プラモ

2013年12月25日 (水)

電撃ホビーマガジンを立ち読み

ハイスコアガール買いに行ったとき、久々に手に取ってみた。

 なんかスゲェことになってんな、ガンプラ。

もう自分で作りたいとかそういうのすっかりなくなっちゃったというか、

 もはや見て楽しむ娯楽、映画とかアニメとかと同じなんじゃねぇの?

って思ったり思わなかったり。

バージョンカトキのサザビーメインで、フルアーマーガンダムとか、ジョニーライデンとかF91とか、いろいろ載ってたりしたけど、

 既に自分の趣味からは距離を感じてしまってるかな、とも。

あ、でも、

 全身金メッキのユニコーンガンダム1/100はちょっといいなって思った。

塗らなくてもいいってのもあるけど、

 やっぱ自分金メッキが大好きなんだな、とも。

逆にまっ黒なアストレイノワールは、

 なんだか黒いスニーカーみたいだな・・・

って感じでピンと来ず。つか、

 未だにガンダムにおんぶにだっこなんだな・・・プラモ誌。

ガンダムがなかったったらどうなってたんだろうな。なんかある意味、

 AKBがなかったらCDショップとかどうなってたんだろ

ってのと似た感じだよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月27日 (水)

超合金魂ダイオージャ

何となくトイが見たいなぁと探していたら、自分の知らない(というか見過ごしていただけかも)超合金魂があったので紹介する。

最強ロボダイオージャは、ガンダムやダンバインの時間帯に放送された、サンライズの合体ロボットアニメ。記憶というのは曖昧なもので、

・トライダーG7
・ガンダム
・ザンボット3
・ダイターン3
・ダイオージャ
・ダンバイン
・エルガイム

これを放送順に並べろと言われてもちょっと迷ってしまったりするし、そもそもそのロボットの変形プロセスなども、

 トライダーG7って合体ロボットだったっけ?

というレベル。

ダイオージャに関しては、

・主題歌が好き。たしかたいらいさおさん

・3体ロボットの合体。スケード、カークス、ミト王子?だっけ?アオイダーとコバルターってのは今見て思い出した感じ。赤いのは?エースレッダー?覚えてないなぁ。

シルエット的にはダイターンに酷似してた気もするんだけど、こと合体プロセスに関しては、

 何一つ覚えてない。というか知らなかったのかも。

さぁみなさんに質問です。ダイオージャはどうやって合体したのでしょうか!

まず顔がエースレッダーのアレンジだというのは頷けるところでしょう。でもわかるのはそれだけ。上体と顔が赤だとしても、腕と足は一体どうやって!?

http://shishioh.info/SOC_DAIOJA-2.php

このページに詳しい変形プロセスが紹介されているのですが、何というか、、、

 スゲェなコレも。

超合金魂というのは、ホントに「魂を込めて作り上げた職人技」を感じさせてくれる一品が多いのですが、これもホントそんな感じ。放送当時リリースされていたであろうトイにもきっと変形物があったであろうとは思いますが(クローバーかな)、、、

 調べたら見つかった!
http://2nd.geocities.jp/jbtagg/mito.html

やっぱクローバーだったな。っていうか、

Diogia11 131120daioja 超合金魂の方にも、「プロポーションに難が・・」みたいなコメントがあったりもしたけど、この二つを比べてみろって話だよな。

もはや異次元の完成度だろ。

魂の方も、多少の「不完全な」変形箇所もないではないし、肩や足などにディティールアップパーツを付けたりもしているけど、それとてクローバーの比じゃないし(特にアオイダー)、変形だけでも凄いのに、よくこれだけ「ポージング出来る」作りに出来たなぁというか、合体前も合体後もホントよくバランス取れたなぁと感心を通り越してちょっと感動するほど。

パッと見ほとんどプラ製みたいで、「超合金っぽさ」が感じられないのが残念なのと、価格がなんと言っても25000円近いというのも、、、

 今ヤフオク見たら残り4日1入札の6000円最低落札なしってのが出品されてた。

うーむもし6000円程度で手に入るなら超絶魅力的ではあるけどな~。つか、

 それほどダイオージャが好きじゃない僕ですら買いたくなってしまうレベル。

まぁ終了時刻を覚えていられないんだけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月29日 (木)

かっこ悪いガンプラを思い出す

一切の根拠なくふと、「MSセレクションのガシャポンってかっこよかったよなぁ」と思った。06Rやゴッグは言うまでもなく、パワードジムや量産型ゲルググ、ガンダムもラストシューティングポーズのものは一切の稼働がなくとも、しばらく見続けていられた。

 ガンプラってそこまでかっこよくなかったよなぁ。

僕は紛れもなく最初期からのガンプラフリークで、シリーズがまだガンダムとシャア専用ザクしかなかった頃から買っていた。テレビの人気がどうこう言う以前の、まぁロボダッチとかアトランジャーとかと並列にみて買ってた気がする。当然色も塗らないし、接着剤ははみ出しまくりだ。菱形のヤツ、あんなんじゃ足りねぇって。

最初に量産型ザクが出た時のこともおぼろげながら覚えている。

 なんでこんなの出すの?

今でこそ当たり前となったが、当時は主人公の乗るロボット以外がプラモなりおもちゃなりでリリースされるというケースは、極めて稀どころか一切なかった気がする。せいぜい「ライバル機」であるところのシャアザクがいいところで、よもや雑魚中の雑魚など、、、。華麗にスルーしてた。

ガンプラがガンプラとして市民権を得て、シリーズが拡充していく頃の記憶もある。以前ブログでも書いたが、僕が初めて色を塗ったズゴックのかっこよさは、今でも忘れない。ズゴックは、、いや、たぶんガンダムもシャアザクも、

 他のキャラクタープラモとは一線を画すプロポーションだった。

動く箇所の多さが問われていた時代。100分の1ガンダムの股関節が動かなかった時代。ただ立っているだけでめちゃめちゃズゴックはかっこよかった。

友達におもちゃ屋の攻略法を聞いて買ったゴッグもそうだ。ズングリしつつ鋭い爪はスパルタンで、モノアイ、渋いカラー、パッケージアートも400円という価格も全てが輝いて見えた。個人的にはゲルググやドムよりも水陸両用、それもズゴックとゴッグに僕のハートは奪われまくっていた。

バンダイのプラモニュース(名前忘れちゃった。なんだっけ?>バブシカさん)を店先で楽しみに待ったり、ホビージャパンのバックナンバーを求めてそこら中の古本屋を巡ったり。片っ端から情報を集め、毎月リリースされる新しいモビルスーツやモビルアーマーのモックアップに心を奪われまくっていた。

 ・・・でもギャンはどうだろう。

正直今でこそアレンジの効いたかっこいいギャンがいくつもあるけど、当時発表された直後の、ニュースに載った「7月発売144分の1ギャン」の何とも言えないかっこ悪さたるや、、、それまではどんなアイテムでも欲しいと飛びついてた僕だったが、さすがにそこで失速したのを覚えている。

ちなみにゾックも600円という超強気な価格設定もあり、テレビ版での登場会を見損ねてしまったこともあり、

 結局今一つテンションが上がらないままスルーしてしまった。

水陸両用なのに子供心の琴線をかき鳴らさなかったそのわけは、たぶんあの「なさけない爪」にあったんじゃないかと、いまさらながら分析する。ズゴックやゴッグの爪とは一線を画すあの「古くさいどんくさい爪」。あんな形じゃ刺さらねぇだろ。ええもちろん僕の主観ですけど?

・・・いや、ちょっと待てよ。記憶が甦ってきたぞ。そうゾックは、いや、ゾックを初めて見たのは、確かいつも行く3件となりのおもちゃ屋ではなく、自転車で20~30分先にある「1割引」の店だった!いつもは2割引で買ってた上に重くのしかかる定価600円。初めて見たゾック。でもその価格はあまりにもイクスペンスィブで、小一時間手に持ったまま悩みに悩んで止めたんだった。もう鮮明にその店のその棚割が思い出された。

 僕には手が届かなかったんだった、、、ゾック。

まぁそれでもあの爪がダサイのは変わらないけどね。

モビルアーマーも、微妙とかっこいいの境目をウロウロしてるキットが多かった。ビグロは電飾して口の部分が光るようにし、悦に入ったけど、グラブロはなかなか買えなかったこともあって、買えた頃には逆にあのシンプルすぎるキット構成にフニャっとなった気がする。

ザクレロの奇抜さも印象深いが、アイツは爪がかっこよかったからな。許す。今だったら絶対先っぽが丸くなってるよな。法律め。

意外なところでは、アッザムの足をメタルテープで巻いただけで、

 神々しいまでのかっこよさが生まれた!

と思ったり、ブラウブロの、どう考えても子供受けするとは思えない合体システムでも、ワイヤーでビットを配置出来る楽しさはプレイバリューがあり、地味に満足してた記憶がある。かっこよくはなかったが。断じて。

そして登場したのが、

 100分の1 ゴッグ。

これに関しては、今なら最も適切な表現がある。

 予想の斜め上を行く。

ズングリしたプロポーションは確かにゴッグの魅力であり特徴であったが、いくらなんでもこれはどうなんだろう。爪がしまえるギミックや、モノアイを(一応)動かせる設計も面白いとは思ったけど、

 果たしてあれはかっこよかったのか?

このゴッグに関してだけは、時を経る過程で何度も「かっこいい、かっこわるい」を行ったり来たりしてる気がする。かっこよく見えるときはとことんそう見えるんだけど。

でも、今のガンプラはほとんどがかっこいいというか、「カトキライン」で仕上げられていて、そんな「かっこわるい、、、かなぁ」というボーダーライン上のキットはほぼ存在しない。むしろそれは喜ばしいことなのかも知れないが、見方を変えれば、

 時々出て来るあり得ないかっこよさを持ったキットの存在が希薄になる。

ジオングのかっこよさは異常だった。ビグザムの小ささも異常だった。ボールの地味な出来の良さも忘れられないし、MSVは総じて「パッケージ写真より作った実物の方が遙かにかっこよかった」気がする。そう、

 昔のパッケージ横の完成写真は「わざとかよ!?」ってくらいかっこ悪かったんだよね。

かっこわるいと言えば、ゾゴックも大概かっこわるかった。元のデザインからしてキツいものがあったけど、立体になったそれも、、、まぁ好みはありますけどね。他の3体と比べると群を抜いてかっこわるかったというか、

 なんかドロンパみたいじゃね?

まぁ読者様の何名が「ドロンパ」をイメージ出来るかって話ですけどね。

ちなみにMSVシリーズでは、当初誌面に載ったさい、

 こいつはかっこわるいだろ、いくらなんでも。

と思ったザクキャノンが、いざ買って作ってみると、、、

 超かっこええ!

ザクタンクも超かっこええ!あれはホント立体と誌面のギャップが一番激しかったキットだったと思いますよ。ええもちろん主観ですけどね!

あ~なんかちょっとプラモ作りたくなってきたな~。色塗るにしてもこの季節が一番いい気がするよな~。虫も少ないし、寒すぎないし。でもどうせ作るなら4つもあるPG作れよって話だよな~。動かすだけでも楽しいし、色塗らなくても莫大な満足感と達成感が得られるし。問題は環境だよな~。無数のランナーを管理しつつ組み上げられるスペースがないとな~。つか作るならガンダム、ザク、Zと、、、あれなんだっけ?細いヤツ。ストライクだっけ?もう忘れたわ。でも気楽なのはそいつだろうな~。つか結局アストレイのPG買いそびれちゃったな~。かっこよかったけどサイフの都合が付かなかったんだよな~。かっこよかったけどな~。な~。・・・こんなこと書いてると結局作らないんだけどな~。マークIIで20時間以上掛かった気がするもんな~。ゲーム1本分並だよな~でもお気楽さがない分同じ20時間でも密度が全然違うよな~。つかナイフがなくてもニッパーだけでガンプラって作れるんだよな~。途中で投げちゃうのだけは絶対したくないよな~。「な~」ウザイな。マジで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月22日 (土)

買いはしないが、、、

つか発売そのものは一ヶ月も前の物なのだけど、今日知ったので。っていうか興味ない人は全然知らないままだったと思うし、興味のある人はもう当然のように知ってるとは思いつつ・・・。

●超合金魂 ダイターン3
http://ga.sbcr.jp/mgangu/014667/index.html#01

トイでは久々にグッと来た。メサイヤ以来というか、うーむ凄い。何が凄いってやっぱり、ダイタンク時のクソ長い砲塔を足に縮めて入れてしまうという発想が凄い!サンアタック時の口を開いた表情の出来も凄い。これはシリーズが始まった当初だったら絶対実現しなかったところだと思う。

ダイファイターもスリムとは言い難いが、ギリの折衷点を見切ってのデザインだと思うし、付属のマッハパトロールミニカーの完全変形も、2万オーバーの超合金魂ならば当然かと思う反面、
※このミニカーだけでも1000円以上すると思うし。
いざ実現するにはかなりの試行錯誤があったに違いない。

全長25cmというサイズは僕が唯一購入した超合金魂ガンバスターの30cmと比べるとやや小さく思えるが、ガンバスターは両肩に張り出した突起がある分高さを稼いでいる。実際のボリューム感で言えば足の太さや胸板の厚さなど、ダイターンにも十分な分があるだろう。ただ、価格的に20790円はガンバスターの18900円と比べるとやや割高な気もしなくもない。まぁ数年前と今ではコスト的な値上がりもあったのかなとは思うけど。

フォルムに関しては正直「かっこよすぎ」という気もする。「巨大ロボット」のある種代名詞とすら言えるメカであり、
※あくまで個人の主観です。スパロボでの「強さ」「頼りがい」を踏まえての。
あおりでのプロポーションに何とも言えない力強さを感じる一方で、自分の中のダイターンはもっと全体的にゆるやかでグラマラスなラインで構成されたものであったのではないかなぁという憧憬もなくはない。かっこいいんだけど、ちょっと違う、みたいな。

変形機構的にはこちらのページに全てが明かされているわけではないので、ある意味推測もあるが、やはりあのクソデカイ「ツノ」をどうやって両肩のパーツに押し込むのかは興味深い。
※興味深いけどある意味それがキモだと思うので、あえてネットで調べたりはしない。
ただ、正直おもちゃとしてのプレイバリューという点では、「重くてでかくてかっこいい」が、「凄くて感動」というガンバスターはやっぱり越えられてないかなぁという気がする。ガンバスターは「どうあっても絶対にプラモ化は無理」って感じだったけど、ダイターンの場合は正直
※マッハパトロールはわかんないけど、
プラモでも再現できそうな変形であり、プロポーションであるようにも思えてしまうんだよね。

超合金魂であるなら、「超合金魂でしかあり得ない価値」を提案して欲しい気がする。

 でもやっぱかっこいいけど。

最近コレと言って欲しくなるようなプラモやおもちゃがないんだよね。大きいガンダムもちょっと欲しいと思ったけど、冷静に考えたらまぁ作らないだろうし、「巨大なロケットパンチに変形するマジンガー」も正直アニメがつまんなかったから「なんだかな~」って感じだった。そもそも素材というかソースとして「身も心も奪われるほどかっこいいメカやロボ」が昨今とんと見あたらないというのも心苦しいところではあるのだが、こればっかりは願って叶うもんでもないので待つしかないのかなぁと思ったりもする。

ユニコーンガンダムのOVAは相変わらずまだ見てない状況なのだけど、あれ系のトイもちょっとだけ興味がある。つか書いててちょっと思い出したけど、

●ケーニッヒモンスター
http://ga.sbcr.jp/mreport/014910/

こいつもちょっと欲しくなったんだよな。定価ベースでは21000円とダイターンとほぼ同額で、写真を見る限り3段変形。
※こいつの場合はガウォークがむしろデフォルトな気もするが。
発売は9月だからもう少し先だけど、

 どことなくトランスフォーマーっぽいところを除けば十分かっこいい。

感じ。自立できない点はまぁご愛敬というところかな。

実際どんなメカが出るにしても定価では買う気になれないのが実情なわけで、だったらまぁ古い、値崩れしつつある超合金魂のダンクーガやDX超合金のアクエリオン(中古でもオク2万越え)に心が動いたりもする。つか、

 ガンバスターとメサイヤが良すぎたのでハードルが高くなってる

んだよね。トイに対する。ガツンと重くてバッチリ自立して、スラリとかっこよくその上変形前も変形後も様になる・・・、、、

 そんなのそうそうあるわきゃない。

つか40年生きてきた歴史の中でもぶっちゃけめがねにかなったのはこの二つとタカトクバルキリーくらいしかないわけで、、、。
※今ヤフオクに15500+送料で中古のVF-1Sスーパーバルキリーが出品されてるな
http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g73280278

スーパーバルキリーそのものに興味はあんましないけど、やっぱタカトクのファイター形態は今見ても十分かっこいいと思うな。

------------

でもやっぱり・・・と思ってユニコーンのメタルコンポジットも検索してみたら、最安即決送料込み15900円だそうで。
まぁこれもかっこいいとは思うけど、凄いとか感動とかには直結しなさそう・・・。

もはや「完全変形ゲッターロボ」くらいしか僕の心を動かすロボはないのか、、、。
※つかインディーズみたいなのはあったけどああいうのじゃなくて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

電撃ホビーマガジン

ユニコーンのヘッドに釣られて買ったはいいが、ぶっちゃけさほど「読みで」がなかった、、、のは初見時での話。今日あらためて見直してみたら割と楽しめた。まぁそんなものである。つか今日は仕事がぐっつり疲れたので、内容が非常に短いがたまにはそういう日もある。許されたし。

ちなみにまだ件のヘッドは作ってもなければ開けてもない。「おいおいクリス転売する気かよ」と思われても致し方ないが、ぶっちゃけその通りである。ウソである。単に面倒なだけだ。っていうか何で僕がこのユニコーンヘッドの付録に釣られたかと言えば、

 どうやって変形してるのかが凄く気になったから

に他ならない。どこをどう考えても、写真からあの二つの顔が変形するとは(特に差し替えなしで※付録は差し替えがありますが)どうしても理解想像できなかったからだ。その正体を突き止めたい、何としても知りたい、それがとどのつまり1290円という対価を支払おうという気になった最大のトリガーだったのだ!っていうかそんなに大袈裟に書く必要は微塵もないのだが。たかが1290円。人生を左右する額でもない。「1290円で救える命があります・・・」・・・左右する場合も時と場合によっちゃぁあるかも知れない。

●宇宙戦艦ヤマト 復活編

そもそも日頃からプラモやアニメ関係の雑誌を読んでないので、存在すら知らなかったのだけど、どうやらあと10日ほどで公開になるらしい。と言ってもまぁ今の世の中今さらヤマトであるからしてさほど話題にも上らずだからこそ僕も知らなかったわけであるが、、、

 まぁ変な感じである。

予告を見るまでもなく「キャラデザイン湖川友謙」と聞いただけでなんだろこの違和感。湖川友謙自体は決して嫌いではないのだが、少なくとも彼の描く古代や森雪に松本零士のニオイはない。小松原一男じゃないのは(既に他界なさってるから)当然としても、やっぱりその背景には富山敬が他界されたってのもあったりするんだろうか。っていうか軽く調べたら作監は湖川友謙がやってたりしたんだな>さらば宇宙戦艦ヤマト。まぁそれが復活編の「松本零士ならざるなにか」に対する免罪符となるわけでは全然ないのだが。

しかし主題歌もアルフィーとは・・・。特報ムービーのナレーションが佐々木功だったのだけが救いというか、

 何から何まで昔のヤマトじゃないんだな、、、

って感じだ。

ただCGを多用したメカ描写は悪くない、というかちょっと見てみたい気もする。プロットとしては流行りのディザスターだし、今やるのもアニメブームの折、悪くない選択かも知れないが、当時一世を風靡した「ビッグバジェットなアニメ作品」の風体を纏うにはあまりにも(今のアニメファンに対して)知名度が低くなっていないかと思うんだよな。ぶっちゃけ僕も観に行くつもりが(今のところ)ないし、近所でやるかどうかも甚だ怪しいもんだし。つか迫力で押す作品だと思うけど、ヱヴァ破のあとではあまりに分が悪いだろうとも思うんだよ。どうしても比較しちゃうじゃない?

期待度は☆の半分(0.5)くらいかなぁ。

●MG悟空

笑顔の悟空が好きなので、今ひとつピンとこない。なんか怒られてるような気になるのは僕だけかな。

●RX78特集

verKaが何だかんだ言って格好良く見えるなぁ。48分の1のBクラブのヤツが欲しかった時期が僕にもありました。新しい48分の1のヤツは、値段が高そうなのであんまし興味なし。ただ握り手が大きいのは個人的にスーパーロボットっぽくて好きだけど。

●ダブルオーライザー

ふーんって感じ。言っちゃ悪いがこれまでのPGの中で一番どうでもいいな。ただ60分の1を支えるスタンドはちょっと見てみたいけど。バカデカそうなので。しかしガンダムの記事が多いなぁ。9割くらいガンダム関係な気がしてくるよ。

●VF27γ

ブレアが載ってた機体がプラモと超合金で出るらしい。ちょっとかっこいいかな~とも思ったけど、冷静に考えるとメサイヤの方が僕好みだし定価16800円はやっぱちと高い気がするかな。ファイターモードで並べて置きたい気もするけど、そんなスペースどこにあんだよ!という声も同時多発的に合唱のごとく発生するのでやっぱスルーだな。

●ミンメイ2009

ハセガワのバルキリーに美樹本晴彦本人が描き下ろしたミンメイのイラストが載ってるんだけど、「これがなかなかにカワイイ!」。美樹本晴彦自身も現在「超時空要塞マクロスTHE FIRST」としてマンガを描いてる関連もあったのかも知れないけど、いやいやどうして。やはり彼がちゃんと描いてるミンメイこそがミンメイだよなぁと今さら思う。っていうかFにちょっとだけ出てきたミンメイは「ミンメイに似せた何か」だった気が凄くしてきたな。

余談だけど僕的には彼女のヘアスタイルはこのハセガワバルキリーに描かれた「チャイナ服」の時のものが一番好き。つか普通にロングに下ろしてるのは今の流行からするとどうしても古くさく見えちゃうんだよ。

もっとどうでもいい余談だけど、個人的にさほどミンメイも早瀬未沙もどっちもさほどでもなかったりしたんだよな。あんまし萌えなかったというか、、、。周囲にはラムちゃんがいいとかかぼちゃワインのエルがいいとかいろんな勢力があった気がするけど(あと響子さんとか)、今ひとつ当時の自分が一番萌えてたキャラってのが思い出せない。お雪さん(うる星やつら)とか明日香(さよなら三角)だったかなぁ。ホントにどうでもいい話だな。

●超合金魂ダイターン3

カッケー!。でも買わないだろうな。テストショットみてもうお腹いっぱいだ。

●フィギュア関連

まぁ多少言いたいこともないではないけど、、、とりあえずスク水はスゲェ。
http://www.amiami.com/shop?vgForm=ProductInfo&sku=FIG-MOE-1331&template=review.html
「情熱があれば何でもできる」ということの一つの証明でもあるな。「水着は切る、破く、伸ばすと元に戻せません」という注意書きが、「じゃ、じゃあどうすればいいんだ!?」「二つ買えばいいのです」「なるほどーーーーーー!」という自己完結を喚起させ、この商品がポケモンよろしく確実なヒットを約束されていることを示唆させたな。え?欲しいかって?いやいや向学のためですよ!?もし欲しいとしてもそれはあくまでその素材がどういったものなのか、向学のために興味がある、それだけの話ですよ!?もちろん2つとか買いません。っていうかこういう書き方するとさも「3つ買いそう」に見えるけどホントにそれはないから。っていうか

 ミクのが欲しい。

あ、「スク水のミク」が欲しいわけじゃないですよ念のため。

●ウェズリー・スナイプス

ブレイドのフィギュアが似すぎてて笑えるほどなのだけど、グラサン取った時の顔に妙な違和感が。そうなんだよね実際のウェズリーは目が悪くて焦点が定まってないから、

 むしろ本物の方が似てないフィギュアみたい

な表情だったりするんだよ。さすがにそこまでは再現できなかったのか、って感じだ。

------------

雑誌見ながら書くと意外とネタがあるもんだなぁと思うけど、時間も結構掛かるんだよな。どうしても読んじゃうから。まぁたまにはプラモもいいかなぁと。もっと言うとフィギュアとか(猫耳綾波にやや萌え)もたまにはいいかなぁとか思ったりはしましたです。目のとこがデカールになってれば素人にもハードル低いし。つかアニメとかフィギュアとかの話を書いてるとホントに僕がアキバ系オタクに見られちゃうのが辛いとこだな。僕はただ変態なだけなのに・・・。っていうか「変態」という単語ものだめのおかげで随分地位向上したような気がするのは僕だけかしら。市民権を得たというか。まぁあんな上等なもんじゃないんだけどさ。▲▲△。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 8日 (水)

アストレイゴールドフレームアマツ

090708amatu 何がきっかけで作る気になるかわからないものである。長男がPCを使っていたので、何となくそんな気になりいきなり組みきってしまった。もちろん今日も仕事明日も仕事である。まぁ色も塗らず、、、シナンジュんときと違って今回は最初から塗る気零だったのでシールも全貼り。つか写真は指紋だらけでイヤ~ンな感じですけど、とりあえず、

 作ったってのがウソだと思われたらイヤなので。

アップだけしておく次第。

でもまぁいいんですよ。ぶっちゃけネット探せば素組の写真なんていくらでも見つかるでしょうし、誰が作っても同じ様に仕上がるプラモの写真にアイデンティティなんざございません。だから僕の組んだアマツの「結果」についてはそうも語ることはないですぶっちゃけ。

でも、

その過程に関しては少しだけ書きたいことがある。そう大したことではないが、まぁ「今日のクリスはプラモ作ってたんだな」という程度のことは書きたいことがある。だらりと読んでもらえると嬉しい。っていうかそんなに大したことはないのだが。って何度も言うあたり本気で奥行きのない話なのだが・・・。

今回のアマツ、まず以前から書いてきたように、

 ピカピカ

である。メッキなんだから当たり前だと思われるかも知れないが、いやいやどうして「黒」が予想以上にピカピカ。ピカピカだと思っていたがそれ以上にピカピカ。どのくらいピカピカかというと、

 コンパウンドで磨いたかのよう。

っていうか、

 写真見てわかる通り指紋が付きまくるくらい

ピカピカなのだ。でもってメッキも当然ピカピカ。

 何か作ってるだけで贅沢な気分が味わえる

のである。ランナーから切る際も、いつもの手応えを「サクッ」とするなら、「パリン」という感じにプラスティックが砕けるような異質な感覚が手に残る。これは僕の勝手な想像だけど、このアマツの黒パーツに使われているプラは通常とは違って粒子が特に細かい物なんじゃないかという気がした。だから金型の段階からツルツルの仕上げをそのままプラにも活かせるのでは、と。

実際ゲートもかなり細い。特別大きな爪のパーツはともかく、細かなパーツなんかは、まるで糸のようなゲートで成形されている。メッキパーツと相まって、無塗装前提のプラだと感じるのだ。

実際シールや多色仕上げのランナー、組み上げる過程においてもその「こだわり」は随所に感じられ、特に1/144のアストレイを作った者としては、

 ふくらはぎのパーツ分割に感動せずにはいられない。

あの塗るのが超面倒だった溝だらけのパーツが見事に色分けされている。それもツヤがあって質感の高い状態で。

「これはある意味レゴっぽいな、、、」

とも思ったけど、実際のレゴと比べるとABSじゃないのでちょっとたよりない。

メッキをこうやって多用したキットを作るのが初めてだったからかも知れないけど、ちょっとした小さなパーツにこそ魂が宿る感じが凄くする。ほんのワンポイントのような金でもおざなりにせず、きっちりメッキパーツ。メッキは素人には塗装での表現が出来ないからこそのこだわりだとは思うけど、特にアマツに関しては設計段階から、

 塗らなくてもかっこいいヤツにしよう!

という設計者の意図が凄く感じられる構成になってるんだよな。だから他のキットからの流用ランナーに「大量の未使用パーツ(主に右手用)が発生」してしまうという弊害が起きてしまったが、どれもこれも仕方ないというところか。

ちなみに写真ではわかりづらいかも知れないけど、っていうかわからないと思うけど、

 アマツ、かなり小さいです。

具体的に言うとバブシカさんから賜った1/144のジオング(含む台座)より背が低い。もっと言うと腕も細くて顔も小さくて、体に至ってはファーストグレードのシャアザク並の大きさしかない。

 でもその胸その腕その頭の構成に使われているパーツ数はハンパない。

軽い気持ちで組み始めたんだけど、実際のところ組上がるまでに、

 3時間半くらい掛かった

それほど組むのが遅いつもりはないけど、まぁアンダーゲート含めて慎重にゲートカット(でもナイフは使わない)した分時間が掛かったかなって感じ。あとシールもピンセットでそれなりにがんばって貼ったし。

今回は普通にページの最初から組んでいったんだけど、途中で、

 あ、モチベが下がるバックパックや武器から作らなくちゃ!

と気付いて上半身が出来た時点で背中を組み始めたんだけど、、、いやいやどうして。

 アマツのバックパック、かなりカッコエエ!

何がいいって「やっぱりツヤとメッキのコラボ」が最高なわけなのだ。ちょっとしたパーツでも既にそのパーツはコンパウンドで磨かれたような状態なわけで、いちいち満足度が高い。むしろ色を塗らずに仕上げた方が満足度が高いんじゃないかというくらいランドセル部分が綺麗なのだ。

あとパーツの後ろ側にフタをするような構成になってるものも結構多かった。MGと違って内部メカを作らなくて済むのもお気楽でいいし、
※っていうかアストレイのスケールだとほとんど1/144並に小さいから事実上無理なのかも知れないけど。
そもそも中身なんてなくても十分細かいし、満足出来る。

まぁ発売されてから結構経ってるから、今さら作ろうという人はいないとは思うけど、もし作る時は以下の点に気をつけよう。

・アンダーゲートをあとでまとめてカットしようと一気にパーツを切ると、かなりの確率で(気持ち的には絶対)切り残しがあってハメたときかなりブルーな状況に追い込まれるので、アンダーゲートパーツはまめにカットしながら進めていくことがお勧め。

・シールはピンセットで貼ると比較的綺麗に貼れるとは思うが、失敗してしわが出来るともう取り返しがつかないので、強く押さえるのは慎重に。つか本音は押さえたくないくらいなんだけど、押さえないと剥がれて来ちゃうんだろうな。

・アストレイの右手のパーツも大量に付いてるからと言ってそっちも組んでしまうと、ポリキャップが100%足りなくなります。つか僕はその情報を得ていたので気をつけて作っていったには作っていったのですが、

 途中何となく左足上部のパーツと間違えて肩パーツを作ってしまい、あまりにも緩くて凄い衝撃を受けた。

説明書の最初の方に使わないパーツってのがあるので、それを見て捨てちゃう、もしくは切り離しておいた方が安全かも。

・一番小さいシールは胸の上に貼ります。かなりわかりづらいので一応・・・。

------------

とにかく塗らずに作ったプラモで、これほど見た目にワクワク出来たのはこれが初めてかもってくらい贅沢感が味わえるキットでした。つか途中からですます体になっててスマヌ。こないだヤフオクで500円くらいで(送料込み1500円くらい)50個出品が落札されてたけど、その値だったら絶対買いだと思いますね。逆に言えば小さいので正直定価では割高感があるかも。

爪が重いので自由なポージング、というわけにはまいりませんが、「黒・金・赤」という配色はメッチャツボなので、もちっといろんな格好させて楽しみたいと思う次第です。つかここまでいくとガンダムの顔って呼べ無くない?クリス評価★★☆。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火)

プラモ作った

今日は仕入れ。ちなみに明日も仕入れ。朝が早いからそれなりに昨晩も早く寝るべきだったのだけど、何となく娘と一緒にプラモ作りを始めてしまった。

今回のプラモ熱はまずシナンジュの衝動買いに始まり、同素組、娘のFGシャアザク、長男の1/60完成、フリーダムヤフオクでの大量落札へと続く。手元にある5つの新プラモはどれを作ってもいい状況だったが、さすがにシナンジュを作った後残った、

 色を塗らない寂しさ

は禁じ得ない。エアブラシを使わず、古びたプラカラーを筆で塗る低レベルなプラモ作りであっても、自身が楽しんで満足できればそれ以上のことはない。別に誰から文句を言われるでもないのだから、ひとつひとつステップアップしていこう。

幸いにも娘はプラモに対して好意的だ。FGのシャアザクも色を塗りたいとしきりに言っていたし、今回も色を塗る前提でHG3種を購入したつもり。ランナーのまま塗る事に対しての是非はあるかも知れないが、「娘と一緒にプラモを作る」というのはスキルに関わらずガンプラ世代のお父さま方からしてみたらなかなか魅力的なコンテンツなのではないだろうか。

まずレゴの山に埋もれたプラモ道具を発掘する。かなり最下層に近い地層から出土したそれらはすでに完全に硬化しているものとばかり思っていたが、軽く振ってみると「チャポチャポ」と軽い音がする。さすがはアクリルカラー。日持ちの良さでは比肩する物ナシ。
※ちなみに臭いも嫌いじゃない。

何か致命的な弱点があったような気もするが、アクリルのフラットカラーはラッカーほどじゃないけど乾きも早いし、安全性の面でも水洗いできるから悪くないだろう。塗料の乗りもよく、ムラにもなりにくい。閉店セールで買ったものと併せて全部で20本ほどの「生存者」を救出した。

ダンボールを敷き、ペットボトルの下5cmほどをカットして水洗い用のバケツにする。プラモの上箱に、、、あ、ちなみに作るのはアッガイをチョイス。まぁケロロでも出てきたし、シールはモノアイだけで他は完全にランナー状態の塗装で色分け出来る。でもってアクリルカラーはフラット系AFVのものが多かったので。

上箱にカラーを置き、土間の横でガンガンに塗り始める。昨夜は風通しもよく、カラーの臭さも全く気にならない。電灯が白熱灯で色味がわかりづらかった点はあるが、それ以外にハードルはなく、、、

「お風呂入りなよ~」

娘あえなくドロップアウト。っていうか1枚ランナー塗り終わる前に飽きかけてるんですけど?みたいな?まぁよい。

なんだかんだで二人でチビチビ塗っていき、内部以外は塗装完了。1時間くらいかな。もちっと掛かったかしら。なかなか楽しい。やっぱり色を塗らないとな、とシミジミ。

アクリルは一見乾いているようで実はまだ完全じゃない場合が多いので、アッガイは一旦終了し、続きは明日へ。

娘は寝てしまったが、自分的にはもちっとテンションが上がっていたので、以前塗るだけ塗ってほったらかしにしていたスターゲイザーをいきなり組み始める。ランナーの状態で塗られて、埃をかぶっていたスターゲイザー。今作らなかったら永遠に作らないと思ったのだ。

こいつは以前友人Tと一緒に作りっこしようとしたもの。でも何かの理由で(たぶん全然大した理由じゃない)僕だけやめてしまっていた。それがついに、、、

 っていうかスゲェシール貼るのが面倒。

ゲートあとも目立ちまくりだし、正直上半身作った段階でかなり心が折れそうに。。。明日も早いし、今日はここまでにしようかと迷うが、、、ホントに中断したらこれまた作らなくなる気がする、、と思い結局がんばって組み上げました。

090616sg ←ゲートあとが目立ちまくり。塗膜も厚い。つか塗る前は頭の中で「この配色ならかっこよくなる・・・かな」と思って塗ったわけだけど、なんかイメージとちょっと違う・・・。誰が乗ってるとかどういう状況でとかが全然見えてこない。うーむ。

でもせっかくだからゲート跡のリタッチとちょっとした墨入れとかはしたいかな~。まぁ一歩一歩「歩き直す」ガンプラだからね。いいんですよ。

で、アッガイの方はというと、、、

 すっかり娘が飽きちゃった・・・

そんなもんだよな~(汗。でも気まぐれなので僕が他のを作ってるときに作りたくなるかも知れないと、一旦保留。僕が作るのはやめておきます。つかアクリルの弱点思い出した。

 塗膜が超弱い。

乾いても簡単に剥がれるんだよね。特にフラットは。セメントで組み上げる昔のガンプラならそれほどパーツ合わせに強い力が掛かるわけじゃないから、さほど問題もなかったんだけど、今のスナップフィットはホント固いとこは固いからね。
※その固さが娘に組ませるのをためらわせる要因のひとつかな、とも思うし。

 アカツキやアマツはラッカーで塗ろうと思った。

まぁ塗ると言っても部分的ですけどね。つかさすがにラッカーはほとんどお亡くなりになってると思うので、今度の休みにでも買ってこようかなって感じです。参加者二人とかでもいいからプラモコンペとか、、、出来ないことを口にするなっ!みたいな?とりあえずの目標。

090615pla  ドラクエ発売までにこないだ買った5つのプラモを完成させる!

要はやる気ですよね。やる気になれば仕事から帰って寝るまでにMGだって作れるさ。ってMGは一つもないですけど。

あ~でもプラモやっぱ楽しいな。ゲームと違って形が残るのがいい。オリジナルカラーで塗ればそれって世界に一つだけ、みたいなもんだしな。テンション上げていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月11日 (木)

ガンプラ買ったーーー

シナンジュの時に書いたこと。

 作らないなら買わなくていいけど、作るなら買ってもいい

そうなのである。僕は晴れて「作らない側」から「作る側」の人間に(一時的かもしれないが)シフトしたのである。だからして、

 クリスはガンプラを買う権利を得た!

と言っても過言ではない。
・・・ええもちろん弁解相手は「自らの心」です。誰に言い訳するでもない自分を説得です。

っていうかさほど欲しいプラモがあったわけではないんですよ。シナンジュだけは別格でしたが、「欲しいプラモがあるから買う」という純度の高い衝動がバックにあって、その結果シナンジュのあとに続けて購入する、というわけではないんです。

 単に安いのを見かけたら欲しくなった。

なんて低俗なきっかけでしょうか。っていうか値段だけで買って満足した試しが果たしてあったのかクリスよ。ゲームだってそうだ中古で200円のゲームだからって200円分楽しめたのか、って話ですよ。
※もっとも8000円のゲームに200円分楽しめなかったタイトルがあるような非常に苦い記憶もないではないのだが。っていうかタイトルは敢えて伏せるが某カプコンのプロレスゲーム・・・。スーファミ版・・・。すぐタイトルが浮かんだ人はなかなかやりおるよ。

別に何かを買おうとしてヤフオクのガンプラページを見ていたわけじゃないんですよ。たまたま、たまたま目に入ってきた

 HY2Mグロリアス シャア専用リックドム エクストラフィニッシュ

  定価31290円の品 12000円

なんだその割引率!それも即決!割引率はなんと62%!なかなかガンプラでここまでの安値はないよな~。それも1/60で。そう言えば大きいのが作りたくなってきたところだったんだよな~。でも安い。っていうかこの人他になんか出してないのかな?

おもむろに出品者の別リストを開いてみると同HY2Mシリーズが3つとも出品されてました。ただ他のはシャアドムほどの割引率ではないようでしたが・・・。

・HY2Mグフ 1/60 6300円(半額)
・HY2Mリックドム 1/60 9450円(半額)

ちなみにどの品も出品数9個とかなり多く、送料はいくつ買っても550円(安っ!)。ぶっちゃけいくらで仕入れてんだよ?っていうかバッタ屋か!?みたいな感じですが、とりあえずかなり心が動きました。特にグフに。

そう言えばこないだヤフオクで「全塗装なし。シリンダーとか部分塗装のみで、スミ入れトップコート無改造」のグフVer2.0が出品されてたんだけど、かなり写真が上手くて、ゲートの処理とかも綺麗。簡単仕上げなのに簡単仕上げだと感じさせない(たぶん基本が出来てる人だったんだと思うけど)品が、前日まで5600円だったのに、「落札12000円!」ビックリ。そんなに時間掛けてる感じじゃなかったよ!?「動かして遊んで下さい」みたいなスタンスだったと思うよ!?グフの実売は3000円くらいだから4倍の値で売れたってことで、ああなんか上手い人いるな、みたいな。っていうか正直5、6000円だったら僕も欲しかったくらいなんだよね。

閑話休題

HY2Mシリーズは発光ダイオードを使ってめちゃたくさん光らせまくる、でもPGみたいに内部構造とかギミックとかは凝ってないシリーズ。つか僕自身PGは面倒(っていうかMGも面倒)なのでまさに渡りに船だな、これは買うしかないかな、と思ったわけです。

でもそうは言っても決して安い買い物じゃない。安いけど高い。高いけど安い。もう少し調べてみてから決めても商品は逃げまい。
※この時点(6/9AM2時頃)でグフの残数6。他のはもっと。でも時間は10日の14時までとそう残されてはいない。

この出品者の他の商品も全て見ていくことにしました。すると、、、

 グフ以上に心にフックする「アカツキ1/100」50%OFFを発見!

090610akatuki_2 ←こいつです。SEEDだかに出てきたヤツらしいのですが、ぶっちゃけ店頭で1/144を見て凄く欲しかった!でもメッキだから超高い!
※1/144で定価2500円くらいしたような気がする。
それが目の前に1/100で!半額で!送料550円で出てるじゃないですか!

いやいやでもちょっと待て。ホントに欲しいのか?「欲しいよ(←心の声)」作るのか?「塗らなくていいじゃん作るよ(←心の声)」後悔しないか?「しないってクドいな~(←心の声)」でも・・・「ウルセェよ買えよさっさと(←心の・・・っていうか声に出てた・・・)」

 ポチっとな!

価格は3412円。送料込み3962円。送料込みでも4割引以上安い!衝動買いするにはちょうどいいアイテムだと思ったわけですが、ふと気になったのが、

 送料は何点まとめて落札しても全国一律550円!!

の文字。これってば同じ商品のことなのかな、、、それとも他の商品でもいいのかしら?もし他のでもいいなら、一緒に買えばそっちは送料無料で買うようなもんだからかなりお値打ちだよな?

 とりあえずナビで質問。翌日(6/9日中)返答。

 「いくつどれを買っても550円で送りますよ!」

おおっそいつはナイスだぜ!って言っても締め切りは間近に迫っている。今晩じっくり検討しよう、、、でもって買っちゃおう。っていうか買っちゃった(^^テヘ。

↓買ったのは全てそのg_collectionjpさんという出品者。
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/g_collectionjp
※この人の出品商品。全部で900件以上ある・・・。

結局悩みに悩んで、
※いつもなら「作らないけど買うか?」を悩むんだけど、今回は「作るか作らないか」を基準に悩んだのでかなり建設的。

ちなみに商品の詳細はこちらで調べました。
http://www.1999.co.jp/
※全部が全部でもないけどかなりいろんなプラモやトイが載ってる。特にプラモは説明書のスキャンがあるので、「取説なし」のオク品なんかはここで何とか出来るかも。で、

買ったのがこちら。

・アカツキガンダム 1/100 3412円
http://www.1999.co.jp/10055448
※さっきの写真もここから転載させて戴きました。

・HGUC アッガイ 1/144 735円
http://www.1999.co.jp/10056269

・HGUC ザクIIガルマ専用機 1/144 525円
http://www.1999.co.jp/10027329

・HGUC ブルーディスティニー2号機 1/144 787円
http://www.1999.co.jp/10055456

・アストレイゴールドフレーム アマツ 1/100 2790円(これは30%OFF)
http://www.1999.co.jp/10049595

・アクションベース 400円
・送料 550円
--------------
合計 9199円

もう送料がいくつ買っても550円って聞いた時から「1万円分買おう」と決めたんだよね。だからあんまし迷いがなかった。最近出費抑えて生活してたからたまにはいいだろうと。

最後まで悩んだのが最初のHY2Mのグフと、MGアッガイ。前者はいろんなサイト見て、さっきのホビーサーチで説明書も見て、

 この配線は、、、オレには無理だ・・・

って思った。っていうか無理じゃないんだけど、、、すぐには作らないだろうな、と。あと20年くらいは作らないだろうな、と。「作らないなら買わなくてよい」だろうな、と。

逆にアッガイやガルマザクは価格も安いし、子供達にあげて作らせるのにはちょうどよさそうかな、と。特にアッガイはケロロでも出てきたし、
※かといってMGはハードル高いだろうし、
うってつけ。ザクも「FG315円に毛が生えた程度の値段でHGUC」ならそれは買ってもいいだろうと。ブルーディスティニーは、、、まぁなんとなく。

これで一旦勢いが止まったのですが、
※50%OFF以上の値引率の品物を全てチェックし終えたので。

 まだ何か足りない。

アカツキはもう非常に満足している。が、他のは勢いに過ぎない。やはりここはもう一つ何か買わなくては!
※こんなことを言うのは非常に珍しい(編集部注)

 「やはりMGアッガイしかないか・・・」

HGUCは確かに子供にも作らせられる。がしかしプロポーションやギミックはMGに大きく劣るんだよね。腕も伸びないし、爪は長すぎるし(MGは縮む)、体育座りも出来ないし・・・。でもって昨今のMGと比べると大きさの割に価格も安い(定価4200円。ちなみにザクキャノンは4700円以上するんだよ!?ザクなのに!→たぶん使い回しが一切出来ないクセのあるデザインだからだろうね)。その上残数は1しか出品されてない。

 買うか!?

でもホントに作るのか!?MG、、、面倒だぜ?HGUCで「アッガイ分」が満タンになっちゃう可能性はないの?(あるある)。内部メカとか正直面倒じゃないの?(面倒面倒)。それも30%OFFだしさ(高い高~い<意味が違ってくる)。

 満場一致でスルー。

でもここで思った。「欲しい物を買おう」と。やはり欲しいかどうかだろうと。オレは何が欲しいのか、何を作りたいのか。

 「かっこいいヤツしかねぇ!」

090610amatu_2 シナンジュしかりアカツキしかり。そこで候補に挙がったのがディスティニーガンダムとアマツで、最終的にアマツが残ったというわけ。つかこいつも店頭でかなり心が動いたアイテムだったんだよな、今思うと。っていうか

 スゲェ悪そうで超カッコエエし!

メッキも多く、色もあんま塗らずに組んでも心の中のもうひとりの自分からとがめられずに済みそうだし。大体「黒・赤・金」って自分スゲェ好きだし!ま、劇中では見たことないけど、これってラスボスだったのかな?なんかそれっぽい。
※ちなみにamazonでも21%OFFなので30%は「買うつもりなら」十分安い。

明日振り込む予定。出品者は18000くらいプラス評価がある人なので全く心配なし。今度の休みもどれか作る予定ナリよ(^^。
→つかそりゃ間に合わないだろ。いくらなんでも。

PS.ホントは「ケロロ大将軍」が欲しかったんだけど、この方は出品してなくてガックリ。でも今amazonで検索したら・・・

 34%OFFでちゃっかりありやんの!

でもマーケットプレイスだから送料が掛かるんだよね~。つかここでケロロ買ったら予算オーバーだし。とりあえず今日買ったの作ってからでも遅くはないかな。っていうか、

 先に筆とかカラーとか買おうよ。

ってとこか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 6日 (土)

プラモの続き

シナンジュ組んだことで、、、ちなみに昨日から「作る」ではなく「組む」という表現を使ってますが、やっぱり素組、それもシールも接着剤も使わないプラモは「作る」というのはおこがましいのではないか思って「組む」と書いてきたんだけど、冷静に考えると39歳の中年がそう言う細かなところに意識を削ぐのはむしろキモいな。作るでいいじゃん作るで。一言だって素組のプラモを持って「俺上手いでしょ!?」とか知能が低い人みたいなことはしてないんだし?

シナンジュを作ったことで、、、正確には新しいニッパーを買ったことで、このニッパーが切れなくなる前に、間のバネが無くなってしまう前に、何かもう1つ2つ作りたい衝動に駆られていたりいなかったり。もちろん塗った方がいい、このシナンジュをより高みへと導いた方がより大きな満足と感動が得られるのはわかるのだが、そうは言ってもローテンション進行なアラウンドフォーテーであるからして、まずは小さな、、、1段の高さが3cmくらいの階段を上るような気持ちで登っていきたいと思うところ。

で、今回娘にFGのシャアザクを作らせて思った。

 このくらいなら塗りながら作れるんだろうにな~。

オウオウだったらそのシャアザクを塗りゃあいいじゃんか!おっしゃるのはごもっとも。でも今はリハビリで湯治に来てる真っ最中でございますからしてなかなかそこまでの難題は、、、

そんなわけで今押し入れに眠っているプラモを軽くチェックしてみたところ、、、

 そんなにたくさんはない。

実家には古いキャラクターモデル、、、時代的に言えばザブングル、エルガイムの頃のプラモがそこそこあったように思いますが、とりあえず今目に付いたのは、、、

MGウイングゼロVerKa、MGボールVerKa、1/100アストレイ、MG古いゲルググ、MG古いゲルググキャノン、MGリガズィ作りかけ、MGジムクウェル、1/100初代νガンダム、スターゲイザー作りかけ、ヘイズル、オージ、なぜかmpcのスピーダーバイク、MGイングラムと、

PGのガンダム、PGザク、PGゼータ、PGストライク、MGサザビー。

何つか自分が衝動だけでプラモを買ってるのがよくわかるラインナップです(^^;。ゲルググなんてそんな好きなMSでもないのに、HGUCのヤツも買って作ってるんですよね。ホント不思議。まぁ安かったとかそんな理由だったような気もしますが。

正直こうして一つ作ったことで、

 買ってもいい

という気持ちが高まっているのも事実だったりします。「作るんなら買ってもいいだろう作らないなら買わなくていいが」の理論です。これまでスルーしてきたいくつかのプラモを買うためにシナンジュを組み上げた、そういう見方があってもなんらおかしなことではありません。っていうか本末転倒かとも思うけど。

つかもし買わずに作るとしたら、もし買うとしたら、、、買うなら塗る前提なのか、このシナンジュのように塗らずに作るのか、、、自分のモチベーション次第で候補は二転三転します。っていうか、

 正直人差し指と親指が超痛い。

ので、しばらくプラモはいいかな、とさえ思ってたりするのですが、娘がシャアザク作って「このくらい簡単なのはもうないの?」というので、「そういうの」を買いに行って一緒にまた作るのもいいかな、とも思うんだよね。MGとFGじゃさすがに僕のが時間が掛かったけど、
※娘と合流した時点で残すは腰と両足のみだったにも関わらず、僕が片足組むより先にシャアザクが出来上がっちゃったからね。
旧ガンプラとHGUCくらいならちょうどいい感じかも、とも思ったり。つかまぁFGは旧ガンプラ然としているだけで実はちっとも古くないんだけどさ。
※スナップフィットだし。

いきなり余談だけど、FGのシャアザクってマジでプロポーションがいいのな。色も塗らずただマシンガン持って立ってるだけなのに、かなりかっこいい。足がハの字に開けるってのも大きいけど、そもそものバランスがかっこいいんだろうな。PGのプロポーションを元にしてるってだけのことはあるな。っていうか、

 FGのシャアザクってまだ売ってんの?

もう2、3個買って作ってもいいくらいだな、と思ったり。

ちなみに今持ってる中で「作りたい」という思いが一番強いのはPGのストライクかな。理由は一番おもちゃとして遊べそうだから。色を塗らなくてもかっこよく綺麗に仕上がるというか、そもそも色分けが良くできてるはずだし。

もし色を塗って作るとなると、今の手札の中にはないかも。MGを塗る根性はとりあえず今の自分にはなさそうなんだよな。ってまぁ自宅にあるプラモから何か持ってくるってのならあり得る話ではあるけれど。
※でも古いキット=要接着剤だし、関節とか折れそうで怖いような・・・。ってまぁ今のキットでも折れるヤツは折れるというか、そんなに股関節が折れるのが怖いなら、

 フルアクションエルガイムでも作ればいいじゃん

って思ったり。アレなら股関節はダイキャストだったもんな。安心安心・・・ダイキャストは折れなくてもその受け皿の部分が折れる可能性は捨てきれないんだけどな。

新たに買ってくるとしたら、どうかな~まず単純に、

●娘用

これはやっぱガンダムとかケロロで取り上げられたことがあるようなヤツのがいいだろうな。HGUCのアッガイとか出てたっけ?っていうか一応シャアが乗ってるような赤いモビルスーツのがいいのかしら。でも旧プラはホントかっこわるい上に動かない上に作りにくい上に壊れやすい上に、、、値段は安いけど。

候補的にはFGのガンダムとか、ガンダムシードの頃に出た安めのヤツで案外丁度いいのかも知れないな。つか冷静に考えるとガンプラじゃなくてケロロでいいじゃん。

●塗るなら

当然1/144になるけど、今って何が旬とかあるんでしょうか?ああでもギラドーガとかパワードジムとかいいかな~。え?もちろん筆塗りで塗膜も超厚塗りな上にマスキングテープとか一切使わないですよ?線とか普通によれよれですし、細かいところはむしろ塗れてないくらいですけど?みたいな?あとはタコとかかな~。

今の時期は雨が降ってれば虫とかあんまし来ないし、暑すぎず寒すぎず意外とプラモに適してる、、、あ、でもアレだ、雨が降って湿度が高いと塗装したとき表面が「かぶる」とかあったような気がする。最初からフラットで塗ればよかったんだっけ?記憶がぼやけるな~。

でもプラモリハビリするなら、案外昔のガンプラのがいいかもな~。確かに塗り分けは大変だけど、生まれて初めて塗って作ったズゴックとか少しくらいはみ出したりムラがあったりしたってスゲェかっこよかったじゃん?パーツが多いとむしろ時間ばっか掛かってテンションが持たねぇよ。つか昔からほとんど1日で塗って組み上げないとテンション持たないタイプの人だったでしょアンタは。エナメルで関節もろくしてペキってなっちゃった苦い想い出は確かに何度もあるけどさ、7月11日まではまだ間があるし、カラーだって全部が全部固まって使い物にならないワケじゃないでしょ?っていうか誰に言い訳してるんだ?

今日は長男が昔途中まで作ったフリーダム1/60の残りを組んだ。やっぱ大きいヤツはいいな~迫力があって、、、と思いつつこんなの絶対塗れないよ~とも思ったり。娘も「塗りたい」とか言ってるけど、そうそう簡単に塗れるもんじゃないよ!?つか自分ならラッカーで平気だったのに、なんか子供のことになると水性塗料使って欲しいとか思うのは勝手な言い分だよな。

あ~でもホント小さいの作るなら塗りたい!大きいの作るなら塗らなくていいや。今日もしみじみ昨日のシナンジュ見てたんだけど、塗ってたら相応のストレス、例えば塗膜の厚さで可動部が固まったり、指紋が付いたり、そもそも完成しなかったり、、、でも墨入れをしてゲート跡がほとんどわからなくなって、質感が上がって、、、って思うとジレンマを禁じ得ないんだよな。

とりあえず1/144とかで武者ガンダムとかあるなら買って塗って作りたいかな~え?出てないの?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年6月 5日 (金)

シナンジュ組んだ

090605sina00 色も塗らずゲートはニッパーで切りっぱなし、ガンダムデカールはおろか、シールも一切貼らずにMGシナンジュ一気に組みました。

休日ということもあり、昨日の昼にオーダーしたニッパーの到着を待って作業開始。ニッパーはAMAZONでゲートカット用と書かれていた1750円(定価2500円?)くらいのかなり高級なヤツ。もうこのニッパーを買った時に作らなきゃずっと作らないだろうというきっかけ作りでもあったわけで・・・。

ちなみに工具はこのニッパーとラジオペンチのみ。ラジオペンチは固くてピッタリはめられないようなパーツには必須でしたが、他に一旦間違ってはめちゃったパーツを外すためのマイナスドライバーの細いヤツと、アートナイフがあった方がよかったかも。ただアートナイフに関しては、

 気になるところを全部やってたら組み上がらないと思った。

確かにかなり綺麗に仕上がるんですが、カスも大量に出るし、手とか切ったらヤだし、そもそもちと刃が古いヤツしか見つからなかったので思うように切れなくて逆にテンション下がるのも本末転倒と思ったから。

 今回はとにかく組み上げることが最優先。

正直色に関しては組む前に塗っておいた方がいいところがいっぱいあるんですが、平行してやる気力も体力もあろうはずはなく、そもそも最近のMGって構造というか機構がタイトだから塗ったら動かなくなったりしそうなんだよね。腕に覚えのある人だったら少しやするとかしてクリアランスを確保したりするんでしょうけど自分は無理。誰が素組のガンプラを見たいんだよ、って話ですが、いいんですこれは自分のためにやってるんですから。いい加減組まずにほったらかしてる積みプラたちを何とかしてやりたいという気持ちも多少はあるわけでして、、、。
※塗らなくても作らないよりマシだろうと・・・。
 →こないだのケロロに出てきた冬樹みたいに足の向きを逆に付けてしまうことも積まれたままよりずっといいと思うわけです。っていうか僕らに対するアンチテーゼみたいなもんだったのかも。

さて、まず箱を開くと大量のランナーが目に飛び込んできます。A、B、C、D、E、F×2、G、H×2、I×2、J、K×2、L、M×2、N×2、0×2の計22枚。中にはスコープやモノアイ用の小さなクリアパーツやバーニアのみってのもあるけど、

 ポリキャップはなし。

プラかABSかの2択で、関節部分はほとんどABS。独特のヌメッとしたハメ心地は、プラよりもしなやかで、ポリキャップより保持力が高い。が、やわらかいということは無理してはめると簡単に折れたり削れたりしちゃう。

090605sina02 とりあえず指を間違ってハメちゃって凸部分か削れちゃいました。
※写真じゃ全然わからないかも知れませんが、結構第二関節から抜けます(^^;。

みなさんもご注意を。

さて、ビニールから全てのランナーを出し、Aから順番に並べます。PGの時は10個くらいの引き出しに仕分けして使う物を取り出してやりましたが、MGなら一気に組み上げられるだろうということで和室に座って周囲ランナーだらけ。結果的にはかなり検索性が高く、効率もよかった感じでした。

で、いよいよ組み始めるわけですが、ちと思案した結果、、、

 盾、武器、バックパックを先に組むことにした。

最近のテンションだと本体が完成した時点で結構燃え尽きちゃうんだよね。だから今回はそれを教訓に盛り上がりに欠けるところから攻める作戦。最初はテンションも高く、気力体力ともに充実してるから結構それだけで押し切れるんだよね。

 でも後から「腰」も先に作れば良かったって思った。

左右対になるようなパーツのない、顔と胴体(あとバックパックや武器など)は勢いペースが遅くなるんだよね。逆に言えば組み上がる直前は加速感を持って一気に走り抜けたい。となれば手や足を後回しにする方がいいということになるのだ。いや、ホント力説。

しかし久々のプラモだったからホントいろんな進化というか新鮮というか、全部が全部ガンプラが「こんな」だとは思わないけど、ことシナンジュに関してはホントスゲェな、というか面倒だな、というか・・・。

例えば黄色いスリット状のバーニアパーツ。内部フレームのグレーをスリットから見せつつ周囲は赤い外装パーツが覆う。つかそういうのスゲェ多い。まるでPGというか、ホントPGライクな構造になっていて、シリンダー状のパーツやフレーム連動で動くスライダーパーツの多いこと。

 外装被しちゃったらほとんど見えねぇじゃん・・・
※ちなみにコックピットも胸部を開けることで見えるんだけど、「フルに開けても下半身しか見えない」マークIIみたいにライティングされるなら多少見えるかな、とも思うんだけど。

あ、これから作る人のために僕が感じたポイントをいくつか書いておくことにする。つか友人Tくらいしかいないかも知れないが。

・動力パイプのスプリングは正面側に隙間が無くなるように入れないと(つか瞬接で止めないと)プラのガイドラインが見えてかっこわるい。

・(僕はシールを貼りながら作らなかったけど)ハメるのに力の掛かるところに貼っちゃうと、たぶん、いや絶対剥がれる(もしくはズレる)と思う。

・指はホントに注意。1/100なのにかなり動きますが、間違ってハメると中の凸部が削れて保持力が弱くなってしまうかも。

・スパイクはめるの超キツイ。ティッシュで包んでラジオペンチで押し込みましたが、傷は付くわティッシュが隙間に挟まるわでギャフン。いっそのこと切って貼った方がいいかも。いや僕は接着剤使わなかったのでやりませんでしたが。

・股関節が超固い。だから何だって話だけど。

・ビームライフルのスコープ部分のハメがかなり緩い。つか抜ける。でも接着しちゃうと腰にマウント出来なくなるみたい・・・痛し痒し。

・ビームライフルを持たせる時の掌にあるホゾが結構緩い。でもこれもだからどうしろって話。

あとは説明書をよく見て向きとかに気を付けていけば普通に完成します。自分は5時間半くらいで出来上がり。
※ナイフ使ったりデカール貼ったりしてたらとてもそんなじゃ済まないと思うけど、途中で娘も何か作りたいってんで「ファーストグレードのシャアザク」を掘り出してきて一緒に作ったので生産性は下がったかも。

キットに関して感心したというか「スゲェ・・・」と思ったのは、モノアイが内部でギア連動みたいになってて、「頭を右に向けるとモノアイも右に移動する」。角度にして10度くらい余分にモノアイが動くのがイイ感じ。でも光るわけじゃないから直接外光が入るように見ないと見えないけど。

あと説明書に「パチン」って書いてあるところはホントにパチンって音がする。当たり前と言えば当たり前なのかも知れないけどかなり感心した。最近のはみんなそうなのかも知れないけど、パーツの「合い」も凄く良くて、プラ同志でもまず隙間らしい隙間は出来ない。
※塗装してなかったから、というのもあるかも。

全体的にゲートが細い。アンダーゲートなのはヘルメットのパーツ1つだけだけど、全体的にゲートが細く、ニッパーの性能を差し引いてもそれほど力を掛けることなくカットすることが出来た。ただやっぱ外側から見えるゲートの跡はかなり多いので、塗れるなら塗りたいし、ナイフで整えられるなら整えたい。

赤いパーツはややつや消しのような表面処理がされていて、黒いパーツはツルツルだった。これは黒は上にシールを貼る為の粘着性を高めるためで、赤は質感を高めるためなんだろうなとわかったのがちょっとニヤリだったかな。

可動範囲はそれほど狭くないとは思うんだけど、

 正直動かすと壊れそう

「壊れる」ではなく「壊れそう」。基本関節は全てABSだし、肩や股関節などの強度が求められる部分は特に太く補強されているから、そうそう折れることもないのだろうけど、あまりにも多重構造なので「どこを持って曲げたらいいのか」がわかりづらく、塗ってないのに取り扱いに気を付けなきゃいけないような気にさせる。
→これで塗装していろんなポーズを付けて写真を撮れる人ってホント尊敬しちゃう。正直剣派の僕でも、せっかく作ったからという理由だけでライフルを持たせているんだけど、
 もう動かしたくない・・・

って感じ。いつもならカッコイイポーズで飾るところなんだけど、何かこうデリケートというか、そもそも掌の武器保持力が弱いから余計そう感じるのかも知れないけど、素立ちでかなり満足してる自分がいる。アクションベースとかあればまた違ったのかも知れないけど、とりあえず指先は痛いし、素組みのプラの写真なんてみんな見たくもないだろうから、ちょぴっとだけに止めておきます。
※後日いろんなポーズを付けたくなったらまた撮ればいいし。

何か疲れて指を痛くしただけのように聞こえるかも知れませんが、3600円の娯楽としてはもう全然十分過ぎるくらい楽しめました。組んでる時でもパーツが気持ちよくハマる感覚はある種レゴに似た完成度の高さ、心地よさを感じさせてくれましたし、腕一本手首一つ組み上がるだけでも結構な充実感を得られました。ニッパー代が掛かってると言えば掛かってますが、これを機にいくつか積みプラを消化すればそんなのは関係ないわけですし・・・。

ぶっちゃけ色を塗ってシールやデカールを貼ってしっかり仕上げられれば、今とは比べ物にならないほどの満足感を得られるのでしょうけど、とりあえず今日はまぁいいかなって感じです(^^;。っていうか娘のFGシャアザクの方がむしろ色が塗りたくなると言うか、定価ベースで23個分かぁと思うと妙にシミジミしたり。いやどっちが価値があるとかそういう問題ではないんですけどね(^^;。

あ、そうそう大事なことを書き忘れていました。

 シナンジュ、やっぱカッコイイです(^^。

自分なりの正解みたいなのを求道してる方とかはわかりませんが、小学生レベルな自分が見た感じでは、プロポーションとか完璧だと思いますし、よくゲームの話題でするネタですが、こんなのがもし小学生の頃登場していたとしたら、冗談抜きで日本中が地殻変動で海の底に沈むんじゃないかというくらい衝撃が走ったと思います。発泡スチロールの06Rの比じゃないでしょうね。
※1/60で2000円の時代に1/100で7000円ってのも隕石落下氷河期突入くらいのショックですけど。

でもこういうのってたぶん日本人だけなんでしょうね。作れるの。何かスゲェ細かいし、一番小さな黄色いバーニアパーツなんて、「この向きではめろ」の図示の差がパッと見わからないほどでしたからね。
※出っ張りが0.3mmほど長い方が下、みたいな。
理解者がないところで価値は生まれませんが、もっと世界から評価されてもいい、素晴らしい工業製品だと思うんですけどね~。作ってみてより強く感じました。MGシナンジュ★★★☆かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧