趣味

2022年7月 2日 (土)

デジラマひとりごと~つづき~

n.crafterさんのHiνを除くと、最近は一作に掛かる時間がかなり短くなってきている気がする。行程として、これまでは作品を作るとなったら、

・プラモの写真を選ぶ
・それに合う背景を探す

このステップをまず踏んでいたのだけど、最近はまとめてこの作業を行い、デスクトップにペアとして組まれたものがいくつか置いてある状況。そこからは基本いつも通り、

・プラモを雑にトリミング※マグネット選択ツール

・プラモをそれなりにトリミング※直線選択ツール

・背景のサイズを拡大

・背景に重ねる

・背景を複製

・プラモの位置を決め、消しゴムで境目を丁寧に修正

・プラモを複製

・重なる部分があればトリミングしてプラモの上のレイヤーに

・プラモの色調補正

・光らせるポイントがあればレイヤー複製

・エフェクトを掛ける場合は掛ける※移動ぼかしとかスモークとか

一通り出来たら、

・画角を決める※保存しない場合もある

・PC画面で再度確認※色調補正でカラーバランスをいじる場合は、中断してこちらを先にやる場合もある

・JPG保存

・スマホでフィルター思案

・完成

こんな感じ。

こちらの行程でこれまでと何が違うかと言うと、

 手順に躊躇いがない

作業中ちょいちょいTABMATEが認識しなくなることがあるのだけど、
※平均すると1作辺り2、3回くらい

それに気付く速度も早くなったし、躊躇わずUSBの無線アダプターを抜き差しし、TABMATEを再起動。時間は確かに掛かるが、
※全部で1分弱くらいだと思う
行動に躊躇いがないので、ストレスも少ない。これは不可避なトラブルなのだ。

ツインアイ、モノアイほか各部のライティングもかなり慣れた。てか見た目はそこまで洗練されては居ないかも知れないけど、

・ほんの少しだけ小さめに範囲選択

・境界線を1ポイントか、大きければ2ポイントでぼかす

・覆い焼きリニア、不透明度100で、普段使っている「菱形っぽいブラシ」で不規則に塗る

・範囲選択を外し、それっぽい形にブラシを調整しつつ、不透明度10~20くらいでちょっとずつ大きく重ねていく

・最後に不透明度20くらいの消しゴムで周囲を修正。特にヒサシより上の部分は光が漏れないだろうから完全に消したりする

場所によっては直線ツールではなくフリーハンドツールで範囲選択したり、複数まとめてやったりする。以前はこの作業にかなり時間が掛かってたし、ちょいちょいミスしてやりなおしもあったけど、今はほとんどミスもなく、サクサクこなせる。

これに限らず、

・カンバスサイズを大きくする

とかも、

・最初にバックグラウンド側のカラーパレットが不自然なピンクとかになっていることを確認
※背景に絶対使われていない色

・カンバスサイズを縦横200%にし、元画像が右上になるようにする

・「逆L字」型にピンクの余白が出来るので、その部分をワンドで選択

・TABMATEに設定した選択範囲の逆転

・元画像の左下にあるアンカーを画面一杯まで引き延ばす

・選択範囲の解除

この手順で気持ちよくこなせる。以前はカラーパレットが黒になってて、途中でやりなおしたりしてたけど、最近はそう言うミスも減った。

難度にもよるけど、昨晩は「1時間で2つ作る!」と思い、実際ほぼほぼ出来た。その分クオリティが低い可能性はあるけど、

 ノルマはクリアしやすい。あと、何が人気かわからなかったりするし。

必ずしも手抜きがダメダメな結果になるとは限らないのだよな。

・・・

最近やった「初めて」のこととしては、

・雨のブラシをダウンロードして使ってみた

雨のエフェクトは、つまりは「かすれた細い線」なのだけど、ブラシなら1、2回でそこそこそれっぽくなる。ただ、今回使ったのは「雨」であって「嵐」ではないので、もし嵐であるならまた別のブラシが必要だったかも知れない。てか、

 零式に使ったからホントは嵐のが良かったのだけど。

それでも初めてのブラシエフェクトはなかなかイイ感じで、前述の菱形ブラシの透明度を上げ、色を白っぽくし、ポイントをそこそこ小さめ(20くらい?)にしたもので、ボディの「雨が当たりそうなところ」をチョンチョン塗っていったら、

 イイ感じに雨が当たってる感じになった。

これは以前伊藤さんが「雨の中のウルトラマン」に使っていたエフェクトを、見よう見まねで再現したものなのだけど、

 アイデアは必ずしも自分の中からしか生まれないわけじゃない

って思ったわ。

あと、最後のフィルターを今までたぶん一度も使ったことがなかったアクアにしたのだけど、

 ムチャクチャ最高にしっくり来た!

それまでは、「零式の後ろ姿ってだけだな~」と思っていたのが、そのフィルターで命が灯ったというか、

 一気に「かっこよくなった」。

そう言うのがたまらないんだよな。そう言うことがあるからつい続けちゃうとも言えるよ。いいねは伸びなくても。

ーーーーーーーー

今日もこれから一つ二つ作る予定。ストックは22くらいあるから、作る必要などないのだけど、特に見たい映画があるわけでもなし、

 作れば作っただけ新しいデジラマを見ることが出来るからな。

てかさっき書いてた「後ろ姿の零式レイバー」。以前プロがパトレイバー展みたいなので出してた「広告の品」よりずっとかっこよかったと思った。背景素材は一部ネットからで、一部自前だから、大っぴらに「自分で作った」と言えない部分はあるけれども。

| | コメント (0)

2022年6月19日 (日)

デジラマひとりごと

●ついにフォロワーが1万人を突破した

というか、

 あんま「ついに」じゃない。

「ついに」を辞書で引くと、

 終わりに、しまいに、とうとう、結局

とある。つまり「経過」であり、長い道のりを感じさせる形容詞だと思うのだが、

 割と駆け抜けるように到達。

3000人から4000人は、47日掛かっているが、そこから5000人まで19日。ラスト7000人から10000人までは、わずか21日で3000人のフォロワーが増えている。言葉は悪いけど、

 最近は「なかなかフォロワー増えないな~」と思ったことがない。
※1000まで243日掛かってて、さらに増えれば増えるほど鈍化するとその頃は思っていたので、1万まで5年やってもムリだろって思ってた

「え、もう?」って感じだ。マジで。てか、確かに心の何処かでn.crafterさんのコラボでまんまと1万行かないかな~と思ってなかったとは言わない。だがしかし、同時に「さすがにそれは虫が良すぎるか」とも思ってた。

 虫が良すぎてよかった!

また、今までの僕のポストを鑑みると、いいね上位はほぼエヴァ。一万超えはダーリンだけで、続いて7000超えのカズヒコさんジュアッグ、にへいさんのマークIIvsサイコ、メタルビルドのHiν、カズヒコさんの夕焼けザク、KMさんのジェスタが続く。サイコ以降は割とダンゴ状態だ。

だから今回も、いくら出来が良いとは言ってもそこまでは伸びないだろうと思っていた。投下前の目標は3700。これはn.crafterさんの元ポストのいいね数。結構前のネタなので、この頃はまだ爆発的な数字にはなっていない。
※だからこそ達成出来る可能性がある数字だった

それが初日の間にクリアし、24時間の時点で拙作最高値をマーク。二日目も順調に更新し、結果、過去最多のいいねを稼ぎ出した。

また今回はエヴァと違いn.crafterさんご本人も投下。過去一度もコラボやデジラマを投下してない。

 僕とのコラボだけが妙に浮いてしまうけど、いいのかな?

とも思いつつ、並み居る数万いいねのポストの中で、どの程度健闘できるのかにも興味がある。ちなみに氏のMAXは3体のMGを並べた「33000OVER」のポスト。さすがにそれはあり得ないと思いつつ。

結論から言えば、6/18の時点で、n.crafterさん側は24000OVER。僕の26000OVERと併せて、

 ふたりで50000VERのいいねを叩きだした!

これは本当に凄いことだと思う。

確かに単発33000には及ばないものの、「僕が加工した作品で5万人がいいねしてくれた」のだ。
※延べ人数だけど

他ガンプラ関連のポストを全てチェックしたわけじゃないからわからないけど、全く同じ内容で、例えばコラボではなくタグ付けの転載であっても、

 5万は全く考えられない。

まぁそれを言ったら「プラモ作ってないのに26000以上のいいね」も考えられないとは思うけど、、、それはそれとして。

ちょっとだけ誇らしいのは、僕側のポストが「飛び抜けてない」こと。n.crafterさん側も飛び抜けては居ないけど、例えば2番目にいいねを稼いだポストが3000くらいなら、26000いいねは、「ほぼ全てn.crafterさんのお陰」と言うことになる。でも、僕の方でも22000超えや21000超えのポストがあり、「お陰はお陰だけど、100%じゃない」と胸を張ることが出来た。

 ホッとしたわ~笑

同時にn.crafterさん側でも、僕とのコラボが1000いいねとかだったら、「加工しない方が全然いいでしょ」ってことになり、結構切なくなるところだった。n.crafterさんから届いたメッセージの中に、

 We did it!!!!

とあった。僕らはマジで偉業を達成したと思う。

 インスタ始めて429日目のことだ。

・・・

●フォロワーが1万人を超えると

ストーリーズにリンクを貼れるようになる、みたいなことをどこかで読んだことがあるけど、まぁそれはいい。別に貼りたいと思ったことも無いし、貼ったところでお小遣いが増えるわけでもない。

それ以上に変わったことを実感したのは、

・右上のハートマークをタッチしたときの挙動が完全に変わった

通常ハートマークをタッチすると、「直近100件の通知」と「オススメのフォロー先」が表示される。100件には、「いいね」「コメント」「タグ付け」「フォロー」が含まれ、それぞれが打刻される。
※15分以内とか1秒以内とか

この状態だと、例えばコメントを貰っても、いいねが高頻度で為されると、そのコメントが100件の先に押し出されてしまって「どのポストにされたのか」がわからなくなる。最近のポストであれば自分でチェックして確認も出来るが、昔のポストで確認するのは不可能。もっともそこまで高頻度で発生する事案ではないけども。

しかし、1万人到達後は、この表示が「ポスト毎に一括りにされる」。時間は一応表示されるが、例えば、10秒前、3分前、1時間前の3人だった場合、

 「○○他がいいね 10秒前」と括られてしまう。

つい先日「1秒以内に3人のいいね」で喜んだのもつかの間、今後はそう言った小さなうれしいを確認しようがなくなってしまった。

ただ、反面100件の中がポスト別になったことで、比較的コメントを確認しやすくはなった。ありがたくはあるけど、まめにチェックして動向を推し量るのを楽しみにしていた僕としては、正直ちょっと物足りない仕様変更という感じだ。

 つかこのことは「1万フォロワーを超えた人しかわからない」ことなので、特にガンプラ垢では知ってる人も少ないはず。そもそも、こうして細かくチェックしてなければ、「何か変わった気がするけど、、なんだろ」と言うことも考えられる。実際n.crafterさんは僕との違いの理由がわからなかったみたいだし。
※僕が1万に行く前の話

フォロワーが1万を超えると、商業的に力を発揮しうると言う話を見たりもする。もっともそれは自身のインスタが商売に直結している場合だろうと思うし、僕のポストは再三書いてるけどコラボが大半だ。だから僕ひとりの権限で何かをすることはとても難しいとは思う。思うのだけど、、、

 何かひとつくらい面白いことが無いかな~とも思うんだよね。

※ポケモンカードやってたときにGooodspressに紹介されたとか

・・・

ともかく、カズヒコさんのところをお邪魔するにしても、n.crafterさんとのコラボが歴史的偉業であるにしても、日々結構な出来事が発生している。
※あとプリントアウトしたり
が、一方でそこまでデジラマ作りが盛り上がっているわけでもなく、徐々にストックが減ってきてたりもする。

 そうそう25000いいねを投下出来るわけもない。
※特に僕の場合は同じネタをほぼ使い回さないし

毎日それなりに楽しく生きることが出来れば、それで十分なのだけど、「楽しいと楽は違う」。でも「楽しいの為に苦しむ」のもそれはそれで違うだろう。手抜き連発でフォロワーが1万人を割り込むことがあっても、それはそれで仕方あるまい。イヤはイヤだけど!

| | コメント (0)

2022年6月10日 (金)

一日に4つデジラマ作った

前日の夜下ごしらえしてフィニッシュしたのも入れれば5つ。

 相当ハイペース。

まぁその前に2、3日サボってたから、トータル差し引きゼロみたいなところもあるけど。

デジラマ作りというのは、大きく分けて3つのステップがある。

・被写体の確保

・背景の選定

・デジラマ制作

さてみなさん、この中で一番時間が掛かるのはどこだと思いますか?ええ読者様が誰ひとり居ない状態でこういう質問を投げかけると言うのは、

 壁に向かって独り言を言ってるのと同じ。

そう言う人生だよ。それで楽しく生きてこられたのだから何も問題はない。

デジラマ制作のステップは、内容によって天と地ほどの違いがある。時間が掛かるモノは10時間近く
※微修正含め
掛かるけど、短いものだと40分とか。さすがに30分未満で出来るモノは最近はほぼ無くなった。

被写体の確保は、つまりはフォロワーさんに写真を送ってもらうか、ネットでメーカーの公式写真から探すか。自分で撮って準備するのは、最近はほとんど無くなった。まぁ面倒だからと言うか、他の時間の使い方の方が有意義だと感じてきたからか。

話は逸れるけど、結局のトコロ僕はプラモ作りがそこまで好きじゃないのだろうな、と思う。プラモ作りが好きだと公言してはばからないO澤氏なんかは、

 黙々とヤスリ掛けをし続けたい

とか言ったりする。サフが楽しいとか、デカール最高という人も居る。ぶっちゃけ僕はどれもさほどでもない。僕がプラモで一番カタルシスを感じるのは、

 自分のセンス、自分の好みで配色して仕上げたモノが、他の人の作ったモノよりかっこよく見える瞬間。

「こんな配色で塗って、マジオレのガンダムが最高だわ」と感じるのが好きなのだ。言い換えれば、

 それがプラモである必要はない。

「かっこいいと感じる完成写真に自分の手で持って行ければいい」わけで、元から完成しているトイを、写真加工や色調変更で、「さらにかっこよく」仕上げられれば、それでいいのだ。僕は塗料のニオイは嫌いじゃないし、別にニッパーやヤスリを使うこともイヤではないけれど、プラモ作りの中で一番好きなのは、

 過程ではない。

ここは、プラモ作りが大好きな人と大きな違いがあるように思う。だから僕は「作るのが凄く早い」。なぜなら、作る過程より出来上がったものの方が価値があると思っているから。じっくり3ヶ月掛けて凄い作品を作る人も世の中にはたくさんいる。でも僕はそんなに時間を掛けて出来上がるのが「1つだけ」と言うのは、ある意味ムリなのだ。

デジラマ作りが好きなのは、「一番自分が楽しめる完成写真」を、ハイペースで量産出来ることにある。正直インスタの評価が低くても、自分が何度も何度も見返してニンマリ出来る、お酒を嗜む人なら、それを肴に一杯という楽しさが、「プラモ作りとは異次元のペースで起こりうる」のだ。

話を戻す。

 時間が掛かるのは、「背景探し」だ。

と言うか、プラモを自分で撮影する場合でも、大量の写真から「ベストなものをチョイス」し、そこから背景を探す。つまり、

 背景ありきでプラモの写真を用意することはほとんどない。
※絶対ないワケじゃないけど

なので、光源、スケール、スペース(宇宙ではなく立ち位置という意味)、角度、シチュエーションが、「しっくり」する背景が見つけられるかどうかで、

 デジラマ作りの工程の大半が終わると言っても過言ではない。

逆に言えば、背景が見つからなければ何時間も何日も、被写体を前にして路頭に迷うことにもなりかねない。まぁ何日も、ってケースは稀だけど。なぜなら、

 生産性を重視するのでサクッと妥協するから。

今回1日で4作も作ったのは、一言で言えば、

 背景がサクサク見つかったから

に他ならない。中には前日から「これいいな」と思って組み合わせを決めていたものもあり、そう言うのは実務作業だけでカタが付く。てか、

 一つ作り終えてすぐ次を作る、さらにその次、そしてその次というのは、実務作業だけでも、相当なエネルギーが必要ではあるのだけど、、、

それだけしっくりいく背景が見つかっていた、実務作業時間が少なく済む素材
※コアファイターなどの戦闘機や、バストアップなど全身がないモノなど
だったと言うこともあるかな。

ちなみに、被写体として大変なのは、

・突起物が多くトリミングが大変なモーターヘッドやメタルビルドエヴァ

・2体、3体と複数体を1枚に収めるケース

そして、

 背景とのコントラスト差がほとんどなく、ピンボケしていて境目を特定しづらく、さらに使う背景と元の背景のコントラスト差が激しいもの。

最後のは本当に大変。「ピンボケはモチベを最も低下させる」と言っても過言じゃない。と言うか、被写体に一番求められるのは、「自分が作りたくなる見た目」ではあるのだけど、例えば、

 自分が作りたくなる見た目が100点でピントが30点だったら、見た目が50点でピントが100点のものの方が作りたくなる。

見た目が一番ではあるけど、見た目だけでは作れない。逆にピントが最高であれば、多少のルックスは全然妥協出来る。

 仕上がりが良くなるかどうかは、見た目だけで決まるわけじゃないのだ。

・・・

昨日は、かねてからスゲェ好きだった「スピードミラージュ」をデジラマにした。素材はボークスの公式写真。
※使っちゃダメかも知れないけど

 スゲェかっこいい。スゲェ何回も見直してる。

モーターヘッドのデジラマ化の最大のロマンは、

 あの小さな目を光らせることが出来る

と言う点だと言っても過言じゃない。ザクやガンダムと違い、MHの目はとても小さい。しかし、劇中での自己主張は非常に印象深く、「プラモでは光らせることが難しい」、

 デジラマならではな武器だと言える。

ちなみにスピードミラージュとは、別名ワンダースカッツ、クラウドスカッツ、
※細かいことは知らない

 要はエルガイムmkIIのモーターヘッド版だ。
※ジュノーンがエルガイムmkIとするなら

僕はエルガイムmkIIが大好きだが、ぶっちゃけ見た目だけなら、このスピードミラージュのが遙かに大好きだ。てか、

 全てのモーターヘッド、ヘビーメタルの中で一番好きなのがスピードミラージュだと言っても過言ではない。

しかし、劇中での活躍は一度も見たことがない。出てきた頃にはもう読んでなかったから。
※もしくは覚えてないだけかも?

なので、立体物としてリリースされている数も少なく、それに伴って作例も極めて少ない。レッドミラージュやナイトオブゴールドなら探せばいくらでも見つかる作例写真も、スピードミラージュでは、

 2つくらいしかない。

あとはメーカーの公式写真ということになり、選択肢は極めて少なく、狭いと言える。

幸いだったのはそのメーカー写真が高画質で、「かっこよかった」と言うことだ。

 久々ガッツリモチベが上がったわ。完成したのを見ながらニヤニヤが止まらんわ。

こういうことがあるから止められないと思うのだよな~。

一点デメリットがあるとすれば、MHは作ってる人が少ないので、僕が作ったデジラマを見せて「かっこいいでしょ!」と自慢出来ないと言う事くらいか。エヴァやガンダムほど市民権を得てないのだよな。

・・・

他には久々コアファイターをネタにしたのと、庵野秀明展にディスプレイされていた「AAAヴンダー」、あとはメタルビルドの弐号機を作った。

スピードミラージュはバストアップだったし、コアファイターもヴンダーも戦闘機タイプなのでトリミングは比較的短時間で済む。弐号機はまぁ、、慣れても来たかな。

結局、自分が楽しいことを続ける。それだけのことなのかも知れないな。

| | コメント (0)

2022年6月 8日 (水)

デジラマもボチボチネタ切れか!?

別にネタが切れて更新が止まったとしても、何も命に別状はない。誰かに怒られるわけでもないし、特にお小遣いが減るわけでもない。

てか、そもそも現状の「ストック20体制」がどうなのよって話。

ストック20体制とは、つまり今日から20日間ずっと作らなくても、毎日更新が維持されるだけのストック、つまり20作のストックがある体制という意味であり、

 それをしばらく維持している。

ちょっとサボったかと思えば、そのあと1日に3作作る日があったりして、まぁピーク時23作くらいストックがあったから、それよりは減ってはいるのだけど。

この状態だと、とにかく「気軽に休める」。その安心感はとても大きい。映画を見に行きたければ行けばいいし、マンガが面白ければ読めばいい。別に一週間海外旅行に行っても、その分のストックは余裕である。行かないが。

一方で、「熱量が下がる」というマイナスがある。作った直後は、「ここが苦労した」とか「ここを見て欲しい」みたいなポイントがいくつもあるものなのだけど、20日、つまり三週間も前の作品となると、ほとんどのことは覚えてない。当然それはキャプション(説明文)にも熱量として現れてしまうし、

 ある意味100%で楽しめないとも言える。

特にコラボしてくれた方も、常連さんならともかく1作きりみたいな方の場合は、

 アップする頃にはコラボしたことすら忘れているかも知れない。

それを顕著に感じたのは、こないだシンウルトラマンをアップした時。映画公開直後とあって、僕もフォロワーさんも熱量が高く、会話も弾んだ。20日も寝かすと、「弾んだかも知れない会話をスポイルすることになりかねない」。

 それが惜しい。

ただ、毎日作らず、ストックが3つしかないみたいな状況のプレッシャーはなかなかに大きい。今は昔ではない。昔とは「時間がゆっくり流れていた頃」を差す。今は一瞬で一週間が過ぎる。ブログのストックを3日分上げていても、気付けば「今日更新が止まってる!」状況になる。それも高頻度で。

熱量的には不具合でほとんど読めないブログより、レスポンスがあるインスタの方が高い。がしかし、僕は本来「テキストを書きたい男」であって、「フォトレタッチが上手いかも知れない男」ではないのだ。

 まぁ形として残っていくことは嬉しいし楽しいけど。

ちと話が逸れるけど、インスタってどのくらいまで続いていくもんなのかね。僕が死んでも続いていく、僕が死んでも僕のポストは残り続けるんだろうか。無料のサービスだから、課金が止まったから削除されると言うことはたぶんないし、PVがあれば運営としては削除する理由もない。

僕のポストは、かわいい女の子や子猫のポストほど伸びはしないが、それでもガンプラ絡みの趣味垢としては、比較的上位、たぶん10~20%くらいのところに居ると思っている。無為に垢BANする必要性は薄いだろう。

そう思うと、「少しでもたくさん生きてる間に残しておきたい」という気もしないでもない。いつか誰かが僕のインスタを見て、「更新止まっちゃってからもう20年か、死んでんだろうな~」なんてことを思う日が来るなら、

 今作ってることにも意味がある気がする。

まぁそう言う一見さんが全部のポストを見るとは限らないけど。

ともかく、今は結構ネタに乏しい。ストックは20あるけど、
※あと2作で400作
400作到達後にさらに100作作れるだけのネタがあるかと言えば、これは甚だ怪しいところだ。具体的に言えば、何らかのブレイクスルーでもない限り、100作分も延長はムリだ。

具体的には、

・WALLPAPEREBETTERの発見

・フォロワーさんとのコラボ

・大量に写真を提供してくれる常連さんとの繋がり

・バンダイの公式画像を使った水増し

これらによって今の僕のポストは「延命してきた」と言える。ただ自分の作ったプラモや風景写真だけでは、とてもじゃないが200作すら難しかっただろう。

さらに言えば、「自分で被写体(プラモなど)を撮影する」のがそもそもとても大変だという話。

お願いして撮って下さるフォロワーさんには、本当に心から頭が下がる。特に僕のモチベが振り切れていた頃なら、撮影もガンガンモチベMAXファイヤーでこなしていたけど、そんなのは所詮一時的なことなのだ。

 一度公式で2万いいねも貰ってしまうと、人間の目は肥えてしまってそれをフォロワーさんの作品にすら期待してしまう。

ましてや先日「最終目的」と目していたn.crafterさんとのコラボまで達成してしまっているのだ。全部が全部とは言わないまでも、「毎日300がいいねの連続」では、テンションも下がってしまう。

 たまには5000いいねを超える作品が欲しい。
※1万は贅沢だとしても

自分で撮って作れば、イメージの再現性は高まる。でも、そのクオリティはプラモの制作技術にも依存するわけで、メタルビルドをガンガン買いまくると言う資本もない。
※てか買ったところで写真を撮るのが大変だって話

特にそれを思うのは、先日redさんに「サイコガンダムそろそろ見たいんですけど?」的なことを言われてなお箱から出してないこと。

ガンバスターだって「持ってる」のに撮らない。絶対撮れば何作かネタになるハズなのに。

結局面倒なことはやらなくなる。生産性が高いこと≒優先順位が高いことになり、

・プラモを作るより加工する方が楽

・自分で撮影するより撮って貰う方が楽

・コラボをするより公式をいじる方が楽

楽な方へ楽な方へ行っている。ただ、弁解するとするなら、一方で加工に手間が掛かることに関しては、結構がんばっている。要は「僕の時間」というリソースをどこに割くかって話なんだけどさ。

・・・

とりあえず400作作ったら、一旦20ページくらいの少なめな写真集、それも編集とかスゲェことをせず、気楽に写真を選んで気楽に作ってみようかな、と。それで「イイ感じ」だと思えば、本気でレイアウトとか複数写真選択をしつつ、「ごついの」を作ってもいい気がした。まぁ20ページでも5000円くらい(送料入れて6000円以上?)は取られるだろうけど、

 何か目に見える、触れる形として出力したいんだよな。お店に置いておくにも見て貰えるような。

てか、「20ページ」は一体何を選択するのか。それを考えるのは、それはそれでちょっと楽しそうではある。てかもっと真剣に調べて、データを揃えないとだなー。

| | コメント (0)

2022年5月31日 (火)

インスタいいね分析

これは極めて興味がある人が少ない、かつ参考になる人も少ない私的な話である。読んでもちんぷんかんぷんの人が、

 たぶん10割

なので、本当にインスタのいいねについて興味があり、

・フォロワー対フォロー比が10対1以上開きがある

・自分のポストに自信がある

・常日頃から1000以上のいいねをコンスタントに出せている

そんな人向けの話だ。

・・・

僕は分析が好きな方だと思う。高校は勉強しなかったので大学へは行けなかったが、元々は決して頭の悪い方じゃなかったはずだ。そう信じてるだけかも知れないが。

なので、非常に不鮮明なインスタのいいねの増え方、最終的な数字の予測がとても気になるし、考えるのがそもそも楽しい。

 普通の人は楽しくないかも知れないが、僕は楽しいのだからしょうがない。

で、最近の僕は、

 初速が1000いいね以上のポストはインサイトのスクショを毎日20時前後に残すようにしている。

初速とは、開始24時間後の数字。この数字がどれだけかによって、またその時の保存数、リーチ数、フォロワー増数がどれだけかによって、二日目以降の発見・ホームの「地位」が決まる。具体的には、

 保存数÷リーチ数が高ければ高いほど、「リーチする発見やホームの表示順位が上がる」と考えられている。
※推定の域を出ないけど

で、その精度を少しでも上げるためにはデータが必要だということで、スクショを撮って比較しようというわけなのだ。

●初速から最終まで

開始24時間後のいいね数と、最終的ないいね数の比較。既に伸びが収まっているものしか参考にはならないが、、、

・ジェスタ 1713→4927 287.6%
・ジュアッグ 2338→7743 331.2%
・零号機名駅 1824→9809 537.8%
・デュナメス 1689→4117 279.5%
・サイコガンダムvsマークII 1050→6048 576%
・ダーリン 2180→16090 738%
・弐号機 3122→20420 654.1%※まだ伸びている
・初号機 2199→6620 301%※まだ微増
・零号機 5190→14505 279.5%※まだまだ伸びまくっている

初速値は、実は一部を除いてそこまで大きな開きがあるわけじゃない。例えば、ジュアッグとダーリンは初速ではジュアッグの方が上回っているのに、最終ではダーリンがダブルスコアになっているし、デュナメスやジェスタは、割と早期に終息して最後は伸び悩んでいる。総数的には初号機も似たような経緯を辿りそうだ。

どういう状況でこうなるのか。目安の一助になるのは「保存率=保存数÷リーチ数」。これは初速(24時間後)の数字だが、、
※昔のはデータがない

・ジェスタ 0.60%
・ジュアッグ 0.50%
・名駅 0.74%
・デュナメス 0.63%
・弐号機 0.72%
・初号機 0.87%
・零号機 0.95%

そしてもう一つ、「二日目のいいね率」。
※二日目に増えたいいね÷一日目に増えたいいね

・ジェスタ 82.5%
・ジュアッグ 74.5%
・名駅 155.7%
・デュナメス 73.5%
・弐号機 161.5%
・初号機 106.2%
・零号機 136.3%

保存率の高さは、ホーム・発見に直結するが、それを見た人がいいねを押さなければ、その後急激に失速する。上の例でも、24時間後と48時間、72時間で、保存率が激減していけば、終息も早い。
※初号機がジュアッグに届かなかったのは初日の保存率は高くても、それ以降の失速が大きかったためじゃないかと推測している

●失速率

二日目から三日目、四日目に掛けて、いいねの増数がどれだけ減ったのかと言う数字。

・ジェスタ 82.5→86.6
・ジュアッグ 74.4→96.3
・初号機 106.2→89.3
・デュナメス 73.5
・弐号機 161.5→119.3→56.2→34.7
・初号機 106.2→89.3
・零号機 136.3

この辺りももしかしたらいいねではなく保存数を見た方が良かったのかも知れないけども、とりあえずジュアッグは二日目の数値がかなり高い。ただ、この要因には曜日や、前後のポストの質等も大きく影響するので、その作品単体で全てを語ることは当然出来ない。

 あと当たり前だけどそのプラモ(トイ)そのものの人気も。

初号機は前回もそこそこ自信があったのに大いに打ち砕かれた。
※1000いいね行くか行かないかで終了
デジラマの内容如何以上に、初号機そのものの人気が低かった可能性も十分ありうる。

「人気」には、もちろん乗っているアスカの人気もあるが、「話題性」も含まれる。零号機の伸びがいいのは、来月発売される新商品であること、それの「色を変える」という、ある意味神をも恐れない行為が、いいねや保存に繋がった可能性は高い。

 そうでなきゃ自宅の窓の外の平々凡々な景色がこんなにハネるわけがない、、、と思う。

・・・

ハッシュタグによるリーチは24時間で消失すると言っても過言ではないが、ホームや発見も当然日が経つにつれ失速する。さきほど調べた「攻略法」では、「発見を伸ばすことが肝要」との記述があった。

 その人の見本では、発見が数十万に対し、ホームが数万と凄まじい開きがあったのだけど、、

僕のインサイトではこの二つの差異はほとんど見られない。何をどういう経緯で差が開くかに関しては、

 その見本は保存率が極めて高く、
※3%以上

 僕の方はそんなでもない。

ちょっと面白いのは、その見本が十万以上の保存を得ている一方で、いいねの数は2万そこそこだったことだ。

ガンプラ関連の趣味垢では、「いいね>保存」が当たり前。しかし、ダイエットやノウハウ、商品特性などの「実利を伴う情報」などが売りの場合は、いいねより保存して見返す行動が「ポピュラー」となるのかも知れない。言い換えれば、

 ホームの伸びには保存よりいいねの影響力が大きく、発見の伸びには、保存の影響力が大きい可能性はありそう。

どのみち僕の環境で「いいね<保存」になる可能性は無いし、設定する目標が「ミリオンリーチ」になることもないだろう。
※ガンプラ関連インスタの分母がそもそもそこまでじゃない

あくまで「自分の状況に照らし合わせてどうか」だ。

●初速÷最終

初速、つまり24時間でのいいね数が、トータルどのくらいになったのか。それによってある程度の見込みが立てられる「かも」知れないと言う話。

・ジェスタ 287.6%
・ジュアッグ 331.2%
・初号機 301%※微増
・名駅 537.8%
・デュナメス 243.8%
・弐号機 654.1%※やや増
・零号機 279.5%※継続増
・サイコマークII 576%
・ダーリン 738.1%

正直サイコマークIIに関してはデータがかなり古いので、その頃からインスタのアルゴリズムが変わった可能性も少なからずありそう。フォロワー数も全く違うし。

 ズバリ零号機がどのくらいまで伸びるのか予想してみる。忖度抜きで。

これは「予測」ではなく「予想」なので、特に根拠はないが、

・内容に翻訳に関するTIPSが織り込まれたことで保存率が上がった
 ※対象は日本人限定

・初日が爆増過ぎたかも
 ※二日目以降の伸び率が失速!?

・1万前後まで伸びている他のポストの倍率
 ※名駅、弐号機、ダーリンを参考

これらを加味して、、、

 650%!つまり、33735いいね!?

そんなに行くわけねぇだろ!いくらなんでも笑。

まぁ言うのはタダだ。てか三日目の今日大きく失速したら、23000くらいで着地もあり得そうだけどさ。

●余談

自慢ももちろん入るけど、正直「出来すぎ」な感じは凄くある。今回のエヴァ連作の今現在の合計いいね数は、

 15530+6681+20735=42946!

ついこないだN.crafterさんが2万いいねを連チャンしたのを見て、

 そら無理だわ永遠に。

と思ってから一週間後の話。もうどんな凄いポストでも、gundamstagramだろうと、bandai公式アカウントだろうと、

 2万いいねを超えるポストなどほとんど無いのだ。

確かに、僕が始めた一年ちょい前と比べて「いいねが増えやすい」状況にはなったと思う。体感でしかないけど、発見やホームに残留する時間が伸びた気がする。
※もちろん100いいねとかが爆増するわけではないけど

軽くエヴァで検索して、キャラではなくメカのポストをチェックしてみる。零号機だろうと弐号機だろうと、そのポスト数自体が実はかなり少なく、

・リアル立像関連
・コスプレ関連
・トイの発売情報関連

これらが大半を占める。プラモの作例は見つけるのが困難なレベルだし、ぶっちゃけ「題材としてそこまでトルクのあるものとは到底思えない」レベルだ。少なくともRX78-2ガンダムより伸び代があるとは全く思えない。

水面下で「実は好きだった」人が何万人も居たのだろうか。たまたま実写背景との相性がすこぶる良い素材だったのだろうか。僕は井の中の蛙で、知らないところで10万いいねを超えるポストが存在するんだろうか。

 それらの真実は何一つわからない。

しかし、現状僕の目が届く範囲だけで言えば、

 今回の三部作は、たぶん「世界一」だ。

エヴァンゲリオンのメカを扱ったポストの中で、僕が作った(正確には加工した)デジラマが、ダントツ世界一になったのだ。

ジュアッグ部門やコアファイター部門の世界一も気持ちよかったけど、「エヴァメカ部門」はそれら比べ次元が違う重みがある。

 いつかは「ガンダム部門」で世界一のポストを投下出来る日が来るんだろうか。
※現状知ってる範囲では2万いいね超がガンプラの最高峰。なので「4万いいねを超えられれば」、自己満足的には世界一かな

こんなにプラモ作りは下手なのに。フォトショップのバージョンも最新じゃないエレメンツと20年近く前の7.0。全て独学で、職業は衣料品小売店主。

 オレって、もしかして天才だった!?<天狗になるのも大概にせい!笑

てかバンダイさん、メタルビルドのエヴァ、僕にセットで送ってくれやしまいかな。結構な広告宣伝効果があったと思うのだけど!

▲▲

| | コメント (0)

2022年5月30日 (月)

インスタの軌跡~その2~

前回の続き。

零号機のポストには、「外国語のコメントを読む方法」も、何となく書いた。スマホのアプリでインスタをやっている場合、テキストを反転して選択は出来ない。
※PC版なら可能なので、スマホからPC版を起動すれば出来なくはない

でも、そんなアプリからでも、少々強引ではあるけど、LINEを使って翻訳する手段があるよ、とその具体的な手順を書き込んだのだ。

 もしかしたらこれが追い風になったかも知れない。

・庵野秀明展

・シンウルトラマン

・メタルビルドエヴァ初号機再販

・メタルビルドエヴァ零号機6月発売※それを使ったデジラマで、さらに色もテレビ版に変更

・インスタ利用に関する裏技

特に最後の裏技は「思い出せないときに保存から見返す」可能性が凄く高まる。だから、初日の「保存率=リーチ÷保存数」が1%近くまで跳ね上がったのだろうな~とも。

 今後はみんなが保存したくなる豆知識も一緒に書くのがいいかも。

って、そんなに都合良く豆知識もないけどさ。

・・・

弐号機のポストが現在19500いいねオーバー。勢いは大いに失速しているけど、あと500くらいならたぶん行ける、、、と思う。

 ついこないだ1万いいねを超えたと思ったら、まさかの2万いいね!?

でもってその勢いだけで言えば、

 弐号機より零号機のポストの方が強い。

つまり、零号機は「たぶんきっと間違いなく2万いいねに届く」。これがどう凄いかと言えば、

 一気にフォロワーが増える。

最近わかったことだけど、インスタのフォロワーというのは、実は結構「薄くやってる人がほとんど」だ。ちょいちょいフォローしてくれた人をチェックするけど、

 5割は鍵付き

 残りの9割9分は「フォロワーよりフォローの方が多い」

本当に極々一部の人がガンプラやトイ関連で、フォローよりフォロワーが多い人なのだ。

フォローが凄く多いとどうなるか。

 流れてくるフィードが多すぎて、僕のポストはまず見て貰えない。

つまり、「フォローはするけどそれは初見時のポストが良かったから」で、「ずっとその人の作品を見続ける人」は「極めて極めて少数」なのだ。

 フォローが71人とかの人で、さらにフォローも相応に少ないけど、始めたばかりでモチベが高く、かつ僕のネタに興味と好意を抱いてくれているような人。

 フォロワーは実は「いいねと大差無い」のだ。

違うのは、「フォロワー数はプロフィールから見える」こと。「残ること」だ。一時的とは言えフォローしてくれた人、僕のポストに価値を見いだしてくれたと言う「重み」がフォロワーであり、

 ずっといいねをし続けてくれる人ではない。
※極一部そう言う人も居るけれど

言い換えれば、いいね→保存→フォロー→コメントという感じか。頻繁にコメントを残してくれる人が一番ありがたく、重要なフォロワーで、ただフォローをしてくれただけの人は、行為として、

 いいねボタンを押す

 保存ボタンを押す

 フォローボタンを押す

この三つのステップをこなしてくれた人、と言う感じなのだ。

ありがたいし、尺度としてとても強力なアピールポイントではあるけど、フォロワーが1万人になったからと言って1万いいねがポンポン量産されるわけではない。これはフォロワーが100の時、1000の時と全く意味が変わってくるのだ。

 あ、これはあくまで趣味垢の場合ね。念のため。

・・・

そう言えばつい昨日かな、僕が「ウルトラマンのポストがもう少し伸びると思った」と書いたら、フォロワーの方が「900超えっすよ!基準がおかしいw」とコメントをくれた。

 そうなのだな~と。

最近のインフレというか、感覚が麻痺してるというか、最低ラインが500前後になっていると、900は僕の中では「1000に届かなかった」という感覚になり、最低ではないけどさほどでもないと言う位置付けになってしまっていたのだけど、

 普段100~200いいねだったら、そりゃ900はスゲェってことになるんだよな、、、

なんだか遠い昔の話だった気がする。もっと言うと、

 始めてO澤氏のゴッグが200を超えた時は、1000なんて何年後だよ!?って思ってた気がする。

 それが2万に手が届きそうになってるんだもんな。

我ながら驚くわ。マジで。

感覚としては、

・最低ライン 500前後

・とりあえず合格 1000超え

・まぁまぁかな 2000超え

・伸びたかも 4000超え

・7000以上 何がよかったのか分析

僕のインスタは、繰り返しになるけど「お義理のいいね」はほぼ無い。
※あっても僕が相互フォローしてる30人かそこらのアクティブグラマーだけ

だから、微妙なポストはそのまま数字として跳ね返ってくる。1000行かないのは、「好きで作ってるから」「ネタ不足だから」という思いがどうしても強くなる。

 特に自信があったものは、「もっと伸びて欲しかった」と思ってしまう。

シンウルトラマンのネタは自信があったんだけどな~。

・・・

現在作ってあるのは390作。あと10作で400作になる。正直その辺りで打ち止めにして、一冊自分のための本を作り始めてもいいかなぁと思ったりもしている。カズヒコさんのザクもロールアウトしたし、最終目標としていたn.crafterさんとのコラボも果たせた。

 思い残すことは、ほとんど無いのだ。ぶっちゃけ。

フォロワー数も、正直1000人が目標だった頃は「明確な目標感」があったけど、目標が5000人になった時は、「ほぼ無理だろうけど」くらいで、認識としてさほど目指してる感じじゃなくなってた。今の1万人もそうだし、

 いいね2万人とか、目標とかそんな次元の数字じゃねぇし。

ただ、自己満足出来る作品が作れる楽しさはあるから、止めたいわけじゃないんだけどね。

 でも本を作りたいのも本当なんだよな笑。

| | コメント (0)

2022年5月29日 (日)

インスタの軌跡

何だかんだ言って「ハネてる」ネタが進行中は楽しい。こまめにチェックしないとすぐいいね履歴がパンクして、
※100以上は保存されない
コメントがどこに付けられたか分からなくなる欠点はあるものの、日々、いや、毎時毎分伸びていくのを見てるのは楽しい。

 横柄に聞こえるかも知れないけど、まぁ地道に築き上げてきたものでもあるし。

特に今急伸してるのが、

・女子中学生の日常

タイトルはエロいけど、中身は全然エロさの欠片もない。

 エヴァ零号機が、自宅から見える景色の中、バッテリーパックを持って突っ立ってるだけ

正直自分ではかなりのお気に入りだった。なにせ「自宅からの景色」以上に「日常的」な景色はないわけで、

 乗ってる(想定)の綾波レイが女子中学生というだけの話。

投下後24時間で過去最多のいいね5232と保存433をたたき出し、経過48時間を待たずして1万いいねを突破。

 スゲェなオイ!

ぶっちゃけインスタなんてものは、他の人のいいねなど大して気になるものでもない。ただ、

 自分のいいねは気になる。

自分のポストが「下手したら世界一かも知れない」と思えるのが凄く愉快なのだ。

以前なら、他の人のいいねで「2000」とか「4000」とかを見ると、「おおスゲェ」と思っていたものが、

 自分のポストで19000オーバーのモノがあったりすると、

 ・・・スゲェのはオレの方じゃねぇの?もしかして

と思ってしまったりするのだ。軽く探した感じ1万いいねを超えるトイネタってのは、ほとんど見つからないと思う。
※N.crafterさんはプラモだし

動きとして、初日の動き、二日目、三日目以降とかなり変わっていくけど、初日に言えるのは「ハッシュタグ経由でのいいねの比率が多い」こと。二日目以降はハッシュ経由のいいねは激減するけど、その分ホームと発見で上の方に表示されれば、そこで見て貰える。

 僕はインスタを始めた当初から「見てさえ貰えればいいねは貰える」と信じてやっていた。

僕は他の人のポストにいいねをする際、フォローしてる人はほぼ反射的に、義務的にいいねをするけど、それ以外は「いいと思った物しかしない」。当たり前のと言えば当たり前の話。で、

 僕は僕のポストをもし他の人が作ったら、たぶんいいねをする。

「僕が他の人だったとしても」いいねをするネタを作り続けることが、フォロワーの増加にも繋がるし、

 2日で1万いいねにも繋がったのかも知れない。

話は逸れるけど、フォロワー対フォローの比率が、ついに100対1を超えた。これも目標のひとつだったのだけど、このことのメリットがもう一つ発覚。

 スパムがほぼ来ない。

例えば1万フォロワーでも、1万フォローしてる人には相当数のスパム、つまり相互フォロー依頼が来るらしい。でも「こいつはフォローしてもバックしない」と思われれば、そんな輩からのちゃちゃも入らない。

商売でインスタをやるのでなければ、あと「自分のコンテンツに自信があるのであれば」、フォローする人は出来るだけ抑えた方がメリットは多い気がする。

何を重視するかだけの話。みんなに自分の作品を見て貰って、「いいね」と思って貰いたいなら、「いいねと思ってもないのにいいねする相互フォローはまやかしでしかない」。もちろん相互フォローでも心からいいねと思ってる場合もあるけども。

僕のフォロワーの中には、「比率10対1」の数万フォロワーのグラマーも何人か居る。
※確認したのは二人だけだけど

 僕はその人をフォローしてない。

ガンプラ関連なら間違いなくフォローしただろうけど、まぁ僕が興味がないポストをしていてフォローする言われもない。

そう言えばこないだ久々に相互フォローしない?と言うメッセージが来た。覗いてみたら、、、

 グロいよ、、、怖ぇぇよ、、、

「僕には怖すぎます、、」とやんわりお断りしたわ。
※海外の人

話を戻す、、、がネタ不足なので次回へ続く。

何だかんだ言って「ハネてる」ネタが進行中は楽しい。こまめにチェックしないとすぐいいね履歴がパンクして、
※100以上は保存されない
コメントがどこに付けられたか分からなくなる欠点はあるものの、日々、いや、毎時毎分伸びていくのを見てるのは楽しい。

 横柄に聞こえるかも知れないけど、まぁ地道に築き上げてきたものでもあるし。

特に今急伸してるのが、

・女子中学生の日常

タイトルはエロいけど、中身は全然エロさの欠片もない。

 エヴァ零号機が、自宅から見える景色の中、バッテリーパックを持って突っ立ってるだけ

正直自分ではかなりのお気に入りだった。なにせ「自宅からの景色」以上に「日常的」な景色はないわけで、

 乗ってる(想定)の綾波レイが女子中学生というだけの話。

投下後24時間で過去最多のいいね5232と保存433をたたき出し、経過48時間を待たずして1万いいねを突破。

 スゲェなオイ!

ぶっちゃけインスタなんてものは、他の人のいいねなど大して気になるものでもない。ただ、

 自分のいいねは気になる。

自分のポストが「下手したら世界一かも知れない」と思えるのが凄く愉快なのだ。

以前なら、他の人のいいねで「2000」とか「4000」とかを見ると、「おおスゲェ」と思っていたものが、

 自分のポストで19000オーバーのモノがあったりすると、

 ・・・スゲェのはオレの方じゃねぇの?もしかして

と思ってしまったりするのだ。軽く探した感じ1万いいねを超えるトイネタってのは、ほとんど見つからないと思う。
※N.crafterさんはプラモだし

動きとして、初日の動き、二日目、三日目以降とかなり変わっていくけど、初日に言えるのは「ハッシュタグ経由でのいいねの比率が多い」こと。二日目以降はハッシュ経由のいいねは激減するけど、その分ホームと発見で上の方に表示されれば、そこで見て貰える。

 僕はインスタを始めた当初から「見てさえ貰えればいいねは貰える」と信じてやっていた。

僕は他の人のポストにいいねをする際、フォローしてる人はほぼ反射的に、義務的にいいねをするけど、それ以外は「いいと思った物しかしない」。当たり前のと言えば当たり前の話。で、

 僕は僕のポストをもし他の人が作ったら、たぶんいいねをする。

「僕が他の人だったとしても」いいねをするネタを作り続けることが、フォロワーの増加にも繋がるし、

 2日で1万いいねにも繋がったのかも知れない。

話は逸れるけど、フォロワー対フォローの比率が、ついに100対1を超えた。これも目標のひとつだったのだけど、このことのメリットがもう一つ発覚。

 スパムがほぼ来ない。

例えば1万フォロワーでも、1万フォローしてる人には相当数のスパム、つまり相互フォロー依頼が来るらしい。でも「こいつはフォローしてもバックしない」と思われれば、そんな輩からのちゃちゃも入らない。

商売でインスタをやるのでなければ、あと「自分のコンテンツに自信があるのであれば」、フォローする人は出来るだけ抑えた方がメリットは多い気がする。

何を重視するかだけの話。みんなに自分の作品を見て貰って、「いいね」と思って貰いたいなら、「いいねと思ってもないのにいいねする相互フォローはまやかしでしかない」。もちろん相互フォローでも心からいいねと思ってる場合もあるけども。

僕のフォロワーの中には、「比率10対1」の数万フォロワーのグラマーも何人か居る。
※確認したのは二人だけだけど

 僕はその人をフォローしてない。

ガンプラ関連なら間違いなくフォローしただろうけど、まぁ僕が興味がないポストをしていてフォローする言われもない。

そう言えばこないだ久々に相互フォローしない?と言うメッセージが来た。覗いてみたら、、、

 グロいよ、、、怖ぇぇよ、、、

「僕には怖すぎます、、」とやんわりお断りしたわ。
※海外の人

話を戻す、、、がネタ不足なので次回へ続く。

何だかんだ言って「ハネてる」ネタが進行中は楽しい。こまめにチェックしないとすぐいいね履歴がパンクして、
※100以上は保存されない
コメントがどこに付けられたか分からなくなる欠点はあるものの、日々、いや、毎時毎分伸びていくのを見てるのは楽しい。

 横柄に聞こえるかも知れないけど、まぁ地道に築き上げてきたものでもあるし。

特に今急伸してるのが、

・女子中学生の日常

タイトルはエロいけど、中身は全然エロさの欠片もない。

 エヴァ零号機が、自宅から見える景色の中、バッテリーパックを持って突っ立ってるだけ

正直自分ではかなりのお気に入りだった。なにせ「自宅からの景色」以上に「日常的」な景色はないわけで、

 乗ってる(想定)の綾波レイが女子中学生というだけの話。

投下後24時間で過去最多のいいね5232と保存433をたたき出し、経過48時間を待たずして1万いいねを突破。

 スゲェなオイ!

ぶっちゃけインスタなんてものは、他の人のいいねなど大して気になるものでもない。ただ、

 自分のいいねは気になる。

自分のポストが「下手したら世界一かも知れない」と思えるのが凄く愉快なのだ。

以前なら、他の人のいいねで「2000」とか「4000」とかを見ると、「おおスゲェ」と思っていたものが、

 自分のポストで19000オーバーのモノがあったりすると、

 ・・・スゲェのはオレの方じゃねぇの?もしかして

と思ってしまったりするのだ。軽く探した感じ1万いいねを超えるトイネタってのは、ほとんど見つからないと思う。
※N.crafterさんはプラモだし

動きとして、初日の動き、二日目、三日目以降とかなり変わっていくけど、初日に言えるのは「ハッシュタグ経由でのいいねの比率が多い」こと。二日目以降はハッシュ経由のいいねは激減するけど、その分ホームと発見で上の方に表示されれば、そこで見て貰える。

 僕はインスタを始めた当初から「見てさえ貰えればいいねは貰える」と信じてやっていた。

僕は他の人のポストにいいねをする際、フォローしてる人はほぼ反射的に、義務的にいいねをするけど、それ以外は「いいと思った物しかしない」。当たり前のと言えば当たり前の話。で、

 僕は僕のポストをもし他の人が作ったら、たぶんいいねをする。

「僕が他の人だったとしても」いいねをするネタを作り続けることが、フォロワーの増加にも繋がるし、

 2日で1万いいねにも繋がったのかも知れない。

話は逸れるけど、フォロワー対フォローの比率が、ついに100対1を超えた。これも目標のひとつだったのだけど、このことのメリットがもう一つ発覚。

 スパムがほぼ来ない。

例えば1万フォロワーでも、1万フォローしてる人には相当数のスパム、つまり相互フォロー依頼が来るらしい。でも「こいつはフォローしてもバックしない」と思われれば、そんな輩からのちゃちゃも入らない。

商売でインスタをやるのでなければ、あと「自分のコンテンツに自信があるのであれば」、フォローする人は出来るだけ抑えた方がメリットは多い気がする。

何を重視するかだけの話。みんなに自分の作品を見て貰って、「いいね」と思って貰いたいなら、「いいねと思ってもないのにいいねする相互フォローはまやかしでしかない」。もちろん相互フォローでも心からいいねと思ってる場合もあるけども。

僕のフォロワーの中には、「比率10対1」の数万フォロワーのグラマーも何人か居る。
※確認したのは二人だけだけど

 僕はその人をフォローしてない。

ガンプラ関連なら間違いなくフォローしただろうけど、まぁ僕が興味がないポストをしていてフォローする言われもない。

そう言えばこないだ久々に相互フォローしない?と言うメッセージが来た。覗いてみたら、、、

 グロいよ、、、怖ぇぇよ、、、

「僕には怖すぎます、、」とやんわりお断りしたわ。
※海外の人

話を戻す、、、がネタ不足なので次回へ続く。

何だかんだ言って「ハネてる」ネタが進行中は楽しい。こまめにチェックしないとすぐいいね履歴がパンクして、
※100以上は保存されない
コメントがどこに付けられたか分からなくなる欠点はあるものの、日々、いや、毎時毎分伸びていくのを見てるのは楽しい。

 横柄に聞こえるかも知れないけど、まぁ地道に築き上げてきたものでもあるし。

特に今急伸してるのが、

・女子中学生の日常

タイトルはエロいけど、中身は全然エロさの欠片もない。

 エヴァ零号機が、自宅から見える景色の中、バッテリーパックを持って突っ立ってるだけ

正直自分ではかなりのお気に入りだった。なにせ「自宅からの景色」以上に「日常的」な景色はないわけで、

 乗ってる(想定)の綾波レイが女子中学生というだけの話。

投下後24時間で過去最多のいいね5232と保存433をたたき出し、経過48時間を待たずして1万いいねを突破。

 スゲェなオイ!

ぶっちゃけインスタなんてものは、他の人のいいねなど大して気になるものでもない。ただ、

 自分のいいねは気になる。

自分のポストが「下手したら世界一かも知れない」と思えるのが凄く愉快なのだ。

以前なら、他の人のいいねで「2000」とか「4000」とかを見ると、「おおスゲェ」と思っていたものが、

 自分のポストで19000オーバーのモノがあったりすると、

 ・・・スゲェのはオレの方じゃねぇの?もしかして

と思ってしまったりするのだ。軽く探した感じ1万いいねを超えるトイネタってのは、ほとんど見つからないと思う。
※N.crafterさんはプラモだし

動きとして、初日の動き、二日目、三日目以降とかなり変わっていくけど、初日に言えるのは「ハッシュタグ経由でのいいねの比率が多い」こと。二日目以降はハッシュ経由のいいねは激減するけど、その分ホームと発見で上の方に表示されれば、そこで見て貰える。

 僕はインスタを始めた当初から「見てさえ貰えればいいねは貰える」と信じてやっていた。

僕は他の人のポストにいいねをする際、フォローしてる人はほぼ反射的に、義務的にいいねをするけど、それ以外は「いいと思った物しかしない」。当たり前のと言えば当たり前の話。で、

 僕は僕のポストをもし他の人が作ったら、たぶんいいねをする。

「僕が他の人だったとしても」いいねをするネタを作り続けることが、フォロワーの増加にも繋がるし、

 2日で1万いいねにも繋がったのかも知れない。

話は逸れるけど、フォロワー対フォローの比率が、ついに100対1を超えた。これも目標のひとつだったのだけど、このことのメリットがもう一つ発覚。

 スパムがほぼ来ない。

例えば1万フォロワーでも、1万フォローしてる人には相当数のスパム、つまり相互フォロー依頼が来るらしい。でも「こいつはフォローしてもバックしない」と思われれば、そんな輩からのちゃちゃも入らない。

商売でインスタをやるのでなければ、あと「自分のコンテンツに自信があるのであれば」、フォローする人は出来るだけ抑えた方がメリットは多い気がする。

何を重視するかだけの話。みんなに自分の作品を見て貰って、「いいね」と思って貰いたいなら、「いいねと思ってもないのにいいねする相互フォローはまやかしでしかない」。もちろん相互フォローでも心からいいねと思ってる場合もあるけども。

僕のフォロワーの中には、「比率10対1」の数万フォロワーのグラマーも何人か居る。
※確認したのは二人だけだけど

 僕はその人をフォローしてない。

ガンプラ関連なら間違いなくフォローしただろうけど、まぁ僕が興味がないポストをしていてフォローする言われもない。

そう言えばこないだ久々に相互フォローしない?と言うメッセージが来た。覗いてみたら、、、

 グロいよ、、、怖ぇぇよ、、、

「僕には怖すぎます、、」とやんわりお断りしたわ。
※海外の人

話を戻す、、、がネタ不足なので次回へ続く。

| | コメント (0)

2022年5月19日 (木)

買うべきか買わざるべきか

「欲しい物は買えばいい」と再三書いている僕だけど、結構決断に揺れている。てかこうして揺れている間に売り切れてしまっている可能性もあり、そうなればなったで「気持ちよく諦められる」のか、はたまた「ああ買っておけばよかった」と後悔するのか。

ズバリ欲しいのは、

・メタルビルドエヴァンゲリオン 初号機or弐号機

・メタルコンポジット量産型ザク

・アストロシティミニV

この「4つ」だ。価格は、

・初号機28000円

・弐号機35000円※うろ覚え

・ザク22000円

・アストロ20000円

と、どれも決して安いとは言い難い。てかかなり高い。僕の記憶を遡ると、このクラスの出費は直近で「液晶タブレットONE」が26500円くらいだった気がする。あとは、アンリーシュドのガンダムが27000円くらい。他はパソコンやスマホなどの「必需品」となる。

必需品にお金を出すことには躊躇いはない。後悔のない選択をしたいのはこちらも同じだが、10万円の価値があれば10万円を出すだけだ。

しかし、上に上げた物はどれも全く必需ではないどころか、

 ほぼ遊ばない(使わない)可能性すらある。

同種では以前メタルコンポジットのサイコガンダム(中古)を16500円で購入したが、こちらも満足し、後悔が無い一方で、そこまで何度も遊んだか、と問われれば、回数は10回にも満たない。時間で言えば10時間にも満たないだろう。

 790円で買って60時間以上遊んだペルソナ5とは次元の違うコストパフォーマンスだ。

しかし、それはあくまで「時間比」であり、満足度や「楽しんだ度」ではまた別の結果になる。サイコガンダムによって僕のインスタではかなりの長期政権となったデジラマを作ることが出来たし、
※現在は塗り替えられたけど、当時は飛び抜けて多いいいねだった

 その作品は間違いなくソレがないと出来なかった。

ある意味世界にひとつ足跡を残したとも言える。時期を逸し、クリアにも届かなかったペルソナ5とは、全く「存在の重み」が違う。

・・・

メタルビルドのエヴァは、28000円がズバリ定価である。これにさらに900円ほど送料が加算されたと思うので実質29000円ほどになる。

用途は100%デジラマネタ。一言で言って必要十分のディティールがあり、可動範囲は公式写真からはわからないが、全く動かないと言うことはなかろう。ちなみに新品だ。

アンリーシュドのガンダムとほぼ同じ価格であり、ぶっちゃけ僕は「作ること」をそこまで楽しんだ印象はないので、「プラモであるかトイであるか」の差は、実はほとんど無い。あるのは、

 大きさと見た目。

ズバリガンダムの方がかっこよく、大きい。エヴァはMGクラスの大きさなので、箱を開けた瞬間の「寂しさ」は禁じ得まい。
※そう言う意味ではPGと同程度の大きさだったサイコガンダム16500円がいかにお値打ちだったかと思う

もっとも、今ガンダムをネタに作れるデジラマは、正直頭打ちと言っても過言ではない。特に撮りたいと思うシーンやポーズもなく、使用回数的にもさすがに使い古されてきた。エヴァも、公式写真を使っていくつか作ってはいるが、劇場版を見るとまだまだ「作り足りない」ことを感じる。

 そう、初号機も弐号機も。

初号機と弐号機。パッと見は色と顔が違うだけだ。つまり「二つ買う意味」など無いようにも思えるが、実際にはこの二つは全く違う機体なのだ。

 性能が、とかじゃないよ?

この二つは、

 「しっくりする絵面」が全く違う。

初号機のキーワードは、「自信がない」「不慣れ」「覚醒」「化け物」「男性的」「生物的」

弐号機のキーワードは、「スタイリッシュ」「ドヤ顔」「女性的」

初号機のかっこよさは「気持ち悪さ」や「怖さ」と紙一重のかっこよさであり、生物的な魅力がベースになる。もちろんエヴァと言えばこれが主人公機であるが故に出番も多く、デジラマにしたときに様になるシーンも応じて多い。

一方弐号機は、乗り手のアスカのキャラをそのまま体現したかのような自信過剰な強さであり、登場時だけでなく一挙手一投足に力強さや、美しさがある。使える場面は初号機より少ないものの、その少ない場面が初号機よりも素晴らしかったりする。

何を隠そう、僕がエヴァンゲリオンで最も好きなシーンは、

 テレビ版第8話「アスカ来日」で、マントを翻してジャンプする弐号機なのだ。

「破」を見直すとそのシーンがいかにこぢんまりと、寂しいモノになってしまったのかと落涙寸前だ。
※これは原画が消失した等の理由により致し方なかったことらしいけど

 使えるシーンが多い初号機と、最も好きなシーンのある弐号機。

しかし両方買うにはあまりにも高額出費過ぎる。そもそも一個でも高額出費なのに。

てかなんでこんなに急を要する話になっているかと言えば、

 5月21日に初号機が再販されるからだ。

それに伴ってこれまでは38000円くらいが相場だった初号機の値段が、定価売りまで下落している次第なのだ。思えばその昔(と言っても1年ほど前)エディオンの店頭でこのメタルビルドの初号機が売っていたのを今思いだした。

 もちろんその時は一ミリも買う気にはならなかったのだけど、、、

嗚呼どうしたものか。嗚呼、、、

ザクは、カズヒコさんの量産ザクがもうすぐロールアウトする一方で、「今にも壊れそう」な怖さが凄くある。動かせるのか、動くのか。折れたらどうしようと言う呪縛が、

 メタルコンポジットのザクを求めさせている。

こちらも通常はプレミアで28000円とか30000円とか。でも今はなぜか定価で売っている店がある。もちろん、

 注文しようとしたら「売り切れ」と表示されるのかも知れないが。

メタルコンポジットザクの利点は3つ。

・確実にPGザクより可動範囲が広く、ポーズが取りやすい

・手首パーツが豊富でこれも表情を付けやすい

・丈夫でいじって遊びやすい

自問自答をする。もし目の前に売ってるのを見かけたら、僕はそれをこの値段で躊躇わずに買う事が出来るのか、

 喜んで買えるのか。

アンリーシュドの時のように「躊躇いなく食い気味で」買いますと言える自信がない。

 もちろん2割引とかなら話は全く変わってくるが。

 もし2割引だったらエヴァ2体にザク1体をまとめて買いかねない僕が居るが。
 ※それはそれでどうかと思うけど

僕の月のお小遣いは3万円。最近はネットフリックスとUNEXTで3700円がサブスク代として消えるので、実質26300円。そこからジュースやお菓子がたぶん3000円ほど。映画を観れば晩飯代込みで2000円。今月はウルトラマンとトップガンで4000円か。

 なかなかに重たい額だ。

買ったら買ったで「ポーズを決めて写真を撮らなければならなくなる」。スゲェかっこいいデジラマが作れればそれはそれでとても嬉しく楽しいが、ポージングと撮影はやっぱり大変だ。特に光源を意識しつつピントやら何やらを考えたら、

 何十回種類も撮るのは気が遠くなる。

「やらないならもったいない」。当然だ。

だからこそ迷う。でも誰もやってないデジラマは、

 やっぱりかっこいいし、いいねも貰える。

先日の零号機が9000いいねを超えた。エヴァだから伸びないのではないことが証明された。ジュアッグだろうと零号機だろうと、かっこいいものは伸びる。そして、

 僕はたぶん世界でもトップクラスにそれを引き出せる才能と可能性を持っていると思う。

たぶん零号機の9000いいねは、世界一だと思うし。
※ジュアッグはもちろんダントツ世界一

世界一かっこいい≒いいねがもらえるエヴァの写真を残すことが出来るかも知れないと言う「甘い蜜」に手を伸ばすのか。それとも何も無かったかのように平穏な毎日を過ごすのか。

一応自由になるお金は40万円くらいあったはずだが、凄く凄く揺れているのだ。てか、

 これ以上ないくらい写真を撮りまくった後に売り払えば、意外と1万円くらいで楽しめそうな気はするけど、それはそれで面倒だと思う自分が居るんだよな。

アストロミニは普通に遊びたい。これも持っていたい所有欲をそそられる一台。でも「遊びたいけど遊び続けない」のも買う前からわかってる。だから決断出来ない。遊び続けないものに2万円は、、、ホコリを積もらせるだけかも知れない。いや「間違いなくそうなる」。もったいないんだよな。

一番可能性が高いのは初号機。次がアストロ。二つで5万円也。うーむ。誰か僕のデジラマのNFTを高値で買ってくれないかな~。

| | コメント (0)

2022年4月 3日 (日)

インスタ1周年

小学生みたいなことを書くけど、

 一周年って「何日から何日」?

僕が一番最初にインスタに投下したのは、2021年の4月14日。そこからたぶん毎日休まず投稿しているのだけど、

 一周年は、2022年4月13日?それとも14日?

ちょうど1年経過したら「一周年経った」ってことなら、13日で一周年だと思うのだけど、その理屈だと二周年は12日になって、どんどん早まってしまうから、

 たぶん4/14日が一周年なのだろう。

何だか変な感じがする。てか普通に「10日後」とかでも、今日が3/31だから、10日後は、4/10、、、?4/10はまだ10日経ってないのに「10日あと」って表現に違和感を禁じ得ない。

 小学生の頃はきっと何の疑問もなく受け入れて計算してただろうけど。

まぁそれはともかく、

最近はインスタのネタをかなりマメに作っている。と言うか波は確かにあって、一時期は
 「一日一個は作らないと更新が途絶えちゃうので」

などと言いながら自分にノルマを課してたりもしたのだけど、それだとたまに疲れて休んだりすると簡単にショートしてしまうので、

 調子がいいときは二つ作ったりするようになった。

まぁこの点はブログも同じっちゃ同じなのだけど、違うのは、

 調子がとても良く、さらにノルマもこなそうとすると、、、

 消化より生産のペースのが高いということになる。つまり、ストックがどんどん溜まっていく。

で、ふと気付いてチェックしてみたら、、

 既に一周年の日までの分は作り終えていた。

インスタというのは面白い文化で、理由は全然わからないのだけど、

 記念日を妙に大事にする傾向がある。

今回の話は短いので大きな余談を挟むけど、、、

例えばガンダム関連だと、

1/4 ゲルググの日
3/9 ザクの日
4/6 ジムの日
5/9 ゴッグの日/ズゴックの日
7/8 ガンダムの日
7/9 ガンキャノンの日
9/2 グフの日
10/6 ドムの日
※他は忘れた

あと当然のようにシャアの誕生日とかもネタにして盛り上がろうとする。ちなみに、ガンタンクの日も当然ある。

 そう、元旦だ。

もう言われ無きゃわからないようなレベルのものもあったりするのだけど、節目としては、

・○○ポスト記念 100投稿とか

・○○フォロワー達成記念 100刻みで祝ってる人も、、

・○○作品記念 僕で言えばデジラマ50作ごとに

こんなのがあるなら、

 当然「一周年」も「言わなきゃダメ」みたいな感じがする。

いや、別に言わなきゃ言わなくてもいいのだけど、僕の場合は「完全に毎日投下してる」ので、「1年の重みが重い」とも思うのだよね。3ヶ月以上一切投稿してなかったりする人が「1周年!」っていきなり言うのは違和感があるけど、ずっと続けてるんだから。

で、一応50作ごとの節目の時は、「自分の作ったプラモ」のデジラマを投下しようと決めている。「決めている」は重すぎか、「そうしたいと思っている」。最近はほぼほぼフォロワーさんのコラボ投稿か、時々バンダイの公式画像とかを使わせてもらってる感じで、自分のプラモを使うことはほとんど無くなってるだけに、

 節目くらいはな、と。

となると当然一周年も拙作で、と言う事になるのだけど、

 これが、

 なかなか

 面白い。

前回ブログでも紹介した「座ってるガンダム」。アレが、

 スゲェたまたまなのだけど、ジャスト一周年のポストに予定されてた!

まるで他の誰かが決めたみたいな言い回しだけど、僕は基本「作った順に投下を決めている」。作った時点で採番し、その順番が回ってきたときにアップする。もちろん同じようなのが続くことを否とするときは、意図的に離したりするし、逆にまとめることもあるので、完全にそのルールを絶対視してるわけじゃないのだけど、

 「座ってるガンダム」はたまたま328作目で、4月14日の予定になってた。

そう、だから最初に書いた「一周年って何日?」って話になるのだ。

一年は365日。概ねそうだ。てことはつまり奇数なわけで、「一周年」がもし4月13日だったら、「節目が奇数」ということになり、

 現在「偶数番はガンプラ」「奇数番はそれ以外」という勝手に決めたルールに反することになってしまう。

まぁ「4月14日が一周年」だとさっき法律が定めたのでこの点は問題無くなったのだけど。

ともかく、身のない話をダラダラとしてしまったけど、

 もうすぐ僕のインスタも一年経過するって話。

たぶんフォロワー4000人は難しいけど、だから何って話だからな。気にせず普通に作るときは作る。作らないときは作らない。それだけの話なんだけどさ。

| | コメント (0)

2022年3月 4日 (金)

インスタの軌跡

軽く振り返ってみた。

まず僕が始めたのが2021年4月14日。今日が2022年2月28日なので、今日で318日目になる。まだ1年は経ってないのだけど、フォロワーの伸びはかなりのものだった。

・8/9 フォロワー500人 スタートから117日

・12/13 フォロワー1000人 スタートから243日(500から126日)

・1/22 フォロワー2000人 スタートから283日(1000から40日)

・2/26 フォロワー3000人 スタートから318日(2000から35日)

起算日を含める含めないで誤差があるので、最後二日ほどズレが生じているけど、この2ヶ月の動きがパ無い。

パッと見は1000から2000で失速してるようにも見えるし、その間のポストの魅力(いいねや保存率)にも大きく影響を受けているけど、

 年末年始はご祝儀相場だったから

と言う点も考慮したいところ。つか一言で「1ヶ月」と言うのは簡単だけど、

 その間に約30作作り続けなきゃ1ヶ月にはならないからな。

言うほど簡単でもないことをお断りしておきたい。

取らぬ狸の皮算用だし、増えれば増えるほど増えにくくなっていくのは自明の理。なので、絶対的にこのペースで増え続けるわけはないのだけど、

 先日のコアファイターとか、「フォロー数360」だったり。

実際はこの数字がそのまま増えた数字ではないのだけど、それでも相当な数のフォロワーがひとつのネタで増えたことは間違いない。

 ペースを維持出来れば、増加はスローダウンするにしても5000人は「不可能じゃないライン」という気がしてきた。

まぁ一日に一人しか増えないような日もあるし、そう言う日が増えれば、5000人は「夢のまた夢」ってことになるんだけどさ。

ちなみに現時点での夢は、

 フォロワー5000人達成後に、いいね5000超えのポストを投下

これまで5000人を超えたポストは唯一「サイコvsマークII」のみ。これが6022人でダントツ。つか、

 以前1000人や2000人でソワソワしまくってたのに、今は2000人超えたくらいではあまり衝撃じゃなくなってる。

しょうがないと言えばしょうがないことだけど、出来たら一つずつ嬉しくなるトリガーが欲しいとは思う。例えば、、、

・アルフォンスin新宿 2818

これは僕が軽くチェックした限り、パトレイバーのインスタの中で、

 ダントツ世界一。

2位が1600くらいなのでホントにダントツ。でもその2位の作品の人のがベラボーにかっこいいので、正直そこまで勝った気はしない。そして、、、

・朝焼けのコアファイター 4541

これもコアファイター部門では、

 たぶんダントツ世界一。

どちらも僕の作ったプラモではないけど、範囲を狭めることでまだまだ十分楽しめる余地はあるかな、と。あと、過去最多いいねは前述のサイコマークIIだけど、

・アッガイかくれんぼ 3163

これは、gundamstagramさんに紹介され、そちらでも、、

 5712

のいいねを貰っている。もちろん両方にいいねしてくれている人も多いとは思うけど、そうじゃない人も当然居ると思うので、僕のポストの中で現状最もいいねを貰っているのは、

 アッガイ。

これはこれで楽しい。てか昔は「アッガイだから伸びないんだよ」と思ってた頃もあったけど、ジュアッグが4000を超えるいいねを貰ってから、「そう言うんじゃないな」と言うことを学んだ。

・・・

いいねはいいねで重要というか、「楽しさのトリガー」になりうるファクターなのだけど、実際はリーチ数、つまり見て貰えた数が凄く重要。これを伸ばすには保存率を上げ、ホームや発見で上位に表示させるしかないと言われているけど、

 見て貰えさえすればもっと伸びたのに、、、

と言うネタもある。例えば、

・サイコvsマークII リーチ10万 いいね6022 保存471 リーチ保存率0.47%

・朝焼けコアファイター リーチ4.7万 いいね4541 保存264 リーチ保存率0.56%

・アルフォンスin新宿 リーチ2.8万 いいね2819 保存110 リーチ保存率0.39%

コアファイターはサイコマークIIの半分以下しかリーチしてないのに、保存率が高く、いいねの割合も多い。もし10万人にリーチしていれば、いいねの記録更新は間違いなかったと思うし、正直理由がわからない。

アルフォンスは、現状の伸びが止まらず、でも保存率はそこまで高くない。でももしこのままもっと多くの人に見て貰えれば、いいねはかなり伸び代があったと証明される。

ちなみに、なぜこうまで保存が重視されるかと言えば、インスタの運営上「とにかく滞留時間を伸ばすことが重要」だとジャッジされているからだ。

いいねを押すだけだと、そのポストに対するユーザーの感心はそこで終わる可能性が高い。しかし、保存されると言うことは、のちのち見直す、ひとつのポストで2度インスタを開く可能性が生まれる。

 重要なのは「運営にとって優秀なコンテンツであるかどうかの判断基準が保存しかない」

と言うことだ。いくらいいねを貰っても、保存されないコンテンツにそこまで大きな価値を見いだされない=発見やホームで上位にする必要はないとジャッジされてしまう。

 まぁそれをどう伸ばすかが大きな課題ではあるんだけどさ。

飲食店やダイエットみたいに、何度も見直す「必要性」は高くないからね>デジラマ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧