゃったんだよな~。何がダメだったんだろ。レベルMAXまで遊ばなかった

・からかい上手の高木さん 9点 スゲェ好き。今でも見てる。今年一番見たのは、間違いなく高木さんの11話。間違いない

・メガドライブミニ 7点 すっかり埃かぶってる。文字通りリアルに埃かぶってる

・旗揚ケモノミチ 6点 ここには書いてないけど、慎重勇者がこの冬のアニメでは1位かな。それでも6点。ケモノミチは序盤だけだったわ

・からかい上手の高木さん(マンガ) 6点 アニメが良すぎて原作者かわいそう

・アヴェンジャーズ/エンドゲーム 8点 エンドゲーム「だけ」極めて良かった。あくまで個人の感想です

・芦田愛菜とサンドイッチマンの博士ちゃん 7点 アーカイブで全話見たいくらい。パラビとか加入しちゃおかな

・アラジン(実写映画) 6点 音楽の力は偉大。どんどんかわいくなるヒロインと、影が薄くなる主人公

・グリーンブック 6点 好きなシーンがあるので、ネットフリックスに入ったらそこだけヘビロテしそう

・三度目の殺人 6点 シブい邦画だったな~。てか僕には難し過ぎたかも

・ダークタワー 7点 面白かった!イドリスカッコ良すぎ!8点でもいいかも?

・ターミネーターダークフェイト 6点 無難。ジェニシスのが好き

・アクアマン 7点 DCユニバースでダントツ一番面白かった。もちろんリーブのスーパーマンは別

・ポケモンソード 6点 ネットの交換が不自由だったのが自分の中でダメだったな。今だと3点くらいに急落してる

・コブラ 6点 古くても久々だったので完全に忘れてた。意外と楽しめた

・家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています 7点 予想外にイイ話。序盤のコミカルさが絶妙に攪乱してくれる

・ARROW1話 6点 どんどん失速。1st全部見ずに飽きた

・青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない 9点 スゲェ好き。ハッピーエンドなのもイイ。スゲェ好き

・YESTERDAY 8点 SF入りのヒューマンドラマ。最近のトレンド。曲が良すぎるのはズルい

・アトミックブロンド 6点 かわいいソフィア・ブテラが見たい人向け

・スコットピルグリムVS邪悪な元カレ軍団 8点 超好き。続編も映画化して欲しい!

・6アンダーグラウンド 7点 実は年内に書いたけどまだアップしてない。ネットフリックス専売の洋画。贅沢にして豪華なマイケル・ベイ。テレビ用とは恐れ入る

・スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け 9点 最後に相応しい傑作。さすがエイブラムス監督、裏切らない。クライマックスではトリハダ必至!

 全部で76コンテンツ。

●雑感

とにかく、普通の市販ゲームにまったくと言ってイイほどそそられなくなった。変わったのはたぶん僕だけじゃないと思う。

大きなタイトルも少なくなったし、大きいから面白いわけでもなくなった。実際のところなぜここまで普通のRPGとかが楽しめなくなったのか、僕にも理由がわからない。フォートナイトとか、触らせて貰ったけど1ミリも面白くなかったもんな。

 FPS対人戦の「楽しむ経験値」が積まれてないからかも。

とにかく歳を取ったことで、ストレスのある時間の使い方に著しい嫌悪感を抱くようになった。テレビでも映画でも、つまらないところは即飛ばす。M-1グランプリも、最初に10秒笑いがなかったらもう0点って感じで、実際見たのは3組か4組だったり。

一方で高木さんを始め、気に入ったコンテンツは凄まじい回数見たり聴いたりする。グレイテストショーマンのメインテーマなんて、1週間のうち、

 3日くらい聴いてた気がする。

つまり72時間。それが「ガンコジジイ」になるって事なのかも知れないけど。

ともかく、比較的短時間で引きつけて、盛り上げて、終わってくれるので、映画を観るのが何より生産性が高い感じで、今年はドップリ見まくった。6点以上、、、と言うか6点の作品がスゲェ多いのは、それだけ分母も多いと言うこと。そんな中でも、7点を超える

 一枚上手な面白さ

があった映画は、今でも心に残ってる。ただ、、、

 今年の、、、

 クリスアワードは、、、

 しょうがない。

 掛けた時間と、情熱と、特殊性、希少性、コミュニケーションという強力なバックアップにより、、、

 「高校の同窓会」

コレしかない。

実際10点だったのはコレだけだし、今振り返ってもその気持ちに揺るぎはない。自分が委員長だったこともあるけど、当時全然話したこともないような、別のクラスのヤツらと、一緒に笑って、歌って、盛り上がった。ああいう体験は、やっぱりとても貴重だと思うし、いろんなことに感謝するイイ機会にもなった。写真もしこたま撮ったし。文章も寄せたりしたし。褒められたし。

まぁ、それはそれとして決めたとして、

 では次点は?

こっちもついでに考えてみる。候補としては8点以上の中から、、、

・MEG
・休日の過ごし方
・ワンパンマン1st最終話
・光のお父さん
・ハイスコアガール
・プロメア
・ペンギンハイウェイ
・からかい上手の高木さん(アニメ)
・青ブタ劇場版
・SWエピソードIX

これがトップ10かな。どれも間違いなく面白く、楽しかった。完全に僕の主観、僕の好み、僕の経験と体験の話だけど、どれも明確に記憶する「体験」がある。震えたり、笑ったり、泣いたり、、、。

正直、頻度やお気に入りで言えば、高木さん以外無いくらい何度も何度も見ているけど、それは僕が「そう言うラブコメに飢えてる」からと言う気もする。冷静に、落ち着いて、この中で、2019年の2位
※例年であれば1位
になるのは何なのか、、、

 ・・・メグもよかった、プロメアもスゲェ面白かった、ハイスコアガールは大満足の終わりだったし、ワンパンマンの最終話の凄さは、見ずに死ねないレベルだ。ペンギンハイウェイは大好きだし、、、

 でも、、、

 今年最後に、、、

 「最後」を決めた、、、

 スターウォーズ エピソードIX スカイウォーカーの夜明け

が良かったかな~。何かスゲェ良かった。

ブログに感想を書き始めたときは、何かイマイチなことばっか書いちゃって、でもふと、
 そんなつまんなかったか?いや、スゲェ面白かっただろ!

全部消して書き直したんだよね。だって面白かったんだもの。

正直プロメアの時のが見終わったあと「熱かった」かも知れないけど、SWはやっぱ重さが違う。42年越しの最終回、、、。49歳の僕が思いっきり真正面からぶつかることが出来たことへの感謝も含め、

 (実質1位)はスターウォーズかな。

まぁ本音は高木さんだけどね。のべ300回くらい見てるわ。

-------------

来年はもう少しゲームを遊びたい。でもエクスヴィアスをやってるうちはなかなか新しいゲームをガッツリ遊ぶ気になれないのも事実。つまらないわけじゃないのがまた始末に負えないと言うか、面白いならそれをやってればいいとも思ったり。でもそればかりでは人生を損してる気にもなる。

まぁ映画は来年も見るだろうな。

あとは、、、とにかく繰り返しじゃない1年を送りたい。同窓会が1位だったのには、そう言う理由もある。「今年だけのこと」「特別な時間」が、やっぱり1位には相応しいと思うし、そう言う時間がいっぱいあればいいと思う。SWも特別だったもんね。

みんなの2019年ナンバー1は何だった?

| | コメント (0)

2019年12月20日 (金)

お金が使いたい

最近お財布が厚くなった。と言っても僕は小売店の店主なので、店で両替が必要になった時のために、あまり一万円札では持っていない。主に五千円札と千円札で厚くなっているわけだけど、おもむろに細かーく自分の自由になるお金を確認してみたところ、、、
※完全にプライベートな貯金も含め

 24万4434円「も」あった。

ここから出金が確定しているのは、

・こないだ買ったYESTERDAYアルバム代をかみさんに
・12/16 ゴジラレンタル
・12/20 スターウォーズ
・3/3 FF7リメイク
・毎月のネットフリックスとアルティマニアカード召喚
・月末購入予定のキャットクエストII
・お菓子とジュース

これだけ。てか、

 ・・・中学生かよっ!

ってラインナップ。冗談でも何でもなく、たぶんリアルな小中学生の頃の僕も、同じような出費予定だったに違いない。

 ガチでハゲ掛かってる49歳のオッサンとは思えない

でもだがしかし、1月末までで言えば1万円にも満たない出費予定でしかない。来月のお小遣い3万円が加算されれば、さらにサイフは厚くなる。

 そろそろWindows10のPCに新調すべきではないのか。

Win7のサポートも来月でおしまいになる。サポが終了するとどう困るのかわからないが、ともかく終了になる。ちなみに手持ちのレッツノートにはXPが未だに入っていて、さらに普通にチラシのPOP印刷に使っているが、何の問題もトラブルもない。

 サポートが切れたからって僕が死ぬわけじゃない。

そもそも、まだまともに動いているPCを新調するのは、いろんな意味で大変だ。

 動かなくなったら慌ててがんばるけど。

僕の勘だと、お金は使うと減る、もしくは無くなる。僕的にはかなりの多額を携えてはいるものの、1、2年以内にはスマホも買い換えたくなる可能性が高い。そうなればまた10万近い出費がそこで発生する。

 油断は出来ない。が、せっかく年末なんだから何か買いたい。

と、書きながらふと思い出したのは、

・かみさんとパートさんへクリスマスプレゼント

これは何かを買わなくてはならない。つっても足して15000円くらいだろうか。

ちなみにかみさんへのクリスマスプレゼントは、「売れなかったら自分で買おう」と思って仕入れた、「トトロのビーズクッション」が最有力。価格は税込8800円くらい?まぁまぁ高いけど、他にコレと言った候補もない。ホントは今使ってるタブレットよりもちょっとだけイイヤツをあげたいのだけど、

 3年前に買ったそれより「イイヤツ」が意外と無い。

タブレットってのは、当たり前の話バランスが重要。高解像度でも重かったりバッテリーの持ちが短かったりでは、結局は使いにくい。軽くてそれなりに動作がキビキビと動いてくれるのが前提で、その前提をクリアしつつ1万円前後で探すと、

 存外今のやつよりしっくり来るヤツが無かった※1年前の話

まぁ何をあげてもそんなに喜ばないとは思うのだけどさ。

・・・

毎年この時期になると、「クリスマスプレゼントらしいクリスマスプレゼント」に、心を躍らせたくなる。別に誰かから貰えるわけじゃないし、小さな子供が居るわけじゃないから買ってもあげる相手がいるわけでもないのだけど、

 何となくオモチャ関連のチラシにワクワクしたくなる。

でも、トイザらスのページとかで「人気のオモチャ」とかを見ても、実は全然ワクワク出来なかったりする。ワクワクしたいけど、「これじゃあワクワクは無理・・・」。

 仮面ライダーの変身ベルトとか、全く興味ないから。

何かひとつくらい「クリスマスっぽいお金の使い方」がしたいかなぁと思う。超合金魂はちょっと高すぎるし、LEGOもさほど琴線に触れる物がない、、、と思ってたら、

 偽レゴを買うと言うのはどうだろう

選択肢が浮上。「偽レゴ」とは、つまりはレゴの刻印がない中国製のパチモンなのだけど、そのラインナップは、もはや本家すら凌駕するレベルに肥大拡散している。

本家にあるものをまんまパクったものも相当あるが、中には本家が絶対やらないような「戦車や戦闘機」があったり、「色違いバージョン」があったりもする。

作るとなるとパーツ精度の低さや、「パーツ不足」でウンザリすることもあるらしいけど、

 どうせ作らない。

箱と部品を見てニヤニヤするだけなら、別段中華レゴでも問題無い気がした。てか、作りたいなら寝室の頭の上に「地震が来たらオレは死ぬかも知れない」レベルに大量に積んである大箱から一つ選んで作ればいい。

 「買いたい」のであって、「作りたい」わけじゃないのだ。

ちなみに、候補としては、エピソード7公開時に、本物が30万円という訳のわからない落札価格まで上昇した「ミレニアムファルコン」などもある。本物なら定価ベースで7万くらいだったと思うけど、中華でも3万近くする「超大物」だ。

 3万は30万よりは安いが、1万円の予算からはちょっとオーバーする。

他には、ローバーのMINIとか、前述の戦車、普通にカッコイイポルシェなどの車が候補。概ね1万円前後だけど、海外からの発送も多く、頼んでも2週間とか掛かったりするのは、しっかり把握しておかないとって感じ。

 あとは、、、

何かゲーム買おうかなぁどうしようかなぁと。

・Steamホリデーセールで1万円くらい使う

・SEKIRO※ダークソウルの系譜

・VR「アストロボット」

・VR「エースコンバット7」

つかそもそもVRはまだ生きてるのかどうか甚だ怪しかったりもするのだけど、、、。

ともかく、

 ブログのネタがないのだ!ぶっちゃけ!!

以前なら楽しめたであろうゲームが楽しめなくなったこと、買っても楽しめないものに「時間を費やす」ことが絶対的にしたくないことを理由に、日々の生活から出力出来る話が減ってしまっているのだ。

 やってもいないのに楽しめないとは言えないだろ

確かに。てか、そう考えたら「体験版」とかを探して遊んでみるのもいいかも。それでネタになるならまた良しだし。

 でもそれすらつまらなくて「人生の無駄遣い」になったらイヤだなぁと思ったり。

僕は、「有意義に過ごしたい病」なのだ。もちろんそれは、「スポーツ観戦」「旅行」「ギャンブル」「女の子やアイドルに貢ぐ」わけじゃない。高い食事がしたいわけでもないし、宝石とかアクセサリーとか、ブランドの服やら車やらに使いたいわけでもない。お酒もタバコにも使わない。飲みにも行かない。

 あくまで「僕の思う有意義」。

こないだヤフオクで「レゴ7kg」って出てて、こういうのもいいかもな~って思ったけど、

 落札まであと2日、、、そして今日は落札日の一週間後。

そう、覚えていられないのだ。てか、ホントにレゴがやりたいなら、新しい箱を開けなくてもバラのパーツが相応にある。それで何でも作ればいいだろう。プラモだっていい。色塗るのが面倒でも、PGならきっとそれなりに仕上がる。

 スンゲェ大変だけど。まずスペースを確保するのが。

そう言えば掃除もした方が良い。いい加減部屋が散らかりすぎ。こんなんじゃアリだって寄ってくる。マンガとゲームのケースを片付け、お菓子のダンボールを捨てるだけでも相当スッキリしそう。

 まぁ断捨離とか超ウゼェと思うけど。

そう言えばメガドラミニも放置してるな~。アレは久々にワクワクして楽しかった。ああ言う使い道はいいなって思う。ソフトウェアじゃなく、ハードウェアで所有欲を刺激しつつ、奥行きもあるような。

 なんか、スゲェ面白いゲームとか無いのか!

初めて遊んだ地球防衛軍やテラリアのような、生活がそれ一色に染まるような、、、。案外PS4とかスイッチのダウンロード専売にもそう言うのあるかも知れない。てか、

 書くことがなくなってブログが止まるとか、スゲェ嫌だわ。

書くことがない=一日中何もないってことだからな。だったらまだ何かDVD借りて見た方がいい。つか、

 仕事で疲れて、10時過ぎに寝オチ。2時に起きてもそっから映画見ようって気にならないんだよな。「そもそも寝オチしたくならないコンテンツ」じゃないと。

最近寒くて寝るのとか普通に気持ちいいから余計困る。あ、今思いだした。「トイザらス男の子オモチャ部門」の一位は、そう言えばゾイドだったわ。

 ちょっとイイかも。

モデルガンとかもちょっといいかも。「20Q」とか「バンククエスト」みたいなオモチャが欲しいな~。

 みんなは物欲とか何で解消してるんだろ。

追記

これを書いたあとで、昨日アップしたPCを買った。なので今は一気に貧乏に。物欲も相当雲散霧消したよ。

| | コメント (0)

2019年12月17日 (火)

天国

死ぬと天国や地獄に行くと言う話があるけど、実際のところ「本当に」見て戻ってきた人が居るかどうか、甚だ怪しい。と言うか一時的、例えば数秒心臓が止まってて動き出したって話は本当だとしても、

 リアルに天界や地獄界を見てきたと言う話は信じられない。

でも、そう言う話は世界中枚挙にいとまが無く、それら全てがまるっきりのデタラメと言うのも、何となく不思議な感じがする。存在しない世界なのに、文明の全く無いような未開の地にすら死者の魂がどうのって話はあるし、輪廻だとか不死だとかの信仰も多い。

 まぁそれだけ「死ぬ」と言うことが特別なことだってことなのだけど、

こないだふと思った。てか、今回凄く短い。「短い短いと言いながら、、、」の「短い詐欺」をよく働く僕だけど、今回言いたいのは↓これだけ。

 天国って、死後の世界じゃなくて、死ぬ瞬間のことを指すんじゃなかろうか。

人は死ぬと別の世界に行く。7日ほど霊体で現世をさまよいそのあと「天」に召される、、、。具体的な日数とか経緯はともかく、仏教徒だろうとキリスト教徒だろうと、

 絶対に死ぬ。

死者を敬うのは、生前「敬われたい」という気持ちの表れか。ともかく、異世界である「天」に「移動する」と「信じさせている宗教がたくさんある」。

 でも実際の死は、大抵の場合瞬間だと思う。

交通事故や、銃殺や、落雷だけじゃなく、病死であっても水死であっても、もがき苦しんでいようと、ポックリ逝ける場合であろうと、

 瞬間はきっと「1」が「0」になる。

先の話は、その「0」の先に「マイナスの世界」があるって話だと理解している。変な例えだけど、「-14」が、キレイな光り輝くレインボーな数字なのか、どんよりとした腐ったミカンに生えたカビのような数字なのかが、つまりは天国か地獄の話だと理解していた。

 でも、たぶんそれは違う。

 天国は「0」の手前にあると思う。

マックス健康を100としたとき、死に直面した数値を10とし、息も絶え絶え、死ぬ直前を1とした場合であっても、

 0の前には必ず1があり、0.1も0.0001もある。

一瞬で心臓が止まる場合は、そのメーターの回転速度が超高速で、「痛みや苦しみ、そして安らぎを感じる間もない」けど、文字通りの「即死」以外で、徐々に心拍数が弱くなって、消えてしまう「時間」があると思う。

 その時間こそが、天国か地獄なのではないか。

穏やかに自分の生きてきた過程を振り返ることが出来るなら、その僅かな時間は落ち着いて迎えられる。もちろんそんな人は極めて少なくて、多くの場合は「死にたくない」とか「苦しい」と言った負の気持ちが支配するだろう。

 それって、まさに地獄。

天国か地獄か。人は天国に召されたいと願う。それは、死ぬ瞬間を安らかに迎えたい、後悔がない人生を歩みたい、やり残したこと、心残りがない、安心を抱いて、終わりを迎えたい。それこそがまさに天国であり、

 僕の唯一無二の願いごとでもある。

もしも願いを三つ叶えて貰えるなら、、、

 「心からの笑顔で老衰」

これで十分なのだ。これ以上の願いはないと断言出来る。精神が崩壊するでなく、自我を失わずに笑顔で死ねたら、それ以上の幸せなど無い。三つも要らないのだ。

 それはつまり、僕の言う「天国に行く」ことと同義。

苦しんで、痛くて、後悔して、泣きながら死ぬような人生、死に様は、人生最後に地獄の苦しみを味わうようなもの。そんなのマジ勘弁して欲しい。

・・・

死んだあとどうなるかは、僕らにはわからないし、わからない以上どうすることも出来ない。でも、死ぬ前に、死ぬ直前になら、出来る事はきっとある。保険に入って、残された人達のことを願いことも一つだろうし、毎日規則正しい生活と適度な運動をして健康を維持するのもひとつ。ドナー登録するのも、マスクをするのも、人間ドックに行くのも、塩分を控えるのも、

 全ては天国に行くため。

日々、楽しく、幸せを求めるのも、お酒を飲んだりギャンブルをしたり、女の子に貢いだりするのも、その人その人の選択。追い詰められて選択肢がない状況もきっとあるだろうけど、そう言う時でも、ギリギリまで考え方や受け止め方で「プラスに寄せることは出来る」はず。

 地獄に堕ちるか、天国に召されるかは、今この瞬間の選択にも掛かっている。

これは、11歳の小学生だろうと、17歳の高校生だろうと、49歳のオッサンだろうと同じ。時の流れは止められないし、巻き戻しも出来ない。死ぬまでの全ての一瞬、全ての選択が、死の瞬間の表情を決める。

 天国に向かう生き方をしたい。みんなはしてる?

| | コメント (0)

2019年12月16日 (月)

つれづれに

適当に、まさにつれづれなるままに、、、

●キャットクエストII

久々にSteamを見たら、まだホリデーセールは始まってなかったものの、9月にこれがリリースされてたらしかった。

11月12月リリースではホリデーで安くなることも期待出来ないけど、9月ならもしかしたら10%でも20%でも安くなるかも知れない。

 絶対買う。

楽しみ。てか前作は日本語訳が結構ヘンテコだったけど、今回はどうなんだろ。

●アンタッチャブル

ザ・マンザイで、10年ぶりの登場。

 てか、たまたま録画しててマジ良かった!

僕はアンタッチャブルが大好き、、、と言うか、柴田が大好きなのだけど、ひとりぼっちの柴田を見ると、

 ああ、ヤマのことが好きなんだなぁ

といつも思ってた。まぁ動物のことを話す時だけは活き活きとしてるけど。

ヤマはヤマで、どこか「裏切ったのは柴田さんの方だから」ってニオイがずっと拭えず、漫才が始まってからもちょっぴり微妙な空気が無くもなかったけど、

 やっぱ、アンタッチャブルの漫才はいいな!と。

これを機にまたガンガンやって欲しい。全部録画出来るかわからないし、今回のネタも正直完全新作ってわけじゃなかったけど、それでもいいからやって欲しい。

お客さんの中にも涙ぐんでる人が居たってアナウンサーが言ってたけど、気持ちもわかる。笑いの涙だけじゃない、「喜びの涙」も、僕もちょっぴり流れちゃったから。てか、

 やっぱ柴田好きだわ。道でばったりあって握手とかして貰いたい。あとがんばって貰いたい。

●博士ちゃん

芦田愛菜とサンドイッチマンの情報バラエティ。ゴールデン進出一回目がスゲェ面白くて、「こりゃあ毎週録画したいな!」と思ったのもつかの間、

 全然僕が探した時のテレビ欄に出てこない!

一体何曜日の何時からどこのチャンネルでやってるのやら、、、

そんなことを思いながら2ヶ月ほど経ったある日、ついに発見。

 土曜の7時からだった。

特番で簡単に消されてしまう時間帯だし、正直いつまで続くのかわからないけど、今回たまたま見ることが出来た、

・野菜博士ちゃん
・お城博士ちゃん

どっちも最高だった。てか野菜博士ちゃんホント素晴らしい。てか、

 芦田愛菜とサンドの組み合わせ、最高過ぎ。

どちらも相当腕がある、と言うか、その昔、「TheSTAR」というマンガがあって、その中で、こんなエピソードがある。

とあるオーディションで、自分の相方を観客の中から1人選び、2人で寸劇をすると言う状況で、優勝候補のライバルは、いかにも普通で取るに足らないような人を選び、観客を沸かせる。しかし主人公は、飲んだくれの親父を選ぶ。一体なぜ!?

 しかし、一見飲んだくれだったその親父は、実はジャック・ニコルソン
 ※劇中では名前がアレンジされて「ジェイク・ニコルソン」

実力がある俳優であっても、相手が普通ではその掛け合わせの限界は低い。しかし、相手が名優であるなら、当然とんでもない高さまで結果が伸びていく。

 芦田愛菜とサンドは、まさにその2人。

イッテQを出すのは悪いかも知れないけど、「二人が素晴らしくて初めて最高の結果に繋がる」。イモトと安室ちゃんの時のように、出川とウッチャンのように。

愛菜ちゃんはカワイイだけじゃなくて知的で、凄くテレビをわかっている。でも純真さや純粋さも持っていて、子供を相手にするのにピッタリ。一方サンド伊達も子供が大好きなのが見るからにわかるし、富沢との掛け合いが最高なのは言うまでもない。その上で呼ばれる博士ちゃんは、

 「激レアさんいらっしゃい」の大人とは違う「かわいさ」と言う武器がある。

男の子でも女の子でも、やっぱひとつのことに没頭してた小学生ってのは、ある種の純粋培養のような、不協和音が混じってない「ピュアさ」があって、見ていて凄く安心出来る。

 思わず何度も「いいね」を押してる自分。心の中で。

普通こんな番組録画しても二度見ないだろって思うかも知れないけど、

 つい続けて2回見ちゃったからな。

素晴らしい。ホント芦田愛菜最高。サンドもおもしれぇ!

●YESTERDAY

こないだ見に行った映画が、あまりに良かったので、思わずサントラをポチってしまった。グレイテストショーマンの時も音楽は良かったけど、あれはあくまでメインの1、2曲がいいだけ。さすがにサントラを買いたいとも思わなかった。

 でもYESTERDAYは、ビートルズのカバー。

amazonのレビューを見ても、

 カバーとして、絶賛されている!

変なアレンジがあるわけじゃなく、歌ってるヒメーシュ、、、劇中の主人公がそのままリアルでギターもやってるってのも素晴らしい。

まだ届いてないけど、スゲェ楽しみ。てか、

 ビートルズの曲って思ってた以上に知ってる曲が多いんだよね。

さすがとしか言いようがない。まぁレットイットビーが一番好きだけど。

●スターウォーズ

今月20日に最終話が公開される。とても楽しみなのだけど、こないだ友達と話をしてたら、

 実はスターウォーズ、一回も見たこと無いんだよね~

ナニヌネノーーー!?マジか。てか、

 一回も見たことがないってことは、一回も見たいと思ったことがないってこと?

・・・まぁわからないでもないか。

僕も正直劇場版一作目、エピソードで言えばIVの時は、「スーパーマン大好きッ子」で、スターウォーズはスルーしてた。見たのはVからだったけど、

 Vも続きから続きという、、、

なんちゅー中途半端な出会いだよって感じだけど、まぁそれでものらりくらりと好きになっていった。てか、プラモが好き=あのメカに好感を抱くのも無理のない話なわけで、その嗜好はとどのつまり「男の子向け」なのかなぁと思ったりもするけど、、、

 あとエピソードIはともかく、IIとIIIはあんましだったし。

でもVIIは相当良かったし、今回のIXは、再びエイブラムスがメガホンを握ってくれる。

 やっぱり楽しみ。

で、その話はついこないだしたような気もする。今日は、

 もしSWを見たことがない人に、「SWとはどんな映画なのか」を説明するとしたら、どう言えばいいのか。

 宇宙制服を企む帝国軍と、それに抗う反乱軍の戦争を描いたスペースオペラ。

「スペースオペラ」って何だよ?

 正義の超能力者ジェダイと、悪に落ちたダークサイドの皇帝の闘い。

一対一なのかよ?

 正義と悪が「実は親子でした!」と言うビックリ仰天な物語。

ネタバレかよ。

意外と上手く言えないし、そもそもこの説明だと、

 全く面白そうじゃない

最初のSWは、当時としてはあまりに斬新な世界観とデザインで、大旋風を巻き起こしたけど、それ以降似た作品も少なくはないし、「SWならでは」が一体何なのかは、なかなか伝わりにくい部分もある。

 でもぶっちゃけここまで見てなかった人に勧めるのは難しいよなって思った。

同時に、

 自分が内側に居られて良かった。

とも思ったな。

●パートさんの娘が、、、

 「店長のオススメはハズレがないから、またしっかり聞いてきてよ!」

と言ってくれたらしく、俄然張り切りたい気持ちでいっぱいになったけど、

 意外と女子高生くらいに勧められる作品って限られてるよなぁって。

・彼方のアストラ
・青ブタ
・打ち上げ花火横から見るか下から見るか
・ダーリンインザフランキス※男の子向けかな
・きみと、波にのれたら、、、はオススメはしない

意外と難しい。てか、そんな簡単に「面白い最高!」な作品が見つかるなら苦労はしない。でもYESTERDAYは良かった。もう終わってるけど。

-------------

キャットクエストを定価で買ってしまおうか思案中。エクスヴィアスに課金するかどうかも思案中。全体的にモチベが低下気味。あと、仕事で疲れて割と早く落ちちゃうのを何とかしたい。風邪は曳いてないのが救いと言えば救い。みんなもご自愛を。油断召されるな!

| | コメント (0)

2019年12月12日 (木)

知らない世界の話

僕が知らないことは多い。僕が知らないことを知るのは、概ね楽しい。でも、僕が知らないだけで、知ってる人からしたら「そんなことも知らなかったの?」と言う話は、それを僕がしたとしても何も楽しいことはないだろう。

でもだがしかし、僕にとって楽しいことを綴るのがこのブログである以上、書かないわけには行かない。ただ、その話をしてくれた人曰く、「特定されるのは嫌だ」というので、上手く適当なことを織り交ぜつつ、、、

 適当なウソを織り交ぜつつ、

それとなく書いておきたい。てか、特定しようとすればどんな情報からでも特定出来てしまう世の中であり、本人が特定されたくないというのに書くのは僕のポリシーに反するので、

 実際に聞いた「僕の知らないこと」については、何もここで書けることがない。

例えば、、、

・キャビンアテンダントをしてる友人が、今日凄く有名な芸能人に会ってテンションが上がった

とか、

・東京で居酒屋をやってる友人が、宝くじで8桁当てた

とか、

・アイドルをやってる娘の友人が、写真週刊誌に恋人と居るところを撮られた

とか、

 ありもしない適当なウソを書くことは出来る。

でもだがしかし、それでは自分があとから読み返しても意味がわからない。なので、ポイントになるところをスルーしつつ、今日聞いた競馬の話をする。

僕は競馬をやったことがない。これはもちろん「競走馬にまたがってレースをしたことがない」と言う意味ではない。馬券を買って悲喜こもごものレースを鑑賞したことがないと言う意味だ。もちろんゲーセンのダービーゲームの経験はあるが、そう言う話ではもちろん無い。

やったことがないので興味もなく、世間でダービースタリオンが大流行だった頃も、全然ピンと来ず、手も出さなかった。血統とか言われても何の事やらなのだ。

生前ウチの親父は生粋のギャンブラーだったが、それでもやってたのは主に競輪と競艇で、競馬を楽しんでたと言う記憶はない。友達の親に競艇選手は居たけどジョッキーは居なかったし、てかその選手の話も詳しく聞いたことはないけど。

 競走馬って儲かるの?話を聞いた

もし、G1で何勝もしまくってる超強い超有名なオスの馬の場合は、レースで勝てば賞金が貰える。それはジョッキーだけでなく、馬主とか、もしかしたら育ての親とかにも貰えるのかも知れない。でも、ホントに凄い馬の場合は、

 その「種付け」だけでも相当儲かるらしい。

種付けとは、ぶっちゃけ馬にセックスをさせること。今の競馬業界には、人工授精というのは禁止されてるらしいので、例えば「日本一凄い競走馬が、仮に世界一でもある」ような場合だと、競馬のある世界中の国から、メス馬を連れて馬主さんがやってきて、

 ウチの娘とセックスさせてくれ!

と言いに来るらしい。で、その上限は1日「3発」までと決められているらしく、その時にもし受胎しなかったら、お金は頂きません、と。でも受胎したら、

 4500万円也~

は!?え!?一発4500万円!?

受胎しなかったらするまで「居残りセックス」らしいが、年間で300頭くらい受胎させるらしく、さらにそれが10年とか20年とか続くらしい。

 15年×300頭×4500万円=2025億円也~!!

もちろん1回の料金が4500万円というのは、「特別高い馬の特別高いレート」であり、実際は当然タダで受胎させるケースもあるし、それが毎年300頭、10年以上続くわけでもないのだけど、

 1億とか2億とか、そんなレベルじゃないことに驚愕した。

「2000億円」。低く見ても数百億も、「競走馬人生を終えた馬」が稼ぐのか、と。

 知らんかったわ。

競走馬の一生は20年とか25年とか?勝てるのは4~6歳くらいの間らしいので、仮に20歳で天寿だとして、人間を80歳とした場合、16~24歳くらいが競走馬人生で、そのあと65歳くらいまで、

 毎日毎日セックス漬けの日々。それも1日3回。

果たしてそれが幸せなのかどうかは本人に訊いてみないことには、って感じだけど、いやはや、

 そりゃぁロマンがある話だなぁと。

4500万円で受胎、、、ちなみにその時のメス馬、かっこつけて言うと牝馬(ひんば)にも馬主は居るみたいだけど、とりあえず1歳までは牧場で育てて、競りに掛けたりするらしい。

 で、6000万円とかで落札されたりするらしい。

1年間面倒見て、1500万円の儲け。

うーむ。それがお得なのかどうなのかが全然わからない・・・。だって全ての仔馬が無事1歳を迎えられるわけはないだろうし、ちゃんと立って歩けるようになったからって、

 ただ走れるだけじゃ商品価値はない。当たり前だけど「速く走れないと」。

もちろん大きなレースで勝てば、そんなお金はすぐに元が取れるらしいけど、

 「ギャンブル」なのは、馬券を買うオッサンだけじゃなく、馬主も、それに携わる牧場の人とかもなんだな~って。

てか、例えばフランスから日本まで馬を連れてくるってのも、相当なお金が掛かりそう。
 調べたら、1000万~2000万だってさ。

あまりにザックリ過ぎて(^^;、正直全然ピンと来ないけど、そうまでして日本に来て、受胎しなかったらどうすんだよ!?って感じ、あと、

 いきなり死んじゃうことだってあるだあろうに、、、。生き物だもの。

それでも強い馬の精子ってのは、それだけ魅力的なんだな~って。何か凄い。

・・・

ホントはもっと具体的な話を凄く書きたいのだけど、それはマズそうなので、この程度しか書けない。もどかしいけど仕方ないぜ、、、。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧