音楽

2020年7月13日 (月)

中島みゆきの好きな歌

中島みゆきって、通ってきた人と来なかった人の差が激しい気がする。もちろん世代もあるし、一時的にハマったタイミングでリリースされた曲に思い入れが募るケースもあるとは思うけど、

 全部聴いたわけじゃないことが、どこか惜しいかもと思わせる。

「イイ曲」は聞き手次第で全然変わるものだと思うから、僕にとって大好きな曲が、他の人には一切訴求しないことは多々ある。逆もある。でも、自分にフックする曲を「見つけ損なってる」可能性を考えると、ちょっぴり悔しく思う。

中島みゆきの曲は、大きく分けて3つあると思う。

ひとつは、A.「穏やかで煌びやか」。

そして、B.「激しく熱い」。

最後は、C.「しっとりと静かに呪う」。

いや、もちろんこれは僕の勝手なイメージなのだけど、、、てか「呪う」のは「うらみます」の印象が凄く強いからかもだけど、

 たぶんそれぞれにイイ曲があるんだろうな、とも。

ただ、やっぱりというか、自分が好きなのは「穏やかで煌びやか」な曲達が多い。てか、こないだからの僕のテーマになっている、

 人に勧められるような曲

そして、

 自分が好きな曲

を分析した結果、

・イントロがキャッチーであること

・メロディに抑揚があり、サビ以外も見所があること

・サビのマグネットが強烈であること

結局掴みがショボイともう聴けないし、Aパート内が単調だともう飽きてしまう。その上でサビが最高でなければ物足りない。

 さらに歌詞が魅力であれば言うこと無し

なのだけど、まぁそれは「後付け」。歌詞の良さは「名曲においては重要」だけど、一回目からはどのみちそこまで入ってこない。

そんなことを踏まえつつ、順不同で条件をクリアした、、、か、もしくはただ好きなだけの曲を挙げていく。
※TUBEのリンクは、ほとんどカバーや歌ってみた。大抵の場合はオリジナルの方がいい
※<A>は僕が勝手にカテゴライズしたもの。後ろの☆は現時点でのお気に入り度合い。3段階

●Maybe <A☆☆>
https://www.youtube.com/watch?v=cXDGgZ_m1e8

たぶんシングルになってない。「歌でしか言えない」は僕が一番彼女の曲を聴いていた頃であり、今回の中に3曲もリストインしている素晴らしいアルバム。

●あした <C☆☆>
https://www.youtube.com/watch?v=0trmdQtN8Kw

動画のカバーも相当イイ。と言うかもう「この人の歌」になってるから、みゆきさんの「あした」とは別物かな。てかこのBEBEさんて人のカバー、曲によってはミリオン再生されてて、「本物がなければこの人で全然許せる」レベルだな。

「あした」に似た印象があると僕が勝手に思ってる曲に、「わかれうた」「ひとり上手」があるけど、こっちは今聴くと「良さより古さ」が目立ってしまうと思った。

曲自体は、どこか悪女にも通じる「切なさと苦しさを明るいメロディで紡いでる」感じが好き。

●永久欠番 <A☆☆>
https://www.youtube.com/watch?v=F2so7Rc8LGc

さっきと言ってることが違うだろ、って感じだけど、曲名からして既にイイ。たった四文字の言葉なんだけど、歌詞と重なってスゲェ僕の心に響いてきた。個人的には「糸」と同じくらい評価されてもいいと思うな~。ジーンとしちゃうよ。長男にもオススメ。

再生回数786回で、カバーなのに、

 この人、スゲェ中島みゆきっぽい!上手い!

もっといい環境で聴きたいくらい。グッドしかないのも納得。歌の良さと、歌い手の上手さがかみ合ってる。チャンネル登録しちゃったよ。みゆきさんのを100点としたら、この人の永久欠番は、

 99.5点くらいあるわ。

あえて彼女の永久欠番に★★★を付ける。

●with <A☆>
https://www.youtube.com/watch?v=_jIvQWeVcbw

永久欠番に続いてMeguさんのカバー。みゆきさんぽさが高くてイイ。

曲は、もう普通にジーンとしちゃったからな~。てかやっぱタイミングが重要かも。当時こういう詞に飢えてたところに入ってきたから、スゲェ心に染みこんで来ちゃったんだよな。

●南三条 <B☆☆☆>

残念ながら僕好みのカバーが見つからず。でも曲は超好き。タイトルと「向いてる方向」がマイノリティだから、シングルカットは絶対されない曲だけど、「物語が入ってきやすい詞」と、テンポよく力強いメロディ。上手い人に歌って欲しいな~。

イントロが長いのが玉に瑕かな。

●狼になりたい <C☆>
https://www.youtube.com/watch?v=I_WmoXeASn8

オリジナルがスゲェ味があって、匹敵するカバーは難しいだろうと思ってたけど、十分素晴らしい。この人のために作られた曲と言われても信じられるほど。さっきのMeguさんも良かったけど、この白椿さんは、録音環境が良くてより良く聞こえる。

淡々と語る感じの歌い方が、アコギフォークソングらしいのだけど、サビの力強さと「叫び」がとても来る。ま、

 僕は別段、狼になりたいわけじゃないんだけど!笑

●ヘッドライト・テールライト <A☆>
https://www.youtube.com/watch?v=OEdExyOt2t4

BEBEさんのカバー。てか「BEBEさん」「Meguさん」「白椿さん」、この3人でみゆきさんのカバーは全部カバーして欲しいくらい。

BEBEさんは自分でギター弾いてて、環境の良さがあるけど、個人的にはMeguさんが、カラオケであの悪条件なのに、あそこまで寄せてきてたことを評価したい感じ。

この曲は、言うまでもなくプロジェクトAのエンディング。あれ見てるとこの曲がどうしても好きになっちゃう。ただ、歌詞は「番組用」という感じで、奥行きはない。

●二隻の舟 <A☆☆>
https://www.youtube.com/watch?v=n-qZeMUNi9k

ちなみに「にそうのふね」と読む。安定のBEBEさんカバー、、、なのだけど、これはみゆきさんの方がいいな~。

スローバラードなので、どうしても淡々としてしまうのだけど、紡がれた言葉、紡がれてくる過程の重みが声に乗っかってる感じが、この歌に関してはかなり差があるように感じた。

●かもめはかもめ <C☆☆☆>
https://www.youtube.com/watch?v=5oppbIhxeUc

研ナオコ版。こっちも嫌いじゃないけど、みゆきさんの方が超好き。片思い大好き人間だったので、この切ない歌詞に泣きまくり大会だった。

時代や悪女みたいに、最初からみゆきさんがリリースしてたら、もっとずっと有名になったんじゃないかと思いつつ、研ナオコだからこそ作ることが出来たのかなぁとも思ったり。言ってもルックスの悪さがこの歌のベースにあるような気がするから<スゲェ失礼。

●糸 <A☆>
https://www.dailymotion.com/video/x7qp7be

デイリーモーションに本人のがあった。世間が評価する前、このアルバム「EAST ASIA」が出たころから好きだったけど、ぶっちゃけ同じアルバムの「二隻の舟」のが好きだったかも。名曲だとは思うけど、みゆきさんの人気投票で1位になるほどかと言われると、それはちょっと行きすぎかなって思う。いい曲だとは思うけど。いい曲だけど、、、

 ・・・いい曲だわ。

●悪女 <A☆☆☆>
https://www.youtube.com/watch?v=RQi7uuFDT6o

子供の頃、リリースしたての時は聴いたときは何とも思わなかったのだけど、大人になって改めて聴くとその良さに気付くことが出来る曲は、これ以外にもある。さだまさしの関白宣言とか、チャゲ&飛鳥の男と女とか。

そんな中でも、悪女の良さはホントのホントに素晴らしい。軽くて聞きやすいメロディと声。なのに歌ってる歌詞は切なさの固まり。これこそ中島みゆき。

動画はMeguさんのカバー。カラオケだけど、やっぱこの人の歌う中島みゆきが、カバーの中では一番好きかもな~。声が高いのがイイ。こんな風に歌えたらカラオケ楽しいだろうな~。

●時代 <A☆☆>
https://www.youtube.com/watch?v=Ry_bpaKDcAo

動画は本人。でも短い。ライブでアレンジがかなり掛かってるけど、

 さすがみゆきさん、変なアレンジじゃない。

時代は彼女のデビュー曲で、僕の記憶が確かならオーディションの曲。

 こんな曲をしょっぱな持って来ちゃう人だったんだ、、、

軽いイントロから、一気に力強さ爆発のサビ出し。メロディのメリハリもしっかりあって、全く飽きさせない。

↓本人じゃないけど
女性自衛官が歌う 中島みゆき『時代』🎤 陸上自衛隊東部方面音楽隊
https://www.youtube.com/watch?v=tJp1A2n_Y0A

相当イイ。「イイか普通か」のジャッジ基準は、

 ジーンとしちゃうかどうか。

この人のこの歌は僕の中で前者。自衛隊の奥深さを感じる。素晴らしい。もう少し音質が良ければよかったのに、とも思うけど。ちなみに小比類巻かほるもカバーしてるけど、声が低すぎて、上手いけどなんか違うな、と。

●化粧 <C☆☆>
https://www.youtube.com/watch?v=H9swkinqev4

楽曲としてはマイナーだけど、長渕剛の「祈り」みたいに、メリハリがあって、「起承転結」を歌で聴いてるような、満足感がある。ただ、イントロはやや微妙。

カバーはMeguさん。この人ムチャクチャマイナーな曲までカバーしてて、ホントにみゆきさんが好き&自分の良さを出せることをわかってるんだな。

-----------

実はかなり時間掛かってるネタ。なぜなら、前半は特に「いろいろ聴いた上で一番しっくり来るカバー」を選んでたから。てか、

 途中から「中島みゆき、カバーも悪くない」のネタにシフトしてた感すらある。

てかMeguさんもっとキレイな音質で聴きたいな~。

| | コメント (1)

2020年4月 4日 (土)

この歌から好きになった

世代ネタ。この歌手はこの歌を聴いて好きになった、興味を持ったってのを列挙する。僕の年齢は49歳なので、同世代にしかピンと来ないかもだけど。あと、「この歌しか好きじゃない」とかもあるかもだけど。あくまで僕がフックした順なので、リリース自体はもっと古くても「あとから好きになったヒット曲」がある人も多々あります。
※一応五十音順。

「☆」は今でもオススメ。てかあくまで入り口になった曲なので、そのあともっとずっと好きになった曲がある歌手も多い。でも、最初にフックしたってことは、それだけメロディや声が魅力的だったってことでもあると思うから、興味があれば、あと知ってる歌手だったら、Tubeで探して見るのもいいと思う。さすがに全部リンク貼る根性はなかった・・・。

☆アルフィー 星空のディスタンス
☆杏里 オリビアを聴きながら
☆アクアタイムズ 決意の朝に
・井上陽水 少年時代
・宇多田ヒカル Wait&Seeリスク
・AKB48 大声ダイヤモンド
・岡村孝子 夢をあきらめないで
・岡村靖幸 あの娘僕がロングシュート決めたらどんな顔するだろう
☆太田裕美 木綿のハンカチーフ
☆大瀧詠一 君は天然色
・大塚愛 黒毛和牛上塩タン焼680円
☆尾崎豊 For get me not
・加藤いづみ モッキンバード
・河村隆一 BEAT
・華原朋美 I'm Proud
☆川嶋あい 旅立ちの日に
・Kinkikids 夏の王様
・菊池桃子 もう逢えないかもしれない
・吉川晃司 にくまれそうなNEWフェイス
☆木村カエラ バタフライ
・来生たかお 夢の途中
・氣志團 夢見る頃を過ぎても
・キャンディーズ 微笑みがえし
・GLAY HOWEVER
・桑田佳祐 BAN BAN BAN
☆ゴダイゴ THE GALAXY EXPRESS 999
・コンプレックス 愛を止めないで
・近藤真彦 ハイティーンブギ
・倖田來未 バタフライ
☆小泉今日子 スターダストメモリー
・小比類巻かほる HOLD ON ME
☆米米クラブ 浪漫飛行
・ZARD GOOD BYE MY LONELINESS
・サザンオールスターズ ミスブランニューデイ
・さだまさし 風に立つライオン
☆佐野元春 アンジェリーナ
・斉藤由貴 悲しみよこんにちは
☆ジャングルスマイル 片思い
・ZIGGY GLORIA
☆篠原美也子 誰のようでもなく
・柴咲コウ 月のしずく
☆椎名恵 LOVE IS ALL
・白井貴子 プリンセスティファ
☆スターダストレビュー 夢伝説
☆スピッツ ホタル
・杉山清貴 ふたりの夏物語
☆supercell 君の知らない物語
・チェッカーズ あの娘とスキャンダル
・チャゲ&飛鳥 LOVE SONG
・チューリップ 夏色のおもいで
・TM NETWORK GET WILD
・徳永英明 レイニーブルー
・中森明菜 セカンドラブ
☆中村あゆみ 翼の折れたエンジェル
☆中島みゆき かもめはかもめ
・長渕剛 化粧
・パーソンズ BE HAPPY
・バービーボーイズ なんだったんだ7DAYS
・ハウンドドッグ フォルティッシモ
☆爆風スランプ 大きなタマネギの下で
・浜田省吾 MIDNIGHT FLIGHT
・B’z 太陽のKomachi Angel
☆ヒステリックブルー 春
・広瀬香美 愛があれば大丈夫
☆BOOM 風になりたい
・ブルーハーツ リンダリンダ
・プリンセスプリンセス DIAMOND
・福山雅治 IT'S ONLY LOVE
☆BOWWY ONLY YOU
・本田美奈子 孤独なハリケーン
・松山千春 恋
・松田聖子 夏の扉
・松任谷由実 リフレインが叫んでる
・槇原敬之 どんなときも
・MISIA EVERYTHING
・Mr.Children クロスロード
・森口博子 水の星へ愛を込めて
・森高千里 ALONE
☆山下久美子 微笑みのその前で
・山下達郎 クリスマスイヴ
☆山口百恵 さよならの向こう側
☆山崎まさよし One more time One more chance
☆矢井田瞳 LIFE'S LIKE A LOVE SONG
☆薬師丸ひろ子 セーラー服と機関銃
☆YUKI 長い夢
・ユニコーン MAYBE BLUE
・リンドバーグ 今すぐKISS ME
・レベッカ LOVE IS CASH
・渡辺美里 MY REVOLUTION

改めて今聴いてもいい曲はいい。映画もマンガも音楽もゲームも、スタンダードナンバーってのはあるなぁと思う。この中で比較的マイナーで、かつ「今」イイと思うのを挙げるとするなら、、、

・川嶋あい 旅立ちの日に
・佐野元春 アンジェリーナ
・ジャングルスマイル 片思い
・スピッツ ホタル
・ヒステリックブルー 春
・BOOWY ONLY YOU
・YUKI 長い夢

この辺りは今でも普通に聴けると思う。まぁ思うだけだけど。あと音楽はホントにその人の人生、経験がモノを言うから、共感出来ない可能性も凄く高いんだけどさ。たとえ同世代であっても。

| | コメント (0)

2020年2月 5日 (水)

松田聖子ベスト10

完全にオレ基準。異論は認めるけど受け入れない。てか、

 僕は松田聖子が好きじゃない。

でも、

 松田聖子の歌には好きな歌がいっぱいある。

僕はAKBにハマってたことがあるけど、そのときも別に前田敦子や大島優子が好きでAKBが好きになった訳じゃない。有線から流れてきた曲にフックして、情熱や、まなざしや、涙にグッと来たから。

 アイドルが好きでAKBが好きになった訳じゃないし、アイドルが好きじゃなくても松田聖子の楽曲を好きになっちゃイケナイわけじゃないはずだ。

順不同で好きな曲を挙げて、最後にランク付けする。点数は今回限りのもの。一旦5点満点で付けて行く。あくまでピックアップ時の目安。

・青い珊瑚礁 3
https://www.youtube.com/watch?v=ixl9jhDAh14

僕の中の松田聖子はここから始まった。しばらくこれがデビュー曲だと思ってた。当時はあんまピンとこなかったけど、あのファルセットを少し絡める感じの歌い方って、結構難しいんだよね。そしてカワイイ。イントロも好き。

・チェリーブラッサム 4
https://www.youtube.com/watch?v=EgZq3hArCGA

とにもかくにもスペースハリヤー。あのどんどん昂揚していくメロディがスゲェ好き。てか楽器の音色もどこかゲーム音楽っぽい。

・夏の扉 4
https://www.youtube.com/watch?v=b-Gq_TH2Pq8

最初に松田聖子の歌で明確な好意を抱いた曲。まだ小学生だったけど、スゲェ口ずさんでた。歌い方とか歌詞とかじゃなくて、メロディが好き。イントロも相当好き。サビの「フレッシュ!フレッシュ!フレーッシュ!」はあんま好きじゃないけど。

・白いパラソル 3
https://www.youtube.com/watch?v=3-88Fay4r80

久々に聴いても普通に聴ける。派手さの抑えた序盤から、「渚に白いパラソル」というフレーズで一気に世界が広がる感じが上手い。「ディンギー」とはヨットみたいな乗り物らしい。こないだの「たいむとんねる」でやってた。

・風立ちぬ 4
https://www.youtube.com/watch?v=A1fab6sIGV4

イントロからして大瀧詠一感爆発。「今は秋」と2月に言われてもって感じだけど、松田聖子らしい曲って気がする。いや~いい曲。

・赤いスイートピー 5
https://www.youtube.com/watch?v=t8qRrpsAgjM

僕の好きな曲の特徴として、イントロが好きってのがあるけど、これも相当好き。切なげな歌い方と歌詞。ジーンと来てしまうよ。風立ちぬが「いい曲」なら、赤いスイートピーは「名曲」だわ。

・制服 4
https://www.youtube.com/watch?v=wmzmPRL2x14
※ボーカル抽出

松田聖子が好きな人は全員この歌が好きだという統計があるほど、ファン受けする曲。つまり、僕はさほど好きじゃないので、ファンほどフックしてない。でも好きだけど<好きなのかよ。歌詞はいいけどイントロが好きじゃないんだよなあんま。

・ガラスの林檎 3
https://www.youtube.com/watch?v=bL15tvM6nEM

一時期松田聖子の中で一番好きだったけど、今聴くと、あまりに同じフレーズを繰り返ししすぎてて、そこまでじゃなくなってたな。歌い出しの雰囲気は好きだけど。

・SWEETMEMORIES 4
https://www.youtube.com/watch?v=AzNq9K_NmG4

スンゲェ好きだった頃が間違いなくあった。そのときは「松田聖子であること」を認識してなかった頃で、知っちゃってから失速してった。てか当時流れすぎ、聴きすぎたかな。

全然関係ないけど、斉藤由貴の「土曜日のタマネギ」の良さに通じるような気がするのは僕の気のせい?

・瞳はダイヤモンド 5
https://www.youtube.com/watch?v=u08d9Nmk9Lo

ガラスの林檎の陰に隠れてたけど、今はむしろこっちのが好き。サビが特にイイ。スローバラードだけど、カタルシスがある。グッと来る。「泣かないでMemories」のとこのかすれた声がイイ。

・ハートのイヤリング 3
https://www.youtube.com/watch?v=wA8ox0nLQn8

さほど好きな訳じゃないのだけど、今聴いたらイントロのドラムが「コレ、絶対バンドマンの曲だわ」と思って、調べてみたら作詞はいつも通り松本隆だったけど、

 作曲は佐野元春だった。

妙に納得。てか動画のメイク、変。

・天使のウインク 4
https://www.youtube.com/watch?v=FkdmH36miJU

歌い出しが相当好き。スロースタートから一気に加速する感じが気持ちいい。僕の中の松田聖子はこの曲で終わった。これ以降のシングルはフックしない。

・瑠璃色の地球 5
https://www.youtube.com/watch?v=uR6IYdUbx0k

ガラスの林檎と同時期にハマってた、、というか、松田聖子の曲の良さを再認識した曲。「打ち上げ花火横から見るか下から見るか」で、広瀬すずが歌ってたけど、もっと評価されていい。後半の盛り上がりは最高級。

・時間旅行 5
https://www.youtube.com/watch?v=uf3lLy2Z5h8

アルバム曲なのだけど、たぶん有線放送で流れてフックして、借りて聴き込んだ。当時たしか郷ひろみと破局するか神田正樹と破局するかって頃で、なんかこの歌詞が女の子の失恋ソングとして凄く「キタ」んだよね。驚くのはこの詞も松本隆。さらに驚くのは作曲が松田聖子本人ってことなんだよな。

・・・

これで14曲か。10曲無かったらどうしようかと思ったけど良かった。青い珊瑚礁は、これ入れないと10曲行かないかと思って入れたけど、入れなくても良かったな。
※動画的には青い珊瑚礁の動画は相当カワイイ。てか伊藤つかさみたい

10位 SWEETMEMORIES

9位 制服

8位 白いパラソル

7位 夏の扉

6位 チェリーブラッサム

5位 赤いスイートピー

4位 天使のウインク

3位 瞳はダイヤモンド

2位 時間旅行

1位 瑠璃色の地球

やっぱ瑠璃色の地球は揺るがなかったけど、改めて聴いてみると、天使のウインクや瞳はダイヤモンドが相当良かった。自分的にとっても有意義な時間だったな~。てか蛍の草原も結構好きだな。すっかり忘れてたけど。

| | コメント (0)

2020年2月 2日 (日)

石橋貴明のたいむとんねる~その2~

松田聖子の話をするつもりだったけど、動画を検索したら、、、

●石橋貴明のたいむとんねる/意外なカバー56連発
https://www.youtube.com/watch?v=19o3GcBC-_Q

これがヒットして、思わず見入ってしまった。でもって、

 スゲェ面白かった!

これはアラフィフ中心のネタになっちゃうんだろうな~と思いつつ、とても楽しかったのでフルに触れる。ちなみに「たいむとんねる」で検索していくつか動画を見たけど、

 全部が全部面白いわけじゃなかった<当たり前かもだけど

とりあえず、「筒美京平」の回は、松本隆の回より「知らない歌が多すぎる」感じで、楽しめなかったな。僕より世代が5歳、10歳上だとまた違うのかも知れないけど。

で、このカバーの回は相当良かった。何が良かったって、

 取り上げられた歌を改めてネットで探して聴いてみたいと思わせた曲がいくつもあった。

何ならアルバム買ってもいいかも、くらい。

実際の放送は半年くらい前?アップされたのがその頃なだけで、実際は1年2年前かも知れない。ともかく、

・石橋貴明
・倖田來未
・伊藤一朗※ELT
・ミッツマングローブ

と言うメンツだった。爆笑問題田中はゲストだったらしい。

・・・

放送を見ながら、フックしたものを書き出していく。当然僕個人の嗜好による。あと、リンクに飛ぶのは、このままじゃなく、アドレスからページが開けるメモアプリにコピペした方が使い勝手がいいかも。僕の愛用は秀丸。フリーじゃないけど。

●異邦人 B'z松本×ZARD坂井泉
https://www.nicovideo.jp/watch/sm12925923

松本のソロプロジェクトらしい。ギターアレンジがかなり個性的。組み合わせは意外だったけど、なかなかしっくりと来る。

●いとしのエリー 八代亜紀
https://www.nicovideo.jp/watch/sm20661659

歌が上手い演歌歌手が、J-POPの名曲をカバーすると言うのは、それだけで最低限のクオリティが確保出来るわけで、番組内の印象も良かったのだけど、いざ一通り聴いてみると、やっぱついアレンジしてしまうというか、

 「ならでは」を打ち出さないとイケナイという義務感?みたいなものが出過ぎてしまって、

結果、さほど良くもなくなってしまう。普通にガチでキレイに歌った方が、「さすが八代亜紀」ってなった気がするな。

・・・

番組では、徳永英明やEXILE系の曲も取り上げられたりするのだけど、ぶっちゃけ後者覇全くフックしないし、徳永英明も、

 本人の曲のが全然好き。

カバー「だけで」で儲ける感じは、平原綾香みたいで好きじゃない。

●デイドリームビリーバー 森川ココネ(高畑充希)
https://www.youtube.com/watch?v=4NR01AhkCB8

とても良い!全然知らなかったのだけど、「ひるね姫」というアニメの主題歌らしい。てか、ひるね姫にも興味が沸いた。どっかで見たことがある絵だと思ったら「東のエデン」の監督だったな。てか、

 ちょっとジーンとするくらいイイな。

そもそも原曲から名曲だったけど、女性ボーカルに歌わせようって発想がよかったな。★★★。

てかこのトレーラーの出来がいいわ。

●冬がはじまるよfeat.槇原敬之 ELT
https://www.youtube.com/watch?v=Ej4iyCDdTms

普通に彼女の持ち歌なんじゃないの?ってくらいの違和感の無さ。マッキーは中島みゆきみたいに、「提供者」としても一流だから、カバーしても「映えやすい」のかも知れない。★★☆。

●ハナミズキ 新垣結衣
https://www.youtube.com/watch?v=xNcfemyyV8s

ホントにガッキーが歌ってんの?って気もしないでもない音声だけど、ガッキーがかわいいので。てか、ガッキーってさ、

 スゲェ「かわいい」って形容詞が合う子

なんて言うか、「キレイじゃない」よな。もっと言うと、パーツパーツを見ると、そんなに整ってる感じじゃないというか、整ってる度合いで言えば、長澤まさみのが絶対整ってる顔だと思うのだけど、、、かわいいんだよな。日本人に訴求する顔と言うか。

●赤いスイートピー Toshi
https://www.youtube.com/watch?v=QMm5fN05eEc

一曲丸々ではないけど、カバーアルバムの中の何曲かが聴ける。

 単純に、高音のキレイな男性ボーカルが好きなのだ。

デーモン閣下とかToshiとか。てか僕はX-JAPANがさほど好きじゃないけど、Toshiは好き。アルバム買っちゃおうかと思ったくらい。
※他の曲がさほどでもなかったので思いとどまったけど。てか「チキンライス」が嫌いなので熱も冷めたけど

●木綿のハンカチーフ 石川ひとみ
https://www.youtube.com/watch?v=e1K7wu6ae34

番組では、この曲をカバーした6人を順に紹介してたのだけど、その中で、軽く「似てる」ってスルーされた彼女の歌が、個人的にフック。

太田裕美っぽさがありつつも、軽くかわいく磨いていて、テンポも少し早くなってて、聴いてて心地よい。★★☆。

椎名林檎版は「独自の世界」って感じで、「椎名林檎の曲」として聴くならいいけど、カバーってやっぱどこか原曲の良さを見失わないで欲しい気がするんだよな。仕事でやってるから、理想論だけじゃダメなんだろうけど。

●大都会 広瀬香美

ネットで見つからなくて残念。でも、

 無茶苦茶声に合ってる!

調べたら1200円くらいだったな~。6曲入りアルバムの中の1曲。買っちゃおうかな~。

●なごり雪 中森明菜
https://www.youtube.com/watch?v=32GFOOCT4kE

このネタを書きたいと思ったきっかけの曲。はかなげな声がとてもこの曲の雰囲気に合ってる、、、けど、出来たらもう少し声が出てた頃の明菜ちゃんに歌って欲しかった!惜しい!

●Tomorrow never knows 和田アキ子
https://www.youtube.com/watch?v=oBN2XfA8Tww

当たり前の話だけど、女性の低音より男性の高音の方が高いことはあるわけで、これなんかは、

 こんなに低く入るの!?

って感じだったけど、嫌いじゃない。ただ、もっとはっちゃけて欲しかった気もする。アレンジして欲しいんじゃなくて、テンションを原曲に沿って欲しいと言うか。穏やかに歌いすぎ。

●魅せられて 石川さゆり
https://www.youtube.com/watch?v=lTRctJmBsP0

そんなに好きな曲ってわけじゃないのだけど、ジャケットがエロキレイだったので思わず。

●BE MY BABY 倖田來未
https://www.youtube.com/watch?v=yUzIfFTlwb4

番組ではワンカットしか拾われなかったけど、ちゃんと聴きたかったので探してみた。コンプレックスの曲。

●桜坂 柴咲コウ
https://www.youtube.com/watch?v=ymR13BC15so

他にも福山雅治→柴咲コウの曲は多いわけで、これがあっても何ら不思議はなく、つまりは違和感もない。

●Woman Wの悲劇より 平井堅
https://www.youtube.com/watch?v=FaJ92xsHiHY

元の薬師丸ひろ子の曲が良すぎるので、ぶっちゃけ誰がカバーしても追いつくことはないと思いつつ、平井堅版も悪くない。Toshiとデーモン閣下の名前出したけど、平井堅と槇原敬之も負けてない。

●WOW WAR TONIGHT 華原朋美
https://www.youtube.com/watch?v=JwA6AvQcEKw

とても良い。声がかわいい。異性ボーカルのカバーって、やっぱ面白いな。ちなみにこの曲は無駄に長すぎて途中で飽きる。なんでこんな風にしたのかわからないけど。

●昴 美空ひばり
https://www.youtube.com/watch?v=qUw5qXmykBI

僕は特にひばりさんに傾注してたことはない。でも、それでも、

 イイ曲はやっぱスゲェイイ。

てかこの「ひばり版昴」を取り上げたのは今回が初めてじゃなかったと思うけど、

 盛り上げていく上手さが、さすがとしか言えない。

ここが和田アキ子と八代亜紀の上の曲にはなかった感じなんだよな。

-------

世代縛りが強いネタだけど、時代を超えてそれでも訴求する曲もきっとある。全部聴くのは無理でも、知ってる曲だけでもリンク開いて聴いてみて欲しいかも。

個人的に収穫だったのは、高畑充希のデイドリームビリーバーかな。映画借りてこようかな。

| | コメント (0)

2020年1月29日 (水)

石橋貴明のたいむとんねる

たまたまテレビ見てたら、なにやら興味をそそられるネタが。

とんねるず石橋と、爆笑問題田中、あと女子アナ一人を加えて、

 作詞家「松本隆」の曲をピックアップ。

「あれもこれも?」という感覚は、時折ウィキペを読んで僕もニヤっとするのでよくわかる。どうやら毎週似たようなことをしてたらしい。

 おもむろに毎週録画オン。

ぶっちゃけ僕は作詞より作曲の方がウェイトが高い人だと自認していたので、正直松本隆と言われてもあんまピンとこなかった。どのくらいピンとこなかったかと言えば、

 B'zのギタリストの人?

当然違うのだけど、そのくらいのイメージしかなかった。

しかし、石橋と、何より田中である。

僕はこの爆笑問題田中がとても好きなのである。特に、

 彼が好きなことについてはじけてる時。

巨人の時もあるし、ガールの時もあるし、ゴダイゴの999の時もあるけど、、、

 てか、田中に限らず、「大好きなことを思う存分話してる人」というのがそもそも大好きなのだ。

未来想像堂も、博士ちゃんも同じ。ひとつのことについて好きで好きでしょうがない話は、自分の知らないことも多いし、知ってても知らなくても情熱が流れ込んでくる感覚が心地よい。そこには駆け引きも、皮肉も、嫌味もなく、ただただ純粋にクリアに、プラスの言葉が連なるから。

 聞いてる(見てる)こちら側の気持ちも浄化してくれる気すらする。

いやはや楽しかったのだけど、当然これでは短いので、松本隆についても少し触れる。ちなみに氏はまだ存命中で、御年70歳。活動は僕が生まれる前の1968年から続いている。

以下ウィキペを読みながら適当にピックアップするので、氏のウィキペを読んだことがある人は「あ、ここ丸写し」と思ってください。

●木綿のハンカチーフ
https://www.youtube.com/watch?v=fzQINgVTHqc

作詞先行の曲で、「この詞に曲はつけられないだろう」と筒美京平に持って行ったところ、あっさり曲つけられたことで、作詞に没頭するようになったという、大ヒット曲。

そんなエピソードは知るよしもなかったけど、冷静に聴けば、「男性受けするファンタジーソング」なんだよね。当時の女性は今よりもっとしおらしくけなげな、彼女の歌に出てくる女の子みたいだったかも知れないけど、アイドル寄りのルックスだった太田裕美に乗せる歌として、「とても完成度の高い商品」だったことがわかる。

ちょっとおもしろいのは、太田裕美といえば他に「さらばシベリア鉄道」。こちらの曲も松本隆作曲なのだけど、作詞は、松本が在籍した「はっぴぃえんど」というバンドのメンバーでもある大瀧詠一なんだよね。

 どんだけスゲェバンドだったんだよと。

●スニーカーぶる~す
https://www.youtube.com/watch?v=j-iiyp2e5wc

「ぶるーす」ではなく「ぶる~す」なのは、ジャニーさんの指示なのだとか。こちらも作曲は筒美京平。

ジャニーズ事務所の快進撃は実質たのきんトリオから始まったと言っても過言じゃないけど、
※以前マッチがテレビで言ってた「俺たちが最初で、先輩居なかったから」みたいな
そこに、この二人の曲をぶつけてくるところがジャニーさんの手腕だな、と。

ちなみに、僕は結構ジャニーズの曲でも好きな曲は少なくないのだけど、その中でもマッチとKinkiの曲が好きな曲が多い。そんなKinkiのデビュー曲も松本隆。作曲は山下達郎。

山下達郎と松本隆の結構近縁で、はっぴえんどのラストコンサートで当時山下が在籍したシュガーベイブがコーラスやってたり、

 「あの」山下達郎が、自分の曲の詞を松本隆に書いてもらったことがあったりする。

そして面白いのが、、、
※番組で取り上げられた

●ハイスクールララバイ
https://www.youtube.com/watch?v=axzNIiVB9Lc

こちらも松本作詞で、曲は細野晴臣。彼もはっぴぃえんどのメンバーで、

 たのきんトリオの曲で大ヒットを飛ばしつつ、そのパロディである「イモ欽トリオ」でも「オリコン7週連続1位」の曲を作っちゃったところ。

聴けば確かにYMOのニオイしかしないのだけど、当時「初めて聴いたときから良さが流れ込んでくる曲」だったのを覚えてる。「絶対売れそう」って。

●ルビーの指輪
https://www.youtube.com/watch?v=RiLL2vwZfPg

これも!?と言わずには居られない曲なのだけど、今見てびっくりしたのは、

 作曲が寺尾聰だったこと!

普通、職業アーティストならいざしらず、俳優や芸人が二足わらじで歌を出すときは、「やっても作詞」って思ってたから、「寺尾聰って曲作る人だったんだ」って。まぁ僕が氏のことを知らないだけかも知れないんだけどさ。

・・・

他にも僕の好きな曲がいーーーーぱいある。番組では松田聖子の話に流れていったけど、

 そっちはそっちで僕も書きたいことが相当あるので、機会があったらまた触れる。

今回は松田聖子以外の楽曲を。

●君は天然色 曲:大瀧詠一
https://www.nicovideo.jp/watch/sm1515097

いつ何のCMでテレビから流れてきても、違和感なく聞けてしまう。スタンダードナンバーの中のスタンダードナンバー。これこそが名曲。これこそが神曲。最初から最後までずっとイイ。

●薄荷キャンディ 
https://www.youtube.com/watch?v=fi6dfz2eonc

Kinkiも曲に恵まれてるってずっと思ってた。単に僕好みの曲ってだけなのかも知れないけど、好きだな~。

●魔女 曲:筒美京平
https://www.youtube.com/watch?v=_BjVNLd5ZN8

一番好きな小泉今日子の曲が松本隆。てか、

 もしかしたら一番好きな作詞家は松本隆だったのか!?

この詞はホント男子受けするファンタジーなんだけど、キョン2の歌が「まんまと男子をその気にさせる魔法」。さすがは魔女。

個人的には中島みゆきの「悪女」のアンサーソングっぽい雰囲気を感じるけど、どっちも名曲なので何ら問題はない。

●ブルージーンズメモリー 曲:筒美京平
https://www.youtube.com/watch?v=Axetf2zBGl0

「バカヤローー!!」がキャッチーで印象的だったけど、他のパートも普通にイイ。しっとりするパートも好き。

●ハイティーンブギ 曲:山下達郎
https://www.youtube.com/watch?v=M2aXzsllD-E

かっこいいんだよな~。サビがステキすぎる。てか、単なる世代かも知れないけど、ジャニーズの歴史の中で、一番好きな曲はたぶんマッチ。この曲はベスト5には入る。

●卒業 曲:筒美京平
https://www.youtube.com/watch?v=oSqTaVzqPIk

斉藤由貴の卒業。斉藤由貴は他にも名曲多いけど、、、てかこの人いったい何曲作詞したのかね。

●Romanticが止まらない 曲:筒美京平
https://www.youtube.com/watch?v=Oo71KT4SUhw

CCBの大ヒットはこの二人の力があったからこそだったんだな~。

●Love Balladeは歌えない 曲:織田哲郎
https://www.youtube.com/watch?v=zvoOiOqTfcU

清水宏次朗の曲は、他にも何曲か好きな曲があるのだけど、そのどれもが松本の作詞。てか、すごい。何度も思ってるけど、こんなところまで僕の好きなところを突いてきてることに驚くわ。中でも一番好きなのがコレ。つい1週間くらい前にも車で歌ってたわ。詞がいい。まさに松本隆がイイ!

●夏色のおもいで 曲:財津和夫
https://www.youtube.com/watch?v=H4grxvWK2J8

マジか!?僕がチューリップで好きな曲はこれを含め3曲しかないのに、松本がチューリップに作詞したのがコレ一曲って、、、。天才かよ、、、

●星間飛行 曲:菅野よう子
https://www.youtube.com/watch?v=I10ZBspLbMA

「あの」星間飛行である。あの星間飛行までも、松本の詞だったとは。驚きを通り越して開いた口がふさがらない。インフル中なのでウイルスまき散らしまくりだ。

●やさしさ紙芝居 曲:平尾昌晃
https://www.youtube.com/watch?v=L-4X2osvvNs

水谷豊主演の熱中時代、学校編の2ndシーズン主題歌。有名なのは1stや刑事編だろうけど、こっちもいい曲だった~。聞き入っちゃうな~。

動画はかなり最近のものだけど、当時はホントベストテン番組に出てくれない人だったんだよな。とにかく緊張しぃで、ライブがめちゃ嫌いだった印象がある。カリフォルニアコネクションの時も、死ぬほど緊張してたもんな。

●冬のリヴィエラ 曲:大瀧詠一
https://www.youtube.com/watch?v=x5Ki7eT7AzA

稀代の名曲をいくつも書いてたんだな~って思う。森進一ってこの曲がなかったら、僕の中で五木ひろしと同じだもんな<失礼!?

●すこしだけやさしく 曲:大瀧詠一
https://www.youtube.com/watch?v=jg2NGyxWUhE

薬師丸ひろ子には、探偵物語やメインテーマ、Wの悲劇、あなたをもっと知りたくてなど、もっと有名で売れた曲がいくつもあるけど、個人的にはこの曲が一番好き。てか、松本隆もすごいけど、大瀧詠一も凄すぎる。惜しい人を亡くしたわ。

てかリンクだけ貼ればいいのに、思わずずっと聴いてしまうわ。

●風の谷のナウシカ 曲:細野晴臣
https://www.youtube.com/watch?v=4d7Wjid672E

!! いや、別にそんな好きな曲じゃなかったけど、まさかこんなところでまで仕事してたとは!曲も細野だし!凄すぎて絶句だわ、、

---------

ヤバイ。体調良くない&ネタも尽きてるのに、こんなに気合い入れて書いてしまった。でも休みたくはないので、次は適当に短く。

| | コメント (1)

2019年12月24日 (火)

YESTERDAY オリジナルサウンドトラック

「オリジナルサウンドトラック」とは、つまりは映画に使われた音源をそのまま使ってるもののことを言うのだと思ったのだけど、存外そうでもないらしい。

YESTERDAYは、ついこないだ見た映画。ビートルズを題材にしつつエンターテイメントとして面白おかしく仕上げた良作だ。人に寄っては「傑作」とする人も居るかも知れない。

劇中では、ビートルズの曲をこれでもかと主人公が歌いまくるのだけど、決してミュージカルではないので、曲の最初から最後まできっちり歌うケースは少ない。なので、曲によっては、、、

 歌い出すたびにチャチャが入って結局全くと言って良いほど歌ってもらえないLET IT BEなどもあったりする。

 それがもどかしくてもどかしくて!

これはもしかしたら、「観客をモヤモヤさせてサントラを買わせるつもりなのか!?」と思うほど。

しかし、冒頭に書いたとおり実際に映画で使われた音源では「歌ってない」わけで、中途半端に歌いだしだけ繰り返してる音源がCDに収録されても、

 んなの聞きたいわけじゃねぇ!

となる。なので実際は、映画に使われてない曲も多数収録された形になっている。

さらに言えば、普通歌入りのアルバムであれば、歌ってる歌手の名前がデカデカと出ているものだと思うのだけど、このアルバム、表から見て「ヒメーシュ・パテル」の文字を見つけるのは困難なレベル。

 そりゃそうだ海外版だからな。カタカナで書いてあるわけない。

いや、そう言う話じゃない。

ただ、中のブックレットも全て英語なので、実際正確なところはわからないのだけど、件のヒメーシュが「歌ってない」曲もある。女性とのデュエット曲だけじゃなく、「これ、ちがくね?」みたいな。

 映画でそうだったかはわからないが。
※劇中では全て主人公が歌ってる体

ともかく、そんな「やや不透明」な印象を残しつつも、

 総じてイイアルバムだった。

曲リストで見ると、「INTERLUDE」と言う、騒音だか歓声だかわからないような20秒ほどの曲?があったりするが、通して聞くと、イイ感じに曲と曲の間を繋いでくれていて違和感はない。僕はビートルズにさほど詳しくないので「SUMMER SONG」という曲が彼らの楽曲にあるのかはわからないが、

 劇中で「主人公の曲」として歌われるその歌も含めて入っていて、悪くない。

ただ、残念な点があるとすれば、いろんな曲がいろんなところからの寄せ集めなので、曲によっては映画から引っ張ってきてる感じであったり、ライブ音源な感じであったり、スタジオでも大きいところで録ったっぽいものから、そうでもないところのものなど、

 結構ギクシャクしてたりする。

あと、同じ曲も何曲か入ってるし。
※劇中で1分30秒使われたものを、フルの3分別録が入ってたり

また、買う時に迷っただけで実際は同じだったのかも知れない「値段が全然違うヤツ」がいくつかあった。リアルなCD版なのか、MP3などのオンライン音源のみなのかもわからず、もしかしたら僕が楽天1885円くらいで買ったヤツがamazonで1150円くらいのヤツだったのかも知れない。

 まぁアルバムそのものに不満はないので、損したとは思わないが。

とりあえず、そこそこ気に入ったものの感想を箇条書き。

02_THE WORLD IS UNIVERSAL

 ユニバーサル映画の社名ロゴのバックに流れる短い曲。これもこの映画用にアレンジされて収録されていたのだけど、これを聞いて、

 あ、博士ちゃんで(子供のアカペラとして)使われてるのってこの曲だったのか!

ってスゲェスッキリした。

03_SUMMER SONG

 主人公の(たぶん)オリジナル曲。ビートルズファンには全く訴求しないだろうけど、そもそもこのアルバムを買う人はこの映画を見た人だと思うので、概ね問題ない。嫌いじゃないし。

06_SOMETHING

 知らなかったけど、穏やかなバラードで嫌いじゃない。たぶんビートルズの曲には、僕が知らないだけでイイ曲がまだまだいっぱいあるんだろうな~。なにせビートルズだもんな。

07_LET IT BE

 上でも書いたけど、劇中でのもどかしさは異常。見終わったあと、何が何でも続きが聴きたくなって、アルバムを買うに至った。まんまと術中にハマったけど、後悔はしてない。だってイイアルバムだったし。

11_THE LONG & WINDING ROAD

 イイ感じのバラードで、劇中でも美味しい扱い。ズルい。でもそれがサントラの醍醐味だとも思う。「映画の感動の9割は音楽」だからな。

13_HELP!

 劇中でのライブ一曲目ということで、非常に盛り上がった。でも歌い出しはちょっとアレンジが加わってて、軽い違和感が。嫌いじゃないって言うか、「何でも鑑定団」で掛かるから、たぶん「一番回数聞かされたビートルズの曲」はコレ。

14_YESTERDAY

 正直映画のタイトルとして「コレしかない」のだけど、作中に折り込むには、「ちょっと浮く」扱いだったな。歌詞は全て訳されて表示されるのだけど、当たり前の話この映画のために作られた歌じゃないから、全てをしっくり収めるのは無理だもんね。

15_SHE LOVES YOU

 耳馴染みのある冒頭、、、以外はほとんど覚えてなかった。でも「彼女は君が好き」を繰り返すのは、普通に結構切ない。他は何を歌ってるかわかんないけど。

16_A HARD DAY'S NIGHT

 これも代表曲と言って良いと思うけど、音質が悪くてちょっともどかしい。

僕はビートルズに詳しくないだけでなく、そこまで傾注した経験もないので、アルバムも持ってないのだけど、この映画を通じて、改めて「ビートルズの方」も聞き込んでみたい気になったな。

18_IN MY LIFE

 知らなかった曲。穏やかなバラードで悪くない。でもまぁ「知らないだけある」とも言えるかな。そこまで最高ってわけでもない。

20_I WANT TO HOLD YOUR HAND

 女性ボーカルとのデュエット。劇中でそんなシーンがあった記憶はないけど、

 曲が良いので全く問題無い。

普通に好き。でもビートルズの曲だとあんま認識してなかったな。

22_ALL YOU NEED IS LOVE

 相当イイ。詳しくは知らないけど、「ジョンっぽい」。勘違いしてたら恥ずかしいかもだけど。

25_HEY JUDE

 「ビートルズと言えば」で上がる3曲のうちの1つだと思う。
※他はLET IT BE、YESTERDAYかな

作中では「HEY DUDE」に変えた方がいいとプロデューサーとかに押し切られてしまう、「もどかしすぎるエピソード」があるけど、アルバムにはちゃんと「HEY JUDE」で収録されててホント良かった。

26_OB-LA-DI,OB-LA-DA

 全くビートルズの曲だと思ってなかったので、軽く驚いた。でもイイ感じにハッピーで場面にもあってたし、凄く好き。

----------

重ねて言うけど、全部がヒメーシュ・パテルかどうかはわからないし、劇中で使われてないものも含まれてるけど、たぶんきっと間違いなく、

 ビートルズが歌ってるものじゃない。

でも、僕は普通に居心地の良さを感じるし、これから何度も何度も聴いていくと思う。

 スタンダードナンバーって、そう言うもんだと思う。

| | コメント (0)

2019年8月26日 (月)

日本で一番有名な洋楽

冒頭からカチンと来た話をするのも何だけど、「洋楽」とは「西洋の音楽」であって、日本の音楽「邦楽」以外は洋楽になる。なので、

 「インストルメンタルはズルでしょう」

等というコメントは、全く的外れだと思う。どこにも「インストは不可」とは書いてないんだし。

と言うことで、日本で一番有名な、、、

 有名・・・(1)名を有すること。(2)世間に広く名の知られていること。名高いこと。「世界的に―な学者」「―人」
⇔無名。

・・・うーむ。「有名な音楽」は、僕の中では「聴いたことがあるメロディ」「知ってる楽曲」「口ずさめる歌」であって、「曲名を知ってることではない」と思っていたのだが、辞書の上では「有名であること=名前を知ってること」らしい。

そうなってくると、微妙に「僕が悪者」になる可能性も出てきたのだけど、、、

とりあえずそれで話を止めてしまうのも癪なので、みなさんに問う。

 日本で一番有名な洋楽とは何だと思う?

これは、老若男女、最もその曲を知ってる人が多い曲は何かという問いであり、「名前を知ってる」ことを指すわけじゃない。辞書上で「名前を知ってる」とはあったが、音楽の場合は、「名前よりメロディ」であると僕は思うので。

 もちろん名前を含めて一番有名であるなら、それはそれで問題ない。

ちなみに何でこんなコトを考えたかと言えば、昨日たまたま聴いていた、Queenの「Dont stop me now」。ああこの曲知ってるよなぁ、有名だよなぁ、でもQueenの曲でこれが一番有名かって言われたら、

 たぶんボーントゥラブユーのが有名だろうなぁ。

・・・てか、何が一番有名?

マイケルジャクソンのスリラー?全世界で一番アルバムが売れたんだよね?でも僕の命題は「日本で」だから、日本で一番じゃない気がする。特に60歳以上の人が相当多い現状で、果たしてどれほどスリラーが認知されるか、、、。

 だったらまだタイタニックの主題歌のが有名な気がする。

「マイハートウィルゴーオン」と言う曲名は知らなくても、タイタニックを見た日本人は相当多い。特に世代も広い気がする。てか、

 それ言い出したらビートルズだろ。

イエスタディは、学校の教科書にも載ってるって言うし、世代も十分広そう。てか世代が広いと言う意味で言えば、プレスリーのマイウェイのが広いんじゃないか?これも僕らの世代では教科書に載ってたし、僕らの上の世代の認知度で言えば、ビートルズより上な気がする。

 日本で有名というのはつまりは、日本のお年寄りにも知られてるってことでは?

だったら、「第九」はどうか。第九は上の世代なら相当知ってそう。「運命」より「第九」。クラシック部門があるなら、たぶんこれが№1間違いないと思う。

 でも下の世代にはそこまで有名じゃないような、、、。それはビートルズにも言える。

ネットを覗いたら、「蛍の光」が出てきた。これは確かに相当有名。小学校の卒業式に歌った記憶もあるし、上の世代にも間違いなく有名。原曲のタイトルも歌詞もどこの国の曲なのかも知らないけど、第九やイエスタディより蛍の光のが有名だろう。

 まぁそのサイトでは「これはズルでしょ」って言ってたけど。

僕は全くズルだと思わないので。

では、蛍の光を超える歌は無いのか、、、

 現時点で、

 僕が思う№1有名ソングは、、、

 「きらきら星」だと思う。

きらきら星自体は、ぶっちゃけそこまで有名じゃないと思う。未就学児が幼稚園や保育園で歌ったり聴いたりする程度だろう。だがしかし、

 「ABCの歌」は、それ以上にムチャクチャ有名では?

今でも、アルファベットの順番を考える時には脳裏にメロディが浮かぶ。辞書を引く時にそうなる人は少なく無いと思うし、僕らより上の世代でも、このメロディと英語を紐付けして記憶した人は、凄まじく多いと思う。

 蛍の光を知らない子供は居るだろうけど、きらきら星を知らない子供は居ないと思うし、上の世代にも十分メジャーではないか。

そんなことをパートさんに言ったら、、、

 「だったらジングルベルのが有名じゃない?」

ダークホース来た。確かに子供から大人まで、認知度は相当高い。

 ジングルベルか、ABCの歌かと言われたら、スリラーや第九はかなり格下な存在という気がする。蛍の光よりこの二つの方が上な気もする。

任天堂がやっていたミーバースのアンケートとかで取り上げられてないんだろうか、、、ないんだろうなぁ。あれほど分母の大きなアンケートは無かったと思うけど。
※うどんとそばどっちが好き、とかそう言うのだったと思うけど

 90~100歳くらいのおばあちゃん世代の数字が、明暗を分けそうな気がする。

・・・案外蛍の光のが上かも知れないけど、蛍の光は小学校低学年以下には認知されてないだろうから、そこでのマイナスが大きそうな気がする。

「気がする」ばっかりだけど。

何とか調べる方法って無いのかなぁ。

・・・

条件を狭くすれば、もっと馴染みのあると言うか、リアリティのある答えに近づいて行く。

例えば、「日本で一番売れた洋楽シングル」は何か。

 予想してみた?

 全然違う答えにビックリするよ?

 枚数は192万枚。

ちなみに2位は125万枚のマライヤ・キャリー「恋人達のクリスマス」。1位は、、、

 ダニエル・ブーンの、、、、

え?ダニエル・ブーンって誰?

「ビューティフルサンデー」

日本語なら聴いたことある。あれ、カバーだったんだ。てか、そのカバーも相当売れたと思う。

ちなみに3位はセリーヌ・ディオンのto love you more。ドラマの主題歌で、僕も買ったくらいだから、売れたのも納得。でもまさかこんなのがこんなところに顔を出すとはって感じではある。ちなみに定価500円だった。まだ消費税が無い頃の話。

 売れた=有名とは言えないよね?

まぁビューティフルサンデーを知ってる覚えてる人は相当居るとは思うけど。

・・・

映画音楽だとどうだろう。日本のは別にして、

・スターウォーズ
・タイタニック
・ミッションインポッシブル

この辺りが上の方だと思う、、、けど、、、、

・ロッキー
・ゴッドファーザー
・007

なんかも侮れないかも。でもこれこそジャッジが難しい。「良く聴くし知ってる曲が必ずしもサントラとして売れたとは限らない」。有名≠売上だと思うし。

でも上の中のどれかだと思うな~。どれが一番世代が広いんだろ。ロッキーやゴッドファーザーは上には強いけど下には弱そう。案外ミッションインポッシブルかも知れないな。今でもマメに映画が出てるし、一作目は1996年。今から23年前。今80歳の人が57歳の頃。さらにテレビシリーズ「スパイ大作戦」1967年だから、今80歳の人が28歳の頃。

 どっかで耳にしてる可能性が高い。

007も歴史は長いけど、最近の作品はエンターテイメント性が抑えられていて、若年層への訴求という意味では、ミッションインポッシブルに及ばない気がするしね。てか、スターウォーズだって1976年とかだから、そんな大差ないか。やっぱこっちのが有名かな~。

-----------

教科書に載ってるからとか、耳にしたことがあるからとかを理由に有名か無名かをジャッジするとしたら、確かにイエスタディは上の方に来そうな気もするけど、言っても学校で習った曲を全て覚えてる人なんてそうそう居ないわけで、今聴いて今知ってると答えることを条件にするなら、

 ジングルベルやきらきら星の方が、全然有名な気がするな。

●蛇足

洋楽とは全然関係無いけど、「一番有名なアニソン」はどうか。

マジンガーZ?銀河鉄道999?宇宙戦艦ヤマト?

ドラえもんやポケモンは主題歌が随時変わっていったから可能性は低そう。

 サザエさんか!?

サザエさんは1969年から放送が始まっていて、、、でも主題歌はその頃から変わってないわけじゃないような、、、でも僕の子供の頃(1975年頃)から今の主題歌だったような、、、。

まぁこれも「売れた」とか「カラオケで歌われている」とか「好きな」とかのランキングと「みんなが知ってる」というランキングは違う。「有名」という括りなら、やっぱサザエさんかな~。

| | コメント (0)

2019年7月12日 (金)

ボーカルの話

つっても書きたいのはただ自分が好きな歌の話。世代が違う人や、好みが違う人や、そもそもクリスではない人にはあんま訴求しないだろう話。てかクリス、つまり僕自身に訴求するかどうかも怪しいが。

歌の善し悪しを計る時、僕はまず「メロディ」が重要だと言う。どんな素晴らしい歌詞であっても、どんな有名な歌い手が歌っていようとも、メロディがフックしない曲が自分に流れ込んでくることはない。

では、どんなメロディが素晴らしいのか、と言う話になるが、それは人に寄って全然違う。過去の経験、幼少期に見たアニメや聞いた曲。両親が口ずさんでいた、カーステレオからヘビロテされていた、、、。いくつかの理由で頻繁に耳にしたメロディラインは、成長過程でも深層心理に深く刻まれ、その「ニオイ」のする曲に、「馴染み」「親しみ」を感じ、「入って来やすくなる」と思う。

ちなみに、この手法で訴求したのは、「チェッカーズ」「AKB48」「Supercell」とか。それぞれに別の個性付けはされているものの、曲の善し悪しで言えば、ベースは「どこかで聞いたことがあるような」メロディだったと思う。

あと、人間的生理的に、純度の高い「心地よいメロディライン」というのもある。特に耳覚えが無くても、ストレスなく癒される、ノれる曲もまた、「いい曲」だと言える。

それらは主にテレビのCMソングなどが挙げられる。和洋問わず、短時間でキャッチーなメロディをアピールする必要があるため、ハードルが極力低い、そしてフックしやすい曲が、生理的に「ポイントが高い」と思う。何度も使われているけど、「君は天然色」や「ボーントゥラブユー」なんかは、特に似た曲が思い出せないけど、強く訴求した気がする。もっとも、これらは高頻度の接触によって好感度が上昇した可能性も高いけど。

ともかく、「良いメロディ」は、「歌を聴く」上で、最も重要だと思う。歌詞やら歌い手やらは、その先にあることで、「良い歌はまずメロディありき」だ。てか、

 あれほど有名でヒット曲のあるサザンオールスターズや松任谷由実、中島みゆきでさえ、極めて強くフックする曲はごくごく一握り。

人に寄るとは思いつつ、サザンは「波乗りジョニー」、ユーミンは高校時代の「リフレインが叫んでる」、中島みゆきは割と最近の「歌姫」以降、個人的にフックした曲はない。まぁ全部聴いたわけじゃないけど。

・・・まぁそんな話は本題とあんま関係無い。

最近昔の失恋ソングにハマってるのだけど、今でも心に響いてくる歌となると、

 メロディでも歌詞でもない部分が重要なのかな、と。

つまり、

 ボーカル。声が。

何度も何度も何度も何度も聴いて、さらに飽きない、また聴きたいと思い、そして聴いて、

 やっぱいいな、と思う。

車の中で聴きながら口ずさみ、軽く鳥肌が立って、グッと来る。誰にでも共感出来るわけじゃない。ただ、自分が「凄く好き」だな、と。今でも「聴ける」歌だな、と。

 それを挙げてみる。

全部失恋ソングってわけでもないけど、、、。

●ずっと好きな声の好きな歌

・奥華子「ガーネット」※弾き語り
https://www.youtube.com/watch?v=X_Irpw_LL2o

・JungleSmile「片思い」※LIVE
https://www.youtube.com/watch?v=-3u9i6vIYpg

・TAMTAM「友達でいいから」
https://www.youtube.com/watch?v=nO5Mky98v6s

・SuperCell「さよならメモリーズ」※PVで歌ってるのは別人
https://www.youtube.com/watch?v=nYZX3GRHOIA

・SuperCell「君の知らない物語」
https://www.youtube.com/watch?v=Ac1cv_55FCM

・3月のパンタシア「はじまりの速度」
https://www.youtube.com/watch?v=v6vy_YgfbDE

・JILL「Tell Me Why」※自分でもなんで好きかよくわからない。パーソンズのボーカル
https://www.youtube.com/watch?v=wPyFSWtDimw

・ClariS「ナイショの話(A ELECTRO REMIX)」
https://www.youtube.com/watch?v=Xf_hJ4Pkyq0

・山崎まさよし「One more tim One more chance」
https://www.youtube.com/watch?v=BqFftJDXii0

・COMPLEX「恋を止めないで」※震災支援LIVE カッコ良すぎヤバい
https://www.youtube.com/watch?v=42W-8Xop91U

・チェッカーズ「シェリー」※PV?
https://www.youtube.com/watch?v=Xp0eV_US7Xo

10曲しかないわけはないのだけど、パッと思い返して出てきたのはこれだけ。てか、こないだ同級生の女子と音楽の話をしたとき、

 音楽の良さを共有するのは、映画やマンガ、アニメの共有より遙かにハードルが高いもんだなぁ

と痛感した。結局恋愛観の違い、立場の違い、単純に性別の違いが、そのまま音楽の好みにも強烈に反映される。僕も「声の良さ」で曲を評価してるから、そこだけでも「好み」のウェイトが少なからずあることは否めないし避けられない事実なのだけど、

 女子は、昔の歌を聴かない。

昔の男を振り返らないのと同じことかもってくらい、女子は「今を生きてる」なと。まぁ「何年前まで今に入るのか」って話はあるけど。

あと、何周も回って、ジャズだとかオールディーズだとかの良さを感じることに関しては、女子も男子もないのかも知れないけど。

ただ、、、

もしも、そんな現実を理解、咀嚼してなお歌詞なり声なり曲なりの良さを共有出来る異性の友人が出来るなら、それはそれで凄く嬉しいことなんだろうなぁって想像したりもする。現実には居ないかも知れないし、それこそ映画以上にハードルが高いからこそ、その「ファンタジー」にあこがれを抱くのかも知れないけど、、、。

でもやっぱ、男と女の好きな歌は、基本違うよな。娘が学生時代それなりに好みの近さを感じたこともあったけど、大学で家を離れてしまっては、たぶんもう僕とは大きくレールが離れただろうなって思う。てか長男も自室が出来て、自分の手の届く曲が親の流す曲と乖離し始めた時点で、「音楽の共有、共感」は難しくなったって思うからな。

 音楽の趣味を共有するのは、ある意味奇跡と言えるかも知れないな。

ま、そんな中でも、アニソンだけは別扱いで「共有しやすい特別なカテゴリー」って気はするけどさ。

| | コメント (0)

2016年10月11日 (火)

心の引き出しを開く方法

かっこつけたタイトルだけども、まぁそんな感じの話。こないだのJPOPのネタにも通じるのだけど、、、

昔聴いた好きだった曲をもう一度聴きたいと思うのは、誰しもあると思う。それは別に年齢に関わらず、まぁよくある話だと思うのだけど、普通は、、、というか大抵の場合は、好きだった曲について深く濃く記憶していて、例えばYoutubeで調べる時でも、アーティスト名やら曲名やら、なんなら歌い出しを覚えてて、それを拠り所に出来るか、もしくはその時代を代表する曲だったり、同じ曲を好きだった友人が居たりして、そこをつてに見つけられたりするものだと思う。

しかし、今回僕が「もう一度聴きたい」と思った曲の拠り所は極めて希薄で、それなりのネットリテラシーを持ってるつもりの僕でも、正直その曲を見つけるのは不可能だと思ってた。っていうか、

 実際にはまだ見つかってないのだけど<オイ!

まず僕が覚えていることはこれだけである。

・僕がひとり暮らしをしていた5年間の間にリリースされ、好きになった曲。つまり、1990年から1994年までに発売された曲

・JPOPで、普通に日本語の曲

・少なくともオリコンの100位までには入ってない

・たぶん今は活動していない

・「ブラッド」という単語に何か引っかかる感じがするが、少なくとも「F-BLOOD」ではない。
※Fブラッドは藤井フミヤ尚之兄弟のユニット
でもこのFブラッドにイメージが引きずられているだけで、実際は全く曲にもアーティスト名にもブラッドは入らなかったかも。でも「B」は入ったような、、、

・男性ふたり組で、当時「○○はホモっぽいところがあるけど、このふたりにはそう言う感じは全くしないな」と思った記憶がある。もちろんB'zではない。

・・・わかるわけないじゃん、、、

当時は静岡県に住んでいて、休みで自宅に帰るたびにレンタルCD屋に行っては、大量に借りて、カセットがどんどん増えていった。それは「良さそう」というレベルのレンタルもあったし、往復の車中で聴いたラジオで掛かってフックした曲もある。つまり、世間からはさほど支持されて無くても、自分の中だけでは「いい曲」としてすり込まれたものなわけで、ホントに調べようがないと諦めていたのだけど、、、

 何度も言うけど、まだ見つかってないし、見つかるあてもない。

ただ、

 目当てとしていた曲ではない、全く別の、それでいて当時自分が大好きだった、そしてそのことを忘れてしまっていたアーティストの曲を見つけることが出来た。

「歌手名」「曲名」どころか、「好きだったことさえも忘れていた」曲を見つけたその時の感覚たるや、

 まさに心の引き出しが開く感覚。

全身にじんわりと電気が走る感じがとても心地よく、もし同世代の人が居たらぜひ聴いてみて欲しい。

 そう言えばあったあった!って思うと思う。

余談だけど、こないだのRABBITに関して、エクスヴィアス内の長男のメッセージ欄にその歌詞が書かれてて、ちょっとニヤッとした(^^。完全にたまたまな可能性もゼロじゃないけど、あまりにタイミングが合いすぎてたから、僕のブログ読んで聴いてくれたのかな、と。世代的には生まれる前の曲だから、知ってるわけはないと思うけど、、、。まぁ最近じゃ音ゲーとかに昔の曲が採用されることもあるから、それ経由かも知れないけどさ。

・トワイライトキッズ 夏のメロディ
https://www.youtube.com/watch?v=vx8Z1OSxLjk

スゲェ好きだった。これがデビュー曲なのだけど、ぶっちゃけ「夏の日の1993」より好きだったくらい好きだった。トワイライトキッズ、、、大好きだったのに、完全に忘れてた。穴が空いてた。でもそこがスッと埋まる感覚、、、。

 あーーーー好きだったぁぁぁぁぁ!!!

それなのに完全に忘れてたってホントスゴイ。でもってちょっと哀しい。つか★★★★だわ。スゲェいいわ。

ちなみにこの歌に今巡り会えた経緯はこんな感じだ。

1.1990年発売のJPOP で検索→多くて100曲、少なくて数曲のランキング曲や、ヒット曲がヒットするだけ。そんなの求めてないんだよ!

2~5. キーワードを適当に変えて探してみるも見つからず

6.「ランキングに入らないJPOPを探す方法」でググり、「歌詞検索サービス 歌ネット」
http://www.uta-net.com/
がヒット。そのサイト内にあった「タイムマシン検索」をチョイスし、「1990年JPOP」で検索。

 しかしここでも20位までしか表示されない。

「なんだったら1000位まで表示してくれてもいいのに、、」そんなことを思いながらガックリとうなだれていたら、、、

 画面の下の方に「1990年にデビューや活躍した主な歌手名(ジャンル:JPOP)」と言う項目があり、

 その中にはこれでもかと「見慣れない名前」達が。

もちろん有名アーティストの名前もデカデカと表示されてはいる。でも、

 「KATSUMI」クラスで最大フォントである。

最悪全ての歌手をチェックして、そのサイトに登録されている曲をYoutubeでしらみつぶしに探していけば、いつかは見つかるかも知れない。

 見つからないかも知れないが。

ちなみにこの年で表示された中で自分がフックしたのは、前述のKATSUMI以外では、かとうれいこのムーンライトサーファー、久松史奈と、、、

 障子久美!

ヤバイ!さっき見つけられなかったけど今見つけたわ。

・障子久美 あの頃のように
https://www.youtube.com/watch?v=CBakOmjOWng

まぁ言ってもさっきのほどオススメってわけでもないですけど。鬼懐かしいな、と。★★☆くらい?サビがいいんだよな。見た目はさすがにジェネレーションギャップを感じざるを得ないけども。っていうか、最近の人は見た目は見ない方がいいですわ。下手したらちょっと魔女だもん・・・。

 ・・・衝撃のロールバック、、、

ここまでの3倍くらい書いてフリーズ。それもノリノリで書いてたのに、、、。

 油断したわーーー。

泣ける。マジ泣ける。とりあえず曲だけでも書き出しておけばよかった、、、。フゥ。まぁ続きは明日にでもしようかな。

三日くらいたったので続きを書く。つか一度思い出すだけ適当に書いて放置してたので、その続きを書く。

・高橋由美子 友達でいいから

内田春菊原作「南くんの恋人」の主題歌にして、当時「最後のアイドル」と言われた髙橋由美子の代表作にして名曲。声がかわいくてメロディがステキな上に歌詞もイイという三拍子揃った真の名曲。忘れてたわけじゃないけど、今聴いても普通に超イイ。★★★☆。
・TAMTAM 友達でいいから

むしろ忘れていたのはその曲を作ったTAMTAMの方。こちらはニコ動にしかなく、音質もやや悪いものの、ウィスパーボイスは髙橋由美子版にはない別のキュートさがあり、こちらも大好き。つか今聴いてこの曲が嫌いって人はそれほど居ないと思うんだけど、どうなんだろ。ジェネレーションギャップかな。★★★☆。同点。

・ISLAND STAY WITH ME

これは当時有線で掛かっていて、曲名を電話で問い合わせをして、そんでレンタルで借りたという経緯がたぶんある曲。オーソドックスなバラードで、崎谷健次郎の「もう一度夜を止めて」とかBEYONDの「遙かなる夢に」とかが好きな人にはオススメ。正直今聴くとやや古くさい感じには聞こえた。★★。

・KIX・S また逢える・・・

「女性版B'z」とすら称されたキックスの代表曲、、、だと思う。バラード調で、当時の売れ線とも言えるが、嫌いじゃない。ドラマのエンディングに流れたら盛り上がりそうなイメージは、まさに当時そのまま使われてた気がする。名曲ではないが、懐かしく感じる人は居るはず。★★。

・レイジー・ルーズ・ブギー いつもそこに君がいた
https://www.youtube.com/watch?v=tRJCTWJA-1E

YAWARA!のエンディングだったらしい。懐い。声質で言えば同じくYAWARA!のOPだった永井真理子に近い感じで、そこそこ透明感のある耳に優しいさわやかな歌声。たまたま僕が特に音楽を聴いていた頃ってのもあるとは思うけど、この1990年代初期の頃のJPOPは、ランキングに入らないような曲でも、たくさんの曲がタイアップとかされてて、結構扱いがよく、耳にも入ってきた気がする。その分回転も早くて、今より寿命が短かった感じもあったりはするけどね。★★。

・CORVETTES 僕に瞳を近づけて

イマイチ「Being系」ってのがよく覚えてないのだけど、これなんかはそれに入るンじゃないかなぁと思ったりする。当時の売れ線。特にスゲェ好きだったってワケじゃないけど、完全に忘れてて、思い出したので入れてみた。まぁ★くらいかな。

・区麗情 初めて恋をした日
https://www.youtube.com/watch?v=G1_z7veS-2s

これも「開いた」人だなぁ。ラブレターが有名だけど、こっちのが切なくて泣ける。キューンってする。ウィスパーボイスが好きな人なら鉄板。浜田省吾とコラボした曲が一番有名だと思うけど、僕はこっちのが好き。見た目はやっぱ時代を反映してるためか、今見ると抵抗があるとは思うけど。★★★。

-----------

もしかしたらデビューはもっとずっと前だったかも知れないし、このサイトに僕の探してる曲が出てくるとは限らないんだよな。
※夏のメロディも出て来なかったくらいだし

あとキーワード検索で、BLOODをアーティスト名、曲名両方から調べてみたけど、どうもコレって曲がヒットしなかった。思い違いだったのかなぁ。かなり気になる。

でも「忘れてたけど好きだった曲」がいっぱい見つかって聴くことが出来てよかった(^^。
※同世代にしかフックしないかもだけど。

トワイライトキッズも区麗情もKIXSも、この先覚えてる人がどんどん減っていくアーティストだと思う。っていうか、演歌とアニメとランカー
※ミスチルだとかサザンだとかB'zだとかのベストテン系常連組のこと
以外は、ホントごく一部の人の心の中だけに生き続ける人が今後どんどん増えていくと思う。

ただ、功罪はあるとは言え、インターネット、Youtubeの存在は、その「残るフック」をより強く、より広くしてくれる。きっと今をときめくRADWINPSだって、20年後には「誰だっけ?」とか「居たねぇそんな人たちも」とか、ヘタしたら、

 RADWINPS、、、うーん思い出せないなぁ。曲聴いたらわかるかも。

なんて位置に行く可能性だってある。もっとも「アニメとパイプがある曲」は寿命が飛躍的に伸びるとは思うけど。

そう思うとアニメって凄いよな。いや、ホントの話。まぁ全部が全部じゃないけども。

みんなもuta-netで自分の青春時代の曲を探してみてはいかが?

| | コメント (2)

2016年10月 1日 (土)

アラフォーの戯言~JPOP~

「戯言」と書いて「たわごと」と読む。ちなみに「戯れ言」は「ざれごと」と読む。ぶっちゃけ意味は良くわからない。まぁ日常耳にするが使わないタイプの言葉だ。

こないだ「君の名は」を見て、なかなかにテンションが上がった。その後新海監督の他の作品は、、、と「言の葉の庭」も視聴。エンディングで流れる「RAIN」は、1990年前後に大江千里が作った曲をスタンドバイミー秦基博がカバーしたもの。年代的にはこちらのが古かったかもだけど。

「言の葉・・」の感想では、曲としても「君の名は」に劣る的なことを書いたが、よくよく見ると「迫力、インパクト」で負けているのであって、物語の最後を締めくくる曲としての完成度、フィッティングとしては、

 むしろ言の葉のが良かったとすら、今なら言える。なぜなら、あれからYoutubeの動画を超見まくってるから。
※ちなみに原曲の方はニコニコにあった

いつもならここでリンクを貼ってしまうが、今回の動画はあまりにも劇中のシーンをなぞりすぎていて、まだ見てない人には、「ネタバレが過ぎる」と思ったのであえて貼らない。つか本編を見た人が見たら、

 これ、まんま一つのストーリーかよ

ってくらいの濃度で、物語を追体験出来る。一曲の尺で。画質も超綺麗だし。

しかししみじみ良い曲というか、物語にフィットした曲だったなと思う。何て言うかこの曲が作られた頃ってのは、僕が一番JPOPを聴いていた頃でもあるわけで、この曲も「聴いた記憶はある」程度だったのだけど、

 いやいやどうして、大江千里、懐い!

・YOU
https://www.youtube.com/watch?v=i6J_vUtY9WI&list=PLg6KPPOuQtY55tpXk1UWCRrOR845p0iW2&index=2

記憶の扉が開き掛ける感じ。そんなに好きでもなかったから記憶も薄い。

・REAL
https://www.youtube.com/watch?v=UCaCGao7eI0

こっちのが記憶に深く刻まれてる。ということはたぶんCD借りてテープに入れて聴いてたんだろうな~。つか男性ボーカルって言うと大江千里と杉山清貴が透明感のある声の代表みたいなとこあったな。

・GLORY DAYS
https://www.youtube.com/watch?v=S1pnfJMbTwI

なんだろ、記憶が錯綜するのだけど、これって渡辺美里も似たメロディの歌歌ってなかった?いや、動画を見る限り大江千里の曲で間違いないんだけど、、、。
※衣装に時代を感じざるを得ない・・・

・格好悪いふられ方
https://www.youtube.com/watch?v=TBVVoOcYfPU

大江千里と言えばコレ、という人も多いと思うドラマ主題歌。僕もこの印象が一番強いかな。リアルも好きだけど。

・十人十色
http://www.nicovideo.jp/watch/nm11559277

これも大江千里って感じ!CMソングの印象が強いけど、そっちのが記憶にも残るよね。つか今聴いたのが30年ぶり!みたいな人も多そう。1985年の曲だもんな。

・RAIN
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14984065

大江千里版。最初はこっちでもよかったんじゃないの?って思ってたけど、しばらく聞き続けて見続けたら、やっぱ言の葉・・には秦基博版のが合うかな。っていうかこれは音がこもっててちょっと残念。ちなみにシングルじゃないんだよね。

つか大江千里って今聴いても通じる良さがある気もするというか、いやそれは違うか、僕らの世代だからかも知れないな。良さを見つけられるのは。古い記憶を揺らされる感じかも。

--------------

あと、最近優先でチェッカーズの涙のリクエストをカバーした曲が掛かってるのだけど、調べたら出てきた。

・Country Girls「涙のリクエスト」PROMOTION EDIT
http://www.nicovideo.jp/watch/sm29678737

カントリーガールズが歌手名なのかプロモーションエディットが歌手名なのかわからないが、ともかく、今風でかわいい感じでありながら、

 原曲がいかによかったか痛感させられる。

っていうかやっぱチェッカーズはスゲェよかったと思うんだよね。

・あの娘とスキャンダル
https://www.youtube.com/watch?v=RYkL7K-5v7U

とりあえず一周回ってコレが一番好き。こないだおもむろにずっとリピートで聴いてみたのだけど、

 全然飽きないの!

不思議なくらい曲のメリハリと構成が上手くて、物語があるのはある意味時代の先取りみたいな感じすらあるし、ポップでキュートなアイドルソングなのに、そのメロディラインが60年代のPOPSのDNAがあるのか、

 こういうのをリスペクトって言うんだろうな、と。

パクリじゃない上手いアレンジというか。

ちなみにこの曲はチェッカーズの作詞じゃなく売野雅勇(うりのまさお)と言う人が作詞してたのだけど、おもむろに調べてみてビックリ!この人の曲、スゲェ好きな曲、知ってる曲がいっぱいあった!

軽く拾ってみると、、、

井上大輔 めぐりあい 挿入歌のビギニングもそう

倉田まり子 真夏のランナー(ナインの主題歌) 彼女の代表曲!?

郷ひろみ 2億4千万の瞳 こんな有名なのも!

杉山清貴 最後のHolyNight メチャメチャ好きだった!ふたりの夏物語はこの人じゃないけど。

中西圭三 WOMAN てっきり本人が作ってたと思ってた!

中森明菜 少女A、1/2の神話、禁区 「支えた」と言っても過言じゃない。つか80年代アイドルの曲もメチャメチャ作ってる。ただ自分が好きなのが特に中森明菜だったのでこの子を拾ったけど。

MIO GET IT、エルガイムの主題歌2曲とも!まぁ後期は鮎川何とかだけど

森口博子 水の星へ愛を込めて こっちもかよ!って感じ。足向けて寝られない人だったわ。マジで。

矢沢永吉 PURE GOLD 2曲しかない矢沢永吉の好きな曲の一つが、、、

ラッツ&スター め組のひと 1曲しかないラッツ&スターの好きな曲が、、、

チェッカーズも、他に好きな、涙のリクエスト、哀しくてジェラシー、Song for USAもこの人!

 スゲェビックリ。

やっぱスゲェ作詞家ってのは居るもんだなって思った。あと秋元康と阿久悠だけが作詞家じゃないんだな、と。

 つかさっきからずっとあの娘とスキャンダルをかけ続けてるけど、全然嫌じゃないの!スゴイと思うわ。この耳馴染みの良さというか、優しさというか。

他にはロングロード、I LOVE YOU SAYONARAも好き。メンバーが仲違いしたとかクロベェが死んじゃったとか、いろんなことがあったけど、過去の曲は汚されないって思う。

----------------

あと何となく聴いて記憶が揺り動かされたのは、

 RABBIT

覚えてます?ラビット。自分、例えて言うなら、スゲェ真っ白いモヤが記憶に掛かっていて、うっすらとシルエットが見え隠れする感覚。

・RABBIT 「Thank you my Girl」
https://www.youtube.com/watch?v=qarKmGsI1ck

好きだったことを思い出すのって結構珍しいというか、好きだったことって色あせないと僕は思うんだよね。ずっと好きで居続けるもんだと思う。特に歌に関しては。別に歌手が麻薬所持で捕まろうとも、その曲が主題歌だった番組がマッハで打ち切られようとも、曲の善し悪しが変わる訳じゃない。

 この曲絶対好きだった記憶がある。でもこの曲のことは完全に忘れてた。

なんだか嬉しくなっちゃったな~。ちなみに彼らはイカ天バンドなんだよね。

あとこれも以前書いたかも知れないけど、、、

・Road Blaster FX (Mega-CD) Intro
https://www.youtube.com/watch?v=aeSGnPJwHoo

非常にニッチな曲。歌ってるのは「何も言えなくて・・・夏」のJ-WALKなのだけど、彼らのウィキペを見てもシングルの発売履歴はなく、曲名すら載ってない。

 ロードブラスターの主題歌を歌っていたことしか書いてない

ロードブラスターはもともとLDゲームでゲーセンに極少数出回っていたタイトルなのだけど、その時はたしか主題歌とか付いて無くて、メガCD版が発売される際に、その場限りで付けられた歌なんだよね。だから曲名もない。

 でもこの曲がかなり好きでさ。

ゲームも簡単で面白くて、自分の中ではシルフィードと並んでメガCDを買って良かったって思えたタイトルだったな~。

・BAKU ぞうきん
https://www.youtube.com/watch?v=5I6oVUq_PP0

時代を感じさせまくるPVがイイ感じ。この曲しかヒットしなかった。っていうか、ヒットしたのか!?って気もするけど、懐かしさ爆発。でも、

 結構サビが嫌いじゃないんだよね。

・The SQUARE OMENS OF LOVE
https://www.youtube.com/watch?v=iRM8jkI1w44

そう言えばスクウェアが、まだTスクウェアになるまえの頃、好きな曲が一曲あったな、と。でもって調べても調べても代表曲は「TRUTH」で、

 コレじゃないんだよな~

って思ってた。でも僕のリテラシーがわずかに向上し、

 SQUARE 代表曲

で検索したら、まんまとお目当ての曲が出てきた。僕の中ではTRUTHじゃなくてこっちだったんだよな。つかオアシスとかも一曲好きな曲があった気もするんだけど、パッと思い出せない。つかホントにオアシスだったのかも・・・。

--------------

他にも書きたかったことがあったハズなんだけどワスレチャッタ。またの機会にするよ。

追記

ひとつ思い出した。

・翼をください 川村かおり
https://www.youtube.com/watch?v=tit8OAAdPmM

たまたま別の所で聴いて、「懐い!」と思って、今書き込むと同時に検索してみたら、

 「追悼」の文字があってビックリ!

まだ若かっただろうに、、、と思ったら案の定38歳!乳がんだったそうで、何とと言うか、「死ななくてもいいのに」、と。もちろん本人だって望んで死んだわけじゃないんだけども。

ご冥福を祈りつつ、川村かおりって、世間じゃ「ZOO」の人って感じだと思うけど、自分にとってZOOはエコーズの曲なので、川村かおり=翼をくださいなんだよな。近年だと「けいおん」のカバーで盛り上がった曲だけど、今聴くと、やっぱ川村かおり版もスゲェ良いんだよな。

・翼をください 歌詞あり※けいおん版
https://www.youtube.com/watch?v=DA9UnKFxm9U

人はいつかは必ず死ぬ。それが早いか遅いか。残った人達に何を残すのか何が残るのか。川村かおりは、とりあえずここにいる中年に、翼をくださいを残したと思う。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧