趣味

2013年4月18日 (木)

特撮ヒーロー

ふと昔の伊集院光深夜の馬鹿力を聞いていたら、リスナーのラジオネームに「ぐるぐるメダマン」という人がいた。

 ぐるぐるメダマン・・・どっかで聞いたことがあるような、、、イマイのプラモだっけ?ありゃロボダッチか。

軽くウィキペで調べてみると、僕が6歳か7歳の頃、東京12チャンネル
※当時は僕の住んでいた地域での放送がなかったチャンネル
の夜7時から30分枠で放送されていた特撮物であることがわかった。

子供の頃は友達のnori君と共に、仮面ライダーやウルトラマンを始め、特撮、アニメに相応の傾注をしていた僕だったので、その頃あったケイブンシャの大百科などからの知識として、漠然と名前だけが記憶されていたものだと思われた。もちろん今「メダマン」のビジュアルを思い描くことは出来なかったが、「ロボコン人気にあやかって」と聞くと、なるほど12チャンネルっぽいな、という感じだ。

ウィキペを読み進めていくと、この番組が大して人気がなく途中で打ち切り
※とは言ってもこの頃は1年が当たり前だったので、話数的には30話まで続いてはいる。
になったことと並んで、

 DVDやCSでも放送されず、ネットでも配信されたことがない

という記述があった。そして、

 1996年に「今甦る!昭和ヒーロー列伝」という番組で3話だけ放送された

とも。

3話だけ!?違和感が体を貫く。なぜ3話!?。

バラエティ番組などで、ワンシーンだけ取り上げられるケースは少なくない。が、1話でも全話の途中で打ち切りでもなく、3話・・・。3話は最初から打ち切りが決まっていても不自然な話数だ。

おもむろにその、「昭和ヒーロー列伝」のリンクをクリックしてみると、その番組は、なんと僕の住んでいる愛知県の地方局である「中京テレビ」の「特撮に精通するディレクター」が作った番組だったことがわかった。

 僕が生きているこの愛知県で、今現在一切のメディアで販売されていない特撮ヒーローが(たとえ3話だけとは言え)放送されていたことがあったとは!

見損ね、存在すら知らなかったことに対して、悔しい気持ちが沸くと同時に、同じ地域に住む者が、特撮ヒーローというニッチ極まりないカテゴリーに光を当て、番組を作っていたことにうれしさも沸いてきた。

その番組は「月に一回」という非常にスローペース
※かつ12月は放送なし。
の放映ながら、1回の放送に3話、第一話と最終話、そして目立った印象の1話をピックアップして放送していたという。

 なるほど3話か。

でもって「なかなかやる3話」だな、とも。

以前「いきなり最終回」というマンガ本が話題になったこともあったが、確かに1話と最終話を見るだけで、その番組の「なんたるか」は概ね伝わってくる。だがそこにもう1話「一番熱かった頃」を加えることで、その情報量は飛躍的に跳ね上がるだろう。

 そんな素晴らしい番組を、存在すら知らなかったなんて・・・

非常に残念なことは、その番組もまた、現在は版権等の関係で、ソフト化や配信が出来ない状況であるということだ。まさに一夜の夢のごとく駆け抜けた番組だったのだ。
※誰か録画している人がいないとも限らないけど、ヤフオクをもってしてもなかなかそのビデオを手に入れることはままならないだろうな。

以下がその番組で取り上げられたタイトルである。見損ねてしまったことが悔やんでも悔やみきれないラインナップではなかろうか。
※何となく一言コメント付けてみた。

1.ファイヤーマン ※第一回からしてチョイスが渋すぎる。気概を感じるね。
2.アステカイザー ※1話が別格に面白かった記憶があるなぁ。
3.猿の軍団 ※主題歌くらいしか覚えてねぇよ。
4.ジャンボーグA ※ナインの方がイケメンだって話。
5.トリプルファイター ※これ3話だけって尺短すぎねぇか!?
6.戦え!マイティジャック ※これって1時間番組じゃなかったっけ?
7.アイアンキング ※見た記憶が薄い。見たいなぁ。
8.快傑ズバット ※かなりポピュラーな感じ。宮内洋こそまさにヒーローだよな。
9.忍者キャプター ※ちょっと「こっちなんだ」って思った。ジャッカーとかじゃなくて。
10.レッドバロン ※密かにしょぼかった記憶が、、。
11.電人ザボーガー ※これはリメイク時に結構露出してたよね。
12.がんばれ!!ロボコン ※再放送が多かったからさほど思い入れがないなぁ。
13.サンダーマスク ※版権関係で今では全く見ることが不可能なのだそうな。去年特撮博物館で本物見といてよかったな。
14.鉄人タイガーセブン ※ヒデ夕樹先生の主題歌、、、リアルに聞きたかった!
15.バトルホーク ※絵的な記憶が全然ない。
16.魔神バンダー ※nori君が以前騒いでたような・・・
17.スペクトルマン ※宇宙猿人ゴリじゃないんだな
18.レインボーマン ※これは外せなかったんだろうな。
19.ボーンフリー ※超見たいな。主題歌も好きだったし。
20.UFO大戦争戦え!レッドタイガー ※これ知らないなぁ、、、悔しいなぁ
21.妖術武芸帳 ※これも知らない。ホントに精通してた人だったんだな。
22.大鉄人17 ※ある意味今の戦隊ヒーローに受け継がれてるデザインだよな。
23.好き!好き!魔女先生 ※タイトルしか思い出せない。ちょっと見たいな。
24.ザ・カゲスター ※元祖パンチラヒロイン
25.ジャイアントロボ ※アニメの印象が良すぎて、こっちはあんましだな。
26.マシンマン ※この中では一番新しいかな。
27.超神ビビューン ※これを入れるならアクマイザーを入れて欲しかった!
28.アイゼンボーグ ※ボーンフリーのが好きだったなぁ
29.快傑ライオン丸 ※ヒデ夕樹先生。密かにズバットと肩書きが同じなのな。
30.緊急指令10-4.10-10 ※これ知らないなぁ8723(ハヤブサ)じゃないんだな。
31.キョーダイン ※佐々木功の歌がイイ。ゴンベスのデザインもイイ。
32.白獅子仮面 ※ほとんど記憶にない。プリンプリンの前は、、笛吹童子か。
33.ぐるぐるメダマン ※よく押し込めたな。スゲェな。
34.メガロマン ※これもかなり後期だよな。
35.ロボット刑事 ※当時「なんてかっこいいんだ!」って思ったな。
36.宇宙からのメッセージ ※最終回がこれか、、、。映画のが好きだったな。

お便りコーナーのBGMが「嗚呼!逆転王」のカラオケというのも、「僕と価値観が近い」ことを強く感じさせるんだよな。1996年かぁ、、、僕が結婚してちょうど愛知に戻ってきた頃だったんだな。身辺慌ただしくて、そんな情報を得るのも難しかった頃だけど、

 知ってたら絶対全話録画してただろうな。標準で。もっと言うと、野球の延長とかも考慮して時間にゆとり持って。

今同じことをやろうとして出来るとしたら、庵野監督くらいしかいないだろうな。やってくんねぇかな庵野監督。ヱヴァが一区切り付いたらやって欲しいな。監督がナビゲーターだったらそれだけで数字取れそうな気がするっていうか数字取れるだろうしな~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年1月14日 (月)

超合金魂

コレと言ったネタもなく、昔の自分の書いたブログを読み返してみたりした。2008年頃のが地味に面白く、手前ミソながら読み込んでしまう。

そんな中、超合金魂のガンバスターを買ったネタがあり、「ああアレはよかったなぁ無駄づかいじゃなかったなぁ」と感慨にふける。つかもう4年も経ったのか、光陰矢のごとし。まんまだが。

で、その中にあったコメントで、「六神合体ゴッドマーズ」の変形合体動画があり、改めて見てみても、超スゲェ&笑うしかない。

GX-40 超合金魂 六神合体ゴッドマーズ GODMARS
http://www.youtube.com/watch?v=rRPpf7gq4V8

その完成度の高さは、ぶっちゃけ今日ご紹介する全ての動画の中でもトップクラスのものなのだけど、いやさホントに素晴らしい。まずはその方(通称エルモの人)のアップされた物からいくつかご紹介。オススメ度は☆3段階。ちなみに上のゴッドマーズは当然☆☆☆。

ゴセイヘッダーシリーズ 天装合体DXゴセイグランド GOSEIGROUND GOSEIGER
http://www.youtube.com/watch?v=gPwPG4Cxbe4

☆☆。のっけから「超合金魂じゃねぇじゃん」は、完全スルーの方向で。ゴセイジャーには何の知識も思い入れもないのだけど、この動画、特にラストのたたみ掛けが素晴らしい。最近の戦隊トイはプロポーションよりも変形機構よりも丈夫さとか安全性が重視されてるのがアリアリと分かる故に個人的には全くフックしないのだけど、こういうプレイバリューの高さを活かした「お遊び」はちょっと楽しそう。この人はホントに特撮が大好きなんだなぁって感じたりもするね。

DX超合金 GA-81 & 超絶自動変形 GD-17 大鉄人17(ワンセブン)
http://www.youtube.com/watch?v=AJ72cVJfGGQ

☆☆。そもそもこの「自動変形」機構に感心する。というか昔も「ボタン一発ガシャン」と変形するワンセブンがあったような気もするけど、記憶違いだったかな。つか音楽がいいんだよな、地味に。

全自動遠隔操作ロボット怪獣メカゴジラ1974 Part I MECHA GODZILLA R/C
http://www.youtube.com/watch?v=7sO0TUVj-3Q
全自動遠隔操作ロボット怪獣メカゴジラ1974 Part II MECHA GODZILLA R/C
http://www.youtube.com/watch?v=es3q4ESnI00

☆。まず驚くのがその曲。よもや「メカゴジラにテーマ曲が、それもこんなビミョーな曲があったとは!」。確かに人気があったのはわかるけど、まるで「善玉」のごとき、初代ガメラのようなメロディに、別の意味でメロメロ。

ブツ自体は、「これいくらなの!?」ということが終始あたまをもたげ続ける以外これと言った感想はない。スゲェとは思うけど、、、いくらなの?

伝説巨神イデオン OP 超合金魂版
http://www.youtube.com/watch?v=29kUn5yuLVM

☆。オープニングのイデオンの部分を超合金魂にすげ替えた物。よくやるよなぁという素直な感心と、もう少し変形機構がわかりやすければ言うこと無いのに、という残念な気持ちが同時に去来。ただ、イデオンは好きだったけど、こうしてみるとあんましかっこよくないかも、とも思ったり。

戦闘メカ ザブングルOP 超合金魂版
http://www.youtube.com/watch?v=0upGzzlW7bY

☆☆。同じくアニメのオープニングを使った物。こちらはアイアンギアーも登場し、その変形も(まぁアニメ通りではあるのだけど)しっかり見せてくれる。つか、最後の最後までしっかりやってくれていて、感心するというより嬉しさの方が先に出る。まさしく「乙」という感じ。

超合金魂GX-43 闘将ダイモス
http://www.youtube.com/watch?v=aRT9s3vvN1o

☆。ダイモス自体は決して派手なメカではないし、当時出ていたポピニカの変形にもさほどピンと来た記憶がないのだけど、
※むしろシンプルな変形だった気がする。
こうしてみると腕の回しがかなり複雑にしてデリケートな感じで、ちょっと感心。でもやっぱダイモスは変形より動きを見せるロボットな気がするな。ガンダムとか、マジンガーZみたいな。

Bandai 超合金魂 GX-44 Tetsujin 28 鐵人28
http://www.youtube.com/watch?v=uIiMmff6vuc

☆。動きはないただグルグルとカメラが動いているだけなのだけど、シミジミ感じるのは、

 太陽の使者の鉄人、超絶カッコイイ・・・

顔、腕、ツヤ、プロポーション、全てにおいて、初代鉄人の上を行くかっこよさ。というか、これはもう価値観以外の何物でもないと思うのだけど、「オリジナルこそが正義」というある意味基本が全てだと思っていると、こういう「ナチュラルな感性の中で評価する」ことって難しくなるよなって話。初代ガンダムはかっこいいとは思うけど、冷静に考えてあれが一番かっこいいガンダムだったかって話になったら、たぶんそうじゃないとも思うもん。つか鉄人、今回の動画見た中で一番欲しくなったよ。いくらだろ

 ・・・普通にヤフオク1万超えるんだな(現在9000円前後が入札中)。

つかブラックオックスとセットのしか出て無かったのかな。まぁこっちもかっこいいにはかっこいいけど。

↓死ぬほどかっこいいこの鉄人を紹介しまくってる方
http://katokiti.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/28-8f73.html

超合金魂ガンバスター レビュー用ムービー
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1718241

☆☆☆。たぶん以前も紹介したことがあるような気もするけど、今見てもやっぱり凄い。そしてカッコイイ!っていうか、

 ガンバスター買っておいてよかった!

しみじみ思う。今だとヤフオク未開封が3万弱だもんな。13000円は格安だったってことになる。つかこの動画見て欲しくなる人多いだろうな~。カッコイイもんな普通に。

GX-53 超合金魂 無敵鋼人ダイターン3
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13481724

☆☆。これもブログで一度取り上げたことがあるけど、こうして変形してポージングしてくれてる動画を見るのは初めて。

 つかダイターン超カッケー!

あの独特のプロポーションが余すところなさ過ぎる感じに具現化されているだけでも驚愕なのに、あまつさえそれが変形してしまうという神業。キャノンとかもう笑うしかないもんな。職人さんの愛もあって素晴らしい動画に仕上がってます。でも鉄人のが欲しいけど。あのピカピカさが、グロス仕上げが、、、クリスの心を打つんだよな。

GX-59 超合金魂 未来ロボ ダルタニアス
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14471965

☆☆。ダイターンと同じ方の作品。みんな、胸にライオンを付けたのは、ダルタニアスが最初なんだぞーー!と叫びたくなるかっこよさ。つか当時もこの変形するトイは出てたんだけど、当然ながらこんなプロポーションは良くなかった。でも、

 それでもスゲェ欲しかったんだよな。

そのくらいあのライオンは魅力的だった。まぁそうは言ってもどんな話だったかとかは一ミリも覚えてなかったりしますけどね。ミッチーの主題歌とこのロボだけが僕の中のダルタニアス・・・。

--------

ホントはダンクーガとかザンボット3とかも見たかったのですが、コレと言ったカッコイイ動画が見つからず残念。
※超合金魂で検索するとほとんどがヤマトかマジンガーZになっちゃうんだよ。

まぁ撮るのに死ぬほど手間と根性が必要なのはわかりますけどね。でも一旦撮ってしまえば、もはやそのトイがどうなろうと、

 記憶をとどめる形として残る

のは強いよなって思います。動画の中のトイは何回変形させても折れたり塗装が剥がれたりしませんからね。

最近の超合金魂はなんかあるのかなぁと検索してみたところ、

 どうやら名を変えて、タイガー&バニーのヤツが最新作という感じ。

まぁかっこいいにはかっこいいんだけど、いかんせん思い入れがない。超合金はやっぱ思い入れ、、、いや、思い出が不可欠だよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

貯金伝説バンククエスト

※本日二つ目

080708bankque ファミ通読んでたらスゲェ面白そうなオモチャを発見。その名も、ってまぁタイトルに書いたけど「貯金伝説バンククエスト」。要は貯金箱なんだけど、小さな液晶画面が付いていて、

 貯金した金額に応じてアイテムを買い、魔王を倒す!
http://www.takaratomy.co.jp/products/bankquest/

ゲームが入ってる。そして、

 お金を取り出したら最初からやりなおし!

イカス!お金を取り出さないためのフラグがイカス!つか8月7日発売だそうで、3990円だそうだけど、

 超買う気満々!

です。つか面白そう。っていうか「もっと面白くなる要素がスゲェありそうなアイデア商品」だと思った。だって、

 お金を取り出したら弱くなっちゃうんだよ!?

取り出せないじゃんそんなの。リアルアイテム課金!それも課金相手は未来の自分!スゲェイカス!っていうかPCとかDSとかと連動して、本気のゲームにしてくれたらもっとイカスのに!つか素材がドラクエの新作とかで、リアルなお金を入れないと武器とか買えないってスゲェつらそう。っていうか

 親から金借りて一気にクリアする子供とかいそう・・・

それじゃあ夢がないんだけど、でも、

・買った装備は同じ金額で売ることが出来る

とか、

・1Gは日本円で1円

というのもリーズナブル。最大で5万円という貯金額も目指すにはイイ感じの目標だし、回復薬5Gとか死んでも復活できるアイテム:シルバーベル10Gというのも

 リアルにお金がかかると思うとなんだか妙に愉快!

つか本気でAMAZONに予約しちゃおうかしら。つか本気で楽しむなら、

 子供達の分と合わせて3台買って、毎月のお小遣いとかお手伝いのお駄賃とかだけでじっくり遊ぶのがスゲェよさげかも。つか、

 お金が掛かると掛からないじゃ緊張感に雲泥の差が出る

気がするね。っていうか「それが誰でもない自分のお金に戻ってくる」という最終地点があるからやる気も出るよな!

 その辺り本気でスゲェ発想だと思った!

つか「武将の斧」1515Gは高ぇぇよ!つか一ヶ月何も買わないで過ごさないと子供は買えないよ!?あ、いやそんなことないか。それまでに100Gとか50Gとかの装備をしてキャラを育てていって、ある程度貯まったらそれらを全部売り払って買えばいいんだ!

 なんてイカスんだ!!

アイテムの種類は180種。こういった液晶ゲータイプとしてはなかなかに奥行きがありそう。塔は100階立てでオートで勝手に戦闘して勝手に上ってもらうモードもあるんだとか。ゲームそのものが面倒な人にも楽しめるよう工夫されてんだね。

 っていうか最初にひらめいたスゲェアイデアを上手く活かすためにいろいろ腐心してる感がまたよさげ。

つか、

 AMAZONで注文したし!

書きながらテンションが上がっちゃったケース。っていうか関連商品の「エアショックビームサーベル」もちょっと楽しそう。ビーム部分は何もないんだけど、

 対象物から1m以内で振ると衝撃が走り爆発音が鳴る

だって。イカス!っていうか最近のおもちゃって結構侮れないな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年5月30日 (金)

鉄フェチ~その2~

テンションが上がるようなら他にも探そうかなぁと思っていたのだけど、なかなかそうも行かず、かといって今日の休みはダラダラとマンガを読んだりモンハン
※ほとんど採取ばっか。
したりして過ごしてしまったのでそれを書くのもなぁという感じで、中途半端ながら以前書いたヱヴァ序ネタ
http://cris-deepsquare.cocolog-nifty.com/top/2008/05/post_1de4.html

の続きを書くことにした。

つっても写真はどれもネットで落としたモノばかりだし、枚数も10枚くらいしかないので、軽く読み飛ばしてもらえたらと思う。

080518_000 ●電柱1
ヱヴァにも似たようなカットがあったけど、こういうのを大量に見まくり探しまくりの果ての産物だったのだろうなぁと思う。詳しくないので何がどうなってどういう意味があるのかは全然わからないが、とりあえず一番手前の皿はネズミ避けかなぁとか思ったりする。つか、

 ネズミって本気でコードとか切りまくるからね。

あいつらなにが楽しいのかって思ってたけど、実はあのゴムのコーティングの堅さが生え替わる前歯の「かゆみ」を抑えたりごまかしたりするのにちょうどいいらしい。何も食べるためだけにネズミは穴を開けたりかじったりしてるわけじゃないのだ、、、というネズミ豆知識。

つか余談だけど店に居たネズミが今はいなくなったんだけど、「大学生並の知力があると言われるクマネズミ」さまのこと、たぶん服屋には食べ物があんましないってことに時間を掛けてようやっと気付いたんだろうな。

080518_001 ●鉄塔1
何がいいって色がいい。ホントは青空と灰色の鉄塔だったのかもしれないけど、セピアのアレンジが、「古くささを感じさせないで無機質さを際だたせている」ように思える。シンプルながらなかなか好きな写真。

080518_002 ●発射台
今の僕のデスクトップの背景にも使ってる写真。つか「これが精密なプラモだったら、たぶんスゲェ感動するんだろうなぁ」とわけのわかんない感想を抱いたり。当たり前だけど、これはプラモじゃなく、スケールも僕の予想じゃ1/1。つかよくよく考えるとなんで「ライトはほとんど同じオレンジ色なの?」とか「全ての階段やはしごが必要なの?」とか「どうせ夜は発射しないんだから電気消せばいいのに」とか感想が漏れる。が、まぁかっこいいので全然問題ない。たぶん作った人たちも(シャトルじゃなくて発射台の方ね)、かなり自己陶酔していたに違いないと思うぜ。

080518_003 ●タンク
これはもう写真がスバラシイと思う。ただの鉄のタンクにサビが浮いてるだけなのに、光と影、そして空の青と雲の白が魅せるコントラストがとってもたまらない感じになってる。プラモでサビのウェザリングを掛けたこともあるけど、こういうリアルなのを見ると結構恥ずかしくなるね。「本物はさすがに本物っぽいや」って思う。

080518_004 ●工場1
つかこういうパイプって何が通ってるんでしょうか。あとさっきも書いたけど全ての階段や通路には意味があるんでしょうか。人間がいないからどのくらいのスケールなのか今ひとつ想像出来ないんだけど、たぶん結構大きいんだろうな。つかバルブを一つくらいゆるめても「大局に影響なし」って気がするのは大アマなのかしら?

080518_005 ●工場2
なんかゼイラムとかリターナーとかにも出てきたような感じのする建造物。っていうかあんなに何カ所も「展望台」みたいなエリアが必要なのかここもまた疑念を禁じ得ない。っていうか、安全ならぜひ一度「ジャングルジム」のように遊ばせてもらいたいと思うほどにイイ感じの鉄だ。

080518_006 ●工場3
ふと思ったけど、こういうシンプルな構造のはしごとかって、ビルとか作る時にも仮の足場として作ったりしそうなんだけど、あんましそっちはピンこなくて、こっちにグッと来たりするんだけど、それはたぶん「こっちはこれでいて仮じゃないんだろうな」。

コストや強度を考えて必要十分で仕上げようと思ったら、嫌が応にもシンプルにならざる得ない、、ということはある意味「贅肉をそぎ落とした姿」と言うことも出来るわけで、案外僕(および僕と似たような価値観を持つ方)にはそういう機能美が訴求してるのかもしれないな。

080518_007 ●工場4
つかここまで来ると逆にジャングルジムというより「針金?」みたいな。つか拳銃とか撃っても中で「キンキンキンキンキンッ」とかはね回りそう。あとパイプの一つ一つが糸電話みたいに繋がっていてこれでしかしゃべれないとかだったりするとファンタジーなんだけどな、とか思った。つか設計図とかあんのかこれ?あんだろうな~。

080518_008 ●工場5
さっきまでと違って割とカラフルな1枚。つか「レゴとかで作りたくなる」ようなどことなくミニチュア感の漂う造形。つか青い柱についてる丸いパーツが「アンパンマン」に見えるのは、、、まぁ僕だけでしょうね(^^;。

080518_009 ●電柱2
シルエットがバックの光量に押されて食われてるのがイイ感じ。つかこれもヱヴァん中に似たようなシーンがあったような、っていうかありとあらゆる電柱写真を保存してそうだよな>庵野監督。つか秘蔵の1枚とか見せて欲しい感じ。

080518_010 ●電柱3
個人的にはベストオブ電柱。安全だとか混線だとかそういうのはこの際とりあえずとしておこうじゃないか、という気持ちが見えるヤケクソさがたまらない。つか本気で何がどうなってるのかわからないし、修理する談になってもサッと出来るのか?地震で倒れたり断線したりしたら何件くらいの家屋に電気がいかなくなるんだろうとか、いろんな心配もないではないが、、、まぁこの迫力の前にはとりあえず「ふーん」って感じになるね。

080518_011●バケットホイールエスカベータ
調べれば出てくると思うけど、現時点でたぶん世界一大きな自走式建造物。先っぽについたのこぎりみたいなのは拡大すると刃に見えるそれ一つ一つが巨大なシャベルになっていて、自分で掘って自分で(中のベルトコンベアーで)掘削物を運搬してしまうらしいが、
 それでもこの大きさが必要だったの?

という疑念は禁じ得ない。詳しくは知らないけど「ホワイトベースと同じ大きさ」があるらしく、Googleマップでも確認出来るらしいが、いざ確認しても別段感動があったわけじゃないので、アドレスとかはスルーしちゃっておく。ちなみにこの中にはバスもトイレも付いてるらしい。ホワイトベースと同じならそりゃそうかとも思うけどさ。

080518_012 ●鉄塔2
ヱヴァ序のタイトルメニューバックになっていた鉄塔のモデルなんじゃなかろうかという感じの1枚。「上部送電線注意」というメッセージはたぶん人や車に向けたモノじゃなく、ヘリとかセスナとかに対して発してるんだろうな~とか思ったりする。つかこういう写真はカメラの性能に結構依存するんじゃないかと思うんだけど、
※かなり広域に収まってるし、ピントが割と合ってるし。
素人だから詳しくわからないのがちょっと悔しいかな。

-------------

見ていて思ったのは、感動するのは「大きさ」じゃなく「凄さ」だってこと。成層圏まで届くエレベータとかまで開発されつつある昨今だけど、見るモノを唸らせる凄みみたいなのも一緒に作られ続けていくんだろうなぁとか思った。つか結構眠くて後半は3割くらい寝ながら書いてたのでミスがあったらゴメンちゃい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日)

Blue_Tasuさんありがとう!

なんじゃこのタイトルは!?と思われる方も多いと思う。っていうかまぁそう大した話でもないというか、いやいやせっかくDVDに焼いてまで送って下さったBlue_Tasuさんにそんな物言いはないだろう。つーことで感謝。多謝。陳謝する次第なのだが、何がどうしてどうなったから感謝なのかというと、

 とあるアダルトなビデオを送ってもらった。

とか書くと、「またそんなもう!」みたいな?「男の子ってそうゆうものなのでしょう?」みたいな?「そんなに見たいなら・・・いい・・・よ」みたいな?いやいやヘタすると彼の彼女の逆鱗に抵触しかねないので本題に行ってしまうのだけど、、、

080316_ryujin  ←これが何かわかる方、つかこないだのテレビ放送見てれば全然わかっちゃうと思うけど、僕みたいに見逃してる人でBlue_Tasuさんのブログを読んでらっしゃらない方もいるかも知れないので、あえて「ソレっぽい写真」を載せてみました。

これは世界一の折り紙職人神谷哲史(かみやさとし)大先生が一ヶ月掛けて作ったという100万円の値を付けた「龍神」・・・のアップショット。

つかまぁ「100万円で売れた」わけじゃないので実際の価値がどの程度のものなのかは「神のみぞしる」(紙だけに!・・・神・・・紙だけ、、コホン)というところかも知れないけど、海外のちゃんとしたオークションに出せばホントにそれ以上の値が付いてもおかしくないとは思う。つかまぁ「職人が一ヶ月かかりっきりで仕上げた作品」ってことを考えたらその値でも安いくらいだとも思うんだけど。

080316_ryujin01

  ←ちなみにこれがその龍神。つかこれが正方形の一枚の紙から折られたものだってのは、信じろと言われたらそりゃ信じますよ、信じますけど、折れるかって言われたら

 46億年掛かっても無理!

080316_ryujin03胸を張って言えますね。ええ誰にも文句は言わせません。絶対に僕には無理です。つかこのテレビチャンピオンは相当に見応えがあって、今まで何度か見た折り紙選手権の中でもかなり「腕のたつ猛者」が集まってる感じでした。つか見ていて「これはこっちの勝ちだろう」って勝負で全然違う結果になることもしばしばで、ある意味納得出来ないところもあったりしつつ、、、

 でも実際その場にいたらどうか。

はわからないんですよね。折り目の一つ一つからにじみ出るオーラみたいなものが絶対あると思うし、その場の空気で「こっちに入れづらい」とかの大人な事情もまたあったりするんじゃないかとも思うし・・・。

ちなみに提供して下さったBlue_Tasuさん的は最終決戦の得票差に多少の違和感を感じられたそうですが、
※↓リンクを張っておきますので彼のブログでその作品を是非確認してみて下さい。
http://bluetasu.blog.so-net.ne.jp/598
僕的には「これはしょうがない結果かなぁ」と思いましたです。

折り紙職人っていうのは、「折り紙をいかに上手く、凄く折れるか」を競うのが基本であり、対決のお題の中には「似顔絵」とか「面白い」とかもあるかも知れませんが、基本はその技術で勝敗が決するべきだと思うわけです。でこの決勝の2作品を見た時、挑戦者の作品は、

 「ドラマはあるが、、、」

という思いが(あくまで僕的には)勝ってしまった気がするんだよね。「スゲェ迫力!」「緊張感が伝わってくる!」ってのは確かに凄いと思う反面、これって「演出力によるものかな?」という思いも去来する。

チャンピオンの作品はパッと見(ブラウン管越しでは)物語が見えづらい感じはどうしてもしちゃいましたが、一つ一つのパーツ密度、技術の裏付けによってこそにじみ出るオーラではやはり挑戦者の上を行っていたかなぁというのが僕の感想。まぁこれまた人それぞれなのかも知れませんけど。

ちなみにこれだけでは少々味気ないので、ネット上で適当にソレっぽい作品を探したので、それを貼り付けておしまいにしたいと思います。あなたのハートに届く神(紙)はいたか!?

080319_vf1 ●VF1
 マクロスのバルキリーです。つかコレ、冗談抜きでガウォークやバトロイドに変形してくれる素晴らしい造形なのですが、ガウォークはともかくバトロイドはちと不格好なところも見え隠れしたのであえて一番かっこいいファイター形態を貼り付けておきます。つかコレだけでも十分スゲェですよね?

080316_kerberos ●ケルベロス
 これも神谷大先生の作品。つかオフィシャルかどうかわからないけど、↓
http://www.folders.jp/index.shtml
これ見ちゃうと他の作品のほとんどが「ふぅーん」になっちゃうおそれがあるので、もし見るとしても最後にした方がいいかも。つかこのケルベロス、顔とか凄すぎ。現物を見てみたくなります。つか他の作品もなんだか凄すぎて「コレのどこが折り紙だよ!」と不条理な中年男性を演じたくなります。

080316_kabutovskuwagata ●カブトvsクワガタ
 現代折り紙の第一人者北條高史さんの作品(ロゴが見えてますが(^^;)。何が凄いって1枚の紙でカブトとクワガタを同時に折るという技術が凄すぎる。つか両方ちゃんと足が6本ずつあってカブトはカブトムシにしか見えないし、クワガタもクワガタにしか見えないところがマジスゲェ。つか僕も以前ブログでカブトムシ紹介しましたけど(折り紙の表紙裏に作り方が書いてあったヤツ)、それだけでも十分難しかったって言うか、まぁそれはそれで楽しかったからいいけど、、何が言いたいのかはよくわかんないな(^^;。
※そん時のブログ↓
http://cris-deepsquare.cocolog-nifty.com/top/2006/05/post_4933.html

080319_loadofthering ●ロードオブザリング

 凄いんだけど、3人がそれぞれ1枚の紙で作られているのかどうかは微妙。海外のクリエイターの方の作品のようで、ガンダルフのヒゲとか本気でスゲェ。っていうかもはやスゲェを通り越して「なんだこりゃ?」って感じすらしますな。

080316_ohmu ●王蟲

 パッと見てそれが何かわかるだけでも十分凄いわけだけど、コレなんかはその最たるモノかも知れない。つかどう見ても王蟲にしか見えないっていうか触手部分の造形がもはや凄いを通り越して笑える。こんなのホントに1枚なの?って言いたくなるけど、1枚のようです。

080316_dragon ●ドラゴン

 テレビチャンピオンで決勝を争った宮本宙也さんの作品。っていうかチャンプも言ってたけど、まだ宮本くんは若くて、
※このドラゴンの原型を作ったのは17歳の頃
経験を数年積んでたら勝敗はわからなかった。
でも実際の話チャンプが初めてチャンピオンに輝いたのもそのくらいの年齢だったハズで、このままのんべんだらりと歳を重ねてしまうと、その差は永遠に縮まらないということになってしまうんだろうなぁとも思った。個人的にはがんばって欲しいけど、、、本人はそんなに折り紙にこだわりがないみたいな感じを(テレビ)からは受けたな。

-----------

ぶっちゃけ使ってる折り紙は「1.8m四方」とかそんなとんでもない大きさのモノだったりするらしいので、普通の一般市民が挑戦しようとしても、まず最初の紙の手配でつまずいてしまう。ただ、「千里の道も一歩から」なわけで、ヨーヨーだろうとあやとりだろうと、ペン回しだろうと折り紙だろうときっと一番始めは僕らでも出来るものを作り、一歩一歩階段を上がっていったに違いない。

ただまぁそのかなり序盤で才能に気付き、すさまじい速度で引き離されたんだろうなぁという気は正直しちゃうんだけどさ(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2007年9月 9日 (日)

充実の休日

今日は土曜日だけど仕事がお休み。つか昨夜はなんだかダラダラとネットを覗いたりブログ書いたりして過ごしたわけだけど、ぶっちゃけ寝たのは朝6時。何やってんだよって気もするが、気合いで就寝。起きたのは朝7時半。1時間半しか寝てないし。

かみさんが「別段用がなければバザーに行きたいんだけど」というので、「それついて行きたい」と申し出て、浜松の母方実家近くでやる不要品即売会に参戦。PTAや地域のみなさんのいろんな不要品を100円~300円で購入。当然とんでもなく安いものも多く、以前から「この妙に美味しいソバは何?」「バザー」。「このかなり美味いそうめんどうしたの?」「バザー」。「この洗剤・・・」「バザー」。「このコップ・・・」「バザー」。「この・・」「バザー」。というくらい我が家ではかなりのシェアを占める購買先となっていた。つかかみさんなんかは、バザーで100円で買ったガンダムのコップをヤフオクで2000円で転売したりして、

 一回で買った分が浮くくらいは転売で稼いでる

というまぁ今時の主婦?みたいな利用の仕方もしているという。つかそのコップちょっと見たかったし。

そうめんやカレー、洗剤を中心に適当にゲットし、その後一緒に参戦したかみさんのばあちゃんに回転寿司をゴチになった。

で、次にどこか行きたいところはあるか、という談になって、「浜松に何とか言う大きいゲーム屋が昔あったはず・・・」と僕がリクエスト。おぼろげな記憶を頼りに向かう途中う、その店の名前が「エマーソン」であることを思い出す。そう言えば独身時代随分たくさん買ったなぁと思う。

かみさんは僕より土地勘があるので、ほどなくその目的地のランドマークとも言える書店を見つけることが出来た。お目当てのエマーソンはそこから左折を二回したところにある・・・はずだったのだが、、、

 無くなってる・・・

正直その予測がなかったわけではないので意外ということもなかったが、さすがに跡形も無くなっているのを見るとちょっと沈む。うーむ。大きな店だったのになぁ。

帰り道いくつかのゲーム屋によってもらいつつ家を目指して走る。「あ、ゲオだ、寄って」「あ、またゲオだ、寄って」「あ、変なゲーム屋がある、寄って」
つか最後のはほとんどエロで家族連れにややや気まずい店であった。そうしてかなり疲れが出てきて、最後もう一軒だけ僕の記憶に残る店を口にする。

 「気が向かなかったら寄らなくていいから」

と言いつつかみさんにお願いする。我が家のドライブはほぼ100%かみさんがドライバーなのだ。半分眠り掛けているような状態で、その店の付近まで来ると、どうも様子がおかしい。

 なんでこんなに車が止まってるんだ!?

いつもなら1台止まっていていいところというその店が、今日に限って満車な上に駐車場整理の人間まで雇っている。その刹那僕の目に、

 完全閉店全品レジにて割引します

の文字が。「これはヤバイ!」瞬間全ての状況を把握した僕は車から飛び降りるように店内へ転がり込む。右手にはマシンガン、左手にはパイナップルである。当然顔はまだらにペイント済みだ。いや別に僕にそんな趣味はないので普通に入店である。

店内は既にかなりの人であふれかえっていて、レジにも人が並んでいる。「ヤバイヤバイ!」。その店は以前来たときから結構いろんなもの、例えばゲームでもコンピュータゲームからボードゲームまで、プラモやおもちゃ、超合金やレゴ、ジグソーパズルからぬいぐるみ、パーティグッズ、ガシャポンの単品からセット売りまでかなり手広に扱っていたのだ。僕のターゲットは即座に頭に浮かぶ。

 ゲームと超合金魂だ!

ゲームのウィンドウには既にめぼしいものはない。まぁ閉店が決まる前からリスクの高いアイテムをシェイプしているのは無理からぬコトだろう。すぐさま次のターゲットを探す・・・つか普通に来てもそこそこ楽しい店なので、目的の物を見つけるまでにもフラフラと目移りしてしまう。数分の後、それら高額商品のエリアにたどり着いたが、、、結局大鉄人17とゲッター、黒いグレートマジンガーとろくでもない敵ロボとかがあるだけであった。これでは買う気にはなれない。

となれば、まぁ順々に見ていくことになるのだが、とりあえず僕のハートを掴んだのが「リーンの翼」の箱入りフィギュア。コテコテではあるがオーラバトラーのニオイのするシリーズはどれが出てもまぁまぁの出来。定価714円が280円の表示になっている。「つか元々えらい高かったんだなぁ」と思いつつ、コトブキヤのフィグは質が高いので3つをチョイス。

070908raiden ←ライデン
 ゲドのような雰囲気のあるオーラバトラー。写真からはわかりづらいが肩アーマーの部分に穴が空いていて顔はブサイクだが、ポーズはなかなか躍動的だ。羽根のクリアパーツやタンポ印刷での精度の高いプリントは、さすがにもともと700円オーバーの造形だと感じさせる。が、ぶっちゃけハメが硬すぎていくつかのパーツが今にも折れそうになってしまってたりするんだよな。

070908gimgenen ←ギム・ゲネン
 元の話を知らないのでこれが「アマルガン機」と言われても全くピンとこないのだが、いやいやどうしてアシュラテンプルとドラムロを掛け合わせたようなフォルムはかっこいい。ちょっとアニメを見たくなってくるね。

結局3つのウチ二つがライデンで、ちょっと凹むが、全て(以下のものも含め)決めたあと、よくよくレジで聞いてみると、

 さらにレジにて3割引

だと言うじゃあ~りませんか!定価714円のこのフィギュアは、なんと税込み196円!およそ73%OFFですよ!オトーサン!せっかくなので浮いた分で(気持ち的に)もう一つ買うことにする。

070908nanazin ←そして出たのが主人公機「ナナジン」。
 クリアブルーの台座こそややアバウトな塗りだが、バストールとサーバインを足して割ったようなフォルムはとってもグラマラスでソソられる。パーツ数もメチャ多く、これがガシャポンHGより安いかと思うと驚きを禁じ得な過ぎである。★★★★☆の9点上げられる出来であった。後ろ姿も超カッコエエのだ。

続いて僕がロックオンしたのがガンダム系箱入りフィギュアの「ガンダムロウバストシルエットコレクション」vol.0。ジオラマ仕立てのフィギュアが全5種類+αで、定価は1個あたり税込み504円。それが1箱売りで10個入り1500円でのご提供。この時点では当然レジにて割引なんてことは知るよしもなく、とりあえず店員さんに、

「これ、ストックが4箱もあるんだから、一つくらいバラにしてもらえませんか?」

と聞いてみた。つかいくつか試しに買ってみたいが、別段1セットコンプリートしたいほどではないのだ。するってぇと店員曰く、

「安くするから箱で買ってってよ」

とサラサラとペンを走らせ、1箱定価5040円は1000円に早変わり。正直それでも今ひとつ気乗りはしなかったのだが、後から考えてみれば、それとて

 レジで3割引=1箱700円。

というとんでもない破格に。1個504円の品が10個700円である。割引率は驚愕の(また驚愕かよ)86%OFF!さすがにさほど興味がなくても損した気にはならない。っていうかガシャを現役で集めた頃なんかは、1個5000円とか2000円なんてのも買ったことがあったわけで、いくら最近オサイフが寂しげであるとは言え、この価格に文句を言おうものならバチ数万個が降ってくるというものだろう。つかこの場合のバチは罰であってリアルな「バチ」ではないのだが。

070908rx78 ←RX78-3
 いわゆるガンダムの中でも色が地味な3型である。つかまぁ悪くはないが、定価504円と思うともう少しがんばって欲しかった感が残るのは否めない。っていうかこのシリーズは割と台座や小物に金掛けてる感じである。ガンダムも足下には爆発したボールが横たわっており、爆発のクリアパーツ感や当然のように為された全塗装、汚しなど見るべきトコロも多かったりするのだ。

070908msn_1 ←MSM-07
 いわゆるズゴックである。量産型である。数打ちの駄作である。が、僕が好きな一台でもある。写真だとかなり明るく見えるが現物はもう少しシブ目でなかなかいい雰囲気が出ている。ただこのシリーズもコトブキヤと同様全体的にハメが硬い。つかこのズゴックも台座はハマりきってなかったりするが、大目に見ようじゃないか。いっこ70円だぜ?ちなみに10個入りを全部開けたところ、箱に写っていた通常カラーとより地味目なローカラー版がほぼ1個ずつ入っていた。

070908ms06_2 ←MS-058
 さきほど「ほぼ」と言ったのはこれだけ、通常の「旧ザク」カラーが入っていず、代わりにこの作業カラー版が入っていたため。っていうか僕はこの配色がとっても(元の旧ザク以上に)好きなので、何も問題はない。っていうかこのシリーズの中でこのモデルが最も出来が良く、
※作るのもビニール線がある分大変なのだが。
気に入っている。斜めのアングルや浮遊感、作業を感じさせる小道具に至るまで、HGのガシャでは為しえない高見を感じさせるとは思わないか?とりあえず僕は思いまくりである。

070908ms06r ←MS-06R-2
 ライデンさんとこのジョニー坊やもいつの間にか大きくなって、こんなでっかい大砲ぶちかますほどになったのかい、と近所のおばちゃんたちも感慨深げに見守ってそうなショット。写真からだとわかりづらいが、撃ってる対象はたぶん戦艦の砲台を真上から。しっかりと自重を支えるホールドの良さは当然かも知れないがさすがである。

070908aggai1 ←MSM-04
 アッガイである。つかこれまたアングルが非常に凝っている。海上からのミサイルをギリギリかわしつつ、戦艦の外壁下部に爪を立て、こちらも左手でミサイルを撃ち込もうというところ。クリアパーツの使い方、出来も良く、船の外壁の造形も素晴らしい。グルリと一周楽しめる作りはワンショットモデルにはないヴィネット的な楽しさを提供してくれていると思う。

続けてついでに買ったのが1個だけあった、

070908heizl01 ←MS開発記録 ガンダムTR-1「ヘイズル」
 というフィギュアである。箱入り525円が200円それがレジにて140円である。が、正直その出来は先ほどのシリーズと比べるとやや落ちる。というのもこちらのシリーズには黒くてかなりしっかりした台座が付いており、白い部分は素材そのままでありつつもコスト配分が異なるのだ。

とは言ってもヘイズルだし、HGより「半周り」くらい大きいのも悪くない。まぁ相変わらずHGと同じ素材を使ってるやつ、それも未塗装のものはハメがヌルいが、それは仕方ないというところなんだろうな。

続いてかみさんたちが2階へ行ってくるというので僕も見に行くと、基本的にパーティグッズ的なものが品を連ねていた。そんな中電子系おもちゃのコマを買ったが、

 これだけは壊れていて失敗だった。

定価1000円以上で売値は200円のさらに3割引だったが、本来なら、回転している数がカウントされ、上部に表示されなければならないのに、っていうかそれがキモなのに、結局壊れていてただ回るだけ。まぁ回転自体は結構安定していて良く回ると言えば良く回るけど、そりゃもう切なさは募るさ。

しかしそんな結果は、もう一つ2階で僕が得た奇跡を思えば微々たることだと言える。2階に並ぶガシャの中で、僕のハートを打ち抜く造形のアイテムを発見。

 ドラゴンボールGTイマジネーションフィギュア1個300円。

さすがにガシャは定価のままなのだが、そのどれもが出来が良かったので、一回だけ回してみることにした。つか↓
http://cris-deepsquare.cocolog-nifty.com/top/2007/03/post_666d.html
この時もそうだったが、最初欲がないと言いつつ回してる最中にターゲットをロックオンし、物欲センサーを作動させてはダメだ、絶対ダメだ、、、と思いながら、

 まさか一番欲しいヤツが出るとは思わないじゃん!

070908gozita02 ←超フュージョン戦士誕生!
 いわゆる一つのスパーサイヤ人状態でフュージョンした悟空&ベジータ=スーパーゴジータである。つか超カッコエエ!!上記ブログの時、ドラゴンボールの一般ガシャ造形の中ではこれこそが№1だと確信して止まなかったが、よもやそれが覆される日がこようとは!もうポーズ、面構え、塗装、台座、どれを取っても最高で、言っちゃ悪いが作り手の愛以外の何者でもないオーラを感じる。

070908gozita01 アップも(画質悪くてスマヌ)十分耐える素肌は素材そのままの色を使っているが、決して安っぽくなっているわけでもないし、とにかく目の回りの表情が最高に最高なのだ。つかオークションで落札すればきっと簡単に手に入るのだろうが、それじゃあ風情もクソもない。やはり目の前で祈りながら回して、ドン!であるわけさ。っていうかこれが出た瞬間、

 ヤバイ、オレ今日死ぬかも知れない。一生分の運を今ここで使い切った!

って本気で思ったからね。とりあえず今も生きてるわけだけど。
※ちなみにこの2枚の写真撮るのに実際には30枚以上撮して1時間くらい掛けてフィニッシュしてたりする。手間も掛かってるんだけど、まぁその価値のある一品だと思うわけさ。

1階へ下りてきて他のエリアを物色。つか先ほども書いたけど、結構いろんなものがある。まぁプラモは定価の40%OFFというラインで、安いには安いけど、ガンガン買うほどでもない。つかめぼしいアイテムはなかったし。ただ、特殊塗装タイプのPGウイングゼロカスタムがあったので、
※定価31500円くらい。
おもむろに店員さんに、

 「これ1万になんない?」

って聞いたらさすがにダメだしされた(^^;。なってたら絶対買ってたと思うとむしろ良かったのかも知れない。つかヤフオクでも15000円で入札入ってるけどそれ以外は音沙汰なしっぽいし、閉店間際でなら、正直悪い話じゃないと思ったんだけどなぁ。4つも余ってたし。

軽く凹んでいた矢先に、目の前で違和感のあるポップを発見。

 「値段どこに書いてあるんだろ」

そのタミヤアクリルプラカラーは小箱に6個入っていて値段が書いてない。思わず同様に物色していた方に聞いてみると、

 「タダみたいですよ」

なぬ?タダとな!っていうか中には固まってしまっているものも多いかも知れないというのがその理由なのだが、ご存じの方も多いと思うけど、アクリルカラーってそうそう固まらないし。それもデカボトルの方ですよ!?

 でも欲しい色とかまずないだろうなぁ・・・

しっかりある!シーブルーやミディアムグレー、ライトブルー、ディープグリーンなど僕が過去において買った色がほとんど!まぁ中にはスカイとか明灰白色みたいな微妙なのもあったけど、

 7箱×6個=42個もらってきてしまいました!(^^)!!

いやオマエプラモ作らないじゃん・・・。とか言われそうですけど、それはそれコレはコレですからね。同じ色ばっかしになってるかも知れませんが、とりあえず振ってみたらチャプチャプ鳴ってたし、重いけど重くないって感じでした。つかみんなアクリルカラーとか使わないのかね。

そして最後に飛び込んできたのが、

 ボードゲーム「カタン」。

070908catan XBOX360のマーケットプレイスでも配信されてますが、本来はボードゲーム版が起源。どこぞで賞を取っただか取らないだかのウワサだけは聞き及んでいて、安かったら買ってもいいかな、と思っていた矢先に、なんと!

 1000円!さらにレジにて3割引!!ということはなんと5000円以上するカタンが700円!!

マジビックリ。つか本日の僕の出費、これだけ楽しんで買ってわずか2904円!定価だったら、26240円(アクリルカラー代含む)!家に帰ってから必死に組み立ててメチャ時間掛けて写真撮って、でもってこうしてブログ書いてる次第なのですが、

 今日はマジで充実した!

と声を張り上げて叫びたい気分です(^^)。捨てる神あれば拾う神あり、というところですかね。さらばエマーソン、さらばロアール(閉店セールやってたお店ね)・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 4日 (水)

N700系

N700 いつものように6時36分発の名鉄電車で名古屋へ向かい、いつものように改札を抜け、いつものようにJR名古屋駅の発券機で「回数券で指定席」を取ろうとしたら、いつもの「のぞみ1号」ではなく、「のぞみ99号」が目に入る。意図的に遅い便で行く理由もなく、取れるならと指定を試みると、窓際も通路側も満席の表示。「こりゃ次の便かな」と思いつつ機械の返答を待つと、

 「16号車8番B席」

との切符が発券された。かれこれ10年近く大阪に毎月行っているが、16号車になったことは過去一度もない。「へ~」まぁ別に気にもしないでホームへ上ると、なんだか様子がおかしい。

 なんでこんなに人がいるの?

 それもなんでみんな並んでないの?

ほぼ満席にも関わらず、乗降口には列が無く、それでいていつもの3倍くらいの人がホーム内をごったがえしている。ほどなく多くの人が携帯カメラを用意してそわそわしている空気が伝わってきた。

 こりゃなんか来るな・・・

僕は鉄道マニア(専門用語で言うところの「鉄の人」)ではないので、ここで何が現れるのかを知らない。曖昧な知識で言えば「黄色い新幹線(ドクターイエローというやつ)」でも来るのかな、と思う程度で、16号車の昇降口まで歩みを進める。

するとホームの端っこはデカイ望遠を付けたカメラを持った連中が鈴なりのごとく壁を作って現れる列車を今か今かと待ちかまえているではないか。

 こりゃもしかしたら結構凄いのが出てくるのかな?

なにげに僕も携帯のカメラを用意する。つかまぁメールもしなきゃiモードもやらないメモカも入ってないシンプルな僕の携帯はカメラに収めることしか出来ないが、それでもワクワクが流れ込んでくる。そう、「みんなの体温が伝わってくる」感じがする。

5分ほどして遠くにキラリと光が差す。「黄色い線から出ないで下さい!」次第に館内放送も声を荒げ、気付けば周りの連中は僕を含め全員がカメラの用意をしているような気すらしてきた。

流線型はこれまでののぞみよりもなめらかで、なんだかリニアモーターカーのそれを喚起させる。横から見る限りでは普通のそれと大差はないが、プリントされた「N700」の文字はどことなく強めに自己主張しているようだ。

中に入るとちょっぴり新品を感じさせる車内と青いチェックのシート。これまで単色だった(ような気がする)電光掲示板が4色くらい使われてる(気がする)以外の違いは僕にはわからず。ただ周囲の何人かが時刻表を熱心にめくったり、カメラで周囲を撮ったり、果てはこの車両は16号、最後尾にもかかわらず、次から次へと「何もないはずの最後尾の最後尾」へ向かって歩いていく。

ポスターを見ると「7月1日から」の文字が。7月1日っていつだっけ?と一瞬脳が硬直するが、そう言えば今日か!それもこの列車がその第一号なのか!期しせずして歴史的な一台に乗ってるのか僕は!

ちょっと嬉しい。

つか大阪に付いて数少ない鉄の人に話を聞いたら、「そりゃキャンセルが出たから乗れたんですよ」などと熱い語り口で「早く僕も乗りたいな~、僕も乗ったら絶対先っぽから最後まで歩いちゃうだろうな~、切符をなんで貰ってこなかったの?」みたいな。

まだ一日4本くらいしか走ってないらしいけど、実は翌日の帰りの電車も完全たまたまN700系。二日連続で偶然乗ったなんて人はそんなには多くないだろうなぁと思ったクリスでしたとさ。
※でも個人的には500系のが好き。ガオガイガーの肩みたいだし。

500kei ←これが500系。カッケー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月22日 (火)

オートマタ

なんとなくテレビガイドに載っていたので録画した「オートマタの世界」。1800年代に作られたゼンマイ可動式人形にオルゴールを仕込んだ人形オートマタ。興味ない人も多いとは思いますが、とりあえず冒頭に出てきたピエロは一見の価値のあるものだと思いましたので、皆さんにご紹介いたします。とにもかくにも動画をご覧下さいませ(^^)。

「AUTOMATA.AVI」をダウンロード

まぁなんつかこういうのって何がモチベーションでフィニッシュさせられるのかって思いますよね。人間業なのか!?みたいな。きっと凄い高級時計とかもそうなのでしょうけど、もうお金じゃない何か、霊的なものが取り憑いているんじゃないかとすら思ってしまいますね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年12月26日 (火)

クリスマスプレゼント

毎年我が家ではクリスマスプレゼンとをあげる風習があるそうな。っていうかその前に、

 今日はえらく更新しまくるなぁ

とお思いの貴兄もいらっしゃることでしょうそうでしょう。つかまぁ深い意味なんざござんせん。たまたま久しぶりに昔書いたブログを読んでみたりしたと思いねぇ。するってぇとそこには膨大な熱を伴った長文がシャケフレークのビン一杯に詰めたミミズがごとくうごめいていたワケでさ。まぁ、

 ダレてちゃダメだな!

と。たまにはガツン書くのもよかろうて、と。最近地球防衛軍の話ばっか書いていていろんな人を置いてけぼりにしちゃあいまいか、と。そう思った次第。つかまぁ「書きゃいいってもんでもない」のは百も承知ではあるんだけど、とりあえずたくさん書いてみようかな、と。ゲームも今日はあんましやってなかったりするし(ってやったのかよとも言われそうだけど)。

閑話休題。

で、毎年何らかのプレゼントを子供二人とかみさんにあげているわけ。かみさんはまぁ適当なアクセサリーをあげることもあるし、CDとかに逃げることもあるんだけど、今年は比較的安い、というか一番安い(^^;、USBオーディオ。
※簡単に言うとi-podのようなもの。つかまぁそれで音楽を聞かなくても、最悪512メガのUSBメモリとして使えるからいいか、みたいな。つかどれほどそのニーズがあるかはともかくとして。

で、子供のプレゼントなんだけど、ぶっちゃけ子供たちは二人とも

 ゲームが一番喜ぶ

ので、ゲームをあげるのが手っ取り早いには手っ取り早い。まぁ安い買い物じゃないけど、オレ様の審美眼を持ってすれば子供たちが喜ぶタイトルを探すことなんざ鼻毛の先を折るよりも容易い。アリンコを靴で踏むより容易い。暑い日に氷を溶かすより容易いのだ。

しかし、自分のポリシーというか、

 「枕元に小さい包みがあるのってどう?」

というのがある。クリスマスはやはりかわいい包装紙につつまれたボリューミーなブツが「さあ開けろ!」とにらみつけていてこそではなかろうか。朝うつらうつらした瞳の中に入ってくるのが「ええ~っとクリスマスプレゼントどこにあるんだろ」じゃあまりに寂しくはないだろうか。

なわけでかみさんはともかく子供たちにはそれなりの包み、少なくともゲームよりは大きな包みを用意するようにしている。っていうか、

 オモチャを買う機会そのものが少なくなるじゃんか

だからクリスマスプレゼントでもいいからオモチャを探したりしたいわけ。そんな中でたまたま面白いものがあったりすればそれはそれでアリだと思うんだよね。

例えば「アスレチックゲーム」みたいなメカトロ系のオモチャだとか、Xavix系のテレビゲームでもいいし、手品とかモデルガンもいい。モデルガンなんて久々に「撃つ楽しさ」を再発見したりしたよ。まぁサバイバルゲームを嗜んでる人にとっちゃ普通なんでしょうけど。

で、今年は長男は古くは任天堂が成り上がるきっかけともなった「テレビゲーム9」の今風版。まぁぶっちゃけ僕の親から孫へのクリスマスプレゼントが僕チョイスのゲームソフトだったりするので、
※それも大体が長男が一番欲しいものだったりするので、
何をあげてもさほどグッと来たりはしないのだ。

でも娘の方がなかなか決まらず、結局5件ほど回って決めたのが

 エンツォフェラーリのラジコン

ライトが点いたり結構な速度で走ったりもするんだけど、何より「車用の充電池充電器とプロポ用の単三電池付き」というのが決め手だった。とにかくオモチャ系ラジコンのほとんどが元祖シゲキックスというかドンパッチというか、9V電池を必要とする。当然充電池じゃないので何度も買わされるハメになりかねない。単三ならともかく、そんな電池はウチの店にもないので、なかなか手が出にくいのだ。
※アルカリ専用というのもあるけど、凄く小さかったりとか。

で、話はココで終わらない。実はこのラジコンに決める前に僕が迷った物の中に「ハニービー」というヘリコプターのラジコンがあった。正確には赤外線操作なので「ラジ」コンじゃないのだけど、こいつがなかなかイカスモンで、
※デジモンみたい(^^;。つかヨコハマを肩で風切って歩いてそう「イカスモン」。つか冷静に考えるとちっともイカさないけど。

 わずか10gのヘリ

なんだよね。室内専用だけどちゃんと無線で飛ぶ。その昔僕らの子供の頃には地面にマットを敷いて、そのセンターに時計の針の先にヘリを付けたような「偽ヘリラジコン」が幅を利かせていたもんでしたが、
※あれはあれで楽しいんだけどね。上昇下降で目的の場所に着けるだけでも結構ワクワクしたし。
コイツはまぎれもない「無線操縦」。マジイカス!!

でもよーーーーく見ると

 15歳以上

って書いてある。まぁ確かにデリケートなシロモノだよなぁと思いつつ他のヘリラジも探してみると、
※っていうか今年はヘリラジに限らず「空モノ」の当たり年だったらしく、結構いろいろ出てたりしたのだ。
中には「本格3チャンネル」の文字を見つけたりした。

 「ん?3チャンネル?」

ラジコンに詳しい人ならすぐお分かりいただけると思うけど、「上と下」で1チャンネル。車で言えば「前進と後進」「左右ハンドル」で2チャンネルなのね。車だったら基本それで全て動かせるんだけど、実はここだけの話、

 ヘリコプターって空飛ぶ生き物なのよ。

空ってことは「上と下」が存在しちゃうわけ。ん?上と下で1チャンネル。左右旋回で1チャンネル。ということは、、、

 つかハニービーは前に進めないの!?

ってことがわかって非常にビックリ。そう。普通のヘリラジコンは2チャンネルで、あっても「前進後進」と「上下」の2チャンネル(旋回不可)がせいぜい。だから「本格3チャンネル」がウリになるんだよね。

 つか確かに楽しそう・・・。

でもですね。じつはこの3チャンネルラジコン。バッテリーの持ちは短いは(確か1分くらい。ハニービーは5分。それも「たっぷり5分」って書いてあったくらいだから、ヘリラジコン業界の常識に驚きますけど)価格は高いわもちろん年齢は15歳以上だわボディはデカくて室内で遊ぶには不安が残るわの三拍子。

 まぁスルーか。上下だけってのも味気ないしな。

で、ですね。まさか自分がこうして見限ったアイテムが

 「自分へのクリスマスプレゼントになってる!」

なんて夢にも見ないじゃない?つか素直に喜べないっての(^^;。つかかみさんも当然のように「前進出来ない」事実なんて知るよしもなかったとは思うんだけど、正直失速しつつ仕事に行ったわけさ。今朝の話ね。

で、まぁそれでもせっかくだからってんで開封して充電して(30分でフル充電。ちなみに車のラジコン充電器にも言えることだけど、十分な充電時間を超えて充電するのが充電池には一番よくないんだそうで、携帯とかPSP、DSとかはたぶんコンデンサーみたいなものが間に入ってるとは思うけど、ラジコンとかはかなり注意が必要。時間を気にして充電しなきゃダメってのがまた「15歳以上」な感じだけどね)、遊んでみたわけさ。

 で、これが面白れーでやんの!

要するに「上手く飛ばない」わけ。フラフラ回りまくったり、どっちに飛ぶかもわかんない。仕事中地味に「どういうゲーム性を求めればいいの?ただ上下に動くだけのヘリに!」と途方に暮れていたのがウソのよう。要するに、

 その場で回転させずに上下に揺れずにホバリングさせること

がなんと難しいことか!つかこれやってみて、吹雪の雪山に遭難者を探しに行くのがどれほど命知らずなことかが「生まれて初めて」わかりましたよ。

とにかく上手く動かすのが難しく、「上下だけ」なんてとんでもない。油断したらすぐ壁に突進、地面に撃墜。まぁ本体もパーツも軽さの塊なので、ぶつかったくらいでは壊れない(デリケートな作りなんだけど質量が低いのでダメージも低いんだね)のが救い。

 5分、結構丁度いい時間。

別に長すぎるというわけでもなく、短すぎるわけでもない。要するに単純なゲーム性ながらやっぱりぶつけないように集中する分適度な緊張感も楽しめたりする。

 意外とヒットしてる理由がわかったかも。

みたいな。正直他には潜水艦とかもあるんだよね。ホバークラフト系も新手の「空気が詰まったタイヤを寝かせた感じ」のものとか、片輪走行するようなやつとか、車輪だけみたいなのとか。つかラジコン意外と面白いかも。

余談だけど娘のカーラジコンがあまりに羨ましかったらしく、長男が母方の祖父母から自分用のラジコンをクリスマスプレゼントで買って貰ってきた。つかオマエがもっと小さい頃にオレがあげた時は全然遊ばなかったくせにな・・・。つかいつの間にこんなに書いてるんだオレは!?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年5月22日 (月)

折り紙

以前(GTSさんのとこだったかしら)折り紙のスゲェ人のサイトを教えて貰ったり、TVチャンピオンの折り紙選手権に感動したりもしたが、実際ちゃんと折ったことがある人ってどのくらいいるんだろうか。

僕は小学生の頃、お袋の買っていた「主婦の友」みたいな雑誌に毎月載っていた「テクニカルな折り紙」に心を奪われた時期があった。イノシシやコウモリ、ワシとかもあったかなぁなんつか「ツル」しか折れなかった自分にはこの非常に技術を要する、それでいて簡単に始めることが出来る遊びが衝撃的ですらあった。

ご存じの方は少ないと思うので軽く解説すると、折り紙というのはタダ順繰りに折っていけば完成するものではない。重要なのは「どこを」「どの角度で」「(山、谷)どちらに」折るためにどんどん「落とし込み」をしていくものなのだ。

と言ってもプロの「折り師」の人に言わせればきっともっと別の視点があるんだろうが、とにかく「折り目を付ける」ことがポイントなのはたぶん間違っていないと思う。

そんなことを思い出してしまったのは、今日仕事から帰って机の上を見ると、娘が買って貰った「ダイソーの折り紙」が置いてあったせい。このダイソーの折り紙、パッケージにはその昔僕が心を奪われた「テクニカルな作品」がいくつも載っていて、かつ「折り方」の解説書も入っているという。

俄然興味を持った僕は長男に半ば強制的にやらせつつ自分でも折ることにした。ターゲットはカブトムシ。言われてすぐ「そんなの簡単に折れるよ」という人がいたらマジ尊敬しますけどね。

ちなみにこのカブトムシ、実は折り紙2枚で作る作品。要するに足が6本あるのを1枚では作りきれない、正確には素人にその解説は難しすぎるために2枚に分けたのかも知れないが、何にしても気持ちよく1枚からは折れない作品。もっともこの程度の大きさ(いわゆる普通の折り紙の大きさ)では技術のある人であっても「1枚で6本足の昆虫」を作るのは容易ではないでしょうけど。

説明書を穴が開くほど見ながら一つ一つ折り上げていく。序盤の0.1mmのズレは終盤で1mmのズレとなって跳ね返ってくるので、特に最初は肝心だ。なるべく白いところが見えないように、図を曲解しないように慎重に慎重を重ねて折り進めていく。

徐々に形が出来上がっていき、角が出来、前足が出来る。そして後ろ足4本を別に作り、合体させてついに完成だ。その間約1時間。まぁ序盤は長男にレクチャーしながらだったので正味30分程度かな。

Kabutomusi ←どうでしょう?かっこよくないかな(^^;)。自分ではまぁまぁ上手く出来たと思うのですが、長男は前半途中でふてくされつつ就寝時間が来たのでオヤスミになられちゃいました。まぁ僕も素人だけどツルすらカッチリ折れない長男にはちと厳しすぎるハードルだったかなぁとも思いましたけどね~(^^;)。

みなさんもコストパフォーマンスの高い娯楽として、一度チャレンジしてみてはいかが?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧