音楽

2016年10月11日 (火)

心の引き出しを開く方法

かっこつけたタイトルだけども、まぁそんな感じの話。こないだのJPOPのネタにも通じるのだけど、、、

昔聴いた好きだった曲をもう一度聴きたいと思うのは、誰しもあると思う。それは別に年齢に関わらず、まぁよくある話だと思うのだけど、普通は、、、というか大抵の場合は、好きだった曲について深く濃く記憶していて、例えばYoutubeで調べる時でも、アーティスト名やら曲名やら、なんなら歌い出しを覚えてて、それを拠り所に出来るか、もしくはその時代を代表する曲だったり、同じ曲を好きだった友人が居たりして、そこをつてに見つけられたりするものだと思う。

しかし、今回僕が「もう一度聴きたい」と思った曲の拠り所は極めて希薄で、それなりのネットリテラシーを持ってるつもりの僕でも、正直その曲を見つけるのは不可能だと思ってた。っていうか、

 実際にはまだ見つかってないのだけど<オイ!

まず僕が覚えていることはこれだけである。

・僕がひとり暮らしをしていた5年間の間にリリースされ、好きになった曲。つまり、1990年から1994年までに発売された曲

・JPOPで、普通に日本語の曲

・少なくともオリコンの100位までには入ってない

・たぶん今は活動していない

・「ブラッド」という単語に何か引っかかる感じがするが、少なくとも「F-BLOOD」ではない。
※Fブラッドは藤井フミヤ尚之兄弟のユニット
でもこのFブラッドにイメージが引きずられているだけで、実際は全く曲にもアーティスト名にもブラッドは入らなかったかも。でも「B」は入ったような、、、

・男性ふたり組で、当時「○○はホモっぽいところがあるけど、このふたりにはそう言う感じは全くしないな」と思った記憶がある。もちろんB'zではない。

・・・わかるわけないじゃん、、、

当時は静岡県に住んでいて、休みで自宅に帰るたびにレンタルCD屋に行っては、大量に借りて、カセットがどんどん増えていった。それは「良さそう」というレベルのレンタルもあったし、往復の車中で聴いたラジオで掛かってフックした曲もある。つまり、世間からはさほど支持されて無くても、自分の中だけでは「いい曲」としてすり込まれたものなわけで、ホントに調べようがないと諦めていたのだけど、、、

 何度も言うけど、まだ見つかってないし、見つかるあてもない。

ただ、

 目当てとしていた曲ではない、全く別の、それでいて当時自分が大好きだった、そしてそのことを忘れてしまっていたアーティストの曲を見つけることが出来た。

「歌手名」「曲名」どころか、「好きだったことさえも忘れていた」曲を見つけたその時の感覚たるや、

 まさに心の引き出しが開く感覚。

全身にじんわりと電気が走る感じがとても心地よく、もし同世代の人が居たらぜひ聴いてみて欲しい。

 そう言えばあったあった!って思うと思う。

余談だけど、こないだのRABBITに関して、エクスヴィアス内の長男のメッセージ欄にその歌詞が書かれてて、ちょっとニヤッとした(^^。完全にたまたまな可能性もゼロじゃないけど、あまりにタイミングが合いすぎてたから、僕のブログ読んで聴いてくれたのかな、と。世代的には生まれる前の曲だから、知ってるわけはないと思うけど、、、。まぁ最近じゃ音ゲーとかに昔の曲が採用されることもあるから、それ経由かも知れないけどさ。

・トワイライトキッズ 夏のメロディ
https://www.youtube.com/watch?v=vx8Z1OSxLjk

スゲェ好きだった。これがデビュー曲なのだけど、ぶっちゃけ「夏の日の1993」より好きだったくらい好きだった。トワイライトキッズ、、、大好きだったのに、完全に忘れてた。穴が空いてた。でもそこがスッと埋まる感覚、、、。

 あーーーー好きだったぁぁぁぁぁ!!!

それなのに完全に忘れてたってホントスゴイ。でもってちょっと哀しい。つか★★★★だわ。スゲェいいわ。

ちなみにこの歌に今巡り会えた経緯はこんな感じだ。

1.1990年発売のJPOP で検索→多くて100曲、少なくて数曲のランキング曲や、ヒット曲がヒットするだけ。そんなの求めてないんだよ!

2~5. キーワードを適当に変えて探してみるも見つからず

6.「ランキングに入らないJPOPを探す方法」でググり、「歌詞検索サービス 歌ネット」
http://www.uta-net.com/
がヒット。そのサイト内にあった「タイムマシン検索」をチョイスし、「1990年JPOP」で検索。

 しかしここでも20位までしか表示されない。

「なんだったら1000位まで表示してくれてもいいのに、、」そんなことを思いながらガックリとうなだれていたら、、、

 画面の下の方に「1990年にデビューや活躍した主な歌手名(ジャンル:JPOP)」と言う項目があり、

 その中にはこれでもかと「見慣れない名前」達が。

もちろん有名アーティストの名前もデカデカと表示されてはいる。でも、

 「KATSUMI」クラスで最大フォントである。

最悪全ての歌手をチェックして、そのサイトに登録されている曲をYoutubeでしらみつぶしに探していけば、いつかは見つかるかも知れない。

 見つからないかも知れないが。

ちなみにこの年で表示された中で自分がフックしたのは、前述のKATSUMI以外では、かとうれいこのムーンライトサーファー、久松史奈と、、、

 障子久美!

ヤバイ!さっき見つけられなかったけど今見つけたわ。

・障子久美 あの頃のように
https://www.youtube.com/watch?v=CBakOmjOWng

まぁ言ってもさっきのほどオススメってわけでもないですけど。鬼懐かしいな、と。★★☆くらい?サビがいいんだよな。見た目はさすがにジェネレーションギャップを感じざるを得ないけども。っていうか、最近の人は見た目は見ない方がいいですわ。下手したらちょっと魔女だもん・・・。

 ・・・衝撃のロールバック、、、

ここまでの3倍くらい書いてフリーズ。それもノリノリで書いてたのに、、、。

 油断したわーーー。

泣ける。マジ泣ける。とりあえず曲だけでも書き出しておけばよかった、、、。フゥ。まぁ続きは明日にでもしようかな。

三日くらいたったので続きを書く。つか一度思い出すだけ適当に書いて放置してたので、その続きを書く。

・高橋由美子 友達でいいから

内田春菊原作「南くんの恋人」の主題歌にして、当時「最後のアイドル」と言われた髙橋由美子の代表作にして名曲。声がかわいくてメロディがステキな上に歌詞もイイという三拍子揃った真の名曲。忘れてたわけじゃないけど、今聴いても普通に超イイ。★★★☆。
・TAMTAM 友達でいいから

むしろ忘れていたのはその曲を作ったTAMTAMの方。こちらはニコ動にしかなく、音質もやや悪いものの、ウィスパーボイスは髙橋由美子版にはない別のキュートさがあり、こちらも大好き。つか今聴いてこの曲が嫌いって人はそれほど居ないと思うんだけど、どうなんだろ。ジェネレーションギャップかな。★★★☆。同点。

・ISLAND STAY WITH ME

これは当時有線で掛かっていて、曲名を電話で問い合わせをして、そんでレンタルで借りたという経緯がたぶんある曲。オーソドックスなバラードで、崎谷健次郎の「もう一度夜を止めて」とかBEYONDの「遙かなる夢に」とかが好きな人にはオススメ。正直今聴くとやや古くさい感じには聞こえた。★★。

・KIX・S また逢える・・・

「女性版B'z」とすら称されたキックスの代表曲、、、だと思う。バラード調で、当時の売れ線とも言えるが、嫌いじゃない。ドラマのエンディングに流れたら盛り上がりそうなイメージは、まさに当時そのまま使われてた気がする。名曲ではないが、懐かしく感じる人は居るはず。★★。

・レイジー・ルーズ・ブギー いつもそこに君がいた
https://www.youtube.com/watch?v=tRJCTWJA-1E

YAWARA!のエンディングだったらしい。懐い。声質で言えば同じくYAWARA!のOPだった永井真理子に近い感じで、そこそこ透明感のある耳に優しいさわやかな歌声。たまたま僕が特に音楽を聴いていた頃ってのもあるとは思うけど、この1990年代初期の頃のJPOPは、ランキングに入らないような曲でも、たくさんの曲がタイアップとかされてて、結構扱いがよく、耳にも入ってきた気がする。その分回転も早くて、今より寿命が短かった感じもあったりはするけどね。★★。

・CORVETTES 僕に瞳を近づけて

イマイチ「Being系」ってのがよく覚えてないのだけど、これなんかはそれに入るンじゃないかなぁと思ったりする。当時の売れ線。特にスゲェ好きだったってワケじゃないけど、完全に忘れてて、思い出したので入れてみた。まぁ★くらいかな。

・区麗情 初めて恋をした日
https://www.youtube.com/watch?v=G1_z7veS-2s

これも「開いた」人だなぁ。ラブレターが有名だけど、こっちのが切なくて泣ける。キューンってする。ウィスパーボイスが好きな人なら鉄板。浜田省吾とコラボした曲が一番有名だと思うけど、僕はこっちのが好き。見た目はやっぱ時代を反映してるためか、今見ると抵抗があるとは思うけど。★★★。

-----------

もしかしたらデビューはもっとずっと前だったかも知れないし、このサイトに僕の探してる曲が出てくるとは限らないんだよな。
※夏のメロディも出て来なかったくらいだし

あとキーワード検索で、BLOODをアーティスト名、曲名両方から調べてみたけど、どうもコレって曲がヒットしなかった。思い違いだったのかなぁ。かなり気になる。

でも「忘れてたけど好きだった曲」がいっぱい見つかって聴くことが出来てよかった(^^。
※同世代にしかフックしないかもだけど。

トワイライトキッズも区麗情もKIXSも、この先覚えてる人がどんどん減っていくアーティストだと思う。っていうか、演歌とアニメとランカー
※ミスチルだとかサザンだとかB'zだとかのベストテン系常連組のこと
以外は、ホントごく一部の人の心の中だけに生き続ける人が今後どんどん増えていくと思う。

ただ、功罪はあるとは言え、インターネット、Youtubeの存在は、その「残るフック」をより強く、より広くしてくれる。きっと今をときめくRADWINPSだって、20年後には「誰だっけ?」とか「居たねぇそんな人たちも」とか、ヘタしたら、

 RADWINPS、、、うーん思い出せないなぁ。曲聴いたらわかるかも。

なんて位置に行く可能性だってある。もっとも「アニメとパイプがある曲」は寿命が飛躍的に伸びるとは思うけど。

そう思うとアニメって凄いよな。いや、ホントの話。まぁ全部が全部じゃないけども。

みんなもuta-netで自分の青春時代の曲を探してみてはいかが?

| | コメント (2)

2016年10月 1日 (土)

アラフォーの戯言~JPOP~

「戯言」と書いて「たわごと」と読む。ちなみに「戯れ言」は「ざれごと」と読む。ぶっちゃけ意味は良くわからない。まぁ日常耳にするが使わないタイプの言葉だ。

こないだ「君の名は」を見て、なかなかにテンションが上がった。その後新海監督の他の作品は、、、と「言の葉の庭」も視聴。エンディングで流れる「RAIN」は、1990年前後に大江千里が作った曲をスタンドバイミー秦基博がカバーしたもの。年代的にはこちらのが古かったかもだけど。

「言の葉・・」の感想では、曲としても「君の名は」に劣る的なことを書いたが、よくよく見ると「迫力、インパクト」で負けているのであって、物語の最後を締めくくる曲としての完成度、フィッティングとしては、

 むしろ言の葉のが良かったとすら、今なら言える。なぜなら、あれからYoutubeの動画を超見まくってるから。
※ちなみに原曲の方はニコニコにあった

いつもならここでリンクを貼ってしまうが、今回の動画はあまりにも劇中のシーンをなぞりすぎていて、まだ見てない人には、「ネタバレが過ぎる」と思ったのであえて貼らない。つか本編を見た人が見たら、

 これ、まんま一つのストーリーかよ

ってくらいの濃度で、物語を追体験出来る。一曲の尺で。画質も超綺麗だし。

しかししみじみ良い曲というか、物語にフィットした曲だったなと思う。何て言うかこの曲が作られた頃ってのは、僕が一番JPOPを聴いていた頃でもあるわけで、この曲も「聴いた記憶はある」程度だったのだけど、

 いやいやどうして、大江千里、懐い!

・YOU
https://www.youtube.com/watch?v=i6J_vUtY9WI&list=PLg6KPPOuQtY55tpXk1UWCRrOR845p0iW2&index=2

記憶の扉が開き掛ける感じ。そんなに好きでもなかったから記憶も薄い。

・REAL
https://www.youtube.com/watch?v=UCaCGao7eI0

こっちのが記憶に深く刻まれてる。ということはたぶんCD借りてテープに入れて聴いてたんだろうな~。つか男性ボーカルって言うと大江千里と杉山清貴が透明感のある声の代表みたいなとこあったな。

・GLORY DAYS
https://www.youtube.com/watch?v=S1pnfJMbTwI

なんだろ、記憶が錯綜するのだけど、これって渡辺美里も似たメロディの歌歌ってなかった?いや、動画を見る限り大江千里の曲で間違いないんだけど、、、。
※衣装に時代を感じざるを得ない・・・

・格好悪いふられ方
https://www.youtube.com/watch?v=TBVVoOcYfPU

大江千里と言えばコレ、という人も多いと思うドラマ主題歌。僕もこの印象が一番強いかな。リアルも好きだけど。

・十人十色
http://www.nicovideo.jp/watch/nm11559277

これも大江千里って感じ!CMソングの印象が強いけど、そっちのが記憶にも残るよね。つか今聴いたのが30年ぶり!みたいな人も多そう。1985年の曲だもんな。

・RAIN
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14984065

大江千里版。最初はこっちでもよかったんじゃないの?って思ってたけど、しばらく聞き続けて見続けたら、やっぱ言の葉・・には秦基博版のが合うかな。っていうかこれは音がこもっててちょっと残念。ちなみにシングルじゃないんだよね。

つか大江千里って今聴いても通じる良さがある気もするというか、いやそれは違うか、僕らの世代だからかも知れないな。良さを見つけられるのは。古い記憶を揺らされる感じかも。

--------------

あと、最近優先でチェッカーズの涙のリクエストをカバーした曲が掛かってるのだけど、調べたら出てきた。

・Country Girls「涙のリクエスト」PROMOTION EDIT
http://www.nicovideo.jp/watch/sm29678737

カントリーガールズが歌手名なのかプロモーションエディットが歌手名なのかわからないが、ともかく、今風でかわいい感じでありながら、

 原曲がいかによかったか痛感させられる。

っていうかやっぱチェッカーズはスゲェよかったと思うんだよね。

・あの娘とスキャンダル
https://www.youtube.com/watch?v=RYkL7K-5v7U

とりあえず一周回ってコレが一番好き。こないだおもむろにずっとリピートで聴いてみたのだけど、

 全然飽きないの!

不思議なくらい曲のメリハリと構成が上手くて、物語があるのはある意味時代の先取りみたいな感じすらあるし、ポップでキュートなアイドルソングなのに、そのメロディラインが60年代のPOPSのDNAがあるのか、

 こういうのをリスペクトって言うんだろうな、と。

パクリじゃない上手いアレンジというか。

ちなみにこの曲はチェッカーズの作詞じゃなく売野雅勇(うりのまさお)と言う人が作詞してたのだけど、おもむろに調べてみてビックリ!この人の曲、スゲェ好きな曲、知ってる曲がいっぱいあった!

軽く拾ってみると、、、

井上大輔 めぐりあい 挿入歌のビギニングもそう

倉田まり子 真夏のランナー(ナインの主題歌) 彼女の代表曲!?

郷ひろみ 2億4千万の瞳 こんな有名なのも!

杉山清貴 最後のHolyNight メチャメチャ好きだった!ふたりの夏物語はこの人じゃないけど。

中西圭三 WOMAN てっきり本人が作ってたと思ってた!

中森明菜 少女A、1/2の神話、禁区 「支えた」と言っても過言じゃない。つか80年代アイドルの曲もメチャメチャ作ってる。ただ自分が好きなのが特に中森明菜だったのでこの子を拾ったけど。

MIO GET IT、エルガイムの主題歌2曲とも!まぁ後期は鮎川何とかだけど

森口博子 水の星へ愛を込めて こっちもかよ!って感じ。足向けて寝られない人だったわ。マジで。

矢沢永吉 PURE GOLD 2曲しかない矢沢永吉の好きな曲の一つが、、、

ラッツ&スター め組のひと 1曲しかないラッツ&スターの好きな曲が、、、

チェッカーズも、他に好きな、涙のリクエスト、哀しくてジェラシー、Song for USAもこの人!

 スゲェビックリ。

やっぱスゲェ作詞家ってのは居るもんだなって思った。あと秋元康と阿久悠だけが作詞家じゃないんだな、と。

 つかさっきからずっとあの娘とスキャンダルをかけ続けてるけど、全然嫌じゃないの!スゴイと思うわ。この耳馴染みの良さというか、優しさというか。

他にはロングロード、I LOVE YOU SAYONARAも好き。メンバーが仲違いしたとかクロベェが死んじゃったとか、いろんなことがあったけど、過去の曲は汚されないって思う。

----------------

あと何となく聴いて記憶が揺り動かされたのは、

 RABBIT

覚えてます?ラビット。自分、例えて言うなら、スゲェ真っ白いモヤが記憶に掛かっていて、うっすらとシルエットが見え隠れする感覚。

・RABBIT 「Thank you my Girl」
https://www.youtube.com/watch?v=qarKmGsI1ck

好きだったことを思い出すのって結構珍しいというか、好きだったことって色あせないと僕は思うんだよね。ずっと好きで居続けるもんだと思う。特に歌に関しては。別に歌手が麻薬所持で捕まろうとも、その曲が主題歌だった番組がマッハで打ち切られようとも、曲の善し悪しが変わる訳じゃない。

 この曲絶対好きだった記憶がある。でもこの曲のことは完全に忘れてた。

なんだか嬉しくなっちゃったな~。ちなみに彼らはイカ天バンドなんだよね。

あとこれも以前書いたかも知れないけど、、、

・Road Blaster FX (Mega-CD) Intro
https://www.youtube.com/watch?v=aeSGnPJwHoo

非常にニッチな曲。歌ってるのは「何も言えなくて・・・夏」のJ-WALKなのだけど、彼らのウィキペを見てもシングルの発売履歴はなく、曲名すら載ってない。

 ロードブラスターの主題歌を歌っていたことしか書いてない

ロードブラスターはもともとLDゲームでゲーセンに極少数出回っていたタイトルなのだけど、その時はたしか主題歌とか付いて無くて、メガCD版が発売される際に、その場限りで付けられた歌なんだよね。だから曲名もない。

 でもこの曲がかなり好きでさ。

ゲームも簡単で面白くて、自分の中ではシルフィードと並んでメガCDを買って良かったって思えたタイトルだったな~。

・BAKU ぞうきん
https://www.youtube.com/watch?v=5I6oVUq_PP0

時代を感じさせまくるPVがイイ感じ。この曲しかヒットしなかった。っていうか、ヒットしたのか!?って気もするけど、懐かしさ爆発。でも、

 結構サビが嫌いじゃないんだよね。

・The SQUARE OMENS OF LOVE
https://www.youtube.com/watch?v=iRM8jkI1w44

そう言えばスクウェアが、まだTスクウェアになるまえの頃、好きな曲が一曲あったな、と。でもって調べても調べても代表曲は「TRUTH」で、

 コレじゃないんだよな~

って思ってた。でも僕のリテラシーがわずかに向上し、

 SQUARE 代表曲

で検索したら、まんまとお目当ての曲が出てきた。僕の中ではTRUTHじゃなくてこっちだったんだよな。つかオアシスとかも一曲好きな曲があった気もするんだけど、パッと思い出せない。つかホントにオアシスだったのかも・・・。

--------------

他にも書きたかったことがあったハズなんだけどワスレチャッタ。またの機会にするよ。

追記

ひとつ思い出した。

・翼をください 川村かおり
https://www.youtube.com/watch?v=tit8OAAdPmM

たまたま別の所で聴いて、「懐い!」と思って、今書き込むと同時に検索してみたら、

 「追悼」の文字があってビックリ!

まだ若かっただろうに、、、と思ったら案の定38歳!乳がんだったそうで、何とと言うか、「死ななくてもいいのに」、と。もちろん本人だって望んで死んだわけじゃないんだけども。

ご冥福を祈りつつ、川村かおりって、世間じゃ「ZOO」の人って感じだと思うけど、自分にとってZOOはエコーズの曲なので、川村かおり=翼をくださいなんだよな。近年だと「けいおん」のカバーで盛り上がった曲だけど、今聴くと、やっぱ川村かおり版もスゲェ良いんだよな。

・翼をください 歌詞あり※けいおん版
https://www.youtube.com/watch?v=DA9UnKFxm9U

人はいつかは必ず死ぬ。それが早いか遅いか。残った人達に何を残すのか何が残るのか。川村かおりは、とりあえずここにいる中年に、翼をくださいを残したと思う。

| | コメント (0)

2014年11月15日 (土)

大御所の話

音楽関連の話。

こないだ中島みゆきがいいという話を書いたあと、ふと気付いたこと。

 そう言えば最近サザンとかユーミンとかあんま聴かなくなったな、、、。

ラジオで番組やってたからたまたまサザンは触れる機会があったけど、そうじゃなかったらホント、コンスタントに聴かなくなった。東京ビクトリーは嫌いじゃないけど、それほど大好きで聴きまくるというほどでもないし、TSUNAMIと波乗りジョニーは好きだけど、それって結構前の曲だし、そもそも今それをあらためて聴くという感じにもならない。もっと言うと、

 あらためて聴いてもたぶんそれほど「いいわぁ~」ってならない。

ユーミンなんかはもっとで、直近でフックしたと呼べる曲なんて、、、

 高三の時の「リフレインが叫んでる」まで巻戻ってしまうのでは!?

それはもはや好きとか嫌いというレベルではない、「懐メロ」の領域。そりゃまぁ20台前半でそこそこ聴いてた時期もなくはなかったけど、それって浜田省吾やチャゲ&飛鳥と同列の話だもんな。

 好きな曲数自体は相当数あるはずなんだけど。

っていうか、

 曲数だけなら中島みゆきより多いかも、くらいだったと思うけど。

・・・

僕の中で、僕が知っててある程度有名である中で、ざっくりカテゴリー分けする大物アーティスト。もちろん誰に言われたわけでもないけど。あと好き嫌いはとりあえず抜いて。

●大御所

サザンオールスターズ、ユーミン、中島みゆき、山下達郎、オフコース(小田和正)、長渕剛、松山千春、矢沢永吉と、、、美空ひばり。

この中で今(2、3年スパンで)でも新曲を耳にするのは、サザン、中島みゆき、山下達郎の3組。つか山下達郎も中島みゆきに匹敵するくらい、

 今でも聴ける曲を作り続けてる人

って気がする。この3組はホントに凄いと思う。何だかんだ言っても小田和正は東京ラブストーリーあたりで止まってる感じだし、長渕剛は、、、僕が嫌いだから気付けないだけなのかしら。まぁ矢沢永吉と松山千春はそれぞれ大物ではあると思うけど、新曲はとんと耳にしないんだよな。

ちと余談だけど、こないだ爆笑問題のラジオで、新沼謙治の「嫁に来ないか」が掛かってて、
https://www.youtube.com/watch?v=JFJMNQg6DzE

 もうメチャメチャイイわけ!

当時は冒頭の「嫁にぃこないかぁ~」ってとこしか記憶に残らなかったのだけど、

 今聴くと普通に上手いし、いい歌!

正直数年前の動画とかもYoutubeに貼ってあるのだけど、

 こっちはあんまピンと来ない。

若いときの「声の張り」みたいなのがこの歌に合ってるって思ったな。

まぁ新沼謙治は僕の言う「大御所カテゴリー」には入らないけどさ。あと沢田研二とか高橋真梨子とかも入りそうで、入らない感じ。まぁ伝わると思って書いてるわけでもないんだけどさ。

●超メジャー

大御所とは違うんだけど、今も明確にファンが居て、それなりのスパンで歴史に名を刻んだな、って感じるのが、

 Mr.チルドレン、ドリームズカムトゥルー、安室奈美恵、福山雅治と、、、松田聖子。

個人的にはこのメンツに「ゆず」や「コブクロ」は入れない。「スピッツ」は入っても許す。

---------

でもホント最近昔の実力があると感じさせるような「大物の歌」って減った気がする。上手いとか下手とかじゃなくて、迫力があるというか、オーラがあるというか、、、。

サザンだって頻繁にMステに出てるから身近に感じるけど、彼らはマジ大物中の大物だもんな。キャラがキャラだから「腫れ物に触る感」はないけど。あ、サザン福山と来たら、ポルノグラフィティも超メジャー、、、?ここはまだ中堅って感じかな。YUKIとか布袋とかのクラス?あ、アルフィーは超メジャー入りしてもいいかな。

もし、日本人全員に「この歌聞いたことがある」「知ってる」って全ての歌を聞かせた上で、一番「知られてる曲数」が多いアーティストをランキング付け出来るとしたら、一体誰が一位になるんだろうな。

 やっぱサザンかな。

でも2位は!?ってなると、途端に失速する気がする。

こないだ中島みゆきで好きな曲知ってる曲とかざっとピックアップしてみたのだけど、意外と30曲くらい。僕は結構「ファン寄り」だと思うから、一般認知度で言うともっとずっと下がるとは思うけど、

 案外ユーミンがまだ根強いのかな、とも。

でも曲数だからね。売り上げでもなければ、「歌える」でもないし、、、。あと年齢的にも今70歳以上の人がどれだけ美空ひばりの歌を覚えてるかって気もするし、一曲二曲超売れた曲があるだけじゃ、このランキングでは上ってこられないし、、、。

 でもそれでもなおランクインするようなアーティストこそ、真の大御所と言える気がする。日本人に認められた歌手という気がする。

 松田聖子かな。

ああああーーーーーーーー!!!!一組ウルトラメジャーな人忘れてたっ!歳は取りたくねぇなーーーー!!

 B'zは入るね。大御所に。間違いなく。

ちなみに今軽く松田聖子のシングルグラフィティをチェックしてみたのだけど、25曲目くらいで怪しくなってきたな。まぁ他にもアルバム曲とか飛び石で知ってる曲があるから、実際は30は行くと思うけど。

一方B'zは、、、16曲目くらいで失速。でもこっちは松田聖子より飛び石が多いから、こちらも30は行きそう。意外といい勝負。

ユーミンはシングルこそ曲数が少ないけど、アルバムまるごと知ってるってのが多いから、何だかんだで票数稼いじゃう感じなんだよな。この頃のアーティストってみんなそうだった気もするけど。たぶん僕的にはサザンより多い感じ。まぁサザンに桑田佳祐やKUWATABANDを加えちゃうと、やっぱそっちかなって感じになるけどさ。

ちなみにここまで一切出してないけど、

 実はもうひとり強力なダークホースもいるんだよね。

わかる?わかっちゃう?

そうです!

 水木一郎アニキです!

彼は間違いなく大御所。アニメとは言え、知ってる曲をざっと見ただけでも40曲以上。やっぱエンディングとセットになって票数稼げるのが強み。あと、もの凄く長いスパンで聞いて貰えてるから、

 意外と日本一は、サザンより水木一郎なのかも!?マジで!

って感じ。世代をスライドしてもなお位置エネルギーが衰えない感じというか。

-------

最初全然書くことないかと思ったけど、意外とあったな。でもホント日本人に「知って貰えてる歌の数」だったら、案外水木一郎、スゲェかもだよな。っていうか、

 それは僕がアニメが好きだから勝手にそう思っちゃっただけなのかも知れないがな!

| | コメント (0)

2014年9月 1日 (月)

久々に最近の音楽がイイ

アナ雪がきっかけだった気すらするのだけど、最近有線で掛かってる曲が、

 割と僕にフックする。

オリコンかどうかわからないけど、「週間JPOPランキング」のチャンネル。ちなみにこのチャンネルは、ランキング以外にも「推薦曲」も掛かる。

順不同で貼り付けてみる

・LET IT GO ありのままで 松たか子

最初の頃より随分好きになってる自分に気付く。映画を見たからというわけでもなく、単純にサビの盛り上がりが心地よく、劇中歌の臨場感も伝わってくる。スマホに入れて聴くほどじゃないけど、覚えるくらい聴いた。今週のランキングでついに圏外(21位以降)になっちゃったけど。★★☆。

・不器用太陽 SKE48
https://www.youtube.com/watch?v=3RtEFgYzMPE

「片思いFinally」以来のSKEのミディアムバラード?正直「不器用太陽」という部分だけはどうかと思うけど、それ以外のパートはAKBグループっぽいというか秋元康っぽい雰囲気の上手さが出ていてかなり好き。あんま売れなかったみたいだけど曲はいいと思う。★★★。

・心のプラカード AKB48
https://www.youtube.com/watch?v=1__VTyzagLg

ぶっちゃけここ3年くらいのシングルでワースト5入りしてしまうくらいイマイチなのだけど、
※他は「風が吹いている」「ギンガムチェック」「桜の木になろう」「鈴掛の木の下で」など。あくまで好みですから。

 それでも何度も聞いてると、ふとしたときに口ずさんでたりする自分にビックリする。

正直まゆゆセンターで「週間連続ミリオン割れ」にさせてしまうのはかわいそうだなぁと思いつつ、いつかはそういう日が来るわけで、、、。

余談だけど、今度のじゃんけんは1位がソロになって、「ミリオン割っても平気」扱いになったね。逆に言えばこの選挙シングルは意地でもミリオンに届かせたいという1枚だったと思う。まだ結果は出てないけど。

・ゲラゲラポーのうた キング・クリームソーダ
https://www.youtube.com/watch?v=w9DGRgVnXJE

前も書いたかも知れないけど、僕はこの曲がかなり好きなんだよね。ラップ部分にmoveの人が起用されてるのも好みだし、3人の温度差がイイ感じに出てて、イロモノなのに聴き心地がいい、BBクイーンズのおどるポンポコリンを思い出させる感じ。

でも一回ランク外に落ちてから、また上ってきたんだよな。特に先週今週テコ入れがあったとも思わないんだけど。まぁいくら掛かってくれてもいいです。好きなので。★★★。

・東京VICTORY サザンオールスターズ

「波乗りジョニーほどじゃない」。ほどじゃないが、アレ以来のイイ感じな印象を持った曲。CMタイアップなんだろうな~と感じさせるキャッチーなメロディが、ある意味商業作品ぽさも感じさせるけど、いやいやどうして、

 そういう曲こそ僕が求めるサザン。

つか他のアーティストももっと「お客さんに媚びていい」と僕は思うんだよね。AKBとかジャニーズとかみたいにさ。★★☆。

・ヒナユメ AquaTimez

普通。でもアクアタイムズは嫌いじゃないのでちょっと嬉しい。ミスチルよりアクアタイムズのが「僕好み」の曲が多い感じ。

・蒼い星 柴咲コウ
https://www.youtube.com/watch?v=8-303YL2iLw

今週はランク外だけど、柴コウの曲の中ではベスト5に入るくらい好きで、オーソドックスな、ある意味90年代を思わせるような懐かしさすら感じさせるメロディ。誰が作ったのかわからないけど、「そういうニオイ」がした。★★☆。

・ひまわりの約束 秦基博
https://www.youtube.com/watch?v=We3uAyJJ9Fo

今週一位の映画ドラえもんの曲。映画見たら超泣けそうな歌詞と雰囲気。昔はこういう歌も好きだったけど、今はたまに耳にする程度でちょうどいい。でもヒットするのはわかる。★★

・静かな伝説(レジェンド) 竹内まりや 

一声目から竹内まりやだとわかる個性。それにマッチしたメロディがいかにも「らしい」。それほど良曲というわけではないのだけど、こういう曲が普通にランクインするようなランキングであって欲しいなぁと思う。まぁ今週は推薦曲扱いで、実際に入るかどうかはわからないんだけど。
※たぶんまだ発売されてない。

・夏のFree&Easy 乃木坂46
https://www.youtube.com/watch?v=JlemRH28Ydw

今週ランク外。でもかなりイイ意味で普通の「夏のアイドルソング」。例年ならNMBに振られていた楽曲が、今年は乃木坂に「あげた」みたいな感じ。

乃木坂自体勢いがある感じ(あくまで僕が勝手にそう感じてるだけだけど)だし、良曲が貰えるのは嬉しいだろうなと思う。まぁNMBっぽいけど。違いがわからないけど。ある意味乃木坂らしくないとも言えるけど。★★☆。

・MOON PRIDE ももいろクローバーZ

久々ももクロで「悪くないかも」と思える曲が出た。特にキャッチーなサビがあるワケじゃないけど、個々のソロパートがあるのか、聴いていてももクロらしさが良く出てる感じがする。でも今20位だから来週は厳しいだろうな~。

動画探したら、、、

 セラムンの主題歌かーーーー!!

なるほど全て合点が行った。なるほどキャッチーなるほどメロディアス。なるほどMOON PRIDE!ちょっとジーンとしちゃったし。つかセラムンの本気がわかる。いやはやいろいろ納得できて溜飲下がった。つか、

 ちょっとキャラデザが今風になってていのまたむつみっぽいな。★★★。

・・・時間置いて再度このPVを見たら、

 スゲェイイのな!

何つかセラムン愛に充ちているというか、気合いとオーラが画面からにじみ出てる最高レベルのアニメPV。ここまでの作品は久しく見たことがなかったなぁというアニメPVに仕上がっていて、ちょっと本編とか見たくなっちゃったな。PVの出来も★★★!。

----------

先週はジャニーズの「舞祭組(ブサイク)」の新曲がランクインして、

 一週間それがイヤでイヤでたまらなかった。

ファンはさ、その曲がどんなにクズでも買わざるを得ないじゃん?そこにつけ込んで、とことん最低な曲を発売するってどうなのって思う。もうこの企画書いたヤツ地割れに落ちればいいのにって思う。今日日もっとまともでもっと普通ないい曲がいくらでもあるだろうに・・・。

有線は2時間ループだから、8時間で4回耳にする計算なんだけど、実際それが一週間、もしくは何週にも渡ったりするわけだから、結構耳に残る。いい曲はより良く残るけど、悪い、、、というか嫌いな曲もまた、

 聴けば聴くほど殺意が募る。

チャンネルを変える以外に出来ることはないのだけど、たぶん変えたら変えた先でまた嫌いな曲が流れたりするんだろうな~と思ったりだよ。

| | コメント (0)

2012年11月 4日 (日)

youtube渡り歩き

僕がどれほどミーハーなのかわかる話。
というかコメントほぼなし。闇雲に探して貼って聞いてみた。懐かしいものもあるし、全く懐かしくないものもある。ラストライブのはやっぱ重くていい。

●「19GROWING UP LASTLIVE」プリンセスプリンセス
http://www.youtube.com/watch?v=9phigw8cJho&feature=related
歌が上手い。そして丁寧。でもってテンションマックス。悪くないわけないのだ。

●「GO AWAY BOY」プリンセスプリンセス
http://www.youtube.com/watch?v=cUB14vtfPMQ&feature=related
個人的にプリプリ2強のひとつ。でも歌詞が今ひとつかな。

●「PRIVATE HEROINE」レベッカ
http://www.youtube.com/watch?v=BS_DvwuAxhs
歌が下手。でもこの少人数のお客さん相手にやるレベルの楽曲じゃないよな。

●「LONRY BUTTERFLY」レベッカ
http://www.youtube.com/watch?v=01KFjtoOJMg&feature=related
衣装がエロい。やっぱNOKKOはもっと丁寧に歌って欲しいな。

●「長い夢」YUKI
http://www.youtube.com/watch?v=p1uGekw4HhE
ライブよりPVのがいいかなぁ。惜しい。

●「STAY THERE」プリンセスプリンセス
http://www.youtube.com/watch?v=lB8XoKqyM6Y
イイ歌。ライブでもやっぱイイ歌。思わず保存。

●「DIAMOND」プリンセスプリンセス
http://www.youtube.com/watch?v=PZQYIiHgG-I&feature=related
ブレイクソングだけど、振り返ると上の曲のが好きかも。でも名曲。

●「情熱の薔薇・人にやさしく」ブルーハーツ
http://www.youtube.com/watch?v=O1ARi68rg2Y&feature=related
ライブっぽい歌い方。でも雑なわけじゃなくて、パンクっぽい。

●「春SPRING」ヒステリックブルー
http://www.youtube.com/watch?v=25v0OLypf8E&feature=related
意外なほどカワイイ。ジュディマリっぽいけどヒスブルも好きだったんだよな。

●「ゆずれない願い」田村直美
http://www.youtube.com/watch?v=MtHPjgtHOBY&feature=related
レイアースはほとんど見なかったけど、曲が好きでSSのゲーム買った。

●「RETURN TO MYSELF」浜田麻里
http://www.youtube.com/watch?v=Okja9zM-ucM&feature=related
時代を感じるヘアスタイルは彼女に限らず。普通にケバいねぇちゃん。

●「I'M PROUD」華原朋美
http://www.youtube.com/watch?v=9qI0FkHQeYI&feature=related
よく見ると地味な顔立ちだけど、当時は輝いてたよな。

●「DEAR FRIENDS」パーソンズ
http://www.youtube.com/watch?v=EsHMwnl0t_M&feature=related
スローの方が好き。つかこのボーカルはなんでこんなメイクなの?

●「君がいるだけで」米米クラブ
http://www.youtube.com/watch?v=MCSd0BxQrjo
レコ大が最高だったけど、紅白も悪くない。レコ大版がアップされないかなぁ。

●「GROWIN' UP」渡辺美里
http://www.youtube.com/watch?v=VaIYYoDWINU
歌は大好きだけどライブの映像がどうしても好きになれない。あのドヤ顔が、、、。

●「死んでるみたいに生きたくない」渡辺美里
http://www.youtube.com/watch?v=Hm_3pqojHd0&feature=related
この頃のピュアな表情のが好き。歌も悪くない。

●「なんだったんだ?7DAYS」バービーボーイズ
http://www.youtube.com/watch?v=Vro-q83poJI
イマサの顔長っ!でもだからかボーカルだけのバンドって感じはしないな。

●「存在」尾崎豊
http://www.youtube.com/watch?v=M_dX253G1j8
尾崎はライブでも凄く丁寧に歌うので、どこかCDを聴いてる感じがするな。

●「路上のルール」尾崎豊
http://www.youtube.com/watch?v=1B4bn0h1e50&feature=related
いい曲。2回くらい他の人にカバーされてるけど、もっとされてもイイと思うな。

●「ON THE ROAD」浜田省吾
http://www.youtube.com/watch?v=dukY1ghjD14
Bメロが好き。かっこいい。

●「丘の上の愛」浜田省吾
http://www.youtube.com/watch?v=nlrXG0mRvYw
当時はこの歌詞がスゲェ好きだったんだよな

●「薔薇とワイン」RED WARRIORS
http://www.youtube.com/watch?v=JvjB-jTXoKI
この人全然変わんないな。

●「バラッドをお前に」THE MODS
http://www.youtube.com/watch?v=7zGu6Bb_3ro
いろんな意味で時代を感じてしまうなぁ

●「ロメオとジュリエット」THE MODS 森山達也
http://www.youtube.com/watch?v=3xrWeNhL1Rg&feature=related
歌詞が結構好き。

●「ハッピーの条件」PINK SAPPHIRE
http://www.youtube.com/watch?v=8265UFFsMpo&feature=related
やっぱいいな~

●「ONLY YOU」BOOWY
http://www.youtube.com/watch?v=2To9UCLizx0
氷室京介かっこよすぎ。かっこよさで売ってないところも好き。

●「南三条」中島みゆき
http://www.youtube.com/watch?v=i_H4ID-EP8M
ホントは「狼になりたい」や「かもめはかもめ」がよかったんだけど、歌ってる映像はなかったんだよな。新しい「歌姫」もちょっと好き。

●「THE STARDUST MEMORY」 小泉今日子
http://www.youtube.com/watch?v=iwYV3LVrRyM
イマイチ声が良くない・・・残念。

●「魔女」小泉今日子
http://www.youtube.com/watch?v=W42M_eo6sj0
このくらいの頃の声が好き。つか魔女は最高な歌。

●「難破船」中森明菜
http://www.youtube.com/watch?v=eV1L8m-5K8A
まだかわいい。最後の曲かなぁ彼女の。僕の中では。

----------

アラフォーの人でも、ここまでミーハーなのは珍しい?つかチャゲ飛やユーミンやサザンやB'zや、、他にもいっぱいあるよね。youtubeでいつでも、それも凄まじい数見ることが出来るようになって、ホントいい時代です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月30日 (火)

お気に入りJPOP

仕事中は主に伊集院の深夜の馬鹿力を聞いてるのだけど、たまに「今日は気合い入れてやらなきゃな!」という日は、JPOPのお気に入りフォルダを開く。もう随分長い間更新してないけど、さほど「ここに加えたい」という曲はなく、
※AKBで好きな曲があっても、割と刹那的で、恒常的に聞き続けたい曲は少ない。
むしろこれは削ってもいいかな、という曲が年々増えていく気がする。

今日はその中から、「今でも十分イケルな」というアップテンポな曲を軽く列挙してみる。これは世代依存度のみならず、環境依存度も高いので、人によっては、、、というか多くの読者様に「同意してもらえない」ネタであることを、あらかじめお断りしておきます。
※アドレスは適当に探したもので、僕がいつも聞いてる音源とは異なりますので、気負わずに覗いてくださいませ。

・長い夢 YUKI
http://www.youtube.com/watch?v=p1uGekw4HhE

 イントロもそうだけど、キラキラした音色がとっても心地よく、加速していく感じのグルーブが仕事の手を早める。彼女の歌の中では、一番好き。MOTTOも好きだけど、背景(曲がリリースされる前、子供を亡くしてる)を聞いてる分、こちらのテンションの方が高いな。

・アンジェリーナ 佐野元春
http://www.youtube.com/watch?v=hR7uw0WtGV0

 SOMEDAYやロックンロールナイトなど、他にもフォルダに入ってる曲はいくつかあるけど、なんだかんだ言ってアンジェリーナは超えられない。デビュー曲が(あくまで一リスナーのチョイスだとは言え)ベストというのは、どうかとも思うけど、

 アンジェリーナは最高だ。

・シンデレラは眠れない THE ALFEE
http://www.youtube.com/watch?v=H2WWPFZ85W0

 代表曲であり僕も大好きな「星空のディスタンス」という対抗馬を抑え、今むしろ好きなのはこちら。星空のディスタンスは聞きすぎてちょっと飽きてきた感じ。耳障りの良いアルフィーの曲は少なくないけど、これもそのひとつって感じかな。

・ふたりの夏物語 杉山清貴とオメガトライブ
http://www.youtube.com/watch?v=3yfEPtTUnxw

 スタンダードナンバーとしての地位を確かな物にしてる感のある曲。冬なら「最後のホーリーナイト」。「透明感のある声」はいつの時代もニーズがあると思うけど、男性ボーカルでは最近あまり見かけないよね。

・TRAIN-TRAIN THE BLUE HEARTS
http://www.youtube.com/watch?v=t3bAjcWuIVk

これがブルーハーツのベストなのかと問われると、それはそれで答えに窮するというか、別に「情熱の薔薇」だって「星を下さい」だって「少年の歌」だって好きな歌はほかにもいっぱいあるんだけど、作業にはこれが合う気がする。気がするだけかも?

・GLORIA ZIGGY
http://www.youtube.com/watch?v=ElBSvOW4JpM

一定周期で飽きるんだけど、曲の持つ耐久力そのものはやっぱり高い方だと思う。ロック系の一発屋って実は少なくないと思うんだけど、彼らはその中でもトップクラスに「他の曲を知らない」グループだな。

・19 GROWING UP プリンセスプリンセス
http://www.youtube.com/watch?v=YcRKW61iIU0
※↑これは神動画だった!(^^

「ダイヤモンド」から入ったプリプリだけど、聴いてみたら最高だったのがこの曲。ガールズポップの王道って感じのメロディラインと力強いとしか言いようがないボーカル。まだこの頃は太ってたと思うけど、奥井香を合格させた人、ナイス。

補足:後から貼り付けた動画が良すぎて泣けてきた。商品として作られた物のようだけど、労力を考えたら、当時のプリプリがどれだけ愛されていたのか伝わってくるし、彼女たちの熱量が、どこか今AKBが好きな僕の気持ちを同じように揺さぶってくる感じがして、「プリプリが好きなら絶対見ておいて損はない」と伝えておきたいと思います!

・Plreasure'91 B'z
http://www.youtube.com/watch?v=aPjErujoEZY

何が際立ってってこともないし、ギターキッズラプソディも同じくらい好きなんだけど、飽きないね。聴いていても外そうという気にならないし、掃除や作業にもピッタリ。加速していくメロディがとってもよろしい。

・トラブルメーカー HOUNDDOG
http://www.youtube.com/watch?v=Fw-KjyHE6To

好きな曲がたくさんあるハウンドドッグ。「ff」から、アルバム「GOLD」まで、駆け抜けるように僕好みの曲が量産されてた。トラブルメーカーは、当時全くノーマークだった曲なんだけど、デビュー曲「嵐の金曜日」と合わせて、歳取ってから良さに気付いた、みたいな。まぁ大友康平はチャラいから嫌いな人も多そうだけどさ。

・勝手にしやがれ 沢田研二
http://www.youtube.com/watch?v=EpvkBy53XbE

尾崎紀世彦の「また逢う日まで」とか、西城秀樹の「ブルースカイブルー」みたいに、僕が本気で音楽を聴くようになる前の曲でも、うっすらと記憶に残っていて、今聴いても十分「良さがわかる」曲ってのはあるもので、コレなんかも、永遠のスタンタードナンバーになり得てると、僕的には思うわけですよ。っていうか沢田研二はこれがやっぱ抜群にイイ。

・GROWIN'UP 渡辺美里
http://www.youtube.com/watch?v=wpo21AcrKpA

プリプリと言い美里と言い、成長するのがそんなに好きなのかよって感じだけど、好きだからしょうがない。ちなみに彼女と言えば「MY REVOLUTION」がブレイクソングとして知られまくってるけど、プリプリと違ってこの頃は既に大好きだったんだよな。友達がめちゃめちゃ押してて、いいじゃん!みたいな。あるよねそゆこと。

・SAME OLD ROCK'N ROLL 浜田省吾
http://www.youtube.com/watch?v=wgV8ne7ZCWs

このアルバムは「詩人の鐘」という曲もとっても好きで、J-BOYやMONEYの頃のハマショーが今一つ好きになりきれず、かといって「悲しみは雪のように」も好きになれないという、かなりニッチだとわかりつつツボがコレ、みたいな。まぁ他にもいっぱい好きな曲はあるんだけどさ。

・LONLY BUTTERFLY REBECCA
http://www.youtube.com/watch?v=V6qQVIkNJ2k

バタフライのスペルが間違えずに書けてちょっと嬉しかったりして。レベッカは好きな曲がありすぎるというか、ぶっちゃけこの曲はアップテンポでもなければ、CM曲でミーハー寄りで「なんで今さら?」という感じが拭いきれない部分もあるんだけど、「一周回って今好き」みたいなの、あるじゃん?そんな感じ。

・抱きしめても止まらない 松田樹利亜

かわいかったんだよな~。本田美奈子もかわいかったけど、渡辺美奈代系というか、ある意味木﨑ゆりあと同系統だと思うんだけど、いざ比べてみたら違うのかも。でもこの曲もホント好きだったし、今も好き。とくに口ずさんでみるとわかる良さがある。口の動きとか、息の出し方が気持ちいいというか、肉体的に心地よい曲だと思う。いやマジで。

・にくまれそうなNEW FACE 吉川晃司
http://www.youtube.com/watch?v=mgkgHGCbR2A

彼の歌い方って半分くらいジョークみたいなレベルだと思うんだけど、そのブレなさは凄いと思うし、かっこいいとも思うんだよな。でも好きなのはホント序盤の頃の数曲って感じで、ファンの人には怒られそう。つかコンプレックスの曲のが好きかも?

・いなせなロコモーション サザンオールスターズ
http://www.youtube.com/watch?v=X82Rz14ww1s

まぁ「波乗りジョニー」も大概好きだけど、あの曲はどちらかというと「サビありき」※当然だわな。そこから作られたんだから。だったのが、こちらはAメロBメロサビそれぞれに見せ場があるというか、1曲全て聞き所があるメロディなのが素晴らしく良い。贅沢な曲だと思う。
※中島みゆきの「化粧」もそんな贅沢さを感じるけど、ここを共感するのはハードル高いだろうな。

-----------

「エロの好みは千差万別」と言う言葉がありますが、、、ウソです今作りました。まぁ歌の好みも人それぞれで、なかなかそれがシンクロする人ってのは少ないって思うわけです。

ただ、毎年必ずオリコンのチャートで上位を占める曲は存在するわけで、AKBやジャニーズみたいに、特定少数のファンが順位を上げる曲以外にも、しっかり大多数の人のハートを掴む曲もあるわけです。

自分はかなりミーハーな方で、中学でチェッカーズや中森明菜やレベッカを聞き、高校でブルーハーツやボウイやハマショーや美里を聞き、ひとり暮らし始めてからB'zやチャゲ&飛鳥や米米を聴いてきたりした人間です。

なので、

「僕のブログを読むようなちょっと普通じゃない人」じゃなければ、例えば今アラフォーの子供も二人いるような女性とかであれば、きっと共感できるんじゃないかなぁと思ったりもするわけです。

 ええ、そんな読者が誰ひとりいないとわかっていてもです。

定期的に書いてる気がする音楽ネタですが、たまにあらためて自分の好きな曲が色褪せてないことを再確認すると、また書きたくなるんですよね。このブログが続いていれば、またきっと同じようなことを書いちゃう日が来ることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月27日 (金)

懐かしい曲が、、、

最近あまりにも嫌いな曲が有線で流れてるので、
※「♪がんばれニッポン・・」みたいなヤツ、虫唾が走るくらい嫌い。あまつさえそれが「2000年ヒット」でも「最新ヒット」でも掛かるという最悪のワナ。
逃げ道に合わせてみた

 「歌謡ベストヒット」

なチャンネルが、なかなかに愉快だったのでそれについて触れてみる。

「歌謡曲」というと、僕らの世代(アラフォー)はちょうどその過渡期というか、世間から歌謡曲と称されるジャンルの曲が駆逐されていったのをつぶさに見てきた世代にあたると思うのだけど、だからこそ今でも思い出せる、フックする曲も多数あって、実際にはただ選曲者の胸先三寸、その人が「これは歌謡曲」と思えばそこで流れてしまうので、厳密なジャンル分けのもとに掛かるわけではないのだけど、

 結構いい。

曲の中には、僕すらわからない古い演歌寄りの曲もあるけど、そうだなぁ、、

 約9割はわかる。

思い出せる範囲で書くと、
※間違ってたらゴメン。特に歌手名。漢字。

田原俊彦:哀愁でいと
川島栄吾:酒と泪と男と女
チャゲ&飛鳥:YAHYAHYAH
太田裕美:木綿のハンカチーフ
岩崎広美:すみれ色の涙
石川優子とチャゲ:ふたりのアイランド
近藤真彦:すにーかーぶるーす
尾崎紀世彦:また会う日まで
キャンディーズ:微笑みがえし
ピンクレディ:サウスポー
T-BOLAN:じれったい
織田哲朗:いつまでも変わらぬ愛を
kiroro:長い間
工藤静香:めちゃくちゃに泣いてしまいたい
南野陽子:吐息でNET
白井貴子:CHANCE
シュガー:ウェディングベル
葛城ユキ:ボヘミアン
郷ひろみ:男の子 女の子
子門真人:およげたいやきくん
細川たかし:北酒場
テレサテン:時の流れに身をまかせ
石川さゆり:津軽海峡冬景色
森昌子:哀しみ本線日本海
失念:ムーンライトサーファー
山口百恵:プレイバックpartII
中島みゆき:ひとりうた
佐野元春:(失念)
松山千春:(失念)
アラジン:完全無欠のロックンローラー
爆風スランプ:大きなタマネギの下で
中森明菜:サザンウインド
竹内まりや:もう一度
村下孝三:伊豆の踊子
小泉今日子:木枯らしに抱かれて
AKB48:ポニーテールとシュシュ なんと!なぜか!
ばんばひろふみ:Sachiko
西田敏行:もしもピアノが弾けたなら
椎名恵:LOVE IS ALL
チューリップ:魔法の黄色いくつ
(失念):愛はかげろう
(失念):キッスは目にして
研ナオコ:かもめはかもめ
薬師丸ひろ子:セーラー服と機関銃
中村雅俊:恋人も濡れる街角
H2O:想い出がいっぱい
中山美穂:世界中の誰よりきっと



 結構懐かしい。大抵知ってる曲で、馴染みもあって、古いけどテンションはそこそこ上がる感じ。ただ、今回ここで取り上げようと思ったのは、、、

 伊藤つかさ 少女人形

これが!なんて言うんだろ、、、僕の中で「懐かしい」という感覚は、そのコンテンツを摂取してから今までのインターバルで発動するものだという持論があるのだけど、特にアニメソングやいくつかの歌謡曲に関しては、

 結構聴いてたりして、さほど強烈な懐かしさを抱いたりはしなかった。

特に最近だと新譜に魅力が薄い≒セールス的に芳しくないからか、テレビでの古い曲へのアプローチも多いわけで、耳にする機会も少なからずあったりしたわけで、

 本当の意味での懐かしさを感じることは極めて稀

であったのだけど、こと伊藤つかさに関しては、、、

 最初聴いて「あ、あ、え、え、、、」ってなった。

当時の彼女は、ルックスにおいてバツグンに僕のツボで、そのかわいさは、

 何かが乗り移ってるかのようだった。

しかしそのデビュー曲である「少女人形」は、割と平凡で、まだ1981年当時(小五)さほどピンと来ることもなく、それこそうっすらとした記憶にしか残ってなかった。もしかしたら録音してたりしたかも知れないけど、

 こないだ聴いたのは当時からまさに30年ぶりくらい。

その間一度も接触がなかったことも凄いと思うけど、今伊藤つかさの少女人形を有線で掛けるという選択をした方もした方だな、とちょっと思った。言っちゃなんだけどこれを掛ける前に掛けるべき曲が腐るほどあるだろって思うし。
※プログラム全部をチェックしたワケじゃないけど、河合奈保子や榊原郁恵や、一発屋でも「異邦人」とか「あなた」いくらでもあると思う。

 でも気付けたことは、凄く嬉しかった(^^。

ちなみにウィキペ見てびっくりした豆知識。

 「タモリは伊藤つかさに会いたくてテレホンショッキングを作った」

んだってさ。やっぱあのかわいさは普通じゃなかったんだな。

・・・

思い出の曲ってのは人によって全く違うから、今回のネタで共感してもらえるとは思ってないんだけど、でも結構みんなにも「ずっとずーーーっと聴いてないけど覚えてる(だろう)曲」とかってあると思うんだよね。さっき挙げた中にある人もいるかも知れないし、もしかしたらたまたま最近同じような体験をした人もいるかも知れない。

でも、それを聴くことってホントに奇跡的だろうなって思う。そもそも好きな曲は今大抵のものがネットで買ったりYoutubeとかで聴けたりするし、旬が過ぎてからもカセットやレコードで長期的に聴き込んでたりする過去があると、案外今聴いてもさほど懐かしくなかったりするし。

僕らが子供の頃は「8トラ」っていう、大きさ的には青年誌のコミックスを2冊重ねたくらいの大きさの「デカイカセット」があって、それがいわゆる普通のカセットテープになり、録音メディアとしては途中でちょっぴりMDとかDATとかがはさまって、
※ちなみに僕はどちらもスルー。ピンと来なかったというより、機材を揃えるコストがあるなら、その分いろいろ借りて聴きたかった。
CDに自ら焼く文化が定着した。

最近はもうCDにすら焼かず、SDカードや内蔵メモリなどに入れて聴くようになって、「物」としての音楽は、今後どんどん無くなっていってしまうんだろうな、って思うんだけど、次々に新譜をカセットにダビングしていった頃と比べると、明らかに「新しい曲」に対して能動的にアクションを起こすことは少なくなったし、PCのお気に入りフォルダに入ってる曲はずっと同じままだったりもする。

新しい曲はもちろん、古い曲がそこに加わるケースも少なくなってきていて、なんかそういう意味でも「歳を取ると音楽から離れていく」のかな、って思ったりするんだよね。

まぁそれを今の僕のAKBブームに直結するのもちと短絡的かなぁとは思うけどさ。エピソードとか涙とかから入って、バラエティやビジュアル、一部にはドラマもあり、歌を聴いていったら結構僕らの世代にもフックするメロディと詩があって、、、みたいな。

最近特に「マンネリ」とか「ワンパターン」みたいなコメントが目に付くんだけど、もうそういうのは嫌ってほど繰り返してきてるんだよね。

 ワンパターンで何が悪いんだよ!と。

レベッカだってボウイだって、プリプリだってユーミンだって、

 ワンパターンをやめたらどんどんフックしなくなっていったじゃん。

ジャニーズやB'zやミスチルが続いてるのは、たぶんワンパターンを強い意志で続けてるからだって思う。

 AKBも全然それでいいと思う。

つか娘がネットで聴いてる曲とか、歌詞を聴くとスゲェ勘に障ったりするんだよな。同じフレーズの繰り返しとか、薄っぺらな常套句ばっかりでかなり萎える。Gギャップで本人にはそれがいいのかも知れないけどさ。

歌は全て歌詞が良くなきゃいけないってことはないけど、せめてメロディか歌詞のどっちかでフックして欲しいとは思う。まぁ、

 伊藤つかさの曲はどちらにもフックしなかったからこそ今日まで(僕に)発掘されずに眠り続けていたわけだけどさ。

でもってだからこそ

 希有な懐かしさを味わうことが出来た、

とも言えるんだけどさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月13日 (水)

アルバム

こないだのMステで「年齢別売上げベスト20」みたいなのをやっててなかなか楽しかった。いつもの「夏歌」とか「泣けるラブソング」みたいな曖昧なお題だと、「ああスタッフが適当に付けてるんだろうなランキング」と斜に構えてしまうのだけど、「年齢」「売上げ」という縛りがあれば曖昧さは立ち入る隙がない。その分調べるのも大変だったろうなぁと思うのは、2時間スペシャルでしっかり労力に見合う扱いがされていてなんかちょっと納得。

見ていて思ったこととしては、1970年前後は結構レコードが売れていて、80年前後、ピンクレディー以外はさほどでもない時代があり、つづく松田聖子を筆頭にしたアイドル全盛期、僕らが中高生の頃のバンド全盛期の頃は、「アルバムは売れるけどシングルはあんまり売れない」時代があったように思えた。

で、次にシングルが売れ出すのがkinkiやGRAYや小室ファミリーがブイブイ言わす1990年代。確かにこの時期は僕もかなりのシングルを借りたし、カセットテープも毎週のように作ってた。ただ、あまりによく借りた為、

 思い入れの深い曲はいっぱい出来たけど、きょうびネットで検索してもヒットしない曲も多くなってしまった。

既にカセットはボロボロだし、こうしたベストテン形式でも当然浮上してくることもない。たまにニコ動のバックで使われたりしてニヤりとすることもあるけど、まぁオリコンでベスト100に入らないような曲が今後日の目を見ることはほとんどないんだろうなぁと思ったりもした。

で、ふと振り返ってみた。「僕が買ったアルバムで一番お気に入りって、、、」と。

中学時代は尾崎豊が大好きで、
※ちなみに尾崎というと「かっこつけたロック=反体制」の歌や、I LOVE YOUのイメージが強いとは思うけど、僕的には詩よりもそのメロディが好きだったんだよね。今でも思うんだけど、歌われてる歌詞で共感とかあこがれを抱けるものはごくごく一部で、単に気持ちよく歌えるから(全体的に音域が低い)好きってのも多かった気がする。ちなみに歌詞という面で言えばエコーズの方がずっとブサイクハートに来る詩が多かったような気がするし。

じゃあ尾崎のアルバムをたくさん買ったかというと、案外そうでもない。中学の時はそもそもCDプレイヤーどころかレコードプレイヤーも持ってなかったし、友達にダビングしてもらって聞くのがせいぜいだった。

 たぶん最初に買ったのが「BIRTH」だと思う。

ちなみに尾崎の前に買ったアルバムというと、、、

・うる星やつらのサントラ
※と言ってもYoutubeにあるわけないので「宇宙は大ヘンだ」をhttp://www.youtube.com/watch?v=uOkiPs5HtIY

・クラッシャージョウのサントラからメインテーマ
http://www.youtube.com/user/u3yo?blend=1&ob=5#p/u/0/4jkgBt7C7eA

・ジョン・ウィリアムス 僕のお気に入りはコレ
http://www.youtube.com/watch?v=qK9leZLItek

このくらいしか記憶にない。まぁどれもかなりテンション上がって買ったには買ったけど、、、っていうかまぁ他の友達が買わないようなアルバムだからこそ買う価値があったって感じだよね。

尾崎以外でじゃあ誰のアルバムを買ったのかと思うと、

 篠原美也子・・・だけか!?
※代表曲↓誰のようでもなく
http://www.youtube.com/watch?v=Wn047vbCi-I

こないだ(と言っても数年前)オクでSAY A LITTLE PLAYERのアルバムを買ったけど、あ、中島みゆきの「大吟醸」も買ったような気がする。あ、あと加藤いづみもアルバム買った気がする。今聴いても切なくていい声・・・と思うけど音楽はなかなか同意してもらいにくいよね。
※SAY A LITTLE PLAYER「小さな星」
http://www.youtube.com/watch?v=dI0wEwtMpy0&feature=related
※加藤いづみ「好きになって、よかった」
http://www.youtube.com/watch?v=w0CnprBcsgc

 あとは女神転生とかストIIとか・・・
※女神転生EDアレンジ

なんだろうな。この感覚。ゲームにはお金使うけど、CDとかはレンタルで十分だって思ってたんだよな。桑田佳祐とかユーミンとかチャゲ飛とかも死ぬほど聞いてたけど、アルバムはたぶん一枚も買ってない。つかシングルだって新品で普通に買ったCDシングルは、浪漫飛行とセリーヌ・ディオンのTO LOVE YOU MOREくらいしか思い出せないもの。
※さすがにこないだのエビカチュは除く。
※つかTO LOVE YOU MOREは葉加瀬太郎の曲だったんだな。なんか嬉しいな。
http://www.youtube.com/watch?v=hrCsiDiustc
※あんま浮上してこない桑田佳祐の好きな曲「マチルダBABY」
http://www.youtube.com/watch?v=9vE2dnt0Hag&feature=related

でもさ、

音楽ってやっぱいいなって思った。久々に聞いたものでも「懐かしい」とか「好きだった」って想い出が沸いてくるし、口ずさんでる自分がいる。その頃どうだったとか、他の曲はどうだったとか、めちゃめちゃ聞いた想い出とか、むしろオレはこいつよりあいつの方が、、、とか。

AKBに感謝してることの一つに、久々に音楽に傾注出来たってのもある。単発では好きな曲もあったけど、ここ数年どっぷりハマるような曲ってほとんどなかったし、
※ガゼルくらい?
その詩とか曲とかをひっくるめて、サビだけじゃないひとつの曲として歌詞とか踊りとかも含めて楽しめてる。やっぱCMとかドラマとかのワンフレーズ至上主義じゃ物足りないっていうか、「来なかった」んだよな。

AKB商法とか言われてるけど、何年も前の曲でも普通に今聴けるってのは楽曲として普遍性があり、一般性がある証拠。ジャニーズとAKBがいなかったらCD業界そのものがどうなっていったかって思うし、音楽で食べていく人の屋台骨のひとつにもなってると思うんだよな。

そう言えば宇多田ヒカルのマキシFIRST LOVEも買ったな。今思い出したけど。あれのミックス版はホント名曲だった。
http://www.youtube.com/watch?v=5xctqDdYwgs

久々に聞いたTUBEの今年の曲もなんか良さげだったな。最近のミスチルやサザンの曲には全然ピンとこなかったけど、AKBに引きずられて、80年代~90年代の僕らが好きだった聞きやすいメロディ、口ずさめる歌がまた流行るといいな。シーソーゲームとか、BAN BAN BANとか、胸熱でしたからね~。
※TUBE A Day In The Summer ~想い出は笑顔のまま~
http://www.youtube.com/watch?v=97-oYH6b4LI
※シーソーゲーム PVが見つからなくて残念
http://www.youtube.com/watch?v=6XJQ76Y22_w
※BAN BAN BAN 一度は飽きたけどやっぱ好きだな
http://www.youtube.com/watch?v=Eqvbngz6EGE

日が変わってテンションが復活。同世代にしか訴求、、、いやまぁ同世代にも訴求しないかも知れないけど、以前このブログでも探して見つからなかった曲が何曲か見つかったので喜びをかみしめつつ貼り付けておく。未来の自分のために。つか前探した時も見つけてるかも知れないけど、、、もう忘れた。つかそれじゃ未来の自分のためになってないよな。

●崖っぷちの少年 染谷俊
http://www.youtube.com/watch?v=ep3qPFnICiE

 尾崎みたいな歌い方が気持ちよくて好きだったんだよな。

●Oh!クラウディア サザン
http://www.youtube.com/watch?v=0cnxx1dskgg

 ライブ色の強いやつしか持ってなかったから嬉しかったな。

●GIRL,DO YOU REMENBER レプリカ
http://www.youtube.com/watch?v=SNg7T7MxHh8

 前拾ったヤツは音が悪かったので超嬉しい。つか余白消すのに一苦労。FLV→MP3や、MP4→MP3の変換をするコツは、ユニコードとかのリネームにあるような気がする。完全に書き直しちゃって(ドットも含め)D&Dすれば割と上手く行く。

●BIG MOUTH BOYの憂鬱 レプリカ
http://www.youtube.com/watch?v=EajXAiw4AOU

これも音が良い。つかこういうメロディの曲は今は流行らないんですかねぇ。自分的には「徹底的に好き」なんですが。

●季節がとおりすぎても 楠瀬誠志郎
http://www.youtube.com/watch?v=lt7PwaI08Dw

氏の曲は名曲がいくつもあるけど、この曲は「季節がとうりすぎても」でしかアップされてなくて、見つけた時は嬉しかったな。ちなみに「もう一度夜を止めて」の崎谷健次郎と「JUST TIME GIRL」のKATSUMIと3人でコラボしてたこともあったらしいですな。3人のハーモニー、聴いてみたい。

●抱きしめても止まらない 松田樹利亜
http://www.youtube.com/watch?v=IiBu9OTZQWg

ロングバージョンが大好きだったので、見つかって超嬉しい。何年も前から探してた曲の一つなんだよね。レンタルCDを借りて録音したカセットは本気で切れるまで聴いたくらい好きだった。この頃は普通に歌が上手い女の子が何人もいた気がする。つか彼女の場合はマスクもいいけど。

●100マイル 小泉今日子
http://www.youtube.com/watch?v=QXoq2Vr6Y24

KYON2とあえて書かせて頂きますが、チェッカーズと同じくらい好きな曲が多いんだよね。割とマイナーサイドからだと、伊集院が好きな「夏のタイムマシーン」が浮上してくることが多いんだけど、僕はこっちのが好きだったな。つか知らないだけでもっといい曲がいっぱいある気がする。

----------

自分の人生のわずか数分から数十分の接点が、なんていうか凄く大きな影響力を持つことがあるんだよね。20年前にまさかこんな風に聴く日が来るとは夢にも思わなかったよ。誰か一人くらい「これいいね」って思って貰えたら凄く嬉しいです。いやこれはマジで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水)

さよならメモリーズ

長くなきゃ書いちゃダメってこともないと思って気軽に書く。

最近異常にハマってるRYO+ガゼル=SUPER CELLの半年以上前の歌。まぁ以前から何度も僕がこのふたりのペアの曲が好きだと書いているわけで、
※つっても1つは「君の知らない物語」で他はガゼルが勝手に歌ってみたメルト、ワールドイズマインだったりするのだけど。
今更何を言うって感じになるのを承知で書いてしまうのだけど、

 とにかく歌詞がいい。

ずっと好きで告白出来なかった男の子に告白する話。「君の知らない物語」が最後まで告白出来なかったのに対し、ある意味アンサーソング的な位置づけとも取れる「告白する」歌詞。情景描写、心理描写が丁寧で、ガゼルの声質と相まって、

 もてない男が「こうあって欲しい」と願う片思いの女の子像

が純度100%で浮かび上がってくる。現実にはありえない、それこそマンガやドラマの中の恋心なんだけど、
※まぁ僕らが中学高校の頃はそれでもこういう気持ちの女の子もいたと思うんだけどね。今だと「かわいいのにフリー」ってあり得ないからね。

 切なさがすごく流れ込んでくる。自分の中の女の子の琴線に触れまくる。

※「自分の中の女の子」ってのは、マンガとかを読んでいて女の子に感情移入したりしたときの「残り香」みたいなもの。女性的な面というより「気持ちの記憶」みたいな感じかな。

いや、ホントRYOさん天才だなぁと。恥ずかしげもなく平気で書いてしまうけど、僕はこの歌を聴きながら(歌いながら)、3回泣きましたよ。この架空の女の子の気持ちにシンクロして。

ちなみに最近は彼女の歌のフレーズの末尾をちょっとだけ「抜く」というか、裏声で締める感じが好きで、自分で口ずさむ時も「気持ちだけは似せようと」したりしてます。もちろん誰に聴かせる訳じゃない車の中でひとりで歌う時だけなんですが、

 よりシンクロ度が高まる感じがして良い。

まぁ誰かに「やってみなよ」って言う話でもないんですけどね。あ、ちなみに娘にはその語尾の抜く感じ、ってのが伝わりませんでした(^^;。女の子なんだからちゃんと歌えば僕よりはまともに歌えるだろうと思うんだけど、、、まぁ好きで何回も何十回も何時間もヘビロテで聴いてくれているだけマシなのかも知れませんが。

ちなみにこのネタを書いていて一応歌がないのもアレだと思ったので、Youtubeで検索してみたところ、、、

●「さよならメモリーズ」PV
http://www.youtube.com/watch?v=bXNRzJFjozc

なるものがヒットし、なにげに見ていたら、、、

 「ガゼルが出てる!?」

スゲェビックリした。全然姿とか見たこと無かったから。つか「イメージ通り過ぎる」ってくらいイメージ通りで、ぶっちゃけ「スゲェ不細工」でもこれだけ歌が上手ければ許せるって思ってた分むしろ肩すかしというか、

 信じられねぇ

って感じになったので、よくよく読んでみたら何のことはないやっぱり本人ではない様子。

でも一旦テンションが上がったので悔しくてもう少し調べてみたら、、、

彼女=ガゼルは、SUPERCELLではnagiという名前でボーカルをやっていて、まぁメジャーデビューしてるのだけど、インディーズというか、アマチュアでも歌手としてCDを何枚もリリースしてるらしいことがわかった。その時の名前は「やなぎなぎ」。

で、その名前で一応顔が出てた写真が、

Gazel ←こちら。まぁイメージと違うと言うわけじゃないけど、さっきのPVの子が「120%本人」だったことを考えると、68%くらい本人かなぁって感じでしたな。つか普通にかわいいのに、なんで表に出てこないのかしら。エロ本が買いづらくなるから?つか誹謗中傷とか言われるような歌を歌ってないでしょって思ったんだけど。

で、曲の方もサイトで何曲か聴けるみたいだったけど、

 やっぱりRYOさんと組んでる曲の方がずっとイイ。

ガゼルさんは大好きだけど、やなぎなぎさんは、今ひとつ、ということなのかも。

ただ、こんなに好きになった歌手(SUPERCELLとして、だけど)はホント近年なかったから、またぜひ組んでなんか歌って欲しいなぁと思います。ええもちろん今度も切ない恋の歌を。

PS.この歌は正直「曲として見たら」、君の知らない物語の方が「入りやすい」というか、初めて聴いた時にも良さがわかりやすいと思いますし、ラストのクライマックスまでは、全体的に盛り上がりが弱く、一度聴いただけではそんなにスゲェ良く感じ無いかも知れませんが、歌詞を覚えて最初から最後まである程度歌えるようになってくると、

 ラストの1フレーズで歌えないくらい気持ちが高まったりします。

まぁ僕がそういうヤツだからってのも多少はあるかも知れませんけどね(^^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

WE ARE THE WORLDみたいなの

こないだマイケル・ジャクソンのライブビデオをちょっとだけ見たのだけど、いやいやなかなかマイケルカッコイイ。でもファンじゃないので知らない曲はテンションが上がらない。お客さんの熱量を見ると正直羨ましいと思いつつ・・・。
※それでも序盤で失神しちゃって担架で運ばれていくのを見るとさすがにかわいそうだと思うけど。一生一度のチャンスだったんだろうに・・・とか。

僕の中でマイケルが熱かったのは中二の文化祭でスリラーをクラスメートがやったのがピーク。まぁその時の話は以前したけれど、そこで興味を持ってる頃に出てきたのがタイトル「WE ARE THE WORLD」。ほとんど洋楽に興味もなく、せいぜいSONYのCMソングくらいだった当時ですら、名前がわかるアーティストがいっぱい参加していて、
※強いて言えばプリンスとマドンナがいないなぁと思った程度。
なんつかテレビの特別番組を見ながら(門外漢のくせに)結構熱くなっていたのを覚えている。こないだ久々にyoutubeで見たときもそれは変わらず、なんかホントスゲェビッグネーム山盛りてんこ盛りだなぁと思った。

が、

そのWE ARE THE WORLD、自店のパートさんに言ったら、

 「知らない」

という。はぁ?なんで知らないの?スゲェ話題だったじゃん、なんで、え?だってWE ARE THE WORLDだよ!?マイケル追悼式でも何十年ぶりかで歌われたじゃん、つかちょっと待って、

 日本で例えたらどのくらい凄いのか。

海外と日本ではその規模もバリューも違うから一概に落とし込めるものではないのは百も承知だけど、「このくらい凄い」を伝えるのには、やはり国産で固めなければダメだ。

 だが答えに窮してしまう。

日本で45組のアーティスト、、、誰が入るか。誰が入ってたら「凄い」となるのか。あてどなく気軽に適当に思いつくまま気の向くままに列挙していってみよう。45人って結構多いのでまずは闇雲に書いてから削る方向で、、、。
※順番はあくまで僕の思い浮かんだ順で、優先順位とかそういうのはありません。選択基準は「いかにスゲェか」です。

・安室奈美恵<外せないでしょ
・桜井和寿(ミスチル)<これも外せない
・稲葉浩志(B’z)<3人目で既に豪華
・宇多田ヒカル<4人目で既に豪華すぎ
・松田聖子<ガチ。45人が5人でも入る。
・小林幸子<僕的には結構好き。声が好き。ポケモン以外はどうでもいいけど。
・吉田美和(ドリカム)<まぁ入れざるを得ない。
・桑田佳祐<ガチ。むしろ主役か!?
・松任谷由実<僕らの世代には超メジャーだったのに・・・
・財津和夫<声はいいよね。っていうかこの人に曲作ってもらいたいか!?
・山下達郎<この辺が入るとなんか歴史的って感じになる気がする。
・小泉今日子<趣味です。歌ってくれると嬉しい。
・山口百恵<ある意味切り札。ある意味卑怯。
・甲本ヒロト<居心地悪そう
・水樹奈々<最年少?
・沢田研二<僕は好きですよ。
・飛鳥<むしろびっくりする。「凄い」というカテにぴったり。
・藤井フミヤ<手堅く上手いし、入るよね?
・倖田來未<実は悩んだ。微妙かなぁ。
・草野マサムネ(スピッツ)<ミスチルが入るならこちらも。こちらのが好き?
・ゆず<メジャーなので。でも今ひとつかなぁ。
・小田和正<世代が広い。
・大瀧詠一<超趣味で。大好きなんだよな。
・松山千春<リアルに企画されたら絶対断られるだろうけど。
・カールスモーキー石井<雰囲気的にはこの人に仕切って貰いたい。
・福山雅治<まぁ当然入るよね。
・渡辺美里<今はイマイチだけど時代は築きましたよ
・奥井香<微妙かも知れないけど、元祖で言うシンディ・ローパー的に
・さだまさし<意表を突きつつ出てくると嬉しいかな。
・矢沢永吉<まぁ入るかな
・長渕剛<これも入るかな。つか永ちゃんとハモって欲しい。想像するだけでニヤれる。
・槇原敬之<案外こいつに曲を書かせるといいかも。
・中森明菜<一時代。松田聖子、小泉今日子と3人でハモって欲しい
・佐野元春<この中ではシブ過ぎるかな

これで35人か。

・玉置浩二<微妙?
・井上陽水<ああこれも微妙?
・高橋真梨子<女性ではこの辺かなぁ。
・薬師丸ひろ子<ただの願望かっ!
・徳永英明<広い世代にアピールしてる気がするし
・杏里<密かにメジャーだと思う
・氷室京介<こういうの入れてくれると嬉しくなる。
・加藤登紀子<高橋真理子や小林幸子よりは好きかも
・氷川きよし<忘れてたけど外せないよね。

最後のひとりは、、、つか意外と出ないもんだな。ここまでで男が27、女が16?あれ数が合わないな。あと二人か。
※軽くチェックしてみた結果・・・

中島みゆきと木村拓哉で45人!

このメンツで歌ってくれたら、、、っていうか美空ひばりと石原裕次郎がいたら完璧だったのにな。そしたら多分ゆず辺りが落ちちゃうかな。つか人によっては全然違うんだろうけど。つかこういうのもしガチでやったとしたら、和田アキ子とか北島三郎とか研ナオコとか入らないと「許されない空気」みたいなのが出そう。あと誰がプロデュースするの?って話もあるけど、こういうのは、

 とりあえず伸助にやらせとけ

って感じなのかも。いやよくわかんないけど。あ、郷ひろみが入ってない!まぁいいか。
水木一郎と堀江美都子は個人的には入れたいけど、まぁこのメンツの中じゃ浮いちゃうもんな。つかやっぱ誰か忘れてる人がいそう。まぁ当然人それぞれに、だろうけどさ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)